農研機構 独立行政法人 農研機構は11月29日、害虫の飛翔パターンをモデル化し、ステレオカメラで撮影したリアルタイム画像から数ステップ先(0.03秒先)の位置を予測できる方法を開発したと発表しました。将来的には、予測された位置に高出力レーザーを照射するなどし、害虫を駆除するシステムに繋げたい考えです。 病害虫の防除と言えば、化学農薬のイメージがありますが、多額の開発コストや長期に渡る開発期間のため、新薬の開発数は減少傾向にあるとのこと。また、おなじ薬剤を使用し続けることで、害虫が耐性を獲得するなどの問題もあります。 このため、ムーンショット型農林水産研究開発事業「害虫被害ゼロコンソーシアム(先端的な物理手法と未利用の生物機能を駆使した害虫被害ゼロ農業の実現)」では、レーザー狙撃による物理的防除方法を開発しています。飛翔している害虫を検知し、レーザー光によって狙い撃ちするというものですが、害虫を検知してからレーザーで狙撃するまでに0.03秒程度のタイムラグが発生してしまうとのこと。虫は移動し続けているため、レーザーを命中させられないわけです。 農研機構。レーザー狙撃による害虫防除システムの概略(イメージ) これを解決するため、検知から0.03秒後の害虫の位置をリアルタイムで予測しようというのが、今回開発された方法です。 研究では、対象害虫としてハスモンヨトウの成虫を使用。3次元空間で不規則に飛行するハスモンヨトウをステレオカメラを用いて1秒間に55回のペースで撮影。飛行パターンをモデル化し、リアルタイムで計測される位置と組み合わせることで飛行位置を予測します。なお、ハスモンヨトウはタイムラグの0.03秒の間に、体長1個分(約2~3cm)移動するとのことです。 農研機構。8匹のハスモンヨトウの位置を同時に計測した様子。1秒間に55回撮影した画像からハスモンヨトウを検出し飛行軌跡を描画した。青色は検出を開始したハスモンヨトウの位置を表し、赤色がその終点を表す。ハスモンヨトウは夜間に活発になるため、撮影は夜間を模した暗闇環境で実施。ステレオカメラの画像には壁や柱なども写り、暗闇環境で撮影するため画像中に小さい塵のようなノイズが含まれることがある。これら不要なものをリアルタイムで除去し、飛翔するハスモンヨトウだけを検出できる方法を考案した 害虫被害ゼロコンソーシアムでは、2025年までに、今回開発した手法で予測した位置にレーザーを照射して害虫を駆除する技術の実用化を目指します。将来的には、車両やドローンなどに搭載し、人的労力ゼロで害虫などによる被害を抑制するための基盤技術になることを期待しているとしています。 (Source:農研機構。Engadget日本版より転載)

Read More

現在白lv66で、そろそろ最終限界クエストが視界に入ってきたこの頃(*’-‘) 日曜日の午後。旦那さまも手伝ってくれるということで白門でシャウト! サチコメ:白魔道士の証取りメンバー募集中 *暇つぶしフェローお手伝いなどよろしくです。現在○名 テレポルテ→クフタル→テリガン たしかこんな感じ(‘∇’) 他でも出るところありますが、こちらに取りに行かれる方が多いようなのでテリガンを選択。エリア内に【Goblin Alchemist】が11匹(らしい)でレベルは65-68。 お手伝いの方、潜在外しの方などで総勢6名に。〈白66 シ65 白75 侍75 忍75 忍75〉 フェローを呼びたかったのが私と旦那さまで、パーティは2つに分けてアライアンスを組みました^^私のフェローはレベル41で自爆による即死の可能性大wでもタクティクスパールの消化目的なので気にしなーいΨ(`∇´)Ψ今日中に新しいのもらいに行かないと! しばらくOP付近で狩ってましたが(この辺りに白ゴブ3匹)、出ず。もちろん他のゴブも掃除^^戦士と獣の証も出ていました(‘∇’)今回は[ いりません。]w 回廊に行く方(洞窟っぽいトンネルに入る手前。WSのトライアル武器トレードの???がある近く)でゴブリンがいっぱいうろついている所があるということでそちらに移動を。移動中にも白ゴブ2匹ほど狩ったけど出ず(ノД`) ゴブやラプトルうろついてる。そんな一角でキャンプを設けて狩り開始!フェローのレベルが42にUPΨ(`∇´)Ψ即死せず数こなして帰還していきました(‘◇’)ゞPTメンバーの白さんケアルありがとです!しばらくして出ました。偉大な【白魔道士の証】Get(*´Д`*) その時点でPTメンバー1名抜け、残りでしばらくゴブ倒して2名目が抜けた所で解散(15:30ごろ)となりました^^ 片手棍スキルも少し上がり、白証も手に入りホクホクです(*^-^*) ラクシュミ鯖でRumは白68の時にマート撃破。薬品ガブ飲み。防御重視で土杖、白アーマー装備。マートの攻撃がなかなか痛くて、MP残なし、アビ使用済、HP尽きる寸前、もうあきらめたよー段階での勝利だったような気がします( ̄ー ̄)しかも戦闘終了後にプロシェル忘れていたことに気づいたようなありさま!緊張したんだよね~w もう少しレベルが上がったら、ラグナロク鯖のSyusuもマート戦いってきますΨ(`∇´)Ψ 今日もお手伝いくださった方々ありがとうございましたヽ(´▽`)ノ

