昨日までの気温に比べると少しだけ下がった気がする本日、久しぶりにチビッコバイクを走らせてきました。 乗らな過ぎてそろそろガソリンが腐りそうなKSR80を約120キロほど走らせて、新しいガソリンを満たすのが本日の目的でした。 いつもの様に房総半島をやや暴走気味に走ったのですが、そこは原付2種!ほぼアクセル全開でもスピードはそこそこ・・・命の危険を感じる事もなくストレスの無い半日になりました。 確かに大型のCB1100で走る事は楽しいのですが、CBでアクセル全開にするのは(公道では)ホボ不可能に近く、出来たとしてもホンの一瞬!必ず付録するオマケは「命の危険と免許証喪失」の可能性です。 コレだからチビッコバイクは手放せないのだなぁ~と今さらながら実感した次第です。 では表題のなんっこん?について書きましょう。 なんっこん?(その①) 標準語=どういう事?冒頭写真をご覧ください。これは金山ダムに繋がる川の本日の水位です。普段なら水が満々と溜まっているのですが、こんなに干上がっていました。 この数日の関東はゲリラ雷雨でアチコチで水が溢れているのに、肝心のダムは水が不足しているようです。 千葉は本日も稲刈りを行っていましたが、稲刈りには好適な乾燥状態でも、秋の水不足を思うと・・・本当に困った2018年の夏ですね。 なんっこん?(その②) これは私が春からハマっているファミマのアイスカフェオレ。これが気に入った理由は他のコンビニと同じ価格なのにキャラメルやシナモン、ヘーゼルナッツなど4種類のフレーバーを自由にトッピングできることでした。 本日も勝浦のファミマで休憩時に購入しましたが、ナント言う事でしょう!私「あのー?4種類のフレーバーシュガーが無いのですが?」店員「もう期間終了なのでありません」私「今後はズット無いという事ですか?」店員「はい。もう終了です」私「そうですか。。。」しょぼ~ん このサービスは恒久的だと思いこんで、友達にも勧めていたのに・・・期間限定とは知らなかった。 これでファミマでコーヒーを買う理由が無くなりました。ササヤカな楽しみだったのに、本当に残念です。 悔しいから今年は豊漁で美味いという秋刀魚でも沢山食べて憂さをはらしましょうぞ!(なんの脈絡もないね) さて今年も恒例の「黒川青少年野外活動センター」で開催するイベントが近づきました。「10月21日・日曜日」今年は目からウロコの燻製教室を予定しておりますので是非、ご参加くださるようにお願い致します。詳しい情報はコチラからhttp://www.kurokawa-yagai.com/9-syusai-sidousya.htm駐車場はありませんが、バイクならとめられます。既にFBでもお知らせしておりますが、どうぞ宜しくお願い致します。

