Asana(アサナ)は常にチームのプロジェクト調整を支援してきたが、その歴史の大部分は、個々のチームに特定のタスクセットを完了まで管理するためのツールを提供することだった。米国時間2月15日、Asanaは、チーム内およびチーム間で作業を自動化して進める新しいワークフローツール群「Asana Flow(アサナフロー)」を発表した。 ワークフローツールは、プロジェクトを完了に導く手順を定義するプロジェクト計画ツールとは異なり、作業を論理的に進めるためのツールだ。Asanaの最高製品責任者であるAlex Hood(アレックス・フード)氏によれば、このツールでプロジェクトマネージャーは、単純にタスクを割り当てるのではなく、プロジェクトを完了および承認するためのすべてのステップ、データ、ツールを含む再利用可能なワークフローを作成できるという。 フード氏は、Asanaの核心はプロジェクト管理ツールであり、ワークフローとは、ある意味、繰り返し行われるプロジェクトのことだという。とはいえ、新製品では、その機能を拡張し、プロジェクト内での作業の流れを自動化しようとしている。 「今回発表するのは、プロジェクトを単に繰り返し実行するだけではない、テーラーメイドのワークフロー機能です。実際には、チーム内でのワークフローの受け渡しを計画するためのUIですが、クロスファンクショナルチーム間でのすべての受け渡しを含む、さまざまな人が使用するすべての統合機能が含まれています」とフード氏はいう。 ワークフロービルダーのUI(画像クレジット:Asana) 新しいワークフロービルダーを使えば、プロジェクトの担当者はコンポーネントをドラッグ&ドロップすることでワークフローを作成し、チーム間で流れる自動化されたプロセスのセットを構築することができる。また、ユーザーがワークフロー内のデータや受け渡しポイントを定義することで、仕事をよりスムーズに進め、仕事に関する議論を減らし、自動化された方法で進めることができるようになる。 ワークフローには、Salesforce(セールスフォース)、Slack(スラック)、PowerBI(パワーBI)、Zoom(ズーム)などの一般的なツールや、Dropbox(ドロップボックス)、Adobe Creative Cloud(アドビクリエイティブクラウド)などのコンテンツソースと連動するコンポーネントを含めることができる。また、必要に応じてカスタムアプリを作成し、標準の統合機能に含まれていない社内システムやカスタムツールを使って仕事を進めることも可能だ。 Asanaは一般的なワークフローテンプレートのライブラリを作成しているのでそれを基にワークフローを作成することもできるが、自身で自由にワークフローのテンプレートを作成して、社内の誰でも使用できるようにライブラリに追加することもできる。将来的には、企業がこれらのテンプレートを組織外で共有できるようになるかもしれない。 作業はワークフロー内で進行するにつれて、その作業を実行しなければならない個々の従業員に割り当てられる。また、各従業員用のページが作成され、進行中、完了済み、または処理が遅れているといった、注意が必要な作業が確認できるようになっている。フード氏は「ホーム画面は、会社の目標に基づいて、何が緊急で重要かを判断するのに役立ちます。また、自分が関与しているワークフローの緊急性も判断できます」という。 新しいワークフローツールは、同社が構築してきたAsana Work Graph(アサナワークグラフ)の論理的拡張であり、人、データ、仕事、あるいはミーティングのメモや文書のような仕事の構成要素などのあらゆる要素の組織内でのつながりを理解し、利用することを可能にする。 画像クレジット:Rudzhan Nagiev / Getty […]

Read More

旅行の計画にまだHipmunkを使っている人は、そろそろほかのサイトを探したほうがいい。遅かれ早かれ、ほんとに。 Hipmunkは米国時間1月14日、あと1週間ほどでサービスを終了することを発表した。1月23日、Hipmunkはウェブサイトとアプリのいずれも停止するとブログに書いている。以下のようなツイートも発信している。 We’re saying goodbye. On Jan. 23, 2020, the Hipmunk product will be retired; the app and website will […]

