こんにちは。 みなさん、コメントありとぅーす。 三姉妹ママさん・あゆさん・ゆか☆さん・ひろさん・むぎこさん・晴さん・はたけさん・さっちんさん・naka☆さん・モヒカンさん・takaさん・ぴよこりんさん・しのさん・まつさん・rhままさん・とももさん・みゆきさん・ゆうさん・なつんさん・チィちゃんさん・Funeさん・みかんさん・あやへいさん・yuriさん・★Yu★さん・かつひこさん・ゆんちさん・ゆか☆★さん・pecouさん・まいちーさん・明日飛さん・バーボンさん・なっち♪さん・ヒカさん・くぅ。さん・さやかさん・なおこさん・LOVE LOVE合コンさん・mikauさん・かにゃさん・けーさん、初めまして。ありとぅーす。 一番星☆さん、1番おめでとうございます。 皆さん、ご無沙汰しております。 すみません。 ライダースのジャケットを着て、エンジニアブーツを履いてビシッとキメて、渋谷をママチャリに乗って日々移動してる高橋努です。見掛けたらツッコミ入れて下さい。 『クローズZERO』100万人突破のようで。 すげー。 あの気持悪い牧瀬を100万人の方達が観てくれたって事ですよね。 すごいです。 皆様、ありがとうございます。 写真は、映画『クローズZERO』の牧瀬隆史の歯です。 リアルに気持悪くてすみません。 ちなみに、もう1個ストックがあります。 この入れ歯を造るのに結構お金かかるらしいです。 あれは2回目の衣装合わせの日。俺は身分もわきまえず、衣装をあーだこーだワガママ言わせて貰って決めてたんです。 三池さん「高橋さん、歯だけはこっちで決めさせてもらってもいいですか?」 俺「ん?ん?どういう事ですか?」 三池さん「歯をねぇ変えたいんです」 俺「(心の中)ムムム、そういう事か(声)わかりました、ちなみにどのくらい抜けばいいですかね?」 三池さん「いやいや、抜かなくていいんですよ。歯って変えれるんです。歯にインパクトを持ってこようと思いまして」 俺「?・・・そ、そうなんですか、が、が、頑張ります」 というような会話をし、衣装合わせの後、1時間以上掛けて俺の歯形をとってもらいました。 俺の歯形に合わせて造ったので、この歯は俺しか着けれないんです。 その前に誰も着けたがらないでしょうけど。 撮影に入り、最初はすげー喋り難かったです。 さ行・た行・な行が全部一緒になってしまうんです。 三池さん「高橋さん、モゴモゴ喋ってればいいんですよ」 俺「そうれふか(そうですか)」 撮影が進むに連れ、入れ歯に慣れてきた俺はもう自由自在。 ハッキリ喋れるようになりました。 しかし、アフレコ収録時。 三池さん「高橋さん、もう少しわかり難く喋って下さい」 俺「わかりまひた」 というように、もちろん入れ歯を入れてアフレコに挑んだのですが、ハッキリ喋れるようになってしまっていたので、何回か録り直しをしてもらいました。 んー、難ひい。 恐るべし三池ワールドです。 で、出来上がりが今公開されてるあんな感じです。

