3. 季節は初夏。ずぶ濡れになった上、身ぐるみを全て剥がされてはさすがに肌寒い。りんは恥ずかしさより寒気を感じて腕を体にまわした。 それに気付いた殺生丸は、いつも自分が身に纏っている毛皮でりんの体をくるんだ。 見た目通り、美しくツヤのある毛並みをした白い毛皮は触り心地も最高だった。フカフカの柔らかい毛皮の心地よいあたたかさにりんはほうっと息を吐いた。  (ああ、あったかくて気持ちいい。) あまりの気持ち良さに顔を埋めて頬ずりし、両腕でぎゅうっと抱きしめた。 「くっ・・・」 殺生丸が一瞬眉をひそめて声を漏らす。 そしてりんの両腕をつかんで毛皮から引きはがした。 「あん」 心地よい感触を奪われて、りんは思わず不満の声を漏らした。 「りん、私をあまり刺激するな。」  りんは自分が何をしたのかわからず、訊ねるように殺生丸の顔をみつめる。 「この毛皮は私の分身みたいなものだ。」 「分身・・・?  あ!」 殺生丸が動揺した理由がわかった。 (私が強く抱きしめたから、痛かったんだわ。) 「ごめんなさい、殺生丸様。 私、知らなくて・・・。」 殺生丸に詫びの言葉を述べながら、別の事実に思い当たった。 (抱きしめた毛皮が分身とはいえ殺生丸様なら、私はいま殺生丸様に裸で抱かれているってこと???) 急に恥ずかしさを覚えて俯いた。 その視線の先に、先ほど河原で負った太股の傷が目に入った。真っ白い毛皮と色白のりんの肌はほとんど同じ色をしていたが、それが余計に傷の赤い線を目立たせていた。 隠そうと手をのばすと、殺生丸の手がそれを制止した。 「痛むのか?」 「こんなの、舐めればすぐ治りますから。」 殺生丸にみられたくなくて、今度は膝を立てて隠した。 「ふっ。 では私が舐めてやろう。」 毛皮が殺生丸の意図を悟ったようにスルリとりんの足首に巻きついて殺生丸の口元に運ぶ。 そして両腕の自由を奪うように巻き付いて、やんわりと拘束した。 「まずは、ここからだ。」 殺生丸はりんの足の裏の切り傷にチロチロと舌を這わせた。 「きゃっ」。 くすぐったさにりんは声を上げたが、殺生丸はチラリと一瞥しただけでまた舐め始めた。 ペロ・・・ペロ・・・細かいすり傷や切り傷にまで唾液で消毒をしてくれているのだろう。唇は一か所に留まらず、舌先で濡らすような軽いものだった。 それが太股にできた一番大きな傷に辿りつくと、ツゥーっと線をなぞるように丁寧に舐め上げるような動きに変わった。ゆっくり、ゆっくり、何度もその動きを繰り返すたび、りんの足もぴくっ、ぴくっと反応して揺れた。 そしてたっぷりと唾液を含んだぬめった舌が腿の内側から足の付け根付近に這い上がってきて、ザラリと舐められると得体の知れない感覚にぞくりと肌があわだってくる。「ふっ・・・はっ・・・・はあ・・・・・」 りんは肌のざわめきが苦しくてこの行為が早く終わる事を望みながら、美しい殺生丸が犬のように自分の足に赤い舌を這わす姿をずっと見ていたいと思った。 震えるような声を漏らし官能の熱を帯びた目で自分を見つめるりんに、殺生丸はニヤリとしてその舌の動きをわざと止めた。 そして・・・・ 「ああっ!!」 突然、殺生丸の手がりんの足を持ち上げてグイっと押し広げると、秘所が丸出しになった。 茂みが淡いせいで広がった割れ目から赤い肉が覗く様は、ともすると裂傷に見える。

