昨日開幕したGoogleのGoogle I/Oキーノートで発表されたPixel 3aは、スマホ業界が厳しい状況にある中での登場となった。この業界の大手のほとんどのスマホ販売台数は低迷していて、Googleも影響を受けている。 CEOのSundar Pichai(サンダー・ピチャイ)氏は確かに、先週Googleの第1四半期決算の会見でそのことについて語った。「第1四半期の結果は、上位スマホ産業における圧力を反映している」と説明し、「アシスタント機能が使えるHomeデバイス、中でもHome HubとMiniの継続的な勢いを嬉しく思っている。そしてI/Oで5月7日にあるハードウェアチームからの発表を楽しみにしている」。 最後の言葉は明らかにGoogleの旗艦商品となる新たなリーズナブルプライス製品の発表についてだった。3aは紛れもなくスマホ販売低迷の最大の原因を解決するための策だ。399ドル〜という価格設定は、Apple(アップル)やSamsung(サムスン)といった競合他社の上位のスマホの価格に比べると取るに足りない。 このところ、旗艦モデルの価格はかなり急速に上昇してきた。1000ドル超から始まるスマホで注目を集めることができるかは未知数で、一方で今後販売されるフォルダブルスマホはその倍ほどの価格となる。 Googleのプロダクト担当副社長Mario Queiroz氏は発表の前に「スマホ市場はしぼみ始めた。我々が思うに、その理由の1つは上位スマホのセグメントは大きいが、その上位スマホがどんどん高価になってきたことにある。3、4年前は上位スマホを500ドルで買うことができた」と語った。 膨張する価格は確かに、消費者にとって端末の購入を難しいものにしてきた。説得力のあるような新機能の欠如も相まってアップグレードのサイクルの減速につながり、その過程で販売台数に影響が及んだ。 私はPixel 3aのハンズオン時間を楽しんだ。それについては今後詳細を書く。どういう要因があってGoogleがPixel 3aの製品化に至ったのかを書き留めておくのは重要だ。主要な要因としてはもちろんHTCからの膨大なR&Dリソースの購入が挙げられる。HTCのハードウェア製造の配置転換の結果、インハウスで、しかも台北の新社屋でかなり安くでハードウェアを開発することができるようになった。 また、Googleがスマホのアップグレードからハードウェアの重要性を除こうと模索していることも重要な要素だ。機械学習と人工知能へのGoogleの大きな投資の多くがイノベーションにつながっていて、特にイメージ分野で目覚ましい。同僚のDevinはこうしたことについての感想をiPhone XSの発表時にこちらの記事で書いている。 とりわけ、Pixel 3aは値段の高い3と同じカメラを搭載している。Googleは目につかない部分をカットしているが、それはカメラにおいてではない。プロセッサーのパワーに準じてPixel 3aでできることには制限があるだろうが、写真に関してはこの2つの端末ができることの線引きはかなり曖昧だ。 Pixelの売上については別の要因もある。しかしいくつかの理由でピチャイ氏は決算会見時に話す準備はできていなかった。何年もの間、通信はキャリアの排他性によって阻害されてきて、これはスマホの過去をさかのぼらなければならないようなものだ。 […]

Read More

産総研は11月26日、大阪大学大学院基礎工学研究科と共同で、次世代通信規格となるいわゆる「ポスト5G/6G」時代に利用が予定されている140GHzというミリ波帯の電波を特定方向に高効率で反射させる「メタサーフェス」反射板を世界で初めて開発したと発表した。これを利用すれば、基地局を増設しなくとも反射板を設置するだけで通信エリアの拡大が期待される。 メタサーフェスとは、波長よりも小さな構造体を周期的に並べて、電磁波を任意の方向に反射させることができるメタマテリアル(人工媒質)のこと。不要な反射をなくし、特定の方向だけに反射させる(異常反射)が可能なため、電磁波を高効率に伝搬できる。これまで、100GHzを超えるミリ波に対応したメタサーフェス反射板は、その効果の計測が困難であったため世界的に開発や実証は行われてこなかったのだが、産総研はミリ波帯の高精度の材料計測技術を活かしてこれを克服した。 ポスト5G/6Gで活用されるミリ波は、高速で大容量の電波帯域として期待されている反面、障害物によって簡単に遮蔽されてしまう問題がある。これを解決するには基地局を増やして高密度化するという方法があるが、それでは消費エネルギーやコストが増大してしまう。メタサーフェス反射板なら、電源を必要としない。設置免許もいらず、ビルの窓などに設置できるので、街の景観を損なうこともない。これで、障害物の影になる地域でも通信が可能になる。 産総研が開発したメタサーフェス反射板は、理論的な反射効率が99%以上に達した。また、反射板の素材損失を除いた実測値でも最大88%という高効率が実証された。今後は、300GHzまでの高周波化や反射方向の動的制御、マルチバンド動作などの高効率化を目指すという。 【お詫びと訂正 2021年11月29日20時16分:初出時、記事タイトルにおいて、「メタサーフェス反射板」について誤って記載しておりました。お詫びして訂正いたします】

