そもそもなんで機関区シリーズ始めたのか?? 自分が、機関区とか車庫とか、同じものが沢山集まる所が好きというのが一番の理由です。 でも、ネットで検索をしても、一般公開日などの写真はあるものの、外周から撮影した写真を集めているサイトがなかなか無い・・・ 日本全国には、きっと何万人と言う鉄道好きが居るでしょうから、私以外にもそういう画像を欲している人が居るのではないか?? というわけで、まとめている次第なのです~ でもね・・・ やっぱり、頭ではそう思っていても、いざ現場に行くと、やっぱり主役の機関車等に目が行ってしまい・・・ 結局は、機関車のアップの写真だけ撮って帰ってきてしまうんですよね・・・w 本当の機関区としての写真を欲している方、すいません・・・ 以上、経緯とお詫びでした~ 今回、なぜこんなに前振りが長いのか?? それはね、今回、写真が少ないからですよ~wwww というわけで・・・ 第6回JR貨物 水戸機関区 茨城県の水戸駅構内にあるのが、JR貨物の水戸機関区 ここは、東京方面から貨物列車を引いてきた、JR東日本田端運転所の機関車と水戸から北を担当する仙台のED75が交換をする場所です。 なので、ED75と、水戸駅構内の引き込み用のDE10、 そしてEF81が居ます・・・ 両方とも、水戸駅のホームから撮影・・・ 終わり・・・ね?少ないでしょ???w 第1回 田端運転所http://doranekohimeneko.at.webry.info/200608/article_21.html 第2回 大井機関区http://doranekohimeneko.at.webry.info/200608/article_23.html 第3回 新鶴見機関区http://doranekohimeneko.at.webry.info/200608/article_24.html 第4回 高崎機関区http://doranekohimeneko.at.webry.info/200608/article_34.html 第5回 黒磯機関区http://doranekohimeneko.at.webry.info/200608/article_39.html 第6回 水戸機関区http://doranekohimeneko.at.webry.info/200608/article_40.html 第7回 長岡車両センターhttp://doranekohimeneko.at.webry.info/200608/article_41.html 第8回 仙台総合鉄道部http://doranekohimeneko.at.webry.info/200703/article_11.html 第9回 愛知機関区http://doranekohimeneko.at.webry.info/200703/article_45.html 第10回 福井地域鉄道部敦賀運転派出http://doranekohimeneko.at.webry.info/200708/article_36.html

Read More

 連休前半の土日、毎年恒例になった蓼科山荘のきのこ教室に参加した。  お会いしたかったきのこ教室の講師Gm先生は今年も体調すぐれず、お会いすることができず残念。  講師は、蓼科山荘オーナーTmkさんのお父上M.Y氏であった。  蓼科山の7合目で開講式。参加者は11名。うち6人は(その中の2人はうちら)リピーターで、顔なじみ。  スタッフは講師M.Yさん入れて4人。総勢15名のきのこ教室が始まった。  さっそく山に分け入っていく。11:40。  今年はこのところ雨が少なく、山が乾き気味できのこは不作だという。  将軍平の蓼科山荘へ登りながら、いくつかのポイントで、きのこ探し。  カベンタケ。黄色の傘のないきのこ。これ酢のものにすると絶品。2~3cm。  これは毒きのこ、ベニテングダケ。含まれる毒の成分イボテンサンはグルタミン酸の何倍ものうまみ成分でもある。ディズニーの白雪姫に出てくるようなきのこである。20~30cmくらい。  これは! マツタケ!  デカイ! 傘の直径が20cmくらい!  蓼科山荘のTmkさんが見つけた。これで今夜の松茸御飯は間違いなし。  これはオオツガタケ。サマツともいい、マツタケに匹敵する美味しいきのこ。  けっこう急な山道を登って、シャクナゲの生い茂った道を藪こぎ、小屋に向かう。  ガスも出てきた。空気は結構ひんやり。  小屋には16時に到着。きのこを探しながらなのでかなりゆっくりのペースで時間をかけて小屋まで到達。  さて、自分らの収穫は今一つ・・・・・  きのこの不作年とはいえ、皆の収穫物を集めると結構な量、種類の数になった。  皆の収穫きのこを机の上に広げ、同じ種類に選別し、鑑定してもらう。鑑定は、M.Yさん。  鑑定したきのこには名前を書いて。覚えられるかな・・・  夕飯は皆で採取したもののうち可食で美味しいきのこを材料にきのこ料理。  松茸ごはん、きのこ汁、きのこおろし和え、てんぷら、三杯酢漬け、などなど。  どれも美味。  食後は、きのこの話や、いろんな話で盛り上がった。  黒百合ヒュッテの主人でもあるY.Mさんは、焼き物をめぐって全国を歩き回った。そこで四国の砥部焼に出会った。素朴で、昔ながらの伝統技法を継承した味わいのある焼き物。器は飾っておくものでなく、日常使ってこそ良さが分かる。なんて話でも盛り上がった。蓼科山荘のコーヒーは、もちろん砥部焼のカップに入れられていた。  また、冷山の黒曜石の話も興味深かった。八ヶ岳の冷山(つべたやま、地図ではれいさん)に産する黒曜石は、質がとてもよく、縄文の頃、全国に交易品として出回っていたそうだ。青森の三内丸山遺跡でも冷山産の黒曜石が利用されていたという。  そして夜は更けていき、風が強くなった。  夜中トイレに起きた1時には外気温1℃であった。  小屋の朝。  小屋からは、北アルプスが垣間見えた。爺ヶ岳付近だ。  蓼科山の山頂。木々もそろそろ秋の装い。  風が強く、この後山頂はガスに包まれた。  蓼科山が初めてのリピーター以外の5人は、5時起きで蓼科山頂へ。 山頂では、ブロッケンが見えたという。阿弥陀様来迎。  2日目は8時に出発。  まず小屋前で恒例(?!)の記念写真。参加者の皆さんと小屋のスタッフ全員。  誰じゃー、ベニテングダケを齧っているのは?!  2日目は7合目まで、一般ルートを下山しながら、いくつかのポイントできのこ探し。  天狗の路地。見晴らしのいい岩場。下に見える湖は女神湖。  去年、この付近でキンチャヤマイグチを見つけたが、今回は見当たらず・・・・

