那珂湊の沖堤前でキス釣りを切り上げて、ボート撤収作業をしていると、かみさんと娘が 「あの魚、何?」 見ると、スロープの浅瀬のボラの子供達の群れの下に、娘の手の平より少し大きいくらいの魚がいます。 「チンチンかなぁ…」 「ちんちん!?」 「あはは」 クロダイの事を、海釣り師は『チヌ』と言いますが、それより小さいサイズを『カイズ』、さらに小さいサイズを『チンチン』と言うのです。 「なるほど」 「釣りたい?」 「うん!!」 と言うことで、ロッキー、ささっと仕掛けをつくるとかみさんと娘に渡します。 が、釣れない彼女たち。 フカセ釣りといって、針の重みだけでエサを沈めて魚を釣る仕掛けに戸惑っているようです。 ロッキーが代わりにやってみせると? 釣れた釣れた。 娘、初体験のクロダイです。 この大きいのが… 釣れるかな?

Read More

 今年も東洋経済新報社より本年版の『本当に強い大学』が出版されました。 そこで、同誌の「大学四季報」に掲載されている2018年5月時点の学生数(大学院生を含む)と助教以上の専任教員数とからST比(教員1人あたり学生数)を算出しました。 ST比を作るには、教員が面倒をみるべき学生として、やはり学部だけではなく大学院も含まないといけないと考えるのですが、この大学別の大学院生数と大学院教員数を抽出するのが大変なもので、同誌のデータは非常に助かります。 なお、同誌に数値が掲載されていないところについては別資料から補完を行いましたが、省庁大学校の場合に大学院相当の数値が分からないところもあり、防衛医科大学校、国立看護大学校、職業能力開発総合大学校については算出を見送りました。 さらに、同誌では学生数に通信制課程を含むか否かは明示されていませんが、通信制課程を併設する慶応・法政・日大・産能についてチェックしたところ通信制を含まない数値と確認できたため、通信制を除くものと見做しました。そのため、通信制専業である放送大学、東京通信大学、ビジネス・ブレークスルー大学、SBI大学院大学、星槎大学、八洲学園大学、サイバー大学について算出を致しませんでした。そもそも通信制は構造上ST比の値が非常に大きくなるはずですので同列には並べづらいかと思います。  さて、算出結果をST比の大きい順に並べました。一般的にST比は小さいほど「学生数に比して教員が多い=教育環境が良い」と評価されます。従って、ST比の大きい順=ワースト順と一般的にはいえるでしょう。 最もST比が高かったのは大阪経済大学で51.4人、以下、産業能率大学が47.8人、駒澤大学が46.3人、阪南大学が44.8人、関西大学が44.1人と続いています。 末尾に文部科学省の統計から大学全体のST比を算出したグラフを載せてありますが、国公私立合計で15.7人、設置別には国立で9.3人、公立で11.4人、私立で20.3人となっています。上記の40人以上となると私立大学の平均から2倍近い数値となります。  もっとも、ST比は専攻によって要する教員の数が違ってくるものでもあります。順位下位をみると、医科単科の大学が多くなっていますが、このあたりは医師養成に様々な専門の教員が必要ということがあるでしょう。私立医科についてもっと言えば、大学病院も同じ学校法人の中ですので、病院の医師も皆教員という扱いになればST比は非常に下がります。医学部・大学病院以外のST比をとると、総合大学は違った値になるでしょう。 また、定員割れしている大学も必然的にST比が高まります。それはそれでST比の観点からは「環境がよい」という判断もあると思います。ただ、それでもST比が低いからといって必ずしも大学が良い状態かどうかは分からないところがあります。  このように、一般的にST比が低いほど良いという一般的解釈なれど、個々の事情によっては必ずしも良いかどうかは判断しづらいところがあります。 しかし、高すぎるのはマズいでしょう。 ST比の高いのは文系中心の大学で、専攻上相対的高値は不可避とは言え、大経大のように専任教員1あたり50人以上の学生をみるというのは妥当なのか。同誌の「大学四季報」では「入学時からのゼミ形式による少人数教育」と大経大は紹介されていますが、数値的には?なところです。もちろん、大学設置基準に違反している訳ではないでしょうし、非常勤や外部の現役の実務者の方らが有益なゼミを開講されているのであろうかと期待しますが、それでも、できるだけ学生に対面する大学の専任教員はしっかり配置されるべきだと思います。  