カメラや体重計、Wi-Fiを搭載した猫用IoTトイレ「toletta」を開発・販売するハチたまは12月25日、プレシリーズAラウンドで2億円超の資金調達を発表した。 マネックスベンチャーズなどを引き受け先とする第三者割当増資で累計調達額は4億円となる。主な引き受け先は以下のとおり。 マネックスベンチャーズ 羽立化工 横浜キャピタル 山口キャピタル ひびしんキャピタル シグマクシス 今回の調達資金は、猫の健康状態を自動判定するアルゴリズムと獣医師連携システムの開発強化に当てられる。同社は今後海外展開に向けてのシリーズA調達も予定しており、国内だけでなく海外の投資家からの資金調達も予定しているという。 写真に向かって左から、ハチたま取締役の平畑輝樹氏と羽立化工代表取締役の中村哲也氏 なお、出資先の1社として公表されている羽立化工は、tolettaの金型成形から製造までを手掛けている、静岡県湖西市を拠点とする創業40年のプラスティック加工会社だ。 ハチたまは、2015年3月に設立されたぺット関連サービスを提供するスタートアップ。現在、猫用のIoTトイレとしてtoletta2を販売している。toletta2では、AIによる猫の顔判定、体重測定、トイレの回数、滞在時間、尿量・尿回数のほか、専用スマートフォンアプリとの連動により、動画撮影、AI状態判定、獣医師相談、カレンダー・メモ、フードレコメンドなどの機能が利用できる。ねこの利用頭数は2000頭、健康データの件数は100万件を突破している。 今後開発を強化する猫の健康状態を自動判定するアルゴリズムについて同社は、正社員として勤務している獣医師の知見と、toletta2で記録できる、猫のトイレ動画や尿量、体重などデータを分析して異変を知らせるアルゴリズムを開発するとのこと。膀胱炎など猫が罹患しやすい泌尿器科系の疾患の早期発見に役立てたいとしている。同機能は2020年2月末のリリースを予定している。 獣医師連携システムについては、現在一部のユーザーがテスト中の獣医師とのLINE相談サービスを拡充・強化する計画だ。現在、toletta2で取得したデータを基に、猫を見守るためのコンサルティング業務を進めており、前述の健康状態の自動判定機能と併せて、猫の健康状態を飼い主と獣医師でしっかり見守る体制を整える。 【編集部注】私は5歳の雷蔵(アメリカンショートヘア、オス)と共に生活しており、toletta1からのユーザーで、現在toletta2も利用中だ。

Read More

2014年12月5日(金)晴れ 今日は休日出勤です。 今日はみなさんにタイヤのお話をします。 バスのタイヤです。 違いは解りますか? そうです。 新品タイヤと再生タイヤです。                 ↑新品タイヤ                 ↑再生タイヤ もう一つ再生タイヤ↓(これは極端でわかりやすいでしょ) さらにもう一枚 わたしはトラックに乗っていたときから新品タイヤは通称 自山(じやま)。 再生タイヤは通称 山かけ(やまかけ)と呼びます。 他の人はどう呼んでるか、わかりませんが。(笑) 再生タイヤは基本、前輪には履きません。 それは万が一、バーストしたりしたらハンドルをとられて危険だからです。 タイヤ交換のときは、普通は新品タイヤは前輪。前輪に履いていたタイヤを後輪に持っていきます。トラックなどの場合は軸か引きずりに履きます。 新品タイヤと再生タイヤの見分け方はタイヤの側面を見ます。 新品は当たり前ですが、違和感はありません。 再生タイヤの場合はゴムを盛ったような継ぎ目があります。新品タイヤと見比べれば良くわかります。 路線バスは長距離は走りませんので、バーストは滅多にありませんが、長距離トラックや夜行バスなどは、再生タイヤは気を付けないといけません。 全輪を新品がベストなんですがコストの面で課題もあるのではと思います。 再生タイヤが危険というわけではありません。 痛みの激しいタイヤなら、メーカーも再生タイヤに使わないでしょう。 ぜひ、タイヤを見比べてみてください。 この写真の金槌はなんだと思いますか? これは「点検ハンマー」といいます。これで叩いてナットの緩みを確認したり、タイヤを叩いてパンクしていないか調べます。 前輪はパンクしていればわかりますが、後輪は片側ダブルタイヤなので奥のタイヤだと気づきにくい。そこで点検ハンマーで叩いてみる。すると音が違うんです。 異常のないタイヤならコンコンと弾けるような音。 パンクしたタイヤだとゴンゴンというような濁音がします。 点検ハンマーはこの他にもいろいろ使い道があります。エアータンクの水抜きのときフックを引くとき。タイヤの溝に挟まった小石などを取り除くときなど。 あと一つ。話は飛びますが今日またまたゴミがありました。 普段ちょっとしたゴミなんてバス車内によく落ちていますが、今回は悪意を感じたので書かせてもらいました。 高校生二人組のお客様なんですが、最後尾の座席に着席。降りたあとに車内確認のため最後尾までわたしが確認したときに一番後ろの座席の座面にガムが丸めて置いてありました。 次に乗ったお客様が気づかずに座ってしまったら…。大変なことになります。 もし、自分の服装にガムが付着したらと考えてほしいですね。 こういう悪戯はやめましょう。 地球とタイヤにやさしい「再生エコゴム製車止め 止輪くん(とまるくん)」