Read More

 スピナーベイトのパッケージに表示されている重さは、軽い物で1/8ozの約3.5gの小型のもの、1/4ozで約7gの軽いもの、3/8ozで約10.5gの普通のもの、1/2ozで約14gのもの、5/8ozで約17g、3/4ozで約21g、1ozで28.35gという重さになりますが、メーカーさんによっては、スピナーベイトのヘッド重量を示す場合とスピナベ全体の重量を表している場合があり、ブレイドやスカートを含めた全体の重量は、自分で測らないと実は表記の数字より重いという事もありますので、ご注意下さい♪^^;;;ラインのlb数は、使う場所の状況とフルキャスト、全力での遠投で使うのか、ショートキャスト、軽い近くのキャスト距離で使うのかでもラインへのキャストの時の負荷の掛かり方は変わるので、フルキャストでの使用なら太いほうが安全です。細いと、キャスト切れ、キャストの時に糸が切れてルアーだけ飛んでいきます^^;;;  1/8ozというミニスピナベはそうそう使わないと思うのですが、これだと安全余裕を見て10lbクラスのラインが最低限で、カバー、障害物の状況が込み入っていて、引っかかり易い、ゴリゴリ枝などにこすりつけるような場所を引くというなら、もっと太くしてください。カバーの少ない場所、ボートでの釣りでも10lb程度は必要かも?  1/4ozの約7gのスピナベが、全体で7gである場合で、フルキャストでの使用というのなら、12lbは必要と自分は思っています。理由は、ドッグX8.6gのフルキャストで12lbのある程度使用したラインがブチ切れたから^^;;  フルキャストでの瞬間的な結び目への負荷の掛かり方が少なければ、12lbでも十分耐えられるのでしょうが、思いっきりロッドを曲げて、テイクバックで後ろに目いっぱい振りかぶって、その後の全力前方への振りだしをすると、8.6gでもラインの負荷限界を越えるらしく、「バチッ」とか「バン」とかいう爆発音のような音を立てて切れます^^;;  スピナベを使うのに重さに比べて細い糸を使ってフルキャストをして、「バチッ!・・・あれ?・・・飛んで行った・・。」と悲しい思いをされた事のある人なら、「細い糸使うなんてもってのほか!!」というのはご理解していただけると思うのですが・・・?  使うスピナベの重さが重くなればなるほど、使うラインも太くしないとキャスト切れの可能性は高くなりますね。  重さに対する限界値、限界のラインの太さなんていうのを自分で確かめるなんていう事をするのは面倒なので、「スピナベは出来るだけ太い糸を使う♪」としておけばよいかと思います。  14lbが最低必要かも?オカッパリでフルキャストで飛ばしたいなら。  スピナベを使う時のロッドにセットしてあるリールのラインは、自分の場合20lbにしてます(笑)ナマズ、ライギョのいる場所だと、このぐらいじゃないと一気に切られます。14lbも一瞬で切られました^^;;ライギョに。  なので、使う場所のバス以外のスピナベにアタックしてくる可能性のある魚種というのも考慮したりして、安全な太さ、耐えうる太さというものを考えていくと、細い糸でスピナベを使うメリットは、自分は感じませんね^^;  太軸のシングルフックを合わせで一気に魚の口に刺し通すためには、ロッドの曲がり、しなりが合わせのパワーを吸収してしまっても、それを超えて力を掛けないと、魚の口にフックがちゃんと刺さりません。  スピナベのフックも化学研磨の鋭いフックを使っているものも最近はありますが、ごつい、昔ながらのフックの場合、先端を爪に引っかかるぐらいの鋭さに研ぎ上げた状態で、鋭い合わせをしないと、掛けたつもりが手前に来てジャンプでバレる・・逃げられる・・針が外れる・・という事が起きます。  スピナベでバレるのが多いなら、まずはフックの先端の鋭さを確認し、爪に引っかからないようなら、ヤスリで研ぐ事です♪スピナベでごつい岩場でガツガツ当てて巻くような時には、時々フックの先端の鋭さを確認して、ラインのこすれによるダメージの状態も確認して、鋭さが無くなれば、研ぐ、ラインが痛んだらその部分を切り落として結びなおすということは、普通にやって下さい♪  「ラインが太いと魚が掛かりにくいのでは?」という疑問はあるでしょうけど、スピナベをワームのように底に落として止めて使う人は居ませんよね?キャストしたら着水して、その場所の水深を考えて、少し沈めて底に付く前にハンドルを回し初めて、あとは巻き続ける・・そういう使い方をしていると思うので^^;(笑)  動かし続ける事で誘うルアーの場合、バスに「これって食っていいもの?偽物?」と見て考える時間が無いので、「食うか食わぬか迷っていると逃げていく・・・よし、食う!」と食わせるので、スピナベのラインアイの先の糸までバスの目に入ることは少ないのでは?というのが自分の感想です(笑)  実際は、バスの動体視力は人の5倍ぐらいはあり、動きが早くても、細かい所まで見ているというのが、ヒロ内藤さんの話しですけど、浮いていての視野が270度ぐらいの広角であっても、エサなどを追い始めるとその速度に比例してバスの視野は狭くなる・・・追い始めると、見ているもの以外、目に入っていない・・という事があるとか。  「ロックオンすると、回りは目に入らない」と言うのなら、ルアーの前のラインは太くても細くても関係ないと言えるのでは?という考え方ですね、自分は^^;;  キャスト時のスピナベを結んだ糸が切れたりしないぐらいには、太いものを使うのが安全で、バス以外の「外道」=「目的外の魚」が掛かっても、安全に、捕獲できる方がルアーを持っていかれなくて、いいのでは?と思います(笑)  ルアーの重さは、台所用の1g表示単位のハカリで量れば、パッケージ表示より重いとか軽いとか分かりますので、軽いという事は少ないでしょうけど、重いほうがどの程度重いのか?をスピナベごとに計測して覚えておいて、「これは12gあるから、14lbは必要かも?16lbのほうがいいかな?」とやっていけば、細いラインは使わなくなるでしょうね^^;  あとは、ご自分の釣りの経験の中で、「スピナベのキャスト切れをしたことあるなら、その時使っていたラインよりは絶対に細い糸では使わない!」と自分で使い方を決めれば良いと思います^^。  他人に言われてどうこうよりも、自分の釣りの経験の中での実際の体験、経験を大切にしてください♪それでいいと思いますけど・・。

