コロナ騒ぎでアップしないでいたが、1月13日の読売新聞紙上で40年以上前に日本で初めて生まれた五つ子ちゃんの長男さんの名前を拝見して、当時のてんやわんやの子育ての様子を懐かしく思い出した。  経済部に所属している山下福太郎さん。産業全般や企業関連ニュースを取材されているそうで、紙面半分に記事が載っていた。読売新聞の連載 「解剖 財界」 も担当されているそうなので、ふだん余り詳しく読まない分野だけれど、これからは少し気をつけて読んでみようと思う。  当時は時々成長過程がテレビで放映されて楽しく見ていたが、お子さんたちが小学校高学年くらいだったか、たしかお子さんたちのプライバシー尊重ということで放映はされなくなった。久しぶりに福太郎さんの顔写真を見て、素敵な男性に育ったと人ごとながらうれしい。   風のたよりでは  5人とも東大とか有名国立大とか私立名門校を出たという。40歳代になった五つ子ちゃんが勢ぞろいしたらどんな感じなのか、ぜひ見てみたい。   

Read More

何カ月も噂になっていたが、ようやく配車サービス大手のUberは、中東のライバル企業Careemを31億ドル(約3400億円、17億ドルが転換社債で、残りの14億ドルは現金)で買収すると明らかにした。 Uberは、この買収は規制当局の承認を得たうえで2020年第1四半期に完了する見込みだと発表文に書いている。 また、Careemのモロッコからパキスタンにまたがる広範な中東地域におけるモビリティ事業、デリバリー事業、そして決済事業の全てを買収する、とも記している。 Careemの主要マーケットはエジプト、ヨルダン、パキスタン、サウジアラビア、アラブ首長国連邦で、計15カ国120都市で展開している。 Crunchbaseによると、Careemはこれまでに7億7200万ドルを調達していて、出資者にはサウジアラビアのKingdom Holdings、中国の配車サービス大手Didi、そして日本のテック大企業の楽天が含まれる。 Careemは、Uberのライバルとして2012年に設立されたが、以来、食べ物や荷物の配達、バスサービス、送金など事業が多角化されてきた。この多角化はRoundMenuとCommutの買収(2つとも昨年発表された)も支えている。 UberがCareemに支払う額は、最近の評価額よりもかなり大きいという点で注目に値する。昨秋Careemが2億ドルを調達したとき、Careemの評価額は20億ドルほどと報じられていた。 また今回の買収額は、中東テックスタートアップのエグジットとしては最高額になると同時に、グローバルでの配車サービスがらみのM&Aの中でも最大規模の案件の1つとなる。(例えば、中国のDidiは昨年初めにブラジルの配車スタートアップである99に6億ドル超を払い、ラテンアメリカでの評価額は10億ドルになった)。 また東南アジアにおけるような事業撤退ではなく、Uberが中東で積極的に展開するというのも特筆に値する。 Careemの買収について、UberのCEO、Dara Khosrowshahi氏は以下のようにコメントしている。 我々のプラットフォームの強みを世界中で継続して拡大させるなかで、この買収はUberにとって重要な局面だ。イノベーティブなローカルソリューションをつくりだすことができることからもわかるように、Careemは中東におけるアーバンモビリティの未来形成で重要な役割を果たし、この地域で最も成功したスタートアップの一つとなった。Careemの創業者らと親密に連携し、我々が動きの速いこの業界で乗客やドライバー、都市に優れた結果をもたらせると確信している。 一方、CareemのCEOで共同創業者のMudassir Sheikha氏は別の声明文で以下のように述べた。 Uberと手を携えることで、人々の生活をシンプルにして改善させ、影響を与えるような素晴らしい組織をつくるというCareemの目的をさらに推進させることができる。この地域におけるモビリティと幅広いインターネットの機会は巨大で、手付かずだ。そしてデジタルの未来に向けてこの地域を飛躍させる可能性を持つ。今回Daraがリーダーシップを発揮したことで実現し、我々はUberよりもいいパートナーを探すことはできなかった。これは我々、そしてこの地域にとって記念すべきマイルストーンだ。世に出始めた起業家が地元や世界の投資家から資金を得る機会を増やすことで、我々はこの地域のテックエコシステムに刺激を与える存在となるだろう。 買収完了後は、CareemはUberの全額出資子会社となる。そしてSheikhaのリーダーシップのもと、自社ブランドで事業展開を続ける。 そしてUber傘下企業として、Careemの役員会はUberからの1人と、Careemからの2人で構成される見込みだ。 2社の事業は最近、地方マーケットでいくらか重複がある。カイロやカサブランカのような都市で2つのブランドが事業をそれぞれ継続させるのか、あるいは中東といくつかのアジアマーケットにおけるブランドとしてCareemに統一するのかは不明だ。 この件についてUberの広報は「規制当局の承認次第ではあるが、この買収が2020年第1四半期にクローズするまでは何も変わらない。その後、我々は2つの個別のブランドとして現在展開している全マーケットで事業を続ける」。 […]