少なくとも、ST比の高さをみて「生産性が高い」とほくそ笑むような悪徳卑劣な大学経営者は、日本にいないものと信じたいですね。 【各大学のST比(教員1人あたり学生数)】(2018年5月)●:国立大学、▲:公立大学、○:私立大学、◆:省庁大学校( )内はST比(=総学生数(学部学生数+大学院生数)÷助教以上の専任教員数、単位:人) 1位:○大阪経済大学(51.35)2位:○産業能率大学(47.75)3位:○駒澤大学(46.27)4位:○阪南大学(44.79)5位:○関西大学(44.14)6位:○専修大学(43.73)7位:○国士舘大学(43.71)8位:○明治学院大学(43.70)9位:○國學院大學(43.35)10位:○獨協大学(43.31)11位:○大阪商業大学(43.10)12位:○追手門学院大学(42.76)13位:○沖縄国際大学(42.66)14位:○東京経済大学(41.57)15位:○法政大学(41.57)16位:○桃山学院大学(41.34)17位:○愛知大学(41.33)18位:○白鴎大学(41.32)19位:○東京女子体育大学(41.30)20位:○東洋大学(40.98)21位:▲高崎経済大学(40.90)22位:○拓殖大学(40.87)23位:○武蔵大学(40.78)24位:○千葉商科大学(40.68)25位:○西南学院大学(40.59)26位:○学習院女子大学(40.48)27位:○成城大学(40.18)28位:○跡見学園女子大学(39.96)29位:○中京大学(39.88)30位:○神奈川大学(39.64)31位:○二松學舍大學(39.21)32位:○関西外国語大学(39.17)33位:○龍谷大学(39.17)34位:○大阪産業大学(38.59)35位:○同志社大学(37.93)36位:○立正大学(37.90)37位:○中央大学(37.68)38位:○東京造形大学(37.57)39位:○桜美林大学(37.54)40位:○北海学園大学(37.47)41位:▲下関市立大学(37.15)42位:○文教大学(37.13)43位:○清泉女子大学(37.06)44位:○愛知淑徳大学(36.94)45位:○武蔵野美術大学(36.62)46位:○城西大学(36.59)47位:○東海学園大学(36.43)48位:○東北学院大学(36.36)49位:○愛知工業大学(36.31)50位:○中央学院大学(36.12)51位:○びわこ成蹊スポーツ大学(36.07)52位:○千葉工業大学(35.74)53位:○実践女子大学(35.70)54位:○流通科学大学(35.40)55位:○東洋英和女学院大学(35.34)56位:○高千穂大学(35.16)57位:○神戸学院大学(35.06)58位:○立命館アジア太平洋大学(35.03)59位:▲釧路公立大学(35.00)60位:○皇學館大学(34.86)61位:○日本経済大学(34.86)62位:○東洋学園大学(34.84)63位:○名古屋学院大学(34.81)64位:○亜細亜大学(34.69)65位:○名古屋商科大学(34.61)66位:○中村学園大学(34.56)67位:○共栄大学(34.38)68位:○日本女子体育大学(34.33)69位:○東京女子大学(34.28)70位:○大同大学(34.24)71位:○大阪経済法科大学(34.20)72位:○流通経済大学(34.18)72位:○大妻女子大学(34.18)74位:○大正大学(34.17)75位:○共愛学園前橋国際大学(33.97)76位:○関西学院大学(33.94)77位:○札幌大学(33.90)78位:○関東学院大学(33.65)79位:○京都外国語大学(33.64)80位:○青山学院大学(33.60)81位:○女子美術大学(33.53)82位:○大阪学院大学(33.50)83位:○同志社女子大学(33.44)84位:○日本体育大学(33.43)85位:○立教大学(33.28)86位:○駿河台大学(33.26)87位:○共立女子大学(33.12)88位:○明治大学(32.99)89位:○尚美学園大学(32.87)90位:○九州共立大学(32.86)91位:○松山大学(32.77)92位:○甲南大学(32.71)93位:○フェリス女学院大学(32.40)94位:○多摩美術大学(32.22)95位:○淑徳大学(32.21)96位:○東京工芸大学(32.21)97位:○多摩大学(32.16)97位:○奈良大学(32.16)99位:○聖心女子大学(32.09