Read More

北茨城磯原海岸から見た日の出です。シルエットの島は、磯原市のシンボルである二ツ島です。 ↑の写真は、東日本大震災前の二ツ島です。 現在の二ツ島です。地震の揺れと津波で木や草がすべて崩れ落ちてしまい、大きさも震災前の3分の2になってしまいました。しかし最近は、少しずつ緑が戻ってきているそうです。早く昔のような島に戻ってほしいです。 島は海鵜の棲みかになっているようです。ここから南に行った日立市十王町の鵜の岬には、全国で唯一許可された海鵜の捕獲場があります。 そこで捕獲された鵜は、全国の鵜飼い場所に送られています。↑の写真の鵜の何羽かは、いつか長良川などで活躍しているかもしれませんね。 さて日の出に戻ります。 黒い雲がかかっていますが、太陽が頭を出してきました。 磯原海岸の日の出です。 と思ったら、また黒い雲に隠れてしまいました。 この後完全に隠れてしまったのですが、また出てきました。2回目の日の出です! この後、冒頭の写真のようになりました。 ところで二ツ島なのに島が一つしかない、と思われる方もいらっしゃると思います。↓の写真が、そのもう一つです。 この島も震災時に沈下し、現在は頭が少し見えるだけになってしまいました。 シラス漁の舟は、大津港に戻るのかな?ここのシラスやコウナゴはとても美味しいのですが、福島原発事故による放射線の風評被害もありました。今はまったく問題ないので、ぜひ皆さんも食べてください。 さて帰路は高速道路を使わずに、海岸線を一般道路でドライブすることにしました。海を眺めながら時間を気にせず、休憩したいときに寄り道するという、気楽な旅です。 大洗のリゾートアウトレットで昼食をとったり、鹿島灘海浜公園でソフトクリームを食べたり、潮騒はまなす公園にハマナスの花を見に寄ったり(あまり咲いていなかったけど)、道の駅潮来で夕食の材料を買ったりと、のんびり帰ってきました。  (アウトレットの展望台から見た大洗海浜公園のタワー)  (鹿島灘海浜公園の展望台)  (展望台から見た太平洋) まさに海ばかり見ながらドライブした二日間でした。でも温泉に何回も入ったからか、あるいはリラックスできたせいか、長距離運転の疲れは、余りありませんでした。 二日間の長い記事にお付き合いいただき、ありがとうございました。

