【勇者を待つ人々】 Ⅰ~Ⅲ全ての舞台アレフガルドは勇者ロトの伝説発祥の地として有名だ。ラダトームの旅人の宿が極端に安いのは、救国の英雄となる勇者を発掘し、集めるためと思われる。おそらく大魔王を倒すために集められた勇者たちの滞在費を国が補助したのがその始まりと思われるが、以後も勇者の現れる町の伝統として残されたのだと考える。 しかしその反面、ラダトームの歴代の王は自ら戦わないことでも有名だ。国の危機に自ら先頭に立って戦うことはせず、勇者の出現を待っている。ローレシアとサマルトリアは王子を戦いの旅に出しているし、ムーンブルクの王も敗れはしたが勇敢に戦っている。彼らは勇者の子孫だから戦うのか?そうではない。国の危機に命を賭けて戦うのは国の守護者たる王として当然の行動だ。民を守って戦う力を持っていることこそ王の資格だとも言える。 だからこそ、有事の際に自分は戦わず、血縁者や信頼出来る者を派遣するでもなく、在野の勇者の力を借りるラダトームの王の行動は王としては不自然なのだ。このような他力本願な王家が何百年も変わらず残っているのは不思議なことなのだ。なぜだろう?  アレフガルドといえば、大地の精霊ルビスの創造した聖地だという伝説がある。それゆえに自分たちは聖地の住人という強い自負があり、外からの文化や人材に対して非常に排他的である。大魔王討伐後は功績のあった勇者ら上の世界から来た者や教会、南方から持ち込まれた強力な武具などの外からの文化・技術を排除するという行動からは非常に強い選民思想や排他性を感じられる。 (参考:アレフガルドの知られざる物語 : 教会とアレフガルド、そしてロト)  聖地の住民たるアレフガルド人には自ら戦い、その手を血で汚すのを嫌うケガレ思想があるのではないか。アレフガルドの人々のセリフからは町の外の魔物との戦いは他人事と捉えているフシが見られる。もちろんアレフガルドの各地には兵士は必要なので存在してはいるが、実際に戦っているのは下っ端の兵か、あるいは外部から募った“勇者”に限る。汚れ仕事は下賤な者(聖地の外から来た者も含む)がすることという意識がある。 自らの手を汚さないアレフガルド人といえば、メルキドの人々もそう。大魔王の時代は戦う事を放棄し、後の時代には人造の魔物ゴーレムに戦わせて自分たちは城壁の中でぬくぬくしていた。  魔物は倒さなきゃいけないけれど、自分では戦いたくない。でもきっと勇者がどこからか現れて倒してくれるという他力本願な考えはラダトームの王だけではなく、アレフガルドの民全体に根付いている。  アレフガルド人のメンタリティをまとめると、 ①自分たちは聖地の民だという選民思想がある。 ②選ばれし民族である自分たちは戦いで手を汚さない。 ③自分たちを救う勇者を遣わしてくれると信じている。  Ⅲの時代の勇者の出現という“奇跡”は彼らの信仰を決定的なものにしてしまった。勇者本人の思いとは裏腹に彼らの選民思想や排他的なメンタリティを強化してしまったのだ。それゆえに役目を終えた勇者たち“異邦人”は聖地アレフガルドから排除されたのではないかと考える。大魔王の脅威という現実問題を前にアレフガルド人は上の世界や海外の戦士や武器、技術、文化、宗教などを受け入れざるをえなかったが、問題が解決してしまえば、用済みになった“不純物”は聖地から排除すべきだと思ったのだろう。アレフガルド人はそのことに負い目は無い。役目を終えた異邦人がアレフガルドから去るのは当然だからだ。  これら一見不可解なアレフガルド人のメンタリティは一体どこから来たのだろう? 【アレフガルドの闇】 気位の高いアレフガルド人といえど、大きな負い目はある。それはアレフガルドは聖地であると同時に大魔王が出現した穢れた土地でもあることだ。聖都ラダトームは大魔王の侵入を許し、数々の宝物を奪われ、中でも王者の剣は人々の目の前で砕かれ、心の拠り所たるルビスも囚われ、アレフガルドの人々は絶望に打ちひしがれた。心を折られ、現実から目を逸らし、天からの救世主の出現という夢想にすがるしか無かった。アレフガルドの人々は自分の土地を守れず、大魔王に絶望という供物を捧げる奴隷に成り下がった暗黒時代があったのだ。これは気位の高いアレフガルド人にとって向き合いたくない過去の黒歴史となってしまった。 しかし奇跡は起きた。 上の世界から来た勇者が光の玉を携え大魔王を打ち負かしてしまったのだ。大魔王に屈し、抵抗も出来なかったアレフガルド人の現実逃避から生まれた勇者の物語がその通りに実現してしまったのだ。もちろん偶然ではあったが、このトラウマと奇跡は元々気位の高かったアレフガルド人のプライドを歪んだ形で肥大させてしまった。選民思想にケガレ忌避、他力本願の救世主願望… 大魔王が倒れた後のアレフガルドは実際の功績のあった異邦人たちは追放し、ルビスの伝承は忘れ、大魔王の本拠地のあった中央の島は魔の島と呼んで立ち入ろうとはしなかった。これらは大魔王に屈した過去につながるものだからだ。アレフガルド人は敗北の過去を徹底的に捨て、あるいは封じ込めた。勇者ロトの伝説も都合の悪い過去を覆い隠すために上塗りした厚化粧のようなものなのだ。 【そして時は流れ…】 Ⅱの時代のアレフガルド人はそのメンタリティは受け継ぎながらも昔ほど排他的ではなく、外の世界からの影響を受け入れてきているようだ。時代は進んで、聖地アレフガルドの幻想にしがみついては生き残れないと感じる世代が台頭してきたのかもしれない。 ハーゴン軍に攻め込まれた時には同じように無力で、外から来た勇者に救われたが、その後は外からの影響を受け入れ、新たな時代に適応する道を選んだ。 アレフガルドは大魔王の時代とハーゴンの時代、同じような苦難を繰り返し、同じような屈辱を味わい、同じように外から来た勇者に救われた。しかしその後の愚行は繰り返さなかった。過去の選択をやり直したとも言える。  さらに時は流れて、ロトの子孫が時代の勝者になるとそれまで隠されていたロト伝説の真実が明かされるのだ。  …そして伝説は始まった!

