ユニオンテックは6月3日、同社が運営する「SUSTINA」を導入する企業が1万社を突破したことを発表した。SUSTINAは、建設職人と建設現場をマッチングするサービス。 同社は2000年設立の建設会社だが、2016年4月にSUSTINAの前身となる「TEAM SUSTINA」のサービスを開始後、ネット事業に力を入れてきた。2019年2年には、会社設立20年目にして米国のベンチャーキャピタルから約10億円を資金調達するなど、スタートアップ的な動きを加速させている。 今回、1万の大台に乗ったのは建築現場などを監督する建設会社の社数だが、登録している職人はすでに11万人近くとなっている。 SUSTINAは、建設職人が希望する地域や職種など検索条件にすることで、スマホやPCで建設現場を探せるのが特徴だ。同様に建設会社も、職種や地域を選んで協力会社(建設職人)を選ぶことができる。 建設職人は、知人からの紹介で仕事が決まるケースが多く、これまでは新しい仕事を受注する機会が限られていた。一方で、建設職人は職種が細分化されており、建設現場では工事に必要な職人を集めるためにコストと時間がかかっていた。SUSTINAは、これらの問題を解決するサービスの1つだ。 登録している企業は、関東が56%と最も多く、次いで近畿の20%、中部の10%。 登録している職人の職種は、1位が内装、2位がクロス、3位が塗装となっている。 そのほかの詳しいデータは、ユニオンテックのウェブサイトで公開されている。

Read More

ディープフェイク動画の作成は昔は大仕事だった。今や必要なのはスマートフォンだけだ。クラウドにアップせず、スマホ内で直接ディープフェイク動画を作るアプリを提供するスタートアップであるAvatarifyは、David Beckham(デビッド・ベッカム)の妻、Victoria Beckham(ヴィクトリア・ベッカム)などのセレブに利用され、アプリチャートで急上昇中だ。 しかしディープフェイク動画に共通する問題点は動画がフェイクであることを簡単に判断できるような電子透かしが添付されないことだ。Avatarifyは悪用その他の好ましくない事態を防ぐための電子透かしを近く提供開始するという。 米国に本社があるが本拠はモスクワのスタートアップAvatarifyは、2020年7月に創立されて以後、数百万回もダウンロードされている。ファウンダーによれば、2021年に入って以降だけで1億4000万本のディープフェイク動画が作成されたという。TikTokでは現在、ハッシュタグ「#avatarify」が付けられた動画の再生回数が1億2500万回に達している。ライバルには、資金豊富なSnapchatをはじめRefaceやWombo.ai、Mug Life、Xpressionなどがある。ただしAvatarifyの外部資金調達はエンジェルラウンドのみだ。 ファウンダーによれば、エンジェルラウンドで得た資金はわずか12万ドル(約1300万円)に過ぎなかったが、その後はベンチャーキャピタルを受け入れておらず、スクラッチでスタートしてたちまち1000万ダウンロードを達成し、10人足らずのチームで通年換算1000万ドル(約10億8900万円)のビジネスに成長したという。 これほど安定したビジネスを作れた理由はわかりやすい。Avatarifyは7日間の無料トライアルというフリーミアムのサブスクリプションモデルを採用している。サブスクリプション料金は年間契約の場合34.99ドル(約3800円)、週決めは2.49ドル(約270円)だ。無料で利用を続けることもできるが、動画には目に見える透かしが入る。 Avatarifyは、フリーミアムのサブスクリプションモデルを採用してるだけでなくプライバシー保護にも適した仕組みだという。動画はハッキングその他によって情報がリークされるる可能性があるクラウドにアップされることなく、スマートフォン(iPhone)上でローカルで処理される。 Avatarifyは機械学習アルゴリズムなどを利用してユーザーが選択した写真を加工し、顔をアニメーションさせたり、サウンドと同期させたりしてショート動画を作成する。ユーザーは素材写真を選び、エフェクトや音楽を選択してタップするだけでよい。Avatarifyが自動的にアニメーションさせる。成果物はInstagramやTikTokにショート動画として投稿することができる。 特にTikTokではAvatarify動画が大人気だ。ティーンエージャーは自分でダンスしなくても有名人や友達はてはペットの写真を処理してアニメ化できるからだ。苦労して自分が下手なダンスを披露するよりずっとクリエイティブなアイデアが利用できるわけだ。 Avartifyは「このアプリを使って他人になりすますような悪用をしてはならない」と警告しているが、もちろんこれを効果的に禁圧する方法はない。 共同ファウンダーのAli Aliev(アリ・アリエフ)氏とKarim Iskakov(カリム・イシャコフ)氏は、2020年4月に新型コロナウイルスによるロックダウンが強制されたときにこのアプリを開発したという。アリエフ氏はPythonでプログラムを書くのに2時間しかかからなかったという。これはZoomのフィルターを使って自分の顔の表情を別の顔にマッピングするものだった。その結果フェイクビデオをリアルタイムでZoomにストリーミングすることができるようになった。アリエフ氏はElon Mask(イーロン・マスク)氏の顔のアバターで通話に登場し、その場にいた全員が仰天したという。チームがこの動画を投稿したこころバイラルに拡散した。 ファンダーがこのコードをGithubに掲載するとすぐにダウンロード数が伸び始めたという。2020年4月6日にリポジトリを公開し、2021年3月19日時点で5万回のダウンロードを記録した。 アリエフ氏はSamsun AIセンターでの仕事を辞めアプリの開発に専念した。2020年6月28日にAvatarifyのiOSアプリが公開されるとTikTokのバイラル動画で拡散され、有償販売開始前だったにもかかわらずApp Storeのトップチャートにランクインした。2021年2月には、Avatarifyは世界の無料アプリのランキングで1位になった。2021年2月から3月までの期間では月間収益が100万ドル(約1億1000万円)を超えた(AppMagicより) […]

