アクティビスト投資会社であるエリオット・マネジメントは着々とその株式を買い集め、取得金額は25億ドル(約2800億円)に達した。ニュースの見出しを踊らせてきた日本のテクノロジーコングロマリットであるソフトバンクは、一連の失策によって株価が低迷していた。 The Wall Street Journalの第一報によると、Slack(スラック)やUber(ウーバー)、また今や悪名高いコワーキングスペースのWeWork(ウィーワーク)に数十億ドル(数千億円)を賭けたことで名を馳せたソフトバンクは、エリオットの金融投資部門をひきつける目標を提示したという。 2019年11月、ソフトバンクグループは、かつて非公開市場で470億ドル(約5兆2000億円)と評価されたWeWorkの救済による影響もあり、65億ドル(約7100億円)の損失を計上した。 損失計上で株価は急落したが、数々のトラブルにもかかわらず、ソフトバンクは依然として非常に安定したポートフォリオを保有している。そのソフトバンクの資産には、エリオット・マネジメントの340億ドル(約3兆7300億円)もの運用資産の一部を切り出してソフトバンクに少数株主として投資するに値する魅力があると同社は考えた。 「エリオットによるソフトバンクグループへの多額の投資は、市場がソフトバンクの資産ポートフォリオを大幅に過小評価しているという我々の強い信念を反映している」とエリオットの広報担当者はメールで述べた。「エリオットはソフトバンクの幹部と直接対話しており、ソフトバンクの本質的価値に対するディスカウントを大幅かつ持続的に減らすべく建設的に取り組んでいる」 ソフトバンクは、1000億ドル(約11兆円)という巨額のビジョンファンドでテクノロジー投資の世界に波風を起こしてきた。このファンドは多額のキャッシュを必要とするテクノロジースタートアップに出資する目的で設立されたが、さまざまな業界を変革する可能性がある。 同社の大胆な投資戦略の資金は、Saudi Arabian Public Investment Fund(サウジアラビア・パブリック・インベストメント・ファンド、投資担当者はジャーナリストの暗殺を命じた上層部とつながりがある)のような政府系ファンドやApple(アップル)、Microsoft(マイクロソフト)などの企業と協力して調達された。 リミテッドパートナーと自身の現金により、ソフトバンクはさまざまな業界の企業の株式を大量に取得してきた。ただ、その規模を維持し、正当化するのが難しくなってきている。 2019年、ソフトバンクのポートフォリオ企業のいくつかがトラブルに直面した。エリオットがソフトバンクの上層部に変革をもたらすとしても、ポートフォリオのパフォーマンスに影響を与えるかどうかは何とも言えない。 実際、ソフトバンクの創業者である孫正義氏が22%の株式を保有していることを考えると、エリオットが開始または主張する活動には限界があるかもしれない。 ソフトバンクのポートフォリオには優れた企業があり、公開市場の投資家はエリオット・マネジメントによる投資の開示を受けてソフトバンクの株式を買いに走っている。 ただし、2018年にベンチャー市場に流入した資金の洪水は絶頂に達したようであり、ソフトバンクや同社の新規投資家はずぶぬれになってしまう可能性がある。 [原文へ] […]