Read More

Googleは、実店舗で販売を行う小売業者と密接な関係を作り、電子商取引の世界に参入するという長期目標を掲げているが、どうやらその計画が少し進展したようだ。検索エンジン大手である同社は、アイルランドのダブリンに本拠を置き、実店舗の小売業者を支援するハードウェアとソフトウェア技術を開発するスタートアップPointyの買収に乗り出した。その技術とは、特に取り扱い商品を細かく陳列するネットショップを開設していない店舗を対象に、大きな手間をかけることなく、商品をネット上で見つけやすくするためのものだ。 どちらの企業も買収額は公表していないが、ある情報筋によれば1億4700万ポンド(約210億円)とのことだ。 Googleは1時間以内に公式発表をすると言っていたが、情報筋から得た話の詳細を探っている間に、Pointyはすでに自社サイトでそのニュースを公開していた。現在は「習慣的な買収完了条件」の交渉中で、数週間以内に契約は完了するという(Googleの買収に関するブログ記事はこちら)。 Pointyは買収後も事業を続ける。「私たちは、Googleの資産とリーチの支援を受けて、今後もよりよいサービスが構築できることを楽しみにしています」と同社は書いている。だが、この計画に誰が残るかは不明だ。 情報筋は、この買収は「よい結果」だったと話している。なぜならPointyには「唯一無二」の製品があり、市場に比較対象がなかったからだ。さらにPointyは、小さなスタートアップにしては非常に多くのトラクションがあり、アメリカでは、特定分野の実店舗小売り業者の10パーセントほどと取り引きをしている(その中にはペットとオモチャの小売業者が含まれている聞いている)。 Pointyは創設6年目の企業で、さまざまな投資家から2000万ドル(約22億円)の資金を調達している。投資会社にはFrontline Ventures、Polaris、LocalGlobe、個人投資家には、以前はGoogleマップの開発を取り仕切り、その後、Facebookで検索エンジンや企業向けの製品の開発を行っていたLars Rasmussen(ラーズ・ラスムーセン)氏が名を連ねている。 Pointyは、CEOのMark Cummins(マーク・カミンズ)氏とCTOのCharles Bibby(チャールズ・ビビー)氏によって共同創設された。注目すべきは、カミンズ氏にとって今回がGoogleへの2度目のイグジットであることだ。彼が最初に立ち上げた会社Plink(プリンク)は、Googleがイギリスで最初に買収した企業だった。 Googleにとって、Pointyはカミンズ氏のスタートアップを前にも買収したことがあるという以上の既知の仲だ。この検索エンジン大手が実店舗を経営する小売り業者のためのツール開発をPointyが強く後押ししたことで、両者は2018年から一緒に活動していたのだ。 当時、Pointyの主軸製品は企業の販売時点管理、つまりバーコード読み取りユニットに接続するハードウェアだった。これを使えば、商品の販売時にバーコードを読み取るだけで、その商品が(販売数も含め)インターネットにアップロードされる。その後も、商品が売れるたびに読み取られたバーコードから在庫数が更新される。Pointyは入荷に関しては関知しない。長期的な販売パターンから、ほぼ正確に在庫数を割り出せるアルゴリズムを使用しているためだ。 一般の利用者は、その商品を検索すると、Googleの検索結果(ナレッジパネルの「◯◯を見る」やGoogleマップ)で、または広告にその詳細が示されるようになる。目的は、これらのリストを通じて該当する商品を、Pointyでそれをアップした店で買ってもらうチャンスを高めることだ。お客さんを店に導き、他の商品も買ってもらえればなおいい。 この装置の価格は700ドル(約7万7000円)ほどだが、特定メーカーのPOSに組み込める無料アプリも提供されている。Clover、Square、Lightspeed、Vend、Liberty、WooPOS、BestRx、CashRx POSのシステムなら、ハードウェアを必要としない。 2018年、Pointyと最初に提携したGoogleの狙いは、検索ポータルの電子商取引ツールとしての機能を高めることにあったのだが、なかなか実現しなかった。一方Amazonは、実店舗との連携を順調に強め、インターネットで買い物をする人が最初に見るサイトというGoogleの地位を大きく脅かした。 あれから2年。こうした課題は、Amazonの躍進によってますます大きくなるばかりだ。GoogleがPointyの引き込みに熱心だった理由は、恐らくそこにある。だが今、その技術を深く取り込み発展させる準備が整った。 Pointyも、小売業者との緊密さを少しだけ高めることができ、何が売れるか、何を多く仕入れるべきかといったインサイトを店舗に提供できるようになった。だが、インターネット上にリストアップされる商品の実際の売買にまでは、手を出さず、あくまで店舗とそこを訪れて直接商品を買いたい客との取り引きに任せていた。Pointy(と独自に小売り事業を目指すGoogle)がそこでどのような展開を見せるか、未来のドアは大きく開かれている。 [原文へ] […]

