OUYAを覚えているだろうか。 Androidを搭載した廉価なゲーミングコンソールかつ「テレビにオープンなプラットフォームをもたらす」のうたいい文句で、2012年にキックスターターにて約900万ドル(約9億9000万円)という大きな資金を得ることに成功したプロダクトだ。それから数年が経った今でも、キックスターターに登場した最大のプロジェクトのうちの1つである。 しかしキックスターター以外では、99ドル(約1万1000円)のこのコンソールは人気を集められなかった。OUYAは2015年に分割され、ソフトウェア資産とチームはRazerに買収された。 RazerはOUYAのストアを買収後も継続したが、2019年6月25日にすべてのサービスがとうとう終了することになる。 サイト上のFAQでは、RazerはOUYAのストアが6月末までに終了すると案内している。また、Forge TV(RazerによるAndroidベースのコンソール)のゲームストアもシャットダウンされる。 もしOUYAのアカウントに残高が残っているのであれば、すぐにでも使いたいと思うだろう。FAQによると、6月25日にはウォレットの残高は消滅するという。 購入済みのゲームはどうだろうか?今後も動作するのか?これは少し複雑な状況だ。 2019年6月25日までは、OUYAのプラットフォームを利用してゲームがプレイできる。シャットダウン後は、Discoverセクションは利用できない。ダウンロードしたゲームはPlayに表示され、起動時の認証がなければ動作する。これについては、ゲーム開発者にコンタクトしてほしい。 つまり、動作するゲームもあればしないゲームもあるということだ。ダウンロードサーバーも6月25日に終了するので、引き続きプレイしたいゲームがあれば、コンソールにダウンロードしておいたほうがいい。 [原文へ] (翻訳:塚本直樹 Twitter)

Read More

表紙やら巻頭カラーやらアニメ二期放送日決定やら7周年やら人気投票やら38巻発売やら、目白押しでどうしてくれよう。とにかく今なら鯱が人気投票上位に踊り出そうです。 ●表紙の銀さん、傘の柄が竹刀だとばかり。(汗)巻頭カラーは歴代ヒール勢揃い。似蔵かっこいいなあ。銀さんの横顔は、どこか寂しげに見えた私です。 さて本編ですが。鯱がえらいキャラ立ってます。(笑)こんなにラブリーだったっけ?アニキィィ!ハイあーん!!のとこ吹いたv かゆ…うま…も笑っちゃいました。懐かしいなあ!バイオ、家族がプレイしている間、後ろでワーキャー言いながら見るのが好きでした。私がやると瞬殺されるんだもん…かゆうま達に。でもあの日記のこの記述は当時インパクト大でした。なんかリアルで。(笑) 鯱…漫画投稿してたんだね。いつかデビューできるといいね!「や~め~ろ~よ~」ってv鯱、犯罪王って設定なんだよね? 「ただし燃えんのは俺の火だ」 の銀さんの横顔、カッコイイvvv六股篇がアレでアレだったから、余計にそう思う。(笑) パジャマっ子の銀さんが右手に持ってるモノが、わからないのですが…。わかる方教えて下さい。 何やら看守長が「実はイイ人」路線?おじいさんの息子の代わりに文通してたのね。人情篇ですね~。次回で完結かな? ●さて、人気投票も始まりますね!にしては締切日が意外と早いな。うっかりしないように気をつけねば。しかしパンデモニウムさんのクリーナーって。さっちゃんのおっぱいマウスパッドがよかったな。(↑管理者はノーマルな女です、一応…) ●アニメ二期も、より魂と同じ枠ですね。月曜かよー…。ジャンプ本誌とかぶるのか…。感想書きとしてはハードル高ェなおい。(苦笑)一週間の愉しみは、できれば分散したかったvまあでも、アニメはリア視聴は出来ないしね。ジャンプとアニ銀録画を観るためだけに月曜は生きる! ●38巻の表紙は銀さちですよ奥様!(いや他もいるよ)ピンクのつなぎ、かわいいなァさっちゃんv(ツッキーも着てるよ)ティッシュの持ち方がね!プロッぽいよね!(何のプロ???) 『ばんからさん』も増ページで♪よりタケちゃんがかっこよく描かれてました。アクションシーンも迫力ありますね~。本誌からの改稿も多そう。セリフとか?読み比べるのも面白そうですね。 オマケページの質問コーナー三段オチとか。ヤムチャ自演とか!(笑)空知さんのエッセイとか面白そうだよなー。オマケコーナーを読む度にそう思います。 さて、とりあえずハガキ買ってこよう。 【お礼的なモノ】 過去記事に気持魂をありがとうございます!38巻発売の影響か、『ばんからさん』記事にアクセスが再び増えています。ありがたやありがたや。 銀さち二次小説の方はからっきしだけどな!(ぼそっ)仕方ない、私の腕が未熟なだけだ…精進しまっす。

