2018年10月9日 晴れ 暑い稲刈りDay3 自作コンバイントレーラー出動の巻 製作始めは2014年です。こんなところから始まりました。 昨日準備はしていましたが、朝になってからトラクタと連結。 まずはトラクタにヒッチボールの取り付け はい、本日のトラクタは三菱ミニキャブトラック。 事前に田んぼの入り口と曲がり角は手刈りしました。 そして10時になったので出発式 ちょっと前上がりになってますね。来年までに修正を行うポイントですね。 ヒッチボールを下げるかトレーラーのタイヤ径を大きくするか・・・。 そしてしばらく走り田んぼに入るわけですが 例年この田んぼはかなりじゅるくキャタピラがドロドロ位なら良いが 動けなくなるようなところが有るわけで慎重に操縦するのですが 今年はなんとコンデションは全く問題なく過去を遡っても こんなにしっかりした状態は初めてかもしれない。 そして終了。 おかげで昨日の土も落ちて倉庫に戻っても洗車もしないで注油だけして納めました。(^.^) 本日の収穫。

Read More

新規の方に向けて・・・と言っておきながら、 大事なことを書いていないことに気づきました。 当然といえば当然なのですが、 ショットの基本をまとめようと思います。 ■ショット説明 ×ボタン ・・・ トップスピン威力、スピードのあるボール。攻撃的ショットとして覚えましょう。反面、相手のパワーに負けるとボールが浮きやすい。 □ボタン ・・・スライス威力、速度はないですが、パワー負けし辛くボールが浮いてしまうことが少ないです。守備的ショットとして覚えましょう。 △ボタン ・・・ロブ、ドロップ普段はロブといって浮き球を返します。相手がネットにはりついているときに、画面奥へのロブで頭をこすように使いましょう。 画面手前に△でネット前にボールを落とすドロップになります。↓方向に十分なタメ時間をとれないと、中途半端なロブになってしまうので注意が必要です。 ○ボタン ・・・スペシャルショットゲージが溜まった時に使えるすごいショット。使う回数が限られているので、ここぞというときに使いたい。飛びつきショットでも早い球が返せるので、追いつきそうもない時に○ショットに賭けてみると有効。また、相手の○ショットに対抗するためにわざと残しておくのも有効。 ■強い球、角度のある球こちらも参考に~http://powsma4.at.webry.info/201201/article_5.html 全てのショットで言えますが、 パワスマのショットボタンは「ショット開始ボタン」です。 ボタンが押された場所から、ボールの位置に向かって選手が動きます。 なので、ボールを打ち返したい瞬間にボタンを押していてはだめです。 「ショット開始ボタン」が押されてから、 ショットパワーが溜まり始めるので、 ショットボタンは”出来る限り早いタイミングで押す”のが最適です。 が・・・ここで問題があります。 早く押しすぎると飛びついたり体制が悪いままショットしてしまうことがあります。 ショットボタンを押す前にひとつ確認しましょう。 ”ボールが打てる場所にいるかどうか” 簡単ですね。 移動してボタンを押す。 それでショットしてくれます。 ボタンを押してからショットをするまでの時間が、 いわいるタメ時間になります。 この時間が長くとれないと、ボールに角度がつきにくいです。 どうつきにくいかはトレーニングで確認してみてください。 ■そんな時間とれないよ 状況によってはショットまで時間がとれなかったりします。 でも大丈夫です。 時間が全てではありません。 体制とボールの高さも重要です。 体制はわざと後ろに下がってみたり、

