お盆休み最終日の今日も炎熱地獄。XSR900のクーラント交換とジムニーJB64のミッションオイル交換のどっちかやってしまおうってことで道具が揃っていてシミュレーションも十分になされている後者を選択。 春くらいから準備していたような(;^ω^) 下がドレンボルト。上がフィラーボルト フィラーボルトは狭い場所にありますね 緩める時はスピナーハンドル+10㎜四角レンチが入ります 排出されたオイルはこんな感じ走行1000㎞なりの汚れですが ドレンボルトには鉄粉がびっしり きれいに除去します 液体ガスケットをボルトに塗布 ドレンボルトを23nで締めて 600mlのオイルシリンジの出番先っぽに耐油ゴムホースを付けます シリンジをオイルで満たして フィラーからゆっくり注入ノズルに残る分を考慮して1200mlを入れます フィラーは直接トルクレンチが入らずアダプターを噛ませます取説の計算式に当てはめて20nで 消耗度からすると次はリアデフその次がトランスファー、そしてフロントデフと順次交換してゆく予定。 いじり壊すにゃよ(=^・^=)!! 吉田拓郎-夏休みcover2012.8.12 

Read More

AURAの竜巻のピーちゃんが28日に亡くなりました・・・ 昨日深夜、友達からメールで訃報を知らされ先程、元ヘアーのヨウランに連絡取った所真実だと知り凄くショックを受けています・・・ ピーちゃんとの出会いは、僕がバンドをやっている時ホームグラウンドにしているLIVEHOUSEが一緒でお互いの存在は知っていたのですがDISTOMAとAURAは正反対の音のバンドだったので一回も喋った事が無かったです元気が出るTVの撮影の時に初めて喋ってから意気投合してどんどん仲良く成っていきました。 撮影の時は僕、ピーちゃん、ヨウラン(バーバラー)、ベアーちゃん、シンちゃん(ヘアーDr)と同世代で良く固まってお互いをチ○毛MANとか言ってふざけ合っていました。 お互いのLIVEに顔を出しては、飲みに行き僕が身体を壊してバンドを辞めた時も一番最初に声を掛けてくれて色々と心配してくれました。 バンドを辞めてから数回LIVEに顔を出しに行ったのですが元バンドメンバーや仲間に迷惑になると思い、LIVE行かなくなりましたLIVEに顔を出さなくなってから会ってなかったのですが、十年ぐらい前に偶然、下北沢でバッタリ会ってお互い満面の笑顔でハグして何年も会ってなかったのが嘘のようにバンド時代と変わらず、くだらない話で盛り上がりましたが残念ながらお互い用事があり、10分位の会話しか出来なかったですが凄く嬉しかったです。 その後、何年か前にバンド時代にお世話になった人の誕生日記念LIVEに顔を出した時、AURAも出演していたので会えるのを楽しみにしていたのですがその時、一時脱退していて会えずじまい・・・下北沢で会ったのが最後になってしまうとは・・・また一人バンド時代の友達が逝ってしまった・・・ 今、ピーちゃんとの色々な思い出を思い出しては泣いています。 ピーちゃん!もう一度会って色々と話したかったです。 謹んでご冥福をお祈り致します。 DISTOMA YUKI

