21年5月31日(月)如懿伝万国共通、悪人成敗、正義完勝。おいおい、世間が望むからと云って、往古から続く勝てば官軍はどうした。 このドラマ炩皇貴妃の圧勝で終わらせる勇気は制作側になかったようだ。 純妃・蘇靜好(延禧攻略)、純妃・蘇緑筠(如懿伝)裕陵(清東陵)には「后陵寝」と「妃園寝」があるが、継皇后は純恵皇貴妃(純妃)の園寝に葬られた。 ここは「香妃墓」というほうがとおりが良い、もちろん容妃墓が有るからだ。 「后陵寝」に入れない二人の皇貴妃はなぜ別だったのだろう。 継皇后は処罰の目的だろうが、ほかの三人の皇貴妃は「后陵寝」に寝棺がおかれているのにだ。 純恵皇貴妃・蘇氏(スー)は乾隆25年2月(1760年)-皇貴妃に冊封、乾隆25年4月19日(1760年)-死去。慶恭皇貴妃・慶妃-陸氏(リゥ)は乾隆33年6月5日(1768年)-慶貴妃に冊封、乾隆39年7月15日(1774年8月21日)-死去、嘉慶4年(1799年)-嘉慶帝養母として慶恭皇貴妃を追封。 慶恭皇貴妃は乾隆帝死後の追封としてあり得るが、純恵皇貴妃は生前の冊封なのにおかしな扱いだ。だから延禧攻略(瓔珞)では罪を犯す役どころか。 三阿哥は延禧攻略には登場せず、如懿伝七十二話のように正史でも純皇貴妃に続いて亡くなっている。

Read More

京都府宇治市の萬福寺塔頭・瑞光院は1665年即非如一を開山として開創されている。即非如一は中国・明代の黄檗僧で、1657年隠元禅師の招きで来日し、長崎・崇福寺の伽藍整備を行って、1663年萬福寺に入ったが翌年中国へ帰国すべく九州に入り、小倉藩主の招きで福聚寺の開山となっている。その後、長崎・崇福寺に住し、1671年長崎の地で亡くなっている。遺骨の各半分は崇福寺と福聚寺に、歯牙は瑞光院に祀られている。 長崎・崇福寺の国宝伽藍は中国明様式を色濃く残す長崎の代表的な観光スポットとなっている。 即非如一は黄檗三筆(隠元禅師、木庵禅師、即非如一)であり、また<即非蓮>と呼ばれるハスは即非如一が中国から持ちこんだと言われている。萬福寺の三門前の放生池にはこの即非蓮が咲いている。 (1)寺名:瑞光院(ずいこういん) (2)住所:京都府宇治市五ヶ庄三番割34-13(3)宗派:黄檗宗大本山萬福寺塔頭(4)開山:即非如一 (5)開創:1665年(6)その他1)客殿襖絵:日本画家・直原玉青筆2)準提観音:隠元禅師の念持仏3)池泉観賞式庭園                        表門                        庭園                       水琴窟

Read More

アヒージョってなんか流行ってるじゃないですか。バーじゃなくて「バル」とか言っちゃうお店で外国産のビールやワインのつまみに出てくるイメージだったりする。特に牡蠣やエビのアヒージョの写真がすっごくおいしそうなんだけど、オイルで煮るってことはすごく油っこいのか…?っていうのが気になる点だった。けっこうひたひたに液体に浸かってるじゃん。あれ全部油だとしたらとんでもないぞと。なんだけど、レシピを見てたら「オリーブオイル大さじ2」ってのがあったんですよ。それであんな液体ひたひたな感じになるのか?という疑問はあるが、大さじ2くらいならちょっと油が多い炒め物程度…。 とにかく牡蠣が食べたい!のと、あとはアヒージョに使いがちな食材をスマホで検索して、適当に買ってきました。まずはトマトとマッシュルームだよね!長ネギは「砂肝と長ネギ」という居酒屋っぽい組み合わせがおいしそうなレシピがあってつい買ってきたけど、牡蠣とトマトなイメージじゃなかったかも。牡蠣は片栗粉をまぶしてよ~く洗いました。そして数年前にノロったのがあまりにつらかったので、縮むのもおかまいなしに十分火を通した。 プレヒートしてから具材を全部入れたスキレットに、オリーブオイルを大さじ2杯分…くらいを目分量でどぼどぼと、VOXハーブミックス(以前ビンが欲しくて買ってた)を適当に投入。弱火で蓋をして10分。 ちなみに、にんにくはチューブが冷蔵庫にあるかと思って買わなかったんだけど、生姜と梅肉しかなかったので入れずじまい。「アヒージョ」ってスペイン語で「ニンニク風味」を表わす言葉だそうで。ってことはこれ、アヒージョじゃないじゃないか~~\(^o^)/オイル煮って言っておけばいいんかな? なんかスープみたいになってる!海鮮から水分がこんなに出るんか。表面はオリーブオイルっぽいけど油に浸かってるってほどギトギトではなく、このくらいならしつこくなくて良さそう。牡蠣はけっこうぷっくりしてて、油で10分丸々火を通した割には、そんな縮んだってほどではないかも。味付けがハーブミックスだけなんだけど、海鮮から出た塩気で十分でした。あと、皮が割れて程よく煮えたミニトマトがおいしい。長ネギはやっぱり組み合わせ的には浮いてる感じがあるが、味は問題なくおいしかった。 これ、えらい簡単なのにおいしくていいですね。スキレットに全部突っ込んで弱火にかけて待つだけでいいんだもん。 さて、油たくさん使ってぎとぎとの残りオイルはどうすればいいんだろ?ってのもアヒージョにまつわる心配事でした。油っこいの全部飲み干すのはちょっと躊躇うけど、海鮮のエキスがしっかり出てるのに捨てるのはもったいないよなあって。これには解決策が紹介されてました。翌日のパスタのソースにすればよいんだそうです。それはそれでおいしそうだったので、アヒージョへのハードルがさらに下がったわけでした。 とりあえず保存容器に移してスキレットはその日のうちに洗っておく。スキレットに入れたままで食べて、そのまま明日スキレットにパスタ突っ込んでいいならもっと楽なんだがな。 翌日、茹でたフェットチーネにアヒージョの残りオイルとマッシュルーム、さらにゆでタコと水菜を加え、フライパンで火にかけて混ぜてみた。できあがりの見た目はなかなかそれっぽいんだけど、味がややしょっぱい。フェットチーネ茹でるときに塩を多めにしたのが余計だったか…。  クリックお願いします^^

