Sidewalk Labs(サイドウォーク・ラボ)はトロントのプロジェクトから撤退する。同社が米国時間5月7日、短い声明文で発表した。 「2年半にわたり、キーサイド地区開発の実現に情熱を注いできた。実際、我々はウォーターフロントにスタッフ30人を擁するオフィスを置くなど、時間や人材、リソースをトロントに投資してきた」とSidewalk Labsの最高責任者であるDan Doctoroff(ダン・ドクトロフ)氏はブログに書いた。「しかし前例のない経済不透明性が世界やトロントの不動産マーケットを覆っていて、真に包括的で持続可能なコミュニティを構築するためにWaterfront Torontoとともにこれまで練り上げてきた計画の根幹部分を損なうことなく12エーカー(約4万8500平方m)のプロジェクトを財政的に存立させることが極めて困難になった」。 Sidewalk Toronto(サイドウォーク・トロント)には多くの新テクノロジーをテストする場としての役割があった。未来の都市をいかに構築(または再構築)するか、その中心にデータ収集を据えたやり方で都市インフラを作り直すためのものだ。初めからプロジェクトは全監視システム問題の壁にぶつかった。この問題は、Sidewalk Labsが親会社のGoogleとデータを共有するという事実によりいっそう大きなものになった。 トロントのプロジェクトを棚上げするという決断はSidewalkにとってかなりの逆風となる。しかし新型コロナウイルス(COVID-19)による世界経済の後退を考えた時に予想されるべきことではあった。 「このプロジェクトの継続は止めたが、現在の衛生的な危機で将来のために都市を再設計することの重要性を認識した」とドクトロフ氏は声明文に書いている。「我々が過去2年半築いてきたアイデアは都市が抱える大きな問題、特にアフォーダビリティと持続可能性における取り組みに大きく貢献すると確信している。これは必要不可欠な社会的努力であり、Sidewalk Labsはそこに貢献するために取り組みを続ける」。 Sidewalk Labsはこれまで援助してきた、あるいはスピンアウトした内部イニシアチブのサポートを続けるとドクトロフ氏は述べている。ここには、次世代都市プラニングツールのReplica、 Sidewalk Infrastructure Partners、インフラ投資ファンド、都市コミュニティでのヘルスケアサービスを再設計する試みCityblockなどが含まれる。 Sidewalkはまた、これまで支援してきたロボティック家具のOri Systems、リサイクル企業のAMP Robotics、電気のモニター、管理ツールであるVoltServerのサポートも続ける。 […]

Read More

国道56号線沿いに あるのはずっと分ってました。 じゅうじゅう亭さん でも絶対 行かないと思ってたのですが 本日調子に乗って突撃してしまいました!! 建物も駐車場も広いんですけれど 怪しいオーラが強力に渦巻いているのです 一時は いくつかあった低額焼肉バイキングのお店ですね。自然淘汰されて今では ほとんど見かけなくなったのですが。。じゅうじゅう亭さんは頑張っています ランチタイムは788円 お肉や一料理のコーナー サラダや野菜のコーナー 完全セルフです お皿に電子レンジ インスタントのコーヒー・紅茶・梅昆布茶も飲み放題~ ご飯に味噌汁・カレーでした! 建物の外観より 清潔感ある店内でちょっと安心しました(笑) とりあえず 食したものを怒涛のアップです! 終了~♪ お味は値段から想像できる通りのものでした。。お腹はいっぱいでも、満足感のないという まあ予想できたのですけれど、、、やっぱり もうバイキングは卒業すべきなんですね~ しかしながら おそらく常連と思われるお客さんも数組いらっしゃいまして 皆さん立派な体格でいらっしゃいました。 毎日 これだけ食べてたら 私も仲間入りできそうです~♪