Read More

2019年6月にMicrosoft(マイクロソフト)はOneDriveに新たなセキュリティレイヤーを追加した。この機能はOneDrive Personal Vaultという名前で、ユーザーは2段階認証、指紋認証や顔認証、またメールやSMS、Microsoft Authenticatorで送信されるPINコードまたはワンタイムコードでファイルを保護することができる。ただし公開当初は、この機能を利用できるのは一部の国に限られていた。米国時間9月30日に全世界への公開が始まり、加えて新しいストレージプランも開始された。 【訳注】OneDriveの日本語環境では「パーソナルVault」と「個人用Vault」の名称が混在しているが、本稿では「パーソナル Vault」と表記する。 マイクロソフトは、当初はオーストラリア、ニュージーランド、カナダでパーソナルVaultを公開するが、年末までには全世界のOneDriveユーザーが利用できるようにすると発表していた。 今回の範囲拡大はぎりぎり9月末で、当初の予定より少し早まったことになる。 OneDriveユーザーは誰でもパーソナルVaultを利用できるが、一部に制限がある。 OneDriveを無償、またはOneDriveのみの100GBストレージプランで利用しているユーザーは、パーソナル Vaultに最大3つのファイルを保存できる。Office 365サブスクリプション利用者は、ストレージ容量いっぱいまでいくつでもファイルをパーソナルVaultに保存できる。 認証の強化がパーソナルVaultの重要なセールスポイントだが、ほかにもセキュリティ保護機能がある。「Scan and Shoot」(スキャンと撮影)は、モバイルデバイスで書類や写真を撮影し、デバイス上のカメラロールなどではなく、直接パーソナル Vaultに保存する機能だ。また、パーソナルVaultは非アクティブ状態が20分続くと自動でファイルをロックし、意図せずファイルを共有してしまうことを防ぐ。また自動でファイルをWindows 10 PCのドライブ内にあるBitLockerで暗号化された領域に同期する。 マイクロソフトは、パーソナルVaultを全世界で公開するのと同時に、OneDriveの新しいストレージプランと、PCのバックアップやダークモードも公開した。 Office […]

Read More

緑葉の上にまるで白いこんぺいとうのような花が咲いていて、涼しげなその花に惹かれてポット苗2つ求めてきた。  ラベルにはシペラス「ユキボウズ」とあり、調べて見るとカヤツリグサ科のキリンガ・ネモラリスという名前で、太平洋諸島原産のものだそうだ。 ネットで調べていたら、沖縄に普通に生育している「オオヒメクグ」(植物生態研究室・波田研さまHP参照)というのがあるそうで、それによく似ている。  育て方として株元を水中に沈めて育てるウォーターガーデン向きと書いてあり、、睡蓮鉢には既に、ヒメスイレン、アサザ、斑入り葉セリ、ホテイアオイ、ムラサキミゾホオズキ、キンギョモが入っていてこのユキボウズも仲間入りした。(ヒメスイレンとアサザの花は相変わらず音なしだ。) カヤツリグサ科のシューティングスター(シラサギカヤツリ)も去年睡蓮鉢で育てていたのだが、冬場枯れてしまったようだ。またシラタマホシクサも以前育ててみたけど、これも翌年育たなかった。それに代わって、ユキボウズがワタスゲのような感じで涼しげな風を運んでいる。ユキボウズの名前が付いていながら冬場室内管理だそうで、寒さには弱い植物だ。 去年は金魚もヒメダカもすぐ死んだのだが、今年のヒメダカはひと月半以上も元気に泳いでいる。斑入りのセリ葉は去年より大株となり、5月には紫色の斑が綺麗だった。だが今の時期には白葉になってストロングの長い茎が伸びてきて逞しい。また6月下旬に咲いていた、ムラサキミゾホオズキもその涼しげな紫の花を再び咲かせてきた。 <斑入り葉セリ:2008/5/12> と<ムラサキミゾホオズキ:2008/8/1>  カヤツリグサと言えば、昔、鉢の寄せ植え用に求めた1株のカヤツリグサが今では庭のあちこちから出ており、お隣まで進入している。名前が分からなかったが、本のなかに偶然、中国原産の「テンジクスゲ(天竺菅)」として画像が出ていた。常緑多年草なので観葉植物としても用いられ、別名カシガヤとあった。タネで増えて野生化しているそうだ。この葉をプレーリードッグが喜んで食べていて、ユキボウズの葉は猫の好物となってきた。              <テンジクスゲ(天竺菅)> 葉の上に淡雪置くかと雪坊主睡蓮鉢より涼風の吹く 風鈴の音に混じりて途切れなき油蝉の声聞く夏の宵 <キリンガ・ネモラリス>カヤツリグサ科キリンガ属学名: Kyllinga nemoralis (=Cyperus kyllingia) 和名、流通名: ユキボウズ、ユキノコボウズ英名: white kyllinga, whitehead spikesedge 原産地: 太平洋諸島 開花期:5~11月 性状: 多年草、冬は室内管理。管理:株元を水中に沈めるか、水持ちのよい土に植える。