Read More

大人気タイムスリップ風呂マンガ、テルマエ・ロマエ4巻。 とりあえず… あれだ、予想はされていたことだけど「聖☆お兄さん」同様、失速してきたなぁ…と…。そして映画化・アニメ化を控え、ダメな方向に一般大衆向けになってきた感が。これは次巻でフツーの恋愛ものっぽくなったら切るレベル。 テルマエ・ロマエ IV (ビームコミックス)エンターブレイン 2011-12-22 ヤマザキ マリ Amazonアソシエイト by 今回おもしろくなかったのは、風呂の話があんまりなくて、人物紹介とかタイムスリップのお約束とかが多かったせいもあるんだが、何より一番の問題は新ヒロインのさつきが今ひとつ気に入らないことだと思う。 ローマオタクが嵩じて考古学者になった美人舞妓だとぅ? 好みのタイプは「誠実な人」で、古代ローマ人に会いたい願望があって、温泉宿の娘とか、ご都合主義にもほどがあるだろう。設定からしてルシウスにくっついてローマいっちゃう系だろこれ。見え見えすぎる。ラブロマンス要素などいらぬ。 あと古代史オタクで「好きなキムタクなぁに」って聞かれて「あたしカエサル(はあと)」とか答えちゃうくらい空気読めない子なのに美人なだけで学校一のイケメンにデート誘われてるとか無ぇよリア充爆発しろ。 いいか、現実の文系オタク女は大体、素がよくてもノン化粧で髪型は後ろ一つ縛り一択で服も地味で全体的に女性的な魅力に乏しいイモい感じだぞ? 現実を見よう現実を。 しかもここまで空気読めない子だとまず普通の友達は出来無いと思う。友達いないのは当然の流れ。どんなジャンルのオタクにしろ人のわからんことを主張しまくりなのはちょっとな。人としてそれはどうかと。部屋を好きな歴史ネタのグッズで埋めるくらいなら私もやったが、流石に友達くらいはいたぞっていうか、普通に話してたら多少は友達くらい出来るだろJK。ほんとに頭いいヤツは、勉強も良く出来てコミュニティもソツなく形成できるんだよ…。友達出来無いほどコミュ障だと、まず自分の考えを他人に説明する能力とかも足りてないから文系の論文は書けないんじゃないか。 あと好きなモノに一直線で勉強バリバリやっていながら生まれつき美人で踊りも上手いとかいろいろ属性付加し過ぎだと思うの。「ちはやふる」の千早みたく、美人は美人だけどカルタにハマりすぎて友達いねーし勉強出来無い子っていう一方向突出型の設定だから良いのに。 え? 同性のひがみ? 同族嫌悪? そうザックリ言うな(笑) まあぶっちゃけそうかもしれないが、なんかこう、このさつきっちゅー子とは根本的に合わない気がする…。どうしようもなくギリシャオタクな女性学者とか、エジプトマニアの美人なおねーさんとか、突き抜けた友人は何人もいるが、彼女らは「他人も俺と一緒に楽しめ!」的な雰囲気を持っているから付き合って楽しいと思うんであって、一人で黙々と自分の世界にひたりきる系の古代史オタは同じジャンルの古代史オタからも敬遠されるような気がするんだよな…。 結論:敗因はルシウスを差し置いて日本女が出張りすぎたこと風呂要素少なめで残念今回はルシウスがあまり酷い目に合っていない ←おい 時空を超えたラブロマンスは王家の紋章とか天は赤い河のほとりでお腹イッパイなんで、それメインにはしないでほしいところだ…。 #みおさんに「君に似てる」って言われたのがちょっとショック#私はそこまで空気読めなくはないぞ!!

Read More

新規事業開発、DX推進などプロジェクト推進支援を行うコパイロツトは、2021年6月に提供を開始した。定例会議・ミーティングを活用して不確実性の高いプロジェクトを最短で成功まで導くクラウドサービス「SuperGoodMeetings(SGMs)」の少人数向けプランを開始した。 同社は、2005年の創業以来、100社以上の企業にプロジェクト推進支援を実施。現在は、主に新規事業開発やデジタルマーケティング、DX(デジタルトランスフォーメーション)など大型プロジェクトの推進支援を行い、そのスキルセットを普及させるためSGMsの開発、提供を行っている。 定例ミーティングを活用したプロジェクト推進支援の経験から生まれたプロジェクトマネジメントSaaS SGMsは、熟練のプロジェクトマネージャーたちが行っているファシリテーションや会議術を、誰でも簡単に実践できるようにしたウェブサービスだ。定例会議・ミーティングと合わせて利用することで、多様なメンバーを取りまとめ、複雑性の高いプロジェクトを着実にゴールへと導いていく。同サービスには、長年にわたり、コパイロツトで数多くのプロジェクト支援を手がけてきたメンバーの知見やノウハウが盛り込まれている。このサービスでは「プロジェクトの目標は何か」「いつまでに何をすべきか」「今、この会議で何を議論すべきか」を徹底的に可視化する。 会議運営を支援するのはプロジェクトをさらに推し進めるため コパイロツトではこれまで、数々のプロジェクト推進支援を行ってきた。その経験から新規事業開発などの不確実性の高いプロジェクトにおいては、定例会議・ミーティングをより良い場にすることが、プロジェクトの質を上げることにつながるという仮説を立てている。 「Slackなどの非同期ツールで反応があまりない人がいる場合、その人の性格というよりも、プロジェクトの理解が足りていなかったり、関係構築ができていないことがその原因になっている場合もあります。定例会議で良く交流できていれば。非同期のコミュニケーションも円滑になるのではないでしょうか」と同社共同創業者の定金基氏はいう。そのため、SGMsは定例会議をベースにしたプロジェクト管理ツールとなっている。各自がマイルストーン(中間目標)を立てて、状況を書き込めるようになっており、定例会議で「いま何を意思決定すべきか」の状況把握がしやすく、議論を促す設計になっている。 左から共同創業者の定金基氏、プロダクトCOOの高山道亘氏 ツールの開発のきっかけは、社内にあったプロジェクト推進のための知見を体系的に整理し、メソッドとして社外に広く公開したことだ。そのメソッドを実践するために、Officeなど自由度の高い既存のツールや、その他のプロジェクト管理ツールなどを試したが、プロジェクト推進のための会議運営には特化していなかったため、限界があると感じた。そこで開発されたのがSGMsだ。開発にあたり、よりプロジェクトの参加者がプロジェクト全体の状況を理解し、自律的に動けるようになる環境づくりを支援する設計を意識した。 プロダクトCOOを担う高山道亘氏は「ユーザーのみなさまからは、『資料が点在せず、議事録、タスク、アジェンダが一元管理できた』『参加者のロール(具体的に何をすればいいか)が明確になった』といった声が寄せられています。今後は、よりチームとして使いやすくなるような機能の拡充や、他サービスとのAPI連携も視野にプロダクトを育てていきます。まだまだ一部の方にしかアプローチできていないので、分野・チーム規模に関わらず、プロジェクト推進に関わるすべての方に知っていただきたいですね」とプロダクトの拡張に意欲を示している。 スタートアップなどの少人数向けプランも登場 SGMsは、アカウント数制限なし、1プロジェクトまで無料。これまで有料プランは大規模利用向けの月額8580円(税込)のものだけだったが、2021年11月にスタートアップなどの小さなチームでも導入しやすい月額880円(税込)のプランが追加されている。 また、SGMsを使用したプロジェクト推進コンサルティングパッケージも展開している。 これまで従来のクライアントに導入を推奨してきていたが、広く多くの方に使って欲しいということからプランを拡充している。多様なメンバーで、変化の激しいプロジェクトに取り組んでいる幅広いチームに、ぜひ利用してみて欲しい。

