いかつい電動SUVとピックアップトラックで知られるミシガン拠点のスタートアップであるBollinger Motors(ボリンジャー・モーターズ)は8月27日、2022年の生産開始を計画している配達用バンのコンセプトを発表した。 ポイントは汎用性だ。同社によると「Deliver-E」と呼ばれるコンセプトは、業務で使う顧客のニーズに合わせて構成、特にホイールベースとバッテリーパックを変えることができる。バンは前輪駆動で、リアサスペンションを搭載している。また、高さ18インチ(約46cm)と低床で、可変性のホイールベースは複数の貨物構成に対応する。ホイールベースはクラス2B、3、4、5を含むさまざまな車両クラスに活用できると同社は話した。加えて70〜210kWhの5サイズのバッテリーパックも用意している。 配達用バンは、B1 SUV、B2ワークトラックと明らかに異なるが、機械まわりのほとんどを共有している。モーターやバッテリー、インバーターを含む主要な構成要素はBollinger Motorsのラインアップ全てに共通する。 「配達用バンは自社生産しない」と同社は述べた。DELIVER-Eバンならびにトラックを米国で生産するのにパートナーと提携し、2022年に生産を開始すると明らかにした。 Bollingerをフォローしている人の中には、同社がクラス3の商用車向けにデザインしたE-Chassisを3月に発表した(未訳記事)ことを思い出した人もいるかもしれない。しかしE Chassis(いまはChass-Eと呼ばれている)をDeliver-Eバン用のプラットフォームと混同しないでほしい。同社によると、Deliver-Eは配達バン特有のニーズに対応する新しいプラットフォームを持っている。 ただし、Chass-Eは明らかに新しい配達バンプラットフォームをリードしている。創業者でCEOのRobert Bollinger(ロバート・ボリンジャー)氏によると、BollingerがChass-Eを発表した後、配達企業や配達トラックのメーカーから、Chass-Eが配達バンに使えるかどうか「山のような」問い合わせがあった。答えは「ノー」だ。というのも、Chass-Eは調整可能なサスペンション付き全輪駆動や、高い車高といった配達バンには不要の属性を持つからだ。 新たな知見を顧客の需要とみなし、同社は配達バンのニーズに合うまったく新しいプラットフォームを開発することを決めた。 画像クレジット: Bollinger Motors [原文へ] (翻訳:Mizoguchi)

Read More

中国の電気自動車スタートアップであるXpeng(小鹏、シャオペン)は、米国での最初の株式公開の結果、15億ドル(約1600億円)を調達した。米国と中国との緊張の高まりが懸念される中、投資家のEVとクリーンエネルギーへの興味がそれに勝ったかたちだ。 中国の広州に本社を置き、シリコンバレーとサンディエゴにもオフィスを構えるこの自動車メーカーは、9970万株を1株15ドル(約1600円)で販売し、およそ15億ドル(約1600億円)を調達したと書類には記されている。当初は、8500万株を11〜13ドル(約1170〜1380円)の公募価格で売り出す予定だった。 Xpengの株式は、ニューヨーク証券取引所で「XPEV」というティッカーシンボルで木曜日から取引が始まった。同社は、ウォールストリート・デビュー以前に受けた中国のeコマース大手Alibaba(阿里巴巴、アリババ)とXiaomi(小米科技、シャオミ)からの援助を含め、投資家たちから総計で17億ドル(約1800億円)を調達している。7月には、中国のテクノロジー好きな中流層を狙った電気自動車の新型車種を開発する目的で、およそ5億ドル(約530億円)をシリーズC+ラウンドで調達したことを発表した。 公開市場に移行したことで同社は、次第にEVメーカーが増えつつ中国市場での競争に必要なさらに巨額な資金に手が出せるようになった。Li Auto(理想汽車、リー・オート)、Nio(蔚来汽車、ニーオ)、WM Motor(威馬汽車、ウェルトマイスター・オート)、 そしてもちろん、2019年12月に新しい上海工場でのModel 3の生産を開始したTesla(テスラ)と競うことになる。 中国上海、2019年8月25日:中国の自動車メーカーXpengの上海のショールームで新車を下見する客たち(画像クレジット:Alex Tai/SOPA Images/LightRocket via Getty Images) Xpengは、現在、G3 SUVとP7セダンの2車種を販売している。G3の生産は2018年12月に始まった。7月31日時点で、1万8741台のG3 SUVを顧客に納品したと同社は話している。 P7の出荷は2020年5月に開始された。Tesla Model 3の直接のライバルとなるP7は、7月31日時点で1966台が出荷されている。Xpengは、3つ目の車種も計画している。これもセダンタイプだが、2021年mp発売予定だ。 […]