Read More

10Xのメンバー。1番左が代表取締役の矢本真丈氏 10秒で献立が作成できるサービス「タベリー」を展開する10Xは5月14日、iOS版アプリの新機能として、献立に必要な買い物リストの食材を数タップで注文できる「オンライン注文機能」の提供を開始したことを発表した。 2017年12月のiOS版リリース時にも紹介した通り、タベリーは個人の嗜好や条件にあった献立と、その献立に必要となる材料の買い物リストを簡単に作成できるサービス。今回のアップデートにより、アプリ内で作成した1週間分の献立に必要な買い物リストの食材を、そのままオンライン注文することが可能になった。 大枠の利用フローおよび特徴は以下の通りだ。 日付を選択すると、人数、食材の使い回し、好きなレシピなど複数の条件が個人に最適化された献立と買い物リストを作成 買い物リストより注文ボタンを押して配送先住所を選択すると、自身の住所から利用できるネットスーパーの店舗一覧が表示。店舗ごとに必要な食材のトータル価格、最短受取日を比較し、利用店舗を選ぶ 受取日を選択後、必要な商品が全てカートに追加。商品については数量の変更や交換、他の商品を検索して追加することが可能 確定後は各ネットスーパーに紐付いた決済方法にて決済をすれば完了。注文履歴はマイページから確認できる この機能の追加によって「今日の献立やスーパーで買うものを悩む」という部分を大幅に削減し、日常的な家事の負担を少しでも軽減できるようにサポートすることが狙い。対応するネットスーパーについては随時拡大する計画で、今後は各生協などへの対応も予定しているという。 10Xではプロダクトのアップデートと合わせて、昨年11月にDCM Venturesおよび個人投資家より2.5億円の資金調達を実施したことも発表。調達した資金はプロダクトの成長と人材の採用へ投じていく方針だ。 最後に同社の発表から、代表取締役の矢本真丈氏のコメントを一部抜粋して紹介する。 「タベリーは『考える家事こそが大変』という、私が育児休暇取得中に気付いた課題をきっかけに生まれたプロダクトです。今回の大幅なアップデートにより、やっと当初描いていた価値提供のスタートラインに立ちました。『献立を考える』『買うものを決める』といった日々のシーンに対して、プロダクトを圧倒的な品質に磨き込みつつ、自分のような市井の人々へしっかり届け、サポートしていくチャレンジをしていきたいと考えております。 少し視点を拡げると、ハイテク産業の中心である米国、中国、そしてEC化率が世界で最も高い英国においても、『生鮮食品のEC化率』は未だ数%前半に留まり、世界的にも答えが見いだせていないアジェンダです。その背景には『いつ、何を、どれだけ作り、材料をどう揃えるのか』というユーザーの意思決定に関わるイシューや、『需要予測の難しさ、在庫管理の難しさ、配送アセットの重さ』という事業構造のイシューが複雑に入り組んでいるためと考えています。 今回のタベリーのアップデートにより、それらのイシューのいくつかを『10x』できるのでは、と考えております。他方で、我々が思い描く『あるべき食の流通や小売の未来』に向けてはまだまだ入り口に過ぎず、引き続き『異質なプロダクト』を提供するために精進してまいります」(矢本氏)