Read More

2021年2月、Emberのコンシューマー部門CEOに就任した元Dyson(ダイソン)COOのJim Rowan(ジム・ローワン)氏は、TechCrunchに対し、同社の名前を冠した温度調節機能付きスマートマグカップ以外にも事業を拡大する計画を説明した。その際、ローワン氏は、コールドチェーン、特に医薬品の輸送が、今後の同社にとって重要なカテゴリーになる可能性があると述べていた。 その約束を果たし始める時が来たようで、Emberは、新たにシリーズEラウンドで2350万ドル(約26億5000万円)を調達し、累計資金調達額を約8000万ドル(約90億3000万円)に引き上げた。注目に値するのは、今回のラウンドを主導したのはFoxconn(フォックスコン)の子会社であるGOLDTekと、シンガポールのEDBIだということだ。後者は、Emberが国際的なプレゼンスを高めるために、東南アジアにR&Dセンターを開設する計画を発表したのを受けての投資だ。 Emberは2021年に入ってからチームを76%増員しているが、センターの開設でさらなる人員の拡大が必要となる。 創業者でグループCEOのClay Alexander(クレイ・アレクサンダー)氏は、リリースの中でこう述べた。「5年前にEmberを立ち上げて以来、当社の使命は、精密な温度制御に関する専門知識を用いて、お客様の現実的な問題を解決することでした。Emberは現在までに、温度制御、データ、および接続に関する129件以上の特許を取得しています。今回の追加資本は、今後数年間で、特にヘルスケアや乳児の授乳の分野で、当社の膨大な特許ポートフォリオの技術を実現するために役立ちます」。 コールドチェーンの分野では、同社は「初の自己冷蔵型クラウドベースの配送箱」の登場を示唆している。製薬業界を対象としたこの技術は、現在、かつてないほどの負担を強いられているグローバルサプライチェーンを対象としている。 画像クレジット:Ember [原文へ] (文:Brian Heater、翻訳:Aya Nakazato)

