私の親戚に、長年アメリカの首都ワシントン(Washington)に住んでいる人がいて、ワシントンの話は良く聞きます。ワシントンはポトマック河畔に、日本から送られた桜並木があり、春には桜祭りが開催され、日本とは縁の深いところです。ところで、アメリカにはワシントンD.C.と呼ばれる首都とワシントン州、二つのワシン トンがあります。ただワシントンと言っただけではわからなく混乱しそうです。またDCとはなんでしょうか?今回はワシントンの名前と関連することを書いてみました。 ポトマック河畔の桜並木 ★アメリカの首都はどうしてワシントンD.C.になったのか? アメリカ人が「Washington」といった場合、たいていの場合西北部のワシントン州を指しています。しかし首都のWasingtonと言いたい場合は「Washington, D.C.」または「D.C.」と言いま す。「D.C.」とは、コロンビア特別区のことで「District of Columbia」の略語です。アメリ カには50の州がありますが、首都ワシントンD.C.のみが、州ではなく特別区になります。ではどうしてD.C.なんて変にワシントンの後に付けるようになったのでしょうか。 アメリカ西北部のワシントン州と首都のワシントンD.C. ワシントンD.C.:ワシントン記念塔(Washington Monument)を望む公園のような都市景観 アメリカでは独立戦争後、どこを首都にしようかと問題になりました。多くの地域から当方を首都にと名乗りがありました。結局、新規に首都を建設しようということになりました。そして議会で決定したのはポトマック川付近でした。そこをコロンビア特別領 (Territory of Columbia)とし、1790年7月16日に首都地域が創設されました。またその中の町の名前は初代大統領George Washingtonにちなみ、ワシントン市 (City of Washington) とし、このコロンビア特別領内の独立した地方自治体の名称でした。しかし1871年の連邦法によりこの領域全体を統括する単一の地方自治体が設立され、ワシントン市とコロンビア特別領が統合されてコロンビア特別区 (District of Columbia) が成立したのです。その後一旦コロンビア準州となりましたが、1800年新首都で開かれた第一回連邦議会でなぜかそこは「コロンビア準州」とされず、連邦議会の直接管轄である「コロンビア特別区」District of Columbiaという名称で決定されました。それでこの都市を呼ぶときはWasington D.C.(ワシントンD.C.)としたのです。ちなみにアメリカ合衆国史上準州とされて、その後州に昇格しなかったのはこのコロンビア準州だけです。 当初、首都の土地は二つの州から提供された区域からなっていました。メリーランド州が166平方キロ、バージニア州から93平方キロでしたが、1946年にバージニア州から返還要請があり、返還して、メリーランド州からの土地だけとなりました。ワシントンはフランス人設計士ピエール・ランファンによる設計で建設が進み、1800年になって大統領官邸や連邦議会の建物ができたので、その時の大統領ジョン・アダムスはワシントンに移り住みました。このワシントンD.C.はどの州にも属さず、連邦議会の直轄地となっています。 ワシントンの地図 ★Wasington D.C.(District of Columbia)のColumbiaはどうしてこの名になったのか。 “Columbia”「コロンビア」は「コロンブスの地」という意味です。アメリカ大陸の発見者クリストーバル・コロン(コロンブス)に由来しています。国名のアメリカは「アメリゴの土地」を意味していて、コロンブスより少し遅れて新大陸に渡ったアメリゴ・ヴェスプッチの名にちなむものです。ちなみに大陸名、国名には”a”や”ia”が付くものが多く、columbia, america, asia, eurasia, india,

