私の住む街のコンビ二「ファミリーマート」でお弁当を購入しました。会計中、店員さんに「お箸をご利用でしたらこちらからお取り下さい。」どこのコンビニでも普段みられることですが、わたしは必要な分である三膳を取り帰りました。今日も深夜の食事となりました。最近、まともな食事していないなと思いながら弁当を食べようとしたら、割り箸の異変に目を大きくしてしまいました。 なんとその割り箸は先がヘの字のように変形して使えません。もう一膳は、上の画像のような箸で、これも使えません。結局、使えたのは一膳だけでした。 自前の箸があるので支障はありませんが、これが公園のベンチでのことでしたら、どうなるのでしょうか。美味しいと思われるお弁当も、おかず一つ、掴めません。ここまで酷くなくとも、箸を割ると際にうまく裂けなくて、斜めに裂けた箸で食べた記憶か少なからず有ったと思うのです。 それにこの箸、よく見ると曲がっている部分はフシのようで、荒く削られています。横から見ても互い違いになっています。それに色もよく有りません。 まったくの粗悪品の割り箸ですね。よくこんな粗悪品の割り箸をお客に出す「ファミリーマート」のお客様に対しての配慮はどうなっているのでしょうか? 「ファミリーマート」の取り扱っている商品総てが利益優先でイメージダウンになってしまった。 割り箸一つもなるべく安価にして利益をだそうとする姿が見え見えです。 こちらの割り箸は竹でできています。手触りも良く、割り箸特有の臭みもありません。私の知るところでは、スーパー、コンビニなどでサービスで頂ける割り箸での中で一番のお気に入り。コンビニの最大手「セブンイレブン」で頂ける割り箸なんです。色も白く、高級料理店で出されるような箸なんです。こんな割り箸で頂けるお弁当も美味しいですよね。なんか「セブンイレブン」全体が高貴なお店のように思ってしまうのは、私だけでしょうか。 この二本の割り箸がコンビニ業界の将来を表しているように思えるのは私だけ 地球が砂漠化しているのをご存知ですか 砂漠化は,乾燥地,半乾燥地,乾性半湿潤地で起きていて,色合いの濃い地域が,砂漠化の程度が高いことを示しています。サハラ砂漠の南側のサヘル,中東諸国,中国の西北部などの部分で,砂漠化が進行しています。もちろん,北アメリカやオーストラリア大陸でも見受けられますが,人口増加が著しいアフリカが最も大きな問題になっています。砂漠化とは,人が住んでいた所や植物の生えていた所が,気候変動や人間の活動によって,土地が荒れ,自然の営みが破壊して,不毛の大地に変化することです。耕作可能な乾燥地の面積は、約51.6億haで、その約70%の約36億haが砂漠化の影響を受けています。これは、地球の全陸地面積の約4分の1に相当します。放牧地,降雨依存地,灌漑農地の中で,面積的に、放牧地の占める面積が大きく,砂漠化の割合も73%と大きいことが分かります。それでは,何が原因で、砂漠化になったのでしょうか?砂漠化,つまり土地の荒廃の原因について,確認しておきましょう。砂漠化の要因の割合は,自然的な要因が13%,人為的な要因が87%で,人為的要因の占める割合が大きいことが分かります。自然的要因には,地球規模での生じている気候変動,長期の旱魃,降水量の減少と,これに伴う乾燥化があります。一方,人為的要因は,人間の活動が原因で起こる砂漠化で,ヤギやヒツジなどの家畜を過剰に飼育すること,燃料用の薪や住居用の木材を過剰に伐採すること,農業開発のために過度に原野を開墾すること,などがあげられます。これらの人間活動によって,風食,水食による土壌侵食が起こります。また,不適切な水管理,つまり過剰な灌漑によって,圃場が湛水し,ウォータロギングによる過湿害が問題になります。さらに,排水不良と強い蒸発によって土壌面に塩類が集積して,農地を放棄することもあります。これらが,砂漠化の原因になっています。その一つとして、割り箸を製造する為に、多くの木材を伐採しています。私たちは日頃、何気なく割り箸を使っています。でも、それが森林を壊しているとしたら・・・あなたはどう思いますか?現在、日本国内では年間250億膳(木造住宅2万軒分)もの割り箸が使い捨てされています。そのうち97%は輸入材、さらには輸入量の99%が中国産なのです。割り箸は間伐材だから森林破壊にならない・・・という人もいるでしょう。確かに、昔は森林の保護・育成時に発生する端材や間伐材などが多く使われていました。しかし、最近では海外からの安い木材を大量輸入・消費するようになったのです。今、世界では東京ドーム80個分の森林が1年間で消えています。森林破壊は環境破壊の連鎖をもたらし、生態系破壊や地球温暖化にも大きく拍車をかけるでしょう。ちなみに、日本には国土の約68%とされる森林があります。その一方、中国には国土の17%しか森林がありません。私たち日本人は、その中国から大量の割り箸を輸入しているのです。中国からの輸入である。中国産割り箸は二酸化硫黄などの漂白剤・防カビ剤・防腐剤が多く残留しているものがあり、人体への影響も懸念される。 この割り箸を暫く水に浸けると、水が黄色になり、お湯に浸けてみるともっと濃くなります。この水をPH試験紙に浸けて見ると、強酸性であることが分かります。その原因は、生産者が二酸化硫黄で漂白しているからです。 OPPという防カビ剤(農薬そのもの)によって発ガン性の恐れがあります。最近増えた竹の割り箸は特に酷く、基準の何倍もの高濃度のOPPが染み込んでいることがあります。 薬剤を加えた水で洗浄した後に硫黄で薫蒸するが、化学薬品の残留量を一定限度内に抑えることがポイント。防カビ効果期間を延長させるべく、一部の生産者は防カビ剤として大量の農薬を使うケースがある。 艶出しの為にガンの誘発物質《多環芳香炭化水素》の使用も 乾燥させるために滑石粉(タルク・パウダー)を加えて水気を除去して乾燥させるが、滑石粉は胆のう結石を誘発しやすいだけでなく、滑石粉に含まれる重金属が人体の血液や神経系統を損傷する可能性がある。 ●中国の《割り箸》生産は環境破壊に端材や間伐材を使ったものなら、使ったほうが環境に良いという面は確かにあります。
でも、コンビニで配られている割り箸は、おそらく中国などから大量輸入されているもので、そういったものは天然林を伐採して丸太から切り出していたりしますので、エコではありません。 材料となるシラカバなどの木材は、黒龍江省や吉林省などの東北地方(旧満州)や内モンゴル自治区などで伐採され、原木が丸ごと割り箸に加工されています。 中国は年間1600万~2500万本の樹木を伐採している。これによって、土地の侵食、洪水、二酸化炭素の放出、砂漠化、生態系破壊などの環境問題を引き起こしているという。 ●国産の端材や間伐材を使った《割り箸》に切り替えるもともと日本の割り箸はスギやヒノキの間伐材で作られてきました。植林されたスギやヒノキは定期的な間伐(木の成長に合わせて間引きすること)が必要です。しかし、間伐材は細くて利用価値が低く、間伐する際の人件費にもならないほど安価なのです。そのため、伐採されずに放置され、せっかく植林した山が荒れ果ててしまっていることも多いのです。《中略》国産の木材を大いに利用し、林業を活性化することは、森林保護のためにも必要なのです。 国産割り箸の原料となる間伐材は、元々森を管理し、育てるために、切ることが必要な木であり、間伐材を使った割り箸なら、森林伐採などの悪影響はありません。そのため環境のことを考えると、国産の割り箸を使ったほうがいい!とも言えるのです。 ●中国産《割り箸》から《洗い箸》、《マイ箸》へ 一部NAVERのサービスより引用してます。 マイ箸を使いましょうね