Read More

WeWorkの運営会社、The We Companyは先ほど、米国証券取引委員会に提出していたS-1上場申請を撤回したことを発表した。 コワーキングスペースとして驚異的な成長を遂げたWeWorkは8月に上場を申請したことが明らかになった頃から、大きな波乱を経験してきた。財務状況全般に加えて、共同創業者でCEOのAdam Neumann(アダム・ニューマン)氏の行動や人格が問題となった。 その結果、ニューマン氏は先週CEOを辞任した(ただし業務執行権のない会長職には留まる)。また同社自体もコアビジネスであるコワーキングスペース運営を本格的に見直す。大規模なレイオフが予定されており、Managed by Q、Conductor、Meetupなどこの2、3年で買収した会社の一部を売却することも視野に入れているという。 当然We Company上場も大きく延期されるものと見られてきた。新しい共同CEOであるArtie Minson(アーティー・ミンソン)氏とSebastian Gunningham(セバスチャン・がニングハム)氏による以下のような声明はこの観測を公式に認めたものとなった。 当社はコアビジネスに集中するため、株式上場を延期すると決定した。ただし当社のファンダメンタルは健全であり、登録メンバーの個人、企業、不動産所有者その他顧客に対するサービスを引き続き提供していく。当社の社員、株主対するコミットメントも変わることはない。WeWorkを公開企業にしようとする我々の意図にも変更はない。我々の株式が市場において自由に売買できるようになる日が来ることを強く待望している。 WeWorkの波乱の本質を解説したTechCrunch記事はこちら。 画像:Getty Images [原文へ] (翻訳:滑川海彦@Facebook)

Read More

電気自動車用充電器メーカーのBlink Charging(ブリンク・チャージング)は、米国とカナダのGeneral Motors(ゼネラルモーターズ)のディーラーにEV充電器を提供することを発表した。同スタートアップは設備ソリューション・プロバイダーのABM(エービーエム)と組んで、同社の新しいレベル2EV充電器IQ 200をGMに供給する。 Blinkは決して小さなEV充電器メーカーではないが、これまではChargepoint(チャージポイント)、EVBox(イービーボックス)、Tesla(テスラ)、さらにはShellと比べても市場シェアは小さかった。Blinkによると、同社は13か国に約3万台のEV充電器を展開しており、GMとの契約は、さらなる規模拡大とブランド認知度の向上という同社の目標にひと役買うだろう。 ただしこれはGMにとってBlinkとの初めての契約ではない。2021年4月、GMは充電ネットワーク7社(Blink、ChargePoint、EV Connect、EVgo、FLO、Greenlots、SemaConnect)をGMのモバイルアプリに統合し、顧客が容易に充電場所を探せるようにする計画を発表した。今回は、GMが2030年までにEV販売でTeslaのシェアを狙って売上を倍増する計画の中、Blinkが選ばれたようだ。 2021年5月にGMから最初の注文を受けたBlinkは、設置を担当するABMを通じて一部のGMディーラー向けに充電器の出荷をすでに開始している。今後数カ月間必要に応じて追加の充電ステーションに向けた準備ができていると同社はいう。契約には充電ステーション数の目標や大規模展開の日程は書かれておらず、これはディーラーからの注文ごとの設置が基本であるためだ。これまでにBlinkは「GMディーラーから1000件近く、計1505台の充電器の注文を受けている」と同社の広報担当者は述べた。 GMとの契約に同社からの出資は含まれていないとBlinkはいう。GMディーラーは、Blink製品を購買パートナーのABMを通じて、ディーラー機器購入価格で購入する。 BlinkのIQ 200充電器は、車両基地向けに設計されており、1つの共有回路上で最大20台の充電器を電力網に負荷をかけすぎることなく利用できる。80アンペアの充電器は、100アンペア回路上で高速レベル2充電が可能で、出力は19.2kW、充電1時間あたり最大65マイル(約104.6 km)走行できる。設置方法には壁かけ型、ポール型、および自立スタンドがある。 2022年のCESでBlinkは次世代レベル2充電器のMQ 200を発表しており、第1四半期末までに提供される予定だ。Blinkは、出荷可能になった時にGMがこの新型充電器を受け取るかどうかの質問には答えていない。MQ 200は高速かつ高機能で、Blink充電器をクラウドや、新しいBlink Fleet Management Portal(Blink車両管理ポータル)に接続するソフトウェアが付いてくるため、デーラー業務に最適だ。 関連記事:CESに登場したEV充電企業は家庭での充電を高速化、V2G、コネクティビティを推進 画像クレジット:GM […]