Read More

日本人が作った少数生産の2座席ミッドシップスポーツカーは、オロチばかりではない。東京R&Dの小野昌朗氏が作ったVEMACは小さくて、私の作りたいサイズに近いし、HONDAのインテグラの220馬力エンジンを積んでいるところも、私の考えと同じ物で車重は890kgと、やや私の目指すものより重いが、充分なパフォーマンスはあるだろう。非常に私の目指す物と似ているし興味深い。そして社長の話は参考になるものだ。 以下のサイトはVEMACのサイトです。http://www.vemaccars.com/ RADICAL SR8 という車をご存知の方は少ないだろう・・・?XBOXでレーシング・ゲームをする方は、それに登場することでご存知かもしれない?英国の小さなメーカーが作るスーパースポーツカーだが、この車はロードゴーイングモデルとして英国の認可が取れているオープン2シータースポーツカーだ。 この車は、世界の名だたる高級スポーツカーがたたき出したニュルブルクリンク北コース(オールドコース)のタイムを、大きく上回るタイムでダントツのトップに君臨している。 RADICAL SR8 のコンセプトはまさに私が描いたような超軽量ハイパワーエンジンによる運動性能を狙ったもので、これでルーフがあればまさに私の考えるコンセプトと同じになってしまうところだ・・・。RADICAL SR8 は車重650Kgで360馬力のエンジンを搭載しているスーパーライトウエイトスポーツカーなのだ。↓画像参照 ここに、ニュルブルクリンク北コース(オールドコース)のタイムアタックの一覧表を貼ってみる これを良く見ると、世界の名だたる高級スポーツカーは400馬力以上のパワーは普通だが、車重が1500kg付近あることで、このRADICAL SR8に遠く及ばないのが見て取れると思う。 軽く作ると言うことはこういう車が出来るという可能性を示唆する物なのだ。

Read More

Google(グーグル)がスマートホーム関連の発表で注目を集める中、Amazon(アマゾン)もBlinkブランドの最新アウトドア向けセキュリティカメラ「Blink XT2」を発表した。 Blink XT2ではいくつかの機能追加と値下げが実施されている。製品価格は90ドル(約9900円)と、すでに屋外向けカメラとして手頃だったオリジナルモデル(Blink XT1)から25%も廉価だ。 新モデルは単3電池2本で2年間の動作が可能だ。Amazonによれば、録画専用で使用すれば2年間でBlink XT1より2倍の使用時間を得られるという。これは新チップのおかげだが、動作期間は使い方に左右される。つまり、モーションアクティブ記録機能を利用すれば、より長期間利用できる。さらに、不審者を追い払うのに役立つであろう双方向の会話機能も追加された。 また、モーションセンシングは誤動作を防ぐために改善されている。この手のカメラにとって、この問題は悩みの種だ。 Blink XT2は米国市場では5月22日に、そしてカナダでは今夏に発売される。製品はすでに予約を受け付けており、「Blink Sync Module」モデルの価格は100ドル(約1万1000円)だ。 Amazonは2017年後半にBlinkを買収したが、これはスマートホーム製品ラインアップを拡張し、Nest買収後のGoogle(グーグル)に対抗するためだった。 [原文へ] (翻訳:塚本直樹 Twitter)