Read More

「やるぞバナージ!この光は俺たちだけが生み出しているものじゃない!」■GUNDAM FIX FIGURATION METAL COMPOSITE #1013「RX-0[N] バンシィ・ノルン(覚醒仕様)」レビュー。 カトキハジメ氏によるデザインを立体化したコレクターズトイG.F.F.MCシリーズ。基本的にはユニコーンガンダムのリデコ品、マリーダ版をバンシィ・ノルンとして再立体化。更に昨年のユニコーンガンダム覚醒仕様同様にサイコフレームはIRIS(光彩)メッキ加工、アームドアーマーDE、アームドアーマーXC、リボルビングランチャーが新規造形で再現されています。ユニコーンと対となる覚醒仕様なので並べてディスプレイするのが似合いますね。 パッケージと中身 付属品 専用台座 ユニコーンモード全身画像フロント 大きさは全高約20cm(NT-Dモードは22cm)。塗装された外見は基本的にはバンシィ(マリーダ版)と同様のカラーリング。黒い装甲はダークブルーといった感じですが、頭部のブレードアンテナが今回シックな金色塗装に変更されてます。 リア 頭部正面アップ サイドから。画像を撮り忘れましたがコックピットハッチ展開ギミックは今回もあります。 フル装備フロント リア バックパックへはビーム・マグナムや付属のジョイントパーツでアームド・アーマーDEがマウント可能。腰部リアスカートにはエネルギーパック、携帯用リボルビング・ランチャーを装備。 重心が後ろに集中するので台座を使用するのが無難です。ユニコーンモード及びデストロイモード両モードで装備可能。 ビーム・マグナムには今回新規造形されたリボルビング・ランチャーが装着可能。またビーム・ジュッテも取り付け可能です。ただ、ビーム・ジュッテのエフェクトパーツが無いのは少々惜しい点。 アームド・アーマーDEは劇中の様にグリップを引き出して握る事も可能。持ち上げる事は出来ないので魂STAGEで支えています。 アームド・アーマーDEは取り外す事で通常のシールド状態も可能。 ■デストロイモードへ変身 ユニコーンモードからデストロイモードへ変形可能。変形機構が複雑なのでかなりの手間が掛かりますが、プラモデル(MG)と違い強度と保持力があり安定性が高くなっていますね。 デストロイモード全身画像フロント IRIS(光彩)メッキのサイコフレームが綺麗で、通常版のバンシィとはまた違い落ち着いた雰囲気がいいですね。 リア 俯瞰 上半身全身のマーキング等も細かくカラーはくすんだ感じの金色となる。 下半身股関節等一部関節にメタルコンポジットならではのダイキャストを使用。 フル装備フロント リア 頭部正面アップ 特徴的なサイコフレームはアイリスメッキで再現。カラーは薄い青緑といった雰囲気となり光の当り具合によって変化。オーロラデカールを貼ったような虹色表現に似ており非常に綺麗。 メッキの効果はシールドの輝き具合が顕著。 アームド・アーマーXCは全体的に虹色加工となっており綺麗ですね。 バンシィとバンシィ・ノルンを並べて比較画像。雰囲気も大分変わった感じですね。 以下、適当に。 付属台座はアクション性が低いので他の物から拝借。