Read More

メールはいつでもどこでも読みたいのでノートPCに入れて管理していた。しかし、ノートPCのキーボードが壊れたので修理に出す必要がある。そこで自宅でメインに使っているデスクトップPCにOutlook 2007のメールやその他のデータを移動することにした。まずは、Outlook 2007のデータのバックアップが必要なので、MicrosoftのKnowledge Baseを調べてみた。 Outlook 2007 のデータをバックアップ、復元、または移動する方法http://support.microsoft.com/kb/932821/ja まずは手動バックアップする手順をまとめると、こんな感じ: Outlook2007を終了する(ファイルがロックされないようにするため) コントロールパネルを開き、クラシック表示にし、「メール」アイコンをクリックする(メール設定ダイアログボックスが開く) 「データファイル」ボタンをクリックする データファイルの一覧が表示されるのでバックアップしたいファイル(たぶん個人用フォルダ)を選択して「フォルダを開く」をクリックする 以下のファイルをUSBメモリなどにコピーする Outlook.pst – メール、アドレス帳、予定表などが保存されているファイル Archive.pst(*) – 「保存フォルダ」のファイル。内容はOutlook.pstと同じ Outcmd.dat (*) – ツール バーとメニューの設定が保存されているファイル プロファイル名.xml(*) – ショートカットの設定が保存されているファイル プロファイル名.htm(*) – HTML 形式の署名が保存されているファイル プロファイル名.rtf(*) – Microsoft Outlook リッチテキスト形式 (RTF) の署名が保存されているファイル プロファイル名.txt(*) –

Read More

率直に言ってLGのPuriCareで一番意外なのは、最近の数カ月で他のテクノロジー企業がどこも類似製品を出さなかったことだ。LGは近くドイツ・ベルリンで開催されるIFAの記者発表の一部としてこれを披露したのだが、同社自身は今年のショーはバーチャル出展を選んだ。 この「ウェアラブルの空気清浄機」の記者発表は、話題も豊富だ。同社によると「LGのウェアラブル空気清浄機であるPuriCareは、手作りのマスクの品質が均一でないことと、使い捨てマスクの品不足というジレンマを解決する。ウェアラブル空気清浄機のPuriCare(LGプレスリリース)はH13グレードのHEPAフィルターを採用しており、それはLGの家庭用空気清浄機で使われているフィルターと同じである」と説明している。 同社は、あえて新型コロナウイルスには言及しなかったようだ。具体的な疾病や健康問題を取り上げると、具体的な規制の問題にも触れざるを得ない。しかしもちろん、このパンデミックではマスクが各所で入手不足になった。LGがこのアイデアの実装に本気になったのも、そのせいに違いない。 しかしマスクは、その世界のプロが作ったものでもウイルスの遮断性能にはバラツキがある。そしてLGのこのフィルターに関しても同様の疑問がある。まず、着用者とそのまわりの人々とでは、ウイルスの出入りに対する遮断性能は同じなのか?特に、まわりにいる人を保護できないのならいい製品とは言えない。 新型コロナウイルスに関連した質問へのLGの回答は今後の承認の問題にすり替わった。「今後さらなる試験を重ねたうえで、詳細を話したい」とのこと。「一部の市場では第4四半期に発売する」そうだが、それまでに具体的な回答を聞きたい。ただしマスクを着用する動機は新型コロナウイルスだけではない。空気の汚染など、環境汚染もマスクを着ける重要な動機だ。 LGにもう1つ聞きたいのは「電池が消耗したらどうなるのか」。この空気清浄機マスクは820mAhのバッテリーを内蔵しており、「低」で8時間、「高」で2時間動くという仕様だ。しかしそれでも、長時間使って電池切れとか、家を出るとき充電を忘れたなど、現実のさまざまな問題がある。 H13のHEPAフィルターが2つ使われている。それは同社が家庭用空気濾過システムで使っているのと同じ種類だ。細菌を殺すための紫外線LEDライトも備える。これももちろん、ユーザーを保護するだろう。LGは家庭用空気濾過システムに加えて、消毒用に紫外線照射棒も作っている。同社はこちらも開発に熱心だったから、マスク製品に添えるという発想も自然だ。 実装の技術、かなり凝っている。着用者の呼吸に合わせて空気濾過の速度を変えるなど、やりすぎなところもあるかもしれないが、全体的にもっとすっきりしたデザインにすべきではないか。それに、価格が未定という問題もある。 画像クレジット:LG [原文へ] (翻訳:iwatani、a.k.a. hiwa)

