仮想通貨取引所のCoinbase(コインベース)は米国時間10月10日、上級ユーザー向けのモバイルアプリをローンチした。Coinbase ProはiOS向けにダウンロードが始まっており、Android版も間もなく登場する。 Coinbase Proは、指値注文などの高度な注文を設定できる取引所。これらは暗号通貨の取引では標準的な機能だ。しかしCoinbaseは、メインサイトのCoinbase.comでの取引ができるだけシンプルでわかりやすいものになるように、別の「Pro」プラットフォームを用意した。 そしてこれからは、Coinbase Proをスマートフォンでも使える。いろいろ試してみたが、アプリは期待どおりの機能を備えている。最初のタブには、取引ペアのリストが表示される。 ひとつのペアをタップすると、リアルタイムのローソク足、注文帳、アクティブな注文、およびこのペアの取引履歴が表示される。また、各取引ペアのページから暗号通貨の売買注文を設定することもできる。 2番目のタブでは、暗号資産のポートフォリオとアセットを法定通貨で表示できる。また、モバイルアプリケーションから暗号通貨を預けたり引き出したりもできる。しかし残念なことに、特定の通貨(ドルやユーロ、ポンドなど)を預けたり引き出したりする場合には、ウェブサイトに行くように指示される。そして、過去および現在の注文、手数料と制限が確認できる。 Coinbaseは先週、取引量の少ないCoinbase Proの顧客の手数料の一部を引き上げた。30日間で5万ドル(約540万円)以下の取引の場合、Coinbase Proでのトレードはより高くなっている。また、30日間で1万ドル(約110万円)未満の取引の場合、メーカーとテーカーの手数料が0.5%かかる。 Krakenでは過去30日間の取引額が5万ドル未満の場合、手数料として0.26%がかかる。Binanceでは、取引手数料として0.1%を徴収する。新たな取引手数料を設定することで、Coinbaseは確かにプロユーザーをターゲットにしているようだ。 なお、本記事を執筆したRomain Dillet(ロマン・ディレ)記者も、さまざまな暗号通貨を少量保有している。 [原文へ] (翻訳:塚本直樹 Twitter)

Read More

キャンピングカーと車中泊スポットのシェアリングサービス「バンライフ」(Android版・iOS版)を展開するCarstay(カースティ)と損害保険ジャパンは1月19日、観光・防災などにおけるキャンピングカーなどモビリティの活用推進を目指し資本業務提携を開始したと発表した。 またCarstayは、損保ジャパンを引受先として、第三者割当増資による約5300万円の資金調達を実施したと明らかにした。これにより、金融機関からの融資を含め、累計調達額は約2億9000万円となった。 日本RV協会(JRVA)の「キャンピングカー白書2021」によると、キャンピングカーの2020年の国内総保有台数は約12万7400台となり、この10年間で1.5倍に増加したという。バンなどの車両をキャンピングカーなど車中泊仕様の車に改修する個人も増えているそうだ。コロナ禍において密を避けた旅やワーケーションができる手段として、車を基盤とした新たな旅や暮らしのスタイル「バンライフ」とその市場規模は増加し、「動くホテル」「動くオフィス」としての需要が高まっているという。 一方Carstayによると、需要の高まりにも関わらず、キャンピングカーや車中泊仕様の車両を日常的に駐車できる施設は依然少なく、また車中泊の規則も各自治体や施設に委ねられているなど、現状のバンライフの基盤には課題があると指摘。安心・安全な「バンライフ」の実現のためにインフラやルール面の整備が求められているという。 そこで、Carstayと損害保険ジャパンは、今回の資本業務提携を通じて、コロナ禍や終息後に求められる、平時の観光・有事の防災・新しいライフスタイルとしての「バンライフ」のあり方を共創する。 今後Carstayと損害保険ジャパンは共同で、キャンピングカーと車中泊スポットのシェアリングに際して、より広範囲で利用者と所有者を補償する保険サービスの開発・提供、Carstayでの移動・滞在・体験に関連するデータを活用した新たなサービスの研究を実施する。また、パートナー事業者・自治体の開拓に向けて両社アセットを活用する。 損保ジャパンは、「『安心・安全・健康のテーマパーク』により、あらゆる人が自分らしい人生を健康で豊かに楽しむことのできる社会の実現」を目指している。今回の提携により、新たなライフスタイル「バンライフ」の確立、地域の活性化を推進するとともに、有事の際やコロナ禍におけるスペース活用のあり方など、モビリティを活用した新たな社会価値の創造とそこから生まれるデータを活用した新サービス開発に向けて取り組む。 Carstayは、「誰もが好きな時に、好きな場所で、好きな人と過ごせる世界」の創造の実現に向けて、2019年1月に車中泊スポットのスペースシェアサービス、2020年6月にキャンピングカーのカーシェアサービスを発表し、全国各地に車中泊スポットを約330カ所、キャンピングカーシェア登録車両を240台に拡大するなど「バンライフ」プラットフォーム事業を展開。また提供しているサービスを応用利用することで、医療機関や被災地に休憩所としてキャンピングカーを提供する社会支援活動「バンシェルター」を実施している。 これまで同社は、大手企業や自治体への営業活動を行い、バンライフの普及と啓蒙を実施しており、今後全国にパートナーの事業者や自治体を有する損保ジャパンの参画を契機にバンライフのインフラ整備を加速する。安全性・社会受容性をさらに高めていき、バンライフの発展に貢献するとしている。