Read More

特に作りたいものはないのですが、何か作りたいって思いはありまして…革もまだあるので… ということで、ちょっと大物…?中物?を…メディスンバッグを作ります。 メディスンバッグとは、ベルトにぶら下げるウエストバッグというか、ヒップバッグというかって感じのものです。昔インディアンが薬草を入れる為に腰にぶらさげていた袋が由来のようです。 まずはテキトー設計図から… …薄っ…見にくいデザインを考えるのに苦労しました。検索したらたくさん出てくるので、いろいろなものをパクり参考にしました。一応、他とは違ったオリジナルになったと思います(パクって小変更してオリジナルと言い張る…ボクは某国の人間ですか?) 工作用紙にちゃんとした寸法を考えながら書き込み、紙型を作ります。 紙型どおりに革を切ります。メイン部分は茶色の革をくりぬいて、黒い革に貼り付けています 2枚を貼り合わせる場合、曲がるところはシワになりやすいので、曲げて貼り付けます(なので、曲がったクセがついています)すごい苦労したのが、蛇腹状にしたマチです(上の写真の真ん中の棒状の2本)細長く切った革を水で湿らせてW形に折り、しばらく押さえつけます(もう1本はV形) 細いのを無理に折っているので指痛ぇ…もうちょっと薄い革ならやりやすかったんだけど… クランプで挟んで一安心、これで折れグセがつきます  ↓底のカーブに合うように曲げます 絶対無理…って思うほど大変でしたが、強引に曲げてクランプでギュッと挟んで押さえつけました  ↓ 本体に貼り付けます 曲げ位置がたいぶズレていたりもしましたが、無理矢理合わせて貼り付けましたあとは各パーツを順番を考えながら貼り付け、穴をあけ、縫っていきます。ボタンなど後から付けられない場合も先に付けておきます。 …で、完成!!(最初はちょっとずつ写真を撮っていましたが、途中で忘れてしまったので、いきなり完成です)                          ↑            考えながら試行錯誤で作っていると、つい写真なんか忘れてしまうのです 表 フタはマチの広がりで留める位置が変わるので、コンチョ(後述)にヒモを巻きつけて留める式にしましたヒモは最初に買った革の余りを細長く切って作りました 裏 下にボタンがあります← ベルトを留めているボタンを下のボタンに付け替えると、ランドセルになりますウエストモードになります でもホントは、、、まだ実際に装着したことがないので、どうなるかワカリマセン 中 中のポケットのフタはマグネットボタンにしました 苦労した蛇腹マチです 思ったよりいい感じに潰れてる…かな? ドクロのコンチョをつけましたちょっと趣味と違うのですが、コレが一番安かったんです コンチョとは金属製の飾りボタンのことですあまりコンチョは興味ないのですが、とにかく高いんですこんなボタン1個に700円とか800円とか平気でします なんでもいいからとにかく安いの…って探してたら、このドクロは250円で売ってました 穴あけの失敗もなく、いろいろと上手く出来ました。デザイン的にも、もっとダサいものが出来るかと思いきや、まぁ使えるモノになったと思います。 …え?イマイチだって??  いぃんだい!!ボクは満足なんだぃ!! ところで、何を入れるの???タバコは吸わないし、財布は肌身(ズボンのポッケ)から放すのはイヤだし…やっぱり本来の使い方通りに薬を入れて売り歩くのがいいのかな?「にぃちゃん、いいクスリあるよ~」って…          ↑         正露丸

Read More

見た瞬間に思わず、「ホントにいやがった!!」なんて声に出してしまいましたよ(笑) ドラゴンクエストⅪのヨッチ族集めに関し、非常に難航するのが体の色がシルバーというかメタルボディを持つメタルヨッチです。過去に公式で大掛かりなキャンペーンなどでメタル含む特殊なヨッチ族の配信などがありそれを利用すれば、とくに難しくもないのですが、ブームが過ぎてからドラクエⅪを始めた私にとってヨッチ族関連は非常に難易度が高く、それでいて熱中できる要素でもあります。 様々な称号獲得ですが、残るは4つ。その中でヨッチ族関連は2つで、そのうちの1つが「全ての種類のヨッチ族を村に送り込む」というものがあります。単色、二色、メタルと全部で15種類(柄ではなく色)いまして、二色ヨッチにも手こずりましたが、コツをつかんだおかげで時間はかかるけど難しくはなくなりました。そのなかで問題はメタルヨッチです。どのタイミングで見つける事ができるのか見当もつきません。 様々な情報を集めた結果、プレイ時間ごとにメタルヨッチが出現するタイムテーブルのようなものが存在してるようです(気づくのが遅いですが)。出現するタイミングも、500時間を超えたあたりから増えてくるみたいです。調べたら私のプレイ時間から一番近いタイミングとして「523時間30分、45分 ミルレアンの森奥 野良メタル」があるそうで、その時刻前に近くのキャンプ場でセーブしてから訪れてみたら、本当にメタルヨッチがいたのです!! 妄想なども含んでるデータという前置きをしていますが私の場合はその通りに発見する事ができました。この調査をされた労力を考えると頭が下がる思いです。「数値使用は構わないがリンクは貼らないでほしい」と書かれていたのでその通りにします。メタルヨッチ集めに関しては、「メタルヨッチ タイムテーブル」で検索してみて、その中で「〇〇の日記」(〇には当然文字が入る)というサイトを参考にさせていただきました。 30分の後、45分のタイミングで再度訪れたので同じステータスのものを2匹捕獲できました。いや~、本当に嬉しいです。これも某サイト様のおかげで本当に感謝しております。また、配信に頼らず自力(?)で集められた事が本当に嬉しいです。 これで残るヨッチ族は、イエロー×グリーンの2色ボディ1体を残すだけとなりました。これはそれほど苦労しないで集められそうです。さあ、残す称号は実質、ヨッチ族の帽子だけとなりました~!!

