・再起動再起動を繰り返すiPod.フォルダのアイコンが出て再起動する状況というのは、単に「OSが無いから起動できないよ」という意味である。多分、そう。確証はないけど。まあ、買ってきたばかりのHDDで普通に動くわけがないので、そのへんはどうでもいいのだ。早速OSを入れてみましょうか。 ・Firewire + iTunesまずは今まで繋いでいた通りの方法をやってみる。Firewire(IEEE1394)での接続だ。3世代をお使いの方はご存じだと思うが、3G-iPodはUSBによる充電ができない。そのため、ほとんどの環境ではFirewireを使って充電や転送をしていると思われる。当然、うちもそう。では、いつものようにDockにのせてiTunesと同期してみよう。ぽちっとな。iPodの表示が「Disk mode」に切り替わる。あまり見ない画面だ。しばらくiTunesの画面を見て待つが、まったくiPodが認識される気配がない。3分ほど待ち、「方法間違ったかなぁ」と凹み始めたころにやっとiTunesで認識された。このiPodが3世代目である、という事以外は何一つわかっていない、実に清々しい画面だ。iTunes7になって、iTunesの中から復元が出来るようになったので、ここから復元を試みてみよう。セコっとな。画面には「iPodを復元しています」のステータスバーが表示された。よしよし。 ・おわらない80Gだからだろうか。全然終わらない。20分ほど画面を見ていたが遅々として進まないので、iPodをほったらかしにして出かけていたのだが・・・。3時間後に家に帰ってきてもまだやっているではないか。やばい。なにかやばい気がしてきた。iPodはしばらく放置して、Google先生でなにか情報がないか調査だ。 ・Firewireは駄目ーしばらく検索していると、なかなかに興味深い情報を発見した。「iPodは、林檎マークのついたHDDじゃないとFirewire接続できない」というものだ。どうやら林檎マークのHDDには特殊な情報が入っていて、この情報を持たないHDDを接続した場合はFirewireがほぼ使えなくなるという仕様らしい。なるほど。道理で1,2世代目のiPodユーザが林檎マークHDDを重要視するはずである。(1,2世代目はFirewire接続しかできないため)しかし私のiPodは3世代。FirewireがなくてもUSBがあるじゃないか。ちょっと気を取り直して再度挑戦である。 ・USB + iTunesnano用に使っているUSBケーブルをちょっと拝借して接続してみる。iPodの表示は「USB Disk mode」とかわった。さっきとちょっと違うな。さてiTunesはと見ると、iPodを認識している気配がまったくない。OSではちゃんと「USB大容量デバイス」と認識しているのだが・・・はて?1時間ぐらい待てど暮らせどやはりiTunesはウンともスンとも言わない。この方法もちょっと駄目のようだねぇ・・・ ・iPod updater最後の手段。以前調べたときによく目にしていた、iPod updaterだ。これが駄目だとHDDが無駄になるなぁ~。とちょっと心配しながら、iPod updaterを探す。うちのHDDに眠っていた最古のバージョンをインストール、ドキドキしながら起動。お。ちゃんとアイコンが3世代機種のになってる。期待していいのか!?とりあえずは、また復元だ。コケっとな。お?と思うまもなく20秒ほどで作業は完了した。画面には「ケーブルをはずして充電してみろ」との文字。了解了解。やってみますよ。 ・そして復活完璧です。完璧すぎます。こんなに意図したとおりにいっちゃっていいのか?このあとにオチが待ってるんじゃないのか?と思うほど完璧に復元できた。しかもiPod上、iTunes上ともに80G(表示上は少し少ない)認識しているではないか。しかし、iPodには容量制限ってないのかねえ・・・? ・曲を入れてみた折角なので、何曲か曲を入れてみた。曲が途切れたり、挙動があやしかったり。という事もないようだ。よしよし。

