Mozilla(モジラ)の「Firefox」がロゴを改訂し、ブラウザーだけのブランドではないことを押し出そうとしている。 パスワードマネージャーの「Lockwise」や、プライベートファイル共有サービスの「Send」、「Firefox Monitor」をはじめとするセキュリティーツールなど、Mozillaは大きくブランドを拡大している。これは、ブランディングの専門家にとって抗うことのできない挑戦だ。よってMozillaが新しいロゴの探求に没頭し、象徴であるFirefoxブランドの一新をはかろうとするのも当然のことだ。 発表の中でMozillaは、世の中のブランドシステムが、「インターネットの将来を楽観視するのは急進的な行為」であるとか「透明性とグローバルな視点をブランドに盛り込み、多くの言語を話して優位な点をすべて反映させる」などという発想に傾いていることについて多くを語った。 今回の改訂でMozillaは、Firefoxのロゴからfox(キツネ)を取り除き、尻尾だけを残した。少々ややこしいことに、これはFirefoxブランド全体のロゴであり、ブラウザー本体のロゴにはボールを包み込むキツネの図案が描かれている。 これはFirefoxブランドがここ数年経てきた進化を表すものであり、急進的な変化ではない。その他のMozilla製品も同じ色使いだが異なる系統の形状で書体も変わった。 「生きているブランドとして、Firefoxに完成はない」とMozillaが今日(米国時間6/11)書いた。「われわれが変わり、世界がわれわれのまわりを変えるにつれ、進化は続くだろう」 しかし、おそらくもっと重要なのは、Firefoxブラウザーの技術がライバルらと共に進化を続けていることだ。長年の苦労を経て、Firefoxは再び競争力のあるブラウザーになった。最後にこれが起きたとき、MozillaはモバイルOSやその他多くのサイドプロジェクト開発に集中して目標を見失った。今回は、プライバシーを中心とした明確なミッションがあるので、ブラウザー以外に手を広げすぎて落とし穴にはまることがないよう祈っている。 [原文へ] (翻訳:Nob Takahashi / facebook )

Read More

 昨日最後に、コンピューターに詳しくない人が抱来そうな疑問を二つあげました。インターネットにつながらないと、OS は働かないか、つまり、コンピューターを operate することはできないか、web がないと、パソコンは使えないのか、ということです。 こういう話は、どうですか。XP のサポートが切れる。 そうなるとセキュリティが危ない、Windows 8.1 に切り替えよ、と騒いでいます。私は、今でも、Windows XP を、OS としている PC を二台使っています。 そのどちらも、インターネットにつないでいません。 OS の Windows XP を install する時は、インターネットに繋がなくて、CD-ROM を使ってしました。 インターネットに繋がっていなくても、word や Excel、photoshop とか、年賀状ソフトはちゃんと使えるし、printer をつないで、文書や、Label Mighty で、Blueray disk の label を印刷することもできます。そして、インターネットに繋がっていなければ、ヴィールスに感染することも、情報を盗まれることもないのです。 インタネットに繋がっていないということは、web とは縁がないことです。インターネットに繋がっていなくても、Word や Excel など、現在私の

Read More

Twitter(ツイッター)はiOS、Android、ウェブのすべてのユーザーに、スペースの録音を聞くオプションを展開した。この最新の動きにより、同社のスペース機能は、従来のポッドキャストに近いものとなり、ユーザーはライブ放送終了後に会話を聞くことができるようになった。この新機能は、Clubhouse(クラブハウス)が、ユーザーがライブルームを録画して後で共有できるリプレイオプションを導入したことを受けたものだ。 また、Twitterは一部のホストに対して、iOSおよびAndroid上でスペースを録音する機能を提供している。この機能は、10月に開始されたスペースの録画機能に続いて、iOSの一部のホストにのみ提供されていた。 Some updates on recorded Spaces: ▪️ The option to record a Space is available for some hosts on […]

