その昔、私の小学生時代、アフリカは宇宙と同じように未知の世界でした。強い獣が弱い獣を食べて生きる弱肉強食の世界。草原にはライオンやチータ、水辺にはワニやカバ、密林には豹やゴリラが獲物を狙って待ちかまえています。人間は素手では彼らと闘えません。かといって、ライフルで遠くから狙い撃つのは卑怯。男ならサシで勝負しなきゃあね。私の好きなヒーローに“ターザン”がいまして、人間が誰も踏み込んだことのない秘宝の谷、行く手を阻む言葉の通じない首狩り族や凶暴な野獣、欲望のままに行動する悪い白人たち、そんな世界で平和を守って戦うターザンに憧れました。ターザンは大人ですが、それと同じような活躍を日本人少年がするとあっては、『少年ケニヤ』の番組開始を期待したものです。 『少年ケニヤ』は、NET(現:テレビ朝日)系列で1961年5月4日~62年2月8日に放送。原作は山川惣治の絵物語。1947年に紙芝居から絵物語にして単行本化した『少年王者』を発表し、これが大ヒット。これにより絵物語ブームがおこり、ターザン映画のヒットと相まって密林冒険物が巷にあふれました。『少年ケニヤ』は、『少年王者』に続く少年ターザン物の第二弾で、『少年王者』を超える人気作品となり、53年にはラジオドラマ化。ラジオではアフリカの情景が上手く表現できなかったようです。テレビドラマ化にあたっては、時代設定は放送当時(1961年)に、登場人物なども原作から改変。父の村上博士(中山昭二)とケニヤの奥地で動物調査をしていたワタル少年(山川ワタル)は、乗っていた飛行機(セスナ)を密猟業者に撃墜され、父と離れ離れになります。マサイ族の大酋長ゼガ(岩城力也)を危難から救い、ワタルは少年ケニヤと称され、マサイ族の少女ロンダ(森るみ子)に慕われます。悪い呪術師に利用されていた金髪の少女ケート(関みどり)を助け出し、父との再会を求めてケニヤの広大な原野や鬱蒼とした密林でワタルたちは悪人を相手に大活躍。ワタルたちがピンチになると現れるのが謎の探偵アッサム(巽秀太郎)で…… 大草原などの風景や動物を撮影するためにアフリカロケをしており、日本で撮影されたドラマ部分に挿入して臨場感を出していますが、猛獣たちとの闘いはありません。動物たちのシーン(草食動物の群れが何かに驚いて一斉に駆け出すシーンや、ワニの群れが水に飛び込むシーン等)は、何度も使いまわされ、見飽きてきます。大蛇のダーナとの絡みもなく、ターザンのように象に乗って首狩り族の村を襲うわけでもなく、最初の期待が大きかっただけにガッカリ。ピグミー族は、子役が黒いドーランにヒゲをつけてセリフは大人が吹き替えるという代物で笑ってしまいました。ロンダはタドン小僧の少女版ね。男の子ならまだしも、女の子にあんな恰好させるなんて現在では考えられません。それでも毎週のように観ていたのは、ケートの魅力。彼女に似た女の子がクラスにいて、憧れていたんですよ。 主演の山川ワタルは、原作者の山川惣治の山川と、主人公の村上ワタルのワタルをとって命名。その後、1966年の東映映画『黄金バット』でお目にかかりましたが、ケート役の関みどりにはその後全くお目にかかっていません。ブクブク太ったオバサンが出てきたら幻滅するので、ケートのまま記憶に残しておいたほうがいいかもしれませ~ん。

Read More

 昨年作成しました島野清志氏の『全日本大学レーティング』による大学格付けによる序列と大学学部新入生数ベースの構成比について、2022年版に即して図面を更新してみました。 採用される指標については試行錯誤されていることもあり、昨年と全く同じ評価とはならないのですが、B3以上=普通以上の大学に今年新たに三条市立大学が入れられた一方で、藤女子大学、共愛学園前橋国際大学、淑徳大学、園田学園女子大学、九州産業大学が去年の序列から外され、より厳選が進んできている感があります。 全日本大学レーティング2022 – 島野清志