Read More

Epic Games Epic Gamesが、3月20日から4月3日までの2週間分の『Fortnite』における収益をウクライナの人々に向けた人道支援活動に寄付することを発表しました。プレイヤーはゲームをプレイし、V-Bucksやコスメティックパックといった有料アイテムを購入することが、ロシアによる軍事侵攻で苦しめられているウクライナの人たちの助けにつながります。 EpicはFortniteだけでなくギフトカードの販売による収益金も含めてDirect ReliefやUNICEFといったウクライナ支援を行っている計4つの団体に送るとしています。さらにマイクロソフトも、Microsoft StoreでのすべてのFortniteに関するコンテンツからの純収入を寄付することに同意したとのこと。Epicはさらに多くの組織が参加すると述べています。 ただ、ウクライナでは日々ロシアの攻撃が続いており、決済パートナーなどからの入金を待つのは時間がかかりすぎます。そのため、Epicはトランザクションを監視して有料アイテムの売上げ金額を速やかに送金する予定とのこと。 ゲームプレイにおける収益をウクライナ支援に充てるアイデアとしては、Riot Gamesが3月7~12日の間、『League of Legends』『Valorant』などにおけるバトルパスや『League of Legends』での新しいBeeスキンの販売による収益をプレイヤー募金として寄付するとし、3月9日の時点で200万ドル以上を集めたと発表していました。ほかにもItch.ioやHumble Bundleといったゲーム販売プラットフォームが、収益全額をウクライナの被害者たちを支援する団体に寄付するバンドルを販売しています。 (Source:Epic Games。Engadget日本版より転載)

Read More

先日放送のNHK「ためしてガッテン」で登山のことが取り上げられていました。録画していたものをようやく見ることができました。 まずはバテないための方法として、歌を歌いながら登るという方法が出てきました。歌は演歌みたいなのがいいようです。実際にこの方法で登った人達は、そうでない人達に比べて疲労度が低かったという結果が出ました。(疲労度は個々の感想だけでなく、FFという体内の疲労度を表す物質を測っていました。) この根拠としては筋肉には速筋と遅筋があり、速筋は瞬発力はあるけど持久力はなく、遅筋は逆だそうです。そして登山には遅筋を使うのが適しているのですが、傾斜を登るにはついつい速筋を使ってしまいがちなのです。 なぜ演歌を歌うといいかというと、歌っていて息が上がるようなら速筋を使ってしまっているという目安になり、気持ちよく歌っていられたら遅筋をメインに使っているから疲れにくいということです。 私は登山中によく頭の中で音楽が鳴っていたりしますが、これは口に出していないと効果はないのだそうです。演歌を歌うのは嫌なので、替わりにスローな曲を口ずさんでみようかなとちょっと思いました。 次に膝がガクガクにならないためにはどうしたらよいかというテーマが出てきました。実験としてはロープウェイを利用して、行きにロープウェイで下りは歩きというグループと登りは歩いて降りるのはロープウェイというグループで比較したところ、下りを歩いたグループの方が膝への負担が大きいという結果でした。 これは筋肉の収縮する動きが関係していて、傾斜を下る方が筋肉にはきついのだそうです。それを抑えるために、マタギを参考にして地下足袋を履いてみると、ずっと負担は軽くなりました。その理由としては地下足袋だと路面を直に感じることで、歩幅が格段に狭くなるためなのだそうです。 だからと言って地下足袋で登山しろというわけではなく、山頂などで靴を脱いで、靴下で少し歩いてみると足裏の感覚が取り戻せるとのことでした。あとはやはり意識して歩幅を狭くして歩くのがいいようです。 それからストックの実験がありました。ストックがあると衝撃が少なくなるというのが常識で、そのためにストックが手放せないという人も多いでしょう。しかし衝撃を測定してみると、ストックありの方が衝撃は大きいという結果になりました。 これはストックがある安心感から大きく歩幅を取っていたり、歩き方が雑になったりするので、却って衝撃は大きくなってしまうとのことです。 食べ物の話も出てきました。登山ではやはり温かいものがいいようですが、脳波を測ったところ最もリラックスしている状態になったのは味噌汁で、次いでコーヒー、紅茶、煎茶の順でした。味噌汁は運動で失われがちな塩分やエネルギーを作るのに欠かせないビタミンB1が含まれていて、登山には最適なのだそうです。 ガッテン流の登山術を試すと、登山前より登山後の方が疲労物質が減っているという魔法のようなことが起こるようです。実験では8人中6人が減っていました。これは血行促進によって蓄積していた疲労が軽減したためらしいです。本当なら凄い事ですね。 これが一般の方の見方だとなるほどという印象なのでしょうが、それなりの登山者が見たらあまり感心しないかもしれません。なぜなら実験コースがあまりにも楽なコースだからです。ガッテン流登山術の時はおそらく車山肩あたりから車山に登っています。これでは疲労を感じる暇もなく山頂に着いてしまうでしょう。また最初の実験はつつじヶ丘から筑波山へのコースですが、これでバテるようでは一人前の登山者とは呼べないでしょうね。 とは言え、登山について科学的な側面から取り上げられているのはおもしろかったし、参考になることもありました。より深く掘り下げた内容で、登山の番組を作っていただけたらありがたいなと思いました。