Read More

Huawei(ファーウェイ)の5Gプロダクトによるサイバーセキュリティの脅威についての欧州連合(EU)の最新のアプローチは注意喚起であり、徹底排除ではない。これは、ファーウェイと中国政府のつながりに懸念があるとして同社ボイコットを呼びかけていた米国への対応として、今週EUが出した新たな勧告の主旨だ。 この勧告では、「来たる5Gテクノロジーが銀行業務から交通、健康、産業、そして民主主義に至るまで、社会の最も基礎的部分の屋台骨を形成する」と記している。しかし、米政府が求めていたファーウェイの即座排除を促すには至っていない。 「5Gテクノロジーは我々の経済や社会を変え、個人や事業会社にとって大きな機会をもたらす」とEUデジタル責任者のAndrus Ansip氏は勧告に伴う声明文で述べた。「しかしこれは完全な保障なしにはあり得ない。ゆえに、EUにおける5Gインフラはテクニカル上または法的なバックドアから完全に無縁で安全が確保されていることが必須だ」。 この発言は、EUがテクノロジーの監視を強化するのに伴い、今後のファーウェイ排除を完全には否定しないことを意味している。しかし、全面禁止という米国の要求を押しのけるという大きな流れを示している。 先月バルセロナで開かれた通信会議で登壇したEUデジタル局長のMariya Gabriel氏は、もし加盟国が「それぞれ自国を守ろうと」異なる対応をとれば分裂の可能性があると警告し、EUはネットワーク・セキュリティの問題に「共通のアプローチ」を取るべきだと話した。 その際、Gabriel氏は委員会は間もなく対応を取る準備をしていると述べた。しかし、全面排除を支持するとは言っておらず、軟着陸させる可能性を残していた。 [原文へ] (翻訳:Mizoguchi)

Read More

Microsoft(マイクロソフト)がゲーム本編より先に、無料の「Halo Infinite」(ヘイロー・インフィニット)マルチプレイヤーモードをリリースするという噂が、ここ数日で流れ始めているが、Xbox 20周年記念イベントの中で同社はその噂を認めた。このスタンドアローンモードは、Xbox One、Xbox Series X/S、PCで利用可能だ。 In honor of Halo’s 20th anniversary, your Spartan journey officially begins today. Dive into […]

Read More

★マスターコード(M) 80002D04 4350554A F2380A84 023FC000 [SELECT]ボタンでプレイ時間0:00 D4000130 04400004 62101140 00000000 0000009E 10000000 62101140 00000000 000000A0 10000000 [SELECT]ボタンで主人公性別変更 x=0(おとこのこ),1(おんなのこ) D4000130 02400004 62101140 0000000x 00000094 00000000 [SELECT]ボタンで主人公ID変更 xxxx=0000(00000)〜FFFF(65535) D4000130 02400004 62101140 0000xxxx 0000008C 10000000 [SELECT]ボタンで主人公裏ID変更 xxxx=0000(00000)〜FFFF(65535) D4000130 02400004 62101140 0000xxxx 0000008E 10000000

