インド最大のフィンテック巨人であるRazorpay(レーザーペイ)は、企業価値を4月の30億ドル(約3404億円)から75億ドル(約8511億円)へと2倍以上に増やし、急成長を見せつけるとともに積極的に提供サービスを拡大している。 現地時間12月19日夜、インドの決済サービスで市場をリードするベンガルール拠点のスタートアップは、シリーズFラウンドで3億7500万ドル(約426億円)調達したと発表した。今回のラウンドは、同社がこれまでに調達した総額を超える資金をもたらすもので、Lone Pine Capital、Alkeon Capital、およびTCVの3社がリードした。 最新ラウンドには既存投資社のTiger Global、Sequoia Capital India、GIC、およびY Combinatorも参加した。これまでの7年間で総額7億4000万ドル(約840億円)を調達したとRazorpayは述べている。 Razorpayは、中小企業や大企業の決済受付、処理、支払いを行うサービスを提供している。同社はネオバンキングプラットフォームも運営しており、そこでは企業向けにクレジットカードの発行や運転資金の貸付を行っている。他に90以上の通貨に対応した海外決済ゲートウェイも提供している。 その他同社が企業に提供しているサービスには、納税手続き支援、メールやインスタントメッセージで送付できる決済リンクの生成、さまざまな支払い方法に対応した自動更新サブスクリプションプラン、バーチャルアカウントとUPI IDを使った取引の自動照合などがある。 Razorpayが提供しているサービスは、インドではほぼ無名の国際決済の巨人Stripeと類似している。ここ数年同社は東南アジアのいくつかの国にも進出している。 Razorpayの取扱高は年間600億ドル(約6兆8084億円)に上り(2019年は50億ドル[約5674億円]だった)、800万社を超える顧客企業の中には、Facebook(フェイスブック)、Swiggy(スウィッギー)、Cred(クレド)、National Pension System(国家年金機構)、Indian Oil(インド石油)らがいる。2021年インドでユニコーンになったスタートアップ42社中、34社がRazorpayを利用している。 「当社の決済事業は伸び続けています。過去1年半に、ネオバンキングと融資に関する命題も達成しました」とRazorpayの共同ファウンダーでCEOのHarshil Mathur(ハーシル・マトゥール)氏はインタビューで語った。 […]

Read More

昔の親は、子供がワルで言うことを聞かないと「サーカスに売るぞ!」と脅したものだ。 年配者なら経験のある人は多いだろう。 私の母は、浦和に木下サーカスの小屋がかかった際、私を連れて行ってくれた。 空中ブランコでは、若い女性が見事な演技を見せてくれた。 母は言う。 「ああして、笑っているけど・・・本当はつらいのよ・・・」 当時サーカスの子供は、人さらいや売られてきた子で、親方がその子たちを鍛えて、それはそれは悲惨な日々を送っているのだと教えられた。 子供心にも、「売るぞ!」と親が恫喝すると、震え上がったものだ。 昔の子供は純情だったんだなぁ・・・・。

Read More

BB戦士シリーズNo.75鳳凰頑駄無です。発売は1991年。価格は500円。製作は2016年7月です。(2機目) 【キャラクター解説】 「SD戦国伝 天下統一編」に登場する、頑駄無軍団三武将の一人。後の初代頑駄無大将軍。 伝説の三武将の神器「天の鎧」を継承した若き武者。暗黒軍団を討ち、世界を救うべく、弟の雷頑駄無と共に旅を続けていました。 戦闘力の高まりにより、「天帝の神器」が出現、「天神剣」による必殺技「海嘯斬り」を放ちます。 黒魔神との決戦前夜、天・雷・地の3つの鎧の力を受け、鳳凰頑駄無は初代頑駄無大将軍へと出世を遂げるのでした。 【キット解説】  「天下統一編」シリーズ第2弾。ボールジョイントを採用した新型ポリキャップ「PC-15」を使った初のキットであり、それに伴い体型も従来のキットよりも大型化されています。 鎧の着脱により軽装タイプに。天帝の神器は刀の着脱、天導翼の可動といったギミックを搭載します。兜飾りはメッキパーツで再現。付属武器は天神剣、羅武駄(ラムダ)。 【アクション・ギミック】 天帝の神器に収納されている天神剣の着脱が可能。 専用銃の羅武駄。この時点ですでに大将軍感があります。スプリングギミックで弾丸を発射します。弾数は6発。 天帝の神器は着脱可能。翼が可動します。 軽装タイプ。 キット内容一覧。 【塗装ガイド】 ゴールド部・・・ゴールドシルバー部・・・シルバーレッド部・・・レッドグリーン部・・・アイグリーングレー部・・・グレーホワイト部・・・SEEDホワイト天の心眼石・・・三国伝メタレッド シール・・・「A,K,L,Q,R,V」を使用。製作時間・塗装135分+スミ入れ30分+組み立て30分=合計3時間15分。 【昨日までに見たアニメ】105話 ガァルル、目覚めるでちゅーっ!!2話 灰色兎と灰かぶり姫映画プリキュアオールスターズ みんなで歌う♪奇跡の魔法!16話 再会、父よ? ▼手染め京友禅和柄クールドライTシャツ「有職鳳凰」【販売累計3000枚以上】【最大5L/UVカット97%以上/京都壬生堂/手染/オリジナル/送料無料/日本】●和柄カジュアル工房 京都壬生堂ギフト対応(詳しくはこちら) 大切な方へ贈るお祝いやプレゼントに最適なギフト対応を承ります。 各商品 楽天市場 by aminaトライバルのれん☆カッコイイ鳳凰デザインのれんチャイハネ☆[ゆうメール]送料無料メール便送料無料=アジアンのれんで玄関 キッチンおしゃれ目隠し暖簾で和室 廊下の間仕切り/タペストリー(アジアンインテリア)アジアン雑貨・布・家具ゴアガジャアジアン エスニック ノレン☆トライバルのれん 伝統的な民族系紋様のトライバル柄のれん。 近代的なア 楽天市場 by (ファンタジー) TheFantasy タトゥーシール タトゥーシール 火の鳥 鳳凰 wqa39 【大型・A4】The Fantasy【コンビニ受取対応商品】特典情報: 1、2500円以上のご購入⇒ゆうパケット 送料無料 2、5000 楽天市場

