モバイルアプリ「MiNDCAFE」を通じてユーザーがメンタルヘルス専門家とつながることを支援する韓国のスタートアップ、Atommerce(アトマース)は、2カ月で3倍の応募超過となった1670万ドル(約19億3600万円)のシリーズBで、メンタルヘルスのサービスを拡大する計画だ。 今回の資金調達で、Atommerceはプラットフォームの人工知能と機械学習技術を強化し、精神疾患に特化したデジタル治療に投資する予定だ。また、調達資金は人員増強にも充てられる。 ソウルを拠点とするこのスタートアップは、バーチャル・セラピー・プログラムと雇用者向けメンタルヘルス・ベネフィット・ソリューションを提供している。AtommerceのCEOであるKyu-Tae Kim(ギュテ・キム)氏はTechCrunchに対し、Atommerceは人間の専門家と同じようにセラピーができるAIチャットボットサービスを加えることで、患者、人間の専門家、精神疾患に対応するために人工知能が相互に作用するエコシステムを構築したいと考えていると語った。12月に発売された同社のAIチャットボット「RONI」は、推奨される回答を提供することで人間の専門家をサポートすると、キム氏は述べた。 Atommerceは、韓国で100万人以上のアプリユーザーと、Naver(ネイバー)、NHN、新韓インベストメント、Neowiz(ネオウィズ)、ソウル市役所など100社の企業を顧客として主張している。現在、MiNDCAFEの従業員支援プログラム(EAP)を通じて、B2Bクライアントの約20万人の従業員がアプリを利用している。同社は、250人以上のメンタルヘルス専門家を抱えているという。 新型コロナウイルスのパンデミックは、同社の成長を加速させた。例えば、2021年第1四半期の同社の売上高は、2020年第1四半期と比較して約1200%伸びた。また、過去2年間は年平均400%増の売上を記録しているという。 このスタートアップは、米国留学中にセラピーを受けてうつ病を克服したキム氏が、2015年に創業した。韓国に帰国したキム氏は、米国とは異なり、社会的なスティグマからメンタルヘルスの専門家の助けを得ることが難しいことを実感し、MiNDCAFEを立ち上げることを決意した。 韓国は、精神衛生問題を含むさまざまな要因でOECD諸国の中で最も自殺率の高い国となっているが、精神的な問題に対するスティグマから、人々は専門家に相談することをためらっていたと、キム氏はいう。しかし、ここ数年で変わってきた。現在、そのユーザーのほとんどは、国内のミレニアル世代とZ世代の成人女性であるとキム氏は付け加えた。 Atommerceは2022年前半に日本への進出を予定しており、早ければ年末に北米への浸透を目指す。同社のサービスは、言語やUX・UIなどのユーザーインターフェースデザインを完全にローカライズする予定だと、キム氏はTechCrunchに語った。また、次の資金調達計画について尋ねたところ、2023年第1四半期にシリーズCの調達を検討しているとのことだ。 画像クレジット:MiNDCAFE app 今回のラウンドで、同社の資金調達総額は約2600万ドル(約30億1400万円)に達した。シリーズBは、Hashed(ハッシュド)が主導し、E&Investment(E&Iインベストメンと)、K2 Investment(K2インベストメント)、Samsung Next(サムスンネクスト)が参加した。既存の出資者であるInsight Equity Partners(インサイト・エクイティ・パートナーズ)と韓国の製薬会社GC Green Cross Holdings(GCグリーンクロスホールディングス)もこのラウンドに参加した。 キム氏は声明の中で、今回の投資により、テクノロジーによって人々のメンタルヘルスを支援するという使命を持つMiNDCAFEが成長を加速させることができると述べている。さらに、Atommerceはメンタルケアエコシステムへのアクセスを向上させる。 […]

