福島ロボットテストフィールドで試験飛行中のMk-3 テトラ・アビエーションは2月23日、垂直離着陸航空機(eVTOL)の「Mk-3」(マークスリー)が「東日本大震災・原子力災害伝承館」(福島県双葉郡双葉町大字中野字高田39)において、常設展示されると発表した。同施設の「復興への挑戦」コーナー改修にともなうもので、展示期間は2022年2月23日から2年間の予定。展示機体は写真撮影可能。 Mk-3は、テトラ・アビエーションが2018年から開発し、2020年2月開催の国際個人用航空機開発コンペ「GoFly Final Fly Off」において受賞した機体。同コンペで飛行した実機を展示する。また同社は、福島ロボットテストフィールド開所時から入居しており、このMk-3を使った飛行試験を行ってきたという。 同社は現在、次期機体「Mk-5」を開発し、福島ロボットテストフィールドにおいて飛行試験を行っている。引き続き、福島県をはじめ日本における航空産業の発展のため、航空機メーカーとしてより良い製品の開発に尽力するとしている。 2018年設立のテトラ・アビエーションは、空飛ぶクルマと呼ばれる垂直離着陸航空機(eVTOL)を開発するスタートアップ。今後、まずは個人利用としてのeVTOLを開発・販売し、購入者からのフィードバックを基に量産型eVTOLの開発を行い、2025年に開催される大阪万博での飛行など2拠点間移動サービスを行うための機体をリリースしたいとしている。

Read More

人気の写真印刷アプリのPhotoSquaredから、何千もの顧客の写真や住所、その他のの詳細が流出した。今回のデータ流出では、少なくとも1万件の出荷情報がAmazon Web Services(AWS)のパブリックストレージに格納されていた。ストレージのバケットにはパスワードが利用されておらず、簡単に推測できるウェブアドレスを知っている人なら、誰でも顧客データにアクセスできた。これらのAWSストレージのバケットは設定が間違っており、「プライベート」ではなく「パブリック」に設定されていることがあまりにも多い。 流出したデータには、ユーザーがアップロードした高解像度写真と、2016年以降に作成された出荷ラベルが含まれており、流出の発覚日までデータは更新されていた。Google Playのランキングによると、同アプリのユーザーは10万人を超えるという。 どれだけの期間、ストレージのバケットが公開されていたのかは不明だ。 公開されていたユーザーの写真と出荷情報の一例。公開されていたストレージのバケットには数千の出荷情報が収納されていた。 セキュリティ研究者らは、公開されたバケットの名前をTechCrunchに提供した。我々はいくつかの出荷ラベルを既存の公開データと照合し、米国時間2月12日にPhotoSquaredに連絡し、データ流出について警告した。 PhotoSquaredを所有するStrategic Factoryの最高経営責任者(CEO)であるKeith Miller(キース・ミラー)氏は、データがすでに非公開にされたことを認めた。しかしMiller氏は、データ侵害通知法に基づいて、顧客や規制当局に通知するかどうかについての明言を避けた。 この記事の執筆時点では、PhotoSquaredは同社のウェブサイトやソーシャルメディアアカウントにて、セキュリティ上の不備について言及していない。 [原文へ] (翻訳:塚本直樹 Twitter)

Read More

PC Gamer Magazine via Getty Images 間もなく出荷が始まるSteam Deckですが、自分が所有しているゲームがSteam Deckでプレイできるのかは気になるところです。そこで、ValveがSteamライブラリ内にあるゲームがSteam Deckでプレイできるかを確認できるページを公開しました。 Steam Deckのゲームタイトル互換性としては、以前にValveが検証プログラムを発表していましたが、今回公開されたページはそれを自分のライブラリ内にあるゲームで確認できるようにしたもの。検証プログラム発表時に予告されていた内容です。 同ページにアクセスすると、自分のライブラリ内にあるゲームがSteam Deckでプレイできるのかを「確認済みのゲーム」「プレイ可能なゲーム」「非対応のゲーム」として表示されます。 なお、表示されるのは現時点でテスト済みとなったゲームのみで、未テストのものは「未テストのゲーム」として分類されます。 確認済みのゲームは、文字通りSteam Deckでプレイ可能なことが確認されているもの。プレイ可能なゲームは、プレイはできるものの、操作や設定に追加の作業が必要な場合があるとされています。 非対応のゲームは、残念ながらSteam Deckではプレイできないもので、VRタイトルのほか、Fall Guysなどが挙げられています。 […]