Read More

一番手のキュウリはそろそろ支柱の天辺に届く頃だねえ。となると芯を止めなければ。 止めないやり方もあるけど、一般的には止めた方がいいと思うけどね。 そのキュウリはこちらだよ。 大体これで180センチくらいかなあ。 でも竹の支柱が180のものを使っているので、蔓そのものは160くらいかねえ。 でも、そろそろ芯切りの時期だよ。 これ以上伸ばしても大きな実は採れないからね。 やり方としてはこのまま横に伸ばす方法もあるんだけどね。 それとズルズルと引き下ろして、再び親蔓を伸ばす方法もあるしね。 でもどちらもあまりお勧めではないんだなあ。 それよりは二番手三番手をつくる方が、美味しいキュウリが出来るように思うねえ。 芯を止めるのは簡単で。 一番先端のこの部分をプチッと切ってやればいいだけでね。 ほら、これでお終い。 次は脇芽の処理だねえ。 これこそが芯を止めた後の大事な処理なんだよね。 芯を止めると次々と脇芽、つまり子蔓が出て来るんだよね。これを適切に処理するのが方策の極意なんだよね。 今はまだ子蔓は少なくて、ようやく出始めたくらいなので、モデルさんが少ないんだねえ。 これなんかはようやくというところだけどね。 実はキュウリも一枝一果法なんだよね。 ちょっとわかりにくいけど、これが脇芽というか子蔓で、蔓の影に隠れて見にくいオレンジの矢印がこの子蔓の第一果だねえ。 それできいろで○をした葉を2枚残して先を切ってしまうんだ。 そう赤の線のところだねえ。 つまりこの子蔓はこれ一個しか実を生らせないという、まさに一枝一果のやり方なんだねえ。 それでこの実が大きくなる頃にはこの子蔓から更に孫蔓が出て、これにも実が生るんだねえ。これも同じように葉を2枚残して切ってしまうんだよ。 どうよ、ナスの一枝一果法と全く同じやり方をするんだねえ。 それで上手にやると一株で30本とかは普通に採れるからね。 上手な農家さんだと100本採るというから凄いだろう。 で、これが切ったところ。 実はこれは今日の映像でね。 あ、これは本当は昨日の話でね。 もう飲み過ぎて酔っ払ってしまって、寝てしまったので記事は書けなかったんだよね。 それで今書いているのは昨日の話なんだ。 それで昨日撮った写真がピンぼけでどうしようもないので、同じところを今日撮り直したということなんだねえ。 キュウリがちょっと大きくなって垂れてきているだろう。 それで黄色の〇印をした葉を残して、赤の矢印のところで切ってしまうんだねえ。 これがキュウリの脇芽処理だよ。 これを放置してしまうと、なかなか食べられるようなキュウリにはなりにくいのでね。 もちろん脇芽にも節々にキュウリは生るので、そこそこ収穫は出来るんだけどね。 でもなかなか大きくはならないよ。  大きくなる前に黄色くなって落ちてしまうからねえ。 まあ、キュウリのやり方も色々あってね。 地這いに近いやり方もあるし、横に横にと伸ばすやり方もあるし、一度下に引き下ろすのもあったりしてね。 まあ、その辺りは作り手の好みなので、どれがいいとか悪いとかは言えないんだよね。 そうは言いながら、そろそろ二番手のキュウリを植え付ける時期に来ているので、準備をしなければ。 そう、芯を止めて脇芽の処理が始まる頃には、二番手を植え付けなければ。 ところで、今日は珍しくいい天気で。終日青空だったよ。 明日もいい天気らしいんだけど、夕方には曇って明後日には雨の予報。 まあ、台風の進路にもよるらしいんだけどね。 その後はズーッと雨の予報で、急ぐものは明日のうちにやってしまわないと。 さあ、何処まで出来るのかなあ。 ありがとうございます。 明日もきっと良い日であります。 ヒゲおやじ