Read More

先週の十勝~帯広出張では、 「第一ホテル 豊州亭・豆陽亭」の別邸「三余庵」に伺いました。 http://www.sanyoan.com/ エントランスから中に入ると、一面ガラスの向こうに緑が。 支配人の中川小百合さん(右)と。 3人のお子さんと、この若さでお孫さんもいると聞いてびっくり。 中川さんは第一ホテルで経理を5年、接客を5年勤めた後、 高級宿「三余庵」の支配人に抜擢されました。 中川さんも私も、『星の王子様』が大好きな本で、 一番お気に入りの言葉「大切なものは目に見えないんだよ」も一緒。 大いに意気投合して、初対面とは思えない親近感。嬉しいご縁です☆.。₀:*゚✲゚*:☆ 「ナンバーワンよりオンリーワンと言われますが、  何かがナンバーワンでなければ、オンリーワンになれません」と中川さん。 三余庵においてそれは、「感動と温かさ」だとおっしゃいます。 一方、一人の人間としては何かが飛び抜けていなければならないことはなく、 「そのままで素晴らしい」という考え。 努力はするけれど、努力することを条件に肯定するのではないということですね。 みなが、「あなたはここが素晴らしいね」と認め合うことは、 感動と温かさのあるオンリーワンの宿の根底になると思います。 この写真3枚は三余庵のホームページより。 十勝といえばチーズのイメージが強いのですが、 「モール温泉」でも知られます。植物由来の褐色のお湯で、 むかしは、ドイツと日本(十勝)、 世界に2カ所しかありませんでした。 全国いろいろな温泉に入っている私ですが、モール温泉は初体験 保湿性に優れ、肌がつるつるに♪ 北海道遺産にも認定されています。 モール温泉についてのウィキペディア https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A2%E3%83%BC%E3%83%AB%E6%B3%89 モール温泉の露天風呂付きの客室もあります。 雪の日は、笠をかぶって入るのだとか。楽しそう(*^_^*) 全11室。部屋にはすべて小説の名前が付けられていて、 その小説が客室に置かれてあります。 階段の踊り場に設けられたライブラリー。 本好きにはちょっと嬉しい場所です。 中川さん、お時間いただきありがとうございます(*^_^*) 経営ジャーナリストでホワイト企業大賞委員の瀬戸川礼子でした。 ※ ☆.。₀:*゚✲゚*:☆ ☆.。₀:*゚✲゚*:☆ 人生哲学について、おもてなしの極意、社員教育のこと、

