Pelotonは、家庭用スマートジムのラインアップとして、Bike+とTreadの2つの新製品を発表した。どちらも価格は2495ドル(約26万5000円)と同じだ。新しいエクササイズバイクのBike+は、Pelotonのオリジナルのステーショナリーサイクルのプレミアムバージョンとして加わり、オリジナルモデルは1895ドル(約20万円)に値下げされて継続販売される。どちらの製品も9月8日の正式発表に先立ち、先週Bloombergがリークしたものだ。 新しいPeloton Bike+は、23.8度回転する、HD解像度のタッチスクリーンディスプレイを搭載する。左右方向に180度移動することもでき、自転車をオフにしている間でも画面(およびPelotonのリモートワークアウト指導やクラスの範囲)を使えるようになっている。4つのスピーカーを内蔵したサウンドシステムを搭載するほか、アップルの「Gymkit」にも対応しており、ワンタップでApple Watchと接続してワークアウトを同期させることも可能だ。心拍数や呼吸数などの目標指標に応じて自転車の抵抗値を計測するAuto-Followレジスタンスシステムも搭載されている。 前述のとおり、Bike+は2495ドルで販売されるが、これは新たに値下げされたエントリーレベルのBikeよりも約600ドル高い価格設定となっている。米国、カナダ、ドイツでは9月9日から発売され、分割払いプランも用意される。なおPelotonは、既存の自転車と同様に30日間のホームトライアルを実施する予定だ。 同様に新しいTreadも、分割払い可能でトライアル期間も設けられている。米国とカナダでは2021年初頭に発売される予定だが、英国ではもう少し早く、具体的には2020年12月26日に発売される。ドイツでも発売予定だが、同社によると2021年の後半になるという。 Treadには、23.8インチのHDタッチスクリーンが備わっている。回転はしないがチルト機能を備えており、床でトレーニングすることなどを想定して上下に50度傾けることができる。同社によると新しいTreadは「ほとんどのソファより小さい」サイズで幅157×高さ172×奥行き83cm。伝統的なトレッドミルのベルトのように見えるが、同社によると一般的なトレッドミルとは異なり、前面のカバーはなく外観はスッキリしている。 Pelotonはまた「Bike Bootcamp」と呼ばれる新しい種類のクラスを発表した。これは、有酸素運動に加えて、より包括的な全身運動を提供するための筋力トレーニングを含むクラスとなる。同社は、家庭用エクササイズプログラムのワンストップショップになりたいと考えているようだ。 Pelotonの製品を最近購入した人の中には、この新製品の登場前に購入したことを後悔している人がいるかもしれない。同社によると、30日間のホームトライアル期間中のユーザーや、まだバイクが届くのを待っているユーザーを対象に、オリジナルのエクササイズバイクの350ドルの値下げぶんを即座に自動返金するとのこと。また、このグループに該当し、アップグレードモデルを希望するユーザーは差額を支払えば交換できる。 一方、最近購入したばかりではないが、まだ新しいギアが欲しいというユーザーのために、Pelotonは現在バイクを所有している方を対象に700ドルのリベートと、ヨガ&トレーニング用のアクセサリーセットを提供し、新しいバイクの引き取り時には古いバイクを無料で引き取ってくれる下取りサービスを提供している。アップグレードのインセンティブとしては悪くない。 関連記事:Pelotonから現行より大幅に安価なトレッドミルと20万円以下のハイエンドエアロバイクが登場との噂 カテゴリー:ヘルステック タグ:Peloton 画像クレジット:Peloton [原文へ] (翻訳:TechCrunch Japan)