Read More

TechCrunch Global Affairs Projectは、テックセクターと世界の政治がますます関係を深めていっている様子を調査した。 2021年10月上旬の4日間にわたって、約150機の中国軍用機が台湾の領空を侵犯し、台湾と米国からの批判を招いた。このように台湾海峡で緊張が高まる中、台湾の祭英文総統は米国軍は台湾兵士と台湾国内で軍事演習を行っていると発表した。これに対し中国の外務省は、台湾の独立を支援すれば軍事衝突をもたらすだけだと警告した。10月末、米国国務長官Antony Blinken(アントニー・J・ブリンケン)氏が中国外相Wang Yi(王毅)と会見して、台湾地域での現状変更の動きを控えるよう要請したまさにその日に、さらに8機の中国軍用機(うち6機はJ-16戦闘機)が台湾の領空を侵犯した。 1979年、米国は、中華民国(台湾)が中国本土、つまり中華人民共和国の一部であることを承認した。このときから中台関係の変遷が始まり、現在の状態に至る。中国は長期にわたって台湾併合を望んでおり(中国は台湾をならずもの国家と考えている)、軍事侵攻によって強制併合する可能性を決して除外していないが、米国が台湾を軍事的に防衛するかどうかについて戦略的にあいまいな態度をとってきたため、台湾併合を阻止されてきた形になっている。そして近年、台湾が半導体産業で重要な役割を果たすようになってきたため、状況はさらに複雑化の度を増している。 世界の半導体産業における台湾の重要性 台北本拠の調査会社TrendForce(トレンドフォース)によると、台湾の半導体受託製造業者は、2020年時点で、世界のファウンドリ市場の63%のシェアを獲得しているという。詳細を見ると、世界最大の受託チップ製造業者Taiwan Semiconductor Manufacturing Company(TSMC)だけで世界のファウンドリ市場の54%のシェアを確保している。さらに最近のデータによると、Fab 14B P7で停電が発生し製造がストップしたにもかかわらず、TSMCは依然として、2021年の第2四半期で世界のファウンドリ市場の約53%を占めている。 台湾のファウンドリ(TSMCを含む)はほとんどのチップを製造しているが、それに加えて、携帯電話から戦闘機まで、すべてのハイテク機器に内蔵されている世界最先端のチップも製造している。実際、TSMCは世界の最先端チップの92%を製造しており、台湾の半導体業界は間違いなく世界で最も重要視されている。 そして、当然、米国と中国の両国も台湾製の半導体に依存している。日経の記事によると、TSMCは、F-35ジェット戦闘機に使用されているコンピューターチップ、Xilinx(ザイリンクス)などの米国兵器サプライヤ向けの高性能チップ、DoD(国防総省)承認の軍用チップなども製造している。米軍が台湾製のチップにどの程度依存しているのかは不明だが、米国政府がTSMCに対して米国軍用チップの製造工場を米国本土に移転するよう圧力をかけていることからも台湾製チップの重要さの程度が窺える。 米国の各種産業も台湾製半導体に依存している。iPhone 12、MacBook Air、MacBook […]