Read More

アマゾン ウェブ サービス ジャパンは10月8日、総務省による第二期政府共通プラットフォームがアマゾン ウェブ サービス(AWS)上で運用開始されたと発表した。 政府は、業界をけん引するクラウドサービスの活用を通じて、情報システムを新技術へ対応させると同時に、各府省が独自に整備・運用する情報システムとデータのさらなる統合・集約によりITガバナンスを強化し、管理の一元化、セキュリティの強化、運用コストの削減を実現する。 政府共通プラットフォームは、運用コストの削減やセキュリティ強化などを目的に、2013年3月に第一期の運用を開始。2018年には効率性や可用性向上を目的に、政府情報システムの整備においてクラウドサービスの利用を第一候補とする原則を定めた「政府情報システムにおけるクラウドサービスの利用に係る基本方針」(クラウド・バイ・デフォルト原則)の発表を受けて、総務省は第二期政府共通プラットフォームの整備においてクラウド活用を優先しており、今回デジタル・ガバメントの実現を支える新たな取り組みをAWS上で開始した(「政府共通的な情報システムの整備」)。 第二期政府共通プラットフォームでは、政府情報システムとデータをAWS上で統合・集約することで、オンプレミス環境の管理に伴う複雑さと高コスト、また、新たなプロジェクトの推進に当たってのベンダー依存も減少できるようになる。また、AWSを政府共通プラットフォームの基盤として活用することで、各府省は情報システムを新技術へ対応させるとともに、イノベーションを加速することで、迅速にデジタル化された行政サービスを提供することが可能としている。 AWSのクラウドインフラストラクチャは、日本の「政府機関の情報セキュリティ対策のための統一基準」で定められたITガバナンス基準を含む、世界で最も厳格なセキュリティ要件を満たすよう設計。各府省はセキュリティにおけるベストプラクティスやツールを含むAWSサービスを活用して、情報システムとデータのセキュリティをさらに強化できるようになる。 さらに、AWSは異なる大陸プレート上に互いに約400km離れたふたつのリージョンを提供。そのため、AWS顧客は日本国内にある複数リージョンを活用した情報システム設計を通じて高い可用性を確保し、耐障害性と事業継続性をさらに高めるとともに、日本全国のエンドユーザーにこれまで以上に低遅延で行政サービスを提供可能としている。 カテゴリー: GovTech タグ: Amazon Web Services / AWS、総務省、政府共通プラットフォーム、日本 関連記事 […]

Read More

ママ友に捧げる(笑)アンパンマンのお弁当第2弾っ!!今回はばいきんまんの作り方付きです^^ ☆材料☆アンパンマン…たらこふりかけを混ぜたご飯、茹でにんじん、スライスチーズ、海苔、乾燥パスタばいきんまん…ご飯、海苔、ハム、スライスチーズ、おしゃぶり昆布、乾燥パスタ ☆ばいきんまんの作り方☆(1)お好みの具を入れたご飯を丸く握り、半分に海苔を巻いてラップに包み海苔を馴染ませる。 (2)海苔が馴染んだらラップをはずし、細切りにした海苔でクチの縦ライン(5本)を作る。 (3)大きめのハートのクッキー型でハムを写真のようにカットし、おきにぎりの中央にのせる。 (4)おにぎりをおかずカップに詰め、丸型で抜いたハムをおにぎりの中央にのせ、乾燥パスタで固定する。また、細切りにした海苔でクチのギザギザを付ける。 ※おかずカップに詰めることでハムの両端は固定されますが、 ズレが心配な場合は細く切った海苔をおにぎりの脇全体に巻き、 ハムの両端を固定しておく。 (5)丸型で抜いたスライスチーズで目を作り、海苔で瞳を作る。また、四角くカットしたスライスチーズで鼻の光を作る。最後に触覚の形に切ったおしゃぶり昆布を頭に刺しこみ完成!※目を寄り目気味に作ると、ばいきんまんらしく仕上がります。 こちらキャラ弁を始めたママ友に参考にしてもらうために作ったアンパンマンシリーズのお弁当です。ママ友には「あかちゃんまん」弁当と一緒に作り方を説明したのですが、作る過程を撮っていたので作り方付きでUPしてみました^^ このお弁当を作ったのは先月くらいだったかな…^^;先週はruちゃんのお弁当を毎日作っていたのに、そっちもぜんぜんUPできてません。。。今週はもう少し更新頻度があげられるように頑張りたいと思います^^; にほんブログ村    ランキングに参加しています~☆ポチッと応援クリック、よろしくお願いします!!

