Apple ArcadeやGoogle Play Passのような新たなサービスは、モバイルゲームコンテンツにサブスクベースでアクセスできるというスタイルがとられている。昨秋、GameClub(ゲームクラブ)というスタートアップもこの分野に参入した。超ヒットとなったモバイルゲームを新たな収入源とするアイデアを試すためだ。GameClubの月5ドル(約530円)のサブスクサービスはiOSで始まった。これまでに計1億回のダウンロードがあった100超のタイトルを利用できる。そして米国6月18日、Androidでも利用できるようになった。提供するタイトルは現在120を超える。 GameClubのAndroidでの展開は、ゲーム業界が無料でプレイできるF2Pモデルに大きくシフトし、ユーザーがコンテンツに最初からお金を払いたがらくなっている中でのものだ。こうした傾向により、多くのジャンルのゲームがアプリストアからの脱落を余儀なくされている。GameClubのゲームのセレクションに目新しさはなく、アプリ内購入や広告で収益を上げるタイプでもない。 GameClubの共同創業者でCEOのDan Sherman(ダン・シャーマン)氏はサービス開始当時、F2Pモデルは一握りのジャンルでのみうまくいき、アクションやアドベンチャー、アーケード、タワーディフェンスなどの復活を試みている多くのジャンルではそうでないと説明した。基本的にGameClubは永久に続くようにつくられているゲームではなく完結型のゲームを提供する。 Apple ArcadeやGoogle Play Passの仕組みと同様に、GameClubユーザーは全てのゲームにアクセスするために購読料を払う。1つの購読で最大12人がiOS、そしてAndroidの端末でゲームを楽しめる。オンラインとオフラインの両方に対応し、アプリ内購入や広告は一切ない。 iOSでは計87のゲームができるようになり、Androidでは立ち上げにあたってまずは40のゲームが用意された。しかし同社はさらにゲームをリリースし、AndroidもiOSと同じ数になる見込みだ。新しいゲームは毎週追加される。 「サブスクは健全で、さほど高価でないゲームの楽しみ方だ。うっとうしい広告やルートボックスもない」とシャーマン氏は話した。「GameClubはiOSとAndroidの全ゲーマーにこうしたメリットを提供できる唯一のサービスだ。お手頃価格で、スキルベースのエンターテイメントをほぼ全てのスマホとタブレットを通じてあらゆる場所のゲーマーに届けるべく、サービスを拡大する」と付け加えた。 GameClubのカタログはモバイルゲーミングサイトTouchArcadeの前編集主任、Eli Hodapp(エリ・ホダップ)氏が引き続き監督する。GameClubを代表するタイトルとしては、Breach & Clear、Paint it Back、Spider: Rite […]

Read More

本当にお久しぶりの更新です☆ まだまだ、多忙な日々が続いています。 だけれども、以下はなんとしてもUPせねば!と思い立ったところです☆ ◇映画 Thrive スライブ 無料視聴☆オフィシャルページで☆http://www.thrivemovement.com/the_movie *動画下に白文字でEnglishとあります。それをクリックすると日本語が選択できます。 ちょっとネガティブな評価もありますが、難しそうな話も、とても良くまとまっていて、理解しやすく、素晴らしい映画だと思っています。 2016/02/29追記: youtubeで、すぐに見る事も出来ます。 ◇映画 Thrive スライブ 無料 日本語版 ( 字幕 ) まだ見ていない方は、ぜひどうぞ!

