エリーシャ・ラヴァーン(Elisha La’Verne)1971年、英国サウス・ロンドンのブリクストン生まれR&B系女性シンガードミニカ人の父とバルバドス人の母のもとで、幼い頃よりブラック・ミュージックに囲まれ育つ。1994年、マキシ・プリーストのレーベルDUGOUTから「I Like What You Do To Me」をリリース。1996年にはエイベックスからT・クラのプロデュースでアルバム『ハー・ネーム・イズ…』を発表。90年代後半のR&Bブームに先鞭を付け、1998年発表の2nd『エリーシャ・ラヴァーン』もヒットを記録。R&Bアーティストとして確固たるポジションを築いた。一時シーンを離れたのち、2011年に5thオリジナル・フル・アルバム『361デグリーズ』で復帰。…………………………………………………………………………………………………………… 1996年、エリーシャ・ラヴァーンのデビュー・アルバム。UKのソウル・ディーバ。日本では10万枚を売り上げる。 1996Her Name Is01 What Her Name Is (Intro)02 Say Yeah!03 I May Be Single04 Do Me Right05 I Can’t Wait To Be With You06 Interlude07 There For You08 Take Our Time09

Read More

メルカリグループで決済サービスを開発・運営しているメルペイは1月23日、キャッシュレス決済サービス「Origami Pay」を開発・運営しているOrigamiの全株式を取得したことを発表した。これにより、Origamiはメルカリグループ入りすることになる。なお、株式譲渡は2月25日の予定。 Origamiは、携帯キャリアやネット企業などの大手グループに属さず、独立でキャッシュレス決済を推進してきたスタートアップ企業。他社の潤沢な資本力を後ろ盾とした大盤振る舞いのキャッシュレス還元キャンペーンなどとは一線を画し、域内経済のキャッシュレス化、特定会員向けのキャッシュレス化などを進めてきた。直近では、1月17日に豊橋市や豊橋信用金庫とキャッシュレス環境整備について提携したほか、トヨタグループのキャッシュレス決済サービスである「TOYOTA Wallet」に決済機能を提供するなど独自の動きを見せていた。 さらに、決済機能をオープン化してOrigami Payをベースにさまざまな独自コード決済機能を実現できるOrigami Network構想も進めてきた。現在はTISインテックグループのTISと組んで、福島県の竹田健康財団・竹田綜合病院内で実証実験を進めている。Origami Payの技術を使って診療費をキャッシュレスで支払えるだけでなく、自治体が発行している住民向けID「会津若松+」のデータベースと決済情報を共有できる仕組みも構築。将来的には、医療費だけでなく行政手続きに関する費用、交通費などをすべてキャッシュレス化する構想だ。 一方のメルペイは、フリマサービスを展開するメルカリの決済サービスまわりを開発・運営する企業。国内で突出した知名度と売上を誇るメルカリの売上金をコード決済やiDでそのまま利用できる点で、他社の決済サービスとはやはり一線を画す。最近では「メルペイ通り」というコンセプトで、巣鴨地蔵通り商店街や高円寺のルック商店街、原宿竹下通りなど、特定地域でのキャッシュレス化を進めてきた。 今年10月に予定されているZホールディングス(ヤフージャパン)とLINEの経営統合でキャッシュレス決済の勝者はほぼ決定した感があるが、独自路線で事業を拡大してきた2社が同じメルカリグループとなることで、域内経済のキャッシュレス化、決済サービスのオープン化などに拍車がかかりそうだ。国内で好調を維持しているメルカリがある限り、メルペイでの経済活動が停滞することはないはず。そして今回のOrigami完全子会社化によって、メルペイは札束以外の新しい戦力を手に入れた。順当に経営統合が進んでPayPayとLINE Payの大連合が出来上がったとしても、メルペイは独自路線で戦える体制が整ったかもしれない。