Read More

AIチャットボット「りんな」を提供するrinnaは2月22日、EXNOA運営・DMM GAMES配信のリアルチャット恋愛ブラウザゲーム「プラスリンクス ~キミと繋がる想い~」において、rinnaが開発した対話エンジンを搭載したAIキャラクター「足繋逢」(あししげく あい)が実装されたと発表した。 プラスリンクス ~キミと繋がる想い~は、街で出会ったヒロイン達とチャットによる自由な会話を通して関係を深めるという恋愛ゲーム。今回追加の足繋逢もそのヒロインの1人となる。彼女は自分の声では話せず、AI登載犬型ロボット「真希奈」を介してコミュニケーションを取るというキャラクター。会話は基本的にAI任せにしており、本人ががんばることもあるとのこと。 rinnaによると、足繋逢は、プラスリンクスが培ったノウハウをAIが学習し生まれたものという。会話のベースは、rinnaが提供するSTC(Style Transfer Conversation)モデルにより即時応答する。STCモデルとは、大規模データから構築した事前学習済みのモデルに、キャラクターの性格や口調を反映した学習データを追加学習させたモデル。 このSTCモデルによる応答文の出力後、表情、記号、ボイス、スタンプなど応答文内容に最適な表現をClassifierモデルが出力する。Classifierモデルとは、ゲーム内のグラフィック表現の演出に関する法則性を学習させた分類モデルとなっている。今回の場合は、STCモデルによるテキストに応じて、AIキャラクターとしての最適な表現を出力する。表情の変化や各種演出は、キャラクターに合わせてカスタマイズ可能で、足繫 逢の性格を再現するのに最適なカスタマイズを実装しているそうだ。 STCモデルとClassifierモデルはRCP(Rinna Character Platform)上で連携しており、AIがプレイヤーの入力に対して即時応答するテキストチャットを可能にしている。これによりプレイヤーは、ゲーム内のキャラクターとリアルタイムでやり取りしているかのような体験を楽しめるという。 今後の展開として、現在rinnaが研究開発中の新しいAIモデルとの併用準備を進めているとのこと。この実装によって、より多彩なチャットのやり取りが可能になるという。単一のキャラクターとチャットを継続していくことで変化するAIモデルの開発も検討しているそうだ。

Read More

2010年9月に、社会学者の小室直樹氏が亡くなりました。その弟子筋にあたる社会学者たちが、小室氏の業績を考えるシンポジウムを2011年3月に東京工業大学で開いています。 20世紀後半の日本における構造・機能主義を中心とする社会学理論の状況がわかって興味深いです。また、諸氏が語る小室氏の思い出は、あまりにも人間くさくて、つい笑ってしまいます。 その様子がUstreamにアップされていましたので、ご関心のある方はどうぞ。 小室直樹博士記念シンポジウム第一部(前半)http://www.ustream.tv/recorded/13116411 小室直樹博士シンポジウム第一部(後半)http://www.ustream.tv/recorded/13120051 小室直樹博士記念シンポジウム第二部(前半)http://www.ustream.tv/recorded/13123376 小室直樹博士記念シンポジウム第二部(後半)http://www.ustream.tv/recorded/13125164

Read More

米国のドナルド・トランプ大統領は、会計年度の2021年に、NASAの予算として256億ドル(約2兆8000億円)を要求するつもりであると、米国時間2月7日にWSJ(ウォール・ストリート・ジャーナル)が報じた。これはNASAの会計年度2020年の予算の226億ドルよりも30億ドル(約3300億円)近い増額となる。この増えた資金の大部分は、新たな有人月面着陸船の開発に充てられると言われる。 これは、この数十年間にNASAの予算について提案された最大の増額となるもの。そして、米国時間2月4日の一般教書演説で表明された、NASAの活動に対するトランプ大統領の新たなコミットメントを反映したものと考えられる。トランプ氏は議会に対して、「アルテミスプログラムに十分な資金を注ぎ込んで、月に到達する次の男性と最初の女性が、アメリカ人の宇宙飛行士になることを確実にする」ことを求めた。 NASAの長官、ジム・ブリデンスティーン(Jim Bridenstine)氏は、2024年までに最初のアメリカ人女性と次のアメリカ人男性を月面に派遣する、という目標を頻繁に繰り返してきた。これは現状のアルテミス(Artemis)計画に沿った目標だ。ブリデンスティーン氏は以前に、2024年までに再び月に到着するのにかかる費用を、200億から300億ドル(約2兆2000億円〜3兆3000億円)の間と見積もっていると表明していた。しかし長官は昨年の暮に、下院歳出小委員会によって、NASAの会見年度2020年の最終段階での16億ドル(約1750億円)の追加予算の要求について糾弾されていた。 WSJはまた、2021年の予算計画の一環として、NASAは月着陸船への入札を募るつもりだと報告している。これは以前の、アルテミス計画用の打ち上げ機に対しての取り組みと同様のもの。NASAは、すでに認定されたベンダーリストにある多くの商業パートナーと協力して、ロボットの無人月着陸船ミッションに取り組んでいる。2021年から、月面に実験装置や物資を届けるためのものだ。 NASAは、アルテミス計画用の有人着陸システムに関して、業界からコメントを募るため、昨年7月に広く告知している。また続く8月にはそれを改定し、2019年9月には公式な提案の要請を公開した。NASAの宇宙飛行士を乗せる有人着陸船については、2社が選ばれることになっている。NASAによれば、2024年の着陸に向けて1社が着陸機を完成させている間に、もう1社は2025年のミッションの準備をする。そうした賞を競い合う会社としては、ボーイングのような伝統的な会社だけでなく、SpaceXやBlue Originなど、新規参入の会社も含まれているという。 トランプ政権としては米国時間2月10日に予算を提出する予定となっている。 [原文へ] (翻訳:Fumihiko Shibata)