Read More

【2009/01/16追記】【2009/03/10また追記】 <<注意>>この記事はあくまでも私の友達のがっちゃん個人へ『こんな方法があるから試してごらん』という意味で書いたものです。なのに、ネット検索するとこの記事が万民に検索されて困っています。 <2012/02/12/追記>ダイソーの詰め替えインクのみ5年以上(月に1~2回補充して)ひたすら使い続けてますが、プリンターが故障するとかインクヘッドが詰まるとか異常は一度も起きてませんよ。また文字もかすれることなく普通に印刷されています。確かにカラー印刷はよくありませんが、だからと極端におかしな色になるわけでもありません。 ただ、補充する手間が面倒だからと、インクカートリッジに目一杯注入してセットすると、印刷の際にインクがあふれ出してプリンター用紙が汚れてしまいます。その為にもインクの補充は少なめにとよく言われていますが……未だに「少な目の補充」の目安がよく分かりませんので、入るだけ入れてますが、だからとそれで故障したことはありません。www プリンター買い換えるなら、プリンターヘッドが取り外せて洗える(又は新品と交換できる)<キャノン製品>とかがいいかもね。販売店で『プリンターヘッドが取り外せて目詰まり対策などの洗浄が出来るタイプですか?もしくは、別売でプリンターヘッドだけを購入して交換できますか?』と聞いて確認してから購入を考えたほうが良いね。プリンターヘッドの目詰まりは「100円ショップ」インクを使わない場合でも、例え純正インクの場合でも、長時間プリンターを使わない場合はインクが乾燥して固まってそれが目詰まりの原因になるからねー。でも、プリンターヘッドが外せて洗えたり、プリンターヘッドだけを新品のものに交換できるタイプなら完璧だからねーヽ(`◇´)/。 また、修理やメンテナンスの便利さ、様々なサプライ製品の多さや、交換インクの手に入り易さや印刷コストを考えると<エプソン>か<キャノン>に限るね。安売りしてても<ブラザー>や<HP>とかは避けたほうがいいかもねー。 特別安売りしてて、尚且つ、近所に(又は部活の行き帰りに)気軽に立ち寄れる大きなパソコン量販店があるなら<ブラザー>や<HP>でもいいかもねヽ(;・ー・)ノでも、やはりお勧めは、世界的に流通している<キャノン>か<エプソン>だねー。 —————————————————————【2009/01/30追記】               【インクの詰め替え手順】 「100円ショップ」(ダイソー)の詰め替えインクの詰め替え方法は、下記のサイトで紹介されている「排出口」から注入する方法を案内しています。これがっちゃんのPM-900Cだとこれ 「100円ショップ」の詰め替えインクのボトルの先端(さきっぽ)は、いかんせんやや太めなので、 <追記>最近のダイソーの詰め替えインクのボトルには、銀色の超細い金属の管がセットされているので、別のボトルに移し変えることなくそのまま注入できます。 「100円ショップ」の詰め替えインクボトルでインクを注入する場合はこの「排出口」からの注入がいいのですが、注入量を超えると、下からも上からも余分なインクが噴出して手が汚れます。注入量の目安は、カートリッジ上面(画像参照)の赤〇付近からインクが滲み出したら注入ストップです。 なので新聞紙を敷いて、ティシュペーパーを用意しておくといいですよ。尚、ICチップのリセッター云々とありますが、ずーっと下の追記記事【2009/01/22/追記】にICチップのリセッターを使わない方法もあるので参照して下さい。ちなみにICチップのリセッターはここらへんのが安いですよ。ここ<ICチップのリセッター>は他にも様々なタイプがあるので、検索して調べるのも必要です。また、古いタイプのプリンターPM670CとかPM-700Cとか、そのあたりのプリンターはICチップのリセッターを使わずに、単にインク補充だけで使えます。 あと、経験的にインクの補充は、下部の「排出口(噴出口)」から入れるよりも、下記サイトで示しているように、上部から注入した方が、正しく入るようですよ。もちろん、上記の「排出口(噴出口)」からの注入の方が簡単ですが、以下を読んで上部からでもやれそうな場合は試してみるのもいいですね。 ここ 上部の注入口は、通常状態ではシールが張られており見えませんが、よーく観ると、注入口らしい部分が透けて見えますw。<参考画像> よーくインクカートリッジをみると、赤〇や黄〇ふきんになにやらそれらしいものが見えますw赤〇部分が注入口で、ここをボールペンなどでグイッと押して開け、ここから辛抱強くゆっくりとインク注入します。すると、下の黄〇部分(空気弁)が膨らみますが気にしません。また、やり方によっては、上手くインクが注入出来ない場合がありますが、その際は下の黄〇の空気弁部分をカッターなどで数mm切って明けると上手く注入出来ます。 注入完了の目安は、(1)どんなにインクボトルを押してもこれ以上入らない。(2)カートリッジの容量、<16ml>~、20ml>入れた。(3)黄〇の空気弁からインクが溢れてきた。このいずれかを目安にするといいですよ。最後に、梱包用の布テープで、赤〇&黄〇部分を完全にふさいで完了です。また、このサイトでは白いテープで各部分をふさいでいますが、「100円ショップ」で買える梱包用の布テープで代用がききますよ。 ただ、この、上部からのインク注入方法だと、「100円ショップ」(ダイソー)の詰め替えインクボトルでは、先端が太すぎでうまく入りません。ヤレヤレ ┐(´ー`)┌ マイッタネ<追記>最近のダイソーの詰め替えインクのボトルには、銀色の超細い金属の管がセットされているので、別のボトルに移し変えることなくそのまま注入できます。 なので、先端が細めで、尚且つ15ml以上入る容器を探して、その容器にインクを移し替えて注入するといいですよ。オイラは、キャンドゥーという「100円ショップ」に売っていた詰め替えインクの容器を代用していますが、こんな感じの容器なら(先端が細い容器なら)「100円ショップ」の雑貨コーナとかにあったと思います。 <同じ追記ですがw>最近のダイソーの詰め替えインクのボトルには、銀色の超細い金属の管がセットされているので、別のボトルに移し変えることなくそのまま注入できます。 <先ずはカートリッジ底のインク噴出口をテープでふさぎます> <次に、カートリッジ下部もテープでふさぎ、こんな感じで押し込んでインクを注入します(上が注入口で直ぐ下に開けたのが空気穴ですよ)、下に開けた空気穴からインクがドバッと溢れたら注入完了です> で、あとは、<ICチップのリセッター>をつかうか、もしくは、【2009/01/22/追記】で紹介したICチップのリセッターを使わない方法で行うかすれば完了です。 もう一度確認しますが、同じエプソンのプリンターでも<PM-670C>から< PM700C>番台のプリンターはICチップのリセッターを使わずに、単に、インク補充だけで使えます。不安なら、自分のプリンターのインクカートリッジを見て、<ICチップ>が付いているかどうかを確認してください。ちなみに、がっちゃんのプリンターはICチップが確りついています。 【注意】くれぐれも、インクを注入する際は、同じ色のインクを入れてくださいね。 —————————————————– エプソンのプリンターインクについてだけど……http://abcdefg.jpn.org/daiso/printink/cc.html 手元に、100円ショップ「ダイソー」で販売されているエプソンの詰め替えインクの箱があったから見たけど、箱の注意書き(対応表)には【PM900】【PN900C】は記載されてなかったけど、下記のサイトを見るならばできそうだよ。 特に———–から下に示した方法なら、インクの色さえ合えばいけそうな気がする。 でも、詰め替えインクサイトを見ると、……….がっちゃんのプリンター【PM900】【PN900C】でも、インク詰め替えが可能の様だから「ダイソー」で販売されてるインクでもいけると思うよ。http://www.3colors-shop.com/?OVRAW=%E8%A9%B0%E3%82%81%E6%9B%BF%E3%81%88%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%AF&OVKEY=%E8%A9%B0%E3%82%81%E6%9B%BF%E3%81%88%20%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%AF&OVMTC=standard&OVADID=356540541&OVKWID=911602541(1)左側の縦並びメニュー中央の「EPSON/エプソン」→「PMシリーズ」→「PM900C」→(開いた画面上のほうにある)「詰め替えイメージ」を押すとカートリッジ上部からのインク注入方法が書かれてる。 ※この文中にある「シール」はセロハンテープか梱包用の布テープで代用 出来るよ(これらも「ダイソーで買えるw」)※でも、———–から下で書いた、カートリッジ下部からの注入方法のが 簡単だし、下部からの方法なら「ダイソー」のインクでもやれそうだよ。 ただ、こことかで詳しく調べると、がっちゃんのプリンターインクの場合「ICリセッター」が別に必要なのかも知れないね。http://www.daiko2001.co.jp/ink/epson/epson-top.shtml ICリセッターhttp://www.daiko2001.co.jp/ink/epson/ep-resetter.shtml ——————————————— あ!上で紹介したサイトでは、カートリッジ上部にインクの注入口をわざわざ開ける方法で説明されていたけど………..下記サイト(右側)では、カートリッジ下部に既に開いている排出口から押し込む方法で説明されている。http://41ink.com/u-cart/eic6cl10/この、既に穴が開いているカートリッジ下部の「排出口から押し込む方法」ならダイソーの詰め替え用インクでも出来そうだよ。ダイソーの詰め替えインクには、ちゃんと(1)イエロー(2)ライトマゼンダ(3)マゼンダ(4)ライトシアン(5)シアン&(6)ブラックの6色が販売されているから、各色の注入場所さえ間違わなければいけるかもしれない。