Read More

Intel(インテル)のCEO、Pat Gelsinger(パット・ゲルシンガー)氏は、2021年3月に同社のファウンドリ戦略を発表した際、これをIDM(Integrated Device Manufacturing、垂直統合型デバイスメーカー)2.0と名づけた。当時、同社はその第1弾として、200億ドル(約2兆3140億円)を投じてアリゾナ州に2つの新工場を建設することを発表した。また、他の半導体メーカーにファウンドリサービスを提供するプロバイダーになる計画も明らかにした。 その計画に沿って、同社は米国時間2月15日、カスタムファウンドリサービスを提供するTower Semiconductor(タワーセミコンダクター)を54億ドル(約6250億円)で買収すると発表した。 ゲルシンガー氏は、この動きが同社のビジョンに完璧に合致すると見ている。「Towerの専門技術ポートフォリオ、地理的リーチ、深い顧客関係、サービス第一の運営は、Intelのファウンドリサービスを拡大し、ファウンドリの世界的主要プロバイダーになるという当社の目標を前進させるのに役立ちます」と、同氏は声明で述べた。 IDM2.0は、半導体製造に対する3つのアプローチからなる。Intelのグローバルな工場ネットワーク、サードパーティの生産能力の活用、そしてIntelファウンドリサービスの構築だ。これにより、Intelは単に自社ブランドのチップを製造するだけではなく、カスタムチップに対するニーズの高まりに応えることができるようになる。 Moor Insight & Strategiesの創業者で主席アナリストのPatrick Moorhead(パトリック・ムアヘッド)氏は、このカスタムチップこそが今回の取引の鍵だと話す。「Intelの買収は、これまで製造できなかったタイプのシリコンを製造できるようになることを意味します。具体的にはRF、センサー、シリコンフォトニクス、電源管理チップなどです」と述べた。 半導体産業を追跡するSemiAnalysisのチーフアナリスト、Dylan Patel(ディラン・パテル)氏も、Tower買収はIntelにとって賢い行動だと同意する。「Towerの買収は、Intelのファウンドリサービスにおいて、プロセスノードの種類によって必要とされるギャップを埋めるものです。買収により、複数の外部顧客とのインターフェースとなる特殊技術を成功裏に運営して利益を上げてきたチームを取り込みます」とパテル氏は語った。 また、Intelはこれまで、社内のニーズに合わせてカスタマイズしたフローをほとんど使っていたと同氏は付け加えた。Towerは、より標準化されたフローを提供する方法をもたらす。「Intelは業界標準のフローを採用しようとしているため、製品設計キット(PDK)機能は、彼らが多くの支援を必要とする分野です。Towerの特殊なニッチ技術における能力は、柔軟で拡張性のあるPDKを作成して提供する能力を大いに高めます」と同氏は述べた。 想像に難くないが、TowerのCEO、Russell Ellwanger(ラッセル・エルワンガー)氏は、2社の合併が大きな力になると考えている。「Intelと一緒に、我々は新しい有意義な成長機会を推進し、一連の技術ソリューションとノード、大幅に拡大したグローバルの製造拠点を通じて、顧客にさらに大きな価値を提供します」と、エルワンガー氏は声明で述べた。 両社の取締役会は買収を承認しているが、通常の規制当局による承認手続きとTowerの株主の審査を経る必要がある。プロセス完了には約12カ月かかる見通しだ。 画像クレジット:Smith […]

