マッハ5で飛行しニューヨークからロンドンまでわずか90分という超音速航空機の製造を目指すスタートアップHermeus(ハーミュース)が、シリーズA投資1600万ドル(約1億7000万円)を調達した。このラウンドはCanaan Partnersが主導し、以前からの支援者であるKhosla Ventures、Bling Capital、Rise of the Rest Seed Fundが参加している。同社はこの新しい資金で、初のフルスケールのエンジンを開発し、地上燃焼テストを行う予定だ。マッハ5の航空機をデビューさせる上で、このエンジンは中核的な部品となる。 2020年の初め、Hermeusは縮小版エンジンの試作機のデモンストレーションに成功し、同社の核となる技術が計画どおりの性能が発揮できることを実証した。これから同社は、最終的な量産型のサイズと出力に相当するバージョンのエンジン開発に移行し、同時にアトランタの試験施設を拡張して、小規模な社内製造能力を持たせることにしている。さらに最初の航空機のデザインも進め、数カ月以内にその機体に関する詳しい情報を発表すると話している。 Hermeusは、現在すでに市場に出回っている成熟した技術で、彼らが目標とするマッハ5の飛行を実現できるという。また同社には、SpaceX(スペースエックス)、Blue Origin(ブルー・オリジン)、NASA、Boeing(ボーイング)など幅広い航空宇宙の一流企業で豊富な経験を積んだスタッフが揃っていることも、競争上のもうひとつの優位性だと話す。 とはいえ、マッハ5とは野心的な数値だ。コンコルドの速度はマッハ2を少し超える程度だった。またスタートアップのBoom Aerospace(ブーム・エアロスペース)がOverture(オーバーチュア)商用超音速航空機で目指しているのはマッハ2.2だ。Lockheed Martin(ロッキード・マーティン)が製造したNASAのX-59超音速実験ジェット機は、マッハ1.42前後で航行する。マッハ5とは、それらのプロジェクトの中で最も野心的なものよりもずっと大きな目標なわけだが、HermeusのCEOであるAJ Piplica(エイジェイ・ピプリカ)氏は、商用旅客機を生産するまで10年ほどの開発期間がかかるだろうと以前に話していた。 関連記事:超音速旅客機の商用化を目指すBoom Supersonicがデモ機XB-1を披露 カテゴリー:モビリティ タグ:Hermeus、超音速航空機 […]