Read More

駅や電車で忘れ物をした。でも、電話で問い合わせるのは面倒だし、駅員さんにも迷惑がかかってしまう。そんな、うっかり忘れ物をしがちな方に朗報だ。 東日本旅客鉄道は3月27日、LINEで忘れ物の問い合わせができるサービスを開始した。 このサービスは、同社の公式LINEアカウント「JR東日本 Chat Bot」を友だちに追加すると、忘れ物問い合わせの「お忘れ物チャット」を使うことができるというもの。 お忘れ物チャットは、JR東日本 Chat Bot上の「お忘れ物のお問い合わせ」ボタンから利用できる。ユーザーは、忘れものをした日時、場所と忘れ物の特徴を入力する。 JR東日本は問い合わせ内容を自動受信し、オペレーターが確認。忘れ物が発見された場合は、ユーザーには保管されている駅などの情報がプッシュ通知が届く。 当面は試行期間とし、受付時間は11時から16時、対象の忘れ物は「財布類」に限定。僕自身、スマホを紛失しがちなので、今後、問い合わせ可能な対象が増えることに期待したい。

Read More

Twitter(ツイッター)はウェブ(ブラウザ)版プラットフォームを更新し、ユーザーが新しいツイートを見る方法を変更した。これにより、Twitterはウェブ上のタイムラインを自動的に更新しなくなり、ユーザーが新しいツイートを読み込むタイミングを決めることができる機能が搭載される。Twitterは、これまでユーザーのタイムラインが自動的に更新されると、読んでいたツイートが途中で消えてしまうことがよくあったと認めていた。今回の変更により、ユーザーは自分のタイムラインの上部にあるツイートカウンターバーをクリックすることで、好きな時に新しいツイートを読み込むことができるようになる。 An update to the disappearing Tweet experience is rolling out for web! Now you can choose when you want […]