Read More

iPod Shuffleの充電 充電できない またはオレンジランプの点滅から点灯へ出来ない と 感じているかた向けで iPod Shuffleの充電 はパソコンUSB端子へ接続すれば充電されていました  ひとこと  iPod Shuffleを久しぶりに使用したらランプも点灯せず動作しません困った後 実際に試行錯誤した 結果のブログです 極く自然に メーカ資料とHPを見ましたが充電方法について 製品付属品の取扱書・クイックリファレンス・iPod Shuffle機能ガイドなど見ても理解できていません  充 電  気がつくとiPod Shuffleとパソコンを接続するだけで “充電”できて いましたその環境を記録しています ★ぱそこんの条件 XP itunes(IPODソフト)なし USB端子(本体部) スリープ状態 に ならない設定 ★shuffle条件 Pod shuffle (2nd generation) 付属 Dock で接続 付属品/説明書の状態確認“バッテリーの確認” 残量なし(ランプ消灯)“バッテリーの充電状況”⇒パソコン接続時はオレンジで点滅 ★1 ●充電の準備 IPOD-SHUFFLE(左) と Dock(右) ★2 ●パソコンとの接続 ・付属品のDockを使用します “充電”のメーカ記事 (一部抜粋) ★3

Read More

2021年11月、Twitter(ツイッター)CEOのJack Dorsey(ジャック・ドーシー)氏が辞任した。同氏が所有する別の会社Square(スクエア、現在はBlock)に全力を注ぐためだ。同社は近年ブロックチェーンと暗号資産に多大な投資を行っており、それはドーシー氏自身も同じだ。そして今、Blockの暗号資産への取り組みの結果が見え始めてきた。米国時間1月17日午前、Blockのモバイル決済サービスCash App(キャッシュ・アップ)はLightning Network(ライトニング・ネットワーク)との統合を発表し、米国ユーザーが世界中の誰にでもBitcoin(ビットコイン)を手数料なしで送れるようにした。 この機能は以前からCash Appユーザーに向けて徐々に公開されていたが、正式な発表はなかった。「今後数週間」のうちに米国の全Cash App利用者に行き渡る予定だと同社はいう。 新機能が有効になると、Cash AppユーザーはBitcoinを全世界の対応するウォレットに送れるようになる。家族や友達への送金の他Chivo Wallet(チボ・ウォレット)やBlueWallet(ブルーウォレット)、Muun Wallet(ムーン・ウォレット)などの自己管理ウォレットも対象だ。さらに、ユーザーはLightning Network決済に対応している商店にも手数料なしでBitcoinを送金できる。まだ主流にはなっていないが、一部の売り手がLightning決済を受け入れ始めているので、ユーザーはLightning Network経由でピザを注文したりギフトカードを買ったりできる。 Lightning NetworkがCash Appに統合されたことは、現在成長中のクリエイター経済にも力を与えるだろう。クリエイターやCause(大義)がLightning 決済に対応していれば、ファンはBitcoinを送って支援の気持ちを表すことができる。 画像クレジット:Lightning Network Cash […]