Read More

斜めから見ることも多いなら、色が変化しにくい「IPS方式」の液晶パネルが正解。他方、視聴位置は正面からのみという場合は「VA方式」に軍配。コントラスト性能に優れ、IPSでは潰れてしまいがちな微妙な明暗も描きわけるのが得意です。 VA方式(Vertical-Alignment方式)は、世界トップシェアのサムスン電子をはじめ、ソニー、シャープ、CMO、AUOなどを中心に非常に多くのメーカーが液晶テレビ用のパネルとして採用し量産されている方式で、世界的にも主流である事は間違いありません。日本の液晶テレビ市場でもVA方式が主流ながら、IPS方式の人気も根強く、東芝やパナソニックを中心にLG製のIPS方式(In-Plane-Switching方式)液晶パネルが採用されており、安定したシェアを確保しています。 薄型テレビ ブログ ランキング1位をチェック! IPS方式の人気モデル 49Z700X【税込】 東芝 49V型地上・BS・110度CSデジタル4K対応 … IPS方式のメリットは、視野角が広い上に色度変移が少ない事。これは、水平に寝かせた液晶分子を横方向に回転させることでバックライト光量を制御するIPS方式独特の構造によるもの。液晶分子を垂直方向に回転させるため斜めから見るとどうしても暗くなり色あいも変化してしまうVA方式の弱点を克服できる、大きなメリットといえるでしょう。他方、以前はIPS方式だと「正面から画面を見た時はVAより暗い」「VA方式に比べてコントラストが低い」などの弱点が指摘されていましたが、現在では技術的に既に克服されたといって良いでしょう。 IPS方式の液晶パネルは、日立が開発した技術(日立ディスプレイズが特許を保有)であり、国内ではこの技術を用いた液晶パネル会社(IPSアルファテクノロジ)に出資(※)しているメーカーのテレビ、すなわち日立Wooo、パナソニックVIERA、東芝REGZAが、かつて日本製のIPS液晶パネルを採用していました(各社とも上位モデルに採用)。 しかしその後、液晶パネルメーカーの再編が進み、東芝は2008年に、日立は2010年に大半の株式をパナソニックに売却。経営権をパナソニックに移譲し、2010年10月に「パナソニック液晶ディスプレイ株式会社」に社名を変更。地デジ切り替え需要収束後には、さらにパナソニックから「株式会社ジャパンディスプレイ」(産業革新機構、ソニー、東芝、日立の出資により設立)に売却されました。 ジャパンディスプレイ社では、世界最高レベルの精細度液晶パネルなど、高付加価値(高単価)の中小型液晶パネルの開発・生産を志向しています。このような経緯から、低価格化が進むテレビ用の液晶パネルとして(高性能かつ高価格な)日本製IPSパネルが採用されるケースは徐々に減り、現在では韓国のLG製IPSパネルを採用するのが主流となっています(東芝REGZA、パナソニックVIERA、ソニーBRAVIA ともにIPSパネル採用機種にはLGパネルを使用)。 VA方式の人気モデル 50Z20X【税込】 東芝 50V型地上・BS・110度CSデジタル4K対応 L… 選ぶポイントとしては、店舗や公共施設の待合室、教室等、多人数が様々な角度からテレビ画面を視聴する場所では、色度変移が少ないIPS方式の液晶パネルがおすすめ。一般家庭のリビングや居室等で視聴する場合は視聴角度も限られていますので、VA方式でもIPS方式でも違いは殆ど感じられないでしょう。どちらの方式を選んでも問題はありません。 ただし、ホームシアターなど正面位置からじっくりと映像の美しさを愉しむシチュエーションでは、VA方式の液晶パネルの方がおすすめ。IPS方式よりも細部ディテール表現に優れ、コントラスト感のあるリアルな映像を再現するのに適しているからです。東芝REGZAが普及モデルではIPS方式とVA方式を併用しながら、直下型部分駆動のバックライトを備えたハイエンドモデルでは代々VA方式を搭載しているのも、各々のパネル特性を考慮した結果といえるでしょう。 以上がIPS方式 と VA方式の特徴になりますが、それでは具体的にどのテレビが自分のニーズに合っているのか、おすすめの機種をご案内しましょう。最適テレビ診断にトライしてみてください。 ≫ 30秒で診断、あなたに最適なテレビはコレ! フルハイビジョン?4K?今ならどっちを選ぶべき? /音の良さでテレビを選ぶなら、どれ? /IPS方式とVA方式、液晶パネルはこんなに違う! /人気の録画機能つきテレビ、最良の選択は? /量販店とネット通販、どちらで買うのが正解? /薄型テレビの買い時、ズバリいつがベスト? ≫液晶テレビ&プラズマテレビの選び方 TOPに戻る

Read More

米国時間10月29日、Apple(アップル)は第4四半期決算で予測を上回る成果を報告したが株価は下がり、それは投資家が期待以下だったiPhone売上を懸念したためだった。本稿執筆時点で時間外取引の株価は約5%安だ。 ささやかな予測超えだった。アップルの売上647億ドル(約6兆7600億円)はウォール街予測の637億ドル(約6兆6500億円)を上回り、1株あたり利益も0.73ドル(約76.25円)で予測の0.70ドル(約73.21円)を超えた。アップルはサービスおよびMac部門で史上最高を達成したが、iPhoneの売上は対前年比20%減だった。 一般に、アップルの第4四半期は新型iPhone発売後最初の数日間の売上でちょっとしたピークを迎えるが、2020年は発売が数週間遅れたため、新機種は第4四半期に入り込むチャンスを逃しホリデー四半期である第1四半期にすべてまとまることになった。 iPhone 11とiPhone 11 Proは2019年9月20日に発売されたのに対して、2020年のiPhone 12の発売日は1カ月以上後の10月23日で、iPhone 12 Proはまだ発売されておらず11月13日の予定だ。 さらに気になるのは、この遅れが会社全体の製品発売スケジュールに影響を与えるかどうかだ。果たしてiPhone 12とiPhone 12 Proは、かつての機種よりも短いライフサイクルを過ごすのか、それとも10月、11月が今後同社の新しい新発売時期になるのだろうか? iPhone以外の数字を見ると、アップルは第4四半期に90億3000万ドル(約9400億円)のMacを販売し、iPadを68億ドル(約7100億円)、ウェアラブルなどで78億7000万ドル(約8200億円)、サービスで145億5000万ドル(約1兆5200億円)をそれぞれ売上げた。これはアップルのサービス売上がiPhoneの売上に最も近づいた四半期であるのは興味深い。サービス売上はiPhone売上の半分強まで届いた。2019年は1/3の方が近かった。 次は売上の点で大きな四半期になることが予想されるが、投資家は第4四半期の結果にはあまり惹かれていないようだ。 カテゴリー:ハードウェア タグ:Apple、iPhone、決算発表 画像クレジット:Apple [原文へ] […]