Read More

ウェブ開発者は何百ものタスクを実行しなければならないが、それらを自分のマシンで実行することができる。しかし、開発会社が(大規模に)同様の活動を行う場合には、ローカルにタスクを実行するために必要なコンピューティングパワーをいつでも自由に確保できるとは限らないし、日頃から持っていたいとも思わないものだ。 「開発者やその会社が、普通なら4〜5時間かかる作業を10分に短縮できるようなプラットフォームを、構築できるでしょうか?」とAsad Khan(アサド・カーン)氏はいう。 カーン氏は10年かけてこの問題を解決しようと努力を重ねてきた。彼は、最新のベンチャー企業であるLambaTest(ラムダテスト)で、そのソリューションを製品化した。 創業4年のスタートアップである同社のクラウドベースのサービスを利用することで、ユーザーは自分のウェブサイトやアプリを、ブラウザー、OS、デバイス、そしてそれらの異なるバリエーションの3000種類以上の組み合わせでテストすることができる。 彼はTechCrunchのインタビューに対して「テスターのためのAWSを構築しました」と語っている。「私たちは単なるテストツール企業ではなく、開発者があらゆる言語やフレームワークで書かれたあらゆる種類のテストを実行できるようなエコシステムを実現する会社です。このプラットフォームは、いつでもどこからでも、どんな規模のタスクでも実行できるようにします」。 そして、急成長するスタートアップにはありがちだが、LambdaTestの有効性は、投資家の関心を集めている。 インド時間3月29日には、Premji Investが主導するシリーズC資金調達ラウンドで4500万ドル(約55億2000万円)を調達したことを発表した。既存の投資家であるSequoia Capital India、Telstra Ventures、Blume Ventures、Leo Capitalに加え、ソフトウェアテスト会社Tricentis(トリセンティス)の元最高経営責任者Sandeep Johri(サンディープ・ジョリ)氏も参加し、スタートアップのこれまでの資金調達額は7000万ドル(約85億7000万円)に達した。 LambdaTestによれば、現在130カ国で500社以上の企業、100万人の開発者とテスターが同社のプラットフォームを利用しているという。またこれを使った同社の顧客は1億回以上のテストを実施し、市場投入までの時間を95%短縮し、リリースの生産性を62%向上させ、ローンチ前に67%の問題を特定することに成功したという。LambdaTestのホームページには、Microsoft(マイクロソフト)、Apple(アップル)、Xerox(ゼロックス)、Postman(ポストマン)、Yale(イエール)、Directi(ディレクティ)などの顧客が名を連ねている。 カーン氏は、このパンデミックも、多くの潜在顧客をLambdaTestに引きつける上で重要な役割を果たしたのだという。スタートアップは2021年、ビジネスを300%成長させたという。 カーン氏はいう「私たちは、テストのオーケストレーションと実行に関して、開発者とQAチームの仕事をより簡単にすることに強い重点を置いています。ほんの数カ月前、私たちは、企業がエンド・ツー・エンドの自動テストを可能な限り最速で実行できるよう支援する、次世代スマートテストオーケストレーションプラットフォームのHyperExecute(ハイパーエクスキュート)をリリースしました。私たちは間もなく、テスト情報プラットフォームのTest-at-Scale(TAS)をローンチする予定です。すでにベータ版として運用中です。また、当社の中核となる実行プラットフォームの能力も継続的に強化しています」。 LambdaTestの提供するサービスの一部は、評価額40億ドル(約4901億6000万円)のスタートアップBrowserStack(ブラウザースタック)と競合している。競合の名前は挙げなかったが、カーン氏によれば、LambdaTestの製品ははるかに包括的であり、スケーリングに対するアプローチもユニークだという(一方、BrowserStack側は確かにLambdaTestをライバルと見ているようだ。例えばLambdaTestをGoogleで検索すると、先週はBrowserStackがスポンサーリンクとしてトップに表示された)。 同社は今後、提供するサービスをさらに拡大し、従業員数も増やしていく予定だ。現在、インドと米国を中心に約250人の従業員が働いている。今回の資金調達で、カーン氏はベイエリアでのチーム拡大を積極的に進めるという。 […]