Read More

アポロ11号の月面着陸から50周年を迎えたNASAは、今さまざまな方法で祝っている。その中には、世界中どこにいようと、スマホさえあればだれでも体験できるものもある。NASAのARES(Astromaterials Research & Exploration Science=宇宙材料研究探査科学)部門は、史上初めて採取された月の土と石の詳細な3Dモデルを公開した。それは人類として初めて月面に降り立った宇宙飛行士、ニール・アームストロング氏が持ち帰ったもの。 このリンクをスマホで開けば、月の石をその場でいじってみることができる。3Dモデルがブラウザー上に表示されるので、タッチ操作で回して向きを変え、いろいろな角度から見ることができる。そのディテールは驚異的なレベルだ。ARESによれば、実際に「研究グレード」のものだという。これは、ARESが保管している大量の月と南極隕石のサンプルを、研究、教育のために、より多くの人に公開しようという大きな取り組みの一貫なのだ。 これらの3Dモデルは、超高解像度の写真から生成されたもの。現物を240通りの角度から、最大100メガピクセルのカメラで撮影し、30〜60ミクロン(人間の髪の毛の太さよりも細かい)の分解能を達成している。 そして、これはほんの入り口にすぎない。コンピューターによる画像処理によって、正確な体積と、材質に関する情報も得られる。さらに、X線を使った処理によって、実際にサンプルを切断することなく、断面の画像を生成することも可能だ。こうして、できるだけ多くの正確な情報を引き出している。 もし今スマを持っていなくても、たまたま3D赤青メガネを持っているなら、以下の画像から眼を見張るようなディテールを読み取ることができるはずだ。またNASAは、月の岩石サンプルの研究室を初めて地質学者に開放しているので、その場で直接現物を調査することができる。これまでは長年厳重に非公開で保管されてきたものだ。 [原文へ] (翻訳:Fumihiko Shibata)

Read More

AIを活用した観光分野向け顧客対応プラットフォーム「talkappi」(トーカッピ)を開発するアクティバリューズは12月20日、第三者割当増資による1億5620万円の資金調達を実施したと発表した。引受先は、ジャフコ グループ運営の投資事業有限責任組合。累計調達額は2億2000万円となった。調達した資金は、talkappiの機能強化とエンジニアをはじめ人材採用にあてる。 talkappiは、旅マエ〜旅ナカ〜旅アトのあらゆるシーンで、24時間、質の高い顧客対応が可能な顧客対応SaaS。新規・リピーター客の獲得にも貢献するものとして、ホテル・旅館・観光自治体・商業施設など国内350施設以上に導入済みという。2022年春までに導入先は500施設に到達する見込みとしている。ホテルモントレグループ、ホテル京阪チェーン、東急ホテルズ、チョイスホテルズジャパン、クラブメッドなどの宿泊施設、また沖縄県、高知市、大阪観光局、奈良市観光協会、横浜観光コンベンション・ビューローなどの観光自治体が導入しているそうだ。