Read More

 令和2年12月7日、突如、有馬朗人先生の訃報に接した。 筆者(=栗林)は先生にインタビューをさせて戴いたことがある。その結果を他の俳人の方々の訪問記とともに拙著『昭和・平成を詠んで』にまとめた。昨日の訃報に、今、なつかしく読み返してみた。有馬先生に関する当該記事の一部ですが、ここに再掲させて戴きます。 写真は武蔵学園の学園長室での一コマです。2015年6月8日のことでした。あれから5年経っています。 以下引用 俳人・有馬朗人―政治と研究と 有馬朗人 昭和五年九月十三日生まれ 平成二十八年末現在 八十六歳 ――物理学者・政治家・俳人と多面的な活躍をされておられる有馬朗人さんを、学校法人根津育英会武蔵学園の学園長室に訪ね、俳句人としてのご活躍、世界遺産化の狙い、物理と俳句の世界の違い(あるいは共通点)、大学改革や政治家としての成果などなど、興味ある諸点について伺った。 一、幼少から苦学生時代まで――まず、ご幼少の頃のお話からお伺いします。俳人一家のご家庭にお生れで、僅か十五歳で「ホトトギス」に入選されたと聞きました。有馬 父も母も俳句が好きで「ホトトギス」に入っていました。母は「玉藻」にも入っていました。私の浜松時代です。富安風生先生が三河のご出身でして、敗戦直後のある日、浜松で句会をやって下さった。そう、ちょうど田植の季節でしたよ。母は、ずっと後に青木月斗の「同人」にも関係し、編集長を経て「同人」の主宰になりました。この浜松の句会で、私は五句作って出しました。三句は採られませんでしたが、二句が特選でした。中学生が来たというので、先生も喜んで採って下さったのかもね。それを、改めて「若葉」と「ホトトギス」に投句しましたら、風生先生虚子先生がそれぞれ   蓮一つ魁咲ける田を植うる  雨雲のいゆき烈しき田を植うる を入選としてくれました。昭和二十一年のことで、この頃の雑誌はうすっぺらで、一回に三句ほどしか投句できなかったと思います。両誌とも、選は厳しかったです。――以来、虚子先生との接点は多かったのでしょうか?有馬 いえいえ、雑誌「ホトトギス」を通して勉強はしましたが、虚子先生とは三回しかお会いしてないんです。一回目が銚子でした。父が地元の俳人たちと一緒になって虚子先生をお迎えし、句会を催したのですが、会場は、今でも犬吠崎にある「暁鶏館」でした。その句会に出たのですが、なにしろ小学一年です。つまんなくて眠ってしまいました。二回目が、「ホトトギス」に入選した翌年昭和二十二年でした。東京駅のそばの日本工業倶楽部で俳句のお話がありまして、それに出ましたら、風生先生もおられ、風生先生が虚子先生に「雨雲の」の句のことを紹介してくれました。良く覚えておられまして、そのとき虚子先生に声を掛けて戴きました。三回目も、工業倶楽部だったと思います。虚子先生のご逝去の直後、私はアメリカへ行ってしまいますから、虚子先生とは浅い縁でした。 実は、父が橋本から浜松の軍需工場に移っていたのですが、昭和二十一年一月に結核で亡くなってしまいます。母は定職がありませんし、以来、経済的に随分と困窮しました。私は、中学四修でこの武蔵高校へ入りましたが、毎日がアルバイトで暮れました。ですから、時間的にも経済的にも句会には自由には出られませんでした。深見けん二さんなどは裕福でしたから、虚子邸へ行って俳句をされていましたが、羨ましいと思いました。結社はその後、山口青邨先生の「夏草」一本にするんですが、昭和二十五年に東大工学部の青邨先生を訪ねまして、そうしたら、「これから『東大ホトトギス会』があるから来なさい」って。私が入ると家族は無料になるんです。ですから母も「夏草」です。「ホトトギス」にも出そうと思ったんだが、雑誌は一誌買うのがやっとだったので、残念ながら止めました。――戦後すぐの頃は、一般国民はみな貧しかったし、食糧難でもありましたね。今ですと学生のアルバイトは多種に及びますが、当時ですと家庭教師ですか?有馬 ええ、そうです。国中、食糧難でしたから、外食なんか考えられなかった。配給券を持ってないとダメだったりね。そういう状況だったし、その上貧乏だったし、弁当もって行くのが精一杯。池袋は焼け野原だった頃です。 私の場合は旧制中学校四年生のころから家庭教師でした。浜松第一中学校(現在、浜松北高校)の本間先生という方が、大変心配して下さって、ある家の住み込みの家庭教師の口を紹介してくれたんです。そこに母も一緒に住まわせて貰いました。戦災で家も焼かれていましたしね。温かく迎えて下さいました。学校から帰ると、その家の男の子と一緒に勉強するんです。高等学校に入ったらすぐまた家庭教師。浜松の級友のご両親が心配して、名産のお茶を送ってくれるんですよ。「これを売って生活の足しにしなさい」ってね。その級友は加藤博久さんというんですが、読売の大阪の会長さんに出世された方です。それから、進駐軍の筋から薬を分けてもらって、それを売ったりしました。特に、ペニシリンが高価でした。何せ、昭和二十二、三年の頃ですからね。