Read More

エレクトレットコンデンサーマイクは感度がよく、ライン入力につないでもそれなりに録音できるのですが、秋月から発売されている高感度マイクアンプキットは、コンデンサーマイクに高性能のオペアンプOPA344をつなげて増幅するようになっています。これらは20mmx16mmの基板に組み立てられたモジュールとなっており、2.5V~5Vの電源を供給することで動作させることが出来るようになっています。説明書には電源電圧が低いと大きな音でひずむとかかれていますがゲインが高すぎるようです。 コンデンサーマイクに高性能のオペアンプOPA344を組み合わせて、超小型のマイクアンプとしていますが、ゲインが100倍にもなるのでマイクの入力は小さな音でよいようです。しかし、取扱説明書にもあるように、電源電圧が低いとマイクの信号電圧が高いときにクリップしてひずむことになります。オペアンプのゲインは100倍に設定されていますので、オペアンプの出力電圧が最大の2.5Vになるのは、入力電圧が25mVの時になります。エレクトレットコンデンサーマイクは、出力が割合大きく、アンプのライン入力につないでもある程度は聞こえる音量になるように少し大きめになります。大体100mVと考えてもオペアンプの入力としては大きいことになります。実際に組み立ててマイクを吹いてみると、簡単にひずんでしまいました。マイクに小声でささやく程度でも十分な音量になります。高感度として設計されているので、オペアンプのゲインを100倍にしているようですが、10倍でも十分だったのではないかと思いました。組み立ては、コンデンサーマイクとコネクタまたは3本のリード線を半田付けするだけです。大きな音ではクリップしてしまうので、小さな音だけを拾うようにするか、クリップしても気にしないという使い方をするかでしょう。個人的にはオペアンプの帰還抵抗に100kオームを並列に入れてゲインを10倍にすることがよいと考えています。

Read More

Google(グーグル)は米国時間1月23日、Dataset Searchのベータ終了を発表した。この一般に公開されている2500万近いデータの集合を検索できるサービスは、2018年の9月にローンチした。 研究者たちが利用できるこれらのデータセットは、オランダに2010年から2018年まで猫が何匹いたかといった小さなものから、自分たちの仮説をチェックしたり機械学習のモデルを訓練およびテストするための、注釈入りのオーディオと画像の大型集合までいろいろだ。このツールは現在、約600万のテーブルを索引データ化している。 今回のリリースからDataset Searchにはモバイルバージョンが加わり、新機能も追加された。まず第一に、テーブル、画像、テキストなどデータのタイプを指定するフィルターだ。もちろんこれで求めるデータが見つけやすくなる。また、データセットに関する情報が増え、その出どころも明記された。 検索インデックスの中のデータの多くは、政府の省庁が出どころだ。現在インデックス中のデータとしては、米国政府のデータセットが約2百万件ある。ただしGoogleのKaggleも頻繁に姿を見せるし、そのほかの公共および民間の団体もデータを提供している。 Googleによれば、面白いデータセットを持ってる人は誰でも、それを提供して索引データ化してもらえる。そのプロセスには、データを詳しく説明できるschema.orgの標準マークアップが使われる。 [原文へ] (翻訳:iwatani、a.k.a. hiwa)