Read More

入り口の脇には、外灯を付けていますが、その下にオリジナルの看板を自作!なんて思っていました。 ですが、去年の夏にお隣の長野県の駒ヶ根にある雑貨店「オリーブ」で見つけたブリキ看板を見て、色といい雰囲気が好きで、これを付けようか!と気が変わりました。 そして先日から片付けていたら、この看板が出て来たんで、もうセトリングも完了したと思うし、付ける事に。 「釘」も以前、買った宝物のアメリカ製の釘。 ただちょっと太いので、看板の穴には入りそうもないし、なんか!このハトメ雰囲気あるし潰したくない。 「じゃっ!釘を削るか!」 バイスプライヤーに挟みグラインダーで削ります。 だいぶ細くなりました。 位置を確認しつつ、ハンマーで打ち込んで行きます。 修理屋さんの看板なんで、う~ん!いい感じだ。

Read More

ツーリング仲間から「もうすぐ今のアマチュア無線機が使えなくなる」という情報が入った。 アマチュア無線がデジタル化されるからアナログ機はもうすぐ使えなくなるとな。 へ?そうなの?ホントか? 使えなくなる理由は (1)スプリアス規格の厳格化 (2)デジタル化(アナログ機禁止) だという。 「スプリアス規格の厳格化」については、電波の大元締め総務省から公式文書が発行されているので、本当の話だ。こちらについては備忘録ですでにまとめている。 一方、「デジタル化」についてはなかなか正確な情報が得られない。散々ググってもアマチュア無線のアナログ機の使用を禁止する、という内容の情報が出てこないのだ。 アマチュア無線の「デジタル化」なんて重要な話なので総務省から公式文書が出ていなければおかしいのだ。 散々探しても正確な情報が見つからないってことは・・・・ アマチュア無線のデジタル化はガセじゃね? 情報探しも一旦終了したいので、ここで「アマチュア無線のデジタル化(アナログ廃止)はない」という結論にしておこう。 理由は次の通り。 1.アマチュア無線は国際規格  アマチュア無線は、趣味的位置づけではあるが、航空無線や船舶無線と同じく国際条約で規格化されている(外国の無線局と通信するため)。従って、総務省(日本の電波管理省庁)だけの判断でデジタル化することはできない。国際会議を経て条約加盟国の同意を得て初めて可能になるのだが、現在のところ、そんな条約改正の話はない。 2.アマチュア無線機にはそっくりさんがいる  そのそっくりさんは、業務用簡易無線機。道路工事や建設現場でおいちゃんたちが使っているのが「業務用簡易無線機」である。この無線機、ハンディタイプなので見た目にアマチュア無線と誤解してしまうし、「簡易無線機」という名がなんとなく「アマチュア」っぽさを醸し出すが、全くの別モノである。アマチュア無線はあくまで「私的で非営利の業務」に使用しなければならない(営利業務に使用するのは違反)。一方、業務用簡易無線は道路工事、建設、警備などの営利業務に使われる。 それに、割り当てられている周波数帯も異なる。 業務用簡易無線:27MHz、150MHz、350MHz、400MHz、900MHz、950MHz、50GHz アマチュア無線:50MHz、144MHz、430MHz、1200MHz等 3.業務用簡易無線機はもうすぐアナログが使えなくなる  その業務用簡易無線機(350MHz帯と400MHz帯だけ)には、アナログ機とデジタル機の2種類がある。そして、2022年(平成34年)12月1日以降、350MHz帯と400MHz帯のアナログ業務用簡易無線機は使用禁止となる。こちらは、総務省のホームページでしっかりと告知されている。  一方、アマチュア無線に関しては、いくら探してもデジタル化の告知は見当たらない。 4.販売店の勘違い  上述のように、業務用簡易無線機とアマチュア無線機とはそっくりなので、混同してしまっている販売店や中古買取店が見られる。このような店のホームページには、アマチュア無線がデジタル化されるので今のアナログ機は使えなくなるよ的な説明があったりする。  つまり、知識の浅い販売店が勘違いしている可能性がたかい。 5.アマチュア無線のデジタル規格  確かに、アマチュア無線には、D-sterというデジタル通信(デジタル変調)という規格が存在する。この規格は日本が開発し、世界で採用されたものらしい。つまり、アマチュア無線には世界標準のデジタル変調規格が存在している(総務省HP参照)。 (D-sterの規格はこちら)  このデジタル規格は、無線機をパソコンに繋いでインターネットもできるとか。簡単に言うと、デジタル通信のアマチュア無線は、かつてNTTが開発したISDNみたいなものだろう。 日本では現在、D-ster規格のアマチュア無線機をアイコム、八重洲無線(スタンダード)、ケンウッドが出している。そして、その無線機は、D-ster専用ではなく従来のアナログ通信もできる。・・というよりD-sterはあくまでオプション扱いである。一方、そのメーカーは今でもアナログ専用機を生産し続けている。ここで重要なのが、先の業務用簡易無線機の場合、すでにアナログ機の生産はしていないということだ。つまり、アナログ機の製造が継続しているアマチュア無線にはデジタル化(アナログ廃止)はないということがわかる。 ということで、アマチュア無線のデジタル化(アナログ廃止)という情報はガセと判断した。 ——ここからは個人的に興味があるが情報を見つけられなかった内容—–   完全に推測である 従来のアナログ信号の通信とD-sterのデジタル信号の通信とが同じ周波数である場合、周波数が同じである以上、アナログ機もデジタル信号を受信することになる。 じゃあ、アナログ機にデジタル信号が入ってきたらどうなるのか? D-sterの変調方式(GMSKかQPSK変調[位相変調])とアナログ機の変調方式(FM変調[周波数変調])とは違うから、アナログ機がデジタル信号を受信しても復調できずに無音状態になるはず(たぶん)。 例えば、同一グループ内でデジタル通信とアナログ通信を同一周波数で行った場合、アナログ機はデジタル通信している人の会話を聞けないどころか、会話をしていることすらわからない。さらに、デジタル信号だけは受信しているので、音声が再生されなくてもバッテリーが消費されていく摩訶不思議な状況が生まれると思われる。 20180118