――先生の多岐に渡るお仕事を考えますと、時間の使い方が見事なんだろうなって感心するんですが、それは若い頃のアルバイトなどから学んだんでしょうか?有馬 さあ、どうかな。私は癇癪もちで短気でしたよ。でも家庭教師をやっている裡にだいぶ納まりました。実は、家庭教師をクビになったことがあるんですよ。「オイ、バカ」ってやってしまってね(大笑)。………今日は色んな秘話が聴けそうですね(笑)。有馬 それでね、学校が三時頃に終ると、それから家庭教師のハシゴです。夏休みは市役所のDDT散布のアルバイトもしました。進駐軍が日本の衛生状態が悪いからって、消毒薬を自治体に送ってくるんです。蚊の退治や便所の消毒です。ですから、あそこのあの家の便所を消毒したなあ、なんて覚えているんです。それが終ったら家庭教師です。高校の二年生の夏は農家に勤めていたね。畦を作ったりしました。作物を育てるのが好きだったからね。肉体労働ですよ。終ったらまた家庭教師。さすが三年生の十月以降は大学の入試準備をしました。約半年の準備でよく東大に入れたよね(笑)。東大に入ってからも、さすが午前中はやらなかったけれど、アルバイトで土日も無かったです。――先生がご健康でいらっしゃるのは、若い頃のこのような厳しいアルバイト生活が要因だったのでしょうか?有馬 いや、戦中の勤労動員に入る前の中学の体育テストで鍛えられたのが大きいと思いますよ。私は、もともとカリエスで左足を切断されそうになったんです。結核性でした。それが幸い直りまして、小学校の六年生の頃は一〇〇メートルの選手になって、静岡県西部大会に出たほどでした。小学校と中学校での身体の訓練、鍛え方のせいだと思いますよ。戦前でしたから、鍛え方も厳しかったんです。浜松に行って訊くと分かるけど「有馬って速いのがいた」って言われますよ。そう言ってくれる幼友達がいまでもいます。他所の学校の運動会にも出て走ったものですよ。 二、物理・俳句以外に手を出したのは失敗!――何でも良くお出来になる。凄いですね。有馬 いやいや、それが失敗に繫がるんです。結局、何ひとつ成就しない。物理も俳句もね(笑)。随分いろんな賞を貰ったけど。物理学ももうひとつ確立できてないし、俳句もたいしたことないし(笑)、行政の方も………まあ、有能な助っ人がいますから、大臣なんて誰でもできるからね(笑)。――成就できなかったというのは、物理ですとノーベル賞ですね。普通の人間から見たら、有馬先生の超人的活力はどうなっているんだって、不思議ですよ。有馬 余計なことをしたことがいけなかった。大学の総長なんかやらないで、学問だけやっていればね………。それが失敗だったね。 三、海外詠はむづかしくない――そろそろ海外のこともお伺いしたいのですが、お忙しくされていて、海外でも盛んに俳句を詠んでおられますが、海外の俳句は作りづらいことはありませんか?有馬 私の場合は生活に密着した俳句なんで、作りづらいことはなかったね。ただ、難しさを感ずるのは赤道直下ですね。虚子先生が熱帯季語を作りましたが、これが難しい。棲んでいれば雨季と乾季がありますが、季語の選び方が難しい。ヨーロッパの場合は、北でも、南でも問題ないね。中国は一番作り易い。ブラジルやチリに行くと、南北がひっくり返るだけで、なんと言うことはない。――私はアルゼンチンに割に長くいたのですが、北風が熱く、太陽が北の空を通り、クリスマスが真夏だったので、違和感がありました。有馬 そうね、まあ、ひっくり返せばいいんです。赤道直下でも、シンガポールでも何度か行くと慣れてきて、「朝涼し」とか良い季語が使えます。ですから、海外だから作りづらかったということはないね。むしろ、海外ではアルバイトしなくて良かったから、沢山作りましたよ。結婚したての頃は、田無に東大の原子核研究所があって、そこの助手になるんですが、祖母、母と家内と子供をかかえて、給料が安く、月一万円くらいで、大変だった。アメリカでは、シカゴのアルゴンヌ研究所に就職したんですが、給料が月八〇〇ドルだった。ドル=三六〇円の時代ですよ。円換算すると、日本にいる時の三十倍くらいになるんです。日本へ戻ってくると三十分の一になる。帰国後は、さすが家庭教師のアルバイトはしなかったが、翻訳の仕事は、実に沢山やりました。特に特許についての翻訳をやりました。 最初、赴任する時の旅費はフルブライトから出ました。その後日本との飛行機賃は自弁が多かったのですが、何とかやりくりできました。最初の渡米は、生まれたばかりの長男と妻と三人で、氷川丸に乗って二週間でシアトルです。それから鉄道で三日ほどかけてシカゴ。ですから横浜の山下公園の氷川丸を見ると懐かしいです。帰りはもう氷川丸は引退していましたから、サンタフェ鉄道でロスまで行って、貨客船相模丸に乗り帰ってきました。 引用終り  記事はまだ続きますが、この辺で引用を終わらせて戴きます。詳しくは書肆アルス([email protected])にお問い合わせ下さい)。  先生のご冥福を心からお祈りいたします。