Read More

ネットショップで靴を買うとき、頭を悩ませるのはサイズだ。足型採寸に特化したスタートアップがこの不安を解消してくれるのをずっと前から待ち望んでいたのだが、ここにきて同時に2つ登場した。1つは、ブラックフライデーのセールに間に合わせるかたちでローンチされたXesto(ゼスト)だ。ゼストは、先日取り上げたもう1つのNeatsy(ニーツィー)と同様、iPhoneのTrueDepth(トゥルーデプス)カメラを利用して3D足型採寸を行い、ユーザーに最適なサイズを提案するアプリを提供している。 カナダ発のスタートアップであるゼストだが、これまでずっと「足」について研究してきたわけではない。ゼストのCEOで共同創業者のSophie Howe(ソフィー・ハウ)氏は、母校であるトロント大学との長年にわたる共同研究を経て、2015年にゼストを創業したが、当初の目的はヒューマンコンピュータインタラクションの分野におけるビジネスアイデアについて研究することだった。ちなみに、もう一方の創業者で主任研究員のAfiny Akdemir(アフィニ・アクデミル)氏も同大学で数学の博士課程を専攻中だ。 しかし、2017年に3Dカメラを搭載したiPhone X(未訳記事)がApple(アップル)から発売された直後に、ゼストはスマホを使った採寸アプリの開発に移行した、とハウ氏は語る。以降、iPhoneの後継モデルにも3Dセンサーが搭載され、3Dカメラを使えるiOSユーザーがさらに増えた。いくつものスタートアップがバーチャルな試着体験に関わるビジネスチャンスを探っているのは、こうした動向が背景にある。 「これだ!とひらめいたのは今年の夏です。私のボーイフレンドがネットショップですてきな靴を見つけてくれたことがきっかけでした。すごくお得な割引価格で販売されていて、彼は私にプレゼントしようとしてくれたんですが、私の足のサイズがわからなかったんです。彼は、私がそのブランドの靴を持っていないことも知っていたので、私のクローゼットで同じブランドの靴を見つけてサイズを確認することもできませんでした」とハウ氏は語り始めた。「そのとき、そういえば誰かに靴をプレゼントすることはあまりないな、と気づきました。相手のサイズに合うものを選ぶのが本当に難しく、できればギフトを返品したり交換したりしたくないと誰もが思っているからです。私も以前、彼のために靴を買おうとしたときは、結局彼に電話しなければならなかったので、サプライズが台無しになりました。同じような経験をしたことがある人がほかにもいると思います。友人と話していてわかったのは、みんながこの機能を無意識のうちに望んでいたということです。靴は、クローゼットの中にあるどのアイテムよりも個人の思い入れが強いアイテムですが、ついにそれをギフトとして誰かに贈れるようになったのです!」。 ハウ氏は、TechCrunchの記者である筆者宛てにダイレクトメッセージでゼストの宣伝メールを送ってきたのだが、そのメールには、ゼストの3D足型採寸テクノロジーはニーツィーのものよりも正確であるという、目を引く主張が書かれていた。その主張の裏付けとして、ゼストのアプリで生成したハウ氏の足の3Dスキャン画像とニーツィーのサイズ測定とを比較したものがメールに添付されていた(ハウ氏が送信した文面には「当社の採寸誤差は1.5mm未満です。ニーツィーの測定値を実サイズと比較してみると約1.5cmの誤差がありました」とあった)。 ゼストがニーツィーと大きく違う別の点は、ゼストが靴の販売を手がけていないことである。また、対象をスニーカーに絞らず、あらゆるタイプの靴を視野に入れている。3D足型採寸によって、対象の足にぴったりフィットするサイズ選びのサポートを提供するというコンセプトなのだ。 いまのところ、ゼストのアプリは3D足型採寸のプロセスと生成される3D足型モデルに力を入れている。これによりユーザーが自分の足を「3Dポイントクラウドビュー」という写真のようにリアルなビューで確認できるようになったほか、精度の高い採寸も実現した。 また、3D採寸データを共有できる便利な機能が備わっているため、たとえば3Dセンサーが搭載されたiPhoneを持っていない人は、友人のiPhoneを借りて自分の足をスキャンしスキャンデータを入手できる。 ハウ氏によれば、共有機能を追加した主な理由は、適切なサイズの靴をギフトとして購入したい消費者をサポートするためだ。「グループ購入に便利」なように1つのアカウントで複数の人の足型プロフィールを作成・保存できるようにしているという。 ハウ氏は次のように説明する。「ゼストは、自分用に靴を『オンラインで』購入する場合と、他の人のために靴を買う場合という、2つの状況へのソリューションを提供しています。1つ目の問題は、靴をオンラインで購入する場合、各ブランドやモデルのサイズ感がわからないということです。同じブランドの靴を購入したことがない場合はサイズ選択の判断材料がかなり限られるため、購入はイチかバチかの賭けになります。たいていは、それぞれのブランドで自分に合うサイズを見つける必要があります」。 「2つ目の問題は、靴を購入するのは自分のためばかりではないという点です。そこで当社は、足型プロフィールを共有することによって、ギフト購入や(同居している家族や離れて暮らす家族のための)家族購入ができるようにしました」。 ゼストのアプリは、ユーザーの足の採寸値(誤差は1.5mm未満)と、各ブランドが公式に出しているサイズガイドラインを比較照合して、適切なサイズを提案してくれる。現時点で150以上のブランドに対応しているということだ。 ハウ氏は、この提案機能に顧客からのフィードバックを反映させていく予定だという。提案された靴をユーザーが実際に履いてみて、期待していたサイズよりも大きいと感じたのか、あるいは小さいと感じたのかを知るためにオンラインレビューを分析し、採寸精度を向上させていく考えだ。 「ゼストのアプリでは、3Dスキャンで足型を採寸することによってサイズに関する不安を取り除き、測定値を各ブランドのサイズ表記(または、入手できる場合は靴型)に関連付けています。そして、各ブランドのサイズガイドと顧客からのフィードバックに基づいてサイズを提案します。現時点で150以上のブランドに対応しており、対応可能なブランドやモデルを随時追加しています。なお、(当社がすべてのデータを確実に収集し終えるまでは)お手数ですがユーザーがご自分でレビューを確認し、サイズを上げる必要があるかどうかご判断いただくことをおすすめします」とハウ氏は述べている。 3D足型採寸に関するこうした取り組みを行うゼストと競合する企業があるかどうか、ハウ氏に尋ねてみた。すると同氏は、バーチャルな試着体験をサポートするアプローチにはいくつかの方法があることを認めた。たとえばブランド同士を比較してサイズ提案を行うアプローチや、なんと紙を使って足をスキャンするアプローチもあるという。とはいえハウ氏は、ゼストの強みは精度の高い3Dスキャンとソーシャル共有機能にあると主張する。いい換えれば、ゼストは、親友が買い物を諦めなくてもいいように3D足型採寸データを送ってあげることができるというアプリなのだ。 ハウ氏は次のように説明する。「当社の技術がユニークなのは、使用するのが3D深度データとコンピュータービジョンだけであるにも関わらず、わずか数分で1.5mm未満の精度(当社が知り得る限り他に類を見ない精度)の3D足型採寸画像を生成できることです。足に関する情報や参照用オブジェクトは一切必要ありません。ゼストは、スキャンした足のデータのみに基づいてサイズの提案を行います。そして、ユーザーはそのデータを大切な人とシームレスに共有することができるのです。この共有機能は、業界でもほかに見たことがありません。とても誇らしく思います」。そして、「靴をプレゼントしてもらえるチャンスが増えるから、という理由だけで喜んでいるわけではありませんよ」と笑いながら付け加えた。 ゼストのiOSアプリのダウンロードは無料である。3D足型採寸データをすばらしい3Dポイントクラウド画像として生成するのも、それを共有するのもすべて無料で、ハウ氏によれば、今後もそれは変わらないという。同社の収益化計画は小売店とのパートナーシップ構築を中心としており、その実現は2021年になる予定だ。 […]