Read More

今日はいにしえの問題作PC8801のアダルトアクション「177」をクリアしました。ゲームの177は刑法第177条(強姦罪)からきており夜道を歩く女を追いかけて服を脱がし4枚脱がして全裸にして捕まえるとエッチパートに切り替わります。ここではテンキーの[4][8][6][2]をタイミングよく押し女をイカせれば女と結婚してハッピーエンドになります。しかし何という設定のゲームだ! さすがにこのゲームその昔、国会で取り上げられたほどの問題作でそれに伴い後に修正版が販売されているそうですどこが修正されているかも実際のところわかりません今回プレイしたゲームも修正版なのか初期版なのかわかりません。今回は難易度が一番簡単なPC88版をプレイしてクリアしました。PC98版は少し難易度が上がっているようなのでもしかすると修正版はPC98版のように難易度を上げたものかもしれません。なぜPC88版は簡単かというと敵の猫に当たると前に滑り出してくれるからです。このためPC88版はめちゃくちゃ簡単になっています。今回、ほんの2時間ぐらいでコツをつかみクリアしました。まあ当時、多少プレイしていたといこともありますけど このゲーム最後に女を捕まえる場所によって3種類の体位になります。 マップ右下のお墓ゾーン マップ右下のお墓ゾーンの少し上 スタート地点を含めたマップの大半部分 狙っていかないと大半が3枚目の画面になり3種類あることを知らない人が多いようです。今回ゲーム内では画面が無修正ということで画像を加工してあります。さすがに加工しない画面を出すのは問題のような気がしましたのでエッチパートではテンキーをタイミングよく順番に1回転するように押していきます。連打やボタンの早すぎるのはNGですボタンを押すとボタンに合わせた方向に男性が腰を動かすのでかなりエロいです。みごと画面右上の花びらに5敵の滴をたらすとクリアになります。 結婚してハッピーエンドになります。 実はこのゲーム販売されていないのにX68000版も存在します。実は当時何故か我が家にありました。兄貴の友人からコピーしてもらったのですが本当に出所が分かりません。兄貴の友人は今どうしているのかわからないのでどうやって入手したのか不明です。しかしこのゲーム当時、未成年でプレイしていたと思いますたしか中学生の時だったような気が…    にほんブログ村よろしかったら、ぽちっとクリックしてください。今後の更新の励みになります。