Read More

当ブログでは初めてのレビューとなるΦ4.4mmのヘッドホンバランス端子を採用したポータブルヘッドホンアンプを紹介します。 ↑↑写真のポータブルヘッドホンアンプは、SONYさんの「PHA-2A」です。 実売価格はAmazonさんで64600円前後となっています。 ポータブルヘッドホンアンプ 「PHA-2A」 主な特徴 ●JEITA統一規格であるφ4.4バランス標準プラグ対応のヘッドホンバランス端子を採用●L/Rそれぞれのチャンネルを正相(+)、逆相(-)の出力をもつ2つのアンプで構成することでグラウンドをクリーンに保ちセパレーションを改善●電源ラインノイズの影響を低減することによるS/N向上により解像感と定位感を実現●高品質DAC(ES9018K2M)、高品質ヘッドホンアンプ(TPA6120)搭載●USBオーディオ対応(PCM:最大192kHz/32bit、DSD:2.8MHz、5.6MHz)●ウォークマン、Xperia、iPhone/iPad/iPod、PCとのデジタル接続に対応●高音質対応クロック回路(2種類の専用マスタークロック)●低抵抗高音質ロータリーボリューム搭載●ゲイン切り替えスイッチ搭載 バランス接続の高音質を手軽に楽しめるポータブルヘッドホンアンプです。 DAP単体の音質では満足できない方には良い選択肢になるのではないでしょうか。 しかもφ4.4バランス標準プラグ対応なので、音質向上にはかなり期待できます。 では付属品のチェックから。 ↑↑充電用のUSBケーブルです。 ↑↑2種類の接続ケーブルです。 ↑↑1つの接続ケーブルはウォークマン用の「Digital cable for WALKMAN」(WM-PORT)です。 ↑↑接続ケーブルは写真のように接続します。 ↑↑もう1つの接続ケーブルはスマートフォン(Xperia)用の「Digital cable for Xperia」(micro USB)となります。 ↑↑シリコン素材のバンド×2個とシートです。 ↑↑写真のように傷防止のためシリコンシートを端末と「PHA-2A」の間に挟み、シリコンのバンドで固定できます。 ※写真の端末(DAP)はウォークマン「NW-A35」です。 ↑↑マニュアルなどの書類です。 ↑↑そして本体のポータブルヘッドホンアンプ「PHA-2A」です。 サイズはごく一般的なモバイルバッテリーほどのサイズでしょうか。 ↑↑端末を置く上面には“ハイレゾ”シールが貼られています。 またサイドは丸くデザインされており、持ちやすくなっています。 ↑↑底面です。 注意書きとして“使用していると高温になるから気を付けてね”的な事が書かれています。 ↑↑正面です。 左がφ4.4バランス標準プラグ、右が通常のステレオミニ(3.5mm)プラグとなります。 中央は低抵抗高音質ロータリーボリューム(音量ツマミ)が配置されています。 ↑↑背面です。 左から、Xperia/Walkman/PCの入力端子(microUSB)、iPhone/iPad/iPodの入力端子(USB Type A)、ゲイン切り替えスイッチ、充電用microUSB端子となります。

Read More

米国の消費者がサプライチェーン不足を意識して早い時期に買い物したため、ホリデーショッピングシーズンの幕開けとなる、感謝祭からサイバーマンデーにかけてのサイバーウィークでは、eコマースの売上がわずかに減少した可能性がある。2020年のサイバーウィークの米消費者の消費額は344億ドル(約3兆8910億円)で、前年比20.7%増だった。しかし、AdobeのDigital Economy Indexのデータによると、2021年のオンライン消費は同1.4%減の339億ドル(約3兆8350億円)だった。 Adobeの分析は、米国のeコマースサイトへの1兆回を超える訪問データから得られたもので、18の製品カテゴリーにまたがる1億個の個別SKUを網羅しており、ホリデーショッピングの傾向を包括的に把握することができる。 分析で、ブラックフライデーから売上が減少していることが明らかになった。2021年のブラックフライデーのオンライン売上高は89億ドル(約1兆60億円)で、過去最高だった2020年の90億3000万ドル(約1兆210億円)から1.3%減少し、史上初の前年割れとなった。サイバーマンデーの売上高も前年比1.4%減の107億ドル(約1兆2100億円)で、2020年の108億ドル(約1兆2210億円)に1億ドル(約110億円)及ばなかった。一方、サンクスギビングデーのオンライン売上高は51億ドル(約5770億円)で横ばいだった。 これらの減少額は比較的小さいものだが、ホリデーショッピングの売上高が年々増加するという通常の傾向に逆行している。2020年の報道によると、パンデミックの影響で数年加速したとされるこの業界にとって、これはパンデミックの長期にわたる影響(現在ではサプライチェーンの不足も含む)が、消費者の心理にどのように作用したかを示す顕著な例となっている。Adobeによると、2021年は品不足を心配して、消費者がより早く買い物をした可能性があるという。 これを裏づけるデータがあるようだ。11月(11月1日〜11月29日)の消費者の消費額は1098億ドル(約12兆4155億円)で、2020年に比べて11.9%の大幅増となった。11月のうち22日がオンラインでの消費額が30億ドル(約3390億円)を超えたことを意味する、とAdobeは指摘している。これは新記録で、2020年に同じマイルストーンを達成したのがわずか9日だった。さらに、消費者は10月も買い物をした可能性があると同社は指摘している。 Adobe Digital InsightsのディレクターTaylor Schreiner(テイラー・シュライナー)氏は、サイバーウィークの調査結果について次のように述べている。「10月に早いセールがあり、消費者はサイバーマンデーやブラックフライデーといった大きな買い物デーをずっと待っていませんでした。サプライチェーンの問題や商品の在庫状況に対する懸念の高まりがさらに拍車をかけました。10月と11月のeコマース支出が分散され、オンラインショッピングの記録を更新するシーズンになりそうです」。 言い換えれば、2021年の売上は必ずしも全体的に減少するわけではなく、以前ほど集中しないということだ。実際、パンデミックの影響でオンラインショッピングが習慣化され、消費者は例年のようにブラックフライデーやサイバーマンデーの大規模なセールを待つのではなく、通常の活動と並行してホリデーシーズンの買い物をするようになったのかもしれない。 今回の減少にもかかわらず、年末商戦のピーク時には、例年とほぼ同じような状況が見られた。サイバーマンデーの買い物客は、おもちゃ(売上は2021年9月のシーズン前水準の約11倍)、ギフトカード(7倍)、書籍(7倍)、ビデオゲーム(6倍)、ベビー・幼児用品(6倍)など通常のカテゴリーで、2021年9月の売上と比較してより多く購入した。また、電子レンジや小型キッチン用品などの電化製品の売上もそれぞれ9.6倍、7.1倍となり、このカテゴリーの増加率は5.6倍となった。 加えて、2021年はスマートフォンによる売上も増加しており、例えばサイバーマンデーのスマートフォンによる売上は前年比8.4%増だった。しかし、これは実際には軌道修正を意味している。パンデミック前は、スマートフォンでの売上がオンライン売上の50%超を占めると予想されていた。しかし現在、自宅で仕事をしている消費者は、以前ほどスマホから買い物をする必要がないのだろう、とAdobeは指摘している。 買い物のパターンは異なるようだが、ホリデーシーズン全体では新記録を更新するとAdobeは見込んでいる。11月1日から12月31日までの期間、消費支出額は前年同期比10%増の2070億ドル(約23兆4000億円)に達すると同社は予測している。 画像クレジット:John Lamb / Getty Images […]