Read More

昭和37年6月21日木曜日午前5時45分より少し前に、北海道札幌市藻南公園で、婦人暴行事件が発生した。 わざわざ、婦人暴行事件と書いてあるので、20歳以上の女が強姦(or 輪姦 or 強制猥褻)されたのだろう。 というわけで、現場に急行しようとしたパトカーが、交通事故を起こしたというニュースがメインの新聞記事を載せる。 幸い、この交通事故では、だれも、死亡していないし、重傷を負った者もいなかった。 北海道新聞 昭和37年(1962年)6月21日木曜日 2版 3面 パト・カーが追~   方向転換のトラックに 運転手ら5~ 【札幌】 21日午前5時45分ごろ、札幌市南10西11の交差点で同市南10西11、O本興業(O本 繁信社長)の小型トラック=A方 巌 運転手(21)=が方向転換しようとしたところへ、後ろから来た札幌中央署外勤課のパト・カー=N沢 泰朗巡査(27)運転=が衝突、パト・カーは2回転して路上にトンボ返りとなり大破、小型トラックも中破した。  このためパト・カーに乗っていた同署、M西 政夫巡査(20)が頭などに加療10日間の傷を負ったのをはじめトラックに乗っていたA方運転手、同市北11東1×、会社員、S井 栄吉さん(34)、同、同、G藤 勝栄さん(17)の3人がそれぞれ顔や手足に加療1週間のケガ。 パト・カーのN沢巡査はかすり傷程度だった。  このパトカーは同市藻南公園で発生した婦人暴行事件の現場に急行するためサイレンを断続的に鳴らしていたが、事故発生当時はちょうど音の切れ目だったので、トラックには聞こえなかった。 ↑改行、句読点、括弧、文字の大きさ、色、太さは読みやすいように改変した箇所がある。漢数字を洋数字に改変した箇所がある。会社の名称や名字をぼかした箇所がある。詳細な住所もぼかしたり省略した箇所がある。見出しのみ、きれてコピーしてしまったので、そういう箇所は~で入力した。その他は、原記事通りに入力した。原記事では、パト・カ-とパトカーの2種類の表記が混在していたが、そのまま入力した。イメージしやすいように、現代の札幌市南10条西11丁目のあたりの地図を載せた。 なお、強姦・輪姦被害数は 、全ての年齢層で激減 した。 ↑  http://blog.livedoor.jp/kangaeru2001/archives/13993598.html