Read More

高収入の外国人向け賃貸仲介・代理保証・生活支援サービス「AtHearth」を手がけるアットハースは10月30日、さらなる事業拡大に向け、第三者割当増資として累計8100万円を調達したと発表した。引受先は、既存株主のジェネシア・ベンチャーズ、エンジェル投資家の芝山貴史氏。 今回調達した資金を通じて、管理会社とオーナーの不安を払拭する在留外国人に特化した多言語賃貸仲介と保証機能を含めた生活支援サービス群を提供していく。 アットハースは、「自由に暮らせる世界を」をミッションに、高年収外国人向けに月額賃料9万円以上の家探しと代理保証・生活支援サービス「AtHearth」を提供。一般的には賃貸仲介会社は仲介までが業務範囲となるが、同社は賃貸仲介の業務範囲を超えた役所手続き、口座開設、インターネット・水道・ガス・電気の申し込みなど入居中の生活サポートなどを管理会社へ無償で展開している。 アットハースは2015年10月設立。2019年10月にAtHearthをサービスリリースしてから1年間で、569名の入居申し込み数やリファーラル(顧客からの紹介)の数は増加を続け、入退去後のサポート依頼率も100%を記録しているという。 アットハースによると、インバウンドの観光客とは対照的に、在留外国人は増え続けている一方で、日本の不動産賃貸業界では言語や賃料未払いなどの不安から高年収で与信が高い就労外国人も入居拒否してしまっているのが現状という。 その解決策として同社は、賃貸仲介の業務範囲を超えた入居中の生活サポートや管理業務を無償で展開。さらにアットハース保証を利用する管理会社に25%キックバックキャンペーンを開始することで、審査通過率が1~2割から5割以上へと改善しているとした。 関連記事 ・外国籍人材の活躍する現場を表彰する「Global one team Award」が応募企業・団体の募集開始 ・パーソルキャリアとNECがブロックチェーン技術を用いた外国人ITエンジニア採用サービスの実証実験 ・日本で働く外国籍人材の在留資格の申請・管理業務を効率化する「one visa for 行政書士」のベータ版が登場 ・「在留外国人の入居お断り」問題の解決を目指す「AtHearth」が正式リリース、4100万円の資金調達も カテゴリー:IoT タグ:AtHearth、資金調達、不動産、日本

Read More

所沢総合食品地方卸売市場のチラシが、新聞に入っていたのが一昨日のこと。内容は、今日までの3日間開催される「もってけ市」という年末大売出しの案内。今日が最終日とあって、あまり期待せずにちょっとだけ足を運んでみました。 普段は、一般の人が入れない施設なのかと思いきや、「どなたでもお買い物できます。ご自由にお入り下さい。」との文字が。実は平月でも、毎月第1と第3土曜日には「お客様感謝デー」として誰でも入れると知って、ちょっとがっかり。。。(^^; とはいえ、せっかくここまで来たので気を取り直して中へ入ってみました。魚のコーナーにはとりわけ多くの人が群がっていました。人垣越しに覗いてみましたが、今ひとつ安くない気がして何も買えず… ただ、大きな冷凍マグロが転がっているのを見たりすると、卸売市場っぽさが感じられてちょっと嬉しかったかも。 物品を販売しているのは館内だけでなく、外の駐車場側でも各種の露店をはじめ、グロッサリー関係などが販売されていました。ここで切り餅や、お正月の来客用のお菓子などをいくつか買い込みました。 ちなみに、「お子様も楽しめる模擬店」というフレーズがチラシに書かれていたのですが、楽しめるかどうかはビミョーな気も…(^^;