Read More

総合包装容器メーカーの東洋製罐グループは10月8日、エビ・甲殻類の細胞培養開発に取り組むシンガポールのスタートアップ企業Shiok Meats(シオック・ミーツ)に出資したと発表した。 Shiok Meatsの今回の資金調達はシリーズAで、調達総額は1260万ドル(約13億3500万円)。リード投資家は、オランダの投資ファンドAqua Spark。また東洋製罐グループのほか、SEEDS Capital(シンガポール企業庁Enterprise Singaporeの投資部門)、リアルテックホールディングスなどが参画した。 Shiok Meatsは2022年に培養エビのミンチ肉の商業販売を目指しており、今回調達した資金は、シンガポールに建設予定となっている世界初・商用規模の細胞培養パイロットプラントの建設、運営資金にあてられる予定。 また東洋製罐グループは、食生活を支えるインフラ企業として、今回の出資によってShiok Meatsや他の共創パートナーとともに、培養エビ・甲殻類の商用生産・供給を進め、アジア地域における豊かで持続可能な食生活の実現を目指す。 Shiok Meatsの培養エビのミンチ肉を使用したシュウマイ Shiok Meatsは、幹細胞の研究者Dr. Sandhya Sriram(CEO)とDr. Ka Yi Ling(CTO)が2018年8月に共同設立した、シンガポールのフードテック・スタートアップ。エビ・甲殻類から幹細胞を分離する独自技術を有しており、クリーンなエビ・甲殻類の細胞培養製造によって、アジア地域が抱える食糧・タンパク質危機や気候変動、海洋汚染の社会課題解決を目指している。 […]

Read More

「恐竜の夏」は、佐賀県に行ったり、石川県に行ったり、何かと忙しくて、つい…。申し訳ありません! 先月号の裏話も出来ないまま…9月号…ですか。あぁ、龍也くんが活躍する回ですね? そうそう、龍也くんもリョーくん同様、ボクにとっては比較的感情移入しやすいキャラなのに、ある意味「当て馬」的な扱いが多かったんで、旧作ではちょっと不満だったんですよね。 …で、今回の連載開始前から、よく「龍也くんの活躍が見たいなぁ」…って話をしてたんですが、今回はその想いを佐木さんが汲んでくれたのかな?(笑)。 しつこく描いた「龍也ぁ」「ーさん!」のくだりも全部採用してもらえたし、おかげでこの回はかなり乗って描くことが出来ました。 逆に採用してもらえなかったのが… 『カブラギ』とのコラボ漫画の一コマ。武丸のサイン入り色紙は雑誌掲載時に消されちゃいました(笑)。 「お祭り企画なんだから、楽しんでやってくれ」…ってんで楽しく描いて、マガジンスペシャルの担当さんにも喜んでもらえたんですが…。 キャラのイメージを大切にする相方には許せなかったみたいです。…もう!洒落がわかんないんだから!!(笑) …でもまぁ確かに、武丸ファンには怒られちゃいますかね? そう言えば、更新を怠ってるうちに旧作…と言うか、オリジナル…というか、『特攻の拓』の新装版がめでたく出版されまして。 どうか『アーリーデイズ』ともども、宜しくお願いします。 ありがたいことに、発売直後に早速重版がかかったそうで…ということは現在、店頭に並んでない場合も考えられます。 その場合は、ご面倒かと思いますが、お店に注文して頂けると助かります。 ご迷惑おかけしますが宜しくお願いします。 10巻までは、毎月2冊ずつ配本される予定です。 描き下ろしのカラーも、もう10枚描き終えましたし、絵の修正も進んでますから、たぶん予定通り行けるんじゃないか…な? 青い付箋が貼ってあるのが修正箇所です。これは10巻だったかな? こんな感じで、そこそこ手を入れてます。 顔の傷とか萌子さんのほくろとか、鰐淵くんのピアスとか…けっこう描き忘れてました。そんなに忙しかったんですかねぇ?あの頃は…。 絵柄や作画技術も含め、己の未熟さを思い知らされながらの作業です。 ボクにかぎらず、作家さんの中には、過去の作品については、できることならもう一度、全部描き直したい!…って考えてる方も少なくないんじゃないかなぁ…。 でも、なかなかそんなわけにも行かず…恥を忍んで過去の作品を再販する…ってパターンも多いかと…。 まぁ、描き直したからって、良くなるとは限らないし、読者の皆さんは、思いのほか広い心で読んで下さるみたいなので、諦めもつくんですけどね(笑)。