Read More

 トンネルダイオードの応用の話をもう少し続けます。トンネルダイオードというよりもう少し広い意味の負性抵抗素子の応用です。 1. 増幅回路 図Aのような回路で信号源から入力した信号viを負荷抵抗RLの両端から信号voとして取り出すことを考えます。負荷抵抗RLに直列に負性抵抗-Rが接続されています。抵抗rsは電源の内部抵抗や配線の抵抗分です。負荷抵抗から取り出される電力pは負荷抵抗に流れる電流をiとすると  ですが、電流iは  ですから、負性抵抗Rを大きくしていくと、回路全体の抵抗はrs+RLより小さくなるので電流は増大し、出力電力は負性抵抗のない場合に比べて大きくなります。これは普通の正の抵抗だけの回路では起こりえない現象です。 2. スイッチング 回路的には上とほぼ同じで抵抗と負性抵抗が直列に接続した回路です(図B)。電源の内部抵抗は無視しました。電源電圧をV0、負性抵抗両端の電圧をVとすると  が成り立ちます。負性抵抗素子のI-V特性は図Cの赤線とすると、上式は青線で示した直線で表されますから、赤線と青線の2つの交点が実際に実現される電流-電圧特性になります。つまりION-VONのオン状態とIOFF-VOFFのオフ状態の2点いずれかで安定することになります。このため電流が2点間でオン、オフでき、負荷抵抗の両端の電圧も2点間で切り換えられます。もちろん交点が2つになるように負荷抵抗を選ぶことが必要になります。 3. その他 トンネル接合はpn接合でありながら図Cにもみられるように原点付近では順逆両方向に電流が流れるという性質があります。これを応用した例があります。以前にも触れていますが、再度紹介しておきます。 タンデム太陽電池のようにpn接合を2つ以上直列にする必要があるとき、そのままpn接合を積層するとpnpnとなって真ん中の接合がnpとなるので、逆バイアスがかかり電流が流れなくなってしまうという問題があります。そこでpn-トンネルpn-pnとすると電流が流れなくなる問題は解決されます。  これまでに触れた例では、タンデム太陽電池のほか、メモリー素子などがあります。 <トンネルダイオードに関する文献> 以上でトンネルダイオードの話は終わりますが、これまで参考にした文献についてまったく触れずにきてしまいましたので、最後に参考文献(書籍)を上げておきます。 まずトンネルダイオード全般については(1)S.M.Sze, “Physics of Semiconductou Devices”,(1969)を参考にしました。半導体デバイスの教科書として有名な本で現在も改訂版が出ていますが、最新版(2006年)の邦訳は無いようです。この本はトンネルダイオードに1章を費やしていてここでは触れていない詳しい記述があります。 トンネルダイオードの理論については(2)J.L.Moll, “Physics of Semiconductors”, (1964)、邦訳、j.L.モール「半導体の物理」(近代科学社、1967)があります。かつて名著として知られていましたが、もはや古本でしか手に入らないと思います。この本にも「トンネル効果」の1章があります。ここで扱った理論の大筋が記されていますが、必ずしもわかりやすくありません。 ボルツマン方程式による半導体中の電流の理論については多くの本があります。ここで参考にしたのは(3)阿部龍蔵、「電気伝導」(培風館、1969)(4)御子柴宣夫、「半導体の物理」(培風館、1982)(5)川村肇、「半導体物理」(共立出版、1987)の3冊です。(4)は現在も改訂版が出ていますが、他は古本だのみと思います。ボルツマン方程式による電気伝導の説明は式の展開や近似の仕方などがそれぞれ少しずつ異なっています。(3)はボルツマン-ブロッホ方程式という呼称を使っています。ここでは(3)と(4)を折衷した説明になりました。 トンネル確率について忘れてはならないのは(6)L.D.ランダウ、E.M.リフシッツ「量子力学」(ちくま学芸文庫、2008)です。原著は1971年に出版され量子力学の名著としてよく知られていますが、現在、文庫版で読めるようになっています。28章「透過係数」にトンネル確率の理論が記載され、これが多くの文献で引用されています。WKB近似についてはこの本で扱われていませんが、多くの量子力学の教科書に記されていますので参照して下さい。  次回より他の負性抵抗デバイスに移ります。