Read More

テルアビブに拠点を置くAporia(アポリア)は、企業がAIベースのサービスを監視・説明できるように支援するスタートアップ企業だ。同社は米国時間2月23日、Tiger Global(タイガー・グローバル)が主導する2500万ドル(約28億8000万円)のシリーズA資金調達ラウンドを実施したことを発表した。このラウンドには、新たに投資に加わったSamsung Next(サムスン・ネクスト)の他、以前の投資家であるTLV Partners(TLVパートナーズ)とVertex Ventures(ヴァーテックス・ベンチャーズ)も参加、同社の調達資金総額は3000万ドル(約34億6000万円)に達した。 2021年サービスを開始した当初は、オブザーバビリティ(可観測性)プラットフォームであることに正面から取り組んでいた同社だが、それからチームはその網を少し広げ、フルスタックのML(機械学習)モニタリング・プラットフォームとなっていった。 「今のところ、私たちのソリューションには4つの柱があります」と、Aporiaの共同創業者兼CEOであるLiran Hason(リラン・ハソン)氏は説明する。「1つ目の柱は可視性、つまりダッシュボード機能のようなもので、予測値などを見ることができます。2つ目は、かなり新しいものですが、説明可能性です。すでに何人かのユーザーには使っていただいています。3つ目がモニタリング、そして4つ目が自動化ですが、これも新しいものです」。 自動化は、もちろん、どのような監視サービスにとっても、明白な次のステップである。ユーザーは普通、受け取ったアラートに対して、何らかのアクションを起こしたいと思うからだ。Aporiaは、すでにその監視サービスにドラッグアンドドロップツールを取り入れていたので、この機能もすぐに追加できた。この自動化機能を拡張して、より複雑なユーザーケースに対応できるようにしたいと、ハソン氏は言及している。 また、説明可能性も、顧客からのフィードバックを基に追加した機能だ。企業には規制当局から、自社のAIモデルが何を行っているかを説明できるように求める圧力が増している。Aporiaは、モデルがなぜそのような予測をするのか、また、さまざまな入力パラメータがどのように予測に寄与しているのかを、ユーザーが理解できるように支援する。 フルスタックなML可観測性プラットフォームになるというミッションは、顧客の心に響いているようだ。Aporiaによると、同社のサービスを利用する顧客の数は、直近の半年間だけで600%増加したという。現在はその顧客に、Lemonade(レモネード)やArmis(アーミス)などの企業が含まれている。 「Aporiaは起ち上げ以来、信じられないような成長を見せ、驚くべき勢いで、急速にMLの可観測性の分野におけるリーダーとなっています」と、Tiger GlobalのパートナーであるJohn Curtius(ジョン・クルティウス)氏は述べている。「グローバル企業の経営幹部は、人工知能のメリットと、それが事実上すべての産業にどれほど影響を与えているかを理解していますが、リスクによって夜も眠れない状態になっています。Aporiaは、すべての組織が、AIの責任ある利用を保証するために求めるソリューションになると位置付けられます」。 画像クレジット:Aporia [原文へ] (文:Frederic Lardinois、翻訳:Hirokazu Kusakabe)

Read More

さて、前回の記事に書いたような経緯で … 4気筒ターボの 528i ツーリング Mスポーツをお借りして2日間で160kmほど走り、そして戻ってきた我が6気筒528i にすぐさま乗り換え、ほぼ同じコースを改めて走ってみる … ということをやりました。 2日も借りてたった160kmしか走ってないのか、と思われるかもしれませんが、一応普通に仕事だったので … それくらいが限界。 デモカーは走行距離2000kmを超えてましたので、遠慮無く回させていただきました。速度の乗らない街中、深夜の高速、Rが大きめの峠、超タイトコーナーが続くどこぞのダムの周回路 … 存分に試せたと思います。(ちなみに私の528i は20000kmオーバー)    オプションの19インチ装着。 ボディカラーはアルピンホワイトⅢ。 以後、面倒なので2リッターターボを 「4発」、3リッターNAを 「6発」 と表すことにします。 事前の注意点と言えば … お借りしたのは 「ツーリング」 ということで、車重がセダンより110kg重いんですね。 なので少なからずハンデはあるでしょう。また、8速ATの各ギア比は4発、6発まったく同じですが … 最終減速比が4発のほうが僅かにハイギヤードであること。それと、個人的には 「(体裁的な面で)このクラスに4発は … 」 とか 「プレミアム云々 … 」 などには興味ありませんので、そういう事には触れないでおきます。 では早速、乗り込んで …

