美容クリニック向けSaaS「medicalforce」を提供するメディカルフォースは3月18日、プレシリーズAラウンドにて総額1億円の資金調達を実施したことを発表した。引受先はDNX Ventures、ANRI、個人投資家2名。調達した資金は、medicalforceの開発とチームの採用強化にあてる。また、シードラウンドおよびデットでのファイナンスを含めた累計調達額は約1億3000万円となった。 medicalforceは、美容クリニックの現場業務のデジタル化および経営支援を目指すサービス。予約、問診、カルテ、会計といった日常業務をすべて一元管理することが可能。「予約はGoogleカレンダーで、カルテは保険診療向け電子カルテ」など個別のシステムを使っている場合に発生する、情報がバラバラなためにダブルチェックの手間や集計が煩雑になるという課題を解決できる。また、予約・カルテ・会計の集約情報を基にLINEやメールでのメッセージ発信も行なえる。経営管理ダッシュボード、リマインド・ステップ配信などのCRM機能を搭載しており、経営面においても効率化を図れる。

Read More

あなたは,この 3 つのことばをどのように使い分けていますか? もう, 17,8 年も前のことですが,私が大学に在職していた時に,学生たちにその質問をしてみたことがありました。 まあ,いろいろな答えが返ってきましたが,いちばん多かったのは, 「ナイロンや塩ビの細くて柔らかい感じのものがファスナーで,金属のものがジッパー,それのもっとゴツイのがチャック」 という区別でした。 それぞれのことばの語源からいったら,そういった区別には何の根拠もないのですが,ことばというのは,使われていくうちに,いつの間にか,自然にそのことばにニュアンスというものがくっついてくるものです。 その,後付けのニュアンスからいったら,学生たちの一応の区別も,あながち間違いともいえなくなります。 でも,ここでは語源の話ですので,やはりもともとの意味を書いておかなければなりません。 まずは, 『広辞苑』 (第7版) でこれらのことばがどう説明されているか調べてみました。 「ジッパー」 [zipper] ファスナーのこと。アメリカの商標名に由来する称。「チャック」 ファスナーのこと。元は日本の商標名。ジッパー。「ファスナー」 [fastener] (「締めるもの」の意) 互いに嚙み合う金属や合成樹脂などの小片を二本の布テープに取り付け,開閉できるようにしたもの。衣服・袋物・靴などに用いる。十九世紀末アメリカで考案。チャック。ジッパー。 となっていました。 つまり, 「ジッパー」 と 「チャック」 は商標名であり,一般名詞としては 「ファスナー」 と言うべきものということになります。 でも,まあ,それと似たような事情のものは他にもいくつもあって,本来は 「ステープラー」 が一般名詞なのに,世間では商標名としての 「ホッチキス」 の言い方が普及してしまっています。 とは言っても,それぞれのことばの起こりを知っておいても損はないでしょう。 まず一般名詞としての 「ファスナー」 ですが,英語の 「fastener」 のもとの動詞 「fasten」

Read More

先週、ニューヨーク市のマウントサイナイ病院は、患者の遠隔監視にNestデバイスを利用し始めたことを発表した。そして米国時間5月18日、Google(グーグル)は新型コロナウイルス(COVID-19)ロックダウンの中で老人ホームの人たちの孤独感を少しでも減らすために、Nest Hub Maxがに役立っている様子を紹介した。 同社はこれにともない、スマートスクリーンを機械の苦手な人たちにも使いやすくするために、簡易化したインターフェースをテストしている。グーグルは現在、ワシントン州の高齢者施設であるMerrill Gardens(メリル・ガーデンズ)の居住者にデバイスを渡して使用状況のパイロットテストを行っている。その新しいUIを最初に使うのが施設の人たちということになる。 新UIにはアラーム、天気、音楽などのよく使われる機能のショートカットとして「What can you do」カードが加わる。配布されるデバイスにはビデオ通話の連絡先があらかじめ登録してある。国全体でソーシャルディスタンスが実践されている今、ビデオ通話は最もよく使われる機能に違いない。 「つながりを保つことは高齢者の精神的、感情的健康のために重要であり、現在の隔離状態の中でそれを行うことは特に困難だ」とグーグルのMolly McHugh-Jonhson(モリー・マキュー・ジョンソン)氏はいう。「Nest Hub MaxとDuoのビデオ通話なら、離れていても『一緒』にいられることが、祖母と使ってみてわかった」。 老人ホームや介護施設は、新型コロナパンデミックの影響が特に大きい。高齢者全般がウイルスの打撃を大きく受けており、65~84歳の致死率は3~11%、85歳以上では10~27%にも上る。このため高齢者の集団では、強力なソーシャルディスタンス対策を講じることが特に重要になっている。 関連記事:NYのマウント・サイナイ病院は新型コロナ患者の体調管理にGoogle Nestカメラを導入 Category:ハードウェア Tag:新型コロナウイルス Google Google Nest [原文へ] […]