Read More

前から気になっているあのソファは、うちのリビングに合うのだろうか? 10年前のキャッチフレーズを引っ張り出せば、「そのためのアプリがあります」(There’ an app for that)。今なら山ほどそんなアプリがある。家具を部屋に置くとどんな風になるかをこの目で見ることは、拡張現実の典型的な利用例であり、専用アプリでそれをやっている小売店は少なくない。 しかし買いたいと思っても、例えばSafariであちこち見て回っている人に、その場でアプリをダウンロードさせるというのは大きな障壁だ。 そんなケースを想定して、Apple(アップル)は去る2018年に、「これを見ましょう、ただしあなたの部屋で!」のコンセプトをiOSとiPadOSに直接組み込む機能を導入した。 それはQuick Lookと呼ばれ、ユーザーはすでに持っているSafari、メッセージ、メールなどのアプリの中でインスタント/ワンタッチAR体験ができるようになる。小売店が3DモデルをPixarと共同開発したUSDZファイルフォーマットで提供すると、アップルがARKitを使ってレンダリングし、現実世界に重ねる。スケーリンク、ライティング、シャドウなどはすべてアップルが処理してくれる。 ただし、当初Quick Lookはほんとうにそれだけの見るためだけの機能だった。ARで商品を見ることはできるが、それがすべてだったのだ。そこで同社はコンセプトを少し拡大し、デベロッパーはカスタマイズ可能なボタンを載せられるようにした。たとえば購入ボタンなら、Apple Payのプロンプトをその場でポップアップさせる。ほかにも店がやりたいどんなシングルアクションとも結び付けられる。例えば、カスタマーサポートとのチャットを起動して、顧客が色の選択について質問する、あるいは、在庫のある実店舗を紹介して実際に見に行かせることなどができる。 さらに同社は、Quick Lookでスペーシャルオーディオをサポートして、iOS、iPadOSの最新デベロッパービルドで密かに公開し、3Dモデルから音を発せられるようになった。オモチャからピッピー、ブーブー音が聞こえたり、スピーカーから音楽が聞こえてくるなど、部屋にバーチャルに置かれたあらゆるものから音が聞こえてくる。部屋を歩き回ると音も合わせて変わっていく。 内蔵ARツール自身にユーザー体験を直接追加することは、小さなことに思えるかもしれないが、実はこれが興味深い。2018年にHouzzのCEOであるAdi Tatarko(アディ・タタルコ)氏は、彼らのARツールのユーザーは、購入する可能性が11倍高いと発言した。またBuild.comは、ARで商品をチェックアウトした人は返品率が22%低いことを発見した。 ARはモバイル購入プロセスにおいて明白な利点をもっている。しかし、これを活用するには簡単に使えて、素早く自然に動作しなければならない。手順に障壁があればあるほど、購入前に脱落する人が多くなるからだ。 アップルは昨年のWWDC(世界開発者会議)でこの機能のプレビューを公開した。そして今週、Home Depot(ホーム・デポ)、Wayfair(ウェイフェア)、Band […]

Read More

KENWWOD ブルートゥースユニット接続ケーブル [KNA-BT909]詳細は画像クリック 価格:1,260円   KCA-BT200用専用接続ケーブル  ■この商品のバリエーション  後方確認用カメラ [CCD-2000] 19,800(税込)  ブルートゥースユニット [KCA-BT200] 16,500(税込)  オービスデータディスク [KNA-BC2009] 5,400(税込)  iPhone3G/iPod用インターフェイスケーブル [KNA-I909] 5,400(税込)  リモートコントロールユニット [NA-R909] 4,200(税込)  光・電波ビーコンVICSユニット [VF-M99] 19,800(税込) ■仕様 適合機種HDV-909DTとKCA-BT200接続■商品内容 ・本体×1 KENWOOD,ケンウッド,けんうっど,KNA-BT909,KNABT909  ■関連商品  地上デジタルTVチューナー内蔵7V型タッチパネル HDD/USB/DVDカーナビゲーションシステム [HDV-909DT] 198,000(税込) 詳細、購入は上記画像クリック♪

Read More

カウシェは2月21日、同じ商品を2人以上で購入することでお得に買い物ができるシェア買いアプリ「カウシェ」(Android版・iOS版)において、「大人数シェア買い機能」α版を追加したと発表した。同機能は、シェア買い成立に必要な人数(従来は2名以上)について、事業者側が自由に設定できるというもの。今回はα版のため30人もしくは50人の2パターンから設定する。 事業者にとっては、販売数をコントロールでき、ボリュームディスカウントの提供も可能となる。またユーザーにとっては、よりお得な価格で商品を購入できるようになるという。 カウシェは、友人や家族、もしくはSNS上の誰かとといった自分を含めて2人以上で購入する「シェア買い」が手軽に行えるアプリ。シェア買いの仲間を見つけるにあたって、買い物の醍醐味ともいえる、商品についての語り合いや一緒に購入する約束をオンラインで実現することにより「ショッピングの楽しさ」と「お得な買い物体験」を提供する。 出品する事業者側としても、シェア買いを成立させたいユーザーが自発的に商品情報拡散をSNSなどで行うことで、広告費を抑えられるとしている。 「大人数シェア買い機能」では、シェア買い成立人数を事業者側が独自に設定し、「○個販売する場合は、○円で販売可能」といった形で販売量と価格の調整によるボリュームディスカウントが可能となる。シェア買い成立までの人数集めの規模が大きくなるので、ユーザーがより多くの新規ユーザーを呼び込むことを期待できるという。ユーザーとしては達成までのハードルは上がるものの、よりお得な価格で商品を購入可能になるとしている。 2020年9月設立のカウシェは、「世界一楽しいショッピング体験をつくる」をビジョンとして掲げ、シェア買いアプリ「カウシェ」を運営。買い物客と、モノを売りたい事業者の双方がワクワクするようなショッピング体験を実現することで、「物を購入する」という目的に留まらず、楽しさを追求できる場所として、デジタルの買い物体験のアップデートを目指している。