Read More

まず、皆さん方に余分な出費をしないようにしてもらう為に・・・安易に「ブリッジ交換」をしないようにお勧めします・・・ バダスやヒップショット、10年前ならシャラーなんかも流行りましたが・・・皆さんは何故ブリッジを交換しようと考えますか・・・「サスティーン」を増やしたかったり・・・元から付いている物が安っぽい「パネルをプレスで曲げただけ」で嫌だったり・・・「錆びてしまって」とか・・・まあそれなりに理由はあるのだろうとは思います・・・費用対効果と言う事では、「赤いものが青くなる」程の変化はたいていの場合有りません・・・機械で測定してなんか違う数値がやっと発見できるくらいです・・・以前、音響測定会社の友人に計測をしてもらいました・・・シャラーの3D5とヒップショットのAタイプのブリッジを・・・ピエゾハンマーと言う機械で弦をはじく測定方法で計測・・・人間が弾くのと違いかなり主観が反映しません・・・測定数値を見た限りでは、その固体が持つ極端な音響の特性の差異は発見できませんでした・・・と言うことは、その部品を変えても音には殆ど影響がないという結論です・・・ 楽器の世界では、物理的な検証もされず「都市伝説」の様なものが多いのですが・・・バダス2に関しては「サスティンが向上します」と言うものが殆どでしょう・・・その理由としては、プレートの厚みと大きさがしっかりあって弦の振動がボディーにしっかり伝わる・・・もう一つは、フェンダーのオリジナルのブリッジより大きいので同じく弦の振動がボディーへしっかり伝わるという物・・・ まず最初の厚みと大きさ(重量も含め)の考察ですが、これはまったく関係ないでしょう・・・「エネルギー保存の法則」という事で考えれば・・・金属の様な硬い物はエネルギーのロストが非常に少なく伝わります・・・ですからこの都市伝説は中学の物理で考えても誤りです・・・ でも、確かにバダス2にするとサスティンは微妙では有りますが永くなります・・・多くの測定器でもそう言った結果が出るその秘密はなんでしょうか・・・それは、ボールエンドが固定される位置に有るんです・・・ボディーから駒のトップの位置を同じ高さにした場合・・・元のブリッジの取り付け螺子でバダス2をボディーに固定した場合・・・ボールエンドの引っかかる部分はエンドピン側へ数mmではありますが移動します・・・そうすると駒からその部分への弦の折れ曲がる角度(ダウンベアリング)が緩くなりますね・・・ダウンベアリングって街中では「テンション角」って言ってますが、変な言葉なので止めましょう・・・このダウンベアリングが緩くなれば駒の部分で発生する駒圧のベクトルが少なくなります・・・そうすると駒の部分で弦が長さ方向へ動く振動が容易になるだけではなく・・・弦の折れ曲がっている部分で発生する弦の内部圧力のせいで起こる倍音の不協和性も減り・・・弦は綺麗に振動することが出来・・・結果サスティーンが増すわけです・・・詳細を知りたい人は事前にアポとってお茶菓子持参で来るようにね・・・ ところで表題の「弦高が・・・」の話・・・そうなんです。オリジナルのブリッジの駒がボトムした時のボディー表面と駒のトップの寸法に対し・・・バダス2の同じ寸法は約1mm程度多くなります・・・結果、駒に切り込みを入れて調整したりするのですが・・・そうすると場合によっては前述のダウンベアリングが取れなくなってしまい・・・1弦だけシタールの様になってしまう場合があります・・・ですからむやみに溝をがんがん切ってしまうのではなく・・・その場合はボルトオンのネックの楽器では、ネックの差込角度を調整してこの問題を回避しましょう・・・ フェンダー系の楽器は、指板とボディートップは平行に作られていますが・・・水平に楽器を置いた時にナットが少し下に来るようにネックのアングルを付けてやることによって・・・楽器側に弦が寄せられて結果弦高を下げる事が出来ます・・・シムをネックポケットに噛ませても、ちゃんとアングルをつけるようにポケット底面を削っても・・・音にはそんなに影響は無いので・・・神経質なオーナー以外は気軽にシムを噛ませてこの問題に対処してみてください・・・ さてさて、皆さんからのお悩み相談、メールにて受付中です・・・遠慮しながらどうぞ・・・