Read More

LiMEのメンバー。写真右端が代表取締役の古木数馬氏 美容師のための顧客カルテ・予約管理アプリ「LiME(ライム)」を提供するLiMEは3月27日、「@cosme」などを運営するアイスタイルを引受先として、2億2000万円の第三者割当増資を実施したことを明らかにした。LiMEは2018年2月にもアイスタイルから7000万円を調達しており、今回の増資はこれに続くものとなる。 美容師アプリのLiMEは、これまで紙で管理されてきた顧客のヘアスタイルやヘアケア情報などを記録したカルテを電子化してスマホで管理できる、基本無料のツールだ。アプリ内に写真やメモで顧客の髪型履歴を残すことができるので、美容師からは「サロンに残って施術情報を書かなくても、帰宅時やちょっとした空き時間に入力ができて効率的」と評価されているそうだ。 LiMEからは連絡先が分かる顧客に「そろそろカットにいらっしゃいませんか」といったメッセージを送信することも可能。また予約管理ツールとしての機能もあり、ウェブまたは顧客用予約アプリの「RiZM(リズム)」経由で、顧客から直接予約を受け付けることもできる(オンラインの予約受付は有料機能)。 RiZMを利用する顧客とは、写真やメッセージなど、カルテの一部を共有することもできる。 LiME代表取締役の古木数馬氏は、自分のサロンで美容師をしながらLiMEを2014年8月に設立した人物だ。現場で働く美容師としての視点から開発したアプリLiMEを2016年4月にリリース。現在は1万7000人以上の美容師が登録するツールとなっているという。 顧客とのヘアスタイル履歴共有やオンライン予約機能は、2018年10月に追加されたものだ。この追加により顧客がレビューの投稿もできるようになり、カルテや予約管理ツールとして利用しているうちに、自然と口コミや感想を蓄積することも可能となった。 また、これまでLiMEは美容師がスマートフォンで、個人個人で使うツールとして展開されてきたが、サロン全体で俯瞰してカルテ管理・予約管理ができるPC・iPad用のサービス「LiMEsalon」も開発している。LiMEsalonでは、LiMEアプリと連携することで、サロン全体の予約表や顧客管理、売上レポート機能を利用することが可能。今後LiMEでは、サロン向けサービス展開についても強化を図る。 さらにLiMEでは、今回の資金調達をきっかけに、アイスタイルが運営する@cosmeとの事業提携も検討していくということだ。

Read More

カナダの量子コンピューター企業D-WAVE Systems(以下、D-WAVE )は日本時間3月26日、同社の量子コンピューター「D-WAVE 2000Q」にアクセスできるクラウドサービス「Leap」を、日本を含む33カ国で利用可能にすると発表した。これまではアメリカおよびカナダ限定の公開だった。 D-WAVE Systemsの量子コンピューター「D-WAVE 2000Q」 Leapは、D-WAVEが販売する量子コンピューターにアクセスできるクラウドサービスだ。その量子コンピューター「D-WAVE 2000Q」は販売価格が1500万ドル(日本円で17億円程度)とも言われ、さらにシステムを最適な状態で動作させるには専門家のサポートが必要だった。しかし、そのコンピューターへのアクセス権をクラウド上で貸し出すことで、誰もが気軽に量子コンピューターを使用することができ、1カ月あたり1分間分のコンピューティングを無料で使用することが可能だ。また、本格的な開発者のためには1時間あたり2700ドル(約30万円)の有料プランも用意している。 これまで、Leapは(正式には)アメリカとカナダ限定のサービスであったが、今回の発表でEU、日本、アイスランドなど33カ国でも新たに利用可能になる。D-WAVE CEOのVern Brownell氏は、TechCrunch Japanの取材に対し「D-WAVEの日本顧客は、量子コンピューターアプリケーションという領域を真っ先に拡大してくれた人たちです。自動運転からデジタル広告配信の最適化、工場の自動化まで、彼らは様々な分野で素晴らしいイノベーションを起こしました」とコメント。 また、日本市場への拡大について同氏は、「私たちは何千もの量子コンピューターエンジニアのためにLeapを開発してきましたが、それを日本人の開発者にも届けることは私たちにとっても重要なマイルストーンの1つだったのです。今後も、日本マーケットは最新鋭の量子コンピューターアプリケーション、その専門知識、そして研究成果の生まれ故郷となるであろうと思っています」と話した。 D-WAVEはこれまでにデンソーやリクルートコミュニケーションズなどの日本企業と量子コンピューターアプリケーションの実証実験を進めてきた。同社は今回の発表と併せ、それらの実証実験が終了したと発表。今後はそのアプリケーションを実際のビジネスの現場へと応用していく。デンソーはD-WAVEの量子コンピューターによって開発した自動走行車を同社の工場に配置。そしてリクルートコミュニケーションズは量子コンピューターによって最適化されたTVコマーシャルを運用する予定だ。

Read More