Read More

Tesla(テスラ)は、その「Full Self-Driving(FSD、フル自動運転)」ソフトウェアアップグレードオプションを先週から段階的にリリースし始めているが、創業者でCEOのElon Musk(イーロン・マスク)氏の予告通り(未訳記事)、同時にその価格を1万ドル(約104万円)に引き上げた。これにより、パッケージの価格はこれまでの価格から2000ドル(約20万9000円)も(未訳記事)値上がりした。同価格は2019年5月から着実に上昇を続けてきている。 FSDオプションは、Teslaのドライバー支援技術Autopilotを補完するオプションのアドオンとして既に販売されていた。ただし、2020年10月のベータ版がローンチされるまでは、テスラのオーナーは機能自体を利用できないままだった。これはまだ限定的なベータ版に過ぎないものの、それでもマスク氏とTeslaがFSDという名の下に公開しようとしていたものに近いものである。Teslaは量産型の車両向けのフル自動モードを何年も宣伝し続けていた。 「フル自動運転」という名前にもかかわらず、FSDはSAEインターナショナル(米国自動車技術者協会)によって定義され、ほとんどの自動運転業界に受け入れられている自律性の基準の、レベル 4またはレベル5に相当する「フル自動」ではない。マスク氏はそれを「自律的でありながらも必要に応じて人間の監督と介入を必要とする」能力を持つ車として設計している。一方、SAE規格ではレベル4とレベル5(「真の自動運転」と見なされることが多い)はドライバーの介入を必要としない。 それでも、ユーザーからの初期のフィードバックによれば、この技術は色々な点で印象的なようだ。とはいえ、いかなる種類の自動運転ソフトウェアであろうとも、公共の場で人間の監視なしにテストすることは、信じられないほど危険な行為に思える。マスク氏は、年末までにはベータ版を終えてFSD技術が広く展開されるはずだと述べているので、彼は間違いなくその性能に自信があるようだ。 値上げは、彼と会社が抱く自信の、また別の表れなのかもしれない。マスク氏は常に、後日手に入る技術開発に初期段階からお金を払ってくれるユーザーに対して割引を行うよう振る舞ってきたので、そうした意味でもこの段階で価格が上昇することには意味がある。またこれは明らかに、Teslaの利益率を高めるのために役立つが、同社は既にアナリストが予想する売上と利益の両方を上回る結果を達成している。 関連記事 ・テスラの自動運転オプションが8月に最大約11万円値上げ ・Teslaの第3四半期決算がウォール街の予測を大幅に超え9163億7000万円の売上を報告 カテゴリー:モビリティ タグ:Tesla、自動運転 画像クレジット:Christopher Goodney/Bloomberg / Getty Images [原文へ] (翻訳:sako)