Read More

fitbitアプリをandroidで起動したら、ログイン画面になった。正しいパスワードを入力してもログインできない。パスワードリセットを実行しても、「ネットワークに接続できません」と表示される。他のアプリが正常に動作しているのでネットワークの問題は無いはず。同じパスワードでPCからWebブラウザでログインできるし、iOS(iPod touch)でも異常なし。先日、evernote で、定期購入に失敗したとき、Google Playの支払い方法を変更した。これは、Googleの問題か。試しに fitbitアプリをアンインストールしてから、インストールしたら無事にログインできた。やはり、Google Playアカウントの問題らしい。 支払方法を変更するとアプリ内課金ができるアプリに要注意 ということか。

Read More

医療アルゴリズムを開発することと、それが本当に機能することを証明することは、まったく別の話だ。そのためには、入手しにくいある重要なものが必要だ。医療データである。現在、とあるスタートアップ企業が、そのようなデータを、検証研究を容易にするツールとともに提供する準備を整えている。 今週、2021年に創業されたGesund(ゲズンド)が、500 Globalが主導する200万ドル(約2億3000万円)のシードラウンドでステルスから浮上した。CEOで創業者のEnes Hosgor(エネス・ホスゴー)氏はTechCrunchに対して、同社はすでに多くの実績を残していて、実行可能なプラットフォーム、30社の見込み顧客との取引、今四半期の売上見込みなどを見込んでいると語る。 基本的にGesundは、医療アルゴリズムを開発するAI企業や、自身のモデルをテストするアカデミアのためのCRO(Contract Research Organization、医薬品開発業務受託機関)なのだ。一般のCROが医薬品や医療機器企業向けの臨床試験をデザインするのと同じように、Gesundのプラットフォームは、AI企業が自社の製品をテストするためのデータをキュレーションし、その比較をスムーズに行うためのITインフラを構築する。 ホスゴー氏は「私たちは、自分たちを機械学習運用企業だと考えています」という。「私たち自身はアルゴリズムを手がけません」。 医療アルゴリズムは、学習させるデータがあってこそ役に立つが、多様で有用なデータセットの入手は困難であることが知られている。例えば、2020年にJAMAで発表された研究では、放射線科、眼科、皮膚科、病理科、消化器科などの分野にわたる深層学習アルゴリズムを説明した74の科学論文を分析し、これらの研究で使われたデータの71%がニューヨーク州、カリフォルニア州、マサチューセッツ州からもたらされたものだということを報告している。 実際、米国の34の州は、これらのアルゴリズムの学習に使用したデータを提供しておらず、より広い母集団に対する一般化の可能性が疑問視されている。 また、この問題は医療機関の種類を越えて存在している。大規模かつ権威ある大学病院で収集されたデータを使ってアルゴリズムを学習させることは可能だ。しかし、それを地域の小さな病院に導入しようと思っても、そうしたまったく異なる環境ではうまくいく保証はない。 BMJに発表された152件の研究のメタレビューによれば、アルゴリズムを訓練するために使用されるデータセットは、一般的に、必要とされるものよりも小さいという。当然ながら、アルゴリズムの成功例もあるものの、これは業界全体の問題なのだ。 テクノロジーだけでこれらの問題を解決することはできない。そもそも、そこにないデータを分類したり、提供したりすることはできないのだ。ヨーロッパ人以外の祖先を持つ人々の遺伝子研究が、非常に不足していることを考えてみて欲しい。しかしGesundは、既存のデータへのアクセスを容易にし、データ共有の新たな道を開くパートナーシップを構築するという、テクノロジーを役立てられる可能性のある問題に焦点を絞っている。 Gesundの検証プラットフォームの画面 Gesundのデータパイプラインは「各臨床施設と締結している、データ共有契約」に基づいているとホスゴー氏はいう。現在、Gesundはシカゴ大学医療センター、マサチューセッツ総合病院、ベルリンのシャリテ大学で収集された画像データにフォーカスしている(同社は今後、放射線医学以外の分野にも拡大する計画だ)。 機械学習アプリケーションで使用するためのデータの集約と配信は、Nightingale Open Science Project(ナイチンゲール・オープンソースプロジェクト)のような、研究者に臨床データセットを無料で提供する他の企業によっても行われている(物議を醸しているGoogleの「Project Nightingale」[プロジェクト・ナイチンゲール]とは提携していない)。だが、データそのものも重要な要素だが、実はホスゴー氏が秘密兵器と見ているのは、同社のテクノロジー・スタックなのだ。 […]