Read More

 1人1人顔や性格が違うように、カカオ豆も産地によってそれぞれ個性があるのだって。  タンザニアにもカカオ豆の産地はあり、その豆でタンザニアでチョコレートを作っているChocolate Mamasもある。  タンザニアのカカオ豆は生産量こそ多くないけど、香り高いフルーティーなアロマ豆としてチョコレート業界では名高いらしい。カカオ豆にこだわるチョコレート作りをしているというイタリアのドモーリからはタンザニアのカカオ豆だけを使った「モロゴロ」というチョコレートが出ている。(なぜモロゴロなのかは、きっとモロゴロ州のキロンベロ産のカカオ豆を使ったからだろうね)  日本でチョコレートを使ったアイスクリームや飲み物を提供するお店に関わっていた田中花波さんは、おいしいカカオ豆を求めて、ポーンと海を越えて、タンザニアにやってきた。初めてのタンザニアだ。おいしい豆を手に入れて、日本で作るだけでなく、生産者たちの農園で一緒にチョコレートを作りたいという野望も持っている。  今年の前半にひょいっと1人でタンザニアに来た花波さんは、日本でわたしがカカオ農家へ行ったときのことを書いたブログを見たと言う。そんな縁でタンザニアで知り合った。そしてしばらくの間、ムベヤのカカオ生産地に滞在していた。  残念ながら、今回はいろいろと条件があわず、生産地ではチョコレート作りができなかったそうだ。でも、発酵、乾燥させたカカオ豆を持ち帰り、日本でムベヤのカカオ豆のチョコレートを作ってみるという。次回のタンザニア訪問の時にそれを持参して、カカオ農家の人々にも食べてもらいたいと。  そして今、日本にいるわたしは、ちゃっかり花波さん作のムベヤのカカオ豆のチョコレートをいただく機会を得ちゃったのだ。  焙煎したカカオ豆をペースト状にしたカカオマスとお砂糖だけでできている、できて間もないチョコレート。春先の果物を思わせるような香り。ざらざらとした砂糖の控え目な甘さとともにライムのような爽やかな酸味とほろ苦さが口に広がり、優しい後味を残して溶けゆく。ムベヤの農場のカカオの木にぶら下がっていたカカオの実たちを思い浮かべた。  花波さんによると、できたてのチョコレートは酸味が強いことが多く、ひと月くらい寝かせるとまた違った味わいとなるのだそうだ。ならば、まだいただいてない分はひと月待ってみよう。でも、できたての初々しい?チョコが味わえたのは嬉しい。  ムベヤの農家の人々が口にするのは寝かせて熟成したチョコレートになるのだろう。自分たちのカカオ豆でできたチョコレート。たぶん初めて味わうんじゃないかな。そのとき、どんな表情をして、どんな言葉を口にするのだろう。  チョコレートの味わいの大部分はカカオ豆で決まるという。日本でもカカオ豆を大事にする「カカオからチョコレートまで(Bean to Bar)」のチョコレート店が増えている。花波さんが、タンザニアにお土産に持ってきてくれたのもそんなお店のひとつMinimalのコロンビア産の豆を使ったチョコレートだった。コロンビア産の豆の味わいはタンザニアの豆に似ているらしい。どうしてだろう。  そんな縁?で今回Minimalのチョコレート作りのワークショップに参加したんだ。それはまた次回に。  