Read More

私が小学校の低学年の頃,生まれたての子犬をもらってきて飼いはじめました。 当時 (昭和 20 年代後半から 30 年代にかけて) は,まだ犬を放し飼いにしてはいけないなんていう条例もなかったので,ウチの犬も,家の近辺を適当に歩き回っていました。 まあ,でも,賢いと思った面もたくさんあり,特にウチの家族を犬なりに見分けて,誰になつけば得になるなんていうことには鋭い知恵も働かせていたように思います。 それなのに,なぜか犬は,ものの例えとしてはあまりいい取り上げられ方をしていません。 「負け犬」 「犬侍」 とか 「あいつは警察の犬だ」 「犬の遠吠え」 とかも,あまりいい扱いではありませんね。 「犬死に」 も, 〈何の役にもたたずに,無駄死にしてしまった〉 ことを言います。 猫でさえ,死んだら,その皮は三味線に使われることもあるでしょう。犬の皮とか毛皮は使い途もないようです。 ところで,人間が死んだ場合, 「有益な死」 と 「無駄な死」 の判別基準て何でしょう ・・・。 まあ, 「ドナー」 登録をして,自分の臓器を提供するなんてのは 「有益な死」 になるのかな。 あとは,莫大な遺産を自分の親族に相続させるのではなく,いろいろな施設に寄付なんかすれば,それも一応は 「有益な死」 になるかも,です。 それ以外は,すべてが 「無駄な死」 でしょうかね。 そんなこと言われても・・・ねえ・・・。 ほとんどの人は,