Read More

Robert Playter(ロバート・プレイター)氏は、1月にBoston Dynamics(ボストン・ダイナミクス)のCEOに就任した。これは、1990年代初頭にMarc Raibert(マーク・レイバート)氏がBoston Dynamicsを創設して以来初の新CEO誕生で、同社にとって記念すべき出来事であった。この就任の時期は同社の移行期であったが、その分、Disrupt 2020での彼のトークからは目が離せない。 SoftBank(ソフトバンク)による買収に続き、Boston Dynamics は、最初の商用製品であるSpotの早期販売を開始した。昨年 4 月同社は、ベイエリアを拠点とするKinema Systems(キネマ・システムズ)を買収し、Handleのような自社倉庫ロボット向けのビジョン・システムの設計に役立てた。 これらの動きは、もちろん新型コロナウイルスのパンデミック前に行ったものであり、自動化とロボット工学は数年前と比べさらに注力すべき課題となっている。ここ数か月の間に、建設会社から医療施設そしてベースボールチームなどの各種分野で、四足歩行型ロボットの支援を求め、Spotを採用したことが分かった。 プレイター氏は、今年 9 月に開催される当社初のオンライン限定Disrupt で、CEO として初めて公の場でスピーチを行う。彼は、Boston Dynamicsの創設者であるレイバート氏(前 CEO)の登壇から数人をはさんで後出演する予定だ。最近レイバート氏は、TC […]