Read More

Steve VaiのPassion and Warfareに入ってる可愛い曲で、Ballerina 12/24という曲があります。 このアルバムはアホほど聴きまくったし、部分的にはコピーもしたけど、どうしても1曲全部通して弾ける曲がありません!!!これなら弾けるかも・・・と思っても、後半とんでもない演奏してるし・・・ ただ、Ballerina 12/24は弾いてる事自体はそれほど難しくないのと、曲がもうホントにバレリーナ!!!って感じで情景が浮かんできて大好きな曲なんです~ エディのCathedralを知ってる人なら、どうやってこの音を出してるのかだいたいは予測できると思うんだけど、ピッチシフトした音を左右にディレイで飛ばしてるなーってのは解りますね~! で、完全にセンター、LRと分離されてるので、波形編集ソフトでVoトリム(Voキャンセルの逆)をやってみたら見事にセンターだけが残りまして・・・。そこから左右のピッチシフト量を聞き取ると、左が4度上、右が6度上。さらにテンポを計測してみると、最初はBPM130くらいで始まって、途中で134程度、後半は132程度になります。つまりクリックは使ってないってことですね。 で、VS-1680内蔵イフェクトのピッチシフターディレイでやろうと思ったんだけど、プリディレイが50msまでしか対応してなくて・・・まぁやろうと思えば2系統使って出来なくもないんだろうけど、なんか面倒くさくなっちゃって で、ヤフオクを物色してみると、90年代に人気のあったBOSS SE-50っていうマルチイフェクトが定価の1/10程度で出てるじゃないですか!・・・定価は58,000円だったそうで ACアダプタが特殊なので、純正アダプタ付でほぼ1/10で落札! プリディレイタイムは5ms単位での上げ下げしか出来ないようなので、BPM-132で弾けば、8分音符がちょうど220msで飛んでくれる訳で、右はその半分の110msにしました。 材料はそろったので、音を拾い始めたんだけど、エンディングのフレーズで、なんと1番線23フレットが出てくるじゃないですかっ! 24フレットならフロントPU真上のハーモニックで誤魔化しても良かったんだけど、23フレットとなると・・・ ・・・無いなら作ればいいじゃん! ってことで、ローズ+メイプルの土台にビンテージタイプのフレット打ちこみ! こいつを加工して両面テープでピックガードに貼り付けて無事に23フレット完成! これでようやくコピーできました まるでバレリーナが舞台を飛び回ってる感じがしますね~!!

Read More

ZホールディングスのCVC(コーポレートベンチャーキャピタル)「Z Venture Capital」とEast Venturesが共同運営するアクセラレータープログラムCode Republicは、第10期デモデイを2月16日に開催したと発表した。今回は、第10期採択企業4社と卒業した1社の計5社が事業内容の発表を行い、約60名の投資家が参加した。 Code Republicは、起業志望・起業初期を対象に創業資金700万円、キャピタリストとの週次メンタリング、各種勉強会を提供する4カ月間のアクセラレータープログラム。プログラムの締め括りとなるデモデイでは、VC・エンジェル投資家を招き、4カ月間の成果を発表する。第10期採択企業4社と卒業企業1社は以下の通り。 Tooon フリーランスで活動するクリエイターの未払いトラブルをエスクロー決済により解決するクリエイター向けの取引管理SaaS「Tooon」(トゥーン)を提供している。 カーニバルグループ トラックドライバーの人材不足の解決を目的として、未経験者の育成、就職をサポートする採用プラットフォーム「LAND:PILOT」(ランドパイロット)を提供。 ZIDAI 希望条件に応じて最適な住宅メーカーを提案してくれる、提案型の注文住宅メーカーの比較サービス「Houstock」(ハウストック)を提供。 プリズムテック コミュニティ運営の際の顧客分析と顧客のステータスに応じた提案業務を支援するコミュニティマネージャー向け業務管理SaaS「コミュニオ」を提供。 foriio クリエイターに対してポートフォリオ管理から案件獲得、転職支援までをサポート、4万人以上のクリエイターが登録するプラットフォーム「foriio」を提供。

Read More

仕事上のトラブルなどでよくあることなのですが、意見がかみ合わなくなると急に『お前、喧嘩売ってるのか!?』と相手を威嚇するような人を時々見かけます。そのときのその人の心理状態とは、どのようなものだと思いますか? はっきり言ってその人は、自分が喧嘩したいから相手に対してそういう台詞を言っているんだと思います。むしろ切羽詰っているのはその人のほうなのです。そんな時に、こちらも一緒になってヒートアップしたらその人の思う壺です。今やらなければならない事だけに集中して冷静に対処しましょう。また、その人の機嫌を取ろうとして言い訳がましいことを言うのも逆効果です。言い訳に対して余計腹を立て、言葉尻を捉えて攻撃されるだけです。とにかく、そういう人に対してまともに相手をしたら本当に喧嘩になるので危険です。 できるだけ、確認事項などの必要最小限な会話にとどめて、可能な限り無視しましょう。無視できる状態でなければ直ちにその場を去りましょう。そうすればそれ以上、その人は何も言えませんから・・・。 もし、それでもその人が暴言を止めず、暴力を振るったり、自分に対して何らかの制裁を加えるような事があれば然るべき所へ訴え出れば済む話ですから何も恐れる必要はありません。意見の食い違いがあろうと相手の誘いに乗らず、必要な結果を出す事、やるべき事をやればよいのです。それがプロの仕事だと思います。