Read More

 情実人事とは、能力のない人を、能力以外の理由引き立ててあげることです。たとえば、彼と一緒によく飲みに行きから気心が知れている。彼の家族とは懇意にしているので、など。日本の会社組織ではよく見受けられる光景です。日本の社会は、ある程度はこの情実の部分で動いていることは確かでしょう。情実の幅を少し広く考えると、コネ入社などもこれに属してきます。そして、コネで入社させた人間には、情実の念がつきまとい、彼あるいは彼女に対して入社後も情をかけてやる、すなわち情実人事が行われていく可能性があります。  情実人事で悪いところは、実力以上にその人を評価してしまうわけですから、結果的には能力以上の無理な仕事を押し付けることになり、会社としてもマイナス、その本人も苦しいという状況が生じます。そして、彼あるいは彼女に部下がいる場合には、その部下も大きな影響を受け、仕事ができないばかりか会社内での評価が低下することも起こります。会社内での自身あるいは周りに、なるほど、と思う例は必ず2件や3件は思い当たるでしょう。このようなことではいけないのですが、これが社会の現実でしょう。  すなわち、情実人事では次のことが起こります。ピーターの法則(Peter Principle)とは組織構成員の労働に関する社会学の法則。1.能力主義の階層社会では、人間は能力の極限まで出世する。すると有能な平(ひら)構成員も無能な中間管理職になる。2.時が経つにつれて人間はみな出世していく。無能な平構成員はそのまま平構成員の地位に落ち着き、有能な平構成員は無能な中間管理職の地位に落ち着く。その結果、各階層は無能な人間で埋め尽くされる。3.その組織の仕事は、まだ出世の余地のある、無能レベルに達していない人間によって遂行される。  なかなか手厳しいですが、情実人事の大きな弊害はやはり能力のある人がその能力を発揮できなくなるということでしょう。まず、先程も触れましたように、無能な上司のもとではその能力の発揮のしようがないこと、そして、本来の能力を発揮するにふさわしいポジションが無能な人に占拠されていることです。情実人事が進むと無能な人間は会社にとどまり、優秀な人間は会社から飛び出してしまう事態も生じます。  当社には情実人事などない、という会社にも必ずどこかに情実人事はあります。人事評価は能力主義で行なっているといっても、評価するのは人(上司)です。人間に関することにこれが正解というものはないかと思いますが、それでも意識的に公平ということを意識し続けることが、情実を減らし社員を正当に評価することにつながり、活力ある組織を育てていくことになります。           ブログ一覧に戻る        ホームページ「アルケミストの小部屋」に戻る

Read More

家人から、なんだかSERVICEというのが点いててわからんのだが大丈夫なのかといわれた。なにか他に表示は出ていないのかと確認すると無さそうだという。 二日後に確認してみると、早速SERVICEランプが点灯している。警告音は無いしトラブルではなさそうだが確認することにする。 履歴には何もなく、大きな異常ではなさそうだよね。メーターパネルの中では整備時期を表示するスパナマークが点滅している。あ、これだね。 点検時期を知らせるいつもの?ヤツだ。来年3月にはきちんと点検に出すつもりなので鬱陶しい表示のリセットをすることにした。 取説を読むと相変わらずアバウトな表記だが、これってエンジンスイッチオンだけでエンジンかけちゃうとリセットにならないんだよね。たぶん。何回かエンジンをかけてしまったが、手順に沿ってリセットすると表示は消えました。 実際には整備の時期とズレちゃうこともあり、時々何が起きたのかと驚くことがあるよね。でもよく見ると点検時期までのカウントダウンはされているので、しっかりチェックしておくことにしよう。

Read More

中国発!超巨乳女優のコン・リー(鞏俐)の過激全裸ヌー ド濡れ場動画です。かなりアブノーマルな絡みも演じてるところが、さすがハリウッドでも通用する女優さんといったところでしょうか。エ口いです。鞏 俐(コン・リー)は中国の女優である。168cm、56kg。家族構成は、両親と姉1人、兄3人。1996年にシンガポールのタバコ会社代表と結婚。北京・中央戯劇学院演劇学科在学中、張芸謀に見出され、1987年、『紅いコーリャン』で女優デビューする。同年、『ハイジャック台湾海峡緊急指令』に出演し、百花賞最優秀助演女優賞を受賞した。1992年には、『秋菊の物語』でベネチア映画祭最優秀主演女優賞受賞し、知名度が上がった。日本では1998年、「とろみ好麺」のCMに出演。 翌年、『きれいなおかあさん』でフランスの文化勲章を授与された。 鞏俐(コン・リー)おっぱい※YouTubeの動画は削除されることがあります。鞏俐(コン・リー)濡れ場>>ヌード濡れ場動画 【華流】コン・リー、ウォルター・ヒル監督の新作に出演 中国人気女優・鞏俐(コン・リー)がウォルター・ヒル監督の新作映画『セント・ヴィンセント』に出演することが明らかになった。撮影は来年1月にカナダでクランクインする予定。 『セント・ヴィンセント』は風刺とユーモア、スリルに満ちたサスペンス映画。主演のミッキー・ロークのほか、オスカー俳優のフォレスト・ウィテカーなど大物キャストも出演するという。以前、2人はウォルター監督の『ジョニー・ハンサム』で共演を果たしている。 キャメロン・ヤングが脚本を手がけているという『セント・ヴィンセント』。神父に変装した殺し屋のヴィンセントがターゲットを追う途中、トラブルに巻き込まれるというストーリーだ。(編集担当:鈴木菜歩) 最終更新:12月31日16時0分http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091231-00000017-scn-ent