Read More

イングランド代表チームの負傷者リストは増える一方で、先日のベルギー戦で試合中に相手選手の反則タックルを受けて負傷したセンターバックのガリー・ケイヒル(チェルシー)が外れることになりました。代わって代表入りとなったのはリバプールの若手、マーティン・ケリーでした。尚、ケリーは本来はセンターバックですがリバプールではライトパックでプレイしています。 世間では、センターバックであるリオ・ファーディナンドが外された理由は、弟のアントンとジョン・テリーとの間の人種差別容疑事件であり、テリーがイングランド代表チームにいる以上はリオは絶対に選ばれないのでは?と見られています。ただし、ロイ・ホジソンはケリー選出を「純粋にフットボール上の理由」と説明しています。 ◆リオ・ファーディナンド(マンチェスターユナイテッド)は激怒Twitterにポスト「いったいどんな理由で??????」 ◆リバプール・ファンの反応「リオはもう引退に近い年齢であり、かつての選手ではなくなったことは確かだ。しかも今のリオは、決して代表選手にふさわしい調子とは言えない。それに代わって、将来のために、ケリー、ヘンダーソン、キャロル、セオ・ウォルコット、アレックス・オックスレイド=チェンバレン、という面々が代表チームで経験を積むことの方が重要だと思う。」 「もちろん、マーティン・ケリーの選出はリバプール・ファンとして嬉しい。頑張ってほしい。それとは別に、リオ・ファーディナンドがちょっと気の毒に思う。そもそもジョン・テリーとの二者択一という状況は誰の目にも明らかだし、フットボール上の理由でないことのために外されるというのは、間違っていると思う。まあ、リオがいなくてもイングランド代表チームの戦力としては打撃はないと思うが。」 ◆マンチェスターユナイテッド・ファンの反応「リオが何故こんな目に合わねばならないんだ?ふつうなら、刑事事件の被告となった選手は代表チームから外されると思う。しかし、ジョン・テリーの場合は、被害者の兄の方が代表から外される。世の中に正義はないのだろうか。」 「マーティン・f***ing・ケリー?ジョークだろう?いや、正直なところ、ケリーは悪い選手ではないと思うが、(少なくともヘンダーソンが代表入りしている悪質さに比べればまだマシだが)、信じられない。ひとえに信じられない。イングランドが大嫌いになった。」 「フランスのレイモン・ドメネクは歴史に残る愚かな代表監督だと思っていたが、でもドメネクですらロイ・ホジソンにはかなわない。ジョークであってくれればどんなに良いだろう」 「リバプールのプリシーズン・ツアーは、行く先はポーランドとウクライナで、6月11日にまず第一弾としてフランスと対戦することが決まった!」(皮肉) 「イングランド代表チームは、国家としてゴッド・セーブ・ザ・クイーンの代わりにYou’ll Never Walk Aloneを演奏することに決まった!」(皮肉) ◆その他のファンの反応「リオはもう絶頂期を過ぎている。マンUですらろくなプレイを見せなかったのに、イングランド入りなどできるはずがない。」(ニューカッスル・ファン) 「マイカ(リチャード)が選ばれなかった理由として、ロイ・ホジソンは『マイカはスタンバイ・リスト入りを拒否した。マーティン・ケリーは拒否しなかった』と説明している。でも、本当にマイカがスタンバイ・リストにいることを不満たれたのか?そんなニュースは聞いていない。ホジソンは真相を語っているのか疑いたくなってしまう。」(マンチェスターシティ・ファン) 「もし次に誰かが負傷で外れたとしたら、ロイ・ホジソンがホセ・エンリケを選んでも驚かない。」(マンチェスターシティ・ファン) ジェムケリー/アンティーク/ロザリオ/クロス/ネックレスjevis大人気!!アンティーク風ロザリオクロスネックレスMaterial : 合金(アンティークメッキ)Si 楽天市場 by 太田和彦 選曲・デザイン・監修 JAZZ at IZAKAYA Vol.1ビクターエンタテインメントオムニバス ユーザレビュー: Amazonアソシエイト by Desporte(デスポルチ) リオRio SI DS-431 パールホワイト/ケリーグリーン/ダークグリーン 23.5Desporte(デスポルチ) ユーザレビュー: Amazonアソシエイト by

Read More

FiNC Technologiesは1月6日、約50億円の資金調達を発表した。第三者割当増資で引き受け先は、アイザワ・インベストメンツ、伊藤忠食品、大正製薬、テレビ朝日ホールディングス、東芝、日本メディカルシステム、ピップ。創業からの累計調達額は150億円強になる。なお、同社は同日午前中に南野充則氏が代表取締役兼CEOに就任し、創業者で代表取締役兼CEOだった溝口勇児氏が非常勤取締役となる新体制を発表したばかり。 同社は今回の資金調達により、ヘルスケア/フィットネスアプリ「FiNC」をはじめとした各種サービスで利用しているAI(人工知能)の開発や新規事業の拡大、さらにマーケティングの強化に焦点を当てるとのこと。 資金調達に併せて「食事画像解析」のお大幅アップデートとAI関連特許権の取得も発表された。食事画像解析機能は、AIやディープラーニングを活用して、食事の画像を識別してカロリーや三大栄養素(炭水化物・タンパク質・脂質)を計算する機能。今回のアップデートにより「画像解析」できる食事の種類(カテゴリー)を増やしたほか、より精度の高いカロリー計算や食事の画像解析ができるようになったとのこと。ちなみにこれまでFiNCアプリ上では500万枚超の食事画像の投稿があったとのことで、これらすべてがデータ解析に活用されている。 AI関連特許権ついては、食事記録に関連する「メニュー選択」(特許第6486540号)や「食事投稿の評価」(特許第6075905号)をはじめとした「食事画像認識機能」関連の特許を取得。ほかにも国内外において累計60件の特許権を取得している。 そのほか、テレビ朝日で月〜木曜日の0時45分〜0時50分の深夜帯に「フィンク1分フィット」という番組を開始することも発表された。初回放送にはタレントのおのののかがゲスト出演する。 【2020.1.06 17:15追記】今回の資金調達における第三者割当増資の引受先を追記しました。