Read More

1960年代前半に『七人の刑事』と人気を二分した刑事ドラマに『特別機動捜査隊』があります。NET(現:テレビ朝日)系列で、1961年10月11日から77年3月30日まで、長きにわたって放送。『七人の刑事』はスタジオドラマだったので、取調室とか殺人現場とか、ひとつの場所でのシーンがどうしても多くなり、重厚感はあっても全体的に動きが乏しく、スピード感に欠けていました。それに対して東映テレビ映画製作の『特別機動捜査隊』は、フィルム撮影の特長であるロケをふんだんに活かしたスピーディーな展開で視聴者を魅了。オープニングは軽快なテーマ曲をバックに市街地を疾走する二台のパトカー。それまで見慣れた白と黒のパトカーでなく、赤い警笛ランプを付けただけの黒いパトカーは新鮮でした。番組スポンサーが日産自動車だったので、パトカーはもちろん同社のセドリック。モデルチェンジするたびにパトカーもそれに合わせて新しくなりましたね。刑事たちの服装もパトカーで移動するので、レインコートなどは着用せず、『七人の刑事』と比べると、どこか垢ぬけていましたな。 当時全盛を誇っていた海外ドラマに対抗するために『ハイウェイ・パトロール』を参考に企画・制作。最初は波島進が率いる立石班一斑体制でしたが、64年から中山昭二が率いる藤島班が加わり二班体制になります。その後、青木義朗の三船班、里見浩太朗の高倉班、亀石征一郎の矢崎班、葉山良二の日高班が誕生。出演俳優はのべ3万人、殺された人間はのべ900人、犯人はのべ800人で、売れる前の西田敏行もチョイ役で出演したことがあるとのこと。私が観ていたのは、立石・藤島の二班体制の頃までです。俳優が足りなかったのか、両班をかけもちする刑事もいましたね。波島進は、“少年探偵団”の明智小五郎や“七色仮面”で馴染み深くて、彼が出演しているだけで観ていたようなもの。ちなみに波島進は、このドラマを最後に、芸能界を引退しています。 『特別機動捜査隊』と同じように、NET(現:テレビ朝日)系列で放送された東映テレビ映画作品に『鉄道公安36号』というのがあります。最初は『J・N・R公安36号』という題名で1962年6月7日から始まり、63年6月からタイトルを『鉄道公安36号』と変えて67年4月2日まで放送されました。国鉄(現:JR)を舞台に、北村主任(影山泉)率いる鉄道公安官が全国を股にかけて活躍。国鉄が全面的に協力し、列車ロケはもとより、全国各地のロケによる観光案内的な雰囲気もありましたな。乗ってみたいと思う特急列車が頻繁に登場し、サスペンス以上に楽しめたんですよ。現在のように誰もが旅行を楽しめる時代じゃなかったですからねェ。主演の影山泉は、テレビ創生期には主演やレギュラー出演が多かったのですが、このドラマの後は見かけなくなりました。画像は、早川公安官役の千葉真一と影山泉。

Read More

Apple(アップル)が、Epic GamesによるApp Storeを回避して数百万ドル(数億円)もの手数料の支払いを避けようとした試みに反訴した。その訴えでは、Epic Gamesが意図的に契約に違反したと主張しており、法廷が損害を認め、同社が二度と同じとを行わないよう求めている。 振り返れば、Epic Gamesは2020年8月半ばにFortniteのゲーム内通貨の新しい購入方法をこっそり導入し、アップルに30%の支払いを行わなかった。さらにPRキャンペーンも展開してアップルを独占を訴え、App Storeのルールを不正と主張した。アップルはEpic Gamesの動きに対してApp Storeにおける同社のアカウントを削除し、Epic Gamesがゲーム内ストアを削除するか調整すれば今回の行為は避けられたはずだ、と主張した。Epic Gamesはアカウント削除を独占による不公平な営業行為だと法廷が認めることを求めたが、Fortniteと無関係なアカウントが復帰しただけに終わった。 Epic Gamesはさらに、アップルが独占企業でその行動は違法と見なされるべきと主張し、アップルはそれは真実でないと示そうとしているが、今回の反訴においてアップルは、Epic Gamesの不正行為を主張している。 「Epic Gamesは自らを現代の企業社会におけるロビンフッドだと考えているが、実際のところ同社は売上数百万ドルの大企業であり、App Storeから得た膨大な価値の代価を一銭も払うまいとしているだだ」とアップルの訴状で述べている。 さらに「Epic GamesとそのCEOは、アップルが2008年以降すべての開発者に提供しているApp Storeに関する規約に異議を唱えているが、そこには拘束力のある契約への違反や、長年のビジネスパートナーに対する欺瞞行為、アップルに正当に属する手数料の着服、そして21世紀の最も革新的なビジネスプラットフォームに対して、Epic […]