Read More

こんにちは 年に2回のお楽しみ 今回は ブルーコムブルーさん の福袋を購入しました~ 期待をこめて、 5万円コース  都合により、来週到着予定なので、レビューを見てみましたら ちょーっと不安になってきました。。 到着したら、ネタバレしたいと思います。(今回はあまりネタバレ見てないので。。) アフィが見当たらないので、画像にて↓

Read More

10月上旬まで、半袖で過ごせてしまい、しかも時には扇風機を稼働させるくらいの日々。そんな状態でしたが、10月17日の台風以降は秋らしい涼しさに戻ってきたと思います。そんな10月のご近所巡り・・・。 早くもカラスウリの実は色づき始めましたが、秋の風物詩であるススキが9月後半になっても花補が出ない日が続きました。8月21日~22日に岐阜県白川村に出かけたときは、草地にススキが花穂を付けてたくさん群生しているのを見ました。豊橋南部のススキって、いつもこうだったっけ?それとも??恥ずかしながら、生物暦を複数の動植物事象から記録を取ってきてはいるものの、ススキについてはこれまで取ってこなかったので、実際にはいつ頃花穂が出るのか言い切れないのがもどかしいです。感覚的には遅い感じがしたし、他の方の見解でも遅いということでしたが・・・。 町内の畑には栽培している所なんかもあって、そこでは9月後半花穂が見られましたが。 それから、十五夜のお月見の時、お供えとしてススキも飾るのが定番ですよね。今年の十五夜は9月19日しかし、豊橋市U町では、ススキの花穂がそのとき自生状態では出ておらず、十五夜のお供えには間に合わなかったことになります。 さて、10月4日になって、、ようやく・・・。 ススキに花穂が出そろいました。そこで生物暦記録として新たにススキも加えました。今後の記録で変化を見てみたいと思います。 こちらはずっと記録を取っているセイタカアワダチソウ。やはり10月4日に咲き出しました。ススキと同じ開花時期をたどるのかな?それゆえ競合相手になったのかと思います。 こちらはヨモギの花。地味で目立たないけどキク科植物。 さて、10月中旬の18日(台風26号後)。トノサマバッタ撮影。 キダチコンギクが咲き出しました。 今年は角池の土手の草刈り、まだ行われていない状態なので、草ぼうぼうです。聴くところに寄ると、業者に頼む予算が不足しているとそうなるようです。そんなわけでススキやセイタカアワダチソウがとてもたくさん見られます。 今年もタンキリマメの実がなりました。今回はかなり上の方に着きました。 カナムグラの雌株 これまで日本の季節行事とともにあった自然の生き物たち。その暦が今後安定するのか、それとも温暖化で変わってしまうのかによって、暮らしの風土も変わってしまいますね。身近である故に、気づかずにいたススキの開花情報。今後は注意してい見ていきたいと思います。

Read More

 ふろしき・・・ 最後に使ったのは いつのことやら 記憶にないほど 出番がなくなっています。 ところで、 風呂敷の語源は、風呂の湯上りに 衣類を身に着けるために 敷くものだった、 ですって・・・  沖縄でいうところの ≪うちくい≫ ふろしきに 焦点をしぼった 展覧会を観ました。  沖縄県立博物館 『沖縄のふろしき うちくい』 展  高い美意識を求めた 沖縄のふろしき ≪うちくい≫ は、 主に 伝統的な染色法 紅型(びんがた) で 染められていました。  紅型の 「筒描き」 は、糊袋を使って 生クリームを絞り出すように、糊で 模様の線を描き、 糊が乗らない部分に 色差しをしていきます。  大きな 一枚ものの布に なめらかながらも 勢いのある紋様を描く・・  熟練の技が必要です。  (右) 糊で 模様を描き (左) 色を差す  鮮やかな紅型の うちくいが完成  「型紙」 で