Read More

Amazon(アマゾン)は、電気自動車のスタートアップであるRivian(リヴィアン)との提携によって作られた、同社初の特注EV配送バンの納品を受けた。このバンは、丸みを帯びたエッジが多くなっているものの、既存の伝統的な燃料とハイブリッドの商用配送バンとあまり変わらないように見える。技術革新のほとんどはあまり目立たない場所で起こっている。 このバンの詳細を記したブログ記事(Amazonブログ)でアマゾンは「センサーベースの高速道路走行と交通支援機能、デジタルディスプレイを介してドライバーに360度の視界を提供できるエクステリアカメラ、ドライバーのキャビンコンパートメントへの行き来を支援するためのキャビン内の広い室内床面積、ほかのドライバーのためのブレーキの視認性を高めるためのサラウンドテールライト、一体型3段シェルビングと隔壁分離ドア。そして最後にはもちろん、内蔵のAlexa音声アシスタントの統合を含む、カスタムバンのユニークな機能のいくつかを概説した。 アマゾンは2019年、スタートアップのEVメーカーのために7億ドル(約742億円)のラウンドを主導したときに、Rivianへの大規模な投資を発表した。その後同社は、昨年9月にnカスタムメイドの電動配送バンを10万台発注することを発表した。Rivianはまた、商用車計画に加えて、電動ピックアップやSUVを製造し、消費者に向けて出荷する意向だ。 アマゾンは完全電気自動車の導入を計画しており、今後2年以内に世界で1万台のカスタムバンが道路を走るようにし、2030年までに10万台の注文を受けるまでに拡大すると発表している。一方Rivianは、イリノイ工場の試験的な生産ライン稼動を開始し、2021年6月からSUVの納入を開始し、来年8月からSUVの出荷を開始する予定とのこと。 90-7 90-5 90-8 90-2 90-3 90-4 90-6  View Slideshow Previous Next Exit カテゴリー:モビリティ タグ:Amazon、電気自動車、Rivian [原文へ] (翻訳:TechCrunch […]

Read More

2017年も残すところあとわずか。忘年会や仕事納めの打ち上げ等もそろそろピークが過ぎつつありますが、12月は例月にも増してお酒を呑む量が増える季節だと思います。 私は普段からそれほど頻繁に呑みに行ったりしませんし、家でもあまり呑みません。でも、お酒が嫌いなわけではなくて、少したしなむ程度に呑むのが好きなんです。 外で呑むときはやはりビールが多いですが、家だとビールも呑みますが、日本酒やワインを呑むことの方が多いですね。呑む、といってもほんのグラス1杯程度なんですけどね。 焼酎は外でチューハイ(笑)を呑む程度で、わざわざ買ってきて家で呑むことは今までなかったのですが、たまにはと思って今回、月桂冠の米焼酎「琥珀の調べ」を購入してみました。 お酒の知識があまりないというのもありますが、恥ずかしながら最近になって初めて、焼酎に「甲類」と「乙類」があることを知りました(笑) 蒸留方法の違いによる分類なのですが、チューハイやリキュール、カクテルなどのベースになっているのが「焼酎甲類」で、お湯割りやロックなど、焼酎本来の風味を楽しんで呑むものが「焼酎乙類」(「本格焼酎」ともいわれる)なのだそうです。 今回購入した「琥珀の調べ」はラベルにも記載されている通り「焼酎乙類」にあたります。 ≪撮影機材:2枚ともNikon D750 + Ai AF Micro-Nikkor 60mm f/2.8D≫ ところで、月桂冠といえば日本を代表する日本酒メーカーの一つであり、焼酎を作っているイメージはあまりないのですが、日本酒の雄が作る米焼酎だから美味しくないはずがない(と思ってます、笑)。 そんな月桂冠の米焼酎「琥珀の調べ」の特徴、呑み方のおすすめについてメーカーより下記のように紹介されております。 ◆月桂冠の米焼酎 月桂冠では日本酒造りで培った技術を生かし、低温で発酵させたもろみを「低温減圧蒸留」(減圧しながら低温で蒸留)する米焼酎づくりをしています。香り高く、まろやかな舌触りが特徴です。 中でも「琥珀の調べ」は樫樽でじっくりと貯蔵された焼酎原酒をブレンドしているため、色は琥珀色、より芳醇で香り豊かな焼酎に仕上げました。 一口、二口と口の中に広がる樫と米焼酎の香りをお楽しみください。 ◆飲み方のススメ! 少し濃いめの炭酸割りがお奨めです。 もちろん、オンザロックや水割り、キンキンに冷やしたストレートでもバランスのとれた香りと味をお楽しみいただけます。 ◆「琥珀の調べ」に合う一品 華やかに広がる樫の香りと深い味わいの「琥珀の調べ」にはお刺身(特に白身魚)など素材本来の味を楽しむ料理、また味付けが比較的淡白なものが良く合います。 来年のお正月に開封予定ですが今から楽しみです(笑)♪ 【追記】お正月を待てずに開けちゃいました(^o^;メーカーのうたい文句通り、口の中に木の香りがふわ~っと広がり、味は濃厚でした。今回はロックでいただきましたが、メーカー推奨の少し濃いめの炭酸割りも試してみたいと思います♪ お酒に興味はありますが知識がまったくないので大したインプレッションにもなっておらずすみません(笑) 米焼酎 琥珀の調べ 25.6度 720ml [京都府]月桂冠 ユーザレビュー: Amazonアソシエイト by