Read More

十月桜  4月と10月~12月にかけて2回花をつけます。花色は白色のものが多いが淡紅色・濃紅色もあります。3~5個の散形状または散房状に咲きます。花弁は5~15個の楕円形または卵円形をしています。  この桜は、一気に咲いて散る桜とは違って、次から次へとつぼみが開くために、9月下旬~翌年2月頃まで咲き続けます。春に咲く桜よりも小さな花が枝いっぱいにつき、秋の紅葉や雪とのコントラストが美しいです。春に咲く染井吉野のような華やかさはありません。  栃木県小山市にある修道院の庭に植わる「ジュウガツザクラ(十月桜)」の実生から生まれました。形質から推察するに、十月桜と八重の江戸彼岸系の雑種ではないかとおもわれる点が多いです。「思川」の名は修道院の下を流れる川の名に因んで命名された。現在小山市の花になっています。葉に先駆けて、この桜も淡紅色の花を枝いっぱいに付けます。小形の花を小枝の先端に多数つけ、爛漫と咲く姿は誠に美しいです。 十月桜の画像は桜のサイトの方からお借りしました。 冬桜  花は中輪、一重咲きで白色。開花期は4月上旬、11~12月。春と秋、年2回花を咲かせる桜で、群馬県鬼石町の桜山公園にはこの桜が多数植えられており、「三波川の冬桜」として有名です。  桜山公園は標高593メートルで、明治41年当時の三波川村長が、全戸の協力で桜楓各種1000本を植栽しました。桜は染井吉野でしたが、たまたまこの中に冬桜が混ざっていたために、これが11月上旬から12月中旬までと春の二度咲く様になり、花は白、或は薄紅色で春の桜と違い開花期間が長いのが特徴です。  冬桜は学名、マメザクラ(又は小葉桜)といい、年2回 (偶には4回)咲き、 花の咲いてい る期間が長いのが 特徴です。 春は他の桜と同様7~10日間、秋は約1ヵ月間咲いています。 花弁はやや小振りで、 薄い紅色、散る時は 挟んで落ちるという、 秋の花らしい風情があります。  別名四季桜又は十月桜といい、寿命は染井吉野の50年と違って200~300年もちます。 全国的には、関東地区に多く ,群馬県の鬼石町に約8,000本あり、花見時には大変賑わっています。 愛知県でも小原村には 約4,000本あり250年経過した前洞の桜もあります。  つまり十月桜と冬桜とは同じも桜のようです。花は双方とも華やかさは全くありません。冬に咲く静かな桜に相応しい桜です。実生から育った桜もあるので実がなるのだろうか。何時か、是非、この冬桜を見に行きたいです。少し、桜の育て方も勉強してみたいです。 冬桜の3枚の画像は画像著者権フリーの方のサイトからお借りしました。

Read More

Daimler(ダイムラー)のトラック部門が、LiDAR(ライダー)の開発企業であるLuminar(ルミナー)に投資を行った。これは運転席に人間のドライバーを乗せることなく、高速道路を走行できる自動運転トラックを製造するための、より広範なパートナーシップの一環である。 この契約は、DaimlerとWaymo(ウェイモ)がトラックFreightliner Cascadia(フリートライナー・カスケディア)の自動運転バージョンを共同で開発する計画を発表(未訳記事)してからわずか数日後に公表された。これはロボタクシーや乗合車両を諦め、その代わりに自動運転技術がどのように貨物輸送に応用できるかに集中することにしたDaimlerによる、最新の動きである。 Daimlerによるこの非公開投資は、Luminarが特別目的買収会社(SPAC)であるGores Metropoulosとの合併の一環として調達した、1億7000万ドル(約177億8000万円)に加算される。Luminarは、2020年末に完了する見通しのGoresとの合併により上場企業となる。 Daimlerは、自動運転トラックの製品化を2本立てで目指している。同社は、「レベル4の自動化」が可能なトラックを開発するために社内で取り組んできた。この業界用語は、高速道路など特定の条件や環境において、人間が介入することなく、運転のあらゆる側面に対応できることを意味している。この取り組みが加速したのは、2019年春にDaimlerが、自動運転トラックスタートアップのTorc Robotics(トルク・ロボティクス)の過半の株式を取得してからのことだ。Torcはそれまで2年に渡ってLuminarと共同開発を行っていた。LiDAR(light detection and ranging radar)とは、レーザー光を使用して距離を測定し、車両の周囲の高精度な3Dマップを生成する仕組みだ。自動化された車両技術を安全かつ大規模に導入するための重要なハードウェアである。 この計画では、Torc Roboticsの自動運転システムとLuminarのセンサーをFreightliner Cascadiaトラックに統合し、同時に自動トラックを運用するためのオペレーションとネットワークセンターを構築する予定だ。Daimlerによると、Daimler TrucksとTorcの統合自動運転車両は、高速道路のハブからハブまでの適用、特に物流センター間の長距離で単調な輸送向けに設計される。 一方、Daimler Trucksは、Waymoが自動運転システムを統合できるように、冗長システムを備えカスタマイズされたFreightliner Cascadiaトラックシャーシも開発している。こちらの場合には、ソフトウェア開発はWaymo社内で行われる。Daimlerはシャーシ開発に集中するだけだ。 このデュアルアプローチは、量産型レベル4トラックを世界中の高速道路に投入するという、ダイムラーの野望を中心に据えることになる。またこの取引は、Luminar創業者のAustin Russell(オースティン・ラッセル)氏の信念である最も商用車への可能性が高く道筋も短いものに集中し、利益の上がる会社を目指すという、Luminar社の戦略をよりはっきりと示すものだ、 […]