Read More

医師同士の質問解決プラットフォーム「Antaa」を展開するアンターは5月11日、XTech Ventures、ニッセイ・キャピタル、SMBCベンチャーキャピタル、三井住友海上キャピタルおよび個人投資家を引受先とした第三者割当増資により総額約2.3億円を調達したことを明らかにした。 Antaaは現在1万人を超える医師が登録している医師向けのコミュニティプラットフォームだ。このプラットフォームには医師同士のQ&Aサービス「AntaaQA」のほか、ユーザー間でスライド資料を共有できる「Antaa Slide」、医師向けのオンライン情報サイト「Antaa Media」、動画によるオンライン勉強会やイベントなどを開催するコミュニティ「Antaa Members」、医師向けの経営塾「Antaa Academia」など複数のサービスが含まれる。 主な収益源は医療機関や自治体の広報支援、製薬企業や医療機器メーカーのマーケティング支援など法人向けのもの。医師にはAcademia以外のサービスはすべて無料で提供している。 軸となるAntaaQAは、医療現場で何か困ったことがあった際にその領域に精通した医師にオンライン上で質問できるのが特徴。質問を投稿する際に「何科の相談なのか」「緊急を要するのか」をタグで設定することで、該当するユーザーに通知が届く仕組みだ。 たとえば当直担当の内科の医師が深夜に「子宮筋腫で入院中の患者がお腹を痛がっている」状況に直面した場合、AntaaQAを使えば産婦人科の医師から対応方法をレクチャーしてもらえる可能性がある。 アンター代表取締役で整形外科医の中山俊氏によると、実際に以前同じようなケースでAntaaQAが問題解決に役立ったことがあったそう。従来であれば緊急時は病院内の他の医師や知り合いにかたっぱしから電話をするなどして対処するしかなかったが、Antaaはそれに代わる有力なオプションになりえるという。 もともと同サービスは中山氏が実際に医療現場に立つ中で「1人の医師の能力だけでは限界を感じる瞬間があった」ことから、医師同士が繋がって情報共有できる仕組みの必要性を感じて立ち上げた。 「医師が不足している地域の医療機関や、都心であっても夜間医療の対応時などは現場の医師がたった1人で医療を行わなければいけない場面がある。自分自身も奄美大島出身で、もし島に戻って医師として働くとしたら、1人で診療しないといけない時が必ずあるはず。そんな時に医者同士が繋がって、助け合うことができればいいのではと考えた」(中山氏) 当初はプロダクトのニーズを探るためにLINEのコミュニティを開設し、中山氏自身が[email protected]を通じてオンライン上で医師の質問に答えることから始めた。すると約1年ほどで100人ほどの医師から質問を受けるようになり、その過半数は直接面識のないLINE上でしか繋がりのない医師だったという。 「相談を続けているうちに直接会ったことのない医師からも『もし中山先生が何か困ったことがあったら聞いてください』と言われることが増えた。双方向でお互いが相談しあえるサービスには一定のニーズがあると感じ、ベータ版の開発を決めた」(中山氏) 現在Antaaは学習意欲の高い若手医師が多く集まるコミュニティになっていて、ユーザーの80%近くが30代以下の医師たちだ。その中には地方の若い開業医など周りに相談できる同業者が少ないユーザーも一定数存在し、場所の制約を超えてオンライン上で相談やディスカッションができるAntaaが重宝されているという。 直近では新型コロナウイルス(COVID-19)の影響を受け、2ヶ月弱でユーザーが約2000人増加した。日々新しい情報や論文が出てくる中で「最新の情報を医師同士が共有し合う場所として使われることが増えてきている」(中山氏)そうだ。 今回調達した資金はAntaaQAの機能性を改善するための開発に用いるほか、動画などのコンテンツ拡充などにも投資をしながら、医師にとってさらに使い勝手の良いサービスを目指す。