Read More

震災から2年半の9月11日夜、NHK総合で「花は咲くスペシャル~東北から世界へ」が放送された。この復興支援ソングができたのは、確か震災から1年目。それから1年半で、この歌は日本は勿論、世界中に広まった。インドネシア、ブラジルで、このところぎくしゃくした不幸な間柄にある韓国でも歌われていた。予想を上回る拡がりだった。英国のヴォーカルグループ、イル・デイーヴォの「この歌は私たちの心を和ませる」という言葉が急速に広まった理由を語っていた。確かに「花は咲く」は聴く者、歌う者を和ませる。そして、どこか涙を誘う。番組後半は南三陸町伊里前の人々のドキュメンタリーだった。亡き人への想いに引き裂かれつつ、この歌に背中を押され歩む人々の姿。家人とともに「年をとると涙もろくなる」と言いながら、何度もまぶたを濡らした。いい番組だった。この歌が涙を誘うのはなぜだろう。番組では触れなかったが、この歌の隠された側面を紹介したい。 「花は 花は 花は咲く わたしは何を残しただろう~~」。歌詞をたどっていくとあることに気付く。「かなえたい夢もあった 変わりたい自分もいた 今はただあの人を思い出す」。不思議なのはその先だ。「誰かの歌が聞こえる 誰かを励ましている 誰かの笑顔が見える」。励ましているのは、笑っているおは誰なのだろう?その先は悲しみの向こう側だ。そして続く。「花は咲く わたしは何を残しただろう」。私を忘れないでと訴える。そう、歌い手の一方は死者なのだ。亡くなった人が歌っているのだ。そして、生き残った人が亡くなった人を偲んで歌いかける。この歌は生者と死者が歌い交わしているのだ。このことに気付かせてくれたのは、旧知の山形孝夫氏(宗教人類学、元宮城学院女子大学学長)だった。今年の1月中旬のある日、山形さんから電話があった。「花は咲く」の作詞者に話を聞きたいという相談だった。あの歌は死者の語りを取り入れたものではないかという。NHK/OBなら何か手づるがあるのではといことだった。直接のインタビューはかなわなかったが、「花は咲く」のHPを検索すると、作詞者、作曲者が想いを語っていた。山形さんはインターネットをやらない。早速このことを知らせた。 作詞の岩井俊二さんはこう語っていた。仙台出身の映画監督である。「難しい仕事でした。さてどうしたものかと思案する中、被災した石巻の先輩が語ってくれた言葉を思い出しました。『僕らが聞ける話というのは生き残った人間の話で、死んでいった人間たちの体験は聞くことができない』。生き残った人たちですら、亡くなった人たちの苦しみや無念は想像するしかないのだと。亡くなった人たち、生き残った人たち、あの震災を遠くから心配していた人たち、3・11から今に至るまで、それぞれが一体どんな思いをしているのか、数行ではとても描きようもない想いの、せめて僅かな片鱗でも書き留めることができたら、という想いで書きました」。 再建された集会所に花を植える。6月29日、仙台市三本塚。山形さんの指摘を裏付けるものだった。とすれば「花は咲く」は日本の文化史上でも大きな意味を持つという。山形さんによるとこうだ。日本の近代仏教は死者の語りをタブーとしてきた。死者の語りは平穏な社会秩序をおびやかす呪いや、亡霊の怨嗟の声とみなされ、封じられてきた。かつて平家物語を語って歩いた琵琶法師は、滅亡した平氏の無念を語った。やがて、彼らは仏教界から追われていった。明治以降の戦争では、戦死者は愛国者として顕彰され、死者の無念が語られることはなかった。これが、明治以降の日本の精神文化だった。山形さんはこう指摘する。確かに、死者の語りはイタコなど土着的な信仰などに痕跡をとどめる程度だった。そのタブーを破ったのは数年前に流行した「千の風になって」だった。「私のお墓の前で泣かないでください」と歌う主役はまぎれもなく死者だった。そして、「花は咲く」は一歩進んで、死者と生者が歌い交わすものとなった。山形さんの指摘は著書「黒い海の記憶」に詳しい。 震災では2万人もの人々が亡くなった。被災地には、無数の死者の想いが漂っている。岩井さんが言うように、それは決して避けて通れるものではなかった。「花は咲く」はこうした私たち共通の想いの中から生まれた。涙を誘うのはこのためである。勿論、それは悲しみの涙ではない。t語りかける死者は生き残った私たちを励ます。共に未来へ歩もうと、希望にいざなう涙である。勿論のこと「花は咲く」が広く受け入れられたのは理屈のゆえではない。人々の琴線にふれたからである。歌を紹介する映像には、東北にゆかりの歌手や俳優を中心に、36人が登場する。ワンフレーズずつ歌うのが、被災した人々や土地へ寄せる私たちの想いを代弁してくれる。 「花は咲く」誕生の事情を、制作の中心になった讃岐好伸デイレクター(平成4年入局)に聞いた。本部と仙台局でつくる震災プロジェクトの事務局員だ。作詞、作曲を依頼したのは震災の年の秋。まず仙台ゆかりの人を選んだ。作曲の菅野よう子さんも宮城出身だ。ほどなく、曲と詞が同時にできた。死者の声を詠み込んだ歌詞はチームでも議論になった。しかし、亡くなった人たちとの対話は欠かせないという岩井さんの意思を尊重することにした。文化史的な意味は意識した訳ではないという。聞くと讃岐デイレクターは仙台が初任地で、その後も震災の2年前まで2年勤務したという。被災地をよく知るチームだからこそ、いい歌は誕生した。古巣、NHKの後輩たちの健闘を誇りとしたい。(了)