Read More

先日発生した台風の影響もあり、梅雨前線が列島の天候に大きな影響がある中、11日~12日「雨の蒜山」に1泊2日(車中泊)で行ってきました。当初の予定は、富士山・伊豆方面を計画していたのですが、どうも関東で激しい雨が予想されるというので、「集中豪雨に会ったら大変」ということで、急きょ蒜山にしました。天気予報の雨の予想を見ると、蒜山辺りが雨が避けられるかもしれないとかすかな期待が持てそうなので・・・蒜山高原に到着するまでに「妖精の森ガラス美術館」というところに立ち寄りました。世界で初めてのウランガラス専門の美術館で、19世紀のボヘミアガラスの名品から現代に至る、さまざまなガラス作品が鑑賞できるほか、ガラス体験やショッピングが楽しめるそうです。 ここは、アニメ「サザエさん」2018年冬のOP「岡山編」にも登場していたそうです。 高原は雨、雨、雨・・・ ヒルゼン高原センターも、雨に煙っていました。 好天ならこんな景色のはずですが・・・ 上の写真のように、牧草地でのんびりと草を食むジャージー牛達に出会えるはずですが、どこを見ても一頭たりともいません。悪天候なので牛舎から出していないのでしょう。( 残念 )ま、梅雨入りしてからの旅行ですから、雨は仕方ありません。雨でも楽しめるところを探すことにしました。候補としては、美術館・美味しい食事・温泉・買い物・・・かな??奥さんは、ジャージー牛乳・ジャージーソフトクリーム・ジャージー牛の肉・ジンギスカン・蒜山やきそば、などなど食関連中心に頭にあるようです(笑)まずは、地元のどんな高原野菜が売られているか、道の駅を探してみることに。高原から下って蒜山ICにほど近い道の駅「風の家」に行ってみました。 値段を見てビックリ!!とてつもなく安いのです。特大の蒜山「こだわりダイコン」が3本で100円(本当に太いんです、大きいんです )他にも豊富な種類の野菜がずらりと並んでいます。新タマネギ、人参、白菜、キャベツ、ネギ、山芋、ムカゴ、カボチャ、シイタケ、ごぼう、ワラビ、山椒の実、などなど。これで全体の10分の1くらいでしょうか。家内は、明日もう一度ここへ立ち寄り、沢山買い込むつもりのようです。ここは、近くに来たら立ち寄る価値は十二分にありますね。ここで知ったことですが、蒜山やきそばが有名なようでB級グルメの全国大会で優勝したそうです。WEBで調べてみると・・・ 秘伝のたれが売られていました。この焼きそばは、明日の昼食にジンギスカンと一緒に高原で食べようと思います。焼きそばが評判通りなら、秘伝とやらの「たれ」も買って帰ることにしましょう。昼食には、高原のレストラン(ジャージーランド)でジャージー牛を食べることにしました。 隣接して「ライディングパーク」があり、雨でも屋内で乗馬体験ができるようですが、落馬してはいけないので止めました。(笑)一旦蒜山を後にして、奥津温泉郷にある道の駅「奥津温泉」へと向かいました。今日の車中泊の場所です。 道の駅には、異様なほどにツバメがたくさん飛び交っていて、建物のあちこちに巣がありました。子育ての時期ですね。 ここは、足踏み洗濯というもので知られているようです。「川岸に湧き出る温泉を利用した足踏みによる洗濯。熊などから身を守るため立って洗濯をする風習が今日に伝わったもの。3月下旬~12月上旬の日曜祝祭日の8時半から15分間奥津橋の近くで見られる。」といいますが、私たちが行った時は対象外の日なので、洗濯場の水(お湯?)もなく、洗い娘さん達もいませんでした(>_WEBより写真を拝借! 今夜のお風呂は、道の駅のすぐ近くに一件あるのですが、そこから車で5分の所に「花美人の里」という温泉に行くことにしました。奥さんは「美人」という文字に惹かれたようですが、アルカリ性単純温泉でごく一般的な泉質ですね。 お風呂の後は、もちろん車中で「チョイと一杯」夜半には雨も上がったりしていましたが、翌朝は再び雨。今日は、目まぐるしく天候が変わるようです。蒜山高原へと再び向かいます。ハーブガーデン「Herbill」というところがあるので行ってみました。とてもお洒落な建物で、たくさんの植物が植えられ、展示されていました。紫陽花はまだ少し早いようです。 このクーパーミニも店内に展示されているのです。おしゃれですね。 家内は、店内で売られている花の苗を見て回っています。ベランダに植えるつもりなのです。店から斜面状の地面(畑)にラベンダーなど多くのハーブが植えられていましたが、まだ時期ではないのでほとんど花は咲いていませんでした。ようやく苗選びが終わり、ハーブティーを飲んで休憩です。 砂時計の砂が落ちたらカップに・・・普段はほとんどハーブティーを飲むことはありませんが、たまには良いもんですね。店内はとてもハイセンスですね。 ここは、蒜山に来たら是非立ち寄ると良いですよ。お勧めです!!お昼時なので、高原のレストランでジンギスカンと、例の「蒜山焼きそば」を食べることにしましょう。今日のラム肉は生だそうで、冷凍の肉とはちょっと違うようで、柔らかいです。 せっかくなので肉を追加。焼きそばは、結構いける味です。たれを買って帰ることにしましょう。 雨なので外での食事はできませんが、晴れていたらさぞかし気持ちよく食べられるのになぁ 美味しいランチの後は、別腹と称して家内はジャージージェラートを頼んだようです。さて、午後になり帰る時間も迫ってきました。神戸に帰る前にもう一か所温泉に浸かることにします。高原から20分ほどの所にある「蒜山やつか温泉・快湯館」という温泉。蒜山高原スポーツ公園の中にある温泉館で、WEBページによると・・・「神経痛や筋肉痛、皮膚病などに効果があるといわれる含弱放射線炭酸水素塩泉の泉質です。全国でもトップクラスの天然ラドン温泉で疲れをリフレッシュ。大浴場、ジャグジー、サウナなどに加えて、露天風呂がなんと3つも。それぞれの露天風呂からは蒜山三座や美しい日本庭園などを眺めることができ、蒜山の四季を楽しめます。」とありました。 残念ながら、このような美人女性には出会いませんでした。 温泉の後は、お土産を買って、帰路(神戸)に・・・ ※お断り  今回のブログでは、写真を撮り忘れることが目立ち、WEBページからも一部写真を拝借しています。悪しからずご容赦ください。