Read More

MacRumorsの報道によると、Apple(アップル)が開発中と噂されているVR/ARヘッドセットに搭載されるOSは「realityOS」と呼ばれるかもしれないという。この用語は、最近のGitHubのオープンソースコードやApp Storeのアップロードログで複数の情報源によって発見された。iOS開発者のRens Verhoeven(レンス・バーホーベン)氏は、「Appleの『realityOS』がApp Storeのアップロードログで何をしているんだ?」とツイートしている。著名な開発者であるSteve Troughton-Smith(スティーブ・トロートン=スミス)氏は、「これは少なくとも、[realityOSが]1)独自のOSとバイナリを持ち、2)realityOSシミュレータを持っていることを裏付けるものだ」と述べている。 “#if TARGET_FEATURE_REALITYOS” Well then. This at least confirms it 1) has its own OS & […]

Read More

取り付けしているパーツなどよく質問されます。以前のブログに記事にしていたのですが削除したので思いついたら新しく簡単に書いていくことにしました♪ まずはよく聞かれるのが水温計の取り出し。純正の水温センサーを殺してそこへ社外の水温センサーを装着すればOKです。それが一番簡単なのですが純正のワーニング機能は殺したくない!ってのであればこんなものを介して装着すればOK 僕はJURANセンサーアダプターを使用しています。 CB400SB(’05)はPT1/8ですのでセンサーアダプターや社外のセンサーもPT1/8を購入。 左側が純正のセンサー、真ん中がACTIVEのセンサー、右側が車体側です。超狭い場所なので綺麗に巻いたシールテープも汚くなってしまいました(笑) これで水温が社外メーターにも表示され、純正のワーニング機能も殺さずにいけます。 僕はACTIVEのデジタルモニターを使用していますのでメーター側のテンプ表示は1系統 なのでハンドル左側へ切り替えスイッチを取り付け油温、水温を切り替えできるようにしています。ACTIVE純正パーツで装着可能です。 ACTIVE電装パーツACTIVEデジタルモニターV3 レブ&テンプACTIVEデジタルモニターV3 レブ&テンプの特徴ACTIVEデジタルモニターV3 レブ&テンプ オプションパーツ ブログランキングチャレンジ中クリックお願いします♪にほんブログ村 にほんブログ村 にほんブログ村 にほんブログ村