Read More

第4話 戦いは誰のために 脚本:神戸一彦演出:西森章絵コンテ:斧谷稔作画監督:西村誠芳1993年4月23日放送 -混乱を招きかねないセリフ①- 「おかしいわ、この人たち…。みんなおかしいわ!(シャクティ)」 -混乱を招きかねないセリフ②- 「ウッソ! 何してるの……?死んじゃいやよ……(シャクティ)」 -混乱を招きかねないセリフ③- 「モビルスーツで戦うことが怖いことだって、ウッソはわかったのよ。それなのに…。 このビクトリーっていうモビルスーツに、ウッソは憑りつかれてしまったのかもしれない…。(シャクティ)」 -あらすじ- カサレリアに戻ったウッソは、ベスパが再度襲ってくることを考慮して、オデロ達と森に罠を仕掛けていた。 そんなウッソを争いに巻き込みたくないシャクティはオイ・ニュング伯爵にその旨を申し出ようとするが、切っ掛けが掴めない。 その伯爵は、整備用の備品の確保もかねてウッソの住む小屋を訪れると、 そこにはコアファイターにも転用可能なチップや地下には幾重ものコンピューターサーバーの連なった巨大なデータ室があり、 またMSのシミュレータなども完備されていた。 一方、クロノクルはテスト機シャッコーを奪われた雪辱を果たす為出撃するが、それはサバトの指揮下という、屈辱的な物であった。 -感想- プロローグ篇の第三弾というべきでしょうか。 ちょっと中だるみのような気がするんですよね、まだ「Vガンダム」自体が第1話にしか出ていない状態だし。 ここでは、ウッソの家や育った環境などがチラッと描かれています。 また、ウッソのカテジナさんへの恋心がストレートに態度や台詞などで、すぐそれとわかるように描写されています。 しかし、この時点で既にカテジナさんとは擦れ違い始めているのです。 その象徴とも言えるウッソのモノローグが「あの顔、褒めてくれてない…怖がってもいないけど…」と思うのですが、いかがなものでしょうか。 -2016年8月12日追記- 本来なら、ウッソはカテジナさんを守りいいとこ見せたい為にリガ・ミリティアに協力して戦うが、争いから避けたいシャクティはいい顔をしない、 という、単純な話だったのではないかと想像するのですが、 なにやら焦点をぼかしたような思わせぶりな言い回しをシャクティが繰り返すので、 別の意図があるのではないかと勘ぐってしまい、語るべき物語が見えてこないようにも思いますね。 機動戦士Vガンダム 01 [DVD]バンダイビジュアル 2004-01-23 Amazonアソシエイト by 1/144 リグシャッコー (機動戦士Vガンダム)バンダイ 1993-11-01 Amazonアソシエイト by