Read More

バキュームフィットを履き続けて10年、4足目になります。もうこれ以外は履けないスキーヤーになりました。途中、浮気をしたこともありましたが、ひどい目に合いました…。頼りきっています。 今年は異例でカスタムフェアで現物を見ずにカタログだけで発注したので、現物を手にするのは初。 ソール長307mm。RC4 CURVからRC4 PODIUMで型が変わったのでしょうか、同じサイズなんですが、2mm長くなりました。 ラストも1mm狭いですね。 インソールを作ってもらいました。在庫限りのシダスのメリノウール。履きやすさ・脱ぎやすさがあって、蒸れにくく快適なメリノウールの復活をお願いします、シダスさん。 インソールだけで、すぐにバキュームフィット加工は出来ない足です。インナーブーツのふくらはぎ部分の綿抜きを依頼。ふくらはぎも太くブサイクなので、そのままだと前傾過多になってしまう対策。登山靴の補修が出来る石井スポーツしかできない改造です。 神田のコンペカンでのバキューム施工はもうしばらくお預け。 FISCHER(フィッシャー) スキー バッグ チームトラベラー93 TEAM TRAVELLER 93 ブラック×イエロー Z00116

Read More

ケニーランキン(Kenny Rankin )1940年生まれロスアンゼルス出身、ニューヨークで育ち2009年死去、享年69歳ヴォーカリスト(ポップス、ジャズ、ボサノバなど幅広い)ニューヨークのハーレムのワシントン・ハイツで生まれ。ヒスパニック系移民が多く住むこの街でラテン音楽や黒人達のコーラスに影響をうけ共に演奏するようになったという。1957年デッカより、1960年まで7枚のシングルをリリース。1961年から1963年まではあのテディ・ランダッツォ(リトル・アンソニー&インペリアルズやロイヤレッツなどの名盤を送り出したアレンジャー&プロデューサー)と共に活動。1963年から1966年はCBSレコードと契約シングルを6枚、妻のイヴォンヌとのデュオ名義のシングルを2枚リリース。1964年頃からディオンやジョン・セバスチャンと交流 、フォーク、ジャズ、ボサノバなどをミックスした独自のスタイルが評判。1964年にはオリジナル曲”In The Name Of Love”をペギー・リーが、1965年には”Haven’t We Met”をメル・トーメやカーメン・マクレエなどのジャズヴォーカリストが取り上げれるようになる。1965年にはボブ・ディランのアルバム「Bringing It All Back Home」にリズム・ギターとして参加。1967年マーキューリーレコードへ移籍。いよいよアルバムをリリース。デビュー・アルバム「マインド・ダスターズ」(1967年)、セカンド・アルバム「ファミリー」(1969年)、この時期ドラッグに溺れ、リハビリで見事克服。心機一転、カリフォルニアへ移り住む。1972年、新しく設立されたレコードレーベル・リトル・デイヴィッドから「ライク・ア・シード」をリリースし見事復活、そして1974年にはこの「シルバー・モーニング」、1975年には「インサイド」、1977年には「愛の序奏(ケニーランキンアルバム)」をリリース。1980年に「After the Roses 」をリリース。1988年に「Hiding in Myself 」をリリース。 その後のアルバムは以下を参照 Because of You 1991年 Professional Dreamer 1995年 Here in My Heart 1997年 Bottom Line Encore Collection 1999年(ライブ盤) A Christmas