Read More

Apple(アップル)は同社が主催する開発者向けカンファレンスの初日に基調講演を行う。そこでは山ほどのソフトウェア・アップデートについて語られることが予想される。今年のWWDCはバーチャルイベントだが、例年と同じ数のニュースが、違う形式で提供される。太平洋夏時間6月22日午前10時(日本時間6月23日午前2時)から、ライブストリーミングで見ることができる。 噂によるとOSの新しいバージョンが発表されるらしい。iOS 14とiPadOS 14、macOSの新バージョンにwatchOS、tvOSのアップデートも発表が予想される。 そして今年一番の興味深い噂は、同社がMacのメジャーアップデートを発表する可能性があることだ。これまでのIntel(インテル)プロセッサーを自社製のARMプロセッサーに置き換えるかもしれない。そうなればMacで動いているサードパーティー製ソフトウェアには山ほど影響が出るだろう。しかし、バッテリーがiPad並に持続するMacBookを想像してほしい。iMacの新しいデザインや、Tile風の追跡デバイス(忘れ物防止タグ)などのハードウェアも出てくるかもしれない。 アップルはカンファレンスをYouTubeで中継するので、ライブストリーミングは該当ページで直接見ることができる。 Apple TVを持っている人は、TV用のApp StoreでApple Eventsアプリをダウンロードすれば、本日のイベンとだけでなく過去のイベントを見ることもできる。アプリのアイコンはイベントに合わせて数日前に変更された。 Apple TVを持っていなくて、YouTubeも使いたくない人は、アップルのウェブサイトにあるApple Eventsセクションでライブストリーミングを視聴できる。このストリーミングは、Safari、Microsoft Edge、Google Chrome、Mozilla Firefoxといった主要ブラウザーで見られるようになった。 もちろん、すべてを中断してビデオを見るつもりのない人は、 TechCrunchのライブブログ(英語版)を読むこともできる。 [原文へ] (翻訳:Nob […]

Read More

まだまだ続く、帯のかいきり線について。以前の記事はこちら。 今まで私は、帯のどこをみていたのだろう。。。かいきり線は二本あるものだと思っていた。 帯を仕立てるときに、その線を出すか、出さないかで、関西と関東では好みが分かれる線と、お太鼓をつくるときのめやすになる 垂れの線。 そのたれ線がない帯もあるんですね。知らなかった~!柄がずーっと続いて、区切る線がないのです。同じメーカーでも、垂れの線があるのと、ないのとがあります。 お太鼓を作ったときに、垂れ先の柄とお太鼓の柄がつながるように考えられているため、飾り結びの時に、垂れ先の柄だけ別になっていて、続いてないのはいやだという意見からつくられたという一説。6~7年前からという人もあれば、20年前くらいからあるという人まで。 それならば、お太鼓を結ぶ帯ではなくて、振袖用の帯は?垂れの線はあっても、柄が繋がっています。そうでないものもあり、メーカーによって、それぞれです。 先日、一衣舎の木村氏にも尋ねてみました。「かいきり線のことかい?手描き更紗の帯には、つけてないよ。帯が傷んだときに、ずらして仕立て直しがしやすいでしょ。」 なるほど。。。 ある名古屋の仕立て屋さんに尋ねてみたら、「織り上げ線」と答えてくれました。仕立てをされる方は、その線を内側に織り上げて、口綴じをするからでしょうか。 それぞれの立場からの言葉が生まれるのでしょう。そういえば、西陣用語というものがありました。そこには、「オランダ」の言葉が! オランダ  帯地の界切(かいきり)より本体内へ10cm位の位置に織り込む2本の装飾  線。もともと2本の内1本の線が右(又は左)の織巾に達しないように短くした  ものを”オランダ”と言い、2本とも織巾に足りない線を左右互い違いに織り込  んだものを霞といったが、織巾一ぱいの2本線や、細かい模様を横線上に織  ったものも含めて”オランダ”と称している。   二本とも無地で、同じ幅の線を拍子木という。 かいきり(界切)  織物の端に、本体とは余分に織り増しておく織留部分。 たれ(垂)  垂れ紋。界切の上、太鼓結びの太鼓の下に垂れている様。 ブログランキングにエントリーしています。よろしかったらクリックをお願い致します。 にほんブログ村