Read More

さて、今更になってグチグチとアニメバディファイトについて思うところを書いて見ようかと思っているわけですが・・・。いざ書こうとすると色々触れたい部分があるので、ポイントごとに書き連ねてみましょうかね。 ○ キョウヤくんともう少しちゃんと決着つけた方が良かったんでは? フォーエバーセット?なるものもチラホラし始め、DDDで花道を飾る雰囲気が滲み出ているキョウヤくん・・・。ドラゴン・ツヴァイからドラゴン・ドライへと進化する様子などは良いアイディアだったかと思いますが、いかんせんもうちょっと掘り下げた流れがあっても良かった気が・・・。まあ、これはDDDだけでなく100後半からの流れにも言えそうですけど・・・。何というか、ラスボスをキョウヤくんに設定したままここまで中途半端になるくらいだったら、ディザスターの面々も含めてキチンと決着つけてあげて欲しかった気がしますね。ロウガくんはわりとちょこちょこ登場していたとはいえ、やっぱり消化不良な感じが・・・。ディザスターの面々もフワーといなくなっちゃった感じですしなんだか微妙でしたね。 DDDであんなにガンガン使い切りの新キャラ出すより、今までのストーリーを絡め整理しながら落としどころを持たせても良かった気がします。個人的にはこんな感じの展開見てみたかったですね・・・ ・ゲンマくんが絡み若干改心する孫六くん・記憶を失いつつもテツヤくんと再会し、また1からバディファイトを楽しむてる美ちゃん・完全に和解したわけではないが、強敵相手のデッキ構築に苦しむ爆くんに力を貸し、一緒に牙王くんのデッキ調整するグレムリン・キョウヤくんと正面から対峙して勝利を収め、本当の友と認められるロウガくん・紆余曲折あった後に、タスクくんと少し心を通わすソフィアちゃん・あまり素直に反省する姿は見られないが、気まぐれ的に主人公側を助けるダビデくん(笑) 特にロウガくんは・・・まあ、まだDDDが終わったわけではないので今言うのもなんですが・・・。1期の頃を思い返すとちゃんと「ダチが間違った道へ行ったら、おい、そっちは違うぜ!って言えるのが友達だ。」みたいな?テーマがあった気がします。やはり、キョウヤくんの道を正すのはロウガくんであって欲しかったですね・・・その後の展開でアジくん絡ませて暴走した状態のキョウヤくんを牙王くんが最終決戦で撃破・・・といった100期のヤミゲドウ的展開でも良かったんではと・・・。そして、最後に牙王くんとロウガくんも友達となり、ウルフ時代の罪を償うために出頭したところを大岡裁きで落とす・・・そんな画を見てみたかったですね(笑) 後はソフィアちゃんもなんだか中途半端になっちゃいましたね・・・。というか、この子達の伏線どうなったの?みたいな(笑) 個人的には色々と酷い目にあってひねくれてしまったソフィアちゃんが、大災害など厳しい経験をしつつも未来を守る大人になることを目指すタスクくんと接することで変化する・・・みたいな部分あっても良かった気がしますね。というか、タスクくんの大災害設定ももうちょっと活かして良かった気がします。まあ、別に世界大会の設定などを非難するつもりはありませんが、それはちゃんとディザスターの面々を含めてキョウヤくんと決着をつけた後、次のシリーズで取り組んでも良かったのでは?といった感じです。・・・あれ?まだ1ポイント目なのにかなりの文量と疲労が・・・いや・・・でも今回はダラダラ書くと宣言したので、ちゃんとダラダラ書いてみよう!(笑)

Read More

キャンプ場のチェックインは・・・・15時なんだけど・・12時半にはキャンプ場近くまで来てしまった 追加料金を払えば早めのチェックインができるが・・・・・ 妻が「どこかに寄ろうよ」と言っている はあ??あんた簡単に言うねぇー 妻「そうだ!!福島の大内宿に行こうよ」妻「前から行ってみたかったんだよね大内宿」 はーー、福島県??大内宿??だいたい大内宿って何処にあるの?? と言いながらも車は県境を越え福島県に入ってしまった・・・・ ※キャンプ場は栃木と福島の県境付近にある。 「道の駅たじま」で訊いてみるか??トイレをお借りして、スタッフさんに大内宿を訊いてみるとここから片道50分ぐらいだと、丁寧に地図で説明しくれた。 往復1時間40分ですか・・・30~40分観光なら、まあキャンプ場のチェックインの15時には入れるな。 ということで大内宿へ今回は福島県ネタの番外編です。 『大内宿』 ウィキペディア(Wikipedia)より https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E5%86%85%E5%AE%BF====================================================大内宿(おおうちじゅく)は、福島県南会津郡下郷町大字大内にある、江戸時代における会津西街道(別称:下野街道)の「半農半宿」の宿場[1]の呼称。明治期の鉄道開通に伴って宿場としての地位を失ったが、茅葺屋根の民家が街道沿いに建ち並ぶ同集落の通称、あるいは観光地名として現在も受け継がれている。1981年(昭和56年)に重要伝統的建造物群保存地区として選定され、福島県を代表する観光地の1つとなっている。==================================================== 下野街道と呼ばれた会津と日光を結ぶ街道にある宿だったんだ。 ふむふむ、日光に行く道となると栃木県と少なからず縁があますなぁー。 あの~・・・奥様、気が済んだでしょうか?? さーーて、キャンプ場だ。