Read More

先にハッキングされて盗まれたとされる36億ドル(約4160億円)相当のBitcoin(ビットコイン)を米司法省が押収したというニュースが流れたとき、我々はいくつかの疑問を抱いた。今回の発表は、政府による暗号資産への介入についてどのような意味を持つのか?このスキャンダルは、長期的に分散型金融の分野に影響を与えるのか?そして最も重要な質問は、いったいどのストリーミングサービスが、ビットコインのボニーとクライドについてのドキュメンタリーを制作するのか? 関連記事:米司法省がハッキングで盗まれた4160億円相当のビットコインを押収、ロンダリングの疑いで技術系スタートアップ関係者夫婦を逮捕 少なくとも、疑問の1つは解決した。米国時間2月11日、Netflix(ネットフリックス)は、「FYRE: The Greatest Party That Never Happened(FYRE: 夢に終わった史上最高のパーティー)」や「Tiger King(タイガーキング: ブリーダーは虎より強者?!)」を手がけたChris Smith(クリス・スミス)監督の協力を得て、同社が「史上最大の金融犯罪事件」と形容するこのストーリーを描くことを発表した。スミス監督は、セラノスの没落を描いたHBOのドキュメンタリー映画「The Inventor: Out for Blood in Silicon Valley」をプロデュースしたNick […]

Read More

一眼レフカメラを買ってからしばらくの間は週末になると東北本線沿線で「撮り鉄」していました。これは2013年4月13日(土)に東北本線の矢板・片岡間で撮った列車たちです。 上り普通列車211系、この当時は東北本線の代表的な形式でした。 築堤には菜の花、遠く那須連山の残雪も見えました。 211系は国鉄時代だった1985年に登場しました。いかにもステンレス製の車体って感じです。 矢板市の内川橋梁です。 211系の普通列車が次々に通過して行きます。 宇都宮駅から黒磯駅までは5両編成がほとんどです。 この頃は国鉄時代の電気機関車も頑張っています。EF64 1025号機です。 続いてEF65 2061号機です。 EF64形も走っていました。 この撮影地はさまざまなアングルで撮ることができます。 この沿線にもE233系が登場してきました。 撮影を終えて帰宅途中、蒲須坂(かますさか)駅付近で撮った上野行き快速「ラビット」です。 この頃の普通列車は211系、E231系、E233系、107系(群馬県高崎駅から黒磯駅の一往復)が見られました。貨物列車をけん引する電気機関車もバラエティ豊かでした。

Read More

マサダ シザースジャッキのラバーヘッド。 スタッドレスから夏タイヤに変更した際、破断していました。 ぼちぼち、夏タイヤからスタッドレスに変更する時期が近づいてきました。ヘッドを交換せねばなりません。 悩んだのは、交換するヘッドをラバー製にするか、金属製にするか。ぱっと見は、ラバー製の方が車に優しそうです。 しかし、3年程で破断してしまうのでは、懐に優しくないです。 今回は、金属製のヘッドをチョイスしました。 既存のラバーヘッドは、ボルト&ナットで止まっていました。裏からみると、ナットが見えます。 交換するヘッドは、ピンで止めるタイプでした。 あっという間に交換できました。 トゥーランのジャッキアップポイントにジャストフィットです。 ≪ MSJ?850Y・ 専用交換ヘッド ≫【MSJ-850Tにも対応可能】 シザースジャッキ 交換ヘッドのみ単品販売【対応車種:1500kg 以下限定】KTC工具本舗 Team 大吉 能力 850kg 最低高さ 121mm 揚程 260mm 最高高さ 381mm ハンドル寸法 &am 楽天市場 by