Read More

地図、地理空間情報、ロケーションデータの分野で事業を展開する位置情報テクノロジー・スタートアップGeolonia(ジオロニア)は3月29日、ベクトルタイル形式の地図開発を支援する2つのNPMパッケージ「itoma」(イトマ)と「kata」(カタ)を開発し、オープンソースソフトウェアとして公開したと発表した。これは、国土地理院との契約により開発されたもので、国連OpenGISイニシアチブが推進する国連ベクトルタイルツールキットプロジェクトの一部として、MITライセンスで公開されている。同社としては、政府機関からオープンソース化を前提として受注した初めての事例という。 国連OpenGISイニシアチブとは、国連の平和維持活動に必要なオープンソースのGIS(地理情報システム)を開発するための取り組み。Geoloniaは、2021年11月から、地図デザイン編集ソフトウェア「Charites」(カリテス)を提供し参画している。今回開発された2つのツールは、ベクトルタイル形式の地図データを処理するためのNPMパッケージ(JavaScriptのパッケージ管理システム)となる。 「itoma」は、ベクトルタイル形式の地図をプレビューするためのコマンドラインツールだ。データで配信されるベクトルタイルを地図として表示する。これを使うことで、ウェブサイトに地図を表示させたり、地図を使ったアプリケーションの開発が楽に行えるうよになる。 「kata」は、地図データのデータ形式を他の形式に変換するためのコマンドラインツール。metadata.json形式のファイルを表形式に変換したり、YAML形式のファイルを、地図開発プラットフォーム「Mapbox」がオープンソースで提供するツール「Tippecanoe」の形式に変換するといったことができる。 Geoloniaは、今後もデジタル地図のオープンソース化を進めるべく活動してゆくとのことだ。

