昭和56年4月ー平成2年9月まで ぼくは大阪で「画竜軒」(がりょうけん)という名で ラーメン専門店を商っていた。 8人も座れば満員の小さなお店。 最初はお昼間の営業だったが 徐々に深夜営業に変わっていった。 通称「コッチジャン」 エスニックブームや激辛ブームの前に もう、辛いラーメンで人気が出ていた。 主に若い子に人気があって 大学生や暴走族のあんちゃんがよく来ていた。  昨夜 その頃のファンからメールがあった。 当時大学生で仲間3人組で深夜毎週通っていたという。検索でこのブログに出会ったとかで えらく感激した内容だった。  もう20年ー30年も前のことだ。  その頃一緒に通っていた仲間と呑んだときには いまだに忘れられない「幻のラーメン」だとか 生涯でNO1だとか もう一度食べたいとか  語っていると言うことが書いてあった。  感激!  あの10年間は無駄ではなかったのだ。。。  こんなメールは以前に 3件ほどあった。  ネットってすごいです。  いまでもラーメンは家で作って食っているのですが 材料がそろわず また、条件も違って 当時の味にはなってません。  だから僕にとっても 「画竜軒」のラーメンは 幻のラーメンです。    

Read More

アーバンモビリティスタートアップであるDott(ドット)は、シリーズBラウンド延長を獲得した。もともと2021年春の発表で同社が8500万ドル(約97億7800万円)のシリーズBラウンドを調達した際には、株式と資産担保債務のミックスだった。そして米国時間2月1日、同社はこのラウンドにさらに7000万ドル(約80億5200万円)を追加した。今回も再び株式と債務のミックスとなる。 Dottは、スクーターシェアリングサービスでよく知られるヨーロッパのマイクロモビリティスタートアップ企業だ。最近、同社は一部の都市でeバイクのシェアリングサービスも開始している。 abrdn(アバドン)はDottの既存投資家Sofina(ソフィーナ)とともにシリーズBの延長を主導している。その他、EQT Ventures(EQベンチャーズ)やProsus Ventures(プロサス・ベンチャーズ)など、既存の投資家がさらに多くの資金を投入している。 Dottは、ヨーロッパで他のマイクロモビリティスタートアップと競合している。最も直接的な競合相手は、Tier(ティア)、Lime(ライム)、Voi(ヴォイ)である。価格設定やスクーターに関してはよく似ており、そのほとんどがOkai(オカイ)と協力してスクーターデザインを手かげている。しかし、必ずしもまったく同じ市場で事業を展開しているというわけではない。 現在、Dottはヨーロッパ9カ国の36都市をカバーしている。4万台のスクーターと1万台のバイクを管理している。Dottは収益の数字を共有していないが、同社は2021年に2020年に比べて130%多い利用を処理した。 マイクロモビリティ事業者の差別化要因として、他にロジスティクスと規制がある。ロジスティクスに関しては、Dottはプロセスを可能な限り内製化しようとしている。サードパーティの物流業者とは提携せず、自社で倉庫と修理チームを持ち、保有する車両のケアを行っている。 規制に関しては、同社はパリやロンドンといった憧れの市場で営業許可をいくつか獲得している。しかし、パリは現在、スクーターシェアリングサービスを厳しく規制しようとしており、新たに最高速度を時速10km(つまり時速6.2マイル)に設定した。現在、パリには最高速度時速10kmの低速ゾーンが700カ所ある。 関連記事:パリ、スクーターシェアリングサービスに時速10kmまでの制限を要請 ここで、2つの重要なポイントがある。まず、マイクロモビリティの会社を作るには、膨大な資本が必要だということだ。スクーターの購入にはお金がかかり、バッテリーの充電にもお金がかかり、すべてを円滑に進めるために人を雇うのにもお金がかかるので、これは驚くには値しないだろう。 第二に、規制の状況はまだ進化しており、スクーターのスタートアップにとってはまだ不確定要素があるということだ。Dottは電動バイクで製品を多様化させているが、これは賢い選択だと思う。また、充電の最適化を図り、より費用対効果の高いサービスを提供する計画にも注目したい。 画像クレジット:Dott [原文へ] (文:Romain Dillet、翻訳:Akihito Mizukoshi)