Read More

人事・労務のクラウドサービスを手掛けるSmartHRは、子会社であるSmartHR Insuranceが2019年中にローンチすると表明していた確定拠出型年金事業「bowl」から撤退することを明らかにした。開発チームはすでに解散している。 共同創業者の1人である上谷真之氏も自身のTwitterで事業撤退と自身の退任ついて言及している。 SmartHR Insuranceは2019年1月にSmartHRの子会社として設立され、SmartHRのCEOである宮田昇始氏とKyashでVP of Productを務めた経験を持つ重松泰斗氏の2人が代表取締役を務め、確定拠出年金や保険を駆使して「お金の不安」を解消し、いわゆる老後2000万円問題の解決を目指すことをミッションとしていた。撤退した事業名であるbowlを含む「https://www.bowl-app.com」のウェブサイトはすでにアクセスできなくなっているが、代表の重松氏を含めたメンバーは新しい事業に再チャレンジするとのこと。今後の同社の展開に期待したい。 関連記事:労務管理のSmartHRが保険領域に参入、年内に第一弾プロダクト

Read More

 フロントページ、ホームページ、トップヘージ、index.phpそれぞれの意味は何で、どこがどう違うのだろうか? 似たような意味にもとれるこの四つのことばは、WordPressの中でサイトマップを検討し始めると良く出てくることばです。 ついつい意味を曖昧にしたまま使ってしまうこの四つの単語の相違について、調べてみました。 1. それぞれの意味 (1). 「フロントページ」  管理画面で、[設定]-[表示設定]の中で出てきます。 サイトマップの最上位を意味しており、サイトにアクセスした際に最初に表示されるページを差します。  フロントページには、管理画面から任意の固定ページや(ブログ)投稿ページを指定することができます。 (2).「ホームページ」 固定ページ用のテンプレートのhome.php がこれに相当します。 home.phpがあると、index.phpに先行して、表示されます。 (3).「トップページ」  サイトマップの最上位のページを差すことばですが、wrodpressの解説記事・説明文などの中で頻繁に使われるものの、一般名詞です。 他の三つのことばと違って、唯一この「トップページ」はwordpress のシステムの中で定義されていないことばです。 (4).「index.php」 ブログのトップページのファイル名です。    2. それぞれの関係性  サイトの「トップページ」に何を選ぶかは、「フロントページ」の設定画面で指定することができ、  ・投稿ページを選ぶ場合は、「index.php」  ・固定ページを選ぶ場合は、     テンプレートの「home.php」もしくは、     任意の固定ページを指定することができる。 3. それぞれの優先順位   Wordpressは、「トップページ」として採用するファイルの優先順位があり、  優先1 任意の固定ページで「フロントページ」に指定したもの 優先2 テンプレートのhome.php 優先3 index.php となちている。 4. トップページに固定ページを使うか、home.phpのいずれを使うか? 固定ページをトップページにした場合は、管理画面で編集できるが、home.php では管理画面から編集することができない。 以上  

Read More

VMware(ヴイエムウェア)は、重要な持ち駒を増やして今年を終える。米国時間12月30日に同社は、8月に発表した27億ドル(約2900億円)のPivotal(ピヴォタル)の買収を完了したことを発表した。この買収によりVMwareは、仮想マシンの専門プロバイダーからインフラストラクチャをその所在を問わず管理できるクラウドネィティブのベンダーへの転身を加速させるだろう。同じ目的でVMwareは最近、HeptioとBitnamiの買収も完了している。 同社は買収した各社の技術が、モダンアプリケーションの開発・実行・管理を支援するKubernetesベースの環境である「VMware Tanzu」(ヴイエムウェア・タンズ)の重要な部分になることを期待している。 買収の完了を告げるブログ記事で、VMwareの執行副社長でModern Application Platforms Business Unit(モダン・アプリケーション・プラットフォーム・ビジネス・ユニット)のゼネラルマネージャーであるRay O’Farrell(レイ・オ・ファレル)氏は「VMware Tanzuは、すでにその真価を広く認められている弊社のインフラストラクチャプロダクトをベースとし、それをさらに、PivotalやHeptio、Bitnamiおよびそのほかの多くのVMwareチームがこの新たなプロダクトとサービスのポートフォリオに貢献する技術で拡張する」と語る。 Heptioの買収に伴ってVMwareに移り、今やVMwareのR&D担当副社長を務めるCraig McLuckie(クレイグ・マクルーキー)氏は、まだその買収が完了していない11月のKubeConでTechCrunchの取材に対し、プロフェッショナル向けのサービスではPivotalがいると大いに助かると述べた。 そのときの彼は「今後Pivotalと連携すれば、彼らは技術を提供するだけでなく、顧客企業のアプリケーションの革新をサポートする深い専門的知識や技能を持ち込むだろう」と説明していた。 買収の完了までPivotalはニューヨーク証券取引所に上場していたが、同社は本日をもってVMwareの完全子会社になる。しかし重要なのは、両社のこの取り引きが何もないところで突然生じたのではないことだ。それどころかVMwareとPivotalはともに、Dellが2015年に6700万ドルでEMCを買収したときの企業グループに含まれていた。両社はEMCでもDellでも、それぞれ単独で操業していた。Dellに売却されたときはPivotalが最重要と見なされ、十分に自立できる企業と思われていた。 関連記事: Pivotal CEO talks IPO and […]