Read More

週刊少年ジャンプ2017年20号ゆらぎ荘の幽奈さん 扉絵はなぜかブルマ穿いてる緋扇かるら。スカートで空を飛ぶ天狗女子たしなみでしょうか。 実はコガラシさん大好きな緋扇かるら。抱き枕のコガラシさんの顔が大分気持ち悪いです。 コガラシさんが目の前にいるのにコガラシさんがプリントされた抱き枕にただいまのキスをする緋扇かるら。 マリアナ海溝並みに懐が深いコガラシさんも若干引き気味です。 挟まれるコケラシさん。 ストーキングの果てに風呂まで覗く緋扇かるら。コガラシさんのハーレムっぷりに嫉妬しまくりです。 ゆらぎ荘の幽奈さん 5 (ジャンプコミックス) 鬼滅の刃 大声出されて「ム――…」ってなってる禰豆子。 鬼滅の刃 5 (ジャンプコミックス) 阿波連さんははかれない ガチで寝にいってる阿波連さん。こんだけ寝ててもパンツは見せません。 よしよししてくれる阿波連れいなさん。 いきなり涙目で登場の新キャラの大城さん。 阿波連さんによしよししてもらう大城さん。 態度は小さいけどおっぱいはでかい大城さん。阿波連さんの顔くらいあります。 デンキ街の本屋さん 13 (コミックフラッパー) 阿波連さんははかれないはジャンプ+にて読めます。 『ぼくたちは勉強ができない』 今週は文系古橋文乃回です。そして冒頭から読者サービス全開です。単行本で湯気が取れるパターンでしょうか。 差し入れにせいろにうどん入れて持ってくる緒方理珠。色々おかしいです。 暴言吐きまくって顰蹙を買うも「えへへちょっとうれしい」とか呑気な武元うるか。 夜食は別腹の古橋文乃。 マジカルパティシエ小咲ちゃん!! 4 (ジャンプコミックス)

Read More

今日御紹介するのは、PYTHAGORAS(オランダ)のJOURNEY TO THE VAST UNKNOWNです。 このグループは、レコード・ショップのオーナーでスタジオ・ドラマーでもあるBOB DE JONGと、その店の常連客であるキーボーディストのRENE DE HAANの2人によるユニットです。このアルバムは、彼ら2人だけ(ドラムとキーボードのみ)で制作されていますが、RENE DE HAANは元々非常に裕福な家庭で育ったらしく、当時としてはかなり充実した機材(特にキーボード)で録音されているようです。 音楽的には、ベースにあるのはシンフォと思われますが、3曲目のJourney To The Vast Unknown PartⅢ、5曲目のIn To The Inなどは、完全にミニマルなエレクトロ・ミュージックの様相を呈しています。いずれにしてもシンセ漬けの音楽なので、どうしても平板で単調な感じは否めませんが、その中でもシンフォの雰囲気を醸し出すところは、さすがオランダのグループと言えるのではないでしょうか。 このアルバムのハイライトは、1曲目のJourney To The Vast Unknown PartⅠ、4曲目のJourney To The Vast Unknown PartⅣ、6曲目のWhen It Comes辺りでしょうか。シンセのサウンドがお好きな方は、是非一度聴いてみて下さい。 このアルバムは、こちらのサイトで全曲試聴出来ます。↓https://www.youtube.com/watch?v=cqAgBxnIcUQ