Read More

マーケティング担当者向けのデータ管理および分析ツールを提供するフィンランドのSupermetrics(スーパーメトリクス)が、4000万ユーロ(約50億円)の新規資金を調達した。 ラウンドを主導したのはHighland Europeで、IVPもラウンドに参加した。調達された資金は高い利益率を誇る同社によって、マーケティング業界へのデータウェアハウジングの導入といったさらなる拡大のために使用される。 Supermetricsは、2013年にMikael Thuneberg(ミカエル・チューネバーグ)氏によって設立されたSaaSで、マーケティング担当者たちがさまざまなデータを、自分の選択したデータ処理およびレポートツールと互換性のある「すぐに使用できる形式」に編集する手助けをしてくれるサービスだ。ここでのアイデアは、さまざまな種類の異なるマーケティングデータに対して統一されたビューを提供することで、何が実行されて何が実行されていないかを、マーケティングチームや他の利害関係者が確認できるようにすることだ。それによって担当者たちは軌道修正をしたり戦略強化を行ったりすることができる。 Supermetricsはエンジニアではないユーザーでも使用できるよう設計されており、会社のIT資産に別のコードベースを追加する必要はない。 「問題はマーケティングチームが扱わなければならないデータ量が増加していることと、データがますます多くのプラットフォーム、チャネルおよびツールに分散しているということです」とチューネバーグ氏は語る。「マーケティング活動全体を包括的に把握することは困難になり、すべてのデータを管理することは大変な作業になっています。多くのマーケティング担当者は、コピー&ペーストなどの手作業に頼ってデータを収集しレポートを更新しています。それは時間がかかり、間違いも起こりやすく、退屈です」。 こうした作業を改善するために、Supermetricsは70以上のマーケティングデータソースからGoogleスプレッドシート、Googleデータスタジオ、Excel、データウェアハウスそしてさまざまなビジネスインテリジェンスツールなどへのデータ転送を自動化する。 「私たちが開発しているツールは、自動化されたデータ転送でその苦痛を取り除き、マーケティング担当者が統合されたデータから貴重な洞察を引き出すことを助けるのです」とチューネバーグ氏はいう。「Supermetricsの利用は非常に簡単ですし、数回クリックするだけで使い始めることができます。面倒なセットアップ作業は必要ありません。私たちは、誰もが関連データを手に入れて、それを使用して仕事をよりよく行うことができるようになるべきだと考えています」。 さらに、約1年前にSupermetricsは「Supermetrics for BigQuery」プロダクトを発表することによって、データウェアハウスの提供へと踏み出した。「多くのお客様は、管理する必要のあるデータの量に苦労していますが、データウェアハウスをセットアップすれば、多くの問題を解決することができます。私たちはそれをすべてのマーケティングチームから、よりアクセスしやすく、使いやすいものにしたいと考えました。Supermetricsを使用してマーケティングデータウェアハウスをセットアップするには、少しだけ技術的なノウハウが必要ですが、私たちは自分たちの哲学を忠実に守り、それを可能な限りシンプルで簡単なものにしています」。 現在Supermetricsは、Fortune 500企業からマーケティング代理店まで、1万4000を超えるクライアントを抱えていることを明らかにしている。同社は「非常に収益性が高い」ことを主張し、一貫して30%以上の利益率を達成していると公表している。顧客には、Nestle(ネスレ)、Warner Brothers(ワーナー・ブラザース)、L’Oreal(ロレアル)、Hubspot(ハブスポット)、iProspect(アイプロスペクト)といった企業が名前を連ねている。 チューネバーグ氏は、Supermetricsの主な競合相手としてFunnel.io(ファネルio)、Adverity(アドバリティ)、Fivetran(ファイブトラン)、Stitch(スティッチ)、Talend(テレンド)の一部などを挙げている。「マーケティングデータの断片化という同様の一般的な問題に取り組んでいる、たくさんの小規模な企業もあります」と彼は付け加えた。 カテゴリー:ネットサービス タグ:Supermetrics 資金調達 [原文へ] (翻訳:sako)