Read More

今日の記事は久しぶりのQ&Aコーナーです。秋めいている今は習い事を探す人々が多い時期。そこで絵画教室、特にモデルさんを描くクラスに興味のある読者の方々へ詳しい情報をお届けします(#^^#) Question : 絵画アトリエでの人物画クラスでは、プロのモデルさんの衣装とポーズってどんな感じなの? Answer : 当アトリエ絵画教室は半世紀以上の伝統があり、モデル派遣の会社とも古くからのおつきあいがあります。 毎月入れ替えでいらっしゃるモデルさんや派遣会社の規定にしたがって、まずは一般的なお答えを致しましょうね(^^♪ 衣装について 絵画教室、カルチャーセンター、そしてもちろん美術系大学や専門学校でのモデルさんの衣装は、本当に様々なのですが、いくつかのグループに分類できます。 まずはコスチューム、セミヌード、ヌードという3つの種類。ヌードはまあ、おわかりですよね! 休憩時間には脱いだり着たりが便利なものをさっと身に付け、ポーズの間は裸婦としてポーズするもの。 セミヌードの規定は若干難しいところもありますが、例えば下着、水着すがたは一番わかりやすいセミヌードとなります。コスチュームのなかでもハワイアンの一部やベリーダンスの衣装など、露出部分の多いものはセミヌード扱いになる場合が出てきます。 コスチューム、つまり衣装をまとっての場合、これまたいくつかの種類に分類されます。美大、専門学校などで意外にも一般的なのが平服、つまり普段着の衣装です。 例えばジーンズにシャツなど。自然なままの生活、普段の素顔を描くのはリアリティーがあり、現代的ですし、基礎的な訓練にも向いています。 一方個人の画家や絵画教室、絵画サークルの場合は、平服とそうでない衣装を交互に、というケースが多いようです。 そうでない、とは? 例えばバレエの衣装、フラメンコの衣装、チャイナ服、東南アジアやインドのサリー、チロリアン、ピエロなどなど。 さらに各種ドレス系があります。 少しフォーマルなドレスも大型の団体展でしばしばみかけますよね。 イメージとしては清楚でピュアなものが人気があると聴いていますが、その反対に場末の酒場風とか娼婦?のイメージでの注文もあるそうですよー。 ここでは洋画の絵画教室でのモデルさんを前提に執筆していますが、もちろん和服、浴衣の衣装も充分あり!です。 最近ではアニメーションや漫画の勉強でもモデルのデッサンをする需要が多いですし、そんな場合にはコスプレの衣装でオーダーすることも。 基本的に衣装はモデルさんの手持ちですから、経験豊かなモデルさんはびっくりするほど豊富な衣装を持っていて羨ましい!!です。 ポーズについて モデルさんのポーズ、これも様々ですが、大きく分けると固定ポーズと自由なポーズとがあります。 当アトリエではモデル派遣にかつて3社、現在は1社時々もう1社からプロのモデルさんを派遣していただいています。メインの会社の規定では固定ポーズの場合、20分を一回とみなし、一日で6回をこなすのが最も標準的なスタイルとなっています。 各公民館や美術サークルで固定ポーズを実施する場合、デッサンや水彩が主体だと、6回のうち前半と後半を分けて衣装を変えることも多いとか。 衣装の中には髪型、アクセサリー、持ち物なども含まれますから、モデルさん大忙しですねー!(^^)! それにバイオリンを弾くとかバレエの一コマとか、難解なポーズの場合は20分でなく15分など一回の時間を短縮して回数を多くし調整します。 ポーズ自体の種類、これは大きく3つに分かれます。立ちポーズ、座りポーズ、寝ポーズなどと呼びます。 座りポーズは椅子や台、ソファーなどに座ってもらい描きます。 立ちポーズは立って色々なしぐさをしてもらったり、箪笥や衝立、椅子などに手を添えたりもたれたり。 寝ポーズは、そう、ゴヤのマハのように、ベッドにあおむけになったりうつぶせになったり、床や絨毯の上でに寝そべったり、などなど。 どれがモデルさんにとって一番楽なのか、というと、一概には言えませんが、意外なことに座りポーズはあまり楽ではないとか?? クロッキーのポーズはふつう短時間でポーズを切り替えるので描く方は忙しいですが、モデルさんにとっては疲れが少ないと聞いています。 例えば20分の間に4つの違うポーズを連続でとってもらい、休憩時間となります。 クロッキーは楽しいし変化に富んでいるので人気がありますね。 でも、モデルさん、次々ポーズを考えるのは大丈夫? そこはさすがプロですねえ。魅力的なポーズをたくさん熟知しているからいつも感心してしまいます。 ダンス関係、バレエ関係のモデルさんも多いので、見ていて美しく、絵になるポーズを本当に良くご存じです。 ムーヴィング、つまり動きながらのポーズを描くこと、これも最初は難しいけれど慣れたらとても楽しく勉強にもなります。 ざっと絵画教室の人物画、モデルクラスの衣装とポーズについて書いてみました。 当アトリエ 祖師谷駅前 絵の教室 では人物クラスはリニューアルしたばかり。以前は毎回が全て固定ポーズ、それもひと月は同じ衣装で、というスタイルでした。 昨年からもっと自由に衣装とポーズの変化、クロッキーなどを取り入れて実施しています。月によってモデルさんを入れ替える点だけは昔ながらなのですが、だんだん描く側と描かれる側が親密になるのもまたモデルクラスの大きなな魅力なんですよー!! とりわけ民族衣装のモデルさんの時はその国に住んでいたというモデルさんも多くて、すごく珍しい話も聴けるし、衣装自体もこだわりがあるのでファッションや服飾史の勉強にもなります。 そう、画家のアトリエにはやはりモデルさんはつきもの。 午後のアトリエでポーズに入ったモデルさんを描いていると、なんだか自分が映画のシーンに入り込んだような気持になる、なんて素敵な体験も何度もありますよ。 え?普段のモデルさんのスタイルですか? 衣装を着替えて髪型もふつうになってお帰りになる姿は、、、うーん、それほど目立つスタイルではないように思いますが。やはりすれ違った男性からは振り向かれるでしょうねえ! 追記 :ポーズ中のモデルさんの写真を撮影することは固く禁じられていることが普通です。近年携帯、スマホからの隠し撮りが大手カルチャーセンターなどでも多くなってきています。派遣会社、モデルさんがた、とても困っていらっしゃる様子。写真撮影については別の規定があるので、たとえ個人の制作のためとはいえ、規定は守ってくださいとのことでした。 9月に入って青空と暑さが戻ってくる気配です。9月は第2週目から新学期。モデルクラスは後半の2回実施ということで前記事を書かせていただきました。教室の整備、案内書の準備、アトリエガーデンの整備など、頑張ります!! 東京 世田谷 小田急線駅前の緑豊かな画家のアトリエ絵画教室 電話ファックスとも03-3482-4214 祖師谷駅前 絵の教室 アトリエトリイ  公式ホームページ http://www.art-school.info/ ウルトラマン商店街正式加盟店です(^^♪お電話によるお問合せが最近とても多くなっています。ホームページのお問合せファームやファックスもどうぞ合わせてご活用くださいませ。