Read More

以前、Raspberry Piを使ったゲーム機の製作という記事を書いたのですが、本体基板が5000円で合計1万円近くかかってしまいました。 (自作ゲーム機の最新記事はこちら) もし、古いPCがあればコントローラーだけですむので1000円でできるのではないかと思い、ゲームランチャー(複数のエミュレータが切り替えできる)を探していたところRetroArchというソフトが見つかりました。もちろん無料ですし、メニューを選ぶだけで簡単にエミュレータソフトの追加ができます。(ゲームデータについては無料で公開されているものをご自分でダウンロードしてください)  RetroArchはマルチプラットフォームになっていて、Windows、Mac、Linux、Android、iOS、PSP、Xbox、などそれぞれのインストーラーが用意されています。エミュレータはプレイステーション、ファミコン、スーパーファミコン、DS,ニンテンドー64、ゲームキューブ、ゲームボーイ、はもちろんPC-9801、PC-8801、PC-8001、MSXなどのパソコンのソフトも動かすことができます。・・・ということはPSPでマリオカートが動くのでしょうか。(動きました) まずGoogleで「RetroArch」を検索してホームページに行き、RetroArchをダウンロードします。(無料) WindowsでもWindowsXpやWindows98など種類がありますので間違えないようにしてください。 インストール時(DirectXのインストール中)にBingをインストールするチェックがあるので、これははずしておきます。 実行するとこんな画面になります。まるでPSPですね。 注意しなければならないのは操作は上下左右の矢印キーとリターン、BackSpaceを使います。終了は[ESC]キーです。これはゲームパッドでの操作を想定しているからでしょうが、慣れないとやりにくいです。 最初に言語を設定します。右矢印キーを1回押し、設定画面にしてからユーザー→言語と進みます。 自分が必要な機種のエミュレータをメニューから指定するとネットからダウンロードして組み込んでくれます。 動作が確認できたものはアーケードゲーム、ニンテンドーDS、ファミコン、スーパーファミコン、ニンテンドー64、ゲームボーイアドバンス、PCエンジン、PC-9801、Doomです。 ニンテンドーDSなど、BIOSが必要な機種はBIOSのファイルを C:ユーザー***AppDataRoamingRetroArchsystem (***はユーザー名)のフォルダに入れます。 PC-9801についてはフォントが必要です。(上記systemの下に np2kai フォルダを作り、その中に Font.ROM を入れる)ニンテンドーDSはBIOSファイル Bios7.bin, Bios9.bin ,Firmware.bin の3つのファイルが必要です。(BIOSDS7.ROMをリネームして入れる)MSXはBlueMSXをインストールしてできたDatabaseフォルダとMachineフォルダをコピーします。プレステについてはscph5500.bin ,scph5501.bin ,scph5502.bin の3つのファイルを入れます。(現在プレステは動作できていません。MSXはBASICが立ち上がりますし、PSPは途中で止まります) コントローラーについては写真のような有線式のコントローラーは問題なくつながりました。おそらくUSBに受信機を差し込む無線タイプもだいじょうぶだと思います。しかしBluetooth接続はだめでした。PCが認識してもソフトが認識しません。また有線式でもアナログスティックが付いていないものは使用できますがニンテンドー64のようなアナログが必要なゲームはできません。 ——-余談——— 左下に黄色い文字でエラーメッセージが出るのですが、文字化けしている場合は 設定のOSDメッセージのところで修正できます。 フォントの指定はC:WindowsFontsのディレクトリにあるBRMISMWO.TTFを指定します。(游ゴシックM) 大きさは24くらいにします。 ————-余談2————— DoomをRetroArchで動かしたときに気が付いたんだけどESCでゲームが強制終了してしまいます。(RetroArchの仕様)ところがDoomはESCキーでメニュー表示なのです。そのためまったく使えない。