)100位:○神戸女学院大学(32.05)101位:○成蹊大学(32.04)102位:○日本文化大学(31.88)103位:○神戸国際大学(31.81)104位:○広島修道大学(31.81)105位:○四天王寺大学(31.71)106位:○東京農業大学(31.64)107位:○名城大学(31.57)108位:○津田塾大学(31.54)109位:○学習院大学(31.48)110位:○北星学園大学(31.47)111位:○京都女子大学(31.39)112位:○熊本学園大学(31.30)113位:○名古屋外国語大学(31.26)114位:○洗足学園音楽大学(31.16)115位:○帝塚山大学(31.13)116位:○至誠館大学(31.13)117位:○京都産業大学(31.09)118位:○大東文化大学(31.07)119位:○椙山女学園大学(30.96)120位:○武蔵野大学(30.86)121位:○大阪電気通信大学(30.77)122位:○沖縄大学(30.76)123位:○ものつくり大学(30.68)124位:○九州産業大学(30.67)125位:○東京工科大学(30.49)126位:○沖縄キリスト教学院大学(30.38)127位:○東京国際大学(30.35)128位:○大阪体育大学(30.19)129位:○東京家政大学(30.13)130位:○福岡工業大学(29.95)131位:○九州国際大学(29.87)132位:○日本大学(29.74)133位:▲青森公立大学(29.70)134位:▲都留文科大学(29.64)135位:○埼玉工業大学(29.59)136位:○文京学院大学(29.31)137位:○筑紫女学園大学(29.30)138位:○京都文教大学(29.23)139位:○和光大学(28.96)140位:○国際武道大学(28.66)141位:○千葉経済大学(28.60)142位:○湘南工科大学(28.60)143位:○福岡女学院大学(28.56)144位:○昭和女子大学(28.31)145位:○広島経済大学(28.26)146位:○東北工業大学(28.25)147位:○武庫川女子大学(28.23)148位:○金沢星稜大学(28.22)149位:○新潟国際情報大学(28.18)150位:○佛教大学(28.10)151位:○女子栄養大学(28.03)152位:○南山大学(27.99)153位:○日本女子大学(27.93)154位:○宮城学院女子大学(27.91)155位:○工学院大学(27.90)156位:○敬愛大学(27.72)157位:○上武大学(27.61)158位:○西日本工業大学(27.60)159位:○名古屋女子大学(27.55)160位:○日本工業大学(27.50)161位:○日本文理大学(27.25)162位:○鹿児島国際大学(27.15)163位:○藤女子大学(27.13)164位:○明星大学(27.12)165位:○摂南大学(27.10)166位:○平成国際大学(27.07)167位:○東京情報大学(27.04)168位:○大手前大学(26.97)169位:○横浜商科大学(26.94)170位:○盛岡大学(26.90)171位:○大谷大学(26.83)172位:○早稲田大学(26.77)173位:○金城学院大学(26.77)174位:○芝浦工業大学(26.59)175位:○至学館大学(26.57)176位:○立命館大学(26.54)177位:○東北福祉大学(26.52)178位:▲宮崎公立大学(26.50)179位:○大阪女学院大学(26.48)180位:○日本福祉大学(26.43)181位:○名古屋経済大学(26.42)182位:○上智大学(26.41)183位:○東京都市大学(26.16)184位:○東京電機大学(26.16)185位:○大阪樟蔭女子大学(26.11)186位:○大阪国際大学(26.10)187位:▲神戸市外国語大学(26.09)188位:○清和大学(26.08)189位:○京都橘大学(26.07)190位:○玉川大学(26.05)191位:○広島工業大学(26.05)192位:○大阪総合保育大学(25.95)193位:○安田女子大学(25.95)194位:○十文字学園女子大学(25.88)195位:▲北九州市立大学(25.73)196位:○大阪芸術大学(25.73)197位:○白百合女子大学(25.55)198位:▲長野大学(25.47)199位:○岐阜協立大学(25.45)200位:○梅光学院大学(