Read More

■記者会見場(動画用1920×1080)__2021/12/30追加 机(マイク)–イス–背景 ↓↓2014年作↓↓ —————————————————————————- ■サイズ2種類(800×600、1920×1200)あります。 (800×600サイズは縮小せず元画像の中央をそのまま切り抜きしたものです) ■記者会見場です。 表示法は 手前(机/マイク)–キャラ–後ろ背景 になります。 ■800×600 記者会見場 使用例 記者会見場 後ろ背景 記者会見場 手前(机/マイク) ■1920×1200 記者会見場 使用例 記者会見場 後ろ背景 記者会見場 手前(机/マイク)

Read More

NASAによる50周年記念は過去の偉業の見返しにとどまらず、2020年6月以降に予定されているアポロプログラム以来となる、Orion宇宙船が月周辺を飛行する最初の旅の準備が整ったことを認めた。 Orionの最初の月ミッションでは宇宙飛行士を乗せないかわりに、Artemis 1の一部としてSpace Launch System(SLS)ロケットを利用し、6日間の月周辺飛行を含む合計3週間を宇宙で飛行し、地球へと帰還する。帰還後は大気圏への高速再投入に関する重要なテストを実施し、2022年にArtemis 2で宇宙飛行士を輸送するためのOrionカプセルの耐熱シールドの効果を検証し、最終的には2024年のArtemis 3にて月面に人類を再び立たせる予定だ。 これはOrionにとって最初の宇宙飛行ではなく、2014年にExploration Flight Test 1が行われ、無人のカプセルが打ち上げられ4時間宇宙を飛行し、地球を2周したあと地上へと帰還した。このミッションではSLSではなくDelta IVロケットが利用され、Artemis以前の重要なシステムのテストが実施された。 アポロ月面着陸の記念日に完成した、ロッキード・マーティンによる月へのArtemis 1ミッション用のオリオンカプセル NASAの契約企業でOrionの製造を担当するロッキード・マーティンは、結合されたクルーモジュールとサービスモジュールが適切に統合されたことにも言及し、打ち上げの最終準備を始めるために年末までにフロリダのケネディ宇宙センターに戻る前に、一連のテストが実施される予定だ。 [原文へ] (翻訳:塚本直樹 Twitter)

Read More

盗作した詩を各種コンクール・新人賞に応募しまくっていた秋田の女子中学生の事件について、2度目の言及になります 昨年行われた柳川同市主催のコンクール「白秋献詩」でもこの女子中学生は最優秀賞「文部科学大臣賞」を受賞していますが、これも盗作が露見し賞を取り消されています このコンクールでは今年も彼女の応募作品が「福岡県知事賞」を受賞してますが、こちらも盗作だったのでしょう。明るみに出ただけで4件目の盗作です 「盗作」の中3少女、福岡と前橋の詩コンクールでも賞取り消し http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/101019/crm1010192008025-n1.htm コンクールに応募したものの入選しなかった作品もあるのでしょうから、女子中学生が盗作してコンクールや新人賞に応募した詩は数十編になると思われます つまり前にも書いたように「出来心でやった」レベルではなく、常習的に盗作を繰り返していたと断じてしかるべき状況です コンクールによっては学校名、指導教諭の名前まで公表されているものがあります 指導教諭となった人物を責めるのは酷かもしれませんが、盗作の可能性に気がつかなかったのでしょうか? 日常的に接しているからこそ、教師はこの女子中学生の心情の揺らぎ・変化に気がつかなかったのかもしれません 女子中学生がコンクールに応募した作品はパクリ元の詩のタイトルそのままだったりします。タイトルで検索すればパクリ元がすぐに割れるのではないかと、幾つかの検索サイトで試みましたが、すぐには見つかりませんでした プロである出版社も盗作が容易に見抜けなかったのは無理からぬところなのかもしれません 現代詩に詳しい人物の指摘では、作者がやすやすとその心情を吐露するような詩、いわゆる感傷を前面に出すような詩は現代詩として決して高く評価されない、との話です この女子中学生の応募した詩は、どちらかと言えば心情を赤裸々に吐露するスタイルが多く、現代詩の評価基準からすれば論外のレベルになるそうです 審査する側からすれば、逆に赤裸々な心情を吐露するスタイルが新鮮に感じられたのかもしれません 柳川市主催のコンクールで文部大臣賞をとった詩は以下のとおりです 「葡萄」 一粒の葡萄が私の喉を通過してゆく 嗚呼、季節の間の匂いだ 滲んでいく夏と浮かび上がる秋の匂いだ 艶やかな甘酸っぱさに わたしは秋の切なさを感じた気がした そしてわたしは透き通る緑に つるりとした夏を見た気がした                                (甘いだけの果実じゃないのです) そう、 甘いだけの感傷はないのだ 私は葡萄の甘酸っぱさを 壊さぬようにするりと飲み込んだ もちろんこれもパクリです。タイトルも詩形もそのままであり、とても原作へのオマージュだとかリスペクトと呼べるようなものではありません さて、なぜ盗作を繰り返したのかについて考えてみましょう 本人がその動機を明確に説明できる可能性は皆無ではありませんが、説明できたとしてもそれが事実かどうかは疑問が残ります つまり万引きをする女性がその動機を説明できないのと同じです。「商品が欲しかったから」と言えばそれが動機のようにも見えます。しかし、万引きする女性は必ずしも本当に欲しい物を盗るとは限りません 何かを盗りたいとの衝動に駆られている場合があり、商品は何でも良かったりします 女子中学生の場合も、周囲から賞賛されたいとか、自分の存在を認められたいといった衝動に駆られていた可能性が考えられます そのための手段がたまたま詩だったのでしょう(他にも理由はあるのかもしれません) 盗作が露見されないよう偽装したいのであれば、詩のタイトルを変えたり、詩句の語彙を別のものに入れ替えたり、詩形を変えるといった方法があります しかし、判明しているところからすれば、そのような周到な偽装工作は見られません つまり詩作という行為自体にほとんど思い入れがなく、偽装してバレないよう工夫する意図もなかったと推察できるのですが、断言するほどの判断材料はありません 原作の詩をいじることに抵抗を感じていた可能性もありますが、同様にこちらも断言はできるだけの根拠はありません