Read More

ベイエリア拠点のIron Ox(アイロンオックス)は9月9日、2000万ドル(約21億円)のシリーズBを発表した。本ラウンドはPathbreaker Ventureとファンミリーオフィス企業がリードし、Iron OXのこれまでの累計調達額は4500万ドル(約48億円)になった。Crosslink Capital、Amplify Partners、ENIAC Ventures、R7 Partners、Tuesday Ventures、At One Ventures、Y Combinatorなど多くの投資家も参加した。 2015年創業のIron OXは農業ロボティクスの世界では名の知れた企業の1社になった。2018年に同社は最初の屋内農場を発表し、水耕栽培のボックスで多くの葉物野菜を育ててきた。 同社は今日、カリフォルニア州ギルロイに立地する栽培地1万平方フィート(約930平方メートル)の農場が新たに加わったことを発表した。同農場からはすでに、米国内の多くの小売店やレストランに野菜の出荷を始めている。この中にはWhole Foods(ホール・フーズ)のような大手や、カリフォルニアで2店舗を展開するBianchini’s Market(ビアンチニズマーケット)のような小規模店が含まれる。また、来年全米で配達を展開する計画も明らかにされた。 「さまざまな種の美味しいローカル野菜を育てる完全自動化の温室を開発し、食の安全を確保することを当社の使命としてきた」と共同創業者でCEOの Brandon Alexander(ブランドン・アレクサンダー)氏は発表文で述べた。「ギルロイ農場のオペレーションや消費者ブランドがうまくいっていること、2021年にカリフォルニア州外に追加の設備を完成させる計画を発表できることを嬉しく思う」 […]