Read More

名古屋天秤は、元々、海釣りのアイテムですが、鯉釣りでも気軽に本格的な吸い込み釣りが楽しめます。 詳しくはコチラを下へスクロールしていただき、「名古屋天秤を使った仕掛け」を参照↓http://www.denden-maru.com/koi.html#05 しかし、従来の名古屋天秤は、このように、ハンダ付けをしているのですが、この作業が厳しくなった事により、廃盤となりました。 しかし、無くなってしまうと求める声が出てくるのも事実で、メーカーが「名古屋天秤」と銘打った物をリリースしてきましたが、鯉釣りに使用するには、艶がありすぎて、警戒心を与えてしまう事や、捨てオモリをつけるスナップが必要以上に大きくて頑丈な事などから、鯉釣り師からは、かなり不評だったとの事です。 そこで、ハンダ付けではなく、継ぎ目を根本的に変えて、目立たないように、黒や緑に塗って、スナップを小さくした試作品を用意してみました。 ただ、コレについては、可動式の継ぎ目に色がつかないことがあるので、塗りなおす手間がかかったり、塗料に思いの他、お金がかかったりとコストが高くなってしまいます。 先に紹介したメーカーが最近リリースした物が、標準希望小売価格が2本入りで450円くらいだそうで、これだと600円くらいになってしまいます。 鯉用にアレンジしている事や、廃盤になった、従来のハンダ付けではないにせよ、名古屋天秤を使った鯉釣りが出来るということで、150円分の付加価値があると判断されれば、リリースも考えております。 この、150円の付加価値があるのかないのかを、鯉釣り師の皆様のご意見を聞かせていただきたく存じます。 ココのコメントでも、mixiやツイッターや、フェイスブックのレスでもいいので、お気軽に書き込んでいただければと思います! Facebook→http://www.facebook.com/dendenmaruTwitter→http://twitter.com/#!/dendenmaru66mixi→http://mixi.jp/show_friend.pl?id=22020610 ※充実した内容を維持するモチベーションになりますのでクリックお願いしま~す!→