Read More

“簡単すぎる”ってほんとかな? そう、思った君にこそ、チャレンジしてほしい楽器だ! 気になる材料は3つ。 【その1】 80センチくらいのホース! 【その2】 100均で売っていた、いい感じのロウト!!(出っ張りがあったら切り落とす) 【その3】 こんなこともあろうかと、とっておいたおもちゃの笛の先!!! ◎作り方◎ 1.ホースを丸めて、テープで止める。ホースは意外に抵抗するので、ガッつり止める。 2.おもちゃの笛の先を取り付ける。 3,反対側にロウトを取り付ける。 ★完成! それでは、早速吹いてみよう! えーと……。作るのは簡単だけどっっ!うまく吹くのはむずかしいぜっ! 広いところで、思いっきり吹けば、もっとラッパらしい音が出るはすだ。細かいことは気にせず、思いっきりブワーッと息を吹き込めば、音は必ず出る!出るったら、出る! おもちゃの笛の先がない人は、思い切って本物のマウスピースを装着するのも手だ。新品を購入しても5000円程度。 ※ホースは2層構造になっているものがおすすめ。 単一素材のものは鳴りが良くないのだ。 ヤマハイージートランペットEZ-TPe楽器ネット ヤマハ イージートランペット『EZ-TP』楽器が演奏できなくてもトランペッター気分が味わえる。詳しく 楽天市場 by トゥモローベビー 音が見える!見える!ラッパピープル ユーザレビュー:初めてのラッパ1才に …Amazonアソシエイト by