Read More

Maze、Egregor、Sekhmetランサムウェアファミリーのデクリプターが公開された。これはサイバー犯罪者が最近の法執行機関の動きに脅かされていることを示している。 関連記事:ランサムウェアの潮目が変わった、米国当局が勝ち目のないと思われた戦いにわずかながら勝利を収めた Mazeは、かつて最も活発で悪名高いデータ窃盗ランサムウェアグループの1つとされていた。2019年5月に活動を開始したこのギャングは、ハッカーがまず被害者のデータを抽出し、身代金を支払わなければ盗んだファイルを公開すると脅すという、二重恐喝モデルを導入したことで悪名を馳せた。典型的なランサムウェアグループは、ファイルを暗号化するマルウェアを被害者に感染させ、ファイルを人質にして暗号資産を要求する。 2020年11月に閉鎖を発表したこのグループは、Cognizant(コグニザント)、Xerox(ゼロックス)、LG、Canon(キヤノン)など、数多くの著名企業を被害者にした。 関連記事 ・悪名高いランサムウェアグループのMazeが「正式閉鎖」を宣言 ・IT最大手のCognizantがランサムウェア攻撃を受けたことが判明 Egregorは2020年9月、Mazeの活動が停止し始めた頃に現れ、前身と同じ二重恐喝の手法を採用した。Ubisoft(ユービーアイソフト)、Barnes & Noble(バーンズ・アンド・ノーブル)、Kmar(Kマート)、バンクーバーの地下鉄システムなど、多くの被害者を出したものの、2021年2月にEgregorのメンバー数名がウクライナで逮捕されたため、活動は短命に終わった。 2020年3月に活動を開始したSekhmetは、MazeやEgregorと多くの類似点を持っている。後者よりも先に登場しているが、サイバーセキュリティ研究者は、類似した戦術、難読化、APIコール、身代金要求メッセージを観察している。 米国時間2月9日、これら3つのオペレーションの開発者を名乗る「Topleak」と名乗る人物が、Bleeping Computerフォーラムへの投稿で、3つすべてのランサムウェアファミリーの復号鍵を公開した。 Topleak は「多くの疑惑を招くことになり、そのほとんどが虚偽となるため、強調しておく必要がありますが、これは計画的なリークであり、最近の逮捕やテイクダウンとは何の関係もありません」と述べ、チームメンバーの誰もランサムウェアに戻ることはなく、ランサムウェアのソースコードはすべて破棄したと付け加えた。 復号鍵が正規のものであることを確認したEmsisoft(エムシソフト)は、Maze、Egregor、Sekhmetの被害者が無料でファイルを復元できるようにデクリプターをリリースした。 Emsisoftのランサムウェア専門家であり、脅威アナリストであるBrett Callow(ブレット・キャロウ)氏は、復号鍵の公開は、サイバー犯罪者が動揺していることを示す1つの兆候であるとTechCrunchに語っている。 「復号鍵を公開したことは、最近のREvilの逮捕とは何の関係もないとギャングは主張していますが、そんなわけありません。現実には、彼らのコストとリスクがともに増加しているのです」とキャロウ氏はいう。「ランサムウェアがこれほど大きな問題になったのは、サイバー犯罪者がほとんど完全に無罪放免で活動できたからです。しかし、もはやそれは通用しません。問題が解決されたわけではありませんが、リスクとリターンの比率において、(犯罪者にとって)より多くの『リスク』が存在するようになりました」。 関連記事:米司法省がテック企業Kaseyaを攻撃したハッカーを起訴、別件の身代金6.9億円も押収 […]

Read More