25.35)201位:○相模女子大学(25.23)202位:○東京理科大学(25.15)203位:○白梅学園大学(25.10)204位:○江戸川大学(25.02)205位:○大阪工業大学(25.02)206位:○鎌倉女子大学(24.98)207位:▲熊本県立大学(24.94)208位:○明治薬科大学(24.94)209位:○山梨学院大学(24.85)210位:○神奈川工科大学(24.79)211位:○比治山大学(24.74)212位:▲尾道市立大学(24.68)213位:○桐蔭横浜大学(24.65)214位:○城西国際大学(24.63)215位:○福井工業大学(24.54)216位:○日本薬科大学(24.34)217位:○甲南女子大学(24.14)218位:○愛知みずほ大学(24.05)219位:○尚絅学院大学(24.01)220位:○嘉悦大学(24.00)221位:○日本社会事業大学(23.95)222位:○仙台大学(23.91)223位:○愛知東邦大学(23.84)224位:○志學館大学(23.82)225位:○名古屋造形大学(23.74)226位:○大阪大谷大学(23.73)227位:○北海商科大学(23.71)228位:○ノートルダム清心女子大学(23.63)229位:○徳山大学(23.49)230位:○デジタルハリウッド大学(23.47)231位:○愛知学院大学(23.42)232位:○宮崎産業経営大学(23.39)233位:○静岡産業大学(23.32)234位:○神戸親和女子大学(23.25)235位:○東北芸術工科大学(23.23)236位:○麗澤大学(23.21)237位:○神戸女子大学(23.17)238位:○広島女学院大学(23.03)239位:○神戸松蔭女子学院大学(23.01)240位:○山梨英和大学(22.96)241位:○長浜バイオ大学(22.77)242位:○京都薬科大学(22.74)243位:○恵泉女学園大学(22.65)244位:○中部大学(22.62)245位:○大阪音楽大学(22.54)246位:○横浜薬科大学(22.54)247位:▲公立千歳科学技術大学(22.54)248位:○東京成徳大学(22.49)249位:○羽衣国際大学(22.36)250位:○常葉大学(22.32)251位:○花園大学(22.09)252位:○関西国際大学(22.00)253位:○同朋大学(21.98)254位:○大阪薬科大学(21.97)255位:○帝塚山学院大学(21.91)256位:○東京聖栄大学(21.90)257位:○札幌学院大学(21.78)258位:○常磐会学園大学(21.77)259位:○環太平洋大学(21.75)260位:○畿央大学(21.74)261位:○名古屋学芸大学(21.73)262位:○天理大学(21.70)263位:○酪農学園大学(21.62)264位:○目白大学(21.62)265位:○久留米工業大学(21.62)266位:○金沢学院大学(21.57)267位:○国際基督教大学(21.52)268位:○成安造形大学(21.45)269位:▲長岡造形大学(21.44)270位:○くらしき作陽大学(21.42)271位:○愛知産業大学(21.41)272位:○茨城キリスト教大学(21.40)273位:○横浜美術大学(21.40)274位:○筑波学院大学(21.38)275位:○創価大学(21.29)276位:○埼玉学園大学(21.25)277位:○岡山商科大学(21.18)278位:○ヤマザキ動物看護大学(21.16)279位:○静岡理工科大学(21.11)280位:○岐阜聖徳学園大学(21.10)281位:○金沢工業大学(21.09)282位:○高崎商科大学(21.06)283位:○京都先端科学大学(21.06)284位:○日本映画大学(21.05)285位:▲公立諏訪東京理科大学(21.00)286位:○松本大学(20.90)287位:○就実大学(20.89)288位:○帝京平成大学(20.79)289位:○嵯峨美術大学(20.76)290位:○駒沢女子大学(20.75)291位:○北翔大学(20.68)292位:○桜花学園大学(20.67)293位:○近畿大学(20.59)294位:○敬和学園大学(20.58)295位:○文化学園大学(20.52)296位:○九州ルーテル学院大学(20.50)297位:○東京家政学院大学(20.49)298位:○東京未来大学(20.40)299位:○帝京科学