Read More

コロナで出かけられないので我が家の庭のように散歩がてら毎日自然観察している京都府立植物園に見る雑多な野鳥たちを掲載する。色の美しいアオジ♂ 2021.2.9.撮影蓮池のアトリ 2021.2.9.撮影生態園のウグイス 2021.2.3.撮影サルスベリの虫を食べるエナガ 2021.2.4.撮影半木西池のコサギとカルガモ 2021.2.4.撮影半木池のカワセミ飛翔 2021.2.4.撮影半木池のカワセミ 2021.2.9.撮影水路のコサギ 2021.2.9.撮影半木西池のジョウビタキ♀ 2021.2.4.撮影モミジ枯葉絨毯の中で餌を探すシロハラ 2021.2.9.撮影あじさい園のシロハラ 2021.2.9.撮影菖蒲園のセグロセキレイ 2021.2.4.撮影半木西池のツグミ 2021.2.4.撮影桜園のハチジョウツグミ 2021.2.10.撮影北泉門のトラツグミ 2021.2.7.撮影アジサイ園のベニマシコ♂ 2021.2.5.撮影アジサイ園のベニマシコ♀ 2021.2.5.撮影蓮池のベニマシコ♂ 2021.2.7.撮影蓮池のベニマシコ♂の飛び立ち 2021.2.7.撮影蓮池のベニマシコ♀ 2021.2.7.撮影蓮池でのメジロの水浴び 2021.2.9.撮影蓮池の草を食べにきたメジロ 2021.2.9.撮影梅園のルリビタキ 2021.2.9.撮影

Read More

Meta(旧Facebook)は、Messengerアプリにいくつかの新機能とショートカットを導入している。最も注目すべきは、Slackのような「@everyone」機能を追加し、新規のメッセージに関して、チャットの参加者全員に通知できる点だ。Metaは、新機能がグループリマインダー、懇親会、または一刻を争う質問を投げていて、すぐに回答が必要な場合に最適だと説明する。 一方、同社は「/silent」機能も展開している。グループチャットでメッセージを送信する前に「/silent」と入力すると、そのグループのメンバーにはメッセージの通知が一切届かなくなるという機能だ。Metaは、この機能により、時間帯の異なる相手に割り込む不安を取り除き、ユーザーがゆっくりとメッセージを読むことができるようになるという。 これら2つの新機能は、本日から利用可能となっている。さらに同社は、今後数週間のうちに展開される予定となっているいくつかのショートカットも示唆した。 Metaは、1対1のMessengerチャットでの送受信を簡単にする新ショートカット「/pay」を米国で提供開始する予定だ。このショートカットは、iOSとAndroidの両ユーザーに展開される予定となっている。Metaはまた、ユーザーがGIFをすばやく見つけて送信できるようにする「/gif」ショートカットも導入予定だ。iOSユーザーは「/shrug」と「/tableflip」ショートカットを利用できるようになり、それぞれ「 ¯_(ts)_/¯ 」と「 (╯°□°)╯︵ ┻━┻ 」の顔文字を自動的に入力することができる。 画像クレジット:Meta この度の新機能の提供開始は、Messengerが先に、米国内のすべてのiOSおよびAndroidユーザーに「分割払い」機能を展開したことを受けてのものだ。同社は、ユーザーがアプリを通じて請求書や経費を分担する方法として、2021年末から同機能のテストを始めていた。Metaはこの新機能を、Messengerを通じて金銭を処理するための「自由で迅速な」方法だと考えている。 Split Paymentsは、Messengerが新しいボイスメッセージ録音コントロールを開始したというニュースと同時に導入され、ユーザーは送信前にボイスメッセージを一時停止、プレビュー、削除、録音継続することができるようになった。また、ボイスメッセージの録音時間を1分から30分に延長した。 画像クレジット:Meta [原文へ] (文:Aisha Malik、翻訳:Katsuyuki Yasui)