Read More

「ゲーミングブラウザって何、と思うかもしれませんね」。「Opera」(オペラ)のプロダクトマネージャー、Maciej Kocemba氏は、Opera GXを紹介するビデオの冒頭でこう語りかけている。その通りだ。私がこのコンセプトを聞いて初めに思ったのは、これはリモートゲームストリーミングのGoogle Stadiaに似た何かだろうということだった。 ゲーミングブラウザとは、少なくともOpera GXに関しては、PCでゲームを楽しむ人向けのブラウザだ。ゲームそのものの重い処理をこなすブラウザではなく、プレイ中に使うブラウザとしてシステム条件を最小限にしようとしている。 このブラウザのメインの機能はGXコントロールパネルで、ユーザーはここでブラウザに割り当てるCPUやメモリを設定できる。これにより、例えばゲーム中に「Twitch」のコンテンツをストリーミングしてもコンピュータの動作が遅くなることはない。 米国時間6月11日、E3での発表に関するリリースの中でKocemba氏は次のように述べている。「ゲームの動作は、マシンに負荷をかけることが多い。プレイ中のストリーミングではなおさらだ。Opera GXが登場するまでは、ゲームの動作が遅くならないようにブラウザを終了しなくてはならないことが多かった。我々はGXコントロールの機能により、Webの活用をあきらめなくてもゲームがスムーズに動くようにした」。 もうひとつの大きなポイントはTwitchの統合だ。ユーザーはブラウザのサイドバーから直接Twitchにログインできる。フォローしているストリーマーがオンラインになったときに通知を受けることもできる。ほかにも、ゲーム用コンソールのようなサウンドとアニメーション、カスタマイズ可能なデザインなどの特徴がある。 ギミックっぽいと思うかもしれないし、実際そうかもしれない。興味があれば、早期アクセス版を試すことができる。 [原文へ] (翻訳:Kaori Koyama)

Read More

今回は、4月13日に発売された「Xperia Tablet Z (SGP311JP/B)」の開封編をお送りします。 ↑↑写真は、SONYさんの「Xperia Tablet Z (SGP311JP/B)」でございます。※“SGP311JP/B”はWi-Fi版となり、ストレージ容量が16GBのブラックモデルです。 なお、16GBモデルはソニーストア限定販売となります。 価格は52800円です。 ドコモさんから2013年3月22日に発売された「Xperia Tablet Z」(SO-03E)と基本的には同じ仕様ですが今回レビューする「Xperia Tablet Z」は3G/LTE(Xi)通信には対応せず、Wi-Fiのみの通信となるモデルです。他にも、ドコモサービス(アプリ)、ワンセグ、モバキャス(NOTTV)、アプリ終了機能、NFC簡単起動 Widgetなどが「Xperia Tablet Z (SGP311JP/B)」 “Wi-Fiモデル”では省かれています。これらの機能が不要と思う方は、Wi-Fiモデルをオススメします。 ドコモロゴも省かれていますし(笑) docomo 「Xperia Tablet Z」(SO-03E)の展示機レポートはコチラ↓↓Sony Mobile 「Xperia Tablet Z」 レポート0 展示レビュー編 (その2)Sony Mobile 「Xperia Tablet Z」 レポート0 展示レビュー編 (その1) 「Xperia