Read More

1 カープの優勝パレードをみてきました!!   なんと31万人ものひとが平和大通りに集まったそうです。  ほんまにどこに今まで皆さんいたの!?(笑)  目を白黒させてしまう混雑でしたが,街全体の一体感が感じられる時間でもありました。  来年も頑張れー!!   さて,久しぶりにブログを更新することとしますか!!   本日の話題です。 2 偶には・・・  日頃,法律の話題しか書いていませんから,今日は少し別の話題を書きますね♪。  とはいえ,肩の凝る話で,すみません(笑)。  ご存じの方も多いかもしれませんが,「オメラスから歩み去る人々」というお話しです。  このお話は,僕が,ある出来事をきっかけに,実はここ何年かずっと考えているテーマなのです。 3 「オメラスの住民」  「オメラスから歩み去る人々」という作品は, 『ゲド・戦記』で有名なアーシュラ・K・ル・ヴィンという作家の『風の十二方位』(ハヤカワ文庫)という短編集にあるものです。ご存知の方も多いかもしれません。  この作品では,「オメラス」という理想郷の住民の姿を,要旨,次のように描いています。  —————————————————–  幸福と祝祭に包まれた美しい理想郷「オメラス」。その住民たちは,精神的にも物質的にも豊かな暮らしをし,子ども達はみんな慈愛を受けて大人になる。誰もが憧れる理想郷。  しかし,その平和と繁栄は,唯一つの犠牲によって支えられていた。  「オメラス」には薄暗い穴蔵(地下牢)があって,そこにやせ細った裸の子どもが座らされている。ほとんど光の差し込まない薄暗い湿った部屋で,以前は母親と引き離されたその日を思い浮かべ「おとなしくするから出して。おとなしくするから。」と叫んでいたその子どもも,今では「えーはぁ」,「えーはぁ」といったかすかな鼻腔の音を出すだけで,口をきかなくなっている。  オメラスの住民たちは,その子供がそこにいなければならない訳を知っている。  自分たちが享受する幸せ,美しさ,健康,知恵,生活を潤わせる技術,豊かさ,温暖な気候,その全てが,その唯一つの犠牲によって成り立っていることを知っているのだ。  それを初めて知ったとき,善良なオメラスの住民たちは,怒り,嘆き,悲しみ,罪悪感に苛まれ,それを救う方法がないか真剣に考えた。  しかし,そのうちに,次第に自らの無力さを知り,その現実を受け入れていくようになる。  そして,その唯一の犠牲のことを言葉にさえしなくなった。まるで,そのことに背を向けるように。  その代わり,オメラスの住民たちは,他人の子どもを自分の子どものように慈しみ,豊かな暮らしを築き続けた。自分たちもあの子どものように自由でないことをわきまえ,自らが無力であることを知り,その罪悪感を消すように。  —————————————————–  貴方はこれを読んでどのように感じられたでしょうか?  ル・ヴィンは,この理想郷を今我々が暮らしている現実の世界のこととして問いかけます。  我々の生活の豊かさ,利便さ,組織の維持・繁栄。そういうものが誰かの犠牲によって成り立っているものであることを知っているのかと。そして,我々が人に思いやりを持てるのだとすれば,その犠牲と引換えに日常を楽しむのがいかにおぞましいことかを悟る感情を有しているからこそだと。  「オメラス」の地下牢に閉じ込められた子どもと同じようなものとして想像するものは,人によってさまざまでしょうが,それを受け入るべきものとみるのか否かが,この問題の出発点なのです。 4 「オメラスから歩み去る人々」  この物語は,そのような功利主義的な理想郷の姿を語るだけでなく,もう1つの異なる人々の姿を語っています。少し長いですが引用します(前掲55-56p)。  —————————————————–  時によると,穴蔵の子どもを見にいった少年少女のうちのだれかが,泣いたり怒ったりして家に帰ってはこないことが,というより,まったく家に帰ってこないことがある。また,時には,もっと年をとった男女のだれかが,一日二日だまりこんだあげくに,ふいと家を出ることもある。  こうした人たちは通りに出ると,ひとりきりで通りを歩きだす。彼らはそのまま歩きつづけ,美しい門をくぐって,オメラスの都の外に出る。オメラスの田野を横切って,彼らはなおも歩きつづける。 ・・・ だれもがひとり旅だ。夜のとばりが下りる。・・・ 黄色く灯のともる家々の窓に挟まれた村道を抜け,真暗な野原へと出ていかなくてはならない。  それぞれに,ただひとりきりで,彼らは山々を目ざして,西か,または北へと進む。彼らは進みつづける。彼らはオメラスを後にし,暗闇の中へと歩みつづけ,そして二度と帰ってこない。彼らがおもむく土地は,・・・ 幸福の都よりもなお想像にかたい土地だ。私にはそれを描写することさえできない。それが存在しないことさえありうる。しかし,彼らはみずからの行先を心得ているらしいのだ。・・・ オメラスから歩み去る人びとは。  —————————————————–  「オメラス」を後にした人々は,何を目指しているのでしょう?  それを問いかけ,この物語は終わります。  我々を成り立たせている幸せが何らかの犠牲によって成立しているという嫌悪を感じたとき,「オメラス」に残った住民たちの生き方を批判し,その場に残ったまま,その幸せを成り立たせている唯一の前提を放棄する勇気が持てるほど人は強い存在なのかと。そうでないとすれば,「オメラス」に残った住民たちのように,それ受け入れ,その償いとして誰かを慈しむことで自らの気持ちを鎮撫する途を選ぶしかないのかと。  ル・ヴィンは,同じ短編集に納められている「革命前夜」で,「オメラス」から歩み去る人々が目指したものを,相互扶助的な無政府主義であるかのように描いているが,それが必ずしも成功しているようにも思えないのです。  受け止め方は,人さまざまでしょうが,貴方は,このお話を聞いて,どう感じられたでしょうか?

