世界で唯一のユーモアを扱う対話AI技術「大喜利AI」(LINE)を手がける「わたしは」は10月2日、プレシリーズAにおいて、第三者割当増資による8400万円の資金調達を実施したと発表した。引受先はDEEPCORE、DG Daiwa Ventures、個人投資家。今後は、大喜利AIに続く新AIサービス開発、またそれを用いた広告事業の開発に一層注力する。 2016年4月の創業の「わたしは」は、以来、世界で唯一の「ユーモアを扱う対話AI技術」を用いて、「大喜利AI」をコアプロダクトとして開発(LINE登録者数54万4000人。2020年9月現在)。 2020年8月には、大喜利AIの進化版としてキャラクターAI同士のトークを生成する「ペチャクチャ」と、ユーザーの画像・映像からAIが自動でMeme(ミーム)動画を作成する「ドリアン」というふたつの新しいAIサービスをリリース。両サービスとも、「わたしは」のミッション「AIが人の創造性・ユーモアをエンパワーする」を、言語的クリエイティブ・動画的クリエイティブで体現するものとして開発している。 妄想AIトーク「ペチャクチャ」   Meme(ミーム)動画作成AI「ドリアン」 また消費財メーカー・C向けサービス・エンタメなどの事業会社向けの広告プロモーションサービスとして、「ユーザーとAIが共創するコンテンツ」がSNSでユーザー主導で拡がる過程において広告・ブランド情報を含めるCGAd(Consumer Generated Ad:ユーザー生成型広告)事業をスタートさせた。 これは、「大喜利AIのおもしろい回答(LINEのスクリーンショット画面)をツイートする」というユーザーが自発的に始めた遊びによって、大喜利AI発の情報がTwitter上で多くのユーザーに共有されたという同社の経験を参考にしたという。そうしたツイートの拡がりは月間9000万インプレッション以上となっているとした。 カテゴリー:人工知能・AI タグ:わたしは、資金調達、日本 関連記事 ・AIにぬくもりを!お笑いAI開発わたしはの次の挑戦が始まる

Read More

私たちの多くが当たり前のように利用しているビデオ通話は、話している人をハイライトするために画面を切り替えることができる。話すことがコミュニケーションの手段であれば便利な機能だ。しかし、残念ながら手話のような無声音声は、これらのアルゴリズムが機能しない。この状況をGoogle(グーグル)の研究が変えるかもしれない。 同社はリアルタイムの手話検出エンジンをは研究中で、誰かが動き回るだけではなく、いつ手話をしているのか、いつ手話が終わったかを検知できる。人間がこの種のことを伝えるのはもちろん些細なことだが、画像と音声を映し出すことが目的のビデオ通話システムにとっては難しい。 ECCV(European Conference on Computer Vision)で発表されたグーグルの研究者の新しい論文では、効率的で非常に少ないレイテンシーで手話を検出する方法を示している。手話検出が機能したとしても、映像が遅延や劣化してしまうと実用的ではない。グーグルの研究者の目標は、軽量かつ信頼性の高いものであることを確認することだった。 手話検出システムはまず、PoseNet(ポーズネット)と呼ばれるモデルを使ってビデオを再生し、フレームごとに体と手足の位置を推定する。この基本的に棒形に単純化された視覚情報は、ドイツ手話を使用する人々のビデオからのポーズデータに基づいて訓練されたモデルで、ライブ映像で手話のように見える動きと比較する。 手話をしている人を自動検出する(画像クレジット:Google) この単純なプロセスでは、相手がサインをしているかどうかを予測する精度はすでに80%で、さらに最適化を加えると91.5%の精度になる。ほとんどの通話の「アクティブスピーカー」検出は、相手が話しているのか咳をしているのかを伝えることができる程度であることを考えると、この数字はかなりの精度と言えるだろう。 既存の通話に新たに「人がサインしている」という信号を追加せずに動作させられるので、システムは巧妙なちょっとしたトリックを使っている。具体的には、人間の聴覚の範囲外であるが、コンピュータのオーディオシステムによって検出できる20kHzのトーンを生成しているのだ。この信号は、人がサインをしているときに毎回生成され、音声検出アルゴリズムに人が大声で話していると認識させられる。 既存のビデオ通話システムや、それを利用したアプリに組み込むことができない理由はないだろう。論文全文はGoogle Reserchのサイトで読める。 関連記事 ・手の動きを追跡するGoogleのアルゴリズムで手話を認識できるか ・iOS 14は犬の鳴き声を認識して聴覚障害者に通知するアクセシビリティ機能などを強化 カテゴリー:ハードウェア タグ:スマートスピーカー、Google、Googleアシスタント、手話 画像クレジット:Imgorthand […]