Read More

えー記念すべき100本目(100種類目、が正しいでしょうか)は予想外のAレンズ、しかも135mm のF2.8 ということになりました。 望遠レンズの定番と言われた135mmでありますが、タクマーレンズはもちろん、K、あるいはMレンズまでは豊富に見つかるのですが、この後のAレンズ以降、とりわけFレンズはがっくりとその数を減らし、ついにはFA135mm F2.8 を最後に途絶えてしまっているのが実情です。単焦点レンズが多いと言われるペンタックスですが、このレンズは今のところ復活の気配がないのは残念です。 というわけで、タクマーやK、Mレンズは数千円で見つけられるのですが、このAレンズだけは何故か市場では2万円を切りません。タマ数が少ないせいもあるのかもしれません。この点ではA200mmF4 も似た様なものですがさすがに2万円以上の値はなく、1万円台半ばと言ったところでしょうか。これはFA200mm F2.8 EDに人気が集中している為だろうと思われます。 という前提条件がありましたもので、このレンズ、結構外観がくたびれていたせいか2万円を切っておりましたので、買ってみたものであります。 早速見てみましょう。いつもの正面から。 フィルターサイズは、かつてのKレンズ135mm F3.5と同じ52mmであります。スーパータクマー・SMCタクマーでは49mm、Kレンズでは52mm、Mレンズで49mm、そしてAレンズではまたまた52mmと口径が二転三転しているのはどうなんでしょうね。ただ、135mm F2.5からしますとスーパータクマー以来58mm径だったのが、今回のAレンズから52mmにサイズダウンしたことになるので(明るさもF2.5からF2.8へと若干暗くなっている)、そう考えますと小型軽量となった事と合わせ、一概にダメとも言いにくいですね。まぁ過去の話、30年も前の昭和の話なのですが。 お尻から。 絞り羽根は8枚。Aマウントであり、現在のデジ一でもマニュアルフォーカスではありますがストレス無く使用が可能です。 レンズフードはこれくらい出ます。 エンプラによるもので、このスタイルは80-200mm F4.5のタイプ2と同じデザインであります。A100mm F2.8等の「気持ち程度」の内蔵フードよりはましですが、出来ればKレンズ用の望遠レンズ用レンズフードK(A) もしくはメタル製のMH-RB52等の方がより効果的だと思います。他社品で良ければ、ニコンのHS-14が使用可能で入手も容易かと。 カメラに付けたイメージ。 カメラボディはそろそろデジ一にした方が良いんでしょうか(笑 K-1が出た事で、後継であるFA135mm F2.8 [IF] あたりをHD化して復活、というのはどうなんでしょうねぇ。F1.8 ではちょっとターゲットが違ってきてしまうので、オーソドックスな単焦点となるとこのクラスになると思うのですが。 レンズ構成: 4群4枚フィルターサイズ: 52mm絞り: 完全自動絞り F2.8 ~ F32絞り羽根枚数: 8枚 最短撮影距離: 1.2m 最大径 x 全長: 65 x 76.5 mm重量: 340gレンズキャップ: レンズキャップA 52mmレンズフード: 内蔵。望遠レンズ用フード52mmK (A)、MH-RB52も使用可能レンズケース: ハードケースHB-120 2017/7/3