Read More

Japan Ministry of Defence 3月18日、防衛省は航空自衛隊宇宙作戦隊の能力を強化し、宇宙領域での活動を指揮、統制する「宇宙作戦群」を発足、東京都府中市の府中基地で発足記念行事を開催しました。 日本政府は防衛力の新しい軸になる分野として宇宙・サイバー・電磁波の3領域を重視しており、17日の「自衛隊サイバー防衛隊」発足に続いて宇宙分野の能力強化も進めていく方針です。 【鬼木防衛副大臣の動静】 3月18日、#鬼木防衛副大臣 は、自衛隊唯一の宇宙領域専門部隊である、#宇宙作戦群 の新編行事に出席し、隊員に #航空自衛隊 の従来の枠を超えて一層大きな飛躍を遂げられるよう、一丸となって任務に邁進してほしい旨を訓示しました。 pic.twitter.com/OGqoj5tCwH — 防衛省・自衛隊 (@ModJapan_jp) March 18, 2022 宇宙作戦群の拠点は府中基地に置かれ、発足当初は70人という比較的少人数で構成され、本部20人、自衛隊(陸海空)との連携をとる宇宙作戦指揮所運用隊に30人、2020年に設置された既存の宇宙作戦隊20人という編成になります。 […]

Read More

 ベイトリールのドラグが「ドラグレバーをしっかり締めても出てしまうのが嫌だ!」という人の場合は、ドラグが滑らかに滑り出すのが必要ないという人の場合なら、ドラグの金属のフタ、ドラグパッドとしてのカーボンなどの部品そういうものを外したら、キッチンペーパーなどの吸水性の良いもので、ふき取って、表面にかすかにグリスが付いている状態か、ドラグパッドの脱脂・洗浄で失くしてしまうとかで使うという事になるのかも?  自分は、ドラググリスを塗ってますが、極薄塗りで使ってます。ドラグもフルロック、全然出ないような使い方はしてません。  なので、「ドラグを出したくない」人であれば、ドラグとなるカーボンワッシャーや金属との重ねの中で、摩擦が大きくなるような重ね方、部品状態にできれば、同じ部品の中ではもっともドラグが滑りにくくなるとは思いますね。  それで、引っ張り合いを魚とか、ゴミの塊とか、藻の固まりとかとして、ベイトリールのスプール軸を曲げてしまうという危険を考えないで使うという人ならば、それでも良いのかもしれません^^;;  ドラグが効かない、最大摩擦抵抗で使うと、引っ張る力をドラグが逃がさないから、その負担は、全部、スプールシャフトへ掛かる事になります。  「スプールシャフト変形 ベイトリール」というのを見ると、「フルロックで引っ張り合いをしたか、スプールを親指で押えて、引っ張り合いをしたか・・スプールシャフトが曲がるのを考えなかった使い方をしたんだろうね、ご愁傷様。スプール交換必要になったんじゃないのかな?」と思ってます。  まあ、ベイトリールを壊すような使い方も使う人が決めれば良いだけなのだけれど、スプールシャフトの曲がりは、キャストでのスプールの回転不良、スプールエッジのフレームへの接触での、カスカス音などになりやすいし、なれば、飛距離なんて落ちる、でないし、使えないという事になるわけで、やった人が悪いと自分は思ってますね(--;)  ドラグは、糸が切れないように送り出すためだけではなく、スプールシャフトが過度の負荷で変形、曲がるのを防ぐ役割もあります。出る状態で使えばですが。  ドラグ滑りで出すぎているというのなら、その滑りを出すグリスの量を極力減らすか、使わないぐらいしか、方法はありません。  