Read More

前回燃圧の話しましたが まずキャブターボの基本地分かってないと 付けました 回りません うまく走りません 壊れました て事に成るので そこが理解したとして 書きます まず小排気 ですから 専用なターボがないですよね 軽自動車のを使うしかない 他で探せばあるかもですが 一般的でないですし 高価なねだんでもやりにくいですよね ここで排気量に対しての大きさの問題が でも逆に考えれば 車の純正から 社外の大きなタービンにと同じですよね うまく回せば どっかーんとくる パワーとトルク 今までIHIや日立の鈴木系ターボ使ってました 中でもジムニーJB23のか 排気ぺら小さくて ブーストの立ち上がり早かったです 自分的に色々ためしたけど 一番お勧めです 他の車種も試しました アルト系 排気ぺら大きくて 似たように思うが 立ち上がりにかけてました 現在使っているTD02ですが これもまた排気大きいのですが 油圧入れるのに オリフィス要らない 軸の入り口が絞られているのです まどれ使っても 最終的に タービン回してるだけじゃだめ よくアップされている動画みたりしていますが ターボがエンジンを回してるんでなく エンジンがターボ回してるしか見えなく たまにマジにターボ効いてるの見ますが ほぼブーストの針がふれて0.5ぐらいで なんとなーく加速? -ちゃんとターボがエンジンに圧縮空気入れていれば 必ず さらに排気が強くなりターボがエンジンを回す 動画見ても分かるし メーターの動きでも分かります とくにアクチェーターがついてない そこまで上がらない? もっとすごい方もいました 排気ハウジングにカラー入れて ぺらにあたる面積減らして  すごい そこまでしないと回らないのか ていうより 抜けなくて 逆効果じゃねと 思った じゃなぜ回せる? どうしたら回せんの  今まで何枚写真載せてるか 見てわかると思っていたのですが だれも真似しないしここにすべての答え出てます さらに言えば ジムニーのターボで 排気側 ターボにフランジ結合部分に一工夫で もっと回せますよ 一番最初のテスト動画で 空ぶかしで 0.2Kまで上がるの見ましたか?