Read More

仕事の忙しさと疲れでダウンしていて ブログまで気持ちが回りませんでした・・・。 お久しぶりです。 年末の手作りの物の紹介を 今更ながらに・・・。 ———————————————————— 近年、勤務校の見守り隊のおじいちゃんが 年末に自宅庭の南天をたくさん差し入れてくださいます。 ありがたいなぁ~といつもいただき、 家で飾っています。 (今年→★、昨年→★) 今回はせっかくなので長く楽しもうと リースに仕立ててみました。 クリスマスリースを作ったばかりだったからか、 リースに仕立てたくなっちゃったんです。 南天をリースにするって聞いたことがないけど、 きっと赤い実が可愛いから いい雰囲気になるはず! ———————————————————— 実がいっぱいついた 枝を用意します。 実が多くて 花瓶に生けたら 重みで頭が 垂れちゃうんです。 クリスマスリースでも 使った自然素材の リース土台に 南天の実を ワイヤーで 留めていきます。 南天は小さな枝に 分けて切り、 同じ向きで 留めています。 本当に適当。 うまくできるのか、 ドキドキ。 ぐるりと一周、 つけ終わりました。

Read More

Apple(アップル)は12月2日、川崎ラゾーナプラザに直営店の「Apple川崎」をオープンすることを明らかにした。オープン日は12月14日10時。通算12店舗目、現存する直営店としては10店舗目となる。 川崎ラゾーナプラザは、JR京浜東北線・東海道線の川崎駅に直結している商業施設。京浜急行電鉄の京急川崎駅からも徒歩7分程度の場所にある。アパレルブランドが多数出店しているほか、ビックカメラやTesla(テスラ)の販売店もある大型ショッピングモールだ。 Apple川崎は、JR川崎駅と直結しているラゾーナ川崎の2Fの、テスラ販売店を左手に見ながら進むと到着する広場(ルーファー広場)に面した場所に出店する。2Fフロアはアパレルやセレクショトップがひしめくメインフロアで、ラゾーナ川崎では一等地ともいえる。 川崎店は、直営店としては初のショッピングモールへの出店となる。地方都市では、Apple Premium ResellerのC smartなどが、ららぽーとなどの大型ショッピングモールに展開しており、これに倣ったかたちだ。 Premium Resellerの近くには、アップル認定の修理サービスプロバイダーが出店しているケースが多く、購入から修理までを同じエリアで済ませることができた。一方のアップルの直営店では、販売から修理までのサービスを1店舗で受けられる。 従来の直営店は、百貨店であるマルイ本館の1Fに出店しているApple新宿の例はあるが、これまでは基本的に商業エリアでの路面店の展開に限られていた。そのため、購入や修理などで「アップル直営店に行く」という動機がないと、なかなか訪れる機会は生まれなかった。 今回の出店は、数時間から丸1日の滞在を期待できる大型ショッピングモールへ出店することで、ファミリー層やシニア層へのさらなる認知と取り込みに力を入れていく狙いがあると考えられる。一方で、アップルのこの施策が成功してしまうと、直営店の出店計画がアップル専門店であるApple Premium Resellerと競合する可能性が出てきた。 スマートフォン市場の縮小がニュースになる中、アップルとしてもより身近にアップル製品が触れられる場所として、集客が見込める大型ショッピングモールを選んだと考えられる。 なお、公式サイトでは以下の動画が公開されているほか、壁紙のダウンロードも可能だ。 画像:Apple