Read More

著者紹介:Tianhui Michael Li(ティエンフイ・マイケル・リー)氏は、学術界から産業界への博士やポスドクの移行を支援する8週間のフェローシップで知られる、The Data Incubator の創設者である。それ以前はFoursquareでマネタイゼーション・データサイエンスの責任者を務め、GoogleやAndreessen Horowitz、J.P.Morgan、D.E.Shawにおける勤務経験も有する。 — 「自動化によりデータサイエンスは不要になるだろうか?」 これは、私が参加するカンファレンスでほぼ毎回尋ねられる質問である。大抵質問を発するのはこの問題に関心を寄せる2つのグループである。まず1つ目のグループは、将来の雇用の見通しについて憂慮している現役の実務家、またはその志望者である。もう一方のグループは、データサイエンスへの取り組み開始したばかりの経営陣やマネージャーで構成されている。 彼らは、Targetは顧客が妊娠しているかどうかを買い物のパターンから判断できる、と聞くと、彼らのデータにも適用できるそうした強力なツールを持てないかと考える。そして、自動化AIベンダーが最新のセールスプレゼンテーションで、データサイエンティストなしにTargetが行ったのと同じこと(あるいはそれ以上)を実現できる、と主張するのを耳にする。彼らの問いに対し、私たちは、自動化や、より進化したデータサイエンスツールは、データサイエンスの需要をなくすことも、減らすこともないと主張している(Targetのストーリーのようなユースケースを含めて)。自動化によってさらに多くのデータサイエンスに対する需要が生み出されるのだ! その理由は次のとおりだ。 関連記事:What’s different about hiring data scientists in 2020?(未訳記事) […]

Read More

アプロンの賛助会員になってくださっている 福井県にある手寄バレエスクエア様(代表:森岡久美先生)よりご依頼をいただき、N.Otani ballet companyの築島純代先生が出張レッスンに行かれましたのでご報告です 手寄バレエスクエア様は福井県手寄市にあるバレエ教室で、「大人のためのバレエサークル」として発足、今は子供クラスを作ってほしいという声に応え、子供も学べるバレエ教室として開校されています。 今回純代先生は出張クラスとして大人クラスとジュニアクラスのレッスンをされました。 和気あいあいと楽しくレッスンをしている様子がうかがえますとても楽しそう 白鳥の動きでしょうか 純代先生のお手本を参考に一生懸命練習されていますね こちらはジュニアクラスです。 のびやかでしっかりとしたバランスが綺麗ですね 純代先生、森岡先生、そしてこちらの生徒さんは埼玉舞踊コンクールで1位になった小川しずくさんです。映像を見させていただいたのですが、のびやかながら正確で丁寧な踊りがとても魅力的でした。周りの空気を大きく動かすような存在感に引き込まれました 森岡先生からは後日このようなメッセージをいただきました。今日も素晴らしいレッスンありがとうございました音の取り方、解説とてもためになりました!!難しいアレグロ!!苦戦してましたが、福井では受けられない貴重な経験です!次回のレッスン楽しみにしております!! 確かに純代先生のアレグロは難しく、頭の体操ですそして、ピアノもお上手な純代先生は、時にピアノをひいて音のリズムをとってくださるのでとても分かりやすいですアプロンのレッスンを手寄バレエスクエア様でも感じてくださったのはとても嬉しく思います 少しスタジオの場所は離れていますが、こうやってバレエを通じて交流できるのは素敵なことですね。これからもよろしくお願いします