Read More

  確かに映画化され、一世を風靡した広島、呉地区のヤクザ抗争を描いた「仁義なき戦い」もとは網走刑務所に服役していた美能幸三の手記を飯干晃一がまとめたもの(だと思う)、別に内容自体を今さらとやかく云う必要はない。本は出ているから読めばいい。・・・・・だが私も長く広島に住んだ体験からしてどうも疑問を拭いきれない。それは広島という街の最初感じた印象は最後まで変わらなかったのであるが、・・・・・広島という街の異常な狭さ!である。ちょっとどこでもあまり感じない狭隘感である。もちろん、日本中どこでも狭い街は限りなくある、あるのだが広島市で感じた「狭さが鼻をつく」という街は、あるなら「呉」くらいなものだ。もちろん呉は広島よりさらにさらに狭い。呉の狭さ、平地の少なさは異常だ、息が詰まる。ヤクザがそれほど入り乱れるほどの利権があったのか、という疑念である。私が知らないだけにせよ、経済力だってさほどとも思われない。広島の盛り場だって私は毎夜、暇つぶしにかっては多かった公衆電話のピンクビラを剥がして回った。「広島ってチーせなー」また組員とも喧嘩になったこともある、客引きの男を蹴り上げたことから周囲に組の連中が集まって、「殺すど」と脅すやつ、でも狭さにはちょっと閉口した。  広島のヤクザの戦前の伝統を見ると、別段、他の地域に比べ、派手さが目立ったわけでも毛頭ない。被爆で仕切っていた大親分が消えたことの影響はあるかもしれない。戦後の無秩序、混乱、ドサクサ、無警察状態、闇市、でも広島に限った話でもない。もちろん被爆で完膚無きまで破壊されたのは事実だが、東京、大阪、名古屋、横浜、神戸など主要都市は度重なる徹底した通常、といって焼夷弾が後期は主流だったが、散々な空襲を受けた。焼け野原である。当然、無警察状態、闇市である、戦災孤児だらけ、当然ヤクザ抗争も頻発し、第三国人も加わっての大乱闘、・・・だがそれは決して長期化していない。広島のように延々と、とりあえず終結は1971年、昭和46年まで。何次にも渡り。まるでヤクザの帝都のようだ。だが本来、広島にそんな歴史と伝統もなかった。江戸時代に浪曲になるような侠客なんていなかったが。  でも狭い広島の街がヤクザだらけになった。広島大の入学式でも「小さな町ですから車は必要ありません。買わないでください」と言われたくらいである。被爆で突然、気性が荒くなったのだろうか、長崎がそうなった様子はない。  戦前、広島と呉は軍都として知られていた。広島はかって日清戦争で大本営が置かれたり、軍事的色彩が強かった。呉は海軍の鎮守府がおかれていた。でも広島は原爆投下に取っておこうとアメリカ軍が思っていたのか原爆まで通常空襲はほぼなかった。だが軍都は広島や呉に限った話でもない。  確かに、これは歴史の謎と思える、あの狭い街にあれだけのヤクザを養えるほどのポテンシャルが秘められていたのか、長く済んで未だに理解できない。要は偶然のめぐり合わせにしても後もヤクザのキャラクターが噴出したのか、どこにでモヤクザはいるものである。説明できない、  被爆で全て説明できるのかどうか、被爆で全て気が消えた広島、軍が消えた呉、呉は全市民総失業の状態になった。戦争が与えた影響が特異的であったのかどうか、探求すべき歴史の謎である。  若き日の美能幸三(「仁義なき戦い」原作者)と悪魔のQP、殺人狂人、大西政寛  