Read More

 スピニングリールのラインローラーの内側部分にベアリングを入れると、プラスチックブッシュ、プラスチックカラーの時よりは回転するはずなのですが、どうしてでしょうね?ベアリングのサイズ、特に幅は合ってますか?合っているのなら、ベアリング以外の部品、特に、ネジを締めこんだ時に出来る隙間をちゃんと確保するような調整をするしかないです^^;;  ラインローラーが回転するためには、中にベアリングが付いていて、ベイルアームをローターの上の部分に固定するビスを締め切った時にわずかな余裕、隙間があることが必要です。  スピニングリールのモデルでラインローラーの内側に付いている部品の数は違うので、それは、お使いのスピニングリールの分解図、展開図などを見て、まずは、部品の確認からしてみてください♪  ベアリングなしの時の部品の数と状態、ベアリングを入れたあとでベアリングの左右、ベイルアーム側とローターの腕側に出来る隙間の状態を見て、ベアリングの厚み、転がらずに寝ている時の高さを測り、十分に細いのであれば問題は無いけれど、厚いのであれば、内径と外径は同じで、幅、高さがもう一サイズ小さいベアリングでないと回転しないかも?^^;  スピニングリールのモデルと型番が分かりませんから、なんとも言えないのですが、ラインローラーのベアリング化キッドを使った場合なら、モデルと型番が合っていれば、問題は無いはずですが、合ってないと、厚すぎる場合もあるのかも?  普通は、調整用のシムとかワッシャーとかいう部品が付いているはずなので、3枚つけて、回転しなければ、2枚にしてみるとか、0.5mm厚のシムを使って回らないのなら、0.3mm厚、0.2mm厚の薄いものに換えるとかでの調整で、回転するように出来ると思いますね^^;  ベアリングの他の部品も含めた、厚み、隙間の出来具合を確認して、部品を入れて、重ねた状態の厚み、幅を少し小さくしてみてください♪  たぶん、調整の単位は0.1mm単位になると思います。  シム、ワッシャーは、ネットショップのモノタロウさんのところに行けば、ステンレス、鋼材、リン青銅のバネ鋼などの素材の違うもの、厚みの違うものが揃っているはずです^^。  登録は必要になると思いますけど、必要な薄さのものは買えると思いますので、シムの厚みが厚いのなら、薄いものを使ってみて下さい♪^^。

Read More

ビデオゲームコーチングのマーケットプレイスを運営するスタートアップMetafy(メタフィ)は2月1日、2500万ドル(約28億円)のシリーズAを完了したと発表した。Tiger GlobalとSeven Seven Sixが同ラウンドをリードした。 TechCrunchが前回Metafyを取り上げたのは2021年5月で、その際、同社は315万ドル(約3億6000万円)のシードラウンドに追加して550万ドル(約6億3000万円)を調達した。 その資金調達以降、MetafyはライバルのゲームコーチングプラットフォームGamersRdyを買収し、Metafyによると、同社のサービスを利用するコーチは2021年に100万ドル(約1億1000万円)超を売り上げた。Metafyが同社のプラットフォームを利用したコーチからその収入の一部を徴収することはなく、5%の手数料を生徒に課している。 Metafyプラットフォームでコーチが行うアクティビティには、有名なビデオゲーム作品や、ポーカーやスポーツくじといったStarcraftとはかけ離れたものも含まれる。 Metafyは、ゲーム市場が今後も成長し、文化的な価値が維持され、ニッチな分野で人気のあるタイトルが高いスキルを要求すると見込んでおり、コーチング需要対応に賭けている。ビデオゲームは時代とともに複雑化し、またプラットフォーム技術企業によるゲームスタジオの巨額買収がこのほど発表され、この賭けには裏づけがあるようだ。 ラウンド TechCrunchは、Metafyの共同創業者でCEOのJosh Fabian(ジョシュ・ファビアン)氏が、自社にとって早い段階での出来事と表現したこのラウンドについてインタビューした。 ファビアン氏によると、MetafyはシリーズAをまとめたとき、以前調達した資金の約半分を銀行に預けていた。なぜ、現金が必要となる前に調達したのか? 同氏は、市場環境の変化により、投資の「冬」になるかもしれない時期に先駆けて資本を確保することになった、と述べた。 TechCrunchでは、上場しているテック企業の価値が急速に減少していることを指摘し、そうした価値低下がスタートアップの投資や評価額にどのような影響を与えるかを調査した。 今回のラウンドがどのようにまとまったかは、2021年のハイテンポな資金調達環境を物語っている。ファビアン氏は、最初の2回の資金調達は「ストレスと時間のかかるものだった」と述べている。しかしシリーズAは違っていたという。同氏がベンチャーコミュニティで「有名人」と表現した人たちと話した後、Forerunner VenturesはTiger Globalにファビアン氏を紹介し、Tiger Globalは迅速かつ詳細にMetafyを調査した。その際、ファビアン氏の過去の経歴や、Metafyのプラットフォームで活躍する7人のコーチなど、さまざまな人物の調査も行った。そのプロセスはあっという間だった。 スタートアップのCEOの中では珍しく素直な性格のファビアン氏によると、Tigerからのすばやい契約要項によって、同氏が話した他の投資家にMetafyが実施する取引を知らせることになった。その後、他の契約要項も続々と送られてきたという。このように、Tigerの迅速な取引決定は、従来のベンチャープレイヤーを急ぎ足モードにしているようだ。 Metafyは、今回用達した資金をもちろん雇用やさらなる買収に使うつもりだ。また、今後18〜24カ月の間に、対戦型トーナメントやその他のゲームコミュニティイベントに投資するための資金として100万ドルを拠出することも決めた。 […]