Read More

大阪市西区、地下鉄四ツ橋線四ツ橋駅から西北西に5分ほどのところにある、「御菓子司 天佑」さん。うかつにも今日まで存在を知りませんでした。前を通りかかって歴史を感じる佇まいに誘われて、ふらふらと入店。人に会う用事を残していたので、商品のしおりだけもらって辞去。後日再訪したのでした。歴史はすでに60年とか。昭和25年あたりの創業ということになります。品揃えはクラシックな洋菓子と黄身餡、栗餡などを使った饅頭タイプのものも。和菓子ご出身かなと思って尋ねてみると、“カステラ屋なんです”とのご返事。たしかに、「かすてらの天佑」と書いてあります。カステラ以外の洋菓子について、パティシエではない人間の作ったもの、と謙遜する匂いで言われたのです。が、こちらは逆に、かつて和菓子の世界よりモダンでしかも特別な専門性を問われるカステラを焼ける職人のプライドの高さがあったのだ、と受け取るべき言葉だと感じたのでした。お菓子を食べてみると、ご主人が気負いなく静かに発した言葉に秘められた自負が納得できるのでした。 ●『カステラ(小)』 6.8×26cm 高さ6cm 400gほど。素晴らしいなぁ。なんと繊細なカステラなんだろう。 軽やかでふっくらとした食感、なめらかな舌触り。シルキーと呼んで差し支えないでしょう。カステラというと目の詰まった、どっしり、ぞろりとした食感をイメージしますが、こちらのものはシフォンケーキに近いような軽さと、泡の力を感じさせるソフトな弾力を発揮しています。しかも、しっとりとした魅力は失っていません。かといって水飴や蜜たっぷりのベトベト感は弱め。甘さは控えめです。 そう言えば焼き目の色も浅いですね。その代わり焼き目の部分が分厚くなっています。低温でじっくり焼いて水分を失わないようにしているのでしょう。色が浅い分、香りも強くありません。底の部分のザラメも省略しています。 すべてが軽さを基調にしたカステラのために、方向を正して、きっちり整理された味わいにまとめられています。品良くお洒落な味わいです。 包装紙も、ブルーと銀鼠のハイカラな取り合わせ。奇麗なので破らないようにソッと開くと、今度は中からオレンジと茶の南蛮風デザインの箱が出てくる辺り、ちょっとした意外性のドラマがあり……カステラを一切れ食すまで、いい意味で次々に期待を裏切られる、いやいや上回って行く心地よい流れがあります。 私はどっしりのカステラが元々の好みですが、こういった個性もいいなぁと素直に思える良さ。好きになりました。 ●『フィナンシェ』 10.5×4.7cm 高さ2.7cmほど。大きいですねぇ、嬉しいっ! 焦がしバターとのことでしたが、生地は白いまま。焦がしは浅いのでしょう。でもバターの香りがしています。アーモンドの風味は少し弱いですが、ちゃんと香っています。 なにより、目の詰まったムッチリとした食感の魅力がストレートに伝わってくるところがいいですね。 ●『マドレーヌ』 径9.5cm(上辺) 高さ3cmほど。 あぁ懐かしのマドレーヌ。スポンジタイプでレモンも使っていなくて。大きいし、銀紙の袋に包まれているし。 本来のフランス菓子のマドレーヌとは似て非なるものですが、年代の古い人間にとっては“これですよ、コレ”と言いたくなる代物。一瞬で子供時代へタイムスリップ。 ベーキングパウダーでたっぷり膨らまされた軽やかな食感。ふっくらきめ細かです。 ●『ブッセ』 径8cm 高さ4.3cmほど。 ふわふわのメレンゲ生地と、少しボーロを思わせるような焼き目の香り。そして間に挟まれた、みかんジャム!! わぁ、ノスタルジーいっぱいの味。この存在をすっかり忘れていました。お洒落なマーマレードではなく、みかんジャムなのです。シブイ。もちろん味がじゃないですよ。 蜜柑というと日なたのイメージですが、ジャムになるとどこか湿度を含んだ陰の印象も。ブッセ生地の陽気さにちょっとした憂い。面白いアイデアです。 ●『パウンドケーキ』 4×7cm 高さ4.5cmほど。しっとりずっしりとした生地。なかにレーズンとオレンジピール、ドレンチェリーが入っています。トップはアーモンドスライスとアプリコットジャムのナパージュ。 生地にはブランデーがたっぷり染みています。ブランデーがきりっと大人感覚。 香りの良さが目立ちますが、生地の存在感も負けていなくて、まとまりがいいです。 ●『レーズンクッキー』 6×6cm 厚み1~1.5cmほど。 生地に埋め込まれたレーズンの水分が蒸発する時に生地を持ち上げて、面白い凸凹ができています。 固焼の生地で、ミルクが主張しています。そこへレーズンの軽い酸味。落ち着いた味わいのクッキーです。 ●『アーモンドクッキー』 6×6cm 厚み1.3cmほど。フロランタンと思って間違いないのですが、ご主人は“そっちがアーモンドで、こっちがレーズン”と簡単明瞭。美味しければそれでいいじゃないですか、と野暮な詮索をやんわりと押しとどめる優しさがありました。 これはおとなしいですねぇ。アーモンドもカラメルも香りが控えめ。クッキー生地が主役のようです。だからこそ、フロランタンと呼ばずにアーモンドの入ったクッキーなのでしょう。 すべて生地の特徴が異なっていて、そのお菓子らしさが、食感や風味から築き上げられています。老舗の底力、安定感を感じさせますね。「天佑」さんに出会えて、嬉しく満ち足りた気持ちになりました。知名度は高くなくても、技術とセンスを誇るお店がちゃんと贔屓の客に長年愛されている。美味しいっ!と感激して絶叫するわけではないけれど、すべてに統一したトーンがあり、味の基準、素材の基準がしっかり守られている。しかも恬淡として。そこがいいところなのです。静かな佇まいに騙されて、マスコミなどがついつい素通りしてしまっている、信頼のおけるお店が日本全国各地にまだまだいっぱいあるのだろうと思うと元気がでます。こういうお店が普通の存在でいられるということこそ、本当の豊かさだと思います。その土地の味覚文化の度合を測る指標になるのではないでしょうか。大袈裟な言い方はかえってご本人には迷惑でしょうが、“大阪に天佑あり”と言いたくなります。懐しい落ち着いた味わいを好む人には、まさに天の佑(たす)けの存在です。 ●『カステラ(小)』1050円  『フィナンシェ』180円  『マドレーヌ』160円  『ブッセ』160円  『パウンドケーキ』180円  『レーズンクッキー』130円  『アーモンドクッキー』130円(※カステラ以外、価格はうろ覚えです。レシートは価格一括だったもので) ●「御菓子司  天佑」 大阪市西区新町1-22-17  TEL06-6531-9186  定休日/日曜・祝日