ドラグはギアの歯面、スプールの軸などの変形、破損を防止するためにも、壊れる前に滑り出すぐらいには使えるようにしておかないと、ベイトリールのギアなどの交換修理、スプール交換、シャフト交換などの大修理が必要になると思ってますので、「それも構わない♪交換用のギアある、スプール持ってる♪」という人なら、どうぞご自由に調整してくださいとしかいえませんね(--;)  ドラグの締め付けも加減で、出るようにするのか、動かなくなるまで、締められる部分は締め付けるという使い方をするのかは、決めて使ってもらうしかないのだけれど、ベイトリールの部品を壊さないように使うというのであれば、部品が壊れる前にはドラグが滑り出す程度の強い方の締め付け加減で使えば良いと考えてますし、そういう使い方をしてます。  「メンテのコツ」は、分解して、メインギアを外し、金属のフタの内側にあるドラグパッドの部品のグリス塗布量を適切にするという事で、ドラグは、メインギアの内側のカーボン、ゴムの部品だけでなく、メインギア下のカーボンワッシャーなどとの組み合わせの摩擦力だから、そっちのグリス塗布量とのバランスで、メインギアの中だけ減らしても意味はないです、下の方をたっぷり塗れば^^;;;(笑)  金属ーカーボンー金属ーカーボンとかいう重なりの中で、ドラグとして働く部品が何処までの重なりでなっているのか?を考えて、ドラグの一部だよな、このワッシャーも・・と言う範囲で、ドラググリスの薄塗りというのが、普通のお手入れとなると思います。  コツは、薄塗りですね、ドラググリスの。平らなヘラにグリスを少量載せたら、ドラグパッド、摩擦を大きくする方の金属でない部品の表面に、押し付けつつ、こすり付けつつ、薄く塗るというのが、塗り方のコツです。自分は、マイナスドライバーの平らな部分を使って、こすり付けつつ、塗ってますけど^^;塗りすぎと思えば、こすり落とすだけです、ドライバーのエッジで。  ドラググリスは、塗る、使うとしても、薄塗りで十分効果が出るものなので、厚塗りの意味はありません、ベイトリールの場合。金属のフタをドラグレバーを締め付けてやると、余分なグリスははみ出す、押し出されるからです。  なので、ドラググリスを買ったは良い物の、「これ、使いきるまで何年かかるのだろう?・・・5年、10年・・15年・・??ベイトリールのドラグメンテ、そこまでしたくないな・・・^^;;」というのが、今の自分の感想です(笑)  ドラググリスのドラグパッドの部品の脱脂は、ベアリングメンテでの脱脂と同じ、オイルを使ってオイルを洗うということであって、自分はジッポオイルを使っているだけで、石油でもできます、臭いと引火性に気をつければ。  ドラグを綺麗に滑らせることなく、段差ある、ぎこちない出方でも構わないから、使わない、出ないようにしたいなら、グリスを塗らない、とか言う方法でしょうし、滑らかに滑り出して欲しいなら、グリスの薄塗りでしょうね^^;;  コツとか言われても、ドラググリスをちゃんと使う、塗るのも薄塗りに留める、洗うときにはオイルでしっかり脱脂・洗浄する、グリスはその後で塗るぐらいです^^;;  コツと言うほどのものは無いように思うのですけど・・・・?^^;; 【シマノ純正】 スピニングリール ドラググリス ACE-0 – DG01 –HEDGEHOG STUDIO ユーザレビュー: Amazonアソシエイト by IOS ファクトリー(IOS FACTORY) Drag Grease 「sirokuma」(ドラグ グリス しろくま)ナチュラム 楽天市場支店※納期表示のご説明はこちら仕様/規格●対象リール、用途:エリア向けスピニングリール、ストリーム用スピ 楽天市場 by 【オイル・グリスも一緒に注文すると店内全品★送料無料★】【ダイワ純正】 アルティメット トーナメント ドラググリスリールチューニング専門店HEDGEHOG