Read More

Google(グーグル)は米国時間10月6日、iOSおよびAndroidのGoogleアプリにStories(ストーリー)機能を導入したことを発表した(Googleブログ)。同アプリには8億人以上の月間ユーザーがいる。対象地域のユーザーには、参加パブリッシャーによるビジュアルなStoriesが一覧表示される。Storiesには、フルスクリーンのビデオ、写真、オーディオなどがあり、同じパブリッシャーの別のコンテンツにリンクすることもできる。 同社はしばらく前から独自のStories製品を開発してきた。2018年にはグーグルのAccelerated Mobile Pages(高速モバイルページ)プロジェクト向けに開発されたテクノロジーを元にしたAMP Storiesを導入している。Storiesはすでにモバイル版Google検索に組み込まれていて、Snapchat(スナップチャット)やInstagram(インスタグラム)、Facebook(フェイスブック)などのアプリにあるストーリー機能に代わる独自機能として提供されている。しかしグーグルの場合、Storiesはパブリッシャーコンテンツに焦点を合わせている。 画像クレジット:Google 米国時間10月6日、グーグルはこのビジュアルコンテンツをAMP Storiesではなく「Web Stories」と名前を変え、まず米国、インドおよびブラジルのGoogle検索アプリに組み込んだ。 関連記事:Google、AMPにストーリー・フォーマットを導入――モバイルページがビデオや画像でダイナミックに ユーザーにはDiscoverタブのトップに Web Storiesの一覧が表示され、タップするとフルスクリーンのストーリー体験が始まる。他のアプリのストーリー機能と同じく、グーグルのWeb Storiesでもタップかスワイプで別のストーリーに切り替えることができる。 画像クレジット:Google Storiesを制作するパブリッシャーはストーリーの収益化、ホスティング、シェア、他のStoriesへのリンクを自分で管理できるとグーグルはいう。パブリッシャーは、WordPress用Web StoryエディターやMakeStories、NewsroomAIなどのドラッグ・アンド・ドロップツールを使ってStoriesを作ることかできる。 このフォーマットのアーリーアダプターたちは、Web StoriesをGoogle検索に載せるためだけでなく、自身のウェブページやソーシャルチャンネル、ニュースレターなどにも使っているとグーグルは話している。 画像クレジット:Google […]