Read More

TechCrunch Japanが主催するテーマ特化型イベント「TechCrunch School」第17回が1月23日、開催された。スタートアップのチームビルディングを一連のテーマとして展開する今シーズンの4回目、最終回となるイベントでは「チームを拡大する(拡大期の人材採用)」を題材として、講演とパネルディスカッションが行われた。 この記事では、キーノート講演の模様をお伝えする。登壇者は千葉道場ファンドで取締役パートナーを務める石井貴基氏だ。自らもアオイゼミを創業し、Z会へのM&Aを実施した石井氏からは、起業家としての創業からエグジットまでのエピソードと、現在参画する千葉道場の起業家を支える取り組みについてが語られた。 起業家としては情報弱者だった創業期 石井氏は新卒でリクルートに入社。SUUMOの広告営業に従事した後、ソニー生命に転職し、生命保険の販売を行っていた。販売活動の一環で、ライフプランのコンサルティングも行っていた石井氏は、ファイナンシャルプランナーとして、さまざまな家庭の家計を見ていく中で、どの世帯でも教育費負担が非常に多いと感じる。これが起業のきっかけとなり、ライブストリーミングを使って、いい先生から安く学べる学習塾として、オンライン学習塾のアオイゼミを立ち上げた。 アオイゼミはライブストリーミングで授業を配信する、中高生向けオンライン学習塾だ。創業は2012年。石井氏は2019年3月に代表を退任したが、当時の登録生徒数は60万人以上と日本最大級に拡大した。「学習塾としての実績もついてきて、難関大学への合格者も輩出するようになっている」(石井氏) 北海道・札幌出身の石井氏は、函館の高校、東北の大学に進学し、就職では札幌に戻る形となったため、「会社を作るまで東京に出たことがなかった」そうだ。当時はスタートアップ立ち上げのための教科書もなければ、情報もなかったと振り返る石井氏。初めての上京が起業、という境遇で、石井氏が創業の地に選んだのは、中野だった。 「東京のビジネスの中心は新宿だろう、ぐらいにしか思っていなくて、中野なら新宿からも近いからベストではと考えたんですよね。その後、よく見渡してみたら『ベンチャーの中心地って渋谷なんだ』と気づいて、失敗したなと思いました(笑)」(石井氏) 立ち上げ当初はお金もなく、1LDKに創業者の3人で生活していたそうだ。生徒が塾を利用するのは夜間なので、日中はアルバイトで出稼ぎをして、夜にオンライン学習塾を配信するという日々。「極貧生活で体重が15キロ減った」と石井氏はいう。 今でこそファンドのパートナーという立場の石井氏だが、アオイゼミ創業初期はベンチャーキャピタルを紹介されて「投資家って何だ?という感じで、うさんくさいと思っていた」という。それがいろいろと話を聞いて、今度は「株式発行するだけで数千万の大金を、無担保無保証で出してくれるなんて、これは使わない手はない! じゃんじゃん株式発行すればいいじゃないか」と思ったそうだ。「起業家としては完全に分かってない、リテラシーの低い情報弱者だった」(石井氏) 買収後のアオイゼミ退任を決めた深セン訪問 暗黒の創業期を1年半ほど経た2013年、現・千葉道場ファンドの代表で、エンジェル投資も行う個人投資家・千葉功太郎氏と出会った石井氏は、シードラウンドで4000万円の資金調達を実施した。その後、ジャフコからの調達や、KDDI Open Innovation Fundらからの調達を実施。2015年のシリーズAラウンド調達までは「VCや、教育とは縁のない事業会社からしか調達していなかった」という石井氏だが、次のファイナンスのために動く中で、コンテンツ獲得のために既存のリアルの教育事業者と組むことも検討し始めていた。 「学習塾のツラいところはコンテンツ確保で、大学別の対策講座などをやろうとすると、とても大変。そういったコンテンツを持っている会社から出資してもらって、一緒にやった方がいいのではないか、ということで資本業務提携に動いていた。それでZ会と話していたときに、『マイノリティ出資で一緒にできることは限られている。それなら完全に一緒にやらないか』というオファーをいただき、サービスの成長のためには最適のパートナーではないかと考えて、2017年11月にM&Aを果たした」(石井氏) 通信教育で知られてきたZ会グループは、傘下に栄光ゼミナールを持つなど、教育事業を総合的に広く展開するが、「大手とはいえ、教育はレガシーな産業。彼らも私たちのようなテック系を取り入れたかったのだと思う」と石井氏はいう。M&A後は想定していたコンテンツ強化を進めたほか、家庭教師マッチング(現在はサービスを休止)やリアルな塾でオンライン授業の一括配信など、グループ会社と連携して新しい事業を開発していった。 石井氏としては買収後も「特に退任の時期を決めていたわけではなく、もう数年やろうと思っていた」というアオイゼミ。代表退任のきっかけは2019年1月、千葉道場のコミュニティ有志メンバーと中国・深センを訪問したことだった。 […]