Read More

ファンク・ブラザーズ(The Funk Brothers)1959年-1972年のモータウンレコードにおいて活躍したデトロイトを拠点としたバックミュージシャンのニックネーム。モータウンで、シュープリームズ、テンプテーションズ、フォー・トップス、スモーキー・ロビンソン&ミラクルズ、マーヴェレッツ、マーサ&ヴァンデラス、マーヴィン・ゲイ、スティービー・ワンダーという蒼々たるスターの人たちがヒット曲を出し、当時バックの演奏者の名前は出てくることはありませんでした。その人たちは通称「ファンク・ブラザーズ」と呼ばれている。スタックスでは、バックのブッカー・T&ザ・MGズが自らヒット曲を出していたのと比べ、モータウンでは商品としてのスターやそれを支えるプロデューサーとはミュージシャンは扱いが明確に区別されていた。 映画「永遠のモータウン」のサウンドトラックでは、ジャッキー・ウィルソンの (Your Love Keeps Lifting Me) Higher and Higher やジョン・リー・フッカーの Boom Boom などはファンク・ブラザーズの演奏。モータウン自身も、「アール・ヴァン・ダイク&ザ・ソウル・ブラザーズ」「アール・ヴァン・ダイク」名義でシングルやアルバムを出したり。彼等のオリジナルの曲は”Standing in the Shadows of Motown” に収められている The Flick と “The Best of The Funk Brothers”の何曲かで、更に彼等がバックをつとめたヒット曲のインストゥルメンタルが入っている。…………………………………………………………………………………………………………………………………….★モータウンレコードでファンクブラザーズがヒットさせた曲 の一部“My Girl“, “I Heard It Through the Grapevine“, “Baby

Read More

「カジュアル(casual)」とは、「格式張らず、くつろいでいるさま」を意味し、特に気軽な服装をさして「カジュアルな装い」というような使われ方をする。外来語としてすっかり定着しており、これにピッタリと該当する日本語が即座に思いつかないほどである。 他方、「カジュアリティ(casualty)」とは、広義には「(事故・災害などの)死傷者、被害者、犠牲者又はその数」を、狭義には軍事における「死傷病兵、損耗人員」を意味する。 なぜ、「格式張らず、気軽」な「casual」に「-ty」がつくだけで「死傷者」になるのか。よく似た単語なのに、ここまで意味が違うのはどうしてだろうか。 「カジュアル」でググればカラクリが分かるだろうと思ったけど、どこにもそれらしいものがない。。 語源、ルーツが同じなら、現代の我々に伝わる過程の何処かで変化したか、ある一部だけ伝わったということになる。極めて適当であるが、「casualty」については英語圏で普通に使われていることから、「カジュアル」の方を疑ってかかることにする。(一応の仮説) 1 「casual」 まず、「casual」について。語源辞典によると、「casual (adj.): late 14c., “subject to or produced by chance,” from Middle French casuel (15c.), from Late Latin casualis “by chance,” from Latin casus “chance, occasion, opportunity; accident, event” (see case (n.1)). Of persons,

Read More

松阪市美濃田町に建つ真楽寺には<美濃田大仏>と呼ばれる3mの阿弥陀如来坐像が祀られている。造像されたのは1737年頃で、隣接する敏太(みぬだ)神社の本地仏として祀られた。 <全国のお寺総覧> (1)寺名:真楽寺(しんらくじ)(2)住所:三重県松阪市美濃田町897-1(3)山号:医王山 (4)宗派:真言宗御室派(5)開創:不詳 (6)本尊:薬師如来(7)その他1)阿弥陀如来坐像:市指定文化財 1737年頃 像高約3m2)訪問日:2016年12月18日                  参道                  山門                  本堂                  大仏殿                 美濃田大仏

Read More

preserveもreserveもどっちも「とっておく」。 接頭辞”pre”は「前」で、”re”は「後ろ」と正反対の意味なのに。“serve”は「守る」というような意味で、「完全に」の意味の”con”が頭についてconserveになると「完全に守る」→「保存する」。 “conservative”は「保守的な」ってことですよね。” で、preserveは「先々まで保存する」という意味の「とっておく」の意味で「保存する」「保護する」。 史跡の状態を保存したり、食品の品質をぞのままの状態でとっておいたり、動物を保護したり。そういう「とっておく」です。 reserveは「後々のために確保する」という意味での「とっておく」の意味で「備蓄する」「貯蔵する」「予約する」。 時間をとっておいたり、場所や席や部屋をとっておいたりすることです。 すずきひろし