Read More

H16 UA-BZ11 キューブシフトロックが解除されず、シフトチェンジが出来ないという事でご入庫いただきました。 ブレーキを踏んでもロックが解除する動きが全くありません。このキューブによくある症状なのですが、パークスイッチという「P」にシフトしたときにONするスイッチの部分がダメになりやすいです。ですが、念の為、ストップランプスイッチが問題ないかを最初に確認。問題なし。 シフトロック部分はシフトレバーの根元にあるのでばらしていきます。 ちょうど赤い解除ボタンのところです。 ばらすとこんな感じです。 点検すると パークスイッチの配線が根元で切れていました。この部品はこの現象の部品改良がされています。日産の部品検索のFASTで見てみると このブラケットASSYがシフトロックの部分です。わかりにくい・・・選択すると代替部品があります。 この部品は3回部品番号が変わっています。部品番号が変わる理由は部品改良以外にもあるので、代替部品があるから必ずしも部品改良されているわけではないですが、良い目安になります。部品が改良されても番号が変わらないってのもあります。 お客さまに見積りTELし、OKが出たので交換します。取付はビス1本だけなのですが、コネクタがO/Dスイッチの配線と共用なので、O/Dスイッチの配線を移植する必要があります。 これが古いブラケットのコネクター こちらにO/Dスイッチの配線2本を移動させます。 取付後、シフトロック解除作動OK!作業完了です。

Read More

ほとんどすべてのガジェットや家電製品がインターネットに接続できるからといって、そうあるべきだと限らない自体が発生した。停電はこれらの「スマートな」デバイスを無用のものにしてしまう可能性があり、そしてそれらのデバイスの多くはハッキングされやすい脆弱なセキュリティを使用している。 最近になってある研究者が人気のあるセックス・トイに重大なセキュリティ上の欠陥があることを発見した。これにより、何万人ものユーザーの股間が壊滅的な結果を招く可能性がある。 英国を拠点とするセキュリティ会社のPen Test Partnersによると「世界初のアプリ制御型貞操観念デバイス」とうたわれているQiui Cellmateのインターネット接続型貞操観念ロックに欠陥があり、誰でも遠隔操作でユーザーのペニスを永久にロックできる可能性があったとのこと。 Qiuiの貞操ロックは、信頼できるパートナーがモバイルアプリを使ってBluetoothで遠隔操作でチャンバーをロック、ロック解除できる。そのアプリはAPIを使ってデバイスと通信するのだが、そのAPIはパスワードなしでオープンなままアクセス可能になっており、誰でもユーザーのデバイスを完全にコントロールできるようになっていたそうだ。 研究者によると、チャンバーはユーザーのペニスの下にある金属リングでロックするように設計されていたので「ユーザーを解放するには頑丈なボルトカッターや角度研磨機の介入が必要になるかもしれない」とコメントしている。 Pen Test Partners研究者であるAlex Lomas(アレックス・ロマス)氏はブログ記事で「攻撃者が全員の出入りを非常に素早くロックすることができる。緊急時のオーバーライド機能もないので、ロックされてしまった場合、脱出方法はありません」と書いている。また、セキュリティ保護されていないAPIは、ユーザーのアプリからプライベートメッセージや正確な位置情報にアクセスすることもできた。 Cellmateアプリの脆弱性により、誰でも認証されていないユーザーのプライベートメッセージや位置情報へのアクセスが可能になっていました。研究者によると、貞操装置のロックは遠隔操作も可能だという(画像クレジット:Qiui) TechCrunchがこの脆弱性の存在を初めて知ったのは6月のことだ。研究者は中国に拠点を置くQiuiに、欠陥のあるAPIについて連絡を取った。脆弱性のあるAPIをオフラインにするとデバイスを使用している人は誰でもロックされてしまうため、開発者は新規ユーザー向けに新しいAPIを提供したが、既存ユーザー向けには安全ではないAPIが残ったままになっていた。 Qiuiの最高経営責任者であるJake Guo(ジェイク・グオ)氏は TechCrunchに対し、修正版は8月中に完成するだろうと語っていたが、その期限は過ぎた。「私たちは限られたチームです」と語り、ユーザーへのリスクを説明するフォローアップメールで同氏は「私たちが修正すると、さらに多くの問題が発生します」とも述べていた。 ロマス氏によるとQiuiは結局、脆弱性のあるAPIを修正するために課された3つの自主的な期限を逃した。公開を決定したのは、別の研究者から別のセキュリティ問題が発生したことを知ったPen Test Partnersが、Qiuiからの回答を得るのが難しいと判断したことがきっかけだ。「明らかにほかの研究者は、私たちとは無関係にこれらの問題を発見する可能性が高いため、公益性を考慮して公開することにしました」とロマス氏。 […]

Read More