Read More

新型コロナウイルスの世界的な大流行と、その蔓延を遅らせるための社会的な距離の取り方に新たな重点が置かれるようになったことで、遠隔でのヘルスケアを可能にするテックサービスが注目されている。米国時間9月7日、新興市場をターゲットにマイクロインシュランス(低価格・低コストの保険)とヘルスケアサービスを構築しているBIMAが、サービスに対する需要の急増に対応するための資金調達を発表した。 同社はストックホルムとロンドンを拠点とする、生命保険と健康保険、遠隔医療サービスを提供するスタートアップ。新型コロナウイルスによる需要増加を受け、サービスを拡充させるための資金として3000万ドル(約32億円)を調達した。同社は現在、健康保険を利用可能な遠隔医療サービスを提供しているが、病気を管理するための健康プログラムや薬局での割引などのサービスなども拡充しており、今後はさらに多くのサービスを取り込んでいく計画のようだ。 この動きは、最近2億3000万ドル(約245億円)を調達した中国のWaterdrop(未訳記事)など新興国をターゲットにしたほかの保険系スタートアップと同じ戦略だ。Waterdropがクラウドファンディングを含めて構築しているサービス内容を見ると、BIMAが今後どのようなサービスを追加する可能性があるのかを予想できる。 今回のラウンドは新規投資家である中国のCreditEase Fintech Investment Fund(CEFIF)がリードしており、既存投資家のLeapFrog Investmentsとドイツ保険大手のAllianz(アリアンツ)も参加している。なおAllianzは、BIMAの前回の9700万ドル(約103億円)の資金調達ラウンドにも参加(未訳記事)していた。同社は今回の評価額を公表していないが、前回のラウンドでは3億ドル(約320億円)の評価を得ており、その後大きく成長した。 BIMAは現在、200万件の遠隔医師による診察を記録し、3500万件の保険や健康保険を保有しており、過去2年間で顧客基盤を1100万人まで拡大している。現在、アフリカではガーナ、タンザニア、セネガル、アジアではバングラデシュ、カンボジア、インドネシア、マレーシア、パキスタン、フィリピン、スリランカの10カ国で事業を展開中だ。 米国やヨーロッパでは、Lemonade(レモネード)のように上場企業に成長したインシュアランステックのスタートアップが数多く誕生しているが、BIMAが注目されるのは「そのターゲットが誰であるか」という点にある。 BIMAが注目しているのは、より高い経済層や可処分所得のある層、経済が安定している先進国市場の人々ではない。むしろ、1日10ドル以下で生活し、病気や怪我のリスクが高い、十分なサービスを受けていない家庭に焦点を当てており、「顧客の75%が初めて保険サービスを利用する人々です」とBIMAは説明する。 同社のCEOを務めるGustaf Agartson(グスタフ・アガートソン)氏と共同創業者のMathilda Strom(マチルダ・ストロム)氏はインタビューで「遠隔医療と保険はこれまで以上に必要とされており、新型コロナウイルスの感染蔓延は新興国の消費者と政府にこれらのタイプの製品の認知度と受け入れを加速させました。BIMAの遠隔医療サービスは利用率がほぼ2倍になっています」と語った。「BIMAは新型コロナウイルスの感染者を保険でカバーしています。この病気で苦しんだ人や亡くなった人の家族に保険金を支払ってきました」とストロム氏は付け加えた。 また、新型コロナウイルスの感染蔓延で忙殺されている保健当局とも連携している。パキスタン政府やインドネシア政府は現在、BIMAを利用して医師による遠隔診察やチャットを顧客に提供することで、医療サービスの負荷を軽減している。 BIMAは、中間所得層がまだ形成されていない発展途上国をターゲットにしている。通貨価値が不安定で、インフラが未整備であることから、参入のハードルが高いと考えられるているが、一方で競争がなく、急速に成長している需要を取り込めるため、BIMAの事業はより実りのあるものになる可能性がある。 「新型コロナウイルスは、病気の蔓延を防ぐための遠隔医療の価値と、安心のための保険の重要性を家庭にもたらしました」とアガートソン氏は声明の中で述べている。「デジタルソリューションとヒューマンタッチを通じ、BIMAはこのような困難な時期に安心感をもたらすツールなどを使って、手の届きにくい地域社会にサービスを提供することができました。今回調達した資金は、事業の拡大とサービスに対する需要を満たすための事業拡大に投下します」と続けた。 中国の投資家であるCreditEaseが今回のラウンドに参加したことは興味深い。保険の提案を中心にオールインワンの医療サービスを提供するというアイデアは、中国市場で培われてきたものだ。米国では、企業が提供する健康保険である健康維持機構(HMO、Health maintenance organization)でのサービス開発が進んでいるにもかかわらず、同様のモデルを開発しようとするスタートアップが世界的にも比較的少ないため、その点でもBIMAは際立っている。 […]