大学(20.39)300位:○仁愛大学(20.37)301位:○東京薬科大学(20.34)302位:○名古屋文理大学(20.29)303位:●一橋大学(20.28)304位:○麻布大学(20.27)305位:○長崎国際大学(20.26)306位:○九州女子大学(20.26)307位:○田園調布学園大学(20.24)308位:○新潟薬科大学(20.23)309位:▲奈良県立大学(20.21)310位:○聖学院大学(20.19)311位:▲福山市立大学(20.17)312位:○神戸芸術工科大学(20.15)313位:○名古屋音楽大学(20.13)314位:○福山大学(20.09)315位:○関東学園大学(20.09)316位:▲長崎県立大学(20.05)317位:○大和大学(20.02)318位:○星城大学(20.00)319位:○長岡大学(19.96)320位:▲公立鳥取環境大学(19.93)321位:●小樽商科大学(19.91)322位:○西武文理大学(19.89)323位:○植草学園大学(19.89)324位:○富山国際大学(19.86)325位:○大阪成蹊大学(19.82)326位:●愛知教育大学(19.82)327位:○新潟産業大学(19.79)328位:○四国学院大学(19.78)329位:○東京富士大学(19.68)330位:○昭和音楽大学(19.66)331位:○神戸薬科大学(19.66)332位:▲前橋工科大学(19.64)333位:●総合研究大学院大学(19.64)334位:●福島大学(19.62)335位:○九州栄養福祉大学(19.57)336位:○第一薬科大学(19.56)337位:○東北公益文科大学(19.55)338位:○常磐大学(19.43)339位:○星薬科大学(19.41)340位:○作新学院大学(19.38)341位:○名古屋産業大学(19.35)342位:○大阪観光大学(19.30)343位:○青森中央学院大学(19.29)344位:○北海道科学大学(19.27)345位:○日本医療科学大学(19.21)346位:○グロービス経営大学院大学(19.18)347位:○名古屋芸術大学(19.10)348位:○杉野服飾大学(19.10)349位:○神戸医療福祉大学(19.07)350位:▲名桜大学(19.06)351位:○別府大学(19.04)352位:○南九州大学(18.90)353位:○国立音楽大学(18.87)354位:○昭和薬科大学(18.85)355位:○関西福祉科学大学(18.77)356位:○長崎純心大学(18.71)357位:○岡山理科大学(18.71)358位:○長崎外国語大学(18.68)359位:○帝京大学(18.57)360位:○相愛大学(18.54)361位:○ノースアジア大学(18.53)362位:○静岡英和学院大学(18.51)363位:○松山東雲女子大学(18.50)364位:○京都美術工芸大学(18.46)365位:●埼玉大学(18.46)366位:○四日市大学(18.31)367位:○新潟医療福祉大学(18.29)368位:●滋賀大学(18.25)369位:○中京学院大学(18.23)370位:○仙台白百合女子大学(18.22)371位:○こども教育宝仙大学(18.11)372位:○西九州大学(18.05)373位:○武蔵野学院大学(17.95)374位:○和洋女子大学(17.87)375位:○神戸山手大学(17.86)376位:○北海道文教大学(17.80)377位:○北海道情報大学(17.75)378位:○京都医療科学大学(17.71)379位:●室蘭工業大学(17.70)380位:○四国大学(17.68)381位:○東海大学(17.57)382位:○西南女学院大学(17.53)383位:▲群馬県立女子大学(17.50)384位:○北陸学院大学(17.45)385位:▲福知山公立大学(17.43)386位:○北陸大学(17.42)387位:●大阪教育大学(17.39)388位:○富士大学(17.32)389位:○京都精華大学(17.29)390位:○美作大学(17.25)391位:○大阪人間科学大学(17.21)392位:○太成学院大学(17.18)393位:○京都華頂大学(17.16)394位:○京都光華女子大学(17.10)395位:▲公立はこだて未来大学(17.07)396位:●東京外国語大学(17.06)397位:○福岡大学(17.06)398位:○神田外語大学(