Read More

英国のコメディアンのSacha Baron Cohen(サシャ・バロン・コーエン)氏がソーシャルメディア規制に関するディベートに割って入った。米国時間11月23日、Anti-Defamation League(名誉棄損防止同盟)の受賞スピーチで、映画「アリ・G」と「ボラット 栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習」の主演で知られる同氏は、Facebookの創業者であるMark Zuckerberg(マーク・ザッカーバーグ)氏によるプラットフォーム規制に対する「でたらめ」な反論を的確にこき下ろした。 スピーチは全篇を見る価値がある。コーエン氏は「史上最大のプロパガンダマシン」(別名ソーシャルメディアプラットフォームの巨人)の問題点と修正方法を明快に伝えた。数十億人に向けて拡散することが許されないコンテンツの基本的な基準を定めた放送局スタイルの規制が必要だと言う。 「客観的真実などというものは存在しない」とコーエン氏は言う。「事実は存在する。そしてもしインターネット企業が本気で差別化したいと思うのなら、実際にモニターするモニター要員を十分な数だけ雇い、ADLやNAACPなどの団体と密に協力して事実にこだわり、はびこるウソや陰謀を彼らのプラットフォームから追い出すべきだ」。 ソーシャルメディアを「我々の民主主義、時には世界をも脅かす偏見と悪意に満ちた陰謀論の掃きだめを広めている」と攻撃するコーエン氏は、言論の自由はリーチの自由とは違うと指摘する。「これはインターネットを作った人たちが想定したものではありえない」と彼は語る。「今こそソーシャルメディアとそれで拡散される憎悪や陰謀や嘘について、根本的に考え直す時だと私は信じている」。 そしてコーエン氏は、「ヴォルテールは正しかった。『不条理を説く者たちは、残虐行為を強いる』。ソーシャルメディアは権威を振りかざす者たちが数十億の人々に不条理を強いることを許している」と付け加えた。同氏はザッカーバーグ氏の、「言論の自由」に名を借りてソーシャルメディア規制に反論しようとしたジョージタウン大学での講演も切って捨てた。 「これは誰かの言論の自由を制限する過問を問題ではない。これは歴史上もっとも非難されるべき人々を含む人々の手に、世界の1/3にリーチできる史上最大のプラットフォームを与えるかどうかの問題だ。「私たちはこれらの企業に、社会全般における言論の自由の境界線を決めてほしいと言っているのではない。自分たちのプラットフォームに責任をもって欲しいだけだ」とコーエン氏は続けた。 政治家が金を払って嘘や忌まわしい言論を広めることを許しているFacebookの道徳的に破綻した立ち位置について、コーエン氏はこうも言わずにいられなかった。「彼の屁理屈従うなら、もしFacebookが1930年代に存在していれば、ヒトラーが『ユダヤ人問題』の解決方法について30秒広告を流すことを許していただろう」。 なんということだ。スピーチの中でYouTubeも、顧客獲得重視のアルゴリズムによる推薦エンジンが陰謀論者のAlex Jones(アレックス・ジョーンズ)氏のビデオを何千回も推奨していることを批判された。 「世界中の大半の人たちが見るべき」情報をわずか6人が決めているとコーエン氏は指摘し、ザッカーバーグ氏、GoogleのSundar Pichai(サンダー・ピチャイ)氏、AlphabetのLarry Page(ラリー・ペイジ)氏とSergey Brin(サーゲイ・ブリン)氏、YouTubeのSusan Wojcicki(スーザン・ウォシッキー)氏、TwitterのJack Dorsey(ジャック・ドーシー)氏の名前を挙げ、「シリコン・シックス」と名付けた。 […]