Read More

[第705回]神保町界隈【3/3】 神保町界隈、白十字編・学士会館編に続き、今回は「周恩来ここに学ぶ」碑と研数学館跡編です。 周恩来というと、1960年代後半から1970年代前半においては、「中国のナンバー2」みたいな評価で、日本では、「ナンバーワンになろうとしないことで生き残る処世術を心得ていた男」みたいに言う人もありましたが、最初から本人がそんなつもりでいたわけでもないでしょう。東京都文京区の白山神社の境内には、そこで孫文が宮崎滔天と語ったという石碑があります。辛亥革命のあたりから以降の中国の政治家では、蒋介石も日本の陸軍師範学校で学んだというだけでなく、蒋介石とは仲が悪かったのか、もともとは国民党左派だったはずが、南京の「傀儡政府」の首班になった汪精衛(汪兆銘)もまた日本の師範学校で学んだという話が・・どこに出ていたかというと、内田康夫『不等辺三角形』なのですが、国共内戦の際、日本で学んだ人には国民党の側の人間が多いのかというと、そういうことでもなかったようで、共産党の人間でも周恩来は日本に来て学んでいたらしいのです。その周恩来が学んだという場所が、千代田区の神保町、神保町交差点の北西側、白十字より少し南のあたりで、そこにあった学校は今はなく公園になっており、その公園の中に「周恩来ここに学ぶ―東亜高等予備学校跡」という石碑が立っています。 ここにあった学校の名前は「東亜高等予備学校」。石碑の左の説明書きには↓《・・・周恩来総理は、1898年3月5日江蘇省淮安に生まれました。周総理は1917年(大正6年)〔「ひどくいいな(1917)のロシア革命」ロシア革命の年〕に19歳で日本に留学、この地(当時は神田区中猿楽町)にあった東亜高等予備学校(創立者・初代校長=松本亀次郎)で日本語を学び、大学進学の指導を受けました。そのころ、日本政府の対中国政策に反対した松本亀次郎校長の心情にも影響を受け、1919年(大正8年)〔「行く行く(1919)ベルサイユ」ベルサイユ条約締結の年〕には帰国して天津の南開大学に学び、新中国の建設に身を投じました。 周総理生誕100年・日中平和友好条約締結20周年にあたり、東亜高等予備学校の跡地であるこの場所に、周恩来が学んだことを示す記念碑を、千代田区の歴史の一コマとして建立します。日中友好の気持ちをこめて・・・・。   千代田区日中友好協会 》と書かれています。〔〕内はブログ作成者が入れました。「東亜高等予備学校」という学校がここにあったということですが、今は公園になっており、↑ 西側が道路で、公園の中央付近に「周恩来ここに学ぶ―東亜予備学校跡」の碑があり、南よりに公衆便所があり、↑ 北よりに千代田区立高齢者センター http://www.chiyoda-vc.com/network/75 。  白山通りよりふたつ西側の南北の道の東側で、白十字より少し南の位置にあります。かつて、この近所の会社に勤めていて、その際、通勤通の途中に、ここにこの碑があることを知りました。その会社では人事総務部にいました。その後、小堀住研(株)・(株)一条工務店では営業をやりましたが、人事総務部に勤務して、その後に営業の仕事をしたことで、その時、何の職種についていても、常に人事総務の視点と営業の視点の両方の視点で見ることができるようになりました。そのあたりを私を採用してくれた会社は会社のために活かしてくれたらよかったのにと思うのですが、あんまり賢くない経営者の会社に勤めると、むしろ、そういった能力は「塩漬け」にされてしまうことになる・・・ということなのかもしれません。従業員の能力は「塩漬け」にするのではなく活かした方が会社にとってプラスになるはずなのですが、会社のためよりも、オーナー経営者一族の個人のためを優先する会社では、塩漬けにしたのでは会社のためにならないと思っても、オーナー経営者一族の個人の気まぐれの方が優先されるようです。哀しい会社だなあと思いますが、そういう情けない・哀しい会社はけっこう日本にはあるようです。   エドガー=スノー『中国の赤い星』では、西安事件の際、西安で張学良が蒋介石を軟禁して国共合作を迫った時、共産党の側から西安に行ったのが周恩来で、国共合作を蒋介石に約束させた後、蒋介石とともに行くという張学良に、それはやめた方がいい、もし、張学良が蒋介石とともに行ったなら、今度は張学良が蒋介石に監禁されることになると張学良に進言したのが周恩来だったという。そして、結果は周恩来が予想した通りになった。   この「周恩来ここに学ぶ―東亜予備学校跡」の石碑がある公園の少し北の白山通り沿いに「名曲喫茶 白十字」がありますが、白山通りをそれより少し「水道橋」駅の方に進んだ白山通りとその西側の通りの間に、かつて、バロック風建築? の建物の研数学館があったのですが、いつしか、予備校の研数学館はなくなり、研数学館の建物は、「犬も歩けば日大にあたる」というくらい東日本ではどこにでもある日大・・・なんて言うと、「おめえ、日大、バカにしてんのか」とか大喜びで言う日大卒の人が出てきそうですが、実際、日大というのは「犬も歩けば日大にあたる」というくらい、どこに行ってもあるのですが、特にこのJR「水道橋」駅から神保町交差点にかけてはいっぱいあり、その日大に買い取られたのか日大が借りたのか、2000年代だったように思うのですが、日大の経済学部だったか何学部だったかの校舎になっていたのです・・・が、今回、それが見当たらない。もしかすると、この時間パーキングが、その研数学館の跡地か? ・・・なんて思って見まわすと、案内の看板が出ていました。ついに、バロック風建築? の建物もまた、なくなってしまいました(泣)↓。「研数学館」をどこで知ったかというと、1970年代後半、『親切な物理(上・下)』という物理がわからん、わからん・・という時に読むとなおさらわからんようになる参考書・・・の後ろの方に、広告なんて他に載ってない本なのに、なぜか、「予備校 研数学館」の高校が載っていたのでした。『親切な物理』という本は、物理がわからんわからん・・と頭をかかえている時に読むとなおさらわからんようになる本で、それなら役に立たない本かというとそうではなく、ある程度わかるようになった段階で「さらに上」を目指す時に読んで学習すると力がつくというタイプの本だったと思うのだ。