Read More

◇ ◇ ◇ 紀元2600年という節目の年であった昭和15(1940)年、その2月11日には紀元節の式典が盛大に催されようとしていた矢先の1月29日に、日本の鉄道史上で死亡者数最多の大事故が発生した。後に日本が太平洋戦争へと突き進むこととなった日中戦争(支那事変:1937(昭和12)年7月7日~1945(昭和20)年8月15日)が拡大化する中で、重工業を中心に軍需産業の工場施設が集中して活況を呈していた臨海地域を、当時の国鉄西成線(現・JR桜島線)は走っていた。 大阪湾からの西風が強く吹いていた1940(昭和15)年1月29日の寒い朝、その西成線において、大阪発桜島行き下り第1611列車(キハ42000形ガソリン動車3両編成)が沿線の工場群へ通勤する超満員の乗客を乗せて安治川口駅下り本線に到着予定で同駅構内を進行中の6時56分頃、下り本線と下り1番線を分ける転轍器(分岐器)上を通過中に最後部のガソリン動車(3両目)が脱線して横転し、洩れ出た燃料のガソリンに引火炎上して全焼、191人死亡・82人重軽傷という大惨事が起きた。 (昭和15年当時の西成線沿線概図)◇ ◇ ◇ 西成線は、臨港線として建設(1898(明治31)年)されたことから沿線には工場群が点在していたが、輸送需要はそれほど高くはなかった。そこへ、日中戦争の拡大で急速に膨張した軍需産業の影響により、沿線への関連工場施設の集中で増大した朝夕の通勤輸送需要に、未電化・単線(通票閉そく式)の西成線による輸送力では対応が困難となり、ほとんど限界に達していた。 朝の沿線通勤者数は8000人を大幅に超え、ラッシュアワーには1時間(運転時隔10分が限度)に7本の列車(3両編成のガソリン動車列車6本、臨時の蒸気機関車牽引の6両編成客車列車1本)を運行していたが、7本の合計定員2700名では乗車率300%でも運びきれない輸送状況にあった。 こうした朝のラッシュ運行の下で、1940年1月29日の運行に就いていた下り第1611列車は安治川口駅への到着が3分半ほど遅れていた。当時、血の一滴ともいわれた燃料のガソリンを節約(国策)するため、途中の中六軒家川橋梁(西九条~安治川口間)を過ぎた後は下り勾配を利用して安治川口駅まではエンジンをアイドリングの状態にして、惰力で走行を続けるよう定められていた。そのため、同列車が安治川口駅の構内に入ってきたとき、その速度は20km/hほどの低速となっていた。 この下り第1611列車に続行するかたちで運転していたのが、限界にあった西成線の朝間ラッシュの輸送力を補うために運行されていた、蒸気機関車の牽引による臨時通勤列車の下り臨第6001列車であった。同列車は、大阪駅から安治川口駅までノンストップ運転で、安治川口駅には下り1番線に到着するダイヤであった。 ◇ ◇ ◇ 3両連結のガソリン動車に超満員の通勤者を乗せた下り第1611列車が、安治川口駅下り本線に到着予定で同駅構内を進行中、本線と1番線を分ける転轍器にさしかかったとき、最後部車両のガソリン動車(キハ42056)が同転轍器上を通過中に1番線側へ転換し、同車両の後部台車が下り1番線側へ進入して、下り本線側(正常側)に進入していた前部台車と泣き別れ(前後の台車が各々異方向へ進入すること)てしまった。このため、最後部のガソリン動車は少しの間両線(本線と1番線)にまたがった格好で走行したが、両線の分岐間隔が広がるにつれ前後台車の間隔が車両を大きく横向きの状態にして、車輪に働いた異方向の力がレールをねじ曲げて脱線した。 脱線して横向きとなったガソリン動車は、そのまま構内を横切っていた踏切道(島屋踏切)の敷石上を横滑りして傍らの電柱に衝撃し、下り本線と45度の角度で横転してしまった。  