Read More

テクノロジー界ではAlexaとGoogle Homeデバイスが登場して音声時代が本格的にスタートしたと見られている。2020年には検索の半分がスマートアシスタントなどを利用した音声になると推定されている。若い世代ほど音声検索を使う、ある調査ではティーンエージャーの55%が毎日音声検索を利用していることを考えればこのトレンドは進行する一方だ。 TechchCrunchでは2年前に「2022年までに米国だけでもスマートアシスタントの普及は世帯の55%に達する」というレポートを紹介した。このことは音声によるオンラインショッピングのマーケットの爆発的に成長することを意味している。音声アシスタントとスマートスピーカーの普及は向こう数年で音声経由の消費額を20倍にすると予測されている。スマートデバイスは家庭だけでなく自動車にも搭載されるようになると見られており、これがさらに追い風になるだろう。 音楽からドラマ、映画、ポッドキャストまでデジタル・メディア全体がストリーミング化していることもあり、 オーディオは巨大なブルーオーシャンだ。しかしブランドはこのトレンドに追いつくために苦闘している。それはオーディオで収益化する方法を発見するのが困難なためだ。 こうした中、東欧の音楽ストリーミングのパイオニアであるZvukの共同創業者の1人は、世界中の音楽ストリーミングサービスがどれひとつとして黒字化を達成できていないことに着目した。ユーザーが有料のサブスクリプションへ移行する率は低すぎ、広告主もストリーミングのユーザー体験を悪化させ、現実の購入行動に結びつけるのが難しい音声広告にさほど期待していないからだ。 そこで元Zvukのチームは米国サンフランシスコでInstreamatic(インストリーマティック)をスタートさせた。このスタートアップはスユーザーがトリーミングに挿入される音声広告と音声で会話できる機能を提供する。AIを利用した音声レスポンス機能により音声広告がおなじみのAlexaのように反応するようになるのだ。   これまでの音声広告は、伝統的なテレビ、ラジオのCMと同様、一方通行でありデジタル化のメリットが生かせていなかった。しかし双方向AI広告によって消費者と自然に対話できるようになれば効果は大きいだろう。Instreamaticのようなテクノロジーを利用するブランド、パブリッシャーはユーザーの行動履歴から推測して関連性が高いと思われる音声広告を挿入し、エンゲージメントの内容を処理、分析することができる。 またユーザーからの反応を受け取ることができるため、ブランドの広告戦略のオプションが増える。たとえばユーザーが広告に対して「興味ない。この広告は聞きたくない」などのネガティブな反応を返してきたとき、ブランドはこのユーザーに対する広告挿入を一切ストップすることもできるし、コミュニケーション戦略を変更してまったく新しい広告、ないし別製品の広告を挿入してみることもできる。Instreamaticはユーザーの反応を理解し、その後の広告を事前に検討されたシナリオに沿ってカスタマイズすることが可能だ。 スマート音声広告のライバル、AdsWizzはユーザーが挿入された音声広告に興味を持った場合、スマートフォンを振って意思を伝えることができる。最近の調査によると、この場合の反応率は3.95%だった。 これに対してInstreamaticの音声対話方式は興味ない広告をスキップさせ、興味ある広告には詳細を尋ねるなどより自然なユーザー体験を与えることができる。調査によれば13.2%という高いエンゲージメント率を得られたという。 ビジネスモデルとしては、音声広告から売上が発生した場合、広告主はパブリッシャーに対して一定のコミッションを支払うというものだ。Instreamaticはパブリッシャーから売上に比例するライセンス料を得る。 Instreamaticは、現在インド最大の音楽ストリーミング・サービスであるGaanaとパートナー契約を結んでいる。GaanaはInstreamaticのテクノロジーをプラットフォームの一部に組み込む予定だ。Instreamaticは米国のオーディオストリーミングプラットフォームのTriton Digitalとも契約している。Instreamaticは今後、Pandora、Jacapps、 Airkast、SurferNETWORKなどのストリーミングサービス各社にテクノロジーを提供していく。 パートナーを通じて、同社は米国に1億2000万人、ヨーロッパに3000万人、アジアに1億5000万人のアクティブユーザーを持つという。 Instreamaticは現在サンフランシスコとロンドンにオフィスがあり、モスクワにエンジニアリング・チームを置いている。CEOで共同創業者のStas Tushinskiy(スタス・ツシンスキー)氏はInstreamaticを開設するために米国に移ってくる以前、ロシアにおけるデジタル音声広告のパイオニアだった。同社の共同創業者で国際ビジネス開発の責任者であるSimon Dunlop(サイモン・ダンロップ)氏は、Bookmateと呼ばれるサブスクリプションベースの読書プラットフォームの創業者であり Zvukの共同創業者でもある。 […]