Read More

Apple(アップル)の教育コース用プラットフォームであるiTunes U(アイテューンズ・ユー)を使っている先生は、新しい場所を探さなくてはならなくなった。数年間の放置状態を経て、同社はiTunes Uを2021年末に閉鎖することを静かに発表した。最後の更新は「安定化の改善」のみで2017年だった。 このニュースはAppleのサポートページに書かれていたもので、MacRumorsが発見した。 なぜか?早い話がサポートする意味がなくなったからだ。いまやiTunesは、かつての全方向全機能満載の怪物アプリではなく、名前も意味をなさなくなった。同社は、単体アプリのClassroom(クラスルーム)やSchoolwork(スクールワーク)が、教材の配布や生徒の評価に利用できると説明する。一方、デジタル教育をメイン機能として押し出しているサードパーティーアプリも山ほどある。 同社は2007年にiTunes Storeの1セクションとしてiTunes Uを公開し、「米国トップクラスの大学」のコースやコンテンツ配信を目的にしていた。2013年には、同プラットフォームのコースが10億回以上ダウンロードされたことを発表した。しかし2019年半ば、同社は多くのコンテンツを別のプラットフォームに移行するなど、最終的な閉鎖を準備していたようだ。例えば、オーディオのみのコンテンツは「ポッドキャスト」アプリに移行していた。 アップルは、現在iTunes Uにあるコンテンツはすべて「2020~2021学校年度いっぱい」存続するが、利用者は自分の教材をバックアップすることを推奨している。ちなみに、iTunes Uの講座で学習している学生は、今後の予定について講師に問い合わせる必要がある。 [原文へ] (翻訳:Nob Takahashi / facebook )

Read More

木管五重奏など、木管の重奏曲の編成を見ると、ホルンが入っていますね。 しからば、ホルンは木管だろうかと不思議でなりません。 答えは、金管楽器のようです。 金管楽器は、英語ではブラス・インスツルメント brass instuments といって文字通り「真鍮」でできています。 ホルンも真鍮の板を巻いて管にし、叩いて朝顔部分など、広げてつくります。 管はとても長く、ぐるぐる巻いてあります。 ホルンはホーン(つの:角)ですから、本来は中をくり抜いた角笛ですね。 巻貝でつくる法螺(ほら)と同じように、身近な生き物の角や殻を材料にして楽器に仕上げたのが始まりなのでしょう。 ホルンを金管楽器に分類したのは、後の時代になってからの材質によるのでしょうか。 材質によるなら、銀を主材料とするモダンフルートは金管と言うことになりますが、フルートは木管。 材質とか製法でなく、発音原理で分類されているようですね。 フォトは、ポスト・ホルンです。 ホルンは狩のときに用いられましたが、馬車による郵便(ポスト)が発達し、郵便馬車の到着合図にも用いられたようです。 ドイツ郵政省による郵便のマークは、このポストホルンをあしらっています。 ドイツなど欧州では、現代もそうですが街は点在しています。 敵から守るため城壁で囲まれた内側が街で、城壁の門を通って出入りし、馬車は人を運ぶほかに、郵便も運んだのでしょう。 モーツァルトの作品に、セレナードニ長調「ポストホルン」があり、第6楽章にホルンが登場するようですが、そう言えば、モーツァルトの半生を描いた映画「アマデウス」の中で、馬車が到着する場面がありますね。 フォトのポストホルンは、スイス・ジュネーブの旧市街地で見つけたもの。 楽器ばかりか、実際に演奏するのを見たこともあります。 同じく、スイスの首都ベルンの旧市街地でのこと。 ベルンは、大変気に入っている街のひとつで、何回訪れても、とても趣が感じられ心が和む街です。 今や世界遺産に指定されていますね。 丁度、建国祭だったかの日に訪れたときのこと。 パレードがあり、とても華やいだ雰囲気のなか、変わった楽団を乗せた車が通過しました。 車に乗った多くの楽団員が、それぞれ調の異なるポストホルンを手にしているのです。 それでもって、ひとつの曲を演奏します。 分業なのです。 ピストンもバルブもないホルンですから、出るのは限られた固有音。 曲を奏でるには、異なる音符に合わせて、別の奏者に次々とすばやくバトンタッチするってわけ。 チームワークの良さに感激したことを覚えています。 狩のホルンや郵便馬車のホルンのように、使用目的が合図であったものが、次第に曲を楽しむ音楽の世界に入って行ったわけです。 管の長さを替えてピッチを替えたり、バルブ操作にて、管をバイパスし長さを変えて音階を出す工夫をしたのが現代に至るホルンのようです。 いずれにせよ、その包み込むような音色は、木管五重奏のなかでもよくブレンドしますね・・。