Read More

企業が成長すると、それにともなって、社員たちが知っているべき重要な情報が増える。テクノロジーの利用が複雑化すると、Slackのスレッドにあったり、Jiraのチケットにあったり、ファイルとしてDropboxにアップされていたりと情報はあちこちに散在してしまうことになる。 Dashworksは、そんな社内のナレッジを集約する場所を目指しているスタートアップだ。カスタマイズ可能なスタートページと検索エンジンを備え、何十種類もの企業向けサービスに接続し、必要なものを見つけるための1つのハブを提供する。 仕事用のノートPCのホームページとしてDashworksは構築されている。全社的なアナウンスやFAQの作成、ブックマークの共有など、ハンドブック、OKR、組織図など、必要なのになかなか見つからないものを見つけることができる。 しかし、それ以上に印象的なのは、ツールを横断した検索機能だ。FacebookやCrestaといった企業で自然言語処理の経験を積んだ共同創業者のPrasad Kawthekar(プラサド・カワテカール)氏とPraty Sharma(プラティ・シャルマ)氏は、Dashworksに質問をすると、前述のSlackのスレッド、Jiraのチケット、またはDropboxファイルといったすべてのナレッジから回答を得ることができるツールを構築している。ユーザーが登録したサービスの関連ファイルの検索結果ページが表示されるが、質問の答えを知っていると判断した場合は、ページの一番上にGoogleのスニペットスタイルで表示される。 画像クレジット:Dashworks 現在、DashworksはAirtable、Asana、Confluence、Dropbox、Gmail、Google Drive、Intercom、Jira、Notion、Slack、Salesforce、Trelloなど30以上の人気サービスに接続することが可能で、需要に応じて順次追加していく予定だ。 これらのサービスやナレッジに他社がアクセスすることは、不安なことかもしれない。Dashworksのチームは、それを十分承知しているようだ。SOC-2認証を取得していること、サービスを停止する場合、データはすべてサーバーから消去されること、そしてツールをホスティングできるチームには、完全なオンプレミス版を提供していることという。 今週、DashworksはPoint72 Venturesが主導し、South Park Commons、Combine Fund、Garuda Ventures、GOAT Capital、Unpopular VenturesおよびStarling Venturesが支援する400万ドル(約4億6000万円)のラウンドを調達したと発表している。また、Twitchの共同創業者であるEmmett Shear(エメット・シアー)氏やGustoの共同創業者であるJosh […]