Read More

シェアリングIoT農園を展開するプランティオは3月22日、第三者割当増資による総額1億3000万円の資金調達を実施したと発表した。引受先はジェネシア・ベンチャーズ、大広、MS-Japan、iSGSインベストメントワークス、そのほか既存投資家。 調達した資金により、大手町エリア・渋谷区・多摩田園都市エリアにシェアリングIoT農園を設置するほか、年内には東京以外の主要都市にも随時設置し、行政・民間らと共創を行い、コレクティブ・インパクトを加速する。コレクティブ・インパクトとは、社会課題に対して、行政・企業・NPO・基金・市民などがセクターを越え、互いに強みやノウハウを持ち寄ると同時に働きかけを行い、課題解決や大規模な社会変革を目指すアプローチ(Channeling Change: Making Collective Impact Work)。 また、農業をDX化する次世代型アグリテインメントプラットフォーム「grow」において、農業的な活動がどれだけ環境に貢献しているかを可視化する機能を強化するという。既存農業と比較した場合のCO2削減量、生ゴミ削減量、ヒートアイランド現象にどの程度貢献できているのかなどを可視化する。 growとは、IoTセンサー「grow CONNECT」とスマートフォンアプリを組み合わせることで野菜栽培をナビゲーションするプラットフォーム。家庭のベランダやビルの屋上、マンションの屋内といった様々な場所で野菜栽培を可能にするという。 2015年6月設立のプランティオは、「持続可能な食と農をアグリテインメントな世界へ」をビジョンとして掲げるスタートアップ。育てる楽しさ、食べる喜び、人との関わり合いなどをICT×エンタテインメントの力でエンパワーメントすることを目指している。

Read More

米国時間3月22日、証券規制当局は、自分たちにはTesla(テスラ)のCEOであるElon Musk(イーロン・マスク)氏を彼のツイートに関して召喚する権限があると発言し、連邦裁判所に対しこの会社幹部に好き勝手なツイートをさせないよう要請した。 マスク氏は、2018年にTeslaに関する特定のパブリックコミュニケーション、すなわち株価や株主価値に影響を与えるような乱暴なツイートについて事前承認を得るようマスク氏に求めた米国証券取引委員会(SEC)の行為を、「ハラスメント」「不当な行為」と呼んでいる。 当時マスク氏はSECの要求に従うことに同意したが、2021年同氏がTwitter(ツイッター)で自身のフォロワーに対してTeslaの持ち株の10%を売るべきかどうか質問し、その結果Tesla株が急落したことを受け、再び砲火を浴びた。その後マスク氏は160億ドル(約1兆9379億円)相当の株を売却した。そしてその直後の2021年11月にSECは、マスク氏が以前の合意に従っているかどうかを確認するために召喚状を発行している。 SECの調査に対し、マスク氏は2018年の同意判決を終了あるいは修正しようと試み、11月のTwitterでの問いかけに関する記録を要求する召喚状を破棄しようとした。 「2018年、SECによる処置を示談にするために、マスク氏は、Teslaに関連する公開発言の事前承認を必須にするTeslaの義務に従うことに同意しました」とSECのMelissa Armstrong(メリッサ・アームストロング)委員がニューヨーク市連邦裁判所に提出した書類に書いた。「マスク氏は、Teslaの義務が思っていたより不便であるとわかったから、あるいはTeslaの情報開示に関する制御と手続きが実際に維持、遵守されているかどうかをSECに調査されたくない、というだけの理由で修正最終決定を破棄することはできません」。 SECとの対立は2018年8月に遡る。当時マスク氏はTeslaを非公開化するための「資金を確保した」とツイートしたが、実際には買い戻しは行われず「数多くの不測の事態を招いた」とSECは説明している。規制当局は、Teslaの発言は詐欺的であり「虚偽で誤解を招く」ものであったと指摘した。マスク氏は潜在的財政パートナーとの契約条件や価格の交渉を一切しておらず、彼のツイートはTeslaの株価を6%以上急騰させ、著しい市場崩壊を招いたと規制当局は語った。 示談の結果、Teslaとマスク氏はそれぞれ2000万ドル(約24億円)の民事制裁金を支払い、マスク氏はTeslaの会長を辞任した。 その後マスク氏は、政府を批判し憲法修正第1項の下で言論の自由を行使した彼を罰したとしてSECを非難し、2018年から現在までのSECによる「数多くの要求」に対する不満を述べた。 「しかし主張された要求に関するマスク氏自身の歴史は信憑性に欠けるとともに、Teslaとマスク氏による新たな不法行為の可能性についても適切な審理が必要であります。これには、SECの2018年の要請行動を生じさせた行為も含まれます」とアームストロング氏は法廷提出書類で述べている。 それに加えて、同委員は、2018年の最終決定を修正してもマスク氏はTesla関連ツイートに対する監視から逃れられない、なぜなら同社の役員として「マスク氏は今もTeslaの開示に関する制御と手続きの対象だからです」と語った。 「マスク氏とTeslaがマスク氏のTwitterアカウントを使って投資家に情報を開示する限り、SECはTeslaの開示統制と手続きに関連する事項を合法的に捜査することが可能であり、マスク氏のTeslaに関するツイート、およびTeslaによる制御と手続きに関する公開発言の正確性もこれに含まれます」とアームストロング氏は語った。 関連記事:イーロン・マスク、TwitterでSECを挑発 画像クレジット:Yichuan Cao/NurPhoto / Getty Images [原文へ] […]