Read More

3 1/2桁のLCDパネル(SP521P)を秋月で入手することが出来ます。(実際には、デジタル電圧計の補修部品)。普段使うLCDモジュールには、液晶を表示するためのコントローラが一体になっていますが、このLCDパネルにはコントローラは付属していません。トラ技2008年1月号P.201には、このLCDパネルを、PICで直接駆動するLCD時計の製作記事が出ています。LCDの表示は、そんなに複雑なことをしなくても点灯できるのでそうしているわけですが、DCを印加したのでは劣化してしまうので、反転波形を加えるようになっています。 PICでLCDパネルを直接駆動する時計は、2つのアイデアを提供しています。1つは、LCDを、PICで直接駆動できる方法。もうひとつは、低電圧、低クロックで動作させると、電池が長時間使えるということです。低消費電力については、3Vの電池駆動で、時計用の32.768kHz発振子を使用して動作させると、動作電流が、少なくなり、20μA程度となって4年ほど使えるようになるということです。汎用に使われているPICでも、低消費電力で使うことが出来ることを、私は、初めて認識しました。 LCDパネルの直接駆動については、各セグメント電極と、バックプレート(BP)に電位差を与えると点灯(液晶が不透過になって黒くなる)し、同電位とすることで、非点灯とすることが出来ますが、直流を印加したままで点灯させると、液晶が劣化して行ってしまいます。そのため、32~128Hz程度の周期で反転させて、直流が印加されないようにしなければなりません。製作記事では、PICで直接駆動するために、ソフトで処理した場合の遅延による誤点灯がどの程度表示に影響するかのデータを取っています。半点灯で、表示でない桁に影が出るのを防ぐためです。結果として、PICでLCDを直接駆動してよいという結論を得ています。 回路図を見ると、ほとんどPICとLCDパネルしかありません。LCDを駆動するには、反転信号とするための回路を入れなければならないと思われていたものから、この記事以降は、簡単なプログラムで、直接駆動することができるようになったと思います。実際には、この記事以前にもLCDをマイコンで駆動しているのは見かけたことはありましたが、動作がこのようになっているとは思い至りませんでした。 組み立てたLCDクロックは、タイマー時刻になるとフォトMOSリレーがオンになる回路は組んでいません。また、32.768kHzの横にあるトリマーの調整は、時間をかけて進み遅れを調整する必要があるので、あまり精度良くあわせこんではいません。 何かの機会に、自分でもLCDパネルをPICで駆動するような回路を試してみたいと思います。