Read More

昨日だったか、超ピーカンお天気。澄んだ青空を清々しく見上げると、おやっ、雲が縦に伸びている。飛行機雲にしてはちょっと様子が違うみたい。勘ちゃんもいち早く発見していたみたいで、なっ、凄い雲だろ、なんて云われたりして。よく云うじゃない、縦に伸びる雲は地震雲だって。こんなに大きな地震雲だったら、ちょっと怖い気もする。でも、勘ちゃんの解釈は良い方もあるの。龍が上がってるような雲は珍しいからいい事があるよって。地震も一応警戒しつつ、良い方ばかり考えようとするのは駄目かしら!?ヒヒッ。

Read More

今回のMacBook Proの登場で、Apple(アップル)は、その歴史の中で最も不遇な部品の1つを闇に葬ることになった。最新の13インチモデルは、5年におよぶバタフライ式キーボードの失敗の連続に慈悲深く終止符を打ったのだ。 ここではそれ以上は踏み込まない。過去数年間にMacBookシリーズのモデルを購入したことがある人なら、私が何を言いたいかわかってもらえるだろう。固着して打てなくなったり、逆にランダムに入力されてしまうキーのことだ。競合のプレスイベントでライブブログの準備をしている際に、それが起こってかなり焦ったことが、少なくとも1回はあった。 アップルは、このバタフライ式の問題を何度も修正しようと試みた挙げ句、ついにそれを破棄し、基本に戻って昔からある信頼性の高いシザー式に戻った。私は今それで入力している。その結果、4年間使った私のマシンを買い換えようかと、真剣に検討することになった。正直なところ、そのマシンも、キーボード以外はまったく完璧だ。しかし、キーボードがあれなのだ。ずっと平面を叩いてタイプしているような感触しかない。 関連記事:新13インチMacBook Pro登場、シザー構造のMagic Keyboardと第10世代チップ搭載 今回の発表で、13インチのMacBook Proは、MacBookシリーズとしてシザー式キーボードを採用する一連のアップグレードの3番目、そしてその最後を飾ることになった。このキーボードは、アップルが大好きな「M」で始まる単語「マジック」を先頭に付けた名前で呼ばれる。文字どおりマジックとは言えないが、その改善には即効性があり効果は絶大だ。タイプの感触は、バタフライ式よりもかなり柔らかく感じられ音も静か。やはりストロークが1mmあるのが、手に優しい。 Touch Barから独立した専用のエスケープキーの追加など、他にも見るべき部分がある。Touch Barが万能というわけではないので、これは細かいことながら、歓迎できる改善点だ。 こうして私は、このレビューの最初の数段落をキーボードの話で費やしてしまった。バカげていると思われるかもしれないし、それがそこまで重要な話題なのかという疑問もあるだろう。しかし結局のところ、それを除けば、新しいMacBookのアップグレードは、かなり平凡なものになってしまう。それでも何も問題はないし、アップグレードは、たいていそんなものだ。しかし、新モデルに買い換えようかどうか迷っている人にとっては、このキーボードの改良が、強い動機を与えるものであることは確かだろう。 関連記事:「らしさ」を取り戻したMacBook Pro 16インチモデル 本体の見た目は、以前のモデルとほぼ同じ。おなじみの金属製のユニボディデザインで、色はシルバーとスペースグレーから選べる。画面サイズも同じ13.3インチで、解像度は2560×1600のRetinaディスプレイだ。そこまでの仕様はMacBook Airと同じだが、このProの13インチモデルの輝度は500ニトであるのに対し、Airは400ニトとなっている。そのぶん明るく目にも優しいが、バッテリー寿命には、やや不利だろう。事前の噂では、画面が大きくなった16インチモデルと同様に、13インチから14インチになるのではないかとも言われていた。それによってAirとの差別化を図るというわけだ。しかし、少なくとも今回は見送られたようだ。 ポートの構成も、4つのThunderbolt 3(USB-C)(上位モデル)と、ヘッドフォンジャックで変わっていない。私たちにとって、日常の仕事をこなすための、頼りになるラップトップであるのは確かだ。私が唯一不満なのは、外観がAirとほとんど変わらないこと。Proの上位モデルなら、かろうじてThunderbolt […]

Read More