Read More

Facebook(フェイスブック)がOculus(オキュラス)ブランドからさらに離れようとしている。同社は、拡張現実と仮想現実について研究開発する社内の組織名を「Facebook Reality Labs」に変更することを明らかにした。これは、同社のAR/VR製品であるOculus、Spark、Portalの各ブランドでカバーする組織となる。 同社のAR/VR研究部門は、2018年にOculus ResearchからFacebook Reality Labsへと名称を変更していた。その部門は現在、FRL Researchとして知られている。さらにFacebookは、同社が毎年開催しているVR開発者向けカンファレンスである「Oculus Connect」を「Facebook Connect」に名称変更し、今年は9月16日に完全にバーチャルで開催することを発表している。 OculusはFacebook内で、InstagramやWhatsAppのような注目を集める買収とはまったく異なる存在だった。独立した組織ではなくなり、社内の中核に深く組み込まれている。AR/VRの組織全体はCEOであるMark Zuckerberg(マーク・ザッカーバーグ)氏の親友でもあるAndrew Bosworth(アンドリュー・ボスワース)氏が長年CEOを務めている。 アンドリュー・ボスワース氏。 今回の名前の変更はある意味、2014年のOculusの買収以来、AR/VRの世界におけるFacebookの製品の野望が大きくなったことを示しているに過ぎない。 FacebookはもはやVRヘッドセットだけではなく、拡張現実メガネも開発しているし、Spark ARを通じてコアアプリやInstagramにARソフトウェアを統合も進めている。さらにスマートディスプレイでのFacebook PortalでAR系の機能を試している。 数年前に数十億ドルを費やし、すでにいくつかの製品を持つ部門の最後に「ラボ」という言葉を加えることは、Facebookがそこに含まれるすべてのものが、「かなり実験的」「Facebookの収益にそれほど貢献していない」ということを示しているように感じられる。これらは将来のFacebookのムーンショット(壮大な目標や挑戦を意味する言葉)になりそうだ。 今回の一連の名称変更は、おそらく一部のOculusユーザーを動揺させるだろう。Facebookの評判は、PCゲーマーの間で特に強い影響力を持っており、一部のOculusファンはOculusブランドがFacebookの中核組織の下に入ってくることを示すどんなニュースにも概して不満を抱いている。先週同社は、Oculusヘッドセットの新規ユーザーはFacebookアカウントを使って同プラットフォームにサインインする必要があり、今後はOculusアカウントを段階的に廃止すると発表している。 […]

Read More

米中間のテクノロジーをめぐる分断が、中国の企業に漁夫の利をもたらしている。スマートフォン(未訳記事)や電動車のためのチップのメーカーからソフトウェアに至るまで、それらの企業は何百万にもおよぶ企業の日常の経営の柱だ。 中国企業は消費者向けのインターネットサービスでは市場を支配しているかもしれないが、ハードウェアやエンタープライズソフトウェアを支える基礎技術はまだ米国やヨーロッパの企業が握っている。しかしますます大きな地政学的紛争にテクノロジー企業が巻き込まれる機会が増えるにともない、その熱気はユーザーやクライアントにも及んでいる。輸入チップに縛られないようにするというHuawei(ファーウェイ)の計画は、外国の技術に依存してきたこれまでの中国企業の弱点を示す例として、頻繁に引用されている。 テクノロジーのコミュニティを不安にしているもう1つの分野が、ソースコードのホスティングだ。中国の開発者はGitHubに大きく依存している。2013年に中国政府がGitHubの利用を禁じたときの、当時のGoogle ChinaトップだったKai-Fu Lee(李開復)氏の反応(Tech in Asia記事)を見ても、そのことがよくわかる。そして今度は、中国の開発者コミュニティは政治紛争がGitHubを阻害することを恐れている。 このような例は以前にもある。Microsoft(マイクロソフト)傘下のGitHubは、2019年7月にイランやシリア、クリミアなど米国が制裁を行なっている国に対してサービスの一部を遮断して(未訳記事)、世界中の開発者の怒りと恐慌を誘った。 創業7年になるGiteeは、企業のソースコードをローカライズする中国における取り組みの中心的役割を担っている。中国政府のテクノロジー政策立案のトップにいる産業情報技術省(Ministry of Industry and Information Technology、MIIT)は最近、Giteeをベースに(CECリリース)中国でオープンソースのコードをホスティングする独立のプラットフォームを作る(Giteeブログ)と発表した。 そのプロジェクトは、Open Source Chinaが率いるコンソーシアムが実施する。Open Source Chinaは深圳にある中国企業で、社名と同名のオープンソースコミュニティとGiteeを支えている。MIITがいつそのホスティングサービスは政府主導の取り組みで、いくつかの研究大学が支え、民間部門からの参加もある。10社からなるその企業グループには、ファーウェイも含まれている。いうまでもなく同社は、政治の嵐の真っ只中でサプライチェーンの破断に苦しんでいる。 GitHubが米国の制裁に従うと発表した直後の2019年8月に行われたイベントで、ファーウェイの役員(コアネットワーク担当プレジデント)であるWang […]