Read More

粘りに粘ったキタアカリだけど、とうとう収穫だ。本当はもう少し粘りたかったんだけどね。 もう確実に明日は雨だし、週末には田に水が入りそうなんだ。そうなると雨に続いて水が入ると最悪の事態だからね。収穫どころじゃなくなるんだよ。だって、水浸しの中でジャガイモを掘るなんてことはできないからねえ。 だったら、雨が上がるまで待てばいいじゃないかと思うだろう。ところがそうはいかないんだよね。この畑は田に水が入っている間は、ずーっと濡れているんだ。だから今日が最後のチャンスということだね。 ここを貸してくれた友達からも、「お前、早う掘らんと、水が来るぞ」って、脅かされてしまったよ。「まだ、倒れてないんよ」とは言ったものの、確かに早くしないと。もう周りは全部終わってしまって、残っているのはヒゲおやじのところだけだからね。 今日が最終チャンス、さあ掘るぞ~~!まだ倒れていないし、本当はもうちょっと置いておきたかったんだけどね。仕方ない、掘ろう。 おー、まずまずじゃないの。豊作とはいかないけどね。男爵よりは随分といい結果だよ。今年は何故か誰に聞いても「男爵がダメだった」って。気候のせいかねえ。 さあ、こんな感じだ。 キタアカリだから、こんなもので上出来の大きさだよ。 てなことで、まずは一安心だ。 お隣さんは、今年はシンシア一辺倒。大きな芋が採れるし、煮崩れしないのでいいらしい。去年シンシアを飢えて、奥さんや娘さんから大好評だったらしいんだ。 で、今年は全部シンシア。今年もそこそこ採れたようだね。 これ、ヒゲおやじが教えてあげたんだよ。 でも、ヒゲおやじはシンシアは好きでないんだ。ベトベトして味が悪いんだよね。ヒゲおやじはホッコリ感のあるジャガイモが好きなので合わないんだ。勿論料理にもよるんだけどね。お隣さんはシンシアに合う料理がお得意なようなんだ。どちらかというとイタリア系の料理だねえ。 我が家は純日本風だからね。野菜にあまりゴチャゴチャ味付けしないで、素材の味を楽しむ方だ。それでもカミさんはジャガイモでも野菜でもマヨネーズをつけたり色々やるけど、ヒゲおやじは精々ポン酢かジャガイモなら塩くらいだねえ。それもつけないことが多いよ。ほとんどは何もつけずにそのまま食べることが多いんだ。 だって、野菜が美味いんだから。折角の野菜の味を楽しまなくては損だと思うんだけどね。サラダなんかでもドレッシングに凝る人の気が知れないねえ。何で折角の野菜の味をわざわざ消してしまうんだろうねえ。 いやまあ、それはそれで美味しいんだろうけどね。 でもドレッシングがないと食べられない野菜なんてと思うけど、スーパーなんかで売っている野菜だと仕方ないねえ。 あ、いや、批判をしているんじゃないんだよ。ヒゲおやじは素材の味を楽しんでいるって話しだからね。 いかんいかん、また脱線してしまった。どうも書いているうちに、どんどん違う方向に行ってしまうので困ったものだ。 今日の作業は、昨日に引き続き草引きだよ。 これは昨日やっつけたこころの続きの畝だ。だから水が入ると浸かってしまうんだよね。 さあ、やっつけよう。 ここもなかなか一筋縄ではいかない。 あ~しんど。腰が痛いよ。 ちょっと一休み。 さて、気を取り直して。 いかんいかん、膝当てをしていても、同じ姿勢を続けると腰が痛いのなんの。膝は随分楽なんだけどね。また、一休みだ。 まあ、これを一気にやるのは無理ってもんだねえ。もうちょっとだ、頑張ろう。 はい、やっつけたよ。 さあ、これで雨が降っても、後は何とかなるだろう。 今日隣で田んぼをやっている人に聞いたら、水が入るのは15,6日くらいだそうだ。取りあえず間に合ったねえ。でも本当はその後が大変なんだけどね。 田の準備も大分できてきたようだね。 耕耘機をかけて肥料を撒いて、後は水が入って代かきだ。 苗の方も順調そうだよ。 今は田植機用にこんなもので苗を育てるんだ。昔は苗代で育てたものだけどね。あ、これ「なわしろ」って読むんだよ。そこまで言わなくても、読者の皆さんは当然ご存じだよね。田んぼの一部に苗代を張って籾を撒いて苗を作ったんだよね。今、そんなことをする人は皆無だ。機械に合う苗を作らないといけないからねえ。 田植えももうすぐだ。こちらは南国と言われながら、結構遅いだろう。稲の成長のピークに高温期を合わせるとこうなるんだそうだ。 さて、今日の天気。 うーん、晴れかなあ曇かなあ。 明るい曇が正解かな。 気温はそこそこだけど、湿度が高かったようだねえ。 動くと直ぐに汗をかいたよ。 勿論汗をかくということは、ビールが美味いということだけどね。 今日のおまけ。 これな~んだ? はい、ご存じナスの花だねえ。 ナスの花って、何でいつも破れ傘なんだろうねえ。まともに綺麗なヤツを見たことがないよ。 てなことで、今日もしっかり働きましたよ。 ちょっと飲み過ぎかな? ありがとうございます。 明日もきっと良い日であります。 ヒゲおやじ