Read More

【編集部注】本稿は米国スタートアップやテクノロジー、ビジネスに関する話題を解説する ポッドキャスト「Off Topic」が投稿したnote記事の転載だ。 こんにちは、草野美木(@mikirepo)です。 2019年7月にニュースレターサービス「Substack」(サブスタック)がAndreessen Horowitz(アンドリーセン・ホロウィッツ)から1530万ドル(約16億5000万円)のシリーズA調達を実施しました。 創業者のクリス・ベストさんは、Substackについてライターやクリエイターの「Personal media empire(パーソルメディアの帝国)を目指す」とTechCrunchの取材で語っていました。 Substackをはじめとする、個人をエンパワーメントするプロダクトが人気を集めています。今回は、パーソナルメディアをテーマに話をしたいと思います。 エンジニアとジャーナリストが作った Substack Substackは、メッセンジャーアプリ Kikの元創業者兼CTOだったChris Best(クリス・ベスト)さん、Kikのエディトリアルアドバイザーであり、ジャーナリストだったHamish McKenzie(ハミッシュ・マッケンジー)さん、同じくKikのデベロッパーだったJairaj Sethi(ジャライジ・セティ)さんの3人で創業しました(FORTUNE記事)。 2017年に有料ニュースレターの企業を設立し、ポッドキャストなどの配信することができます。サービス全体の有料購読者数は10万人(未訳記事)に突破。また、新型コロナウィルスの影響で6月のインタビューでは最初の3カ月で読者とライター数は2倍、収益も60%増になったそう!(protocol記事)。私自身、SNSのタイムライン上でも、元アンドリーセン・ホロウィッツのパートナーのLi Jin(リ・ジン)さん(C向けサービスに凄い詳しい)や元TechCrunch記者のJosh Constine(ジョシュ・コンスティン)さんなど、業界の有名人もSubstackを始めている人がとても多い印象です。 読者との強いつながりとプロダクトのシンプルさ […]

Read More

前回のブログにも書きましたが、偵察の結果、とても状況確認が出来るような波ではありませんでしたので、今回は地元のイシモチの釣り方について書いてみたいと思います。 何といっても九十九里浜の広大なサーフでの投げ釣りです。30号ほどのオモリが投げられる竿を使って、仕掛けは胴付きタイプが殆ど。エサはアオイソメを使います。 地元師の多くは、投げ竿ではなく、5m程の専用竿を使っています。さすがイシモチの本場。地元の釣具屋さんに行くと売っています。 遠投用の磯竿のような造りです。竿先が柔らかくできており、アタリに敏感で、食い込みも良いようです。 オモリは、速い潮に流されないように、三角オモリや、スパイクオモリを使用します。 ポイントには事欠きませんが、その殆どが遠浅になっていて、必ずしも良いポイントとは言えません。 この広大なサーフにも、魚の集まるところがあります。まずは、波打ち際が深くなっている場所。 九十九里浜は遠浅なサーフが殆どですが、打ち寄せた波が戻る場所。そう、離岸流が発生する場所は波打ち際が他の場所より深くなっています。 イシモチはこのような場所で、流されてくるエサを待ちかまえているのです。この場所は、なれてくると波の立ち方や、海面の泡の流れ方などから判断することが出来ます。 そしてヨブ。海底の溝です。 これも波の立ち方をよく観察すると判るそうですが、小物ハンターではイマイチ難しい。オモリだけを投げて、ゆっくりと引いてくると、重くなる場所があります。これが海底がへこんでいる所。いわゆるヨブです。 このヨブは海岸線と平行して何本も走っていることが多いようです。イシモチはこのヨブに沿って移動していきます。 このような場所が見つけられれば、遠投は必要ないですが、それ以外の場所では、かなりの遠投が必要です。 そして、最近の注目ポイントはヘッドランドです。 ヘッドランドとは、九十九里浜の砂の流出を防ぐ目的で、近年多く設置されました。20年ほど前には殆どありませんでしたが、今はヘッドランドだらけです。このヘッドランドが、環境にどのように影響するのかは判りませんが、魚の良い付き場になっているのは間違いないようです。 九十九里浜に設置されているヘッドランドの形状は、この形状が殆ど。 キノコの傘の部分は潮の流れで深くなっており、そこに魚が着いています。足元からどん深になっているので、チョイ投げタックルでも充分釣りになります。 シーズン真っ最中の休日ともなると、足場も良いことから、子供連れのファミリーフィッシングでにぎわいます。が、釣果は侮れません。良い潮にあたると20~25cmクラスが入れ食いで釣れることもあります。 ヘッドランドの影響で、潮の速さは半端ではありません。30号ほどのオモリでもガンガン流されてしまいます。 仕掛けを止めて釣るのは殆ど無理なので、投げ込み、流れに任せ、ある程度流したら回収。この繰り返しで釣っていくことになります。 地元師は投げ釣りでも攻めていますが、ここでの理にかなった釣り方は「ウキ釣り」イシモチはたいてい投げ釣りで釣ることが多いですが、地元では盛んにウキ釣りも行われています。特に通い詰めていると思われる「主」のような方に、この釣りを楽しまれている方が多いです。 長さ30cm(場合によってはそれ以上)の棒ウキを使って、二股サルカンを使っての2本バリ仕掛け。エサは投げ釣りと同じくアオイソメ。これを1匹がけにして釣ります。 アタリは明確。投げ釣りでもそうですが、イシモチのアタリは結構大きい。流れに乗って流れていく棒ウキがきれいに引き込まれます。 そしてイシモチ釣りで重要なポイントは、エサの付け方。イシモチは大きなエサに良く反応します。 太めで良く動くアオイソメを針に1匹、ちょん掛けで付けます。これで水中でエサが良く動き、イシモチに強烈にアピールします。 アタリがあってから一呼吸おいて併せればハリ掛かりします。すぐに併せると、飲み込みきれていないのか、スッポ抜けることが多いようです。 また、最近では、雑誌などで紹介されたこともあり、ルアー(ワーム)で釣っている方も見かけるようになりました。生エサの心配がありませんので、気軽に出来る釣りです。 4月になれば、水温も上昇し、本格的に釣れ始めるでしょう。 家からも近く、ボウズも少ない。食べて美味しい。文句なしのイシモチ。 今年も楽しませてくれるでしょう。シーズンインが待ち遠しい。