Read More

産業・医療分野向けのAI製品とサービスを提供するHACARUS(ハカルス)と動物用医薬品メーカーのDSファーマアニマルヘルスは2月18日、犬を立たせたまま足の裏の肉球を通して心電図検査を行ない、AIがデータを解析・診断するサービスを開始したと発表した。 これまで犬の心電図検査は、犬を横向きに寝かせて体にクリップを挟んで測る方法が一般的だった。場合によっては身動きが取れないよう押さえることもあり、犬に負担のかかる検査だったが、今回のサービスでは従来のようなストレスを感じさせずに測定できる。 ハカルスは2018年、DSファーマアニマルヘルス主催の「動物の健康を支える新規事業探索プログラム2018」において「スパースモデリング技術を応用した診断・治療支援AI」を提案。以降両社は連携を深めてきた。2019年にはドイツで開催された医療機器見本市でデモ機を展示、2021年には公募で選定された動物病院で試用を開始。それらの成果を経て今回のサービスの開始に至った。 ハカルスは、このサービスを動物病院に普及させることで、より手軽に愛犬の健康チェックができる環境を整え、犬の死因において高い割合を占める心臓病の早期発見への貢献を目指す。また今後は、犬だけではなく他の動物も視野に入れ、広範囲にわたる健康関連サービスを支援するプラットフォームに拡張する方針という。 検査の流れと特徴 心電測定:電極シートに犬を立たせたまま乗せ、ボタンを押すと約30秒間で測定が完了する。犬の心臓が全身に血液を送り出す際に発生する電気のデータを肉球から取得する AI解析:測定したデータはAIが約30秒間で解析・判定。日本獣医循環器学会の獣医循環器認定医が診断した「健康な犬」と「心疾患の犬」の状態を学習したAIが心電波形を判定し、結果をレポートに表示する 解析結果(閲覧・確認):解析結果は、DSファーマアニマルヘルスが運営する獣医療支援プラットフォームサービス「あにさぽ」で閲覧可能。心電計の扱いについて特別な技術は不要で、動物病院が導入しやすい仕様になっている