私は、今、高校の教諭とか予備校の講師とかの仕事はしていないので、今の高校の物理の参考書というものがどういうものがあるのかよく知らないが、1970年代後半、私が高校生くらいの頃のものだと、旺文社から出ていた『よくわかる物理1』とかそういうのは、わからんわからん・・・という時に使うとけっこういい本で、『親切な物理(上・下)』というのは、物理がある程度わかるようになった段階で、さらに上を目指す時に読む本だったのだと思う。  なぜか、その『親切な物理(上・下)』に広告が出ていた「予備校 研数学館」というのは、予備校としては、東大進学者の実績のある駿台、名古屋発祥でありながら東京の駒場にも進出してきた河合塾、駿台に比べると「大衆向け」の代ゼミ(代々木ゼミナール)などに比べると実績の劣る予備校で、また、全国で販売されて全国の高校生が使用する参考書の『親切な物理』に東京ローカルの予備校の広告がなぜ載っているのだろうと思ったのですが、1980年代前半、神田神保町とJR「水道橋」駅の間の白山通りを歩いていたところ、その「『親切な物理』でおなじみの研数学館」があったので感動した! ということがあり、それ以来、白山通りの神田神保町と水道橋の間、白十字よりも北の位置にある研数学館は私にとっては街のモニュメントのひとつとなったのでした・・・が、「予備校 研数学館」がなくなっていぬきで日大の何学部だかに変ったと思ったら・・・ついに建物もなくなってしまった・・・。 「《ひととおり読破するだけでもけっこう大変だが持っているだけでも持っていると頼もしい、といっても持っているだけではだめだとわかりつつもなかなか手ごわい『親切な物理』》でおなじみの研数学館」が、ついに建物もなくなったあ・・・・・(泣)。  研数学館とは何だったのか。現地に「研数学館の沿革」と書かれた金属製のプレートが立っている。《 研数学館は『数理を研き宇宙を開く』の理念のもと明治30年(1897年) 数学の泰斗 奥平浪太郎先生創始の私塾を始めとする。大正8年(1919年)〔ベルサイユ条約の年。周恩来が日本から中国に帰国した年〕奥平先生没後、財団法人研数学館 設立者 片山鬼作先生が学館の経営に参画されてから英語科を併設した。  大正12年(1923年)〔「ひどく不合理(1925)、治安維持法制定の1925年の2年前〕9月の関東大震災〔「大いに(大正12) 人、苦に満ちる(1923)」1923年 関東大震災〕により後者は灰燼に帰し、研数学館の再建ならびに経営は一に片山鬼作先生の双肩にかかった。以来あらゆる困難を克服されて昭和4年(1929年)〔「ひどく憎い(1929)世界大恐慌」1929年、世界大恐慌の年〕2月に現在の鉄筋4階建ての本館を完成すると共に国語科と理化学科を設置するなど教育組織の大拡充を行い、今日の研数学館の基礎を築かれた。  当時より片山鬼作先生は私学理工系の教育の必要を痛感されていたが、昭和16年(1941年)〔「行くよ勇んで(1941)、真珠湾」1941年、太平洋戦争開始の年〕文部省当局と相諮り、単独にて私財を寄付し財団法人研数学館を設立、自ら理事長の任に就かれて研数専門学校を設立し昭和17年(1942年)4月物理学科と数学科の講座を、翌18年(1943年)4月には電気通信科の講座を開かれた。当時の私学教育は経済的な困難が伴いその困難を解消すべく研数学会講習会の名称で予備学校教育を併設しその果実を専門学校経営に充当してきた。その後 幾多の人材を世に送ったが戦後の学制改革により昭和30年(1955年)3月 第11回生卒業をもって研数専門学校は自然廃校となった。  爾来財団法人研数学館は大学受験のための総合予備校として各種学校研数学館の経営に専念し、昭和34年(1959年)3月に冷暖房完備の4階建て新館を増築し教育環境の充実を図っていった。》 《 理事長片山鬼作先生は昭和37年(1962年)10月に東京都知事より「教育功労者」として表彰を受け、昭和39年(1964年)〔東京オリンピックの年〕4月「藍綬褒章」を受彰、さらに昭和43年(1968年)秋 受勲の栄光に浴されたが、昭和46年(1971年)〔1970年 大阪万博の翌年〕3月1日半世紀にわたり我が国教育界に大きな足跡を残されて満86歳で現職のまま急逝され、生前の功績に対して追位を賜った。》 《 初代理事長の遺志を継いだ二代目理事長 片山政男先生は、昭和50年(1975年)10月に東京都知事より「教育功労者」として表彰を受け、昭和54年(1979年)7月 文京区本郷に化学実験室を完備した地上4階地下2階の本郷校舎を開校し理化学系受験者のための教育環境をさらに充実させていった。そして昭和55年(1980年)より研数専門学校設立当初の趣旨を継承していくための『理学研究社助成基金』の積立を開始し財団法人としての方向性を明確にした。昭和60年(1985年)〔阪神優勝 日本一の年〕〔桑田・清原がPL学園3年で夏大会全国優勝の年〕には習志野市開発公社の要請に応じ総武線沿線の生徒への時間的・経済的負担を軽減させるため千葉県習志野市に地上8階地下1階の専修学校研数学館津田沼校を開校した。さらに昭和63年(1988年)2月に地上5階地下1階の本部校舎B館を、また平成2年(1990年)7月に地上8階地下1階の津田沼校新館を相次いで完成させ増大する受験生の要請に応え「生徒と共に」を教育理念とし生徒の可能性を最大限に育む予備校としてその存在価値を高めていった。  しかし18歳人口の減少や学部・学科の新・増設と短期大学の4年制大学への昇格などに伴う受入れ枠の拡大で「大学全入時代の到来」とも言われ1年先の受験を目指し捲土重来を期す生徒が大幅に減少し、このような状況のもとで予備校としての教育活動を続けていくことは教育の環境と質を低下させることにも繋がりかねないため研数学館が永年「生徒と共に」という教育理念に支えられ行ってきた大学受験のための予備校教育はその使命を全うしたと判断し、理事長 片山政男先生の英断により平成12年(2000年)3月限りで予備校としての教育活動を修了し理事長もその任を自ら辞することとなった。  