Read More

米国時間1月23日に旅行メタ検索エンジンのHipmunkは閉鎖される。SAPグループのConcur(コンカー)が3年半前に買収した同サービスにとって、突然かつ残念な結末だ。 しかし、こうならない道もあったようだ。情報によると、いずれもすでにHipmukを離れている、Hipmunkの共同創業者であるAdam Goldstein(アダム・ゴールドスタイン)氏とRedditのCEOであるSteve Huffman(スティーブ・ハフマン)氏は、同社が閉鎖される前に買い戻そうと試みたが失敗に終わったという。 Skiftが最初に報じ、後にTechCrunchが独自の筋に確認したところによると、Hipmunk社員らが本日、米国時間1月14日の全社ミーティングで買い戻し提案について質問したところ、それが実行されることはないと告げられたそうだ。 SAP Concurが、なぜHipmunkを閉鎖して買い戻しに応じなかったかは明らかではないが、それは親会社が「買い戻したいって?もちろん、どうぞ!」と言えるような単純な話でないことだけは間違いない。 買収から数年後、HipmunkのDNAはConcurとそれなりに絡み合っていた。中小企業向けの「Concur Hipmunk」というそのままの名前のサービスもできた。つまりSAP Concur側には関連するコードベースに詳しいエンジニアを残す理由があったとも考えられる。Hipmunkは買収で権利が移った特許も保有しており(買収後さらに認められた)、SAPがそれを手放したくなかったこともありうる。あるいは単に買収提案が遅すぎたか、SAPのように大きな会社が急ブレーキを踏んでやり直すほどの条件ではなかった可能性も十分ある。 SAP Concurの広報担当者はコメントを拒否した。 [原文へ] (翻訳:Nob Takahashi / facebook )

Read More

2021年10月、Microsoft(マイクロソフト)はAmazon(アマゾン)との提携によって、Windows 11パソコンでAndroid(アンドロイド)アプリを実行するテストを開始した。ただし、その機能を利用できるのはWindows 11 Insider Program(インサイダー・プログラム)に参加しているベータテスターのみで、アプリは50種類ほどに限られていた。そして米国時間2月15日、同社は利用範囲を拡大し、Microsoft StoreにあるAmazon Appstore Previewで1000種類以上のアプリやゲームを提供開始した。 この公開と合わせて、MicrosoftはWindows 11のTaskbar(タスクバー)の改善およびMedia Player(メディア・プレイヤー)とNotepad(メモ帳)アプリのデザイン変更も行っている。 当初、Androidアプリのベータテスターは、AmazonのKindle(キンドル)アプリ、The Washington Post(ワシントン・ポスト)、Clash of Kings(クラッシュ・オブ・キングス)、Coin Master(コインマスター)、Lego Duplo World(レゴ・デュプロ・ワールド)などのアプリを試すことができた。この体験は、新しいWindows Subsystem […]

Read More

Salesforce(セールスフォース)は米国時間1月13日、プログラマーが業界用語で「ヘッドレス」システムとして知られるCommerce Cloud上で、アプリケーションを簡単に構築できるように設計された新しい開発者向けツールを発表した。これにより、開発者はコンテンツをサイトのデザインや管理から切り離すことができ、また企業はどちらのコンポーネントも独自に変更できる。 この目標を達成するために、同社はCommerce Cloudプラットフォームに組み込まれた機能を開発者がゼロから構築することなく利用できるようにする、いくつかの新しく拡張されたAPIを発表した。例えば、Salesforceの人工知能プラットフォームであるEinsteinを利用して、次善のアクションのような要素をサイトに追加することができる。これは、ほとんどの開発が通常は利用していない高度な機能だ。 開発者はこれらのツールとデータを共有するために、eコマースサイトから他のエンタープライズシステムに接続する必要があることも多い。このニーズを満たすために、セールスフォースはMuleSoftを利用している。MuleSoftは、同社が約2年前に65億ドル(約7200億円)で買収している。セールスフォースはMuleSoftの統合技術を利用することで、ERPの金融システムや製品管理ツールといった他のシステムとの接続や、2つのシステム間での情報交換を支援することができる。 CRM Essentialsの創業者でセールスフォースの初期メンバーだったBrent Leary(ブレント・リアリー)氏は、消費者がAmazon(アマゾン)に期待するような統合ショッピング体験を開発者が作成するのに必要なツールを、開発者に提供することを支援すると述べている。 「これらのツールは『Moment of Truth』(真実の瞬間)に提供されるリアルタイムの洞察を開発者に提供することでコンバージョン機会を最適化し、プロセスを自動化して注文とフルフィルメントの効率を向上させる。これにより、Salesforceのエコシステム内の開発者は、Amazonのような体験を提供するために必要なものが得られる」と、Leary氏は語る。 顧客がこれらのツールを快適に使えるようにするため、Salesforceはソリューションを互いに議論し共有できる開発者のコミュニティにアクセスする新しいCommerce Cloud Development Centerと、コードサンプルとTrailhead教育リソースを備えたSDKを発表した。 Salesforceは、今週ニューヨークで開催されるNational Retail Foundation(NRF)Conferenceの一環として、これらを発表した。 [原文へ] (翻訳:塚本直樹 Twitter)