Read More

実証試験システム概要図(赤字部分が今回の開発成果) 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は12月17日、「新エネルギー等のシーズ発掘・事業化に向けた技術研究開発事業」を通じ、プレキャストコンクリート・メーカーのベルテクスと、地中熱利用などの開発を行うエコ・プランナーとが、「ライニング地中熱冷暖房システム」を開発し製品化を果たしたことを発表した。 これは、地中熱を活用した冷暖房システム。従来は、地中に直径約160mm、深さ約100mの縦坑を堀り、U字に折り曲げた細い管を入れてケイ砂で埋め戻すという方式がとられていた。しかし、それには掘削コストなど膨大な経費がかかり、細い管に水を循環させて地中熱を採取するため採熱効率が低く、普及は進んでいなかった。 これに対して、ベルテクスとエコ・プランナーが、福井大学と共同で2016年から2020年の間に開発に取り組んできた地熱冷暖房システムは、縦坑の壁に樹脂製の袋(ライニング材)を密着させ貯水するという方式で、穴の深さは従来の半分の50mほどで済み、穴を掘る経費も半分で済む。地中熱冷暖房システムの経費のほとんどが、深い穴を掘ることに費やされているからだ。 この「ライニング地中熱交換器」方式なら、貯水による蓄熱効果と、穴の壁に密着させることにより採熱効果が向上する。さらに、エアコンの出力に合わせて熱源の循環水量を調整できる「熱収支制御ユニット」を組み合わせることで、熱交換効率は従来比で3割以上向上したという。またこのシステムを兵庫県加東市の事業所に実装し、消費電力を比較した結果、従来の空冷式エアコンに比べて、年間消費電力量が約50%削減できることも確認できた。 熱収支制御ユニット(プロトタイプ) ベルテクスとエコ・プランナーは、このシステムを発展させて地中熱交換器の設置コストや省エネ性能のさらなる向上をはかり、熱収支制御ユニットを搭載した水冷式エアコンの開発を目指すとしている。

Read More

[予想ネット]【アンケート】第23回!○○といえば… 今回のお題は『名前が「ひろし」の有名人といえば?』です。 「ひろし」と言えば、やっぱり「ヒロシです・・・」でしょ^^アンケートでも「ヒロシ」さん選んだし、オッズもやっぱり一番人気。 ということで、「ヒロシ」さんに1票! でも実は事前アンケート(?)では私は「舘 ひろし」さんって書いたんですよね。ちょうどTVで彼が出てるのを見た直後だったんで・・・(^^;オッズでも2番人気ですし、もしかしたら・・・ということもあるかもしれませんね。 以下、アンケートの選択肢にある「ひろし」さん達。簡単なプロフィールはこちら 阿部 寛 (あべ・ひろし) 俳優。 長身で二枚目ですが、「TRICK」などコメディ系で活躍してますね。 生島 ヒロシ (いくしま・ひろし) アナウンサー。 五木 ひろし (いつき・ひろし) 歌手。 内山田 洋 (うちやまだ・ひろし) 歌手。 小川 宏 (おがわ・ひろし) アナウンサー。 角川 博 (かどかわ・ひろし) 歌手。 かまやつ ひろし (かまやつ・ひろし) 歌手。 川口 浩 (かわぐち・ひろし) 俳優。 「川口浩探検隊」ってよく聞きますが、既に亡くなられてるんですね。 久米

Read More