Read More

前回書いた地口(一種のダジャレのようなもの)ですが,これは企業のCMにも使われています。「熱さまシート」はダジャレですが,商品ではなくCMのうたい文句だとセブンイレブンが日本で増え始めたころ,こんなCMソングがありました。 ♪セブン・イレブン いい気分 「ブン」「ブン」「きぶん」似たような言葉を並べて,韻を踏んだ地口です。 これは日本のセブンイレブンの初期のCM。最後にはおきまりの「開いててよかった」も聞くことができます。 でも,これはセブンイレブン・ジャパンが考えたオリジナルかというと実はそうではないそうです。 もともとは英語の地口フレーズがあり,それを日本語に置き換えたもの。つまり,英語にも調子のいい言葉,地口があるんですね。 そのもともとのフレーズとは・・・ Thank Heaven, Seven-Eleven 「ヴン」「ヴン」「ヴン」。調子がいいですね。 「天国に感謝。セブンイレブン。」セブンイレブンは地上の天国ということでしょうか。 このことはセブンイレブンのHP内の「セブンイレブンまるわかり豆知識」に書いてあるんです。 こんな感じです。 「おなじみのこのフレーズ。「誰が考えたんですか?」というお問い合わせをよく受けます。このフレーズ、実はアメリカのセブン-イレブンのC I ロゴである“Thank Heaven Seven-Eleven”を日本語に意訳をしたものなのです。1976年のテレビコマーシャルの開始以来、サウンドロゴとしてみなさまに親しまれてきました。今日もセブン-イレブンは、いい気分を提供するために、努力を続けてまいります。」 これは1979年のアメリカのテレビCM。カップに「Oh Thank Heaven」の文字を見つけることができますよ。 英語の地口,続きます。 ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★選択問題 初級問題。(オリジナル) 「コンビニ」を表す正しい語を選びなさい。 ア convinience storeイ convenience storeウ conviniense storeエ conveniense store ヒント「コンビニ」は「コンビニエンス・ストア」。これじゃ,ヒントになりませんね(笑)。 正解は イ convenience store です。 ↓よろしければブログランキングにご協力お願いします。 ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★自分のこと大学時代コンビニでバイトをしていました。夜の10時から朝の6時まで働いて,そのあと授業に出ていました。慣れてくると,このお客さんは何を買うか,がわかってきます(笑)。

Read More

モバイル・デバイスの世界最大のトレードショーであるMWCの開催が中止となった。主催者のGSMAが公式に発表した。 例年、MWCは200カ国から10万人の参加者をスペインのバルセロナに集めてきた。今年は2月下旬の24日から27日にかけて開催されるはずだった。 一部のメディアはGSMAからキャンセルの通知を受け取っている。それによれば、「GSMAはMWC Barcelona 2020の開催をキャンセルした。世界的にコロナウィルス感染症の拡大が憂慮されているため旅行業等に大きな影響が出ており、GSMAがこのイベントを開催することが不可能になった」という。GSMAのCEOであるJohn Hoffman(ジョン・ホフマン)氏はBloomberg(ブルームバーグ)の取材に対して述べた。Financial Times、 El Diario、El País、La VanguardiaもMWCのキャンセルを報じている。 現在、GSMAは次のような声明を発表し、この決定について説明している。 2006年にバルセロナで最初のMobile World Congressを開催して以降、GSMAはモバイルのキャリヤ、デバイスのメーカーなどモバイル関係業界のリーダーだけでなく各国政府首脳、政官界のトップを含む広汎なエコシステムに影響を与えてきた。 しかしながら、バルセロナおよびスペインにおける健康と安全な環境の維持を最優先する立場から、本日、GSMAはMWC Barcelona 2020の開催を中止することを決定した。世界的にコロナウィルス感染症の拡大が憂慮されているため旅行業等に大きな影響が出ているため、GSMAがこのイベントを開催することは不可能となった。 主催に協力してきた。バルセロナ市の諸団体もこの決定を理解し、尊重するとしている。 GSMAおよび関係諸団体は今後も協力してMWC […]

Read More