横転したときの衝撃で、床下の燃料用のガソリンタンク(容量400㍑)が破損し、洩れ出たガソリンに何らかの火が引火した。炎は、大阪湾から吹きつける強い西風に煽られて火勢を増し、キハ42056号ガソリン動車は瞬く間に猛炎に包まれて全焼した。即死状態の乗客は150人を超え、病院搬送後に絶命する人も多く、最終的には191人が死亡し82人が重軽傷を負った。犠牲となった乗客は、ほとんどが火災による窒息死だった。 客車より一回りほど小振りのガソリン動車に、朝のラッシュ時とあって300人近くも乗車していた超満員状態で、一瞬の横転と火災の発生、強い西風という不運も重なって、日本の鉄道史上で最大の死亡者を出す大事故となった。原因は、安治川口駅の信号掛が下り第1611列車の同駅到着確認が不十分のまま、続行の下り臨第6001列車の到着線に対する転轍器の転換操作を急いだためであった。 ◇ ◇ ◇ 本事故当時の西成線は、単線の通票閉そく式で、西九条~安治川口間は一つの閉そく区間であった。そのため、先行列車(下り第1611列車)が安治川口駅に到着後でないと、続行の列車(下り臨第6001列車)は西九条駅を発車できない。 安治川口駅の信号掛は、下り第1611列車が3分半遅延しており、しかも20km/hのゆっくりした速度で構内に入ってきたことで、このままでは続行運転中の下り臨第6001列車に対する西九条~安治川口間の閉そく(運転承認)を行うことが時間的に無理となって、同列車を西九条駅に臨停(臨時停車)させてしまうのではないかとの切迫感(目一杯のダイヤにさらに遅延を生じさせてしまうとの思いから…)にかられていたものと思われる。そうした状況(下り臨第6001列車に対する閉そくを一刻も早く行いたい、西九条駅の臨停を避けたいとの思いがあってか…)が信号掛に焦燥感を嵩じさせ、下り第1611列車の到着を確認しないまま、まだ同列車が本線と1番線を分ける転轍器を完全に通過し終わらないうちに、下り臨第6001列車を到着させることになっていた下り1番線側へ転轍器を早期転換(途中転換)させてしまった(下り1番線側へ転換させたことで下り臨第6001列車に対する場内信号機に安治川口駅進入の扱いができる)結果の事故であった。 当時の西成線には、転轍器の途中転換を防止する保安(鎖錠)装置は整備されていなかった。本事故は、刑事事件として起訴され、1940年10月9日に大阪地裁において、信号機と転轍器を誤扱いした安治川口駅の信号掛2名に業務上汽車転覆致死罪として禁固2年が宣告された。 ◇ ◇ ◇ 内燃機関のガソリン動車は当時、総括制御のできない機械式(自動車と同じ)であったため、単車(1両)運転が原則であった。しかし、当時の西成線では、増え続ける朝のラッシュ輸送に対応するため3両編成運転とし、各々のガソリン動車に運転士を乗務させて相互にブザー合図によって連携運転する、協調運転を行っていた。 本事故で炎上したキハ42000形ガソリン動車は、1935(昭和10)年に登場したキハ40000形ガソリン動車の車体長を伸ばし、台車をそのまま使用した全長19.7㍍・150馬力ガソリン機関(GMH17形)を搭載した、当時としては最も大型の気動車であった。前頭部は当時流行の半流線型、3ドアを配した車内はセミクロスシートで、車体色としては当時では至極斬新なブルー(下半分)とクリーム(上半分)のツートンカラーを纏い、非電化区間の近郊輸送に活躍した。  しかし、引火点の低いガソリンを燃料とするガソリン機関の気動車では、万一の場合に危険は避けられないとして、後にディーゼル機関に換装されて形式をキハ42500形に変え、さらにキハ07形へと変わり、最後まで非総括仕様のまま昭和40年代まで活躍を続けた。 