Read More

Intel(インテル)は、4年以上前に150億ドル(約1兆7000億円)で買収した先進運転支援・自動運転関連の子会社であるMobileye(モービルアイ)を、2022年に上場させる計画をしている。 Mobileyeを独立した上場企業にすることで、Intelの株主の価値を高めることができると、この親会社は月曜日(米国時間12月6日)遅くに発表した。ある関係者がTechCrunchに語ったところによると、IPOには約6カ月かかる見込みで、このスケジュールは、一般的なIPOロードショーのプロセスをまだ開始していないことを示唆している。 IntelがMobileyeの株式を上場する計画に詳しい関係者は、Reuters(ロイター)に対し、このユニットの評価額は500億ドル(約5兆6800億円)以上になる可能性があると述べた。The Wall Street Journal(ウォール・ストリート・ジャーナル)は、IntelがMobileyeの株式を売却する意向であることを最初に報じた。 同社の声明によると「IntelはMobileyeの過半数の所有者であり続け、両社は戦略的パートナーとして、自動車分野におけるコンピューティングの成長を追求するプロジェクトで協力していきます」とのことだ。 Intelは、過半数の所有権を保持し、スピンオフや売却の意図はまったくないとしている。IPOに関する最終的な決定はまだ必要で、市場の状況に左右されるが、Intelは過半数の出資者として、今後もMobileyeを完全に統合していく方針のようだ。 MobileyeのCEOであるAmnon Shashua(アムノン・シャシュア)氏は、引き続き同じエグゼクティブ・チームを率いることとなる。同社によると、LiDARやレーダーの開発に携わるIntelのチームは、最近Intelに買収されたイスラエルの旅行計画アプリ「Moovit(ムービット)」と同様に、Mobileyeの下で連携することになるという。 「IntelによるMobileyeの買収は大きな成功を収めています。Mobileyeは前年比で記録的な収益を達成しており、2021年の収益は2020年比で40%以上の増加が見込まれています。これは、両社の継続的なパートナーシップによる強力な利益を強調するものです。アムノン氏と私は、IPOがMobileyeのイノベーションの実績を構築し、株主に価値をもたらすための最良の機会を提供すると判断しました」。と、IntelのCEOであるPat Gelsinger(パット・ゲルシンガー)氏は声明で述べている。 シャシュア氏によると、2017年の買収以来、Mobileyeは年間のチップ出荷量、売上高、従業員数を3倍にすることができたという。 「Intelとの提携は、Mobileyeに貴重な技術リソースとサポートを提供し続けており、それが強力な収益をもたらすとともに、現在の収益からAV(自律走行車)開発作業に資金を供給できるフリーキャッシュフローをもたらしています」。とシャシュア氏は述べている。 このニュースは、Mobileyeがレンタカー大手のSixt(シクスト)と提携し、2022年にドイツでロボットタクシーのサービスを開始することに合意してからわずか数カ月後に発表された。2021年、Mobileyeは、自律走行車のテストプログラムをニューヨークを含む米国、欧州、アジアの複数の都市に拡大し、30社以上の自動車メーカーで41件の先進運転支援システムプログラムを新たに獲得したと述べている。また、2028年までにUdelv(ユーデルブ)とともに、目的別の無人配送車を3万5000台にする計画で、2023年にはサービスとしてのモビリティプログラムの複数の案件を獲得している。 画像クレジット:Mobileye, Intel [原文へ] (文:Rebecca Bellan、翻訳:Akihito […]

Read More

旬もすぎた感もするけど松たか子ブスか否か 1977年生まれだから30才超えになってしまった。 わたしが、ドラマで最初に彼女の顔に遭遇したのが『ラブジェネレーション』 当時、一世を風靡したドラマ。定番の月9、この中で最高視聴率を打ち立てた。 視聴率、とるぞぉって意気込んでる様がありありと見られたが、ひとまずチャンネルを合わせた。大滝詠一が歌う『幸せな結末』が流れ トレードマークか?クリスタルガラスで出来た林檎   幸せな結末(主題歌) 97年のヒットドラマ「ラブジェネレーション」の主題歌として大 ヒット  キムタクのロン毛が 懐かしいワンシーン はっきり言って、そう熱心に観てはなかった。私的には受けなかった。 プリプリの松たか子の頬 うーん 特別綺麗って訳でもなく、そうかと言って何処が悪いって造作もない。メーキャップを濃くしたら、もっと印象が違って見えただろうが、ナチュラルメークの彼女は清楚に見えた事はたしか。  チョイ役の藤原紀香がキムタクの彼女役でケバイ服装、メーキャップで出演していた。当時のイケイケ女性タイプ。 最近、HPでもお目にかかった文章、松たか子はブスだ! 周りの男ドモからちらほら聞こえる声 ブスの方じゃないか!  そう聞こえてくると別段、女性のタイプとして好きじゃなかったが、そこまで貶すぐらいの顔かな?とも思える。 女性の顔は化粧、ヘアースタイル、服装で別人になる。顔立ちから考察すると一つ一つパーツを見ても 決してコレと言って醜いところがない。 私の独断的見解 判断値 10が最高として7は取れると思ってる。 トップの画像は韓国サイトが松たか子の整形疑惑をUPしたものだが、画像に手を入れてる。学生時代のお洒落っ気のない松たか子を見ても、ブスとは思わない。メーキャップした女学生の顔と比べてはならない。