Read More

 NHK朝の連続テレビ小説「ちりとてちん」で、主人公・和田喜代美の母親・和田糸子役を務める和久井映見の演技が光る。なにより、ニコリと笑う笑顔が清清しい。  喜代美(桑島真里乃→貫地谷しほり)は、好きなモノにはとことんのめり込むが、肝心な時につい物事を悪い方へ考えてしまい、結局はうまくいかない悲観的な性格である。それに対して糸子は、いつも自分を二の次に、夫や子供たちのことで右往左往し、天然ボケのところがあるものの大らかで人懐こく、あらゆることを「なんとかなる」で片付けてしまう楽観主義者である。 この対照的な暗と明の役柄を、貫地谷しほりと和久井映見の二人を絶妙に配したことでバランスがとれており、ドラマを一層引き立たせている。  そういうことで、和久井映見の存在感が日ごとに高まる「ちりとてちん」だが、第2週(先週)「身から出た鯖(さば)」のクライマックスシーンは出色であった。  それは、脇役人生の自分を変えるべく、喜代美が大阪へ旅立つシーン。 糸子がのど自慢会場で十八番である五木ひろしの『ふるさと』を歌いながら喜代美の乗った列車を見送り、喜代美は列車からお母ちゃんの姿を見て号泣する。遠ざかっていくお互いの姿に感極まった芝居を見せた二人であった。 その中でも、「あー誰にも 故郷がある 故郷がある」と絶唱する和久井映見の姿には、ついもらい泣きをしたのでありました。  もっとも、和久井映見は歌手でもあるだけに歌も上手い。1990年(当時19歳)にCDデビューし、アルバムも出している。 そんな彼女が唄う『ふるさと』は、唄の上手さだけでなく、娘を思う母の情感がにじみ出ており味があった。  それもこれも、和久井映見のたぐい稀なる演技力があってこそであろう。 彼女の演技には、もともと定評があった。1991年には、映画『息子』で日本アカデミー賞助演女優賞を受賞し、1993年には、『虹の橋』で同主演女優賞などを受賞している。  今後とも、和田喜代美の破天荒な行動に対して、“「家族の一大事」が自分の一大事”が口癖の母親・糸子がどのように絡んでいくのか、見ものである。 NEXT悠々寛大 トップページ (最近の記事一覧)