Read More

すでに使いまくっている人も多いかと思うが、本日10月5日はPayPayの20%還元祭だ。消費税が10%になってからPayPayは、最大10%を還元する「まちかどPayPay」というキャンペーンを実施しているが、国が進めるキャッシュレス還元施策との組み合わせのため、大手のスーパーマーケットなどは対象外。しかもキャッシュレス還元対象店舗であってもまちかどPayPayのポスターの掲示がない場合は、最大の10%還元にはならず、意外と使いどころが難しかった。 50回に1回の確率で全額還元もある。こちらの還元上限は10万円だ 一方の20%還元祭は、金融機関の口座からチャージしたPayPay残高で支払うだけでもれなく20%還元を受けられる。1回あたりの還元上限は1000円、1日あたりの還元上限は5000円。さら50回に1回の確率で10万円を上限に決済金額の全額が戻ってくるくじもある。こちらの還元上限はなんと10万円だ。ソフトバンクやヤフーモバイルの回線、Yahoo!プレミアム会員への入会の必要もなく、20%還元となるうえ、クジの当選確率もすべての人が50回に1回の確率という大判振る舞いの内容だ。 1回あたりの還元上限は1000円、1日あたりの還元上限は5000円 しかし、20%の還元を受けられないケースもある。まず当たり前だが、1秒でも10月5日より前日、もしくは後日の場合は20%還元とはならない。また、ヤフーカードをPayPayと連携させていて決済に使う設定にしている場合は19%の還元となる。ヤフーカード以外のクレジットカードの場合は、20%還元祭の対象外なので通常の2もしくは5%のキャッシュレス還元しか受けられない。 例外的なのが、10月5日の0時11分から0時27分までの約16分間にPayPayで決済した場合に還元率が1.5%などになっているケースだ。PayPayによると、これは不具合で20%還元の条件を満たしている場合は後日きちんとと20%還元が付与されるとのこと。対処法は待つしかないのだが、とりあえず安心だ。 本日はPayPayの利用者が多いせいか、還元付与額がすぐに表示されないケースや、PayPayそのものが使えなくなるケースも出ている。後者の場合は、「支払い画面に進む」をタップしよう。それでもダメなら一度PayPayを終了させて再度起動すると使えることがある。 なお決済確認画面の閉じるボタンの右上にある「>」をタップすると、あといくらまで還元を受けられるか確認できる。 【2019.10.5 19:45訂正】初出時、20%還元が受けられない時間帯の表記に誤りがありました。お詫びして訂正いたします。

Read More

富山大学は1月17日、数が激減している高級香木、「沈香」(じんこう)の香り成分を生み出す酵素の解明に、世界で初めて成功したと発表した。沈香の香り成分がどのようにして植物の中で組み立てられるかを明らかにしたこの発見が、香り成分を生産する人工沈香の栽培につながるという。これは、東京大学大学院薬学系研究科、北京中医薬大学、北京大学との共同研究によるもの。 沈香の香り成分は、ジンチョウゲ科ジンコウ属の牙香樹、沈香樹、沈香木から生み出され、香料としてはもちろん、精神作用を持つ生薬としても珍重されている。しかしそれは、細菌の感染や摂食生物の脅威にさらされたときにのみ生産され、長時間そのような状態に置かれることで十分に蓄積されるというものだ。その木があっても、こうした条件が整わなければ香り成分は得られないため、希少性が高い。人工的にストレスを与える試みもなされているが、なかなかコストに見合わない。稀少な故に密栽も絶えず、さらに数を減らしているのが現状だ。 研究グループは、牙香樹の培養細胞にストレスを与え、香り成分と相関して発現する酵素遺伝子を発見した。そこから遺伝子技術を用いてその遺伝子が牙香樹の香り成分の基になる化合物を生み出すことを突き止め、沈香の香り成分の生産に関わる酵素を明らかにできた。 この酵素がわかったことから、牙香樹などの植物にストレスを与えたときの酵素遺伝子の発現を詳細にモニタリングすることで、香り成分の生産と蓄積が予想できるようになるという。この酵素遺伝子が発現しやすいストレス条件を解明すれば、香り成分を多く含む人工沈香の栽培も可能になると、研究グループは期待している。 画像クレジット:Daria Rom on Unsplash