Read More

自動車業界は複雑になるばかりのソフトウェアシステムに取り組んでいる。そこには、かなり費用のかかる危険な混乱、信頼性へのダメージを起こしうる欠陥という大きなリスクが伴う。 今日の乗用車、トラック、SUVを10年前のものと比べてほしい。組み立てラインから出てきたばかりの新車には数千万ものコードが搭載されていて、自動車メーカーがソフトウェアにさらに投資するにつれてコードの数は増え続けている。 こうした傾向は自動車メーカーにとってリスクを生んでいる。と同時に、Aurora Labs(オーロラ・ラボ)のようなスタートアップに機会を提供している。同社は車のソフトウェアに問題を見つけてすぐさま修正するプラットフォームを開発した。ソフトウェアは共有されているモビリティ、都市、家などで中心的な役割を果たしているため、同社は現在、オペレーションを自動車以外の業界にも拡大すべく準備を進めている。 Aurora Labsは問題を検知・予測し、リアルタイムに問題を修復するプラットフォームを開発した。このプラットフォームにより車メーカーは車両に搭載したソフトウェアをワイヤレスでアップデートできる。これはTeslaによって普及した無線(Over-The-Air、OTA)ソフトウェアアップデートと呼ばれている機能だ。OTAを行えると、自動車メーカーは車オーナーにディーラーショップに行ってサービスを受けるよう依頼することなくすぐさま変更を加えることが可能になる。 テルアビブ拠点のAurora Labsは、LGグループの投資部門であるLG Technology VenturesとCheck Point Software Technologiesの共同創業者であるMarius Nacht(マリウス・ナハト)氏が共同でリードしたシリーズBラウンドで2300万ドル(約24億円)を調達した。フォルクスワーゲングループの持株会社のPorsche SE、トヨタグループの豊田通商、安全認証企業ULのベンチャー部門も本ラウンドに参加し、Porsche SEは250万ドル(約2億6000万円)、豊田通商は150万ドル(約1億6000万円)を出資した。 調達した資金は、顧客の車メーカー2社の量産をサポートすべく、Aurora Labsの現在30人のチームを倍増させるのに使われる予定だ。同社はグローバル展開する車メーカー4社、そしてエレクトロニクス企業1社と協業している。 Aurora Labsの主要顧客ベースは車業界だが、複数の産業でプロダクトを展開しているPorsche […]

Read More

ロギングとモニタリングは扱うデータ量が膨大なので高価な取り組みになりがちだ。従って企業は、モニターする項目を選んで、その対象を制限することでコストを抑えている。Coralogixは、もっと柔軟性のある料金モデルを策定して現状を変えたいと考えている。同社は米国時間9月30日、シリーズBラウンドで2500万ドル(26億3600万円)の資金を調達と、新しいリアルタイムの分析ソリューション「Streama」を発表した。 資金調達ラウンドをリードしたのはRed Dot Capital PartnersとO.G. Tech Venturesで、既存投資家であるAleph VCとStageOne Ventures、Janvest Capital Partners、そして2B Angelsが参加した。昨年11月に1000万ドル(約10億5000万円)のシリーズA調達を実施しており、同社の総調達額は4120万ドル(約43億4400万円)になる。 シリーズA調達の際にCoralogixのCEOで共同創業者のAriel Assaraf(アリエル・アサラフ)氏は「同社は主にインテリジェントなアプリケーションパフォーマンスモニタリングの企業であり、セキュリティロギングの分析も多少は手掛けている」と語っていた。 同社が本日発表したStreamaは6月以来アルファ版で、アサラフ氏によるとこのツールで企業はモニターのやり方を指定でき、選んだ機能の内で実際に使用した機能にのみ料金を払う。例えば、特定のログが一時的に重要なら、顧客はそのプライオリティを下げて料金を節約でき、もっと重要な対象に予算を投じることができる。 「新型コロナウイルスが感染蔓延している現状では、企業はモニタリングの費用を節約できることを歓迎し、資金をほかの方向に向けようとします。これまでのようにデータ量やマシンの台数で料金を決めるのではなく、モニタリングの中身や価値に基づく料金モデルのプラットホームを構築しようとしています」と同氏。 SplunkやDatadog、Sumo Logicなどの同業他社との差別化についてアサラフ氏は「Coralogixのほうが問題に対してモダンなアプローチであり、操作もシンプルだ」だと説明する。「複雑なエンジニアリングの問題をすべて抽象化の層の下に隠してしまい単純化している。そのためユーザーは節約効果を早く得られるし、それがもはやエンジニアリングの問題ではなく、事業価値に対する問いかけであることを提示できます」と続ける。 同社はイスラエルと米国に社員がおり、シリーズA以降25名から60名に増えたが、今回の資金により来年は120名への拡大を計画している。雇用のダイバーシティに関してアサラフ氏は「イスラエルはかなり均質的な社会でありジェンダーの平衝性もある、同氏自身もその達成に努めている」と説明した。「米国はまだ12名の社員しかいないが、来年は増員を予定しており、雇用に際しては注意しなければならない」とのこと。 雇用の増大と並行して彼が考えているのは、営業とマーケティングの高度化だ。それには、会社の成長とともに支出も増やさなければならない分野だ。 […]