Read More

先週の金曜日、名古屋駅に再開発で新しく出来たゲートタワーに行ってきました。ユニクロとGUが11Fに入っているのですが、GUは待望の名古屋発の大型店。大型店限定商品が今まではオンラインでないと買えなかったので嬉しいです。他のフロアもブラブラ見ていたら、北欧関連リビング商品を扱っているイッタラの直営店がありました。そこでずっと欲しいと思っていたアラビアの24hアベックが並んでいました。 アラビアが何種類か綺麗に並んでいます。アベックあるじゃない~と心で呟きながら、思わず見入ってしまった私。この24hアベックは映画「かもめ食堂」でおにぎりが盛られていたプレートです。その後映画の反響で人気が出て品切れ状態となりました。ショップの店員さんの話によると一時は全く在庫がなくなっていたそうです。今でも楽天市場で探しても他の色はあるのですが、このブルーはどこも売り切れです。なので欲しくても買えない感じでした。廃盤になったと言うのも聞きましたが、その店員さんによると廃盤になったわけではないとのことでした。今回再生産されて少し入荷したそうです。 実は3月で会社を退職した同期の友人に何かお疲れさま!のプレゼントを送りたいと思っていたのですが、もうこれに決定です。20cmのプレートを2枚プレゼント用の包装にして頂きました。すごく丁寧に素敵にラッピングして下さいました。東京に住んでいる友人なので宅配便で送りました。彼女もご主人と二人暮らしなので、毎日の食卓に並べてもらえたら嬉しいな~♪ そして本当はプレゼントだけのつもりだったのですが、やっぱり我が家用にも欲しくなってしまいました。20cmのはアラビアのブラック パラティッシを持っているので、26cmの大きい方を一枚だけ買いました。「かもめ食堂」はもう10年以上も前の映画で今さらって感じですが、やっと念願のアベックが手元に来て嬉しい~! 早速日曜日に使ってみました! 盛り付けたのは玉ねぎの牛ひき肉炒めです。さもない普段のおかずも美味しそうに見える気がします!ブルーのシンプルなデザインなので「かもめ食堂」でおにぎりを盛り付けていた様に、和食にもとても合いますよね。イッタラの店員さんも「お刺身や天ぷらを盛り付けても素敵ですよ~。」と仰っていました。映画に使われたとかには関係なく、やっぱり素敵なプレートだと思います! ついでに昨日の晩ごはんです。 昨日はブラック パラティッシを使いました。チキンカツ、しめじの素揚げ、千切りキャベツです。このパラティッシも思っていたより和食にもよく合います。塩鮭にちょっと野菜を付け合わせたりなんてのにもぴったりです。20cmと言う大きさが普段の1人用の盛り付けに私はとても使い易いと思っています。 こちらは以前にオードブルを盛り付けた物です。生ハム、イチジク、ブルーチーズです。このプレートはお皿だけ見るとデザイン過多気味な感じなのですが、盛り付けるとすごくお料理が映えるのですよね。私は食器はブルー系が好きですが、これを買ってブラックも素敵だなと思いました。 「イッタラ名古屋」はこじんまりしていましたが、とても素敵なお店でした。こちらはアラビアのムーミンシリーズのコーナーです。ラッピングを待っている間に店員さんのご了解を得て撮影させて頂きました。とても可愛いものばかりでした! 中でも一番可愛かったのがこのミムラ姉さんのマグカップ。でも一個3000円なのでやっぱり結構しますよね。 イッタラの食器だと「かもめ食堂」ではこのオリゴシリーズのマグカップでコーヒーを飲んでいましたね。今までこれはあまり欲しいと思わなかったのですが、今回お店で実物を見たらとても可愛かったです。これもちょっと欲しくなりました。実物だと光沢とか質感とかがちゃんとわかるので、やっぱり素敵なのですよね。もう3回観たのですけど、記事を書いていたら「かもめ食堂」がまた観たくなって来ました。今度またDVDレンタルして来ようっと♪ 最後に練です。また何か咥えて来たようです…。 今度はおもちゃを運んでご満悦☆