Read More

ヤエドクダミ (八重毒痛み)が咲いていた。 スカートを広げたようなオシャレな花姿である。ふくよかな蕾の中に、何枚の苞が畳まれているのだろうか。 思ったよりも小さくて、存在感では普通のドクダミ(毒痛み)に負けるが、繊細さではこちらに軍配が上がる。 ヤエドクダミ(八重毒痛み)の名前は密生した花の間から花びらのように見える、葉に近い性質をもった総苞が発達して八重咲きになったのに由来している。 ちなみに、ドクダミ(毒痛み)の和名の由来は、毒や傷みに効くということから、「毒痛み」が転じたものといわれる。或いは、ドクダミ(毒痛み)の葉は特有の臭気があるため、毒が入っているのではないかということで毒溜め(ドクダメ)と呼ばれるようになり、それがドクダミになったという。そのほかにもいろいろな説があるらしい。 ドクダミ科ドクダミ属の多年草で、学名は「Houttuynia cordata f. plena」である。属名の「Houttuyni」 はオランダの医師で植物学者の「ハウトイン(M. Houttuyne)博士」にちなみ、種小名の「cordata」は「心臓形の」を意味し、品種名の「plena」は「八重の」という意味である。本州、四国、九州、沖縄に分布し、山野のあまり日当たりのよくないところに多く生えており、海外では、東アジアや東南アジアに広く分布する。八重毒痛み(ヤエドクダミ)はその品種の1つである。 日当たりのいい場所でも見られ、そちらの方が花つきはよさそうな気がする。地下茎を横にのばして増えるので、しばしば大群落になっている。草丈は20~40cmくらいで、葉は先の尖ったハート形で、節ごとに一枚ずつ方向を異にして互い違いに生える互生をしている。茎や葉は暗紫褐色を帯びており、葉質は柔らかい。開花時期は6月~7月で、茎の上部から1cm~3cmの花穂をのばす。「ドクダミ」の花には花びらがない。白くて花びらのように見えているのは、花びらではなく葉に近い性質をもった「総苞片」と呼ばれるものである。つまり、葉の変形した「苞」である。それで、肝心の「花」は、真ん中に見える高く盛り上がった部分が黄色い部分が花だが、花びらも萼片もない。 花びらはないので、1ツ1つの花には、3ツの部屋からなる「雌蕊」と3本の「雄蕊」しかない。花びらや萼片のことを「花被」というが、花被のない花のことを「無花被花」または、「裸花」という。ということで、ドクダミ(毒痛み)の花は無花被花である。他に、センリョウ科の「ヒトリシズカ(一人静)」や「フタリシズカ(二人静)」やトウダイグサ科、ヤナギ科の植物でも見られる。八重咲きの花では、普通は「雄蕊」や「雌蕊」が花びら化したものが幾重にも重なっていることが多いが、ヤエドクダミ(八重毒痛み)の場合は、白くて花びらのように見えているものは、「雄蕊」や「雌蕊」の由来ではないようである。 その白い花びら状のものの間には、通常のドクダミ(毒痛み)の花が見える。つまり、ヤエドクダミ(八重毒痛み)の八重になった花びら状のものも「苞」に当たるわけである。普通のドクダミ(毒痛み)が、棒状の花の塊の最下部にだけ、大きな4枚の総苞片をつけるのに対して、ヤエドクダミは花の塊の間にも白い花びら化した苞をつけているということだと思っている。生薬名を十薬(じゅうやく)といい、整腸、利尿、解毒などの薬効がある。 俳句の季語は夏である。 全体に独特の臭いがあることや、名前や生えている場所などのイメージも、いま一ツ良くないドクダミ(毒痛み)である。それでも、花の最盛期には多くの人々の関心を集めているようである。 こうしてみると、ヤエドクダミ(八重毒痛み)は八重咲きでも結実可能なように思えるが、どうだろうか。ポストカ-ド

Read More

米国時間1月23日、Wikipediaが重要なマイルストーンを超えた。この世界最大のオンライン百科事典の英語バージョンの記事が今や600万本以上になったのだ。 この偉業は、このウェブサイトの創設から約19年後に達成され、Wikimediaの主席顧問であるRyan Merkley(ライアン・マークリー)氏によると、「人間が力を合わせればできること」の証(あかし)だ。なおWikimediaは、この遍在的なオンライン百科事典を運営している非営利団体だ。 600万番目は、19世紀のカナダの学校教師で紀行作家でフィクションのライターでもあったMaria Elise Turner Lauder(マリア・エリーゼ・ターナー・ローダー)氏に関する記事だ。この記事は、Wikipediaの長年のエディターであるRosie Stephenson-Goodknight(ロージー・スティーブンソンーグッドナイト)氏が執筆した。 Wikipediaは数十か国語で利用できるが、最も記事数が多いのは英語バージョンだ。英語エディションは2015年後期に500万記事を超え、第2位はおよそ230万記事のドイツ語バージョン、第3位が約210万記事のフランス語バージョンだ。 ウェブサイトとしてビジター数がいちばん多いのも英語エディションで、公表されている数字によると英語バージョンのウェブサイトは1日の平均ページビュー数が2億5500万PVだ。SimilarWebのウェブアナリティクスによると、Wikipedia全体はビジター数が8番目に多いウェブサイトだ。 ここ数年Wikipediaは各国でセミナーを開き、それぞれの国の言葉による寄稿者(コントリビューター)を育成してきた。またツールを改良して、執筆や公開、他からの引用などがやりやすいようにした。 Congratulations to English @Wikipedia for hitting the six million […]

Read More