Read More

タイの人気ポップス歌手、パナッダーのアルバム7枚をゲット。一応美人の部類には入るんだろうけどキツメのルックスは好みではありませんし、特別個性のある歌声でもないということで、あまり興味のなかったパナッダー嬢ですが、オークションにまとまって安値で出ていましたので、半ばボランティア気分(笑)で落札。さほど期待はしていなかったのですが、聴いてみるとこれが結構いいじゃないですか。さすが、入れ替わりの激しいタイのポップ・ミュージック・シーンで長年人気を保っていただけのことはあると改めて感心しました。とりあえず各アルバムの印象を簡単にコメントしてみましたが、まだひととおりサラっと聴いただけなので、聴き込むに連れて評価は変わってくるでしょう。 Panadda #5 / Dok-Mai Gub Pleaw Fai (2005) パナッダー26歳の折にリリースされた5th(実際はもう少し多いようですが、この辺はタイらしくおおらかでいいですね(笑)。)と銘打たれたオリジナル・アルバム。デビューは本作から遡ること8年、18歳のときのことですから、この時点で既に十分なキャリアを積んでいた彼女の歌唱力は中々のもので、しっとりとしたバラードからテンポのいいポップ・ロックまで巧みに歌いこなしています。楽曲の出来もいいですね。 ★★★★ Panadda #6 / Mee Kah Way Lar Ngao (2007) いきなりソリッドなロック・テイストのナンバーからスタートして「おや?」と思わせますが、2曲目以降は落ち着いたバラード曲が続き一安心。しかし、こういった曲を歌わせると実に上手ですねぇ、パナッダー嬢は。特に3曲目「Bork gun mar suk kum」はタイ・ポップスらしい情緒が感じられるフォーク・チューンでメチャ好き。TVドラマ(?)の主題歌に使われた「Pid Tee Tar」の切なさ溢れる歌唱も胸打ちます。 ★★★★ Panadda #7 / Dok Mai…Nork Jae Kun (2008) 歌唱力にますます磨きがかかってきた7枚目。1曲目から感動的なバラード曲を持ってきたあたりは、スタッフの自信の程が伺えます。情感たっぷりに歌いながらも、しつこさを感じさせない歌唱は素晴らしいのひとこと。特別個性のある歌声じゃないなんて言ったのが恥ずかしい。それにしても、ホント、上手いなぁ。3曲目のデュエット曲「Rawang tarng」が好き。 ★★★★★ Panadda

Read More

今年6月、Luna Displayの開発元であるAstropadは自社のブログに「アップルにSherlockされる(類似機能をOSや純正アプリ、サービスに取り込まれること)ことが災い転じて福となる理由」と題した記事を投稿した。アップルがmacOSにSidecar搭載した1年後のことだった。SidecarはMacユーザーがiPadをセカンドディスプレイとして使える機能で、それはLunaの機能が不要になることを意味していた。 その楽観的な投稿には、この会社が業種を多様化することでピボットする計画について詳しく書かれていた。Lunaの場合は、Windowsバージョンを公開するという意味だった。「この夏我々は、Astropad Studioの無料公開ベータ版をWindows向けに公開する」と同社は公表。「その後すぐにKickstarterでHDMIバージョンのLuna Displayのキャンペーンを開始する」ことも明らかにした。 そして米国時間9月30日、同社はKickstarterでWindowsバージョンのキャンペーンを開始した。オリジナルのMacドングルのクラウドファンディングから2年後だ。提供予定日は2021年5月に設定されている。アーリーバード支援者は49ドル(約5200円)から、一般販売価格は80ドル(約8500円)でドングルを入手できる。 ドングルはiPadをWindowsパソコンのセカンドディスプレイに変えることが可能で、ワイヤレスでも有線でも使える。USB-CとHDMIの2種類があり、パソコンで使えるポートに応じて選べる。接続したiPadは、タッチスクリーンの拡張モニターにもなり、マイクロソフトがどれほどタッチ入力に最適化してきたかを考えれば、Windows 10でうまく使えるはずだ。 私はオリジナルのLuna for Macのファンだった。しかし、多くの人たちと同じくアップルがSidecarのネイティブサポートを発表してからは興味が減少してしまった。Windows対応が公開されると、オリジナルのMac用ドングルを持っている人はWindowsパソコンにも使えるようになる。Luna DisplayはMacからiPadへ、WindowsからiPadへ、MacからMacへ(一方をセカンドディスプレイとして使う)と接続できるほか、「Headless Mode」(ヘッドレスモード)として、iPadをMac miniまたはMac Proのメインディスプレイとして使うこともできる。 画像クレジット:Astropad [原文へ] (翻訳:Nob Takahashi / […]