Read More

米国時間1月16日日曜日のNew York Times(ニューヨーク・タイムズ)紙に掲載された全面広告は、Tesla(テスラ)の「Full Self-Driving(フルセルフ ドライビング)」を「フォーチュン500企業が販売した史上最悪のソフトウェア」と評し「フォーチュン500企業の他の商品で、8分ごとに致命的誤作動をするソフトウェアを見つけた最初の人物に、問題のソフトウェアの価格と同じ1万ドル(約114万5000円)を提供すると募った。 この広告を出稿したThe Dawn Project(ザ・ドーン・プロジェクト)は、最近設立された団体で、軍隊的ハッカーの標的になりうる重要システムの安全でないソフトウェアを禁止することを目的にしている。この広告はTeslaのFull Self-Driving(FSD)を「致命的誤作動が1000分の1以下になるまで」公道から排除するキャンペーンの一環だ。 反対運動団体の創設者であるDan O’Dowd(ダン・オダウド)氏は、Green Hill Software(グリーンヒル・ソフトウェア)という埋込み型安全およびセキュリティシステム向けオペレーティングシステムとツールを開発する会社のCEOでもある。同社はCESで、BMWの製品、iX は同社のリアルタイムOSと安全性ソフトシェアを使用していると話し、同社の新しい無線配信型ソフトウェア製品とデータサービスを自動車電子システム向けに提供することも発表した。 The Dawn Projectのファウンダーによる競合的バイアスの可能性はさておき、Teslaオーナーが都市道路で利用できる先進ドライバー支援システムであるTeslaのFSDベータソフトウェアは、システムの不具合を示す一連のYouTube動画が急速に広まったことで、ここ数カ月間監視の目を向けられている。 NYT紙の広告が掲載されたのは、カリフォルニア州DMV(自動車管理局)がTeslaに対し、専門のセーフティーオペレーター(非常時対応ドライバー)ではなく、一般消費者による同社のテストプログラムが自動運転規則の対象外であるという同局の意見を「再検討する」と伝えた数日後のことだった。カリフォルニア州DMVは、州内における自動運転試験を規制しており、Wyamo(ウェイモ)やCruise(クルーズ)などのロボタクシーの運用にむけて開発、テストを行っている他の企業に対して、衝突事故あるいは「disengagements(自動運転の解除)」と呼ばれるシステム障害を報告することを義務づけている。Teslaはこれらの報告書を一度も提出したことがない。 その後TeslaのCEOであるElon Musk(イーロン・マスク)氏はTwitter(ツイッター)で曖昧な反応を見せ、TeslaのFSDは公開以来事故も負傷者も出していないと主張した。現在、米国幹線道路交通安全局(NHTSA)は、Tesla […]

Read More