Read More

 本日紹介する「柔道部物語」のキャラは、岬商業きっての手抜きの天才”流しの名古屋”の異名を持つ「名古屋 和彦」です!  ↑ ↑見にくいですが、右端のイカツイ男が名古屋です! プロフィールとしては、 名前    名古屋 和彦(なごや かずひこ) 性別    男 年齢    三五と同い年(登場時16歳) 身長    不明 体重    当初65キロ位?→90キロ 出身地   新賀田県(にいがたけん。作者の         小林先生の創作した県。先生の         出身が新潟県であることによる。)         学歴    小中学校は?→岬商業高等学校 部活    小中学校は無部→高校は柔道部 趣味    後輩にセッキョー・おはつをすること。        あと手抜き。 職業    高校生 性格    執念深い 負けず嫌いだが努力は        しない なんでも手を抜く        食欲は旺盛 得意技   不明     特技    どんな厳しい稽古でも手を抜くこと        ができる。 異名    「流しの名古屋」 チャーム  細い目 たらこ唇  ポイント    家族    詳細不明          くらいですね!  三五と同学年で、ほぼ同じタイミングで柔道部に入部した人物がこの名古屋です☆  「柔道部物語」のギャグパートを受け持つ、ある意味重要な役ですね。  とにかく部活における手抜きの天才で、1年の当初の段階からすでに力を抜いて全然疲れない練習法をマスターしていた位です。 そのため、周りからは「流しの名古屋」と呼ばれている程です。凄いというか、情けないというか…(笑)  よく部活には一人くらいよくわからんヤツがいたりしますが、この名古屋は岬商業柔道部におけるそういうキャラであると言えるでしょうね!  とにかく手抜きする男なので、どうしてとかくキツい柔道部に在籍しているのか不思議に思うかもしれませんね。 これは彼の非常に執念深い性格のためです。 岬商業には伝統の後輩しごき・「セッキョー」というものがあります。これをみっちり受けた名古屋は、こんなキツいしごきをされたからには、これを後輩に自分がやるまでは退部はできない!と強く思ったからなんですねぇ…。 執念深いですよね~。気持ちは良くわかりますけどね(^o^)  当然ですけど、手抜きしているので柔道は相当弱いです。しかもやる気もないので、下山田農業高校の怪物・清水と重量級の個人で対戦した時には、自分で前方宙返りで回転して転がり、さっさと帰ろうとしました。もちろん一本にはなりませんでしたけどね☆(結局戦意がないということで失格になったようです。)  また、これも当然ですが、手抜きしているのでドンドン太っていきました。当初は三五と同様の体型でしたが、1年の中盤には90キロにまでなってしまいました。 ま、鬼のような厳しさの合宿でも4キロも太った位ですからね~。 ある意味恐ろしい人です。  三五たちのように真面目に柔道に取り組んでいる者との対比という点で、この名古屋はとても重要だと言えるでしょうね! キャラ的にはちょっと憎めない感じの男ですね☆ 最後にうんちく。名古屋の手抜きのテクニック! ・腕立て伏せ→腕を曲げずに体を          揺らすだけ。しかも膝をつく。・片足跳び→左右交互に飛ぶ           (=走っているだけ)・受け身→痛くないように体を丸めて         投げられる受け身をマスター。・試合→すぐ終わるように自分で一回転       して倒れてみせる! …恐ろしい技ばかりですね(^O^) 「これをやるまでは…やめるもんか…」 <名古屋に興味の出た方は!>  ↓ ↓「柔道部物語」 ※コミックスは全11巻、文庫版は全7巻 