Read More

Easy Bake Oveenを覚えているだろうか?色のついた粉と水を混ぜて生地を作り、それを型に入れてオーブンに入れると、いつの間にか「チーン!」と鳴って気持ちの悪いお菓子ができあがる。ニュージーランドを拠点とするスタートアップ企業のFoundry Lab(ファウンドリー・ラボ)は、化学物質と「オーブン」の代わりに、金属と電子レンジを使って同じようなことをする方法を発見した。 Rocket Lab(ロケット・ラボ)のPeter Beck(ピーター・ベック)氏から支援を受けているFoundry Labは、米国時間11月29日に800万ドル(約9億900万円)のシリーズA資金を調達してステルス状態を脱した。同社は「文字通り、巨大な電子レンジ」を使って、金属の3Dプリントよりもはるかに早く金属部品を鋳造すると、創業者兼CEOのDavid Moodie(デイヴィッド・ムーディ)氏は述べている。 「ユーザーにとっては非常に簡単です。文字どおりの型を取り、冷たい金属の粉末や金属の鋳塊を投入し、電子レンジに入れてボタンを押して立ち去るだけです」と、ムーディ氏はTechCrunchに語った。「出来上がったときには、チーンと音も鳴ります。電子レンジで夕食を温めるのと同じくらい簡単です」。 (Foundryの電子レンジは、ニュージーランドの典型的なミートパイの調理にも使用されたことがある。わずか数秒で出来上がったものの、ムーディ氏によるとすばらしい味ではなかったそうだ) インベストメント鋳造、3Dプリント、ダイキャストなどの一般的な鋳造方法では、製造に1週間から6週間かかる。Foundryによると、同社ではコンピューター支援設計(CAD)で3Dプリントした金型と巨大な電子レンジを使って、自動車用のブレーキシューを8時間足らずで完成させたことがあるそうだ。現在は亜鉛とアルミニウムに対応しているが、ステンレススチールの試作にも成功しており、将来的には銅や真鍮などの他の金属にも挑戦したいと考えているという。 Foundryの技術は、将来的には金属の3Dプリントがカバーできない製造業に適用することが考えられるものの、当面の目標は、自動車メーカーの研究開発チームが量産に入る前のテストや試作に使用できる、量産型と同じように機能する金属部品を開発するのに役立つことだ。 「私たちが交渉中のある企業では、1台の自動車が市場に出るまでに600台もの試作車を作っています。その間に変更や改良を繰り返すため、あっという間に費用がかさむことになります」と、ムーディ氏は語り「そのための工具の費用は5万ドル(約560万円)から10万ドル(1120万円)以上になることもあります」と付け加えた。 ムーディ氏は、Foundryを設立する前、工業デザインのコンサルタント業を営んでおり、大量生産のための製品を設計していた。試作品では3DプリンターやCNCマシンで製造された部品を使用しているため、量産品とは物理的な構造が違っている可能性があるという理由で、試験機関から常に申請を却下されることに、同氏は不満を感じていた。 「そこで私は、ニュージーランド人らしく物置に行き、運良く機能する方法を見つけたのです」と、ムーディ氏はいう。最近のニュージーランドでロックダウンが行われていた期間には、ムーディ氏が作業場に入れなかったため、実験の多くは一般的な電子レンジを使って行われたという。「我々が解決しようとしているのは、実際の鋳造であり、ダイキャストをシミュレートしながら、それをより速く、安く行うことです。ダイキャストを作るために工具で機械加工をすると、3~6カ月かかってしまうのが普通です」。 Foundryはまだ設立から間もない会社だ。現在はその超大型の電子レンジを数台しか所有しておらず、潜在的な顧客に試用してもらっている段階だ。今回のシリーズAラウンドは、オーストラリアで設立されたVCのBlackbird(ブラックバード)を中心に、GD1、Icehouse(アイスハウス)、K1W1、Founders Fund(ファウンダース・ファンド)、Promus(プロマス)、WNT Ventures(WNTベンチャーズ)が出資している。同社ではこの資金を使って、2023年末までに生産体制を整える予定だ。 さらに資金の一部は、スタッフの増員にも充てられる。同社はここ数カ月で急速に成長しており、資金調達を開始した当初は6人だったスタッフが、現在は17人のフルタイム社員を擁するまでになっている。さらに今後数カ月で35人に増やすことを目標としているものの、ニュージーランドでは新型コロナウイルス感染拡大の影響で国境が閉鎖されているため、難しい状況だ。 […]