Read More

NASAが1969年に月面着陸に成功する前には、数多くの調査ミッションが行われた。アポロ10号もその1つであり、実際の着陸を除くあらゆる模擬ミッションが実施された。宇宙飛行士のトーマス・スタッフォード氏とユージン・サーナン氏はアポロ10号ミッションで、NASAが「スヌーピー」というニックネームを付けた月着陸船で月面直前まで接近し、任務完了後に着陸船を宇宙に放った。 スヌーピーを地球に戻す意図はなかった。飛行士たちが作業を終えて宇宙船の司令室に戻ったあと、月着陸船は太陽を回る月よりも遠い軌道に送り出され、NASAがその軌跡を追うことはなかった。スヌーピーを発見するプロジェクトは、Nick Howes氏率いる英国のアマチュアたちのグループによって2011年に始められた。現在同グループは「98%の確度で」位置を確認したと主張しているとSky Newsが伝えている。さらにHowes氏は、もし位置が特定できればElon Musk氏のような人物が回収して重要文化遺産とし保存できるかもしれないと思いを巡らしている。 アポロ10号はNASAのアポロ計画で4番目の有人ミッションで、月着陸船を月面から8.5マイル(13.7km)以内まで飛ばす計画があった。テストは着陸船が最終着陸シークエンスでパワードディセント(ロケット推進力を利用した下降)を実行する直前まで行われた。「ピーナッツ」のテーマに合わせて、同ミッションの司令室は「チャーリー・ブラウン」と呼ばれた。 注目すべきは、このミッションに使用された燃料タンクには月面から戻ってくるための燃料が入っていなかったことだ。これは、テスト飛行中の宇宙飛行士が、アポロ11号のニール・アームストロング氏とバズ・オルドリン氏に先んじて、最初に月面を歩いた人類になろうとした場合に備えて課せられた意図的な制約だった。 [原文へ] (翻訳:Nob Takahashi / facebook )

Read More

Amazonは米国時間12月7日、まだ自立した生活をしているものの、さらなるサポートを必要とする高齢者を介護する家族を対象としたサブスクリプションサービスAlexa Togetherの正式な開始を発表した。この機能は、同社の2021年秋のイベントで初めて紹介されたもので、Amazonの既存製品Alexa Care Hubを拡張し、月額19.99ドル(約2200円)または年額199ドル(約2万2000円)のサブスクリプションサービスとしてパッケージ化したものだ。 関連記事:アマゾンが高齢者介護のサブスクサービス「Alexa Together」を開始 Alexa Care Hubは、家庭内のAlexaデバイスを高齢の家族を介護するためのツールにするという、同社の最初の試みだった。そのサービスには、家族が年老いた両親やその他の大切な人を(本人の許可を得て)見守り、例えば家族が助けを求めた場合などに、特定の行動に反応するような機能が含まれていた。 Alexa Togetherは、Care Hubの機能を拡張したもので、緊急時のヘルプラインへのアクセス、転倒検知対応機能、家族が高齢者のデバイスの設定を管理できるリモートアシストオプション、愛する人がAlexaや他のスマートホームデバイスを使っているときに通知したり、普段の活動が滞っているときに通知したりすることができる家族向けのアクティビティフィードなどを備えている。 これらの機能は、有効にするには、双方が一緒にサインアッププロセスを完了する必要があるオプトイン・コンセント型の環境で使用されるように設計されている。 一度設定すれば、高齢者の方が緊急時の助けが必要な時に「Alexa、助けを呼んで」と声をかけることができる。すると訓練を受けたエージェントが、警察や消防、救急車などを、他のホームセキュリティシステムと同じように、その場所に派遣することができる。しかし、Alexa Togetherシステムは、カスタマーが緊急支援を必要としているかどうかを検知するために、Assistive Technology Service(アシスタント・テクノロジー・サービス)やVayyar(ヴァイヤ)のサードパーティ製デバイスと連携することができる。 Vayyar Care(ヴァイヤ・ケア)は、転倒を検知することができる壁に取りつけるセンサーで、ATSのSkyAngelCare(スカイ・エンジェル・ケア)は、高齢のカスタマーが首から下げる転倒検知ペンダントだ。SkyAngelCareはペンダントのボタンを押すと検知できるように、どちらも転倒を検知する。Amazonによると、Alexa Togetherには今後さらに多くのデバイスメーカーが追加される予定だ。 […]