Read More

米国時間12月15日、GoogleのチームがQayaという名前の新しいサービスを立ち上げた。クリエイターはこのサービスを使ってウェブ上に店舗をオープンし、自分のプロダクトやサービスをオーディエンスに直接販売することができる。Area 120は、初期のプロジェクトの多くがGoogleのCloud、Search、Shopping、Commerceなどの部門に移管されたことを受け、地位を昇格させた会社の大規模な再編成の一環となる。 関連記事:「Google Labs」の名が復活、AR&VR、Starline、Area 120が新設された「Labs」チームに移動 新プロジェクトQayaは、Area 120の社内創業者であるNathaniel Naddaff-Hafrey(ナサニエル・ナダフ-ハフリー)氏らが共同で創業した。ナダフ-ハフリー氏は以前、求人のマーケットプレイスKormoに在籍し、インドやインドネシア、バングラデシュなどのいわゆる「次の10億人の」インターネットユーザーを狙っていた。 彼は何十人ものクリエイターから話を聞き、デジタルビジネスの構築は時間ばかりかかってたいへんであることを理解し、そこから、彼らがファンに直接販売できるサービスとしてQayaを考えた。Qayaのチームにも数名のクリエイターが在籍しており、既存のクリエイターツールを使った体験を貴重なものとしてQayaに持ち込んだ。彼らは自分の体験と他のクリエイターたちの話から、クリエイターが自分の作品でお金を稼ぎ、自分のファンともっと良好な関係を築ける、ワンストップショップのような、柔軟性に富んだノーコードのプロダクトへの需要があることを知った。 Qayaのソリューションでは、クリエイターが自らの店をウェブ上に開き、プロダクトやサービス、その他のダウンロード可能なデジタル作品を並べて販売する。そこには、彼らのYouTube Merch Shelfのリンクがあってもよいし、Google検索やGoogleショッピングを統合することができる。写真やファイル、eブック、デジタルアート、写真のフィルターやプリセット、各種の仕事の生産性を高めるためのテンプレート、編み物のパターン、フィットネスのビデオなど、扱える作品にはほぼ制限はない。Googleによると、1つの店で最大1000のプロダクトを取り扱うことができる。 画像クレジット:Google また、デジタル作品ではないリアルのグッズや他のプラットフォーム上のサービスを売りたいクリエイターは、それらをQayaのページ上にフィーチャーでき、それらを自分のブランドにすることもできる。 各ストアは「qaya.store/●●●」という形の独自のカスタムURLを持つ。そしてそれを、LinktreeやBeaconsなどが提供しているソーシャルメディア上のいわゆる「リンクインバイオ(プロフィール上のリンク)」の代わりに使ってもよい。 そうしたストアのサービスを利用するとクリエイターは、自分のさまざまなオンラインプレゼンスを指すマイクロウェブサイトを作ることができる。そこで、ソーシャルメディアのチャンネルとかショップ、ブログ、音楽やポッドキャストなどを紹介し、リンクを張ればよい。 この種のサービスの慣行に倣って、Qayaのストアでもページ最上部にある名前と自己紹介の下に、クリエイターは他のオンラインプロフィールのリンクも置ける。しかし、ストアの本来の目的は、クリエイターが販売したいと思うコンテンツにファンを直接コネクトすることだ。ファンをクリエイターのプロフィールやその他のサービスにコネクトする、単なるランディングページではない。 QayaにはGoogle Payが組み込まれており、サブスクリプションやチップ、都度払いなど、いろいろなタイプの収益化方法をサポートしている。また、Qayaはクリエイターの商品の売れ行きに関するインサイトや分析も提供する。 現在、このプロダクトは無料で使用でき、マネタイズはトランザクションベースで管理されている。つまり、クリエイターはQayaにアップロードして販売した商品から得られる収益の「大部分」は、クリエイターの手元に残るとGoogleはいう。 […]

Read More