Read More

画像クレジット:TechCrunch 昨年のiPhoneは、私にとってはちょっと特異な存在だった。私は当時の新機種、iPhone XSをレビューしたものの、最終的に自分で選んだモデルは「廉価版」のiPhone XRの方だった。その理由は、主に本体の見た目の美しさ。技術的にバランスが取れているのはもちろん、私が好きな色、青のiPhoneが手に入るというだけで、気もそぞろという状態になっていた。この1年で、自分の選択を悔やんだことは一度もない。色は別にしても、XRは素晴らしいデバイスだった。もちろん今でもそうだ。 iPhone XRを選ぶという決断は、色の好みや、いくつかの技術的な違いを喜んで受け入れることよりも、根本的なレベルで重い意味を持つものだった。視覚に障害を持つ人間として、XSを選ばなかったのは、それ自体が重要なアクセシビリティ機能の1つとも言えるOLED画面を、あえてあきらめたことを意味する。OLEDなら、私にとってデバイスのアクセシビリティが向上することが分かっていたのにだ。後になって思えば、XRという、客観的に見ればよくない方の機種に決めたという事実は、それが製品としてどれだけ魅力的に感じられたかを雄弁に物語っている。そして製品の色という要素が、根源的な、大きな喜びをもたらすか、ということも。 今年のモデルには、青いiPhoneは用意されていない。選択の基準として、色という感情を刺激する要素がなかった場合、実際に今購入できるiPhoneの中で、iPhone 11 Pro Maxが、私にとってベストな、もっとも優れたアクセシビリティを提供してくれるiPhoneであることを、改めて思い知った。 OLEDはなんと素晴らしい Apple(アップル)は私に、レビュー用として2種類のモデルを貸し出してくれた。1台は白のiPhone 11、もう1台はミッドナイトグリーンのiPhone 11 Pro Maxだ。この記事の執筆時点で、これらのiPhoneを手にしてから2週間近くが経過し、それぞれほぼ1週間ずつ使い込んでいることになる。また、比較用として、1年前の自分のXRも手元に置いている。 私は以前にも、それなりに長期間、OLEDディスプレイを使っていたことがある。以前に持っていたiPhone Xもそうだったし、大きさを気にしなければ、Apple Watchもみんなそうだ。1年ほど自分のXRのLiquid Retina液晶画面を使ったあとで、再びOLEDに戻ってみると、それはまさに目を見張るような感覚だった。視力が悪い私でも、XRと11 […]

Read More

まず濃霧が発生し、そして雪が降った。しかしそんな悪天候も、Mercedes(メルセデス)のフラッグシップEVや最新型SLのAMGモデルにとってはお構いなしだ。 AMGチームが手がけたMercedes EQSと最新のSL Roadsterは、性能、高級感、快適性、テクノロジーとどこをとっても完璧である。 関連記事:あらゆるテクノロジーが詰め込まれたメルセデス・ベンツEQS 2022年モデル、350ものセンサーで実現された数々の新機能 メルセデスAMGによる2022年型SL Roadsterには、1950年代後半に登場した初代300 SL Roadsterを包んでいた魂のようなものが、今もなおその根底に流れている。当時、ハリウッド黄金時代のエリートたちが選んだこのクルマだが、現代ならジョージ・クルーニーやヘレン・ミレン、ラン・ザ・ジュエルのキラー・マイクらがこの最新版オープンカーのハンドルを握ってイベントに繰り出す姿を容易に想像できる。 Mercedes-AMG SL 63 4Matic+(画像クレジット:Mercedes-Benz) AMG SL Roadsterが前世紀にルーツを持つジェームズ・ボンド的存在なら、AMG EQSはアイアンマンといえるだろう。現代のあらゆるテクノロジーを駆使しているという点はRoadstarと同様だが、それをよりスタイリッシュに実現している。 AMG SL […]

Read More

SBIホールディングスとZホールディングスは10月10日、各社のグループ会社同士の複数の業務提携を発表した。Zホールディングスの代表取締役社長兼CEOを務める川邊健太郎氏は提携の狙いについて「インターネットで金融をもっと便利で身近なものにしていく」と語った。 Zホールディングスの代表取締役社長兼CEOを務める川邊健太郎氏 具体的には、SBI傘下のSBI証券とZ傘下のヤフーが証券事業で、SBI傘下のSBIリクイディテイ・マーケットとZ傘下のワイジェイFXがFX事業で、SBI傘下のSBIネット銀行とZ傘下のジャパンネット銀行が銀行事業でそれぞれ提携する。 今後は、Yahoo! JAPANとSBIグループの金融サービスでシングル・サインオンによってシームレスにつなぐことを計画しているという。両社によると、SBIグループの顧客基盤はのべ2500万人、Zホールディングスの各種サービスの月間利用者数は6743万人となっており、これらのユーザーがYahoo!とSBIの金融サービスを相互利用しやすくなるわけだ。 両社の連携によって蓄積されるデータについては、ユーザーの権利、個人情報保護を尊重しつつ、ユーザーの許可を得ることを大前提としての利活用を進めていく。両社はFXや銀行などの事業で競合関係にあるが、FXについてはユーザーの便益を極大化する目的のための提携であり、顧客の取り合いなどの競争にはならないと考えていると語った。銀行事業については、既存の事業については今後も切磋琢磨して競争していくものの、一方が提供してないサービスついては協力体制を進めていくとした。 Zホールディングスは、10月1日に会社分割(吸収分割)により、旧・ヤフーから商号(社名)を変更した持株会社。Zホールディングスの傘下には、金融中間持株会社としてZファイナンスもある。 SBIホールディングスは、もともとはZホールディングスやヤフーと同じソフトバンクグループで金融事業を手がけていた企業。2006年にソフトバンクグループから完全独立を果たしている。SBIの略は、当初はSoftBank Investmentだったが、独立後はStrategic Business Innovatorとなっている。