Read More

地域社会学IIの授業の前半は、地域社会学に関係する具体的な研究例を紹介してきました。11月16日はその最終回で、パットナム『孤独なボウリング──米国コミュニティの崩壊と再生』(2000年)を紹介しました。この研究のテーマを一言で述べるならば、「1970年代以降の約30年の間に、アメリカ人の自発的結社への参加が減少し、アメリカ全体の社会関係資本が衰退していることに警鐘を鳴らす」となるでしょう。 社会関係資本(social capital)とは、活発な社会的ネットワークが生み出す人びとの間の信頼や互酬性の規範のことで、幸せな社会生活の基盤となるものです。パットナムは、「これでもか!」というくらいデータを読者に突きつけて、その衰退を明らかにしていきます。これまで地域社会学IIで紹介してきた五つの研究例は質的調査法をもちいていましたが、今回の『孤独なボウリング』は多種多様な既存統計の2次分析にもとづいています。しかも、ここ50年あまりのアメリカ社会の変化を扱っており、「社会関係資本を切り口にしたアメリカ現代史」という趣もあります。非常に射程の広い研究で、日本語訳で689ページもある大著です。 講義ノートはこちら(MS Word, 52Kb)https://1drv.ms/w/s!Au4k6YKQM1eZ90fnfhPVklLabh8J ==========講義ノートテキスト版========== 20111116地域社会学II(パットナム『孤独なボウリング』) パットナム『孤独なボウリング』2000年 原題 Putnam, R. D.,2000, Bowling Alone: The Collapse and Revival of American Community, New York: Simon & Schuster. 『孤独なボウリング』のテーマ 1970年代以降の約30年の間に、アメリカ人の自発的結社への参加が減少し、アメリカ全体の「社会関係資本」(social capital)が衰退していることに警鐘を鳴らす その象徴としての「孤独なボウリング」 アメリカでは、昔はチームでボウリングのリーグ戦をすることが多かったのに対して、現在では一人でボウリングをする人が増えている 「中心テーマはシンプルである──20世紀が始まり前半3分の2が過ぎるまでは力強い潮流が流れており、アメリカ人のコミュニティ生活への参加はかつてないほど深まっていた。しかし、20~30年前──静かに、前触れもなく──潮流は逆転し、われわれは非常に危うい離岸流にさらされることとなった」(パットナム 2006:26) 社会関係資本は減る一方ではなく、1960年代までは増加し、その後、減少に転じた そうなったのはなぜか、その影響はどういったものか、それを防ぐにはどうすればいいか 自発的結社への参加はアメリカ民主主義の基盤 19世紀フランスの思想家アレクシス・ド・トクヴィルは、『アメリカのデモクラシー』(1835年)で、規模の大小を問わずさまざまな自発的結社が結成されていることがアメリカ民主主義のもっとも重要な要素の一つと指摘した パットナムの主張 「このような小さな部分においても──そしてもっと大きな部分においても──われわれ米国人は、互いを再び結びつけ合わなければならない。本書のシンプルな主張はこの点にある」(パットナム