Read More

先日Excelを開いたときにAccessのクエリをソースとして取得する、という方法を記載しましたが、今回はAccessのフォームにボタンを配置し、ボタンをクリックしたらExcelを起動させ、起動させると同時にAccessからExcelのマクロを実行させる、という方法を記載します。 ——Accessのフォームに配置したボタンのクリックイベントに割り当てるコード————————-Option Compare DatabaseOption Explicit Private Sub エクセル出力_Click() Dim objExcelApp As Excel.Application Dim objExcelWorkbook As Excel.Workbook Dim strExcelFile As String Dim strExcelSheet As String Dim xlSheet As Excel.Worksheet Dim f As ADODB.Recordset Dim StudentNumber As Integer‘既存の利用するエクセルのファイル名を指定strExcelFile = “C:フォルダ名サブフォルダ名エクセル出力用.xls” ‘レコードセットオブジェクトの作成Set f

Read More

フィットネス大手UNDER ARMOUR(アンダーアーマー)は米国時間10月30日朝、MyFitnessPal(マイフィットネスパル)を投資会社Francisco Partners(フランシスコ・パートナーズ)に3億4500万ドル(約360億円)で売却する(PR Newswire記事)と発表した。UNDER ARMOURは5年半前にMyFitnessPalを4億7500万ドル(約500億円)で買収していた。UNDER ARMOURはまた、同時期に8500万ドル(約89億円)で買収したEndomondo(エンドモンド)を終了することも発表した。 プレスリリースの中で、UNDER ARMOURは今回の決断の理由は単に、「唯一無二の結合力あるUAエコシステム」の構築を追求するうえで「ターゲットとする消費者であるフォーカスドパフォーマー」に照準を絞ることにあると述べた。UNDER ARMOURが買収額よりも少ない額で(5年間のインフレーション、一定のMyFitnessPalユーザー成長すら含まれていない)MyFitnessPalを売却するという事実は、フォーカスを絞る以上の意味があることを物語っている。 MyFitnessPal(2015年の買収時に8000万人のユーザーがいるとし、10月30日のプレスリリースによるとユーザー数は2億人超だ)とEndomondoは初めてフィットネスに挑戦する、あるいは日々の健康を向上させるのに関心を持っているが持久力をともなうスポーツゲームのためにトレーニングするわけではない、というカジュアルで初心者レベルのフィットネスユーザーに的を絞っていたというのはまぎれもない事実だ。UNDER ARMOURの全体的なブランドイメージはどちらかというとプロのアスリートに関連するもので、スポーツ愛好家やセミプロの顧客も抱える。 つまり想像されるのは、UNDER ARMOURはこの初心者部門の価値が長期的には低くなるとみているということだ。この考えを裏付けるいくつかの理由がある。1つはApple(アップル)がApple Watchの拡充とApple Healthソフトウェアの提供を通じて、初心者レベルのフィットネスユーザーの取り込みに積極的であることだ。同社はまた2020年後半に立ち上げるApple Fitness+サービスでもユーザー獲得を狙っている。 パンデミック、そしてジムのような共用ワークアウト場所の利用制限が続く中、自分で行うフィットネスの部門が大きく成長するだろうと想像するかもしれないが、アップルの積極的な動きは、ユーザーがハードウェアを買うことで本質的に無料、あるいはかなり低価格のサブスクを利用するようになるというかなり包括的なデフォルトを提供する。専用の在宅トレーニングギアとサブスクプラットフォームを通じてサービスを提供しているPeloton(ペロトン)の成長もまた、初心者や軽いフィットネスを行う人の需要を取り込んでいる。 UNDER ARMOURはMapMyFitnessプラットフォームの所有と運営を続けると明言した。同プラットフォームにはMapMyRunとMapMyRideが含まれる。UNDER ARMOURはMapMyFitnessを2013年に買収し、UNDER […]

Read More