安治川口事故で、キハ42000形のガソリンタンクが破損に至った原因は、脱線した車輪が踏切道の敷石に乗り上げた際にエンジンの力を車輪に伝達する推進軸の継手が折損し、その端部がガソリンタンク下部を直撃したものだった。 その破損したタンクから洩れ出たガソリンに引火した発火源については、脱線車輪が踏切道の敷石上を走ったときに出た火花という説と、車両が横転した際に蓄電池回路の短絡によって発生したスパークであるとする説が挙げられたが、横転から車体の炎上までやや時間が経過(推定およそ5分)していたことから推測して、蓄電池回路の短絡説に高い可能性があるとされた。 また、車体構造(難燃性)について、昭和の初めの頃の鉄道車両に今日のような耐火構造は採り入れられてはおらず、木造車両も多かった当時に鋼製車両であったキハ42000形を、耐火構造云々は別として、本事故の原因の一つに挙げることには無理があろう。 ◇ ◇ ◇ 「重傷を負うた車掌、大味彦太郎君(吹田町高畑)は、妻女とみ子(二九歳)、愛児順子さん(二歳)に見まもられながら、住友病院で、二九日午後九時二0分、ついに死亡した」…1940年1月30日の大阪毎日新聞夕刊に、“炎の車の義人”の見出しで載った記事である。 大味彦太郎(当時31歳)は、横転炎上した最後部ガソリン動車に乗務していた車掌だった。大味車掌は、乗務していた車両が横転したときに脱出可能なところに居たにもかかわらず、大混乱していた車内の沈静化に努め、車掌室の窓ガラスを割り、自らの肩を踏み台に呈し、懸命に乗客の脱出・救出にあたった。さらに、炎上する車内で煙に巻かれながらも留まり、乗客脱出の手助けを続け、職務を全うしたのであった。大味車掌の下半身はすでに火傷にまみれ、車外から差し伸べられた手にすがって、ようやく救出されたのであった。 安治川口駅の東側近隣に建てられている安治川口事故の慰霊碑には、すでに遠い彼方の惨事でありながら、決して過去のものではないことを物語るかのように、今も献花は絶えないという。 安治川口事故の対策として、当時の西成線には、転轍器の途中転換を防止する保安装置が整備され、また、同線の逼迫していた輸送の抜本的改善策として、1941(昭和16)年5月に大阪~桜島間が電化され、電車運転に代わった。ただ、多数の死亡者を出した安治川口事故に対する緊急の施策ともいわれたこの電化工事(以前から電化の計画はあった)を「慰霊工事」と呼んだのは、本来なら滞っていた輸送力不足の状態を一刻も早く改善すべく行われた歓迎されるべき工事であっただけに、何とも寂しい感じもする。 戦後(太平洋戦争)、鉄道の内燃車(気動車)がガソリン動車からディーゼル動車に替わっていったのは、内燃機関としての高い運転効率と経済性のほかに、安治川口事故の悲惨な教訓が活かされてのことでもあった。◇ ◇ ◇ かつての西成線は、1961(昭和36)年4月に改称されて「桜島線」となった。そして、今のJR桜島線は、全線複線電化の通勤路線として、またテーマパーク(USJ)へのアクセス路線として、“JRゆめ咲線”の愛称で6~8両編成の電車が行き交う近郊鉄道となっている。 安治川口駅のガソリン動車炎上事故から70年目の今日、地方幹線から支線に至るまで日本の鉄路の津々浦々で活躍を続けるカラフルなディーゼルカーを、はたまた新鋭のハイブリッドディーゼルカーの雄姿を見るにつけ、偲ぶ70年前の安治川口事故に昔日の念を禁じ得ない。唯々、この大惨事を風化させてはならないことを願うばかりである。 (終:「事故の鉄道史」参照) 