Read More

 中区は橘一丁目の一角にある橘公園には、「おためし場」というちょっと聞いただけでは何のことだかよく分からない史跡の標識が立っている。よく見ると、「おためし場」というどこかのんきな単語の後に「腑分けの跡」と続けられており、何となく「おためし」の意味するところがただならぬものであろうことが想像できるようになる。「腑分け」は要するに解剖の事。明和8年(1771)、杉田玄白が江戸の小塚原刑場で刑死者の解剖を行ったのが日本で最初の人体解剖だとされているが、ここ名古屋の橘でもおよそ同じような事が行われたのである。この辺りは、かつて千本松原と言った。そう遠くない荒れ野には遊郭(不二見原遊郭)が設置された事もあり、この界隈は名古屋城下外の異界だったのだろう。  史跡標識などに書かれている情報からすると、名古屋初の人体解剖は玄白の頃から実に50年後の話だという事だ。ちなみに被験体になったのは女性刑死者だった。玄白の場合がそうだったように、この界隈はその昔キリシタンの処刑場に使われていたりして何かと血なまぐさい因縁のある場所には違いないのだが、60人ほどの見物人がいたようで、バラバラに解体された人体パーツをさばくフランケンシュタイン博士の如きマッドサイエンティストを思わせる連中が鬼哭啾々とした雰囲気の密室で人目を憚りながら解剖を行ったわけでもなさそうだ。  大体において刑死者の亡骸というのは手厚く扱われはしない。よく聞くのが「刑死者の体を新刀の試し切りに使った」という話で、橘の「おためし場」という呼称も、この場所がもともと試し切りの場であった事に由来するとされる。名古屋のおためし場に限った話ではないが、わざわざ試し切りに使われるような刀は数打ちの駄刀とは違うから、2人3人と積み重ねた刑死体を一刀両断にする事も珍しくなかったといわれる。重しをつけたり高いところから飛び降りながら切ったりといった裏技を用いた刀の中には七胴切りなんてものもあったというから驚きだ。  ひとつよく分からないのが千本松原の土地利用状況である。キリシタンの死刑場とされたのは良いとして、私が知っている範囲だと名古屋城下に収監された死刑囚の刑場は清須市新川町の土器野(かわらけの)のはずだ。時代劇などでよくある「市中引き回しの上打ち首獄門」なんかの場合、死刑囚は現在の三菱東京UFJ銀行名古屋中央店(旧東海銀行本店)前にあった牢獄を出た後、いったん泉の方まで周り、そのまま西に進路をとって処刑場までまっすぐ進む段取りになっていた記憶がある。もともと血塗られた歴史のある千本松原とは言え、新川町から死体を運び込むのはなかなか手間だったような気がする。  おためし場跡近くには切支丹遺蹟博物館もあり、一度出かけてみたいと思うも未訪のままだ。