Read More

発見館では、6月30日までまゆまつりを開催しておりますが、この時期、ご自宅でカイコを飼っている方から、「えさとなる桑の木はどこにありますか?」・・という問い合わせを受けることがよくあります。 「〇〇スーパーの駐車場に大木がありますよ!」「河川敷にありますよ!」・・という桑の木情報をお伝えしますが、できれば、散歩がてら歩いて行ける家の近くで、桑の木がみつかれば、助かりますよね。 道端にも、気をつけてみていると、鳥のふんによって運ばれた種から、成長した桑の木をみつけることができますよ。 よく、「図鑑を片手に木を探したけど、載っているような葉の形の木がみつからない」・・・とおっしゃる方がいらっしゃいます。 おそらく、↓のような桑らしい葉の形をしたものをお探しなのだと思います。 ですが、実際に道端に生えているような桑は、雑種のようなものなのか、一本の木に3種類くらいの形の葉のバリエーションがあるものがいます。 ですので、あまり葉の形にこだわらず、木の形、灰色がかった樹皮のかんじや、果実(キイチゴのように小さい粒が集まった実)などの様子をみて確認してください。 これは、発見館の裏に植えている桑の木です↓ 参考にしてくださいね。 そのほかにも、気をつけていただきたいことは、①農薬がまかれていないか②車がよく通るところではないか③虫食いの葉でないか④生えている場所が、個人の土地でないか ・・ということに気をつけて葉を採っていただきたいです。農薬がかかったものだと、カイコが泡をふいて死んでしまうそうです 採ったら、ちょっと水につけておくのも、ポイントです。そしてよく水分をふきとってから、カイコのごはんにしてあげてください 家でもカイコを飼っているごんたでした。

Read More

車載状態でのバルタイ調整とか 不安定な状態での燃焼室容積測定とかやってると やっぱりスタンドほしいよなぁと思いまして メンテナンス用スタンドを作ってみました いや、正確には作ってもらいました、ですね 私は設計のみで、製作は近くの鉄工所のおっちゃんに頼みました ガス代とか作業賃を考えるとそれほど変わりませんし 「売ろうかなぁ」とか余計なことまで考えたときに実際の製作精度とかも気になったので この手のスタンドは有名メーカー品からコピー品、自作などさまざまなものがありますが 今回製作したものにはそれらには無かった、ありそうでなかった特徴があります 通常の置き方では車載時と同じなのですが 縦置きのときにシリンダが垂直になります モンキーのエンジンはシリンダが80度傾斜なので 車載状態から90度回転すると、10度傾斜になっちゃうのです ほかの物はみんな90度でしか回転できませんので 回転角度を80度にして垂直になるようにしてみました またダイヤルゲージ用のマグネットスタンドをパイプに引っ付けれるようにしています ちょっと失敗だったのが CD90ケースだとオイルフィラーキャップの位置にパイプがきてしまったこと 標準のキャップなら当たらないのですが、 オイルキャッチ用のニップルだとでっぱりが大きいので見事にヒット オイル交換のときを考えるともうちょっとパイプの位置を変更したほうがいいですね んで、製作精度のほうですが 寸法的なものはほとんどOKだったのですが(あくまで、ほとんどです) おっちゃん、勝手に薄い材料で作っちゃだめだよ おかげで若干剛性不足です しかも材料費ケチッて薄くしたら(とは発言はしていませんが…)、薄板は溶接が難しいとか どんな言い訳だよ 次作る機会があったら要改善ですね

Read More

もうずいぶん前に、お客様のお宅へ 伺った時、お宅の前の畑から 大島紬に 割烹着を着て長靴をはいて出てこられたのを 見た瞬間~~エッ~とびっくり・・ 「畑仕事には大島が一番や!」と言われてた事が いつも、気になっていた。 亡くなったおばさんの、袷の大島を身丈がどうせ 足らないだろうから・・・思い切って、ウール代わりにも 着れる単衣のきものに縫い直してもらった。 そして昨日はじめて洗濯機で他の洗濯物と いっしょに洗ってみた(ネットに入れて)・・・・・ どうもない・・・縮みもない・・・シワもない・・・ アイロンもかけなくていいぐらい・・・すごい さすが・・・大島紬…お客様の言う通り・・・ ただ・・・誤解しないでいただきたい・・・ これは、単衣で(胴裏、八掛がついたものは絶対やめて ほしい)、普段用で、少々のヤケは気にしない・・・ そういう大島なら・・・ ぜひ、お家の洗濯機で洗ってみてください。 大島紬が太陽に当たって乾いている それだけで・・・うれしくなりますよ。

Read More