Read More

マグナムシリーズ3連発です!! 今回もミラクルデカールを、エンブレム・豪ロゴ・ウィングロゴ・ライトに使用しました。 では早速製作工程です ①エンブレムと豪ロゴの穴埋め ②いつもの下地処理 ③赤部分を塗装&マスキング※写真を撮り忘れました ④青部分を塗装&マスキング ⑤黒部分を塗装&マスキング ⑥乾燥後デカールを貼り付け ⑦乾燥後トップコートで完成です。 下記完成ギャラリーです

Read More

 皆さん見ました?そう今日はF1日本GP決勝!ここでは日本人が頑張ってくれました!う~ん元気をいっぱいもらった気がします   さてそんな本日はやっぱり?本日も今当店でもその台数が増えているランサーエボリューションXが登場!   このボディーカラーって結構レア?だと思いますが、個人的に凄く良い色だな~♪なんて思いますが・・・  このボディーカラーにこのホイール・・・さらにやっぱりこの車高・・・悪くはないのかもしれませんが、やはりもっとカッコよく!そして走りをグレードアップするべく足回りにホイールは必須アイテムですね  という事で足回りはランエボと言えば・・・という程選ばれているコチラ・・・  お約束の・・・「OHLINS」   さらに当店でのお約束がもう一つ・・・  「HYPERCO」スプリング!  白エボXでもこの組み合わせで使っています。  何種類かのスプリングを使いましたが、マッチングがでしたよ!  そしてホイールですが、コチラも当店ではお約束の?「RAYS TE37SL」です  という事で早速作業開始!  最近では作業をしなれたおかげか作業時間もかなり短縮  フロントもリアも取り付け完了!  しかしエボのリアセクション凄いッ!  純正状態で補強が入っている感じですかね~♪  タワーバーいらないんじゃない?^^  そして今日は皆さん意外と気になっているはずなデータ取りを・・・  当店でも大人気のホイール「TE37SL」の重量!  コレ・・・かなり気になるので計ってみました  今回は18インチの9.5Jが4枚なのですが、インセット違いではどうなのか?  純正ホイールと比べてどうなのか?なんて所をチェックしてみます。  という事でまずコチラ・・・  9.5J+35サイズがコチラの重量!  9.5J+22サイズがコチラの重量で+35より若干軽いんです!  今度は純正ホイールの重さ・・・  ホイールの内側をチェックするとENKEI製でM.A.T製法みたいで鋳造でありながら軽く出来る技術が投入されているようですが、やはり鍛造のTE37SLにはかなわないみたいですね^^  それと大切なのは純正ホイールのリム幅は8.5Jなのでそれを考慮するとなお更TE37SLが軽いッ!という事が分ると思います。  アッ!それから今回の一番のサプライズは計量する時に箱に入れていたのでその分も測ったのですが・・・  段ボールってかなり重いのね・・・(笑)  その分を重量から引いた数字が実際のホイール重量になりますので計算してみて下さい♪  さて脱線しましたが、取り付けが終わりジャッキアップされると・・・  はい!しっかりと伸び側ストロークがとられていますね♪  スプリングもちょっと変えてみたりチョコチョコと(内緒)弄った状態で装着しております  着地させてから・・・  計測。  当店のデフォルトから個体に合わせてから調整!  試乗してからまた調整!  という感じで出来上がり!

Read More