Read More

 最近は手漕ぎボートに乗ってないので昔の記憶ですが、手漕ぎの場合オールを上手に使えるかどうかがポイントでしょうね。「上手に」という部分には、極力無駄な力を入れずに、使わずにという意味も含まれます(笑)自分の場合は、手漕ぎボートのオールは、背中と脚と体重の負荷で漕いでました^^;  観光地での貸しボートを彼女か誰かと2人で乗る場合には、そんなに上手に漕ぐとかは考えなくて、楽しんで乗れれば良いと思います(笑)慣れてないものは、上手く出来ないのが道理ですから。  手漕ぎボートで釣りをするという時、移動距離とか移動速度とか出来るだけ早く、出来るだけ疲れずにとかいう必要性が出てきたら、力の使い方ではコツを知ってたほうが良いでしょうね^^。  直進では出来るだけ左右のオールを同じように動かすという事に尽きると思いますが、慣れないと左右の腕の力は違うはずなので、なかなか揃わないと思います。  オールを持つ左右の手のこぶしの位置、高さを同じくし、その状態でひじが伸びきらないようにし、脚を踏ん張り、背中の筋肉=背筋を中心に腹筋と使い、引く時は後ろに倒れこみつつ体重を掛けるような感じにすると腕で引くよりは力が掛かるので、一掻きで多く移動する事が出来ると思います^^。  あとは、そこから前屈みの姿勢に戻り、同じ事を繰り返すだけですね。オールのへらの部分は、着水と共に垂直的な傾きにして、引きながらこれを水平的な角度に回すと、水を掴むというのが良くなり、また、オールの水からの抜き上げで抵抗が減りますね。  なので、腕でオールを引かず、体全体で体重なども利用しながらなるべく楽にオールを使うのがコツだったように覚えてます^^;  直進性は、後ろ向きに進むので、後ろの見える陸上の目標物を決めて、その位置が同じように見えるように漕ぎ、時々前方確認のために振り返って、船の前方に岩とか木の枝とかの障害物が無いかを確認すればよいでしょう。  気をつけたいのは、水中の水没した障害物です。岩や切り株、枝や杭などいろいろあります。座礁すると、そこから離れるのに船を揺らしたりする必要が出たりするので、転覆の危険も時に発生しますので、お気をつけ下さい。  左回転、右回転は片方のオールのみ使うというのが一般的な操作ですが、自分は左右を逆に動かすことで旋回小回りを小さくしてた事もあります。片方をブレーキとして動かさず、もう一方を普通に引く動作で漕ぎますが、これを更に進めて片方は手前に引き、片方は押すというオールの使い方をする事もありました。  腕力がないと、この操作は難しいですが、慣れればできるかな?!  オールの支えているU字の金具から水中に自然に落として、斜めに浮く角度が最も自然でオールを動かしやすい角度と覚えてます。この角度でオールを動かすのが楽して長く疲れずに手漕ぎボートで釣りするコツでしたね。  そうそう、1日手漕ぎボートで釣りをすると慣れないうちは手の皮がむける場合があります。まめが出来て、敗れるという事もおきますので、できれば何か手袋をして漕いだほうが良いと思います。力をこめて物を握り、それを操作するという事にはまめが出来たりするのは普通の話ですが、手にダメージを与えたくない場合には、そういう配慮もお忘れなく♪  手漕ぎボートで何をするのかは知りませんけど、参考になれば幸いです。

Read More

中国のデベロッパー製アプリは、インドで人気があった。2018年はインドで人気上位100のAndroidアプリのうち、44が中国製だった。しかし、2019年はインドのデベロッパーの躍進により、その様子が変わってきている。アプリの分析やマーケティングを行っているAppsFlyerによると、全体的にインドのアプリが勢いを取り戻してきているという。 報告書によると、インドのGoogle Play StoreとApple App Storeの2019年Q2とQ3では、上位200アプリのうち2018年は38%がインドのデベロッパーや企業のものだったが、41%に上昇した。 調査会社App Annieのデータによると、「インド製アプリの上昇は中国製アプリのシェアを奪っている。2018年には中国製が43%でトップだったが、2019年は38%になりトップの座を譲った。中国製とインド製を合わせると、全体のほとんど4/5を占め、79%だ」と主張を裏付けている。 AppsFlyerによれば、この変化は2018年から2019年にかけて多くのインド企業が決済やゲーム、ニュース、エンターテインメントなどのアプリに進出してきたためだという。その結果、2019のQ2、Q3ではアプリのインストール数が65億に達した。 しかし同じ報告書で、中国のデベロッパーも依然として存在感があり、どのカテゴリーでも強いと述べている。インドには4億5000万あまりのスマートフォンユーザーがいて、それほど厳しくない法律のおかげでオープンな市場が維持されている。そのため、インドは世界中のデベロッパーにとって魅力的な市場になっている。 Xiaomi(シャオミ)やByteDance(バイトダンス)といった中国企業の多くが、インドを彼らにとって最大の市場として挙げている。TikTokのインドユーザーは2億人を超えた。インドのスマートフォン市場をリードしているシャオミは、インドのユーザーのためのサービスのポートフォリオを急速に築いている。12月初めにはインドで貸付アプリをローンチした。 しかしインターネットを初めて使うユーザーは、それほど豊かでない人たちが多いこともあり、そんな人たちの人気を得ることは容易ではない。例えば旅行アプリを作っているデベロッパーたちは、1インストールあたりのコストが約2.4ドル(約170インドルピー)かかっている。食べ物と飲み物のアプリは1インストールあたり1.9ドル(約135インドルピー)、一方ゲームはコストが13.5インドルピーだ。 Data from @AppsFlyer state of App Marketing 2019 […]