Read More

2018.1.22~23 2018年1月のおかみさんインタビューは、 「京の宿 北海館 お花坊」の小西綾子さんでした。 昨年取材で出会った、同じく京都 「綿善旅館」の 小野雅世さんが紹介してくれました。 その時のブログはこちら。 類は友を呼ぶとはその通りで、 お二人とも人柄が明るく元気で細やかで素晴らしい。 玄関の前で女将の綾子さんと♪ 仲居さんの掛け声で、はいポーズ! お花坊さんは、京都・東本願寺の目の前で 大正4年から旅館を営む老舗です。 以前は、北海道の方が主客で、「北海館」といいました。 ロビーから2階へとつながる黒光りする階段は、 松の木の一枚板。今ではもう作れない一級品です。 道路側のお部屋の目の前は東本願寺さん。 桜並木と銀杏並木もちょうど目前。 女将の綾子さんが語る木々の美しさに 想像の翼が羽ばたきました。 お花坊の綾子さんは、 取材依頼のお電話中から、 思いやりや好奇心やきらきらした感性が電話口にあふれて、 なんて素敵な方だろうと思っていましたが、 実物はそれ以上の方でした。 京都の呉服店から19歳の若さで嫁がれた綾子さん。 昔心を大切にする京都の宿というコンセプトをもって、 2000年に貴重な木材が使われている宿を生かした 大規模リニューアルを行い、 人気旅館の仲間入りを果たされました。 またお客さまと同じように働く人を大切にし、 「魂に届くような言葉」を 日々スタッフに伝えることを大切にされてきました。 そのためか、 最初から最後までスタッフどなたも感じが良いのです。 好きでそうしているという感じで。 10年務める仲居さんは、 いくつかの旅館に勤めてきたけれど、

Read More

Google Earth(グーグル・アース)が大きく変わろうとしている。同プラットフォーム上で誰でも地図やストーリーを作れるコンテンツ作成ツールが公開された。これは2017年に公開されたVoyagerプログラムを拡張したもので、Voyagerにはさまざまな有名作家、科学者、NPOなどによるガイド付きツアーが導入され、BBC Earth、ジェーン・グドール、セサミストリート、NASAなどが参加している。 ツアーはテキストと映像の融合で、ストリートビューや360度ビデオによって利用者は世界中の目的地を没入体験して探究、学習することができる。 新しいコンテンツ作成ツールはVoyagerと同様の機能を提供し、ストリートビューの写真やGoogle Earthの3Dビューを使って自分だけのストーリーを作れる。プレースマーク(目印)、線、図形、写真、ビデオを追加したり、リッチテキストエディターで文字を配置したり、フルスクリーンのプレゼンテーション用にタイトル画面を作ることもできる。 出来上がったストーリーは、視聴者がプレゼンテーションを見ながらいろいろな場所に飛んで行けるように構成することもできる。共同作業も可能で、作品はGoogleドライブ経由で共有が可能。たとえば、教育者のグループが授業プランを補完するツアーを作るのにも使える。 アーリーアダプターたちはこうしたツールを使って、枯渇しそうな川や南極探検を紹介したり、イタリアのルネサンス建築の3Dツアーを体験できるマップを既に作成している。ある教育NPOはこの機能を使って、ヤングアダルト向け小説「Walk Two Moons」(邦訳:めぐりめぐる月)にて出てくる場所を巡るツアーを作った。 このツールを教育に使う場面は容易に想像できる。教師は授業と現実を結びつけて、今学習している場所を詳しく観察できるストーリーを作れる。一方、もっと私的な利用方法を考える人たちもいるだろう。旅行のアイデアや死ぬまでに行ってみたい場所のリスト作成など。 Googleが2017年にVoyagerをプラットフォームとして公開したとき、同社はGoogle Earthの近代化も行い、最新のウェブブラウザーに対応した。つまり、Google Chromeのウェブアプリとして動作できる。 これらはすべて、Chromebooksを教室に持ち込もうというGoogleの壮大な計画と結びついている。Apple(アップル)やMicrosoft(マイクロソフト)と競合する分野でもある。 闘いは激化している。今週アップルのマーケティング担当上級副社長であるPhil Schiller(フィル・シラー)氏は、GoogleのChromebookを「ちゃち」で成功することはないと切り捨てた。調査によると、米国でK-12(年長から高3まで)の教室向けに購入されたノートパソコンとタブレット全体の60%はChromebookで、アップル製品は18%に過ぎなかったとCNBCが報じている。 Google EarthのクリエイティブツールがGoogleドライブに統合されたことによって、Googleはまた新たな競争力を手に入れた。しかし教師が実際にこれらのツールを使うようになるかどうかは不明だ。プロが作ったツアーがすでに数多く作られている。Voyagerを使って。また、簡単に作れるとはいっても目的にあった写真やビデオや場所を見つけてテキストを書くのは時間のかかる作業だ。 ひとつ心配なのは、クリエイティブツールを広く公開することによって、Google […]

Read More