Read More

商品をPinterestで紹介する小売業者が増える中、Pinterestは米国時間6月1日から「レンズ」機能に新たに「Shop」タブを設けた。これはユーザーがオフラインで撮った写真やスクリーンショットから、それに似たものを検索して在庫のある商品を表示する機能だ。 この新しいタブを使うには、検索バーにあるカメラのアイコンをタップし、写真を撮影するかアップロードする。するとShopタブに購入できる商品のピンが表示され、価格や在庫状況のほか販売業者の購入ページへのリンクも表示される。 レンズは、もともとはユーザーが実際の店舗や出かけた先などで見た商品を探すことを意図した機能だったが、これからはこの機能を使って家にいながらにして商品を見つけられるとPinterestは提案している。例えばランニングシューズを買い換えるなら、今履いているお気に入りのシューズの写真を撮るか、あるいはスマートフォンのカメラロールやブログなどのプラットフォームから写真をアップロードすればいい。 Pinterestによれば、カメラを使ったビジュアル検索の件数は2019年と比べて3倍ほどになっているという。このことから、買い物をする際にスマートフォンのカメラを使うことにユーザーが慣れてきたと言える。同時に、Pinterestが最近取り組んできたこととつながっている。 例えばこの半年間、Pinterestでは女性向けファッションで検出される属性の数を2倍に増やした。色、柄、生地、ドレススタイル、長さ、テクスチャー、ブランド、ネックライン、靴のヒールの高さ、場面、スタイル、シーズンなどだ。ファッション関連製品の検索では、この1年で精度が50%以上あがったと同社は述べている。 Shopタブの登場は、Shopifyとの連携に続くものだ。この連携により、中小企業は商品カタログをPinterestにアップロードして3億5000万人のユーザーにリーチできるようになった。さらに米国時間5月18日には、インフルエンサーやパブリッシャーがトレンドを紹介する「ショッピングスポットライト」を発表していた。 レンズ機能のShopタブは、PinterestがGoogle(グーグル)に対抗する手段のひとつだ。グーグルは4月に商品検索機能を変更(未訳記事)して、有料広告ではなくほぼ無料のリスティングにした。また、Googleレンズでは写真で検索して見つけた商品を購入することができる。 ShopタブはInstagramへの挑戦でもある。Instagramは写真で見つけた商品と購入者をつなぐショッピングサービスを着実に成長させ、Instagram内で購入手続きを進められるようにしている。小売大手のTargetがこの機能を5月に採用した。これはFacebookとInstagramが、FacebookページやInstagramのプロフィールから直接買い物ができる「Shop」を開始したのと同時期だ。 こうした各社の取り組みは、新しい買い物のトレンドを表している。消費者は、商品の長いリストを延々スクロールするのではなく、写真や画像をヒントに購入したいと思っている。このように画像から始まる買い物は結果として、店を見て回り、目を引くようにデザインされたディスプレイに出あうのと似た感覚の体験になる。 Pinterestの新しいShopタブは、米国時間6月1日から公開されている。 [原文へ] (翻訳:Kaori Koyama)

Read More

現行シルフィが、後期型になり、ノーチェックだったが、モデルが追加になった様だ。 ―恥ずかしながら知らなかった。 理由は…興味が無い。 ①買っても自慢出来ないメーカーに成り下がっている。②碌な営業マンがいない。③マニュアルモデルが無い。④キセノン/LEDヘッドライトの設定がなく、時代にそぐわない遅れ組である。(最近は、やっと設定グレードが出て来た様だが) 今日は、クレームを入れた店舗とは、別のディーラーにシルフィの試乗車がある事を確認し、しかも訪問して来週行く事を伝えたのにも係わらず、別の店舗にそのシルフィの試乗車を貸し出すと言う、なんとも間抜け振り。 リーフと入れ替えた様だ。 もう、日産に期待する方がおかしい。こう言う失礼な事を客に対して平気で行うのは、日常茶飯事なんだろう。901運動の時の日産とは、全く違う。 さて、試乗してみると、正直、ガッカリさせられる。 今のクルマなんだよな?と何度も自分に言い聞かせないと、全てが、おかしい。 踏ん張りの無い足回り、軽過ぎてどうしようもないステアフィール、特に面白みも無い内装、だが高価。 オーテックが仕上げたのであれば、足回りも弄っても良かったのでは、ないだろうか?外装だけで246万円は、冗談だろうと考えてしまう。 この試乗したSツーリングは、オーテック仕立ての為、持込車検扱いになる。 と言う事は、納車費用が、高くなる。これは、客にとって嬉しい事でも何でもない。しかも持込車検と言う事で、工場で生産され、ディーラーに配車された後、陸運局に持ち込む為、移動するが、走行距離が増す。また、要らぬ人間が触ると言う事でもある。 個人的に、好きでは、ない。中古車ならどうでも良いが、新車をあまり色んな人間が触るのは、面白いとも思わない。 タイには、パルサー売っているのになぁ。カッコイイピックアップトラックのナバラもあるし…。