Read More

米国時間5月14日、Googleはクラウドの大阪リージョンを運用開始すると発表した。日本で2番目、アジア太平洋で7番目のクラウドリージョンだ。これで同社は全世界で20リージョンをユーザーに提供することになった。それぞれに3か所以上のゾーンがある。 大阪リージョンは東京リージョンに次ぐ日本で2番目のクラウドリージョンであり、地元顧客に低遅延のサービスを提供するためとGoogleは言っているが、東京と大阪の距離は十分近いので大きな違いはないと思われる。しかし日本でビジネスを進めるうえで、2カ所の地理的に異なるリージョンを持つことは、冗長性を高めて災害時の復旧対策に役立てるという大きな意味がある。 「国内に2つのリージョンを持つことで、ITおよび企業の災害復旧に必要な分散型で安全なシステム基盤を提供し、事業継続性を高めることが可能になる」とGoogle CloudでCEOを務めるThomas Kurian氏が本日の発表文でコメントしている。 アサヒグループホールディングの執行役員でIT部門ゼネラルマネジャーを務める知久龍人(ちく・たつひと)氏は「GCP大阪リージョンの正式運用開始心待ちにしておりました。弊社は以前よりBigQueryを始めとしたGCPのサービスを活用して参りました。大阪リージョンの開設により、さらなるシステムの可用性向上、ビジネスの継続性実現に取り組んでいきたいと考えています」と語った。 なお、Azureも現在日本で2つのリージョンを提供しているが、AWSは現時点で 1リージョンしか持っていない。 競合他社と同じく、Googleもデータセンターを全世界に拡大し続けている。Kurian氏によると同社はこれまで全世界インフラストラクチャーに470億ドルを費やし、新たなデータセンターの建設やセンター間を結ぶ専用線などを作ってきた。Googleは今年中に、ソウル、ソルトレイクシティ、およびジャカルタに新しいリージョンを展開する予定だ。 [原文へ] (翻訳:Nob Takahashi / facebook )