今後は研数学館創立当時の基本にある『数理を研き宇宙を開く』の考えに基づき理学研究者への支援活動にのみ活動を限定し、公益法人としての使命を果たしていく予定である。   平成12年(2000年)4月      財団法人 研数学館  》『親切な物理』の巻末に研数学館が掲載されていたのは、『親切な物理』の作者か出版社が研数学館と何らかの縁があったということなのだろうか。別段、この予備校に通ったわけでもないが、「『親切な物理』でおなじみの研数学館」が予備校としてなくなったのが2000年で、建物は、その後、日大の経済学部だったか何学部だったかが使っていて、↑の説明書きの金属のプレートが建っていたが、今回、訪問すると・・というのか前を通ると、ついに建物もなくなって時間パーキングになってしまった。この付近は時間パーキングが他にあんまりないので、今後は時間パーキングとして地域社会に貢献することであろう・・・・とはいえ、「『親切な物理』でおなじみの研数学館」の建物がなくなってしまったのは、なんとも寂しい限りである。   「研数学館」が登場するのは『親切な物理』だけではない。他にどこで登場するかというと、遠藤周作『わが青春に悔いあり』(1974.10.30.角川文庫)に登場する。《 わしは浪人二年目ぐらいから全く受験勉強などやめることにして、(ある日、突然、そのようなことをするのが阿呆臭うなってなあ)一日、新宿をば野良犬のようにほっつき歩いておった。  当時、新宿に「南蛮」という音楽喫茶があってな、そこは、ベートーベンのおっかない顔が入口から睨みつけ、「静粛にねがいます」という紙がはりつけてあった。中に入ると昼なお暗く、あっち、こっち深刻な顔をした青年たちが石像のように腰かけており、ベートーベンの「第九」にじっと耳を傾け、だれかが話でもしようもんなら、「シッ」「シーッ」  たちまちにして左右から侮蔑と怒りとの声がかかるでな。ここに入れば息をこらし、体を固うして坐っておらなければならん。そしてその深刻な顔をした客のなかには「第九」を聞いておると感動興奮を抑えることができぬのか、少しずつ手が動きはじめ、まるでストコフスキーのように曲にあわせて手でタクトをふる者さえおってなあ。わしは誇張して言っとるのではないよ。あの頃の音楽喫茶はけだし、こういうもんであったことを記憶されている人なら、うなずかれるであろう。  兎に角、わしは始めてこの「南蛮」に足を入れたのは浪人二年目、新宿を野良犬のようにほっつき歩いていた頃であったが、今まで接したことのないこの異様な深刻な雰囲気をみると、胸しめつけられるような気持になり、 「こここそがゲイジュツだ」  心の底からそう思うたのだな。そしてもう神田の研数学館というわしの通うとった予備校のうらぶれた教室、うらぶれた浪人仲間が全く阿呆くさくなり、サイン、コサインだの、仏教渡来は一二一二などを憶えることよりも、ここに集まる深刻な人々に接するほうがはるかに高尚にして立派な毎日だと考えたのであった。・・・ 》( 遠藤周作『わが青春に悔いあり』1974.10.30.角川文庫)  その「研数学館」だったが、十何年か前だったか、予備校としての研数学館はなくなり、研数学館の建物はそのままあって日大の経済学部だったか何学部だったかの校舎になったが、今ではその建物もなくなって、その場所は時間パーキングになってしまった。    神田神保町交差点から西に進んだ北側、千代田区神田神保町3-4 に「九段下ビル(今川小路共同建築)」という由緒ありげな建物があって、1989年、この付近の会社に勤めていた時、その1階にあった食堂で食事をしたことがあり、こんな建物があるんだあ・・・と感心したことがあったが、『建築探偵術入門―東京、横浜の西洋館230を追跡する』(1986.9.25.文春文庫)によると、設計者は南省吾で1927年(昭和2年)の「震災復興建築」として、店を連結してビルにしたという建物だったらしい・・・が、《ウィキペディア―九段下ビル》https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B9%9D%E6%AE%B5%E4%B8%8B%E3%83%93%E3%83%AB によると、2011年の東日本大震災で建物が傷んだことで解体が決定され、2012年に解体されたらしい。ウィキペディアには、《2013年4月、本ビルの跡地を学校法人専修大学が取得したとの情報がある 》(日経不動産マーケット情報)》と出ているが、実際、専修大の校舎が建築中だった。↓  1988年、神田神保町にあった会社(ホームページを見ると今は東京都内の別の場所に移転したようですが)に勤めていた時、ここにあった九段下ビル(今川小路共同建築)の1階にあった食堂で昼食をとったことがあり、この建物はどういう由緒のものなのだろう・・と思い、その後、住宅建築業の会社に勤め、東京建築探偵団+増田彰久『建築探偵術入門―東京、横浜の西洋館230を追跡する』(1986.9.25.文春文庫)を読んで、あれがそうだったんだ・・と思い、もう一度、行ってみたいと思いながら行けずにいるうちに解体されてなくなってしまいました。  そういえば、30年前、「へえ、ここはこうなってるんだあ」とか思いながら歩いた所にあった建物で今は見当たらない建物があるように思います。20代の時は30年というとずいぶん長いように思ったが、今現在においては30年前は昨日のことのような気がする・・・が昨日ではないようだ・・・。 (2019.7.8.) ★神保町界隈1. 白十字編 https://shinkahousinght.at.webry.info/201905/article_5.html2.学士会館編 https://shinkahousinght.at.webry.info/201906/article_a5e86fc3e4.html3.周恩来碑・研数学館跡・九段下ビル跡編 〔今回〕中国の赤い星 (筑摩叢書 29)不等辺三角形 (講談社文庫)建築探偵術入門 (文春文庫)