Read More

Salesforce(セールスフォース)がVlocity(ブロシティ)を2月に13.3億ドル(約1460億円)で買収すると発表したとき、それは両社にとって理にかなった取引だと受け止められた。そして米国時間6月1日、同社は買収手続きが完了したことと、VlocityのCEOだったDavid Schmaier(デビッド・シューマイヤー)氏がSalesforce Industries(セールスフォース・インダストリーズ)という新しい部門のCEOに指名されたことを発表した。 Vlocityは、メディアやエンターテインメント、ヘルスケア、政府機関などに対する業界固有のCRMツールをSalesforceプラットフォーム上に構築してきた。Salesforceも独自の業界ソリューションを開発してきたが、産業特化ツールに専念した部門を持つことで、さらなる市場機会が生み出される。 シュマイヤー氏は、この新しい部門を、個別業界に焦点を当てたアプローチの価値に基づいた同社の取り組みとして捉えている。「VlocityがSalesforce Industriesと呼ばれる部門の一部となることで、業界固有のソリューションを顧客に提供できる、Salesforceの中でも大きなグループとなります。顧客のデジタル化とまったく新しいやり方での仕事を支援することになるのです」と同氏はTechCrunchに語った。 Salesforceの社長でCOOのBret Taylor(ブレット・テイラー)氏がシューマイヤー氏のボスとなる。新しい部門を発表したブログ投稿の中で、テイラー氏は最近のテクノロジーソリューションの多くの側面と同様に、業界の焦点は企業のデジタルトランスフォーメーションの支援にあると語っている。パンデミックの中で、私たちの目の前で世界が変化するにつれて、企業は業務をオンラインに移行することを余儀なくされている、そしてSalesforceはそれを必要とする顧客に、さらに具体的なソリューションを提供したいと考えているのだ。 「あらゆる業界の企業が、かつてないほどデジタルトランスフォーメーションの必要性に迫られています。そして多くの企業がデジタルファーストで、どこからでも仕事ができる環境構築の計画を加速しているのです。Salesforce Customer 360とVlocityを使用することで、お客様は特定のニーズに完全に合わせて調整されたツールとエキスパートによるガイダンスだけでなく、最先端の業界プラットフォームを利用できるようになるのです」とテイラー氏は述べている。 シューマイヤー氏は「VlocityのツールはすでにSalesforceの上に構築されているので、通常このような買収のあとで組織統合のために行わなければならない苦労をすることなく、すぐに全力で走り始めることができる」と語る。 「私は30年のキャリアの中で、さまざまな合併や買収に携わってきましたが、今回のものがこれまで経験したものの中で最もユニークなケースでした。なぜならこれまでに構築した6つの業界向けアプリケーションが、どれもすでに100%Salesforceプラットフォームの上に構築されていたからです。つまり、製品は既に100%Salesforce対応済ということで、これは本当に驚くべきことなのです。これにより、統合がはるかに簡単になりました」と彼は語った。 プラットフォームが既に利用されていることを考えると、Salesforceが引き続き新しい部門で開発を続け、長期にわたってアプリケーションを追加していく可能性は高い。「私たちはいまや基本的に、Salesforceの中に業界向け開発を行うためのプラットフォームを持っているのです。従って、この産業クラウドプラットフォームのおかげで、新しい業界向け開発を行うためのコストは、最初に業界向け開発を行うためにかかった費用に比べれば、ほんのわずかなものにできるのです。ということで、私たちは新しい業界向けの開発を行っていく機会を探っている最中ですが、本日の時点ではまだ発表できる準備が整っておりません。手始めに、私たちは今回の組織を立ち上げました」とシューマイヤー氏は語る。 同社は米国時間5月28日に記録的な四半期を報告したが、次の四半期への見通しが投資家を驚かせ、5月29日の株価は下落した (未訳記事)。とはいえ、会社はその業績に甘んじることなく、Salesforce Industriesのような部門を設置することで、個別業界やほかの可能な収益源に対処するための、より集中した方法を提供しようとしている。 関連記事:セールスフォースが顧客管理システム開発のVlocityを約1460億円で買収 [原文へ] (翻訳:sako)