Read More

SHIBUYA O-EASTで行われた『Happy Birthday To CANTA!~6歳になりました!~』(以下『6周年ライブ』と表記)に参戦しました。えーっと、この記事をアップする頃には、既にいろんな情報が飛び交っていると思いますが。 簡潔に申し上げると、雷電さんが最後まで演奏できませんでした。それにより、大幅に演奏内容が変更されたと思われます。 経緯をご存じない方のためにちょいと書くと。雷電さんは、去年7月の「脹脛ツアー」の東京最終日(15日)に、筋肉の痙攣などの原因で、演奏に支障をきたしたことがあり。それが今も影響していると最近も報告されていました。(詳細はCANTA公式サイトhttp://www.canta.jp/の「MESSAGE」コンテンツ内の 3月8日アップ分・雷電さんのコメントを参照)それが、今回も・・・という感じだと思われます。 ただ、ごっそり間を省いて結論だけ先に申し上げると、表立ったクレームなどはなく、そんなCANTAをファンが温かく見守る、そんな印象のライブとなったと感じました。私個人としても、不満や「金返せ」などの気持ちはなく、むしろ「だからこそこれからも応援しよう」と思えるものでした。 以下、ライブレポを書いていきますが。今回は単発ライブということで、ライブ内容などは「ネタバレ進行」で進めます。とはいえ当方、デーモン小暮閣下ファンです。CANTAも好きですが、CANTAファンほど詳細にレポを書く自信はありません。また、私はレポ記事を書くためにライブ参戦していないし、更年期障害もそろそろ出始める婆ですので、細かい内容など記憶が曖昧です。セットリストや、MCの詳細な内容などを探されている方は、他のレポを探される方が良いかと思います。「閣下ファンが見たCANTAライブの感想」と思って読んでいただければ幸いです。 【開場前】2時半ごろO-EASTに行くと既に長蛇の列。6000円の「握手会参加券つき福袋」の列。http://cantagoods.shop13.makeshop.jp/私は今回はご遠慮しました。やはり6周年を一番に祝いたいのはCANTAファンでしょうし、そのために遠方から来た、という方も多いでしょうし。そのかわり、通常の「3500円買って抽選で握手会」の方は参加するぜぇ。ということで、渋谷を散策して4時ごろにグッズ買って。5時半開場。一般販売のチケットのわたくし、後方に突撃。LUKE側はガッツリミチミチ(←なんだこの表現は)だったけど、MASAKI側はまだ少し余裕があって、3名ともバッチリ見える場所をゲット。 【開演】去年の5周年の時のように、新曲のデモンストレーションとかあるのかな・・・と思っていたら、いきなりメンバー登場。しかも一曲目がいきなりの「Irritation」いやー。これにはビックリ。しょっぱなからバラード。しかもこの曲は、デビューアルバム「EVERYTHING’S GONNA BE ALRIGHT」に収録され、去年発売のアルバム「流星と春の嵐」にも収録された、CANTAにとって意味深い曲だと思うのです。 で、ノリながら聴き入っていてですね。えーっとですね。あの。 ちょっとだけ泣いちゃいました。 えへへっ。てへっ。(←年増の恥じらいほど気持ち悪いものはないな・・・)いや、なんかこう「うん、生きていたらいろいろあるよねぇ」みたいな。なんかそんな気分になってね。えへっ(殴) で、2曲目が「Happy Birthday To You! 」ノリノリ。ここで40cm×30cmくらいの四角いケーキ登場。写真が転写できるケーキで、CANTAの3人の写真付き。頑張ってケーキを傾けて客席に見せてくれるLUKEさん。嬉しそうな笑顔。 その後「Monster」など、ノリノリの曲が続き・・・と盛り上がっている所で、とある曲(記憶曖昧)で、雷電さんの様子が何かおかしい。体をマッサージしているようだけど、雷電向けライトが消され退出。LUKEさんがトークし始めたので、細かい様子がわからない。けど「おかしい」というのは、後方の私でも判りました。 長めにLUKEさんとMASAKIさんがトーク、という感じで、こっそり雷電さんも戻って来て、演奏再開。新曲も2曲演奏。前回の「オリオン座ツアー」で演奏された新曲の題名は「パピヨン」に決定。もう一曲は題名失念(ごめん)ノリのいいロック。 で、また何曲か演奏しているうち(記憶曖昧)また雷電さんが。うむむ。これは。というのが伝わってきまして。とりあえずこの一曲を、と「SHINE」を演奏。で、LUKEさんが決断「ごめんね。ちょっと引っ込むわ」で三名ともステージを降り。おそらく雷電さんの体調が限界で、このあとどうするか話し合うのでは。 流石に雷電さんの様子の変化に気付かなかった客もここで察知し、(後方で「埋もれて」いる人にはステージが見えていないから)でも客席全体が「うん、待ってるね」という優しい空気があり。手拍子をしながら待つ事しばし。 結局LUKEさんとMASAKIさんだけがまた出てきて、アコースティックで演奏する事に。LUKEさんは青のTakamine。MASAKIさんは・・・んああああ。あれ、なんて言うんだっけなー。あのメーカー。うおぉぉ。思い出せなくてイライラするうぅぅ。とにかく赤のアコースティックベース。(マジでイライラしているので、判る方教えてください) LUKE「今日はお前らが雷電湯澤だ!」ということで客席全体が手拍子。「Beautiful」や「春の嵐」など4~5曲演奏。LUKE「あと何を演奏しよう・・・」客「Rainbow!」LUKE「出来るかな(ちょろちょろと弾いてみる)あ。できそう」ということで「Rainbow」も演奏。 最後に雷電さん登場。凄い声援。パーカッションセットに座る雷電さん。それに寄り添うように近づくMASAKIさん。その間、チューニングしていたLUKEさん、ふと二人を見て「うわっ」・・・去年の5周年ライブでもやった「付き合っちゃえばいいのに状態」に。で、去年と同じく「愛の夏」 ライブはこれで終了。最後に一人ずつ挨拶(注:私の記憶で書いてます。言葉の正確性低し) 雷電「精神科行きます!しっかり治してきます!」客席「(うぉー!と励ましの声援)」雷電「いい病院紹介してください!(笑)」 MASAKI「帰ったら雷電をお風呂に入れて洗ってあげます!」客席「(きゃ~)(いや~ん)」で、雷電さんの体を洗ってあげるゼスチャーをするMASAKIさん。それがなんか「マット洗い」とか「竿洗い」みたいな・・・(こういう状況で「竿洗い」するMASAKIさんもMASAKIさんだし「竿洗い」とか書く私も私) LUKE「そのあと雷電と添い寝をします(笑)」客席「(きゃ~)(ひゅ~)」LUKE「『親亀がコケたら皆コケた』って感じで、ごめんね」 MASAKIさんが青いピックをばら撒き、雷電さんもサイン入りの丸いボードみたいなのを投げて、全部終了しました。 客席はブーイングなどはなく。私は後方にいたのでちゃんとは判らないですが、全体として温かい雰囲気のまま終演できた、という印象です。少なくとも「号泣」「パニック」ではなく、落ち着いていました。こういう雰囲気自体がCANTAとCANTAファンの作り出せる「優しさ」なのでは。そういう温かさに触れる事ができただけでも、今回参戦してよかったと思えたし、そんなCANTAをこれからも応援したいと思えました。 【終演後】見事に握手会抽選にもハズレ。結構な高倍率だったみたい(6~7倍?)流石にこういう状況になるんだったら、6000円の福袋を買いたかったですね。なにか一言、雷電さんにお声掛けができたのに。でも、それこそCANTAファン、雷電ファンの方にして欲しい事だし。 ただ、個人的には「ROCKな気分」が盛り上がりかけていた途中で終わってしまい。ちょっとその意味での消化不良を感じた私。帰りに吉野家に行って「牛丼の大盛りと卵」をガッツリ食べました。うえぇぇい。ROCKライブのあとは牛丼だぜえぇぇ!HellYeah!!!!(←バカ) まあね。閣下ファンの私がこんな事書くのも僭越ですが、四捨五入40歳のおばちゃんとして、人生の先輩として、若いCANTAファンの皆さんに伝えたい。 こういう時こそ、いつもと同じ笑顔でいるのが大事だと思う。 心配だからこそ。同情するからこそ。何かしてあげたいと思うからこそ。笑顔でい続けるのが大事だと思う。苦しい時だからこそ。辛い時だからこそ。寂しい時だからこそ。いつもと同じ笑顔がそばにあるのが嬉しいものだと思う。