Read More

バージニア州アレクサンドリアの拘置所から1週間釈放されたチェルシー・マニング(Chelsea Manning)が、再び収監された。マニングは3月に、WikiLeaksに関する大陪審の取り調べ応じなかったため拘置されていた。 マニングは大陪審における自分の立場を明確にし、自分の主義に基づいてその訴訟手続きへの協力を拒否した。先週の釈放は1月に発行された召喚状の期限切れのためだが、再び召喚状を発行した大陪審そのものはあと18カ月の期限がある。 マニングの弁護士であるMoira Meltzer-Cohen氏は、5月17日のことについてこう言っている。「今日の審理の結果にはもちろんがっかりしている。でもそれは前回と同じく高圧的で一方的な制裁だ。つまり、まったく効果はない」。 米陸軍の情報分析官だったマニングは、25万件あまりの外交電信と大量の軍事的現地情報、および米軍による空襲の悲惨な映像を、2010年に機密共有団体WikiLeaksに漏洩した。マニングはそれに対する20あまりの罪状のほとんどで有罪とされたが、退任前のオバマ大統領が彼女の刑を減刑した。 先週釈放されたマニングはYouTubeビデオをシェアし、その中で、大陪審に逆らう倫理的根拠を述べている。 彼女が譲歩することはありえないと思われたため、Anthony Trenga判事は異例の選択としてマニングに、非協力が続くならば勾留30日以降は1日500ドル、60日以降は1日1000ドルの罰金を課すとした。先週短期間自由になるまでのマニングは2カ月拘置され、独房監禁が拘禁条件の一部のようだった、と弁護団は言っている。 Meltzer-Cohen氏はこう言っている。「大陪審とこのような訴訟手続きは、報道への脅威が拡大していることを広く知らしめ、本来正しくあるべき司法のシステムを政府自身の法によって毀損する方向へ機能している」。 つかの間の自由の間にマニングは、Twitchで「エーペックスレジェンズ」と「レッド・デッド・リデンプション2」をストリーミングした。 関連記事: ハッキング容疑でウィキリークス創設者を逮捕、米が引き渡しを要請 画像クレジット: ERIC BARADAT/AFP/Getty Images [原文へ] (翻訳:iwatani、a.k.a. hiwa)

Read More

LG Chem(LG化学)が全額出資するバッテリー部門のLG Energy Solution(LGエナジーソリューション)は新規株式公開の予備承認を得た。韓国取引所が現地時間11月30日に声明文で明らかにした。 LG Energy Solutionは早ければ今週中にも金融監督庁にIPO申請書を提出し、2022年1月末の上場を目指している、と報じられている。 同社は6月、米自動車メーカーGeneral Motors(ゼネラルモーターズ)の電気自動車Chevrolet Boltがバッテリーセルの欠陥で発火のリスクが高まる可能性があるとして一連のリコールを行ったことを受けて、IPO手続きを一時停止した。 General Motorsは、バッテリーセル製造パートナーであるLG Chemに、推定10億ドル(約1127億円)相当の損失の弁済を求めると述べていた。LG EnergyとLG Electronics(LG電子)は、Bolt EVのリコールにかかる費用として11億ドル(約1240億円)をGMに支払うことでリコール問題を解決した。 関連記事:GMがシボレー・ボルトのリコール損失約1100億円をLG Chemに請求すると表明 9月にGeneral Motorsとリコール関連問題で合意したことを受けて、LG […]