Read More

前回(6/13)は、巾着田一周の釣りでした。今日(7/6)は、高麗駅から武蔵横手駅方向にR299を10分ほど歩いた久保橋から川に降りる。 前回は、東作(東光作)のヤマメ竿を使ったが、今日は、竿かづ作のヤマベ竿です。6本並継ぎ、削り穂の13尺です。 昭和58年(1983)1月に購入した竿で、28年間使っていますが、手入れが良いから狂いひとつない。 この竿に、ヤマブキの芯や桐材で作った、特製のシモリ目印を2個付けた半フカセの脈釣りが私のスタイル。下のシモリは水中に入れて水中の魚信を取り、上のシモリは空中の目印として使います。最初は、橋より下流に下りました。橋脚下の深んどに続くトロの尻からの流れ出しの瀬を狙う。 まだ、この季節は、どこの瀬でも簡単に大量の黒川虫を採捕することが出来、餌の持参は不要です。この瀬で、一投目から良型のヤマベ(オイカワ)が竿先を振るわせる。 しかし、その後は魚信は続くもののカワムツが圧倒的に多い。 型も小型が多い。 その後、深瀬のポイントで練り餌で玉浮きで釣っている70歳代の釣り人と話しているところに、川原に車とバイクで乗り入れてきた5~6人の一団が、バーベキュー道具を持って挨拶もなく我々が釣っているポイントにズカズカと踏み込んで、中の瀬に渡って我々の目の前でガヤガヤとバーベキュー支度を始めた。何たるマナー知らず(怒り)!! たった一言、「ここでBBQさせてもらって良いですか?」と一声掛けて貰えれば随分と気持ちも違うんですがね。 我々釣り師の存在は、全く眼中に無しです。よっぽど石でも投げつけてやろうかと思ったが、老釣り師と初老の釣り師は、分別を持ってその場を離れたのでした。 老釣り師たちを追い立ててBBQしても、後味が悪かろうに。これを期に久保橋に戻り、上流に釣り上がる。橋下の深場に流れ込む浅瀬の葦の際を狙う。 初心者が陥りやすい間違いだが、大きな淵やトロ場は、大型魚の寝場所・休息場所、そして小型魚の遊び場であって良型が釣れるポイントではありません。水温が上がる盛期には、食い気のある良型は、寝場所の大きな淵やトロ場から出て、上流側に隣接する浅瀬に付いています。 しかも、大型ヤマベほど、自分1尾だけのナワバリにできる直径80センチほどの小さなポイントに付いています。水深は15センチほどで流速があって底石や葦などの身を隠すものがある処です。この葦の際で、大型魚がヒット。柔らかいヤマベ竿を満月に撓らせるのをためて、じっくり寄せてみると、26センチほどのニジマスでした。ハリス0.3号、鈎は細地袖3.5号、といつものイワナ・ヤマメ釣りの仕掛けからは程遠い細仕掛けです。いつものイワナ・ヤマメ仕掛けは、ハリス0.8号、鈎は袖11号ですから・・・。 朝8時から昼13時までの中間釣果です。 