Read More

米国証券取引委員会(SEC)は、Tesla(テスラ)が太陽電池パネルシステムに火災リスクがあることを株主に開示していなかったという内部告発者の疑惑を受け、同社に対する調査を開始した。 Reuters(ロイター)の報道によると、この告発はテスラの元従業員であるSteven Henkes(スティーブン・ヘンクス)氏によるもので、同氏は2019年に米国証券取引委員会に告発状を提出している。この調査が明らかになったのは、ヘンクス氏が当初の内部告発を申し立てた結果について、情報公開法に基づく要求を委員会に提出したためだ。 SECはヘンクス氏に何の記録も提供していないものの、9月24日付けの書簡で「あなたが記録を求めている調査はまだ有効であり、進行中である」ことを認めた。SECはTechCrunchの問い合わせに対し「調査の可能性の有無についてはコメントしない」と述べている。 ヘンクス氏は告発状の中で、テスラと同社が2016年に買収した子会社のSolarCity(ソーラーシティ)が、火災の原因となり得る欠陥が見つかった電気コネクタのことについて、顧客に知らせていなかったと主張している。 LinkedInのプロフィールによると、ヘンクス氏は約4年半にわたってテスラに勤務した後、2020年8月にテスラを解雇されている。解雇される前、同氏は現場の品質管理者だった。また、ヘンクス氏は以前、Toyota North America(北米トヨタ)で品質開発および計画を担当するマネージャーとして働いていたことがある。 ヘンクス氏はその後、テスラを不当解雇で訴え、解雇は安全上の懸念を提起したことへの報復だと主張した。訴状によると、ヘンクス氏はSECに懸念を告発する前に、テスラに火災の危険性を通知していたという。 テスラのソーラーパネルで安全性に関する問題が明るみに出たのは、今回が初めてではない。2019年には、Walmart(ウォルマート)の7つの店舗に設置された屋上のソーラーパネルシステムから火災が発生したとして、契約違反と重過失の疑いでテスラはウォルマートから訴えられた。それから3カ月後に両社は和解に達し、ウォルマートは訴訟を取り下げた。 関連記事:ウォルマートがソーラーパネル火災でテスラと和解 また、Business Insider(ビジネス・インサイダー)は、テスラがコードネーム「Project Titan(プロジェクト・タイタン)」と呼ばれる大規模なプロジェクトを実施し、欠陥のあるソーラーパネルのコネクターを交換していたことを暴露した。 テスラはまた、別の連邦規制機関からの安全性に関する調査にも直面している。米国運輸省道路交通安全局(NHTSA)は、テスラの先進運転支援システム「Autopilot(オートパイロット)」が作動していた際に発生した事故について調査を行っているところだ。 画像クレジット:Tesla [原文へ] (文:Aria Alamalhodaei、翻訳:Hirokazu Kusakabe)

Read More