Read More

前回はアップルのOSとCPUの変遷について紹介した。今回は、噂どおりにARMベースのCPUを採用したMacが登場したら、各方面にどのようなインパクトをもたらすのかを考えてみる。各方面というのは、アップル自身、サードパーティのデベロッパー、そして一般のユーザーのことだ。それぞれ、どのような影響を受け、どう対処することが可能なのか。それによって何がもたらされるのかといったことを考えてみよう。 アップルはXcodeをアップデートするだけ? ここで考えるのは、主にソフトウェアに関してだ。つまり、実際にARM搭載のMacのハードウェアを設計して製造する部門のことは考えない。そういうMacが登場したときに、macOSや純正アプリの開発、サードパーティのデベロッパー向け開発ツールを担当しているチームには、どのような対応が必要となるのか。 言うまでもなくまず最初に必要なのは、macOS用としては新たなCPUとなるARM用のソフトウェア開発環境を用意することだ。これは、macOSそのもの、純正アプリ、サードパーティ製アプリといった、あらゆるソフトウェアの開発に不可欠な要素となる。逆に言えば、それさえ完璧に整えば、ほかのことは2次的な問題となる。そして、これはそれほど大きな労力を要する仕事ではないだろう。 現在の技術をもってすれば、ほとんど「設定の変更」程度の労力で済んでしまうはずと言ってしまっても、それほど誇張した表現ではないだろう。アップルが自社製の統合開発環境であるXcodeに採用しているClang/LLVMコンパイラーは、言語にもターゲットにも依存しないことがウリのユニバーサルなソフトウェアビルド環境を実現するもの。現に、インテル製CPUを採用するMac用も、ARMコアのCPUを採用するiOS、iPadOS、その他のデバイス用のソフトウェア開発も、1種類の開発ツールで賄えている。もちろん、対象OSによって利用可能なフレームワークやAPIには違いはあるものの、本質的な部分はもうだいぶ前から共通化されているのだ。 つまり、さまざまなOSに対して、さまざま言語を利用して、さまざまなCPUを採用したデバイス用のアプリを作成する環境はすでに整っている。あとは、それらの可能な組み合わせを調整するだけでいい。とはいえ、Macというプラットフォームの連続性を考えたとき、インテル製CPUからARMコアのCPUにスムーズに移行できるかどうかには、そうしたアプリ開発環境を準備することとは別の問題も絡んでくる。 ソフトウェア互換性維持のための2つの方策 スムーズな移行のために考慮すべきことは、大きく2つ考えられる。11つは、これからリリースされるアプリを、すでに市場に出回っていて、まだ当分使用されるインテル環境と、新しいARM環境の両方で動作させること。もう1つは、すでにインテル環境用にリリース済のアプリを、ARM環境でも動作するようにすることだ。 まず、今後登場するアプリを両方のCPU環境で動作可能にするのは、実はそれほど難しくない。古くは、Mac OSが68K(68系)のCPUからPowerPCに移行する際に取った方法が利用できる。当時は、「ファットバイナリ」(Fat Binary)と呼ばれたものだが、1つのアプリのパッケージの中に、68KとPowerPC、2種類のオブジェクトコードを共存させる方法だ。画像や音声といったリソースは共通化して1種類で済ますことができるので、アプリは思ったほど大きくならない。 実は現在、macOSだけでなくiOS用のアプリも、そのような仕組みを最初から実現している。それはファットバイナリをもっと一般化した「マルチアーキテクチャバイナリ」と呼ばれる方式を実現したMach-Oと呼ばれるフォーマットによるもの。Mac OS Xの基になったNextSTEPに由来するフォーマットだ。NextSTEPは、さまざまなプラットフォームをサポートできることがウリの1つだったため、そのようなオブジェクトフォーマットを標準的に採用していた。 それを受け継いだmacOSも、そしてiOS、iPadOSも、最初からマルチアーキテクチャに対応している。Mac OS XがPowerPCからインテルに移行する際にも、32ビットから64ビットに移行する際にも、ユニバーサルバイナリという名前で利用された。もしARM搭載Macが登場すれば、今後のmacOS用のアプリには、同じようにしてインテル用とARM用のオブジェクトコードが混在することになるだろう。 もう1つの方策も、すでにアップルとしては実績がある。新しいCPUで旧CPU用にビルドされたオブジェクトコードをそのまま実行できるように、一種のエミュレーター環境を用意することだ。これは、旧Mac OS時代に68KからPowerPCに移行する際にも、Mac OS […]