カワムツ50尾ほどに、ヤマベ(オイカワ)7尾、ハヤ(ウグイ)2尾、そしてニジマス3尾。この後、午後15時に納竿するまでに、ヤマベ2尾とカワムツ15尾ほどを追釣。往年の釣果と数だけは同程度に釣れましたが、昔はすべてヤマベでした。今は優先種が完全にカワムツに替わっています。しかし、同じサイズなら全然ヤマベの方が重量感のある引きで、釣り応えがあります。残念なことですが、魚が居なくなって”沈黙の春”になってしまうよりはマシと思うしかないですね。高麗川の水質は、一時悪くなりました。 水質が悪くなるとヤマベは減り、カワムツが増えます。でも、近年は水質は良くなっています。 その証拠に、カワムシ(カワムツではなく川虫です)を捕っていると、網にかなりの確率で鰍が入ります。 今日も10数尾は入ったと思います。しかし、カワムツや鰍(カジカ)の稚魚は、かなり見かけましたが、ヤマベの稚魚は見かけず、小型のヤマベも釣れなかった。 これは、ヤマベがこの付近では繁殖していないことを示しているので、まだまだ危機感があります。これだけカワムツが増えてしまうと、ヤマベの卵や稚魚は、カワムツに喰われてしまうのでしょう。 高麗と武蔵横手の中間ほどの、新井竹芸の店裏から川を上がりました。 この辺りの川岸は素晴らしい真竹の林になっています。 カワセミも翡翠色の滑空飛行を見せてくれました。 この竹を使い、新井竹芸では様々な竹製品をオヤジ独りでコツコツ作っています。http://www.chikugei.net/ ウチのカミさんから頼まれていた良質の笊を2枚買いました。 中国製の5倍ほどの価格ですが、良質の皮身竹を使って、しっかり編み上げられています。 ここから歩いて武蔵横手駅に向かいました。たいていは、車で走り抜けてしまうR299ですが、歩くと車では見えない景色が目に入ります。武蔵野28番札所の瀧泉寺の青屋根 川もいいな~、次ぎはこの辺りを釣ってみるかな! 横手神社は、村の鎮守様(村社)と石柱に彫られています。 何か、親しみ深いですね。 徒歩25分ほどで、武蔵横手駅に着く。 西武秩父線の駅は、空き地に唐突に駅があって駅前には何もない。 熱さで脱水症状になりかけていた体に、かろうじて置かれていた自動販売機が恵みの水です。なぜか、この駅には子供向け羊牧場が付いているが、平日であったためか、「今日は、羊は出張中」の貼紙が。 今日は暑くて参ったが、明後日からの魚野川釣行への足慣らしには丁度良かった。野生化していたニジマスの塩焼きも旨かったし。 オーナー針 ハヤ・ヤマベ毛鈎仕掛7本 R-721オーナー針 ユーザレビュー: Amazonアソシエイト by がまかつ(Gamakatsu) ヤマベ 糸付 青 釣2号-0.4 11036がまかつ(Gamakatsu) ユーザレビュー: Amazonアソシエイト by