Read More

ヴァン・ダイン「グリーン家殺人事件」井上勇訳創元推理文庫を読みました。 旧体制の時代を象徴するような古い様式の邸宅、グリーン屋敷。ニューヨークのちょっとした名物となっています。そこに住むグリーン家の人々は、先年当主を失ってから急速に病的に淀み始めました。遺産相続の関係もあるのですが、家族関係が悪化の一途を辿り、お互いに監視し合い、腹を探り合い、傷付けあっています。雪の降った月の深夜この邸で発砲事件が起きます。長女死亡と三女重症がそれぞれの寝室で至近距離から撃たれたのです。嫌な予感がした長男のチェスター・グリーンは、地方検事マーカムに相談します。マーカムは、盗みに入ったものの動転した素人強盗の犯行、とも考えているのですが、名探偵ファイロ・ヴァンスの強い勧めもありグリーン家を訪れます。 グリーン家は腐っている、というのがヴァンスの初見の印象です。寝たきりで捻くれ、人を口汚く罵る未亡人。凡庸でだらしない長男。陰気で引きこもり気味の次男。勝気でヒステリックな一面を持つ次女。命は取り止めたものの、始終おどおどし人の顔色を窺っている三女。二代に渡るかかりつけではあるが、必要以上に頻繁にグリーン家を訪れる医者。まともな人間はいないのか?って感じです。そしてこの中に犯人がいます。家族を殺した誰かと一緒に暮らすというのはどんな心境でしょう。 今回印象的なのはファイロ・ヴァンスとマーカムの関係です。軽口を飛ばすヴァンスと生真面目に応答するマーカムとの『いつものやり取り』が影をひそめ、二人揃って「わからない」と嘆くさまは、ただでさえ暗く陰湿な連続殺人事件をさらに重いものにしています。逆に直情径行型で、前作前々作と空回りを演じていたヒース部長刑事の明るさが頼もしげに見えます。 次にチェスターが射殺されたことで、外部の犯行説が弱まります。念のため屋敷の周辺に刑事を配置するものの、その状況下でも殺人は続けられ、家族が一人二人と減って行きます。容赦なくグリーン家の人々を殺し続けるヴァン・ダイン。ミステリとは読者との知恵比べであると主張した彼ですが、これだけ大量に登場人物が死んでしまえば容疑者は数えるほどになってしまいます。犯人の意外性によほど自信があったのかもしれません。 以下「グリーン家殺人事件」と「Yの悲劇」のネタバレがあります。読んでいない人はスルーしてください。「そして誰もいなくなった」にも触れていますが、あれはタイトル自体がネタバレだから笑。 もともと犯人が当て易いヴァン・ダイン作品ですが、この「グリーン家」はその筆頭でしょう。読者からすれば「何もたもたやってるんだよ、ヴァンス」という気がして苛々します。またヴァンスは心理学的見地から事件を解く探偵なのですが、この事件に関しては彼の手法は全く無力ですね。巧緻なトリックが使用された事件なら、それだけの知能を持つ人物を想定すれば犯人は特定しやすい。しかし今回のように犯人が犯罪学の本の知識をそのまま素直に使用した場合、お手上げです。実際ヴァンスは、犯人が読んだ本を書斎で発見してやっと解明の糸口を掴むのです。博学で鳴らしたヴァンスが、この本に出ているんだよとトリックを紹介するところは読んでいて正直つらい。しかもこのトリック、ホームズもので既にあったような気が……。 犯人が犯行方法を案出したのではなく、他者が考えたものを引用したのなら捜査はあさっての方向へ向かいます。その結果年齢的に、あるいは能力的に不可能ということで、犯人は容疑者のリストから外れます。ヴァン・ダインが読者に仕掛けたトリックは見事だと思います。やりすぎて失敗している感もありますが。ここで思い出したのがエラリー・クイーンの「Yの悲劇」です。「Yの悲劇」が「グリーン家殺人事件」に影響を受け、舞台設定を借りて書かれた作品だというのは有名ですが、メインのトリックも流用していたんですね。 「グリーン家殺人事件」は監視された邸宅内という、密閉された空間で行われる犯罪事件です。関係者が全滅するのではないかというくらいの勢いで人が死んでいきます。次作の「僧正殺人事件は」マザーグースの歌に合わせて、まるで殺人自体が自己表現の手段であるかのように人が殺され続けます。これらの異常な二つの設定を組み合わせた有名な作品がアガサ・クリスティにありましたね。文字通り登場人物全滅という……。 「グリーン家殺人事件」「僧正殺人事件」の高い評価はこの辺りの『影響力の大きさ』にあるのかもしれません。何しろクイーンとクリスティの最高傑作に影響を与えているのですから多分。しかし、わたしとしては前二作のほうがグッと来ました。 後記:先日「Yの悲劇」を読んで上記とは別の印象を持ちました。エラリイ・クイーン「Yの悲劇」 4488103030>