Read More

最終更新 2021/10/30  テレビ画面で「YouTube TV」へログインする方法は、一般の端末のYouTubeログインと同様になりました。従来は特殊なログインだったのでこのブログで紹介していました。 =================  下記のブログで「1.2 YouTube TVログイン方法」は仕様変更になりました。テレビ画面に「YouTube TV」画面が表示されたら、TVリモコンでGoogleアカウントとパスワードを指定してログインします。 公開 2018/8/5 更新 2022/4/30  YouTube TVのおかげで、デジタルテレビの大画面でYouTube映像をとても気軽に視聴できるようになりました、YouTube on TVとも呼ばれます。それはテレビに無料音楽チャンネルが出来たと同様な感覚です。  このブログは市販の液晶テレビで「YouTube TV」へログインする方法、およびYouTubeをより楽しむ方法を書いています。 目次 1. テレビ大画面で見ましょう 1.1 マイチャンネルの作成 1.2 YouTube TVログイン方法 1.3 テレビの視聴 2. 無料音楽チャンネルふうに視聴 2.1 「登録チャンネル」の記録 2.2 「再生リスト」の作成 3. YouTube TVの画質 4. あとがき

Read More

今年の初め、起業家で投資家のサム・アルトマン(Sam Altman)氏は、Y Combinatorの社長という注目される役職を離れ、OpenAIのCEOとなった。OpenAIは2015年の末にハイテク業界の最も著名な人たちによって設立されたAI研究組織である。この組織が目指すのは、創業者の1人であるイーロン・マスク(Elon Musk)氏がニューヨークタイムズへ回答したように、人工知能が「安全な方法で開発され、人類にとって有益なものであること」を確実にすることだ。 この動きは多くの意味で興味深いものである、なにしろ汎用人工知能(あるいは機械が人間に並べるくらい賢くなる能力)はまだ存在しておらず、AIのトップ研究者たちでさえ、それがいつになるのかについてはっきりとはとても言えないのだから。アルトマン氏のリーダーシップのもとで、もともとは非営利組織だったOpenAIは、「これからの数年のうちに大規模クラウドコンピューティング、才能ある人材の確保、そしてAIスーパーコンピューターの開発に対して数十億ドル規模の投資をする必要がある」というコメントを発しつつ、利益を目指す企業として組織変更を行った。 OpenAIが、それほどまでに多額の資金を集めることができるかどうかはまだわからないが、私たちはもしそれが実現されるとしたら、アルトマン氏自身の力によるものだろうと予想している。5月16日夜にステージ上で行われた、YCの進化からOpenAIでのアルトマン氏の現在の仕事までを網羅した拡大インタビューは、観衆をあっという間に魅了する力があった。 例えばYCでは、リーンネスと「ラーメン代がまかなえる利益率」が、一般的なアクセラレータープログラムの卒業生たちが目指すゴールだった時代もあったことを語り合った。しかし最近のゴールはすぐにでも数百万ドル、あるいは数千万ドルをベンチャーファンドから調達することになっているように思える。 「もし私が市場をコントロールすることができるなら、明らかに自由市場は勝手に進んで行きますが、私はYC企業たちには調達しようとしている金額や評価額を上げさせないでしょう」とアルトマン氏はこの小さな業界向けイベントの中で聴衆に語りかけた。「一般的に、それはスタートアップにとって良くないことだと思っているのです」。 アルトマン氏はまた、個人的だったり時に陳腐だったりする質問を投げかけられても率直に答えていた。さらには、このイベントのためにたまたま街にいた母親との、長期にわたる親密な関係についての話まで提供してくれた。彼は、彼女が「絶対に」信頼しているほんのひと握りの人々の一人だと語っただけでなく、その小さな輪の外の人々からの率直なフィードバックを得ることが、時間とともに難しくなっていることを認めた。「キャリアのある時点になると、人びとがあなたの気分を害したくないと思ったり、あなたが聞きたくないような話をしたくないと思ったりするようになります。