Read More

オンデマンド型シャトルサービスを手がけるNearMe(ニアミー)は3月30日、空港と市内を結ぶ送迎サービス「スマートシャトル」(nearMe.Airport)について、北九州空港に本拠を置く航空会社のスターフライヤーと提携を開始。北九州空港と北九州市内をドアツードアで結ぶ空港版スマートシャトルの予約を、同日よりスタートしたことを発表した(前日までの事前予約制のため運行開始は4月1日から)。九州エリアでは、福岡空港の送迎シャトルに続いて2空港目となる。 NearMeは、独自のAIを活用し、2019年夏に空港送迎版の「nearMe.Airport」(ニアミー エアポート)のサービスを開始。2022年2月、北九州市が行なう「スタートアップSDGsイノベーショントライアル事業(実証支援事業)」を通じ、北九州市内・苅田町と北九州空港をドアツードアで結ぶスマートシャトルの実証実験を実施した。今回その結果を受け、スターフライヤーの協力のもと北九州空港と市内を結ぶ送迎シャトルのサービス開始に至ったという。 nearMe.Airportは、北の新千歳空港から南の那覇空港まで、今回の北九州空港を含め全国13空港で利用できるようになった。 「スマートシャトル」運行概要 サイトURL:https://app.nearme.jp/airport-shuttle/ ・多言語対応。現状は日本語と英語、今後は5カ国語対応予定 利用方法:オンラインによる事前予約制。前日18時までに予約 運行開始:2022年4月1日 発着点:北九州空港←→北九州市内の指定箇所 料金 北九州空港←→北九州市小倉南区、苅田町:1回2480円(税抜)/人から 北九州空港←→北九州市小倉北区:1回3980円(税込)/人から 北九州空港←→北九州市門司区:1回4980円(税込)/人から オンライン決済が可能なのでチケット不要。飛行機遅延に伴う料金請求はなし 各エリア内であれば乗降車場所問わず定額 大人1名につき、12歳未満の児童2名まで半額適用 また同社は、新型コロナウイルス対策として以下を実施している。 乗車中の車内換気を徹底 全乗務員は運行前に検温を行い、マスクを着用 […]

Read More

塗料が乾燥するのを待っている時間を利用して積んでいたフィンファンネルを開けてみました。追加武装ですし、まったりと気軽にレビュー。■MG 1/100 RX-93「νガンダム(ニューガンダム)Ver.Ka ダブルフィンファンネル」素組みで製作してみました。 パッケージ パッケージ内のランナーやセット内容は「MG νガンダムVer.Ka」に入っている物と特に変わらない為、追加された”エフェクトパーツ”のみ画像紹介。PET素材で金色(裏は銀色)にプラズマ状の印刷がされている。説明書のパーツ注文を見るとこれ1枚は600円のようである。価格は2100円+送料だからこれ一枚でも結構な割合。 それと、ファンネル用に水転写式デカールが1枚。ファンネル以外の部分は予備としても使えそうかしら。 早速、組み立ててみて。フィンファンネル6基、台座×1、エフェクトパーツを付け エフェクトパーツちょっと取り付けが安定し難いけど臨場感がぐっと増してかなり格好が良い。 バックパックにダブルフィンファンネルを装備。完全にifの世界のダブルフィンファンネルですが、うむ。重い…やっぱり重いね・・・。というかファンネルは外れやすいから予備用は豪快に接着しちゃおうかしら?(^^;ネオジムを入れる事は出来るかなぁ?とちょっと考えてもみたけれど、取り付け位置を自由に変える事も考慮すると泥沼化しそうだ・・・ それはさておき。以下、適当に。 「行け!フィン・ファンネル!」 エフェクトパーツがファンネル6基分しかなので12基全てには付けられないけれど、もう一枚追加で注文するのもありかもしれないですね。全てを取り付けようとすると流石にちょっとごちゃごちゃしてしまうのが難点。 プレミアムバンダイでは既に受注を締め切ってしまいましたが、以上、MG「νガンダムVer.Ka ダブルフィンファンネル」素組みレビューでした。 DOME-G版サザビーとか出たらなぐりあい宇宙とかも再現したいな~。なんて。 関連記事MG νガンダムVer.Ka 素組みレビュー MG 1/100 ダブル・フィン・ファンネル拡張ユニット 【再販】