Read More

登山用品はとにかく高い、テントやザックなどが高いのは言うに及ばずウェアなんて同品質のユニクロ製より4~5倍の値段だ もちろん機能面が違ってたりとかもあるんだろうけど、価格差はブロンドロゴじゃないの?と思われる節もある海外メーカーが多くて輸入品だということも価格高騰の理由だろう為替相場の違いとか代理店の利益とかね そんな登山用品だが、海外で買えばその分安くなることが多いこれはメーカーによって価格政策が違うので全部がそうではないのだが 例えばアークテリクスとかパタゴニア、ホグロフスなんてのは元も高いけど日本で買うとあり得ないぐらい高くなるでもブラックダイヤモンドとかは為替相場によっては本国アメリカで買うより日本の方が安いなんてこともある(だから代理店のロストアローが扱っている製品はコスパが高い、オスプレーとかもね) なので海外サイトで買い物すると思わぬ安値で買えたりする、これはなかなか奥が深くて面白いだけども気をつけたいのはデリバリー上のトラブルこれは販売店が海外にある以上、それなりのリスクが伴うのは覚悟しなければいけないのだが.... まさかそんなトラブルに遭遇することはないだろうと高をくくっていたのだが... 注文したのは11月30日、海外サイトはBLACKFRIDAYで「全商品○%引き」って年に一度の大セールをやる時期だTREKKINNというスペインのアウトドア用品リセーラーで、随分安いし物も本物なのでよく利用させてもらっている サイトは日本語表記だし、日本では扱っていないブランドもあって結構楽しいアイゼンやピッケルなんかの重量物は送料が嵩むのであんまりおすすめはできないが、ウェアは軽いので送料も安くてお買い得買ったのはHAGLOFSの “Rando Flex Pant” 日本未対応品で海外でしか買えないスキーパンツなんだけど冬山登山にも使えるすぐれものだ このTREKKINNというサイト、軽いものだと配送方法が選択できる ・DHL  高いけど安全面とスピードは文句なし ・EMS  いわゆる郵便局の海外書留、安いが日数はDHLよりかかる でもこれ以上に差が出るのが関税の扱い、DHLは100%課税されるがEMSは抜き取りなのでうまくすれば課税されないちょっと海外通販に慣れた人なら迷わずEMSをチョイスするのだ 待つこと9日、12月9日にブツは到着した、今回も課税はされず追加料金一切なし大体10日間くらいがデリバリーの平均日数らしいのでまぁ普通通りってところか ものがウェアだと梱包もラフ、ビニールの梱包袋の上にプチプチを巻いてさらにビニールの袋でくるんであるまぁ3重だから濡れには大丈夫だろうね ところがここで悲劇は起こった、物を出してみるとなんだか変、付いてるはずのサスペンダーがないおかしいな?と思って、タグを見てみると “Haglofs Rugged II Mountain Pant” と書かれているではないか!やられたー、誤配ってやつだ、ショックなのと面倒くさいことになったんで気が滅入ってしまう とりあえず返品の手続きだ、たしか返品できるってサイトにかかれていたはず...見てみると返品もスムーズですよ、サイズ違いも気に入らなかった場合でも返品に応じますって書かれてる いや、サイズもあってるし気に入らにわけじゃないけど注文したものと違うものでは話にならんしかも安いパンツに間違われてるし、くそっ! ショック状態のままサイトを覗くと、なになに?まずは返品フォームに返品内容を書いて送れとな商品内容が注文したものと違ってたってことをたどたどしい英語で書いて送ると、すぐに返信メールが来た後ほど返品番号を送るのでそれまで待てと、72時間以内に返信なければ迷惑メールフォルダも確認してくれと さあ、ここから先返品交換はうまく行くのか、ドキドキのラストは後半へと続く

Read More