Read More

セガのイカれた格闘ゲーム『サイバーブロウル』 何がイカれてるってか、ストーリーとか1日で適当に考えただろ・・・ってレベルです ストーリーは、宇宙船が、異星人の宇宙船と接触事故保険会社を呼ぶ以前に核融合炉が津波で冷却装置が壊れてしまいメルトダウン間近脱出ポットが壊れて一人しか乗れませんそして異星人の船は生命維持装置が壊れたうえにこちらは脱出装置がありませんというわけで脱出装置争奪トーナメントを行うことになりました(バトルロイヤルで一度にやれよ・・・) という話で、女性優先なんて物はありませんで、勝ち残れなかったら死亡確定なので、フィニッシュを決めるとトドメを刺していきます 宇宙の映像からスタート というわけでタイトル画面 なんか・・・鎧というか忍者というか・・のキャラクターでスタート 装備を選ぶことができますここで鎧か忍装束かを洗濯混ぜることもできます なんか敵がロボットみたい 意味不明な拡大縮小処理があります遠近感の感じる処理ではありません 攻撃によって装備が外れます なぜかふんどし フィニッシュを決めるとこんな感じ両腕を切り落とし キャラによっては首チョンパもあります このゲームは元々メガドライブ用に開発されていた物の、32X変更物です途中まで作られていたものをやり直しということで、開発スタッフは気の毒でしたわざわざ作ってた物を32Xに合わせた演出の作り直し設定も合わせて変更と・・・・こういった変更物はあとはTEMPOがあります32Xなんか出さなきゃよかったのに サイバーブロール 32X 【メガドライブ】セガ 1995-01-13 Amazonアソシエイト by