Read More

レノボ・ジャパンは、14型薄型ノートPC「ThinkPad X1 Carbon Gen 8」を5月26日に発表、5月28日より販売開始した。ThinkPad X1にはクラムシェル型のThinkPad X1 Carbon、ディスプレイ360度回転型のThinkPad X1 Yogaの2モデルを用意。Carbonは重さ約1.09kgと軽量さを重視したモデルで、Yogaはマルチタッチ、スタイラスに対応した2 in 1 PCだ。ちなみに低コスト化、サポートの効率化を目的にマザーボードは共用で、処理性能は基本的に同じ。利用スタイルに合わせてモデルを選べる。 ThinkPad X1 Carbon Gen 8の最小構成モデルからイーサネットアダプターを省いたときの直販価格は17万8640円(送料込み、6月1日時点のeクーポン適用価格) ThinkPadのフラッグシップには最小構成で18万円の価値はある ThinkPad […]

Read More

一般向けのGoogle+は2019年4月にサービスを終了したが、昨年Google(グーグル)がベータ版としてG Suiteに加えたCurrentsは簡単にいえばG Suite向けGoogle+だった。Google+がフル機能のソーシャルネットワークを目指していたのに対し、CurrentsはMicrosoft(マイクロソフト)のYammer(ヤマー)やFacebookのWorkplaceと似ており、企業内の連絡や議論などのビジネス向けに特化している。 ややこしいことに同社は、Currentsのリリース後もG SuiteでGoogle+の運営を続けていた。しかしこのほど、GoogleはG Suiteの管理者にメールを送り、G Suite向けGoogle+が7月6日に受付を停止することを告げた。つまりそれ以降はCurrentsからGoogle+に戻すことはできなくなる。 いわばGoogle+を完全に葬り去ったわけだ。Google+のモバイルアプリは有無を言わせず自動的に Currentsアプリにアップデートされる。既存のGoogle+リンクはCurrentsにリダイレクトされる。 今後、Google+は記憶の片隅や実名を使うことに固執するG SuiteユーザーのCircleのみに生きることになるのだろう。 クリックしても意味がなかった+1ボタン(未訳記事)や興味あるページを集めてくれるはずだったSparks、1年経っても何をしているのか理解されなかったiRpples、 果たされなかった素晴らしいゲームの約束などの思い出だけが残るに違いない。 Currentsは完全にビジネス志向だ。今のところ採用している会社は多くないようだが、マイクロソフトのYammerやTeamsを使っているなら十分に選択肢となるはずだ。一方グーグルは懲りずに別のソーシャルネットワークを発表する準備に入っているのだろう。 2011年以来のGoogle+の歩みをたどりたい場合は「Google+を振り返る」の記事を参照してほしい。 関連記事:Google+を振り返る Category:ネットサービス Tag:Google+ Google SNS [原文へ] (翻訳:滑川海彦@Facebook)

Read More

半導体のデザインとソリューションを手がけるBeijing Eswin Computing Technology(ベイジン・エスウィン・コンピューティング・テクノロジー)は新たな投資ラウンドで2億8300万ドル(約305億円)を調達した。世界最大の人口を抱える中国が、チップセットに関して米国や英国に依存している状態から脱却しようと模索している中での資金調達となる。 設立4年の同社によると、今回のシリーズBラウンドはコンピューターメーカーLenovo(レノボ)の投資部門であるLegend CapitalとIDG Capitalがリードした。そしてRiverhead Capital Investment Management、Lighthouse Capital、海寧市、浙江省が参加した。 Eswin Computingはディスプレイやビデオ、AIデータ処理、無線接続向けの集積チップとソリューションを開発している。同社を率いるのはWang Dongsheng(ワン・ドンシェン)氏で、同氏は以前テレビやスマートフォンのディスプレイを製造し、Huawei(ファーウェイ)を顧客に抱える中国の大企業であるBOE Technology Group(BOEテクノロジーグループ)の会長を務めていた。 中国のメディアCaixinによると、BOEはEswinとのビジネス関係を維持(Caixin記事)している。刊行物には、BOEがEswinのチップ関連事業の株式37.35%を保持しているとある。 発表文の中でEswinは今回調達した資金をR&D、製造、人材採用にあてるとしている。これは中国国内でのチップ製造の推進に役立つと考えられる。中国は現在、チップに関して米国と英国の企業にかなり依存している。2019年、米国はセキュリティの懸念と中国との貿易摩擦によりHuaweiをブラックリストに載せた(未訳記事)。 画像クレジット:Getty Images […]

Read More