Read More

フィンランドで、「水」 vesi(ヴェシ)は安心して飲むことができます。さすが、「森と湖の国」というだけあって、水道の蛇口から出てくる水が、ミネラルウォーターや、各地の名水並においしい。(*^_^*)特にラップ地方はおいしく感じます。首都のHelsinki「ヘルシンキ」は、それに比べるとちょっと味が落ちるような…。やはり大都市だと色々大変なのでしょうか。 例外はあるかもしれませんが、ガイドブックにも飲料水は水道で大丈夫とあり、unessa達も飲んでお腹を壊した事はないので、日本人には合いやすい水質なのだと思います。味もヨーロッパにしては軟質系な味をしています。 vesi「水」は、スーパー等でも販売されていますが、unessaはこちらの方はおいしく感じない…。むしろいまいち。水道水がおいしいせいか、お店に並んでいるのはガス入りのミネラルウォーターが多いようで、unessaはどれがガス入りかそうで無いのかの区別がつかず、いつも失敗しています。(>.(無しが欲しくて、入りだったり、入りが欲しくて、無しだったり。 炭酸入りを苦手にする方も多いと思うのですが、ヨーロッパ圏のヘビーな料理の食事中や後は、さっぱりしてなかなかいいものです。)商品のラベルに、炭酸ガスの有無がどのような表示をされているのか、未だにわからりません。英語表記があれば判断できるのですが、たまたまなのか、ラップ地方で英語表記のあるミネラルウォーターを発見できずにいます。 「ミネラルウォーター」は kivennäisvesi(キヴェンナイスヴェシ)、lähdevesi(ラハデヴェシ)という表現になります。vesiという単語が入っているのがポイントです。このどちらかの単語が炭酸ガス無しを示している可能性があるのですが、未確認です。 unessaはどちらかというと、ミネラルウォーターを飲む為より、現地で水筒代わりにする為に購入してます。日本よりはるかに厚手で丈夫なので重宝です。