Read More

「アムロ!来たかっ!しかし、もう遅いなっ!」「・・・!? 貴様を倒せれば、アクシズは止められる!!」■MG 1/100 RX-93-ν2「Hi-νガンダム Ver.Ka」PART1全塗装で完成です。 8月頃からちまちまと製作してきたHi-νガンダム、ようやく完成致しました。H.W.S.(ヘビー・ウェポン・システム)込みで作業してきたので工程数もかなりのものに……。 今回は概ねストレートに作りましたが好みで若干のプロポーション等を改修、それと細部のディテールアップで完成度を高めています。 塗装はベタ塗装でファンネル等に一部グラデーションを加えた位で、ウェザリング等は行ってません。ただ設定よりも色数を増やし更に配色も変更するなどし、フレームや装甲を細かく塗り分ける事で情報量を高めてみました。 画像を撮ってみたら思いの外枚数が多くなってしまい、まとめようとして、まとめきれなくなったので記事を2回に分けました(^^;まずは標準装備の紹介です。 付属品 1/100アムロ・レイも丁寧に塗装。 上半身 基本的にはストレート組みですが頭部は顎が引けるよう襟元を改修。ディテールアップとしてダクト内部やスジボリによるモールド追加。全体的にキット付属のデカールを貼っただけですが、Ver.Kaならではの情報密度が得られました。 腕部 各箇所のエッジ出しやクリアランスの調整。肩部球体関節やノズル内部はディテールアップパーツを追加し、肩部装甲にはスジボリでラインを追加。 コックピットハッチ開閉 コックピット内のアムロも塗装してます。殆ど見えないけどねー。 バックパックのテールスタビレーターやバーニア等もディテールアップ加工、及び塗り分けを行い情報量を高めてます。 脚部は旧MGとかを参考に装甲の配色を変更したり塗り分けを行い、ダクト内部はモールド入りプラ材でディテールアップ。 大腿部のシリンダーはチラリと覗けた時に質感の違いを楽しめる様に金属色で塗り分けてます。靴底も目立たない部分ですが丁寧に塗り分ける事で情報量の増加を図ってます。 全身画像フロント 改修という程でもないですが肩部位置を調整して怒り肩にしたのと、股関節付近の延長工作を行ってプロポーションを好みで変更しています。MGサイズなので若干ではありますが約5mm程身長が伸びてます。 リア 実物の青色装甲はもう少し紫色なのですが持っているカメラでは再現し難い色みたいです(^^;内部フレームも細かく色分けしているのですが、装甲を付けちゃうとあまり分かりませんね(笑) 頭部正面アップ 定番工作としてアンテナのシャープ化。メインカメラは別売りのLEDユニット(緑)で点灯させています。クリアパーツは目元や首元の隙間から光が漏れないよう、光らせたくない部分を点灯確認しながらブラックで塗り潰しました。 ツインアイが小さいのでLEDで点灯させてもイマイチ派手さはない感じ。照明を消せば目立つのですが普通に塗装しちゃっても良かったかもですね。 ビームライフル&シールド装備フロント リア ビームライフル 武装類はストレートに組んだだけです。 ニュー・ハイパー・バズーカ 一応、伸縮ギミック様にクリアランスの調整はしています。 右腕ガトリングガン&左腕ビームサーベル アクセントにメタリックで塗装。 フィン・ファンネル キットはヒケが結構見られたので丁寧に表面処理をし、グラデーション塗装で仕上げました。 シールド シールドは標準の物とHWS用でグラデーションの物とで2種類用意。付属のインクスポット迷彩のデカールは必要な所だけ切り取って使いました。それと、シールドの裏側はディテールが寂しかったので細かく塗り分けて、一部メタルテープを使用。 続きは→ MG

Read More