Read More

アルキメデスの立体が13種類完成しました。 もっと簡単にできるものと思っていたのですが,思いの他時間がかかってしましました。 アルキメデスの立体 つまり 準正多面体の一覧を示します。 画像の13個の立体がアルキメデスの立体です。番号順に 2009/03/15 切頂四面体 2009/03/25 切頂立方体 2009/04/04 切頂八面体 2009/04/19 立方八面体 2009/05/05 小菱形立方八面体 2009/05/16 大菱形立方八面体 2009/05/31 捩れ立方体 2009/06/14 切頂十二面体 2009/06/28 切頂二十面体 2009/07/19 二十面十二面体 2009/08/04 大菱形二十面十二面体 2009/08/31 小菱形二十面十二面体 2009/09/23 捩れ十二面体 それぞれのページに短い記事をまとめてあります。 展開図もそちらのページにあります。 また,完成を機会ににも同じものをまとめて掲載しましたので,ぜひのぞいてみてやってください。 そこでは,も掲載しています。 次の予定は,いわゆる「アルキメデスの立体の双対」を作っていくつもりです。展開図も公開していきますので,よろしくお願いします。

Read More

AWSのフラッグシップカンファレンス「re:Invent」の開幕にあたり、クラウドコンピューティングの巨人である同社は米国時間11月29日、大規模なロボットフリートの共同作業を支援するアプリケーションを構築するための新サービス「AWS IoT RoboRunner(IoTロボランナー)」を発表した。この新サービスは、Amazon(アマゾン)が自社の倉庫で利用しているようなロボットフリートを運用するために必要な、作業およびフリート管理アプリケーションを構築するためのインフラを提供することを目指している。 また、同社は新しいロボティクスアクセラレータープログラムを発表した。 RoboRunnerは、さまざまなメーカーのロボットと統合するアプリケーションの構築や、アプリケーションのライフサイクルの管理を支援する。AWSは、現在、異なるベンダーのロボットを単一のシステムに統合することは困難であり、企業はロボットを管理するために多くのサイロを抱えていると論じている。 画像クレジット:AWS RoboRunnerは開発者に対して、フリート全体の集中的なデータリポジトリを提供するとともに、特定の施設内のすべての目的地をモデル化するためのレジストリや、これらのロボットが実行するすべてのタスクを記録するためのレジストリを提供する。 このサービスがターゲットとしているのは、無人搬送車、移動ロボット、ロボットアームなどのフリートを運用している大規模な産業企業だ。 RoboRunnerに加えて、AWSはMassRobotics(マスロボティクス)と共同で、新しいロボティクススタートアップ・アクセラレーター「AWS Robotics Startup Accelerator」を発表した。 AWSのCTOであるWerner Vogels(ワーナー・ヴォゲルス)氏は、29日の発表で次のように述べた。「今日、成功している商業用ロボット企業は数えるほどしかありませんが、これにはいくつかの大きな理由があります。第一に、実世界の環境はダイナミックで予測不可能であるため、適切なニッチ分野と適切な能力を組み合わせることが難しく、ロボット製品市場に適合する企業を見つけることがなかなかできません。第二に、高度な自律性と知能を備えたロボットを作るには、多分野にわたるスキルが必要であり、そのようなスキルを持った人材の確保は困難です。第三に、ロボティクスは資本集約的であり、センサーやアクチュエーター、機械的なハードウェアがすでに市販されている場合でも、多額の先行投資が必要となります」。 この新しいプログラムは、アーリーステージのスタートアップ企業(売上高1000万ドル / 約11億4000万円未満、調達額1億ドル / 約114億円未満)を対象としている。選ばれた企業は、ロボティクスのエキスパートによる専門的なトレーニングやメンターシップを受けられる他、最大1万ドル(約114万円)のAWSクレジットを獲得できる。 画像クレジット:Westend61 […]

Read More

今日のチラシです。 今日は、この冬に公開される邦画の中で、ある意味対抗となるであろう、生田斗真さん、中谷美紀さんら、豪華キャスト出演の『源氏物語 千年の謎』です。 チラシはB5版とB4版2つ折の2種類です。 (B5版) (B4版2つ折:表) (B4版2つ折:中) 本作は、タイトルの「源氏物語」における光源氏の恋愛物語という観点には重きを置かずに、どうして紫式部はなぜ「源氏物語」を書かなければならなかったのかという副題の「千年の謎」に焦点を当てている作品となっているようです。 チラシの人物相関図を見ても、確かに「源氏物語」の恋愛物語を語る上では絶対に外すことができないであろう“紫の君”(後に光源氏の妻になる“紫の上”)がおりません。しかし、紫の上は、葵の上の亡くなった後に正妻に落ち着く女性なので、この映画の物語の時点ではいなくてもよいのかもしれません。 あるいは、本作が紫式部がなぜ源氏物語を書くことになったかということに焦点を当て、ある意味主人公的な要素を持っていることから、“紫の上”を登場させると呼び名がややこしくなってしまい、わかりにくくなると想定したために、敢えて外したということも考えられました。 ということは、やはり、この映画は、紫式部の「源氏物語」執筆に関わる理由が中心となっている物語だと思われます。 ということは、「源氏物語」という恋愛古書を使った平安恋愛絵巻の映像化ではなく、「源氏物語」を読んだことがない人でも観て楽しめるような作品になっているのではないかと想像できます。 では、チラシに書かれている英文字「DARK、JEAROUSY、TEARS、LOVE、SEX」はどういう意味があるのでしょう。紫式部の心の中なのか、光源氏の生き様なのか、あるいは、紫式部に関わる全ての人々の様子なのか。そして、「源氏物語」の誕生とどういう関係がある言葉なのか。この英文字が意味するところが気になると同時に、映画の内容に強く興味を持ってしまいます。 ということで、この『源氏物語 千年の謎』は、2011年12月10日公開です。