Read More

YouTubeは2016年にHDR(ハイ・ダイナミック・レンジ)ビデオに対応(YouTubeブログ)し、クリエイターはコントラストが高く、シャドウとハイライトがきちんと映り、幅広い色を表現でき、全体として画質が高いビデオをアップロードできるようになった。そして米国時間12月8日、同社はライブストリーミングビデオでもHDRをサポートすると発表した。同社によれば、YouTubeはライブのHDRストリーミングをサポートする初のメジャープラットフォームになるという。 クリエイターは対応するエンコーダー(YouTubeヘルプ)を使ってHDRストリーミングができる。一方、HDRビデオ自体は新しいモデルのAndroidデバイスのほか、HDR対応のスマートテレビやストリーミングスティックで再生できる。Google(グーグル)のChromecastももちろんHDRコンテンツをサポートしている。YouTubeは2017年にAndroidのモバイルデバイスでHDRを再生できると発表していたので、今回の対応は予想の範囲内だ。 YouTubeがHDRに対応した時点では、一部のYouTubeチャンネルにのみ提供されていた。しかしHDRのライブストリーミングは、試してみたいクリエイターはすぐに利用することができる。YouTubeは、クリエイターがさらに別のエンコーダーやモバイルデバイスからもHDRのストリーミングができるように今後改良していくとしている。 ライブのビデオコンテンツで新たにHDFをサポートしたことから、YouTubeはテレビのプラットフォームに力を入れたい意向であることがうかがえる。 YouTubeによれば、新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大による外出制限の期間中、YouTubeや同社のライブテレビストリーミングサービスであるYouTube TVは大画面での視聴が急激に増えたという。家に留まるように指示されたことから、2020年3月にはテレビでYouTubeが視聴された時間の合計は対前年比で80%増加した(Googleブログ)。同じく3月には米国のテレビで再生された広告入りオンデマンドビデオの再生時間のうち41%がYouTubeのコンテンツだったと、同社のBrandcastイベントで発表された(Tubefilter記事)。テレビでのYouTubeの視聴は、2018年には1日あたり2億5000万時間だった(Think with Google記事)が、4億5000万時間に跳ね上がった。 感染拡大初期には、ライブストリーミングビデオの再生時間も増えた。YouTubeが広告主に示したところによると、3月11日から4月10日までの前年比で、テレビでのライブストリーミングメディアの再生時間は全世界で250%増加したという。同じ期間の前年比で、キャストされるコンテンツの視聴時間が75%増加したことも注目される(Googleブログ)。 またYouTubeは米国時間12月8日に、米国の1億人以上のユーザーがYouTubeやYouTube TVをテレビ画面で毎月見ていることも発表した。 HDRのライブストリーミングを提供すれば、YouTubeプラットフォームでのHDRの再生はまだ限定的ではあっても、YouTubeは広告主に対して従来の有料テレビネットワークからYouTubeのプラットフォームに広告費を移行するようにと、さらに効果的にアピールすることができる。 YouTubeはゲーム、eスポーツ、音楽やスポーツといったライブイベント、さらに自然の風景や旅行など、幅広いライブストリーミングにHDR対応が有効であると想定している。 YouTubeは、HDRライブストリーミングはすでに利用できるようになっていると述べている。 関連記事 ・新しいChromecastはリモコンと新しいGoogle TVのUIを搭載して約5000円で年内登場 ・YouTubeがHDRビデオの再生を一部のAndroidスマートフォンでサポート ・YouTubeがテレビ視聴者と広告主をつなぐ新しい広告コンテンツと効果測定ツールを導入へ カテゴリー:ネットサービス […]