Read More

テック業界はこれまでに世界で最も偉大な革新者を世に送り出し、最も収益性の高く価値ある企業やスタートアップのサクセスストーリーを誕生させてきた。それにも関わらず、優れた経営管理に対する評価が驚くほど低いのも事実である。 3つの会社を設立し、15年間テック業界に従事してきた私は、Shift(シフト)を構築した経験を通して多くのことを身をもって学んできた。もし2014年の創業時に戻れるとしたら、企業文化の設定(与えられるかその逆かのどちらか)や経営管理手法の開発などにおいて、今ならまったく違う対応を行なっていただろうと思う点が複数ある。 私の知る限りでは、適切な経営管理が行われていない場合、いくらそのスタートアップやアイデアがすばらしくてもいずれ失敗に終わっている。さらにはそれがエンジニアリングの人材不足につながり、ひいては企業を設立する際の人的コストの上昇につながるのである。これはシリコンバレーにとって大きな損害だ。 独占的なテック企業にしか通用しない方法 シリコンバレーの一流テック企業は、一見すると非常に優れた経営をしているように見えるかもしれない。しかし実際は、1つの製品を開発し、その製品を中心に独占しているといってもいいほどの一点主義企業なのである。 これは、Google(グーグル)や旧Facebook(フェイスブック)のMeta(メタ)の両方に当てはまることである。どちらも主要な収益源は1つ(デジタル広告)で、買収以外の方法での新製品開発はほとんどにおいて失敗している。GoogleマップやAndroid(アンドロイド)は例外といえなくもないが、どちらも初期段階は買収で始まったものである。 こういった企業は、それぞれの広告ビジネスにおいて圧倒的な価格決定力を持っているため、新製品の開発や買収による競合他社の排除にほぼ無限のリソースを投入し続けながら、ありとあらゆるエンジニアを雇用することが可能なのである。 しかしこれは特に顕著なこの2社だけの問題ではなく、シリコンバレーの大手テック企業全体において広く浸透している。 テック系企業では目標や主要成果について語られることが多々あるが、こういった目標設定のフレームワークは、中身のない単なる言葉に過ぎない場合がほとんどだと言える。 金に糸目をつけない場合、結果として余裕が出過ぎ、アカウンタビリティが小さすぎることになる。その結果リソースが無駄になり、イノベーションが停滞する。企業にいる既存の人材を効果的に活用していれば、同等の、あるいはそれ以上の結果を出すことができる。失敗に終わるプロジェクトも減り、結果的に人材の力を引き出すことによりインパクトのある仕事が達成され、より大きなイノベーションを生み出すことができるようになるだろう。 あえていえば、多くのテック企業は収益にほとんど影響を与えることなく、現在の従業員の20%から40%を削減することができるだろう。しかしそのためには、より少ないリソースで仕事をこなさなければならず、そのためには優れた経営管理(優先順位付け、小規模で始めて実験し、テストと学びの後に製品を大胆に実行する能力、製品への取り組みとビジネスを損益を通じてより大きくコントロールする能力)が必要になる。 経営管理がうまくできれば、手に負えない人材関連のコストを大幅に削減できるようになる。エンジニアの給料が高く、しかも上がり続けていることはご存じだろう。利益率の高いビジネスを展開しているテック企業なら、エンジニアやその他の技術者をやたらと雇用する余裕もあるだろうが、実際は既存の人材をうまくマネージメントすることで、コストを大幅に削減することができ、またそうすることによりリソースをより収益性の高い結果に向けることができるのである。 無論、優れた技術を開発しているすべての企業がこの問題に悩まされているわけではない。中でもAmazon(アマゾン)は最大かつ最良の例で、消費者向けの大手テック企業の中でも同社は本業である小売ビジネスの他に、あるいはそれに加えて、Amazon Web Services(アマゾンウェブサービス)、プライム・ビデオ、マーケットプレイス、Adsなどの新しい収益源を生み出し、新製品を革新することに最も長けている企業である。 シリコンバレーが経営管理を軽視するようになった経緯 この問題は大手テック企業だけではなく、多くのスタートアップにも共通していることである。良い企業文化とは、社員にコンブ茶を用意したり、グルメな社食を提供したり、インスタ映えするオフィスを作ったり(これは新型コロナ前のことだが)することだという勘違いが広まっている。 これがアカウンタビリティの欠如へと発展していくのだが、経営者の立場からするとそれを隠すのは極めて簡単なことである。確かに、こういったものは多くの従業員にとってうれしい特典ではあるものの、実際に企業文化のコアとなるものは、報われるべき行動と嫌われるべき行動、奨励されるべき行動とやめるべき行動の総意であるべきなのだ。 多くの創業者は、イノベーションを起こすと同時に優れた経営管理とアカウンタビリティを実現することはできないと思い込んでいる。実際、人材争奪戦は非常に激しく、結果を出すことではなく従業員を満足させるということに多くのエネルギーが費やされている。P&L(損益計算書)のレンズを通してビジネスを管理し、その製品がどのようなものであるかをテストし、学習するのではなく、単に優れた製品を作ればユーザーはやってくると信じているのである。 これは「言うは易し行うは難し」である。私はShiftを経営する中で何度もこのミスを犯してきたし、このミスにより非常に多くの時間とお金を無駄にしてきた。 […]

Read More

Uber(ウーバー)の創業者で前CEOのTravis Kalanick(トラビス・カラニック)氏が取締役を辞任することが、米国時間12月24日に発表された。Uberのプレスリリースによると、カラニック氏は「新たな事業や慈善活動に注力する」ため、12月31日付けで取締役を正式に辞任する。 2017年にUberのCEOを辞任させられ、取締役会の支持を得た株主決議によりDara Khosrowshahi(ダラ・コスローシャヒ)氏と交代したカラニック氏は、継続的な売却を通じて所有する大部分のUber株式の売却手続きを進めている。先週には、カラニック氏は約3億8300万ドル(約420億円)相当の株式を売却。米証券取引委員会(SEC)への提出書類によると保有株式を10%未満に減らした。 アップデート:カラニック氏は残りの株式をすべて売却したようで、SECへの提出書類はクリスマス休暇後にウェブに公開される見通しだ。 株式の売却は、Uberが個人投資家や従業員への株式売却を制限しなくなったIPOから半年後に始まった。カラニック氏はかつて、9800万株を所有していた。それ以来、同氏はオンデマンドフード業界に参入し、格安物件を選別してカウンターや座席、予約なしでのレストラン運営に転化させるスタートアップのCloudKitchensの立ち上げに、彼の前の会社が協力した。   [原文へ] (翻訳:塚本直樹 Twitter)

Read More