Read More

1月25日のスマスマビストロお客様は、小栗旬さん、山田孝之さん 料理は、辛くてうまいもの プライベートでも仲が良い2人 中「山田くんはさ、基本ふざけてるよね」 あはは~ 山「いえ…」 中「いい目してるよ」 山田さんは、友達でも家に入れないそう。 小栗さんは、家具もない家に山田さんを招待。 中「2人っきり?」 小「2人っきりです。」 山「カーペットだけあって」 中「何やってんの?」 山「そこで飲んだんですよ」 中「それスゴイね。男2人っきりって  相当だと思うもん」 山「2人っきりは大丈夫なんですけど  カーペットしかない家に何で呼んだのかなって」 小「見せたかっただけ」 あはは~ 山田孝之都市伝説①焼肉屋で突然ヘッドバンギング? 中「何これ?」 山「それは、ないんじゃないですか。夜中、  公園行って缶蹴りとかした事はあります。」え~ ②道端で突然ほふく前進? 山「やっぱりこれタレコミですよね?」 小「僕も見た事あります」 戦争ゲームの仲間たちと会って飲んだ時… 山「楽しくなって外に出たら、そのモードになる」 中「そこがおかしい」 山「全員ですよ。  撃たれるよとか言うわけですよ。  そしたら壁にバッと…」 山「道の真ん中、歩けない」あはは~ 小栗さん13歳、中居くん23歳の時ドラマ 『勝利の女神』 で共演 へぇ~ 下でSMAPと正直者は誰だ!?クイズ思い入れがあるもの 小栗さん、草なぎくん、慎吾くんチーム と山田さん、木村くん、吾郎ちゃんチームで対決 3人のうち1人の思い入れのあるモノが登場持ち主でない人は初見でアドリブ芝居で思い入れを語る。本当の持ち主は誰かを当てる。 まずは、小栗さん、草なぎくん、慎吾くんチーム 小「置き物、ビリケン。大阪で買ったもの。  ビリケンは結構いっぱい持っている。  幸福になると聞いたので…」 木「お腹が若干、焦げてるのは?」 小「お香立てなんですよ」

Read More

こんにちは。 38年前、モイカを釣るという概念がなかった当時の日本に、コスタリカの漁師から教わった「エギング」なる釣法を初めて日本に持ち込んだ男「さとふ」です。 みなさまお元気でしょうか? 寒くなってきましたね。寒くなってきたら磯でメジナ釣りだ!などとブログに書いてわめき散らす釣り人がいますが、そういう3流釣り師は無視しまして、これからはやはりミズイカ釣りの季節でございます。 確か、九州の東海岸に位置する大分という田舎ではこのイカが餌を捕食する際に足を広げたさまがカタカナの「モ」に似ていることからモイカと呼んでいるそうです。 実はこのミズイカ、釣って良し!食べて良し!三浦和良し!と言われるほどに、3拍子揃った老若男女、魑魅魍魎からも人気のターゲットとなっております。 ということで今回は福岡県宗像市の沖に浮かぶ「地島(じのしま)」と呼ばれる島に定期船で渡り、底引き網で捕ったんじゃねぇの!?と定期船船員に疑われるほどのミズイカをエギングで捕獲してまいりましたのでその模様をレポートしたいと思います。 平成24年11月24日(土) 13:00すぎ まずは定期船「じのしま」に乗り込み神湊港を出港。数分で島に到着です。 この日は北西風が強かったので、島の南側に位置する「泊」という港に前回り受け身をとりながら入島。この地島は椿が有名な島のようで、いつものように島を探検したくなる気持ちを抑え、堤防へ歩いて行きます。 ちょうど風裏なのでしょうか。風もそこまできつくなく、釣りやすい感じ。 まずは赤いエギを結んで、釣り開始!数投目でアタリがあったもののフッキングせず。。。 まぁ、なんの下調べもせずに当日仕事が午前中で終わったんでフラッと定期船に乗った私にとってイカがいるという反応を感じれただけでも大収穫。 シャクリングにも力が入ります。 基本的には車エビを意識したキレのあるシャクリで攻めつつ、時折赤エビのように軽やかなタンゴのステップで、そして時には手長エビを彷彿とさせる情熱的なフラメンコのように・・・コスタリカ仕込みの竿さばきでミズイカを誘惑します。 すると、竿先に重みを感じました。イカのゲソを引きちぎらんばかりの勢いでアワセを決めます。そして、こいつが只者ではないということに気付くのに時間は必要ありませんでした。 ジリジリジリとドラグが悲鳴を上げながら出ていきます。通常の釣り人ならこの圧倒的な力を持った獲物に恐怖し、 「無念!」 の一言を残し、舌を噛み切るところですが、百戦錬磨の私はこの危機的状況においても発狂することなく、冷静にこの獲物を釣りあげる方程式を解いていました。 ここで無理をするのは得策ではないと判断し、ひたすら竿でタメる作戦に。 完璧な方程式が組み上がり、あとは相手が根負けするのを待つのみ。この時、タモを持ってきていないことなど頭のどこにもありませんでした。。。いや、人間は何か衝撃的な事態に陥った時に自分を守るために、脳がその記憶を隔離すると聞いたことがあります。今回はそれだったのかもしれません。。。 しかし、流石に私もバカではありません。 ここでようやく気付きます。 「あっ!これ根掛りだ!」 その後、300gぐらいのモイカを2体捕獲し、家路につきました。 続きまして、シェフさとふの今日のお料理(ビギナーズ)のお時間です。今日のメニューは ・モイカソーメンの糸こんにゃく風・イカ刺し の2品です。 今日は時間の都合上、出来上がったものをこちらに準備しております。 ほいっ!