Read More

アップルは12月3日、毎年恒例のプラットフォーム別のベストアプリとランキングを発表した。今年からは毎月定額でゲームが遊び放題になるApple Arcadeのランキングが加わっている。 iPhoneアプリ:Spectreカメラ(370円) iPhoneゲーム:Sky星を紡ぐ子どもたち(無料、アプリ内課金あり) iPadアプリ:Flow by Moleskine(無料、アプリ内課金あり) iPadゲーム:Hyper Light Drifter(610円) Apple Arcadeアプリ:Sayonara Wild Hearts (月額600円) Macアプリ:Affinity Publisher(6100円) Macゲーム:GRIS(1220円) Spectreカメラ AIによって長時間露光の写真を擬似的に作成するカメラアプリ。被写体を5秒程度撮影するだけでOKで、自動車のライトが光の帯のように見える写真や勢いよく流れる滝など、長時間露光ならでは写真を手軽に撮影できる。同アプリはアップル提供の機械学習のフレームワークである「CoreML」を利用することで、A11 […]

Read More

「JAPAN SWIM 2013/第89回日本選手権水泳競技大会 競泳競技」で、注目の志布志高校出身 の 山口観弘君が、200m平泳ぎで、見事に、ダントツの優勝を飾りました! さすが、世界記録保持者の泳ぎと称賛の実況(NHK)でした。 この春、東洋大学に入学した山口観弘選手ですが、志布志DC(ドルフィンズスイミングクラブ)の選手として出場。 NHKの字幕は、志布志DC(大1)という表示でした。 山口観弘君が世界記録を出したのは、 200m平泳ぎ 2分07秒01  国民体育大会  2012年9月15日  世界記録  日本記録  高校記録   今日(4月14日)の200m平泳ぎは、NHKの実況放送で、志布志のマーク入りの帽子を被った山口観弘君に、終始カメラも集まり、世界記録更新への期待を寄せる大声援の中で、本人の世界記録保持者の自負のもと、見事に、平然と2以下に大差をつけての優勝だった。記録は、2:09,31で自己の世界記録には、+2,30であったが、優勝インタビューにも、貫録のある大学1年生ながらも世界記録保持者のコメントであった。

Read More

Tesla(テスラ)は「Full Self-Driving(FSD、完全自動運転)」ベータ版に含まれていた、クルマが一時停止の標識を通過することが可能になる機能をリコールするため、無線でのアップデートを行っているとABCニュースが報じた。この機能は、FSDベータ10.3において、いわゆる「アサーティブ(積極的)」プロファイルの追加により初めて登場した。ABCによるとこの機能は、四差路交差点の一時停止標識を最大5.6MPH(約9.0 km/h)の速度で違法に通過することを許可するという。 Teslaは、米運輸省道路交通安全局(NHTSA)の関係者との2回の会合を経て、リコールに合意したと報じられている。これは16-22年型のModel S(モデルS)およびModel X(モデルX)のEV、17-22年型のModel 3(モデル3)、20-22年型のModel Y(モデルY)を含む約5万4千台のTesla車に影響する。NHTSAはリコールレポートで「一時停止の標識で止まらないと、事故のリスクが高まる可能性がある」と記している。だがTeslaは、この機能が原因で発生した怪我や事故は関知していないと述べている。 Teslaは以前、左折時の後退、ファントム前方衝突警報、オートステアリングのバグなど「いくつかの問題」を理由に、FSD10.3ソフトウェアを撤回して前バージョンに戻した。また、中国ではAutopilot(オートパイロット)の問題で30万台のリコールを余儀なくされ、その他の地域でもカメラやトランクの不具合、サスペンションの分離などでリコールを実施している。 以前にも指摘したように「Full Self-Driving」という名称は一般的にはレベル4の自動運転を意味するが、Teslaのシステムはレベル2の高度運転支援(Advanced Driver Assistance)を提供しているに過ぎないため、誤解を招く恐れがある。停止線で止まらず徐行する「ローリングストップ」を無効にするOTAアップデートは、2月上旬までに送信される予定だ。 編集部注:本稿の初出はEngadget。著者Steve Dent(スティーブ・デント)氏は、Engadgetのアソシエイトエディター。 画像クレジット:NurPhoto / Contributor [原文へ] (文:Steve […]

Read More