Read More

ギフト特化型ECモール「Giftmall(ギフトモール)」を運営するギフトモールは5月18日、15億円の資金調達を発表した。第三者割当増資の引受先はジャフコが運営するファンドで、ギフトモールにとってはシリーズAラウンドの調達にあたる。 ギフト通販サイトとしては、ベルメゾンやディノス、シャディといったカタログ通販発の企業が運営するものが既にいくつかあるが、Giftmallの特徴は「モール型であること」「ギフト・プレゼントに特化していること」だとギフトモール代表取締役の藤田真裕氏は説明する。 「アパレルの世界で、ZOZOTOWNがモールとして各社の商品を扱っているのと同様に、ギフト・プレゼント領域のモールとして、自社商品を持つ企業にも声をかけ、商品を扱わせてもらっている」(藤田氏) 父の日・母の日、誕生日などのイベントや贈る相手、商品カテゴリからギフトを選べるほか、閲覧履歴を使ってAIによる商品提案も行う ギフトモールは2014年8月の設立。藤田氏はリクルートホールディングスの出身で、在席中の2009年からサイドプロジェクトとしてメディアづくりを行ってきた。2013年にシンガポールへの移住とグローバルでの事業展開を決意し、2014年6月に退職、起業した。 ギフト領域に踏み出したきっかけは、両親へのプレゼントで何をあげればよいか分からず迷った体験にあると藤田氏は言う。「Amazonや楽天などの一般的なECや、カタログ通販でECへ進出した企業などもあるが、プレゼントで利用しようとするといろいろと課題もあって、改善点が多い領域だと感じた」(藤田氏) Giftmallでは、利用シーンをギフトに特化したことで、ギフトならではのUXの磨き込みを行っているという。また、藤田氏は「テクノロジー企業としてデータを重視し、ギフトECのプラットフォームを提供している」と話している。これまでにステルスで展開してきた複数のメディアのインプレッション、コンバージョンデータを機械学習で分析。100万人を超える購買データをベースに、AIが27万点のアイテムの中から、ユーザーの閲覧履歴や購買情報に即したギフトを提案するという。 今回の調達資金は「グループ経営体制の構築に投資する」と藤田氏は述べている。今までにも複数メディアを展開してきたが、この3月にはトレンダーズの子会社でギフトEC事業を手がけるBLTの全株式を取得。同社が運営する「Anny」をグループ傘下に入れた。「今後もグループとして、中長期的にプラットフォームを増やしていく」と藤田氏はいう。 また直近ではロジスティックスの強化、人材採用強化も図っていくとのことだ。「商品や倉庫・物流の拡充は先行して実施しているが、より件数をさばけるようにしたい。また、人材については少数精鋭をモットーに、リファラル採用を中心に行っているが、将来を見据えて投資していきたい」(藤田氏) 新型コロナウイルス感染症の影響で、直接店頭に出向いてギフトを選びにくい環境になっていることから、「ここ数カ月の事業はかなり伸びている」という藤田氏は、「ギフトが増えることはコミュニケーションが増え、スマイルが増えること」と語る。現在ギフトプラットフォームを展開する日本、インドネシア、インドに続き、近々ベトナムでもサービスをローンチ予定だと話していた。 ギフトモールのメンバー。写真右上が代表取締役の藤田真裕氏

Read More

遅れて植え付けたヒゲおやじのジャガイモも、そろそろ芽欠きをしてやろうかなあ。まだ慌てる段階ではないけど、遅くなると抜きにくくなるからね。 ということで、今日はジャガイモの芽欠き。美味しいジャガイモを作りたければ、これは必ずやらないといけないよ。 さて、これは3月17日に植え付けた男爵イモだねえ。 芽出しの効果もあって全部芽が出たよ。 普通に植え付けると1割くらいは芽が出ないヤツもあるんだけどね。 これの脇芽を欠いてやろうという寸法なんだ。 脇芽と言っても正確には脇芽じゃなくて、ちゃんと芋から直接出た芽なんだけどね。まあ、一般的に脇芽と言っているので、そういうことにしておこう。 ほら、たくさん芽が出ているだろう。 この中からしっかりと育った芽を2本残して、後は全部抜いてしまうんだよ。 何で? うーん、毎回やっているけど、この芽をそのまま置いておくと芋の数は増えるけど大きな芋ができないんだよね。それでもいいという人はそれでもいいけど、ピンポン球みたいな芋がいくらたくさんあってもしようがないだろう。 やはり適度な大きさの芋がしっかり着いてくれないと面白くないよね。これを何本残すかというのはもちろん異論があるよ。指導本には2本から3本と書いてあるものが多いようだねえ。 でも、ヒゲおやじが色々やってみた結果、やはり2本が一番いいようだね。 はい、これが2本にした株だよ。 もちろんさっきと同じヤツだ。 随分スッキリしたねえ。 んっ、これではわかりにくい? よーし、これならどうだ。 ちゃんと2本になっているだろう。 って、こういうことをやっているから何をするにも時間がかかってねえ。まずはモデルさんをどれにしようかとか、抜く前と抜いた後の写真を撮らないといけないし。正直言って作業中にこんなことやるの大変なんだよ。 大変ついでにもう一つ。 これが抜いた脇芽だね。 あ、抜き方は片一方の手で根元を押さえて、脇芽のなるべく根元をしっかり持って、ゆっくりと引き抜くんだ。 根元を押さえていないと、植え方が浅いと芋も一緒に抜けてしまったりするからね。それと、抜くときにゆっくり力をかけるのがコツだよ。 ピッと引っ張ると茎が切れてしまうからね。 で、この根を見てもらいたいんだなあ。 ヒゲ根が茎の途中から出ているだろう。 芋から出るんじゃないってわかってもらえたかな。 それと印をしたのが根茎だよ。何それ?  えーと、実はジャガイモは根が太ったものではなくて、この根茎つまり茎の先にデンプンが蓄積されたものなんだねえ。だからこれは根ではなくて茎なんだよ。先っぽがちょっとだけ黄色くなっているだろう。ここが将来ジャガイモになるんだねえ。 一方の芋の王様サツマイモはというと、これは根にデンプンが溜まったものだよ。 だから全然出来方が違うんだなあ。 何と今日も勉強になったねえ。 こんなことなかなか教えてもらえないぞ。 で、完成。 手前の箕に乗っているのが今日引き抜いた脇芽だよ。 どうだ随分あるだろう。 でも、これも食べられないからね。 残念! こうやって脇芽を欠いてやると、この2本に養分が集中するので一気に大きくなるよ。これはまだ小さいのでもう少し経ってからやろうと思っているんだけど、普通に芽欠きする場合はそのタイミングで根元に化成肥料を撒いて、土寄せしてやるといいねえ。 この後も成長に合わせて土寄せをするんだけど、その都度追肥をするといいよ。 さて、ついでに残っていた最後の畝を整備。 正確に言うと残っていたのではなくて残していたんだねえ。 ここは自家製の堆肥や籾殻、米糠などを入れて発酵させておいた畝なんだ。 で、ここにはナスとトマトを植え付ける予定なので、そろそろ最終の整備をしてやろうかと思ってね。牛糞堆肥を少しと化成肥料も少量撒いて、後は攪拌してできあがりだ。 いやー、さすがにフカフカだねえ。鍬に全く抵抗がないんだ。 いい畝が出来上がったよ。これなら上手いトマトとナスが採れそうだね。 さてさて、何と今日の寒いこと。昨日よりは1枚余分に着込んではいたんだけど、北風が冷たくてねえ。この時期に手袋がほしいくらいだったよ。 明日は雨の予報。 随分乾いているので一雨ほしいところではあるねえ。