Read More

つくば市は筑波大学内平塚線沿いにあります中華料理店「新長城」さんに、以前の会社の先輩と行ってきました! 中華第一面さんが閉店して以来、彷徨っていたのですな(笑) 今回の新長城さんも中華第一面さんと同じく、中華料理の蘭州料理のお店になります。 蘭州料理を詳しく食べ歩いた訳ではないのですが、ロッキー的にはおおよそ、刀削麺や蘭州麺、ラム肉を主体とした料理、ビャンビャン麺なんかがある分野なのかなと思っています。 今回、ロッキーは酸菜魚、先輩は酸辣麺坦々丼セットを注文しました! まず、先輩のお料理が運ばれて来ました! 辛そう!!!!! ロッキー、汗が吹き出します! 「ん?」 「なんすか?」 「辛くないよ?」 「‥‥」 この手のトラップに何度嵌められたか分からないロッキー慎重です。偉い! ロッキー、恐る恐る少し啜ってみると。 「辛くない!」 「辛くないねえ!」 そこへ、ロッキーのお料理が運ばれて来ました♪ 「うわ、唐辛子が!」 「自分で頼んだんじゃん」 「そうですけど‥」 「ん?」 「辛くない‥」 「辛くないの?」 「ほらほら」 「辛くないねえ!」 こんな面構えの鍋(酸菜魚)ですが、唐辛子を直接食べても辛くありません! 不思議! で、美味しい! 大発見をしたランチだったのでした!

Read More

新しいスマホを買いました。 いつもだったらお店に行くところですが、今回はコロナ禍ということもありドコモのオンラインショップで新しいスマホを買って自分でデータを移す作業をしました。 今回4Gから5Gに変えたので開通手続きも必要。とはいえ、指定されたサイトにアクセスするか、指定された番号に電話をするだけなので簡単です。(私はサイトにアクセスする方にしました) そんなこんなで、バックアップデータを復元して、アプリの引き継ぎもして終了!時間が掛かるかな?と思っていたけど意外とすんなり終わってくれました。 わかってはいましたが、サービスが終了している「トロとパズル」はやっぱりデータを引き継ぐことができず、アプリの再ダウンロードのみとなりました。あとで、ちょこっとプレイしてみようっと… 前のスマホさんはもうちょっとで6年目に入るところでした。スマホ本体の平均寿命は3~5年。バッテリーは約2年ということらしいので、大往生ということなのかもしれません。バッテリーを交換してればまだ使えるような気もしたんですが、ときどきフリーズすることもあったし、OSも古くなってきたのでやっぱり寿命かなと思うことに… 私は物持ちが良いかも…と思うことがあるので、きっと新しいスマホさんとも長いお付き合いになるでしょう。はたして新しいスマホさんは、前のスマホさんを越えることができるのか(笑) データ移行に漏れがないかの確認が終わるまではしばらくは手元に置いておく予定です。 長く使っていたせいか、お別れするのは寂しいけれど…お別れの言葉よりも感謝の言葉を。前のスマホさんありがとう、お世話になりました 新しいスマホさんは… トロみたいに真っ白なスマホにしました!これからよろしくなのニャ♪ ただ、このスマホさん。背面がツルツルしているのと、カメラの部分が少し出っ張っているせいか、ビックリするぐらい滑りやすい!机にちょっと置いておいたら家具のわずかな傾きで、ジリジリと動いていって…危うく机から落下するところでした。いや~、家の中で全力ダッシュ&スマホキャッチするハメになるとは思わなかったですホントに危ない危ない何かしらのケースは必須ですね… 他にも、しばらく使っていると温かくなってくるのが気になる…前のスマホはこんなに早く温かくならなかった気がする。これについては新しい方が処理能力が高いせいもあるかもです。う~ん、ケースを付けると本体に熱がこもりそうだし…ケースを付けて、温かくなってきたら外すとかしようかな? さて、”新機”一転したし、心機一転して転職活動頑張ります

Read More