Read More

米国時間11月30日午前、Amazon(アマゾン)のAWS re:Inventカンファレンスで、同社はAWS Private 5G(AWSプライベート5G)のプレビューを発表した。ユーザーが独自のプライベートネットワークを容易に展開、管理するサービスだ。新機能の狙いは、現在多くの企業が直面している5Gの活用という課題に対応することだ。AWSのCEOであるAdam Selipsky(アダム・セリプスキー)氏は、AWS Private 5Gを使えば、プライベートモバイルネットワークの設置と拡張が数カ月ではなく数日でできるようになる、と語った。 「モバイル・テクノロジーの利点を、長い計画サイクルや複雑な統合、高額の初期費用といった障壁なく享受することができます」とセリプスキー氏が基調講演で述べた。「ネットワークをどこに作りたいのか、ネットワーク容量をどうしたいのかを当社に知らせていただければ、必要なハードウェアとソフトウェアにSIMカードをお送りします」。 画像クレジット:AWS セリプスキー氏は、AWS Private 5Gがネットワークの設定、展開を自動的に行い、デバイスの追加やネットワークトラフィックの増加に合わせて、容量をオンデマンドで拡張できることを説明した。初期費用やデバイス当たりのコストはかからず、顧客は要求したネットワーク容量とスループットに対してのみ料金を支払う。 「多くのお客様が、さまざまな制約に対応するために独自のプライベート5Gネットワーク構築を望んでいますが、プライベートモバイルネットワークの展開には、多くの時間と費用、予測されるピーク容量に合わせたネットワーク設計が必要になり、複数ベンダーのソフトウェアとハードウェアのコンポーネントを購入、統合しなくてはなりません。また、お客様自身でネットワークを構築できたとしても、現在のプライベートモバイルネットワーキングの価格モデルでは接続デバイスごとに課金されるため、数千台のデバイスを利用するケースでは価格的に利用が困難です」と新サービスを紹介するブログで会社は述べた。 Amazonは、AWS Private 5Gは展開を簡易化することで、顧客が独自の4G/LTEあるいは5Gのネットワークを迅速に展開し、接続デバイス数を容易に増減できること、使い慣れたオンデマンドクラウドの価格モデルを利用できることなどを説明している。 AWS Private 5Gのプレビュー版は米国で公開される。利用するためには、ここで申し込みができる。 画像クレジット:AWS […]