Read More

円盤生物 星人ブニョ 登場 ブラックスターが送り込んだのは星人ブニョ。くねくねした動き。力はないが知恵はある。ブニョはレオを罠にかけると言い、去っていく。 ブニョはゲンの前に姿を現した。しかし、すぐに宇宙人と見破られボコられる。 春川家に電話。病院に泥棒が入ったという。咲子は病院へ向かう。しかし、そんな形跡はない。咲子を待ちかまえていたのはブニョだった。捕らえられた咲子の様子がテレビに映し出された。 飛び出していくゲン。3人も後を追った。病院前で合流した4人。ゲンは独りで中へ入っていく。ゲンを人質と交換し、連れ去ろうとするブニョ。 ブラック指令の前に引き出されるゲン。一瞬、宇宙ロープに縛られたままレオに変身。しかし、このままでは巨大化できない。 宇宙ロープに縛られたまま凍りついていくレオ。 ついに完全に凍ってしまった。 ブラック指令は凍りついたレオの身体をノコギリで切る。 その夜、トオルはレオの声を聞いた。「地球で永遠に眠りたいのだ・・・。」 翌日、指示された場所でトオルが見たもの。それはバラバラに切り刻まれたレオの身体だった。 独りでレオの身体を埋めるトオル。勝ち誇るブラック指令。 巨大化して暴れ回るブニョ。 太陽の光で氷が溶けたのか、それともレオの涙か。その中にウルトラマンキングの姿が浮かんだ。「お前はまだ死ねない。まだ戦わなければならない。」 キングビームがレオの死体に降り注ぐ。 わらわら動き出すバラバラのレオの身体。そして奇跡は起きた。レオが復活したのだ。 ブニョのぶにょぶにょした身体と粘液に苦戦。しかし、レオビームで反撃。 直撃を受けたブニョは体液を流しヘロヘロ。 トドメのレオキック! 首を切断されたブニョは、ヘナヘナと崩れ落ちた。 窮地を脱したゲンはトオルや美山家の人たちのもとに帰ってきた。 その頃、ブラックスターからは最強の円盤生物が。その名はブラックエンド。 ウルトラマンレオの物語もいよいよクライマックス! 「ウルトラマンレオなんか必要ない」そんな台詞がキーワードとなっていた50話。「レオ」を必要としているのはもはやトオルだけ。その他の人々(子供含む)はウルトラマンを必要としない。第2期シリーズのラス前にして意味深な言葉でしたな。

Read More

インド最大級の通信事業者であるVodafone Idea(ボーダフォン・イデア)は、英国の通信大手Vodafoneグループのインド事業と、インドの億万長者、Kumar Mangalam Birla(クマール・マンガラム・ビルラ)氏が所有するIdea Cellular(イデア・セルラー)が国内で合併してから3年が経過。同社はこのたび「新たなスタート」を切るため「Vi」にリブランディングした。 ボーダフォングループCEOのNick Read(ニック・リード)氏は米国時間9月7日のオンライン会議で「2つの事業の統合が完了した今、新たなスタートを切る時が来た。だからこそ、今こそVodafone IndiaとIdeaの強みを提供する1つの会社であるViを立ち上げる絶好のタイミングだと考えている」と語った。 かつて4億人以上の加入者を抱える国内最大の通信事業者であったVodafone Ideaは、近年、新規参入のJio Platformsに1億人以上の加入者を奪われている(未訳記事)。 インドの大富豪であるMukesh Ambani(ムケシュ・アンバニ)氏が率いる通信ベンチャーのJio Platformsは、格安なモバイル通信料金で4億人近くの加入者を抱える最大の通信事業者となった。同社はここ数カ月でFacebook(フィイスブック)やGoogle(グーグル)などの著名企業から200億ドル(約2兆1250億円)以上の投資を集めている。 Viのロゴ(画像クレジット:Vodafone Idea) インドは世界第2位の通信市場で、世界最大のデータ消費国だ。インドでは、12億人が50万カ所の村々で世界で最も安い料金で音声およびデータサービスにアクセスしている。インドのこのユビキタス無線ネットワークは、人々の生活の中でそのリーチと影響力でほかの追随を許しません」と、本日の会議でAditya Birla GroupとVodafone Ideaの会長であるビルラ氏は述べている。そして「私たちの新しいブランドであるViでは、政府と協力してインドのデジタル経済への移行を加速し、何百万もの市民がデジタル革命に接続し、より良い明日を築くことを可能にしていきます」と続けた。 […]

Read More