Read More

Google(グーグル)は米国時間11月29日、同社とユーザーが選んだ過去1年間のベストアプリとゲームを紹介する「Best of 2021(ベスト オブ 2021)」の受賞アプリを発表した。2021年はアワードのラインナップが拡大され、タブレットやWear OS、Google TV向けのアプリやゲームを対象とした賞も増設された。米国ではメディテーションアプリ「Balance(バランス)」が年間ベストアプリに、そして「Pokémon UNITE(ポケモンユナイト)」がベストゲームに選ばれた。一方、ユーザーの投票によって選ばれるユーザーズチョイス賞は「Paramount+(パラマウントプラス)」と「Garena Free Fire MAX(ガレナ・フリー・ファイア・マックス)」が受賞した。 2020年には、新型コロナウイルス感染拡大に見舞われた世界を反映し、ベストアプリに選ばれた睡眠アプリ「Loóna(ルーナ)」や、逃避的なゲームの「GENSHIN IMPACT(原神)」など、ストレスを抱えたユーザーがリラックスするために利用するようなアプリやゲームの人気が高かった。 コロナ禍の初期段階が過ぎた2021年は、リラックスや逃避ではなく、自己成長や創造性に焦点を当てたアプリも受賞作に含まれている。これもまた、我々の社会的な状況を反映しているように思われる。この1年、米国では、やりがいのない仕事や低賃金の仕事を自発的に辞めてもっと良い仕事を探す「大辞職」が起こり、情熱を追求する人々によるクリエイター経済のブームが巻き起こり始めた。 2021年の最優秀賞に選ばれた個人向け瞑想アプリのBalanceの他にも、受賞作には自己開発をテーマにしたアプリが多く含まれている。「月の満ち欠け周期に生活を調和させる」アプリの「Moonly(ムーンリー)」「コメディによるリラクゼーション」アプリの「Laughscape(ラフスケープ)」、女性向け催眠療法アプリの「Clementine(クレメンタイン)」、快眠アプリの「Sleep Cycle(スリーブ・サイクル)」、メンターシップコミュニティ「Mentor Spaces(メンター・スペイシズ)」、習慣追跡・計画ツール「Rabit(ラビット)」、喪失の悲しみを癒すアプリ「Empathy(エンパシー)」などだ。 その他の受賞作にも、音声チャットルーム「Clubhouse(クラブハウス)」や、スクリーンの使用時間を短縮する「Speechify(スピーチファイ)」のようなツール、自然とのつながりを取り戻すための「Blossom(ブロッサム)」など、我々がコロナ禍の生活にどのように適応しているかを示すものが含まれている。 ベストアプリのBalanceの他、米国版Google Play […]

Read More

年末からずっと再放送とかも含めて古畑任三郎をやっていて、今回は最後ってことで、ちょこちょこ録画して見ました。 番組の最後、協力ブランドなんかの名前が出るところで初めの方のシリーズでゼニスを発見!出演者全員がゼニスをしてたとは思えないので、たぶん古畑さんの時計がゼニスだったんじゃないかな??と思うんです。でもお正月にやってたのではジラール・ペルゴとボーム&メルシェになってました。ちらっと映った古畑さんの時計は、メーカー名がわからなかったけど、なんとなくジラール・ペルゴっぽい??って思ったんですが。 古畑さんの時計はほんとはどれなのか、なんでメーカーが代わっちゃったのか…などなど、めっちゃ気になる~!!!(^^;

Read More