Read More

トピックス;『鳥の鳴き声を人の言葉に言い換えて覚える方法を“聞きなし”と云っています!!』『聞きなしは“鳥の声に耳を傾ける。”ことかも??』『スイマセン!今回の“聞きなし”の音源はありません!』 「鳥の鳴き声」を人の言葉に言い換えて、覚える方法は昔からあり、 これを“聞きなし” と云っているそうで、或るものはその通りに聞こえますが、本当にそう思えるのかな?という言葉もあります ここで突然ですが、英国王立鳥類保護協会「The Royal Society for the Protection of Birds (RSPB)、Rob Hume著、「RSPB Birds of Britain and Europe」ではイギリスとヨーロッパ大陸の中でよく知られ観察ができる鳥類は330種とレアー種230種の合計560種以上の解説があります。 例えば、この図鑑のP107、「オオタカ」の解説内容を覗き観しますと、大きな画像、イラスト等を使って、飛翔中の下面特徴や静止画像での部位特徴に加えて、鳴き声、営巣生息図及、及び類似種、飛翔パーターン図などを掲載し丁寧に解説しています。日本の画像を中心とした鳥図鑑と見比べますと一味も二味も違いそうです。? このような中、英国鳥図鑑の英文字表記の「鳴き声」を注目してみますと、英語版の『鳥の聞きなし』 の様にも見えます。そこで、次に、ヨーロッパや日本でも、一般的によく知られている「ツバメ」や、「カッコウ」などを調べてみました。  1、ツバメ:Swallowの鳴き声は 『土喰って、泥喰って、渋―い!』ツバメの一般解説は、『A popular bird throughout Europe, the Swallow is a summer visiter、 Of all the swallows and martins, it has the most

Read More

BB戦士シリーズNo.259 GAT-X105 ストライクガンダム・ストライカーウエポンシステムです。発売は2004年。価格は1000円。製作は2012年12月です。(2機目) キット仕様先に発売されたNo.246 ストライクガンダムに新規パーツとしてエール、ソード、ランチャーの各ストライカーパックとスカイグラスパーをセットしたアイテムです。本体は成形色を含めた変更はなく、単品のセット内容はすべて含んでいます。ストライクとスカイグラスパーに各ストライカーパックを付け替えて遊ぶことができる、非常にプレイバリューの高いキットとなっています。 GAT-X105 ストライクは地球連合軍の試作MS。パイロットはキラ・ヤマト、ムウ・ラ・フラガ。キットは1/60スケールのデザインを採用しており、モールドの細かさはHGキットを凌ぎます。また、BB戦士No.239 シャイニングガンダムからのGガンダムシリーズの流れを汲むスタイルと可動範囲を両立したハイクオリティーな仕様になっており、BB戦士においても「21世紀のファースト・ガンダム」にふさわしいキットを目指しただろうことがうかがえます。 アーマーシュナイダー×2、ビームライフル、シールドが単体キットの付属品になります。 エールストライクはスラスターユニットが可動します。 ビームサーベルはユニットのみ付属しますが、HGキット(デュエルなどに付属)のビーム刃をつけることができます。 ソードストライク。バックパックと左肩アーマー、対艦刀「シュベルトゲベール」、ビームブーメラン「マイダスメッサー」、ロケットアンカー付きシールド「パンツァーアイゼン」で構成されます。 シュベルトゲベールには下部のビーム刃は付属しませんが、1/144キットのものを付けられます。マイダスメッサーのビーム刃はキットにも付属しますが、やはり1/144キットのものを使用することもできます(写真はキット付属のもの)。 ランチャーストライクバックパックと超高インパルス砲「アグニ」、右肩のコンボウエポンユニットで構成されます。 アグニは手に持たせるほか、後ろから脇にかまえることもできます。 3つのストライカーを同時装着したオリジナル形態、スーパーストライクガンダム。というか言われなくともみんなやったでしょうけど。HDリマスターに登場したパーフェクトストライクとは異なります。 HGキットとの比較。 FX-550 スカイグラスパーは地球連合軍の大気圏内用戦闘機。パイロットはムウ・ラ・フラガ、カガリ・ユラ(・アスハ)、トール・ケーニヒ。気合の2パーツで構成されたスカイグラスパー。やはり丸っこいSD体型になっています。これを塗るのがほんと大変でした・・・。各ストライカーユニットの装着が可能になっています。 各ストライカーパックの装着形態。ライフルとシールドは装着出来ません。 さらに全ストライカーを装備したフル装備状態にも。やだこれすごい強そう。 EXモデルとの比較。 塗装ガイドセンサー・・・DESTINYライトブルー腹部、シールド、シュベルトゲベール、スカイグラスパー・・・SEEDホワイトバーニア、かかと、エールストライカー翼、コンボウエポンユニット・・・SEEDレッドアンテナ、シールド・・・SEEDイエローソードストライカー、スカイグラスパー・・・SEEDブルーフレーム部分、スカイグラスパー武装類・・・SEEDグレーエール、ソードストライカー・・・SEEDダークブルースカイグラスパーキャノピー・・・ファントムグレービーム刃・・・ガンダム蛍光ピンクスミ入れ・・・白・黄・青・緑のパーツはグレー、赤いパーツはブラウン、他はブラックアーマーシュナイダー・・・ガンダムシルバー以上です。ランチャーのバルカンは塗り忘れでした。 パーツ一覧。見てのとおりスカイグラスパーはフル塗装でさらに重ね塗り必須なので作業量はかなりのものです。 後記新生ノーマルSD屈指の大ボリュームキットでした。しかしストライクも今まで何機作ったんだろうね・・・。ファーストガンダムより多いかもしれない。 昨日までに見たアニメは・・・63話 16月の旅Ⅱ19話 お父さんは素直になれない!?10話 クリスマス 昨日までに遊んだ主なゲームは・・・第2次スーパーロボット大戦OGエルクローネのアトリエ