Read More

ローランド製品のお話です 昨年ニューリリースとなりました、ローランドとフェンダーがコラボしたギターG5というモデル見た目はフェンダー製ストラトキャスターですが、中身はローランドの音源が詰まったモデルです。 昨年の私のブログをご参照ください 昨年暮れにこのG5をご購入いただいたS様先日ご連絡をいただき、「電池が新品を入れ替えても10分程度しかもたない」という苦情をいただきました。 こちらがG5 今回の修理品ではなく、大和楽器の備品です メーカーに修理を依頼し、本日戻って来ました ダンボールは私が発送時にローランドデジタルピアノのダンボールで作成した箱でしたが、厳重にプチプチで梱包されています。 報告書が貼り付けられていました どうやら異常は見つからなかったとのことです。ただ、乾電池が2個しか交換されていなかったようす・・・ こちらのモデルは乾電池4個を使用します。電池が消耗した場合、2個だけ新品に交換しても、残りの消耗した乾電池が足を引っ張り、消耗がかなり早まってしまうとのこと ギターの裏側に電池パックが埋め込まれています 蓋を開けると、表側の2本しか見えません 電池パックを取り出すと、初めて裏側にも2本収納出来るスペースが現れます おそらくお客様は、裏側の蓋を開き、見えている2本の電池のみ交換された様子です。 しかし、ちょっと分かりづらいですね。 今回は保証期間ということもあり、無料にてお願いできました。みなさんももし同様の症状でお悩みでしたら、ご参考にしていただければ幸いです。 ローランドVギターの話題でした。 ご質問がありましたら、大和楽器杉本までお気軽にお問い合わせください。046-267-7606杉本 メール [email protected]

Read More

同名のスマートTVプラットフォーム(2010〜2014、RIP)やその上に構築されたAndroid TVプラットフォームと混同されないように、Google(グーグル)は新しいGoogle TVを発表した。この名前は、ストリーミングサービス、YouTube TV経由のLive TV、およびほかのさまざまなグーグルの提供するものを単一の合理化されたUIに組み合わせた、新しいChromecast with Google TVのインターフェースを指している。 Live TVは、米国でYouTube TVのメンバーシップを持っている人が利用できる。このサービスでは、ネットワーク、CNN、ESPN、ニNickelodeon(コロデオン、子供向けチャンネル)を含む85のライブステーションにアクセスすることができ、ライブタブを介して利用できる。料金は月額65ドル(約6900円)0と割高だが。 Google TVはChromecastで利用可能で、新しいChromecastは本日から49ドル(約5200円)で発売される。 記事は追って更新する。 画像クレジット:Google [原文へ] (翻訳:TechCrunch Japan)

Read More

A:肺胞気式とは、肺胞における酸素分圧(PAO2)を求めるための計算式で以下で表されます。   PAO2=(760 – 47)×FIO2 – PaCO2/R これを無理やり覚えるのではなく、一つひとつの項が何を意味しているのかを理解しながら見ていくと、記憶にとどまりやすく頭に入りやすくなります。 ① 地表での大気圧は 760 mmHg です。天気予報などの気象情報では 1013 mbar(ミリバール)と別の単位で表現されます。 ② 吸入されたガスは、上気道内で加温・加湿されて肺の奥深くへと入っていきます。つまり、急速に水蒸気で飽和されるために、酸素が保持できる最大分圧は飽和水蒸気圧によって 760 mmHg から 47 mmHg 分だけ低下して 713 mmHg となってしまうのです。ここで体温 37 ℃における飽和水蒸気圧は 47 mmHg です。 ③ 吸入酸素濃度を FIO2 とすると、 上気道内における酸素が占める分圧=吸入酸素分圧(PIO2)は、 PIO2=(760 – 47)×FIO2 という式で表現できます。 ④ さらに、この吸入ガスが肺の奥深く、血液に接した肺胞レベルに達すると、肺毛細血管側から急速に二酸化炭素が湧出してくると同時に、それと交換に肺胞気の酸素が血液側へと吸収されてしまい、吸入酸素分圧はさらに低下します。この時、肺胞二酸化炭素分圧(PACO2)は、PaCO2 にほぼ等しく、二酸化炭素と酸素は、呼吸商(R)と呼ばれる比で交換されます。 結局、肺胞における酸素分圧は、    PAO2=(760 – 47)×FIO2 – PaCO2/R という式で表現されることになります。

Read More