Read More

Apple(アップル)のiOS新バージョンでは、マップに多くの新機能が加わる。その中の1つが、自転車ユーザー向けにルートを最適化したり、そのルートに勾配のきつい登り坂が含まれているかどうかを知らせたりする自転車オプションだ。 アップルはこの新機能を米国時間6月22日に開催された年次デベロッパー会議のWWDC 2020バーチャル版で発表した。 Apple Mapsはすでに公共交通機関や徒歩での移動ルートを案内している。だが、同社のシニアディレクターであるStacey Lysik(ステイシー・リシック)氏によると、自転車オプションのリクエストが最も多く寄せられていたという。 自転車オプションは、iOS 14でまずいくつかの都市を対象に導入される。差し当たってはニューヨーク市、サンフランシスコのベイエリア、そして中国の上海と北京だ。数カ月以内にさらに多くの都市が追加されるとのことだ。 「自転車で街を移動するのに使える、ものすごくいいサイクリングエクスペリエンスを構築した」とリシック氏は話した。 自転車オプションでは、かなり勾配がきつい坂を登ることになるのか、あるいは楽しい平坦な道のサイクリングになるのかなどを調べてユーザーに示す。また、ルートに静かな通り、あるいは賑やかな通りが含まれるのか、険しい道があるのか、自転車を担いで階段を昇らなければならないのかもわかる、とリシック氏は述べている。 階段は明らかに理想的なものではない。そのためこの機能では、階段を回避するルート設定も用意される。 画像クレジット: Apple [原文へ] (翻訳:Mizoguchi)

Read More

日本では、ハエ、といえば死体や腐肉に群がるもの、というイメージである。 古来よりハエがポジティヴなシンボルとして使われたことは、日本では、あまり無いと思う。銅鐸の模様でも、トンボなんかは豊穣のシンボルで出てくるけど、ハエってちょっとな。手をすり合わせる動作が胡麻すりをしているようで下賤っぽいというイメージでもあるし、卑しく腐った肉に群がる不浄のイメージが強い。 メソポタミアでもそれはだいたい同じで、死の神ネルガルのシンボルとして印章に登場するのだという。…たぶん大多数の日本人は「うん、それ普通じゃない?」って思うだろう。死神とハエ。 でもさ、 エジプトさんでは粘り強いことを指す勇気の紋章なんだ… 戦争で手柄をたてた軍人さんは黄金のハエの勲章がもらえたらしいよ。うぇーい。 エジプトさんでの意味を先に知ってたので、メソポタミアの印章のハエも同じ意味だと無意識に思っていて、意味が違うことに本日気づいて「えっ」となった中の人。よくよく考えたらメソポタミアでのハエの扱いのほうが、日本からすると普通じゃん…。 ただ、エジプト同様の「ハエの首飾り」ってのは、メソポタミアでも使われてたっぽいんだよね。「ギルガメッシュ叙事詩」の中で、不死の老人ウトナピシュティムが語る「大洪水」の話の中に、こんな記述がある。 神々はその芳しい香りを嗅いだ。神々は、五月蝿のように主のところに集まって来た。マハは到着するやいなや、すぐに、アヌがその飾りに造ったを掲げた。『神々よ、わたしはわが項(うなじ)のこのラピス・ラズリを決して忘れまい。(以下略) ギルガメシュ叙事詩/月本昭男 訳/第11の書板部分 マハは母女神ベーレト・イリーと同一視される女神。ここでは、ラピス・ラズリで造った蠅の首飾りをかけている。 神々が供物の煙に「蠅のように」群がる、という描写や、人間たちを造った女神が蝿の飾りをつけているところなんかは、やはり日本とはどうも感性が違うし、エジプトとも違う。何なんだろうな、ネガティヴなイメージではあるんだけど、「生と死は表裏一体だから死を象徴するハエも神聖なもの」みたいな感覚なのかも。 ありふれたものの意味も、文化圏によって違うのが面白くもあり、人間の難しさを感じる。 日本のハエ 死△ 群がる○ 神聖× 勇敢×メソのハエ  死○ 群がる○ 神聖○ 勇敢×エジのハエ 死× 群がる× 神聖○ 勇敢○ もしくはエジプトの黄金のハエが、ケルトにおけるカラスのように「カラスに餌(死体)を与える」という意味から来ているのだとすると、「ハエに餌(死体)を与える」=死の象徴 ってのもアリなのかなあ…? イメージの出処が分かればな。

Read More