Read More

皆様こんにちは!ファーイーストエンタープライズです。 本日ご紹介するのはブラジル・バルセロス産『ワイルド デュメリリィエンゼル』です! はるばるブラジル・バルセロスからやってきたこちらの『デュメリリィエンゼル』。輸入量が少なく、かつては“幻のエンゼル”と呼ばれたこともあるとか。 個体によっても差異はありますが、顔のあたり(人間でいうとこめかみあたり)に美しいグリーン。そして美しいシルバーのボディに黒・暗褐色・茶褐色系の縦縞模様が入ります。飽きの来ないシンプルな美しさはまさに自然美ならでは! そして、『アルタムエンゼル』や『スカラレエンゼル』などの他の原種エンゼルと比べ、あまり背びれが伸びず全体的に丸みを帯びた姿の『デュメリリィエンゼル』。背びれが長くスマートな印象を受けるエンゼルが多い中で『デュメリリィエンゼル』のどっしりと構えた感じの重厚感ある姿は独特の存在感を醸し出しています。 その見た目の重厚感ともリンクするように性質は強健で飼育しやすい品種でもあります。当社が入荷した『デュメリリィエンゼル』も餌をよく食べ元気に泳ぎ回っています。 今回取扱いの『デュメリリィエンゼル』のサイズですが、ボディの横幅(尾を含まない)が4~7cm程となっております。 当社おススメの『ワイルド デュメリリィエンゼル』、是非この機会にいかがでしょうか?皆様のお問い合わせお待ちしております。 お問合せ先は以下のホームページをご参照下さい。 【ファーイーストエンタープライズ ホームページ】http://www.fareastkoi.com/index.html

Read More

先日購入したREVO ELITE 8-Lを使用したので簡単にインプレッションを。 恐らく、このリールはバスフィッシングで“撃ちモノ”というジャンルでの使用が多いと思いますが私はミノーをメインとしたプラッギングで使用しています。なので、ピッチングやショートキャストに関しては正直分かりません。 また、個人的に愛用し始めているPEラインを巻いています。フロロカーボンやナイロンを用いた時の使用感は別物になってしまっていると思います。 使用タックルはロングロッド(8ft.前後と8ft.6in.)です。詳細は一つ前の記事、“2013年 春 芦ノ湖”を参照してください。 今回はミノーとリップレスベイトのみを使用しました。 端的に言うと非常に使いやすく、バックラッシュし辛い扱いやすいリールでした。 比較対象としては全く同じロッド、銘柄は違うけれど同じ号数で4本編みのPEラインを用いたREVO ALT-HS-Lです。 当然、スプールの幅も違いますしラインキャパシティも違うので単純な比較は難しいと思いますがその辺はご容赦ください。 メインで使用したのは10g前後の固定重心バルサミノーでしたが、DUOのタイドミノースリム145等も使用しました。 項目 印象 リール ELITE ALT キャストフィール スムース。ブレーキを弱くしてもバックラッシュし辛く、キャスト後半の伸びが気持ちいい。同じルアーでもALTに比べて非常にバックラッシュが少なく、ブレーキ設定を弱く出来る。 ◎ ○ 飛距離 同じロッド、同じルアーであればALTよりも飛距離が出る。13cm/10gのバルサミノーで30m程度。ALTでは25m程度と顕著に差が出た。ALTの場合はシャロースプールが有るのでシャロースプール使用時はALTに軍配が上がるかもしれない。 ◎ ○ ブレーキ 調整幅が広い。1Oz.クラスのプラグでも弱めのブレーキで問題なし。10g前後の固定重心バルサミノーでもMINからラッチ3つの位置で気持ちよくキャストできた。キャスト直後の効きがいいのかALTよりも気を遣わずに使用できる。MAX方向への余裕が大きいので使用ルアーの幅はかなり広そう。 ◎ △ スプール回転フィール 軸のブレが少ないフィール。ALTもいいと感じたが、それ以上に回転方向のブレが少なくきっちりと作られている感じ。’05 METANIUM XTと同じようなフィール。 ◎ ○ ハンドルノブ 形状変更により、ホールド感が向上した。手のサイズ等、千差万別だが個人的には好きな形状。但し、ALTのノブと比較して実釣時に顕著な差を感じる程ではない。 ◎

Read More