Read More

Nreal メガネ型ディスプレイのNrealが、新モデル「Nreal Air」(エンリアル エアー)を3月4日にNTTドコモとKDDIから発売すると発表しました。メーカー希望小売価格は4万9800円ですが、ドコモでは3万9800円、auでも3万9799円で予約を受付中。なお、Nreal Airの一般販売は、日本が世界初になるとのことです。 Nreal Airは、2021年10月に発表されていたもの。動画の視聴に特化したARグラスで、見た目は通常のサングラスにかなり近い印象です。カメラ機能などを排し、シンプルな機能となったため、約76gと軽量になったのも特徴です。 映像は、ARグラス越しに4mで130インチ、6mで201インチに相当で表示されます。また、ツルの部分にスピーカーも搭載しており、「低音強調アルゴリズムとノイズキャンセリングにより、まるで仮想の専用 IMAXシアターにいるかのように、エンターテインメントの臨場感を高めます」と説明されています。 スタンドアロン型ではなく、スマートフォンとUSB Type-Cで接続して利用します。このため、利用するには、USB-Cポートを備え、Display Port(Alternate mode)に対応していることが条件となります。ただ、拡張性を高めるアクセサリとして、「Nreal Streaming Box」も発売され、これを利用すれば、Miracastに対応したスマートフォンならNreal Airを利用可能となります。 Nreal Nreal AirとNreal Streaming […]

Read More

長年使った純正グリップが汚くなったので交換するついでにバーエンドを取り付けました。 いきなり完成写真から・・・バーエンドについてはリミテッドでは無く、V125Sベーシックなので取り付けは簡単には行きませんでした。 まず、純正のグリップはハンドルに刺さっている長さは約110mm。 売っているグリップは通常115mm。買ったグリップは握り心地の好きな、デイトナのPRO-GRIP #789 ブラック です。 普通に取り付けるとグリップが5mm程、余ってしまいますのでグリップエンドを取り付けるには不都合が・・・で、選んだグリップエンドは↓ POSH ホンダヨウ ソリッドバ-エンド (MAT TITAN) (031176-21)です。 これを取り付けるには、ハンドルバーに埋め込まれている鉄製のウエイトにM6、ピッチ1mmのタップでネジを切る必要があります。まずはセンターポンチでウエイトの中心にドリルのガイドを付け、ドリルで深さ20mm位の穴を空けて行きます。M6タップの下穴径は5mmですが、いきなり5mmの穴を鉄に空けるのは流石に無理なので、小径のドリルから徐々に穴径を大きくして行く必要がありました。 1.5→2.5→3.5→4.5→5mmの順で穴を広げました。一人で作業したのでバイクがコケ無い様に垂直に掘り進めるのは、しんどい作業でした。 その後、タップでネジを切り↓ 若干センターがズレていますが、許容範囲です。 で、バーエンドを取り付けました。左側は5mmの附属カラーを入れて取り付け。 右側のスロットルスリーブは純正加工だと短すぎるので、デイトナの専用品を使い・・・ スロットルとバーエンドが干渉しない様に3mmのスペーサーと附属カラーを組み合わせて取り付けました。 本当は2mmのスペーサーがジャストフィットのはずですが、用品店にあったハンドル径に合う最薄は3mmしか無かったので仕方無しです。穴空けで疲れ、薄く削る気力も無く・・・・ まあ、完成写真の様に出来は許容範囲と言う事で。。あ~疲れた。 POSH Faith ポッシュフェイス 031176-21 ソリッドバーエンド ボルト径6mm 外径29.5mm ホンダ車 マットチタン価格:2594円(税込、送料別) (2017/9/10時点) 【あす楽対応】 DAYTONA[デイトナ]: FLATスロットルスリーブ/アドレスV125[CF46A/CF4EA/CF4MA] 【70360】価格:778円(税込、送料別) (2017/9/10時点) デイトナ 98131 PRO-GRIP

Read More