Read More

小学校5年生の国語の教科書。最近習い始めた新しい単元のタイトルは「日本語を考える」。作者は水谷修氏。内容がとても興味深い。 例①すみません。日本人はなんでお礼をいう時「すみません」と謝るのか。説明:相手にかけた負担について申し訳ないという気持ちで、自分をへりくだらせた言い方が「すみません」という表現になる。日本語には直接的な表現を避け、自分の立場からへりくだって述べる言い方が多い。 例②10人ほどのグループがレストランで食事をしていたが、一斉に「いただきます」「いただきます」と言いながら食事を始めた。それを見た外国人は不思議に思う。あの「いただきます」は誰に対して言っているのかと。説明:「いただきます」だけでなく「ご馳走様」も外国人には理解し難いようだ。感謝を示す相手とは、料理を作ってくれた人だけにではなく、お米や食材を育ててくれた人や、その恵みを与えてくれた自然も含んでいる。だから一人で食事する時でも「いただきます」と言ってから食べる習慣がある人もいる。 例③「バスはまだ停留所にいませんねえ」と言う。えっ?物に対しては「ある」と言うはずだから、「バスはまだ停留所にありませんねえ」と言うのでは??説明:「いる」は生き物に使う。「ある」は物に使う。でも例外がある。乗り物の例がそう。「バスがある」「バスがいる」ともに成立するが、使われる場面が違う。他には「あなたには兄弟がありますか」の文も成立する。本人が目の前にいるのではなく、そのような関係の人がいることを示す場合には、生き物である人間であっても「ある」を使うことがある。 以上、単元本文の一部より。 ①と②は、日本人の思考回路の面白さを表すエピソードだと思う。③の「ある」と「いる」については、外国人なら誰でも心当たりがあるのではないだろうか。 この単元の目的は「外国人の目を通して、自分達の使う日本語を見つめ直してみよう」ってところだろうと思う。だがついでに「外国人が日本語を学ぶ時、日本人が気がつかないようなところで間違ったりする」ということを、記憶に留めてくれればいいなあと、思った。 実際日本語って難しいと思う。前のブログで日本にやってきて間もない中国の少年の事を書いたが、小学生低学年だから教科書は平仮名だらけだ。でも彼にとって本当は漢字がたくさん載っている高学年の教科書の方が理解しやすいはず。「ひらがなは易しい」という前提すら崩れてしまう。 中国人にとっては発音も大変だと思う。「学校がっこう」などのような促音が苦手な人もいた。 かささぎが知っているエピソード。①「狂牛病きょうぎゅうびょう」と言っているつもりがどうしても「きょにゅうびょう」に聞こえてしまう。漢字で書くと「巨乳病」。そんな病気があるなら是非罹ってみたいと冗談を言った記憶がある。 ②「どんな果物が好き?」と聞かれて「マンゴー」と言っているつもりなのだが、「発音に気をつけたほうがいいよ」と忠告されていた。変な発音で連呼されては周りの日本人も顔を赤らめただろう。 ③「どんな食べ物が好き?と聞かれて「ヘビ」と答えた。周りの日本人は一斉に「おーっ」と声を上げた。さすが中国人だ、予想のつかない回答だ。妙に納得し言葉が続かず、辺りは一瞬沈黙になった。でも本人は「海老」と答えているつもりだった。「ヘビ」と「エビ」では日本人のリアクションが全く違うはず。誤解が解けてなーんだ「海老」だったのかと、急に親近感を覚えたのである。 ④日本の会社に電話した中国人夫。電話口に妻を呼び出してもらいたかったらしいのだが、日本語を話すのに慣れておらず、つい緊張してこういってしまった。「Qの男だが、Qはいるか?」本当は「Qの夫です。妻のQはおりますか?」と言いたかったはずなのだ。敬語が使えないのはしょうがない。だが「男おとこ」と「夫おっと」を言い間違えては、電話を受けた日本人もずいぶん驚いたらしいのだ。 可愛らしい言い間違いは、楽しい思い出として心に残る。 かささぎは間違いがかなり好きなのである。「そんな言い間違いがあったのか」って膝を叩きたくなる。真面目に考えない性格だから自分でもしょっちゅう言い間違いをする。最近かささぎのボケは更に進んできたようだ。「中国」と「中学」を言い間違えてしまう。「ちゅうがく」って言いたいのに何故か「ちゅうごく」になってしまう。それを聞いてインコは「今何て言った?」と突っ込む。とても嬉しそうに突っ込んでくれる。遺伝かもしれない。 CASIO/カシオ計算機 電子辞書 日本国語大辞典収録 XD-GW6900CASIO/カシオ計算機 ユーザレビュー: Amazonアソシエイト by

Read More

1984年6月にクランクインした『乱』の撮影もこの日1985年2月でクランクアップ。厳密には大島での撮影が残っていたが、黒澤組の9割はここで解散。野村萬斎さんも感慨深げに黒澤監督とお別れの握手。 Tsurumaru (Mansai Nomura), the last cut of “Ran”, was shot alone in this way! The intrusion of crows is also meaningful.The shooting of “Ran”, which was cranked in in June 1984, was also cranked up in February 1985. Strictly

Read More