Read More

Google(グーグル)は新しいYouTube MusicでSpotifyやApple Musicに対する巻き返しを図っている。YouTubeの最高プロダクト責任者、Neal Mohan(ニール・モーハン)氏は米国時間10月2日、米国サンフランシスコで開幕したTechCrunch Disruptに登壇し、Discover Mix、New Release Mix、Your Mixというプレイリストを提供することを発表した。この3種類のプレイリストによりYouTube Musicの音楽ストリーミングは高度にパーソナライズされる。 Discover MixはSpotifyのDiscover WeeklyのYouTube Music版だ。これは9月に一部のユーザー向けにベータ版が公開されていることが報じられていた。ただし今後は全てのユーザーが利用できるようになる。他の2つのプレイリストはまだまったく公開されていない。 モーハン氏は次のように述べた。 YouTube Music自体が最初にリリースされたのは数年前だが、その後我々はサブスクリプションサービスのYouTube Premiumを71カ国でスタートさせた。その結果、ユーザーから多数の貴重なフィードバックを得ることができた。 ここで繰り返し教えられたことのひとつは、音楽を愛好する人間と機械学習のコンビによる音楽の発見や推薦をユーザーは大変気に入っているということだった。そこで我々はこの機能をYouTube Musicアプリの中心に据えることにした。 […]

Read More

航空業界は、AT&TとVerizon(ベライゾン)が新しいCバンド5Gネットワークを起動する米国時間1月19日に「破局的な」危機をもたらす可能性があると主張している。ロイターが入手した書簡の中で、Delta(デルタ)航空、United(ユナイテッド)航空、Southwest(サウスウエスト)航空など、米国の主要な旅客・貨物航空会社数社のCEOは、5Gセルタワーからの干渉が、航空機に搭載されている繊細な安全装置に影響を与える可能性があると警告した。 この書簡は、ホワイトハウス国家経済会議、連邦航空局(FAA)、連邦通信委員会(FCC)、およびPete Buttigieg(ピート・ブティジェッジ)米運輸長官に送られたもので「主要なハブ空港が飛行可能な状態にならない限り、旅行者や輸送者の大部分が実質的に運行停止となる」と述べている。「航空旅客、荷主、サプライチェーン、必要な医療品の配送への重大な影響を避けるためには、早急な介入が必要」とも。 航空会社は、AT&TとVerizonに対し、米国で最も繁忙で重要な空港の2マイル(約3.2キロメートル)以内で5Gサービスを提供しないよう求めている。また、連邦政府に対しては「壊滅的な混乱を起こさずに安全にサービスを実施する方法をFAAが見極めるまで、タワーが空港の滑走路に近すぎる場合を除いて5Gを展開する」ことを求めている。連邦航空局は1月7日、50の空港で5Gバッファーゾーンを設定した。 今回の書簡は、航空業界とワイヤレス業界の間で続いている一進一退の攻防における最新の進展だ。AT&T、T-Mobile、Verizonの3社は、FCCがオークションにかけたCバンドの再利用周波数を確保するために、2021年初頭に約800億ドル(約9兆1700億円)を投じた。11月、AT&TとVerizonは、FAAが干渉の懸念に対処するために、Cバンドの展開を2022年1月5日に延期することに合意した。両社はその後、空港近くの電波塔の出力を制限することを提案し、1月4日にさらに2週間延期することで合意した。 編集部注:本稿の初出はEngadget。著者Igor Bonifacic(イゴール・ボニファシッチ)氏は、Engadgetの寄稿ライター。 画像クレジット: [原文へ] (文:Igor Bonifacic、翻訳:Aya Nakazato)

Read More