Read More

こちらビストロなんですが名前から分かるように“ルグドゥノム(=フランスの美食の街リヨン)のブション(=古典的なビストロ)のリヨン。。。リヨンリヨンですが。。。そういう意味だそうで、ブションと言うのはビストロより歴史的には古いそうです。私は以前リヨンに実際行った事があり、ホント街も食事もワインも更に好きになっているのでこの名前だけでもテンションが上がってしまう単純なBB-BUBE 実はここ何度も利用した事があったのですが、毎度神楽坂でフレンチ以外の食事をした後「なんかこの後ワイン呑みたいね」って話になるとここを目指し、ワインと生ハムだけとかの“2軒目”として利用していたのです。だってホントフランスでよく見かけるビストロやカフェ風にとってもセンス良く作っていて、でも気軽に入れる雰囲気なんですから。一度ここのバゲット(麻の袋に入ってきてとても美味しいパン)を後ろのフランス人2人のテーブルにあり、相当ものほしそうに見えたのかワインと生ハムだけだった私たちに分けてくれました。実はお客だと思っていたその方ここのオーナーだったんですけどねそんな事もあり、お店自体が大好きだったので今回はしっかり食事として利用です。 MENUはコースもあるのですが、ほとんどがアラカルト。前菜が1000円・スープが1500円・メインが2500円、デザートが500円。やはりここもフランス流で1品の量が多いので、気をつけて注文しないと大変なことになってしまいます。。。。はぁ郷土料理がいっぱいで食べたいものだらけぇ全部食べたい。。。。そんな中頑張って?選んだのが*サラダリヨネーズ・・・リヨン風サラダといえば名前だけでも聞いたことがある方は多いはず。有名なサラダで半熟玉子・ベーコン等が入っているのものですがここのはなんともヴォリューム有り。サラダというより充分立派な前菜です。* 三種盛り合わせ ブーダンノワール等三種楽しめます。* タブリエ・ド・サプール(写真)・・・これが一番食べたかったもの。リヨンの名物料理です。薄く伸ばしたカツレツ風のトリッパに、ジャガイモのオーブン焼きが添えてあります。ヴィナー・シュニッツェルに焼き方が似ていますが中が牛の第二の胃袋ハチの巣なので食感がしっかりしていて。。。うっ美味し 他のも食べたい食べたい感がかなり残っているのでまた確実に行ってしまいます。はい。 リヨン料理は内臓を扱った料理が多いので好きな人には絶対オススメ!ワインがかなり進みます。かなりお腹を空かせていかなければ。 雰囲気にも食べ物にもすっかり居心地よくすごせたお店でした。  ただここBEERはプレミアムモルツだけです 

Read More

AquaFusion(アクアフュージョン)は12月9日、魚1匹1匹を識別する高性能魚群探知機(水中可視化装置)「AquaMagic」のバージョンアップを発表した。また、関連製品の資源解析ソフト「MagicView」も新製品として調査・研究機関向けにリリースし、12月13日から販売を開始すると明らかにした。 AquaMagicは、従来の魚群探知機の100倍の分解能を有し、わずか5cmの魚を単体で識別できる海洋音響機器。今回のバージョンアップでは、密測定機能と魚体長測定機能を追加した。 密度測定機能では、深度毎の魚の密度(1㎥ごとの魚の尾数)をグラフ表示可能で、どの深さに魚がどれだけいるかを正確に把握できる。また魚体長測定機能では、機器で捉えた1匹1匹の魚のサイズをグラフ化し、魚のサイズごとに色分けして表示する。 密度計測機能 魚体長計測機能 これら機能によりAquaMagicは、漁業・フィッシング用の魚群探知機として、また資源調査用の計量魚群探知機としても利用できるとしている。シングルビーム方式で高性能な計測ができるため、従来の広帯域やスプリット式の計量魚群探知機と比べコストパフォーマンスが高い事が特徴という。 また今回、資源調査に対応した解析ソフトMagicViewも同時にリリース。MagicViewは、AquaMagicで得られたデータから魚だけを検出し、尾数や魚体長などの評価、資源マップの作成など、資源評価に必要なデータを簡単に作成できる。 解析ソフトMagicView画面イメージ 2017年1月設立のAquaFusionは、Sustainable Oceanの実現を目指し、漁業者の負担軽減と水産資源の持続的な維持に取り組むスタートアップ企業。従来の魚群探知機と比べ100倍以上の分解能を有した独自の超音波技術FINE(First INterval Echosounding) Technologyをベースに、魚群探知機の開発・販売だけに留まらず、定置網観測、養殖生簀観測、深海調査、海洋調査(マイクロプラスチック計測)など、広く水中を可視化する機器を研究開発している。 関連記事 ・IVS LaunchPad 2020 Summerの優勝は製造業向けの異常検出AIを開発・提供するアダコテック ・ウミトロンが水産養殖向けに高解像度海洋データ提供サービスを開始、比較分析やスマホチェックも可能に カテゴリー:ハードウェア […]

Read More