Read More

大阪にあるホテル、リッツカールトンがなぜ1流か?それは。食材でもなく、造りでもない、 『先取りサービス』だからです。 例:友人同士の廊下での会話[そういえば、今日誕生日だったんだね」それを聴いたベルボーイが、報告し、彼の部屋に《ケーキとバースデイカード》が置いてあった。 日頃、最善のサービスをしたいと思ってないと、こんなサービスは出来ない。———————————————————————– バグダッド・カフェ Out of Rosenheim ストーリードイツはミュンヘン近く、オーストリアにも近いローゼンハイムからの旅行者ジャスミンは、まるで1940年代のファッションと豚に近い図体と美人と決して言えない。ただ彼女には大きな2つの才能があった。 アメリカ道中に夫と喧嘩をし車を降りてしまう。彼女は重いトランクを提げて歩き続け、ラスヴェガス近郊のセンターに立ち寄る。センターと言ってもモハーヴェ砂漠の中にあるさびれたモーテル兼カフェ兼ガソリンスタンド「バグダッド・カフェ」に着く。 いつも不機嫌な女主人のブレンダ他、変わり者ばかりが集う「バグダッド・カフェ」。 いつも気だるいムードが漂う中、ヤスミンが現れてから、彼女の才能が発揮されて、みんな仲良しに…. 映画は、ドイツの田舎から夫婦でアメリカ旅行をして、ラスベガスから少し離れた砂漠で夫婦げんかが始まり、でぶっちょで美人でもなく、若くもない奥さん ムシュテットナー※一度聴いても決して覚えられない名前なので、自分をジャスミンと名乗った。 彼女は、これからは、きっと今より幸せになると描いた。 しかし、ドイツの時代遅れの服を、豚に近い図体にまとって、これから、幸せになるんだと言っても、どうすればいいか判らない。 彼女は、彼女の気持ちのまま、気持ちのいいことを始め出す、のし ノシッと。 彼女の過剰で予告なしの行動にみんなは、戸惑う。 すぐ忘れる夫を追い出したばかりの、モーテル・Gスタンド・カフェの女主人 ピアノばかり練習する子持ちの少年 男遊びに夢中の娘 モーテル常駐の女刺青師(年とってしまったクリスティーヌ・カウフマン) キャンピングカーで暮す初老の隠居(ジャック・バランス) ブーメランを振り回すテント暮らしの青年 インディアンのバーテンダー 彼らには、共通するものがないので、みんな知らん振り,干渉しない、されないそれぞれ、距離を置いていた。 そこへ、ジャスミンが、境界線を破っていった、もちろん、ためらいもあったけど…。 そこでセリフ。※たった3行ですみません。 ジャック・バランスが頼んでジャスミンの肖像画を書き出す。最初は、ドイツ民族衣装のようないでたち、次第に彼女は、彼女の脱皮のように、何日もかけて、自分の意思で彼の意図を汲んでとうとう彼女はヌードになる。 ジャック「いい言葉だね」 ジャスミン「何が」 ジャック「ビジョンだよ」 ビジョンがあれば、なんだってできる 幸せになりたいと願えば、常に思えば、幸せになれる。痩せたいと願えば、常に思えば、きっと痩せる。 この映画でブーメランがよく出てきます。それは、前に投げたら、自分に戻ってくる ヒトにいいことすれば、それは、倍返しで戻ってくるヒトに何もしなかれば、なにも戻ってこない。 そういうことなんです。 バグダッド・カフェ Out of Rosenheim

Read More