Read More

TikTokは米国時間3月29日、新しいアプリ内作成ツール「TikTok Library」を発表した。クリエイターがエンターテインメントコンテンツにアクセスしたり、トレンドに参加したりしやすくなることを期待している。当初は、GIPHY Clips(ジーフィークリップス)と呼ばれる音声付きGIFのコレクションなど、GIPHY(ジーフィー)から厳選されたコンテンツがライブラリに掲載される予定だ。時間の経過とともに、TikTokは追加のコンテンツソース、オーディオやサウンド、テキストテンプレート、その他のTikTokクリエイターのコンテンツでライブラリを拡張するとしている。 ただし同社は、そうした取り組みのために将来的にどのようなパートナーと提携するのかについては言及を避けた。 2019年にGIPHY Videoとして開始された今日のGIPHY Clipsは、テレビや映画のスタジオ、ゲームメーカー、レコードレーベル、スポーツリーグ、ニュースメディアなどのエンターテインメントパートナーが、GIPHYのプラットフォーム上で適切にライセンスされたコンテンツを共有するための手段だ。この機能は時間とともに拡大し、音声付きGIF(短編動画としても知られている)を活用してGIPHYの数億人のデイリーアクティブユーザーにリーチしたいと考える何千ものコンテンツメーカーが参加するようになった。これらのGIPHY Clipsは、GIPHYの開発者向けツールセットであるGIPHY SDKを介して、ウェブ上のリンク、メッセージングアプリ内、Slackなどの職場用ツール、その他のサードパーティアプリケーション内のどこでも共有することが可能だ。 画像クレジット:TikTok TikTokによると、さし当たってはリアクション、引用、人物、アイコニック・モーメントといったGIPHY Clipsのカテゴリーをサポートする。 リアクションは、誰かの生の感情をとらえたGIFで、引用は著名人の印象的なキャッチフレーズや格言だ。人物は、有名人やスポーツ選手などファンを抱える人に特化したカテゴリーだ。そしてアイコニック・モーメントは、スポーツの名プレーや授賞式のスピーチなど、大きなイベントでの忘れられない瞬間だ(おそらく、私たちが3月27日にアカデミー賞授賞式で目撃したものなど)。 TikTokへの統合には、GIPHYの幅広いライブラリからの数百万のGIFに加えて、数万のGIPHY Clipsライブラリの一部が含まれると同社の広報担当者は述べた。 TikTokはすでにソーシャルビデオアプリで多くのクリエイティブツールを提供しているが、クリエイターの自己表現をサポートする新しい方法を探し続けているという。そこで、GIPHYとの統合が実現した。 この機能を使うには、TikTokのユーザーはアプリのカメラ画面の垂直サイドバーにある新しい「ライブラリ」アイコンをタップする。ライブラリに入ると、トレンドのコンテンツをスクロールしたり、検索バーを使ってより具体的なものを探したりすることができる。使いたいコンテンツを選んだら、好きな長さにクリップし、撮影画面に戻って動画の撮影を続けることができる。 画像クレジット:TikTok TikTokによると、ライブラリ機能はまずAndroidの一部のマーケットで展開され、iOSでは来週、そして今後数週間で世界中のより多くのTikTokユーザーへと拡大される予定だ。 もちろん、Facebook(フェイスブック)の最大の脅威の1つとなっているTikTokが、Facebookがかつて4億ドル(約490億円)で買収した会社のコンテンツを活用して短編動画アプリを改良しているという皮肉もそこにはある。しかし、Facebook、現在のMeta(メタ)は英国の競争市場庁(CMA)が反競争的との視点で買収取引を調査したため、GIPHYを完全に統合することを阻止されている。CMAは2021年11月、MetaにGIPHYを売却するよう求める判断をした。Metaは現在、その判決を不服として控訴している。しかし、もしMetaがGIPHYを完全に自社に統合することが許されていたら、このようなTikTokの統合は進んでいたのだろうかと思わざるを得ない。 […]

Read More