Read More

ポーラ・オルビスホールディングスとANAホールディングスは3月22日、JAXAの「第2回宇宙生活/地上生活に共通する課題を解決する生活用品アイデア募集」において、両社が「CosmoSkin」(コスモスキン)プロジェクトとして開発している宇宙で使えるスキンケア化粧品が選定されたと発表した。国際宇宙ステーション(ISS)の搭載を目指し、開発を進めるとのこと。 CosmoSkinで開発されているのは、宇宙船内の特殊な環境を想定したスキンケア製品。極度に乾燥していること、水が貴重であること、微小重量といった環境に対応するために、スキンケア製品にはこれまでにない機能性や使用法が求められるという。宇宙の生活では、全身にさまざまな変化が起き、精神的な健康の維持も重要になる。そのため、肌を美しく保つ機能だけでなく、「スキンケア行為を通して心も健やかに保つ体験価値」の追究を目指す。 また、資源が極端に限られ、ゴミを最小限にしなければならないといった制約に合わせて技術開発を行えば、それがそのまま地上でのサステナビリティー向上にもつながるとポーラ・オルビスホールディングスは話す。 両社は、それぞれ宇宙に目を向けている。ポーラ・オルビスホールディングスは、2018年に化粧品の枠を超えた新価値創出のための「マルチプルインテリジェンスリサーチセンター」(MIRC)を発足し、宇宙への取り組みを開始した。2020年からは、JAXAが推進する宇宙生活の課題から宇宙と地上双方の暮らしをより良くするビジネス創出プラットフォーム「THINK SPACE LIFE」での活動を開始している。 ANAホールディングスは、2018年に宇宙事業化プロジェクトを発足し、衛星データ活用事業、宇宙物資輸送事業、宇宙旅行事業といった宇宙事業の検討を開始している。 CosmoSkinでは、ポーラ・オルビスホールディングスが「肌の知見や製剤技術を活かし宇宙ライフに適した化粧品の研究開発」と、ANAホールディングスが「地上よりも宇宙環境に近いとされる航空機内を実証実験の場として提供」することになっている。

Read More