Read More

大阪 日本橋の「きもの屋」では、リサイクル着物やリフォーム材料用きものを激安の108円から販売していますよ  正絹(絹100%)の着物や帯が108円からずら~りとならんでいます 店内には、振袖・留袖・訪問着・小紋・紬・紳士用などの着物そして袋帯・名古屋帯・半幅帯等の新品・リサイクル着物・アンティーク着物・貸衣装(レンタル)流れ品・質流れ品の着物・和服・帯・B反が、ぎっしり所せましと並んでいます  少々難あり反物(B反)も1,800円~ きもの屋では、ほとんどの着物や帯が数百円から数千円で買うことができる激安きもの店ですよ 是非、日本橋商店会の「きもの屋」へお気軽にご来店下さいませ   きもの屋〒556-0005 大阪市浪速区日本橋4-17-3電話 06-6641-4699AM10:00~PM6:00 木曜定休日

Read More

Googleは米国時間5月14日、ウェブ上の旅行プランツールの重要な改良を発表した。昨年モバイルで同様のツール集をローンチした同社は本日、ウェブ上のgoogle.com/travelで、過去のすべての旅の情報を見られるほか、検索をフライト、ホテル、パッケージの3つのどれかに容易に切り替えられるようになったことを発表した。 これでやっと、Googleの各種旅行サービスがひとつの傘の下に収まることになる。GoogleがITAを買収したのは9年前だから、もっと早くてもよかったという気はするけどね。 Google Tripsが、新しいサイトのランディングページになり、ユーザーの現在の予約情報や目的地に関する情報がまとめて表示される。その情報をGoogleの検索やマップに持ち込むこともできる。そのためにGoogle.com/travel(略してGoogle Travelと呼ぼう!)は、ユーザーのGmailの受信トレイから確認のメールや受領通知などをもらって、ユーザーの旅のタイムラインを作る。 これでウェブとモバイルの両方で機能がそろったから、どんなデバイスからでも自分の旅のプランにアクセスできる。ただし前と同じく、Googleのサービスの上で予約はできないので、ここからさらにエアラインやホテルの予約システムへ行って予約を完了することになる。 フライトやホテルの検索エンジンは前と同じだが、前はフライトとホテルのパッケージを買うこともできた。ただしそれは、うまく隠されていた。今度からは最初に料金表が出て、ホテルやフライトの検索へ行く。 発表声明では「目標は旅行のプランニングを単純化することで、そのために必要な情報を早く見つけられるようにし、別のデバイスの上で何をどこまでやったかも、正確に分かるようにした。今後はGoogleマップとGoogle検索とgoogle.com/travelを全部合わせて、旅行の計画や実行を支援していきたい」と言っている。 残念なことにGoogleは、今はなきInboxの便利な機能であるTrip Bundlesを、Inboxの閉鎖時に約束していたのにまだGmailに移植していない。それが実現するまでは、今回大改造されたGoogle Travelで十分間に合うと思うけどね。 [原文へ] (翻訳:iwatani、a.k.a. hiwa)

Read More