もちろんこの時点で私が手にしているものは、フィルターがかけられ事前に計画されたものであることを、私ははっきりと意識しています」。 確かに、アルトマン氏は、多くの人たちよりは動き回れる範囲が大きい。このことはアルトマンがY Combinatorを5年にわたって運営したやり方(基本的に何度も規模を拡大した)から明らかなだけではなく、OpenAIについての彼の議論の仕方からも、彼の現在の思考が一層大胆なものであることは明白である。確かに、木曜日の夜にアルトマン氏が語ったことは、もし他の誰かが語ったならば、単なるたわごととみなされるようなものが多かった。アルトマン氏が語ることで、聞く者が驚かされることになるのだ。 例えば、OpenAIがどのように収益を上げることを計画しているのか(私たちは、成果の一部にライセンスを設定するのかを知りたいと思っていた)という質問に、アルトマン氏は「正直な答は『まだ何もない』ということです。私たちはいかなる収益も上げたことがありませんし、現段階では収益を上げる計画もありません。一体どうすれば、いつの日か収益を上げられるようになるのかがわからないのです」と答えている。 アルトマン氏は続けて、次のように述べた「私たちは投資家の皆さんに『もし汎用人工知能を開発できたら、それに対して投資家の皆さんにリターンを行う方法を考えて欲しいと依頼するつもりです』という、厳しくない約束をしているのです」。聴衆が爆笑したときに(なにしろ彼が真剣なのだとは思えなかったのだ)、アルトマン氏はこれはまるでドラマの「シリコンバレー」のエピソードのように聞こえるかもしれないと言いつつも「もちろん笑っていいんですよ。全然構いません。でも、それは本当に私が信じていることなのです」と付け加えた。 またアルトマン氏のリーダーシップの下で、OpenAIは投資家に最大100倍の利益を還元してから余剰利益を他に分配する、「上限利益」(capped profit)企業となったが、それは何を意味するのかという質問も行われた。私たちはその100倍という数字がとても高い目標であることに注目している。なにしろ旧来の営利企業に投資する投資家たちが、100倍近いリターンを得ることなどは滅多にないからだ。例えば、WhatsAppに対する唯一の機関投資家であるSequoia Capitalは、Facebookに220億ドルで売却したときに、同社が投資していた6000万ドルの50倍のリターンを得たと報じられた。素晴らしいリターンだ。 しかしアルトマン氏は、「上限利益」が、ちょっとしたマーケティング上の工夫であるという意見に反論し、なぜこれが理にかなっているのかについて改めて強調した。より具体的に言えば、彼は汎用人工知能がもたらす機会はとてつもなく巨大であり、もしOpenAIがなんとかこの扉をこじ開けられたとするならば、おそらく「光円錐内の宇宙の、すべての未来の価値を取り込むことができてしまいます。そうなったときに、特定の投資家のグループだけがその価値を独占することは正しいことではありません」と語った(光円錐というのは相対論の中に出てくる用語だがここでは「未来の人類に手の届く全宇宙」といった程度の意味)。 彼はまた、将来の投資家たちは、投資に対するリターンがさらに低く抑えられることになると語った。これは基本的に、リスクをとってくれた初期の投資家たちに、OpenAIが報いたいと思っているからだ。 インタビューを終える前に、私たちはアルトマン氏に対して、AI研究者たちによるさまざまな批判を投げかけてみた。これらの批判は今回のインタビューに先立って行われたもので、特にOpenAIは定性的なものへ注力しており、既に証明された成果の中での根本的な飛躍を目指しているものではないというもの、そしてその「安全」な汎用人工知能を発見するという使命は、不必要に警戒心を煽り、研究者たちの仕事をより難しくしてしまうというものだ。 アルトマン氏はそれぞれの点に対して熱心に回答した。彼はそれらの意見をまったく否定することはしなかった。例えば、OpenAIに対する最も人騒がせな意見に関しても「その中には共感できる部分もあります」と述べた。 […]

Read More