16.96)399位:○神戸海星女子学院大学(16.86)400位:●東京学芸大学(16.86)401位:○京都造形芸術大学(16.78)402位:▲高知工科大学(16.76)403位:○つくば国際大学(16.73)404位:●横浜国立大学(16.67)405位:●福岡教育大学(16.67)406位:○園田学園女子大学(16.65)407位:○愛知文教大学(16.57)408位:●名古屋工業大学(16.48)409位:▲愛知県立大学(16.47)410位:▲静岡文化芸術大学(16.37)411位:○岡崎女子大学(16.37)412位:○東京福祉大学(16.25)413位:○桐生大学(16.21)414位:○長崎総合科学大学(16.20)415位:●九州工業大学(16.19)416位:○芦屋大学(16.16)417位:●電気通信大学(16.14)418位:●和歌山大学(16.09)419位:○桐朋学園大学(16.06)420位:○明海大学(16.04)421位:○岐阜医療科学大学(16.04)422位:○広島国際大学(15.98)423位:○広島国際学院大学(15.89)424位:○八戸工業大学(15.88)425位:○静岡福祉大学(15.87)426位:○足利大学(15.85)427位:○川村学園女子大学(15.84)428位:○ルーテル学院大学(15.84)429位:○愛知工科大学(15.80)430位:○京都ノートルダム女子大学(15.78)431位:○高松大学(15.72)432位:○九州情報大学(15.71)433位:○慶應義塾大学(15.62)434位:○山口学芸大学(15.62)435位:○桃山学院教育大学(15.59)436位:●お茶の水女子大学(15.56)437位:○鈴鹿医療科学大学(15.50)438位:○びわこ学院大学(15.41)439位:○兵庫医療大学(15.38)440位:○第一工業大学(15.37)441位:○中部学院大学(15.37)442位:○了徳寺大学(15.36)443位:○九州看護福祉大学(15.35)444位:○崇城大学(15.35)445位:●北見工業大学(15.27)446位:○関西福祉大学(15.25)447位:○梅花女子大学(15.24)448位:○札幌国際大学(15.23)449位:○藍野大学(15.23)450位:○広島文化学園大学(15.20)451位:●宮城教育大学(15.15)452位:▲新潟県立大学(15.13)453位:○大阪物療大学(15.00)454位:○東日本国際大学(14.98)455位:▲山口県立大学(14.94)456位:○長野保健医療大学(14.87)457位:○函館大学(14.83)458位:●茨城大学(14.72)459位:●静岡大学(14.59)460位:○聖徳大学(14.57)460位:○大阪行岡医療大学(14.57)462位:○広島文教大学(14.56)463位:○平安女学院大学(14.54)464位:○日本医療大学(14.54)465位:○愛知学泉大学(14.54)466位:○新潟経営大学(14.52)467位:○倉敷芸術科学大学(14.52)468位:●宇都宮大学(14.48)469位:○高崎健康福祉大学(14.43)470位:○大阪青山大学(14.42)471位:●東京農工大学(14.41)472位:▲山陽小野田市立山口東京理科大学(14.40)472位:○純真学園大学(14.40)474位:○石巻専修大学(14.34)475位:○群馬パース大学(14.27)476位:○弘前学院大学(14.24)477位:○東北文化学園大学(14.23)478位:○武蔵野音楽大学(14.16)478位:○清泉女学院大学(14.16)480位:○秀明大学(14.10)481位:▲京都府立大学(14.09)482位:▲滋賀県立大学(14.05)483位:○金城大学(14.03)484位:○佐久大学(14.03)485位:○東京医療学院大学(14.00)486位:○九州保健福祉大学(13.98)487位:○浜松学院大学(13.97)488位:○文星芸術大学(13.95)489位:●北海道教育大学(13.93)490位:○愛国学園大学(13.89)491位:●岩手大学(13.84)492位:○大阪河崎リハビリテーション大学(13.84)493位:○福山平成大学(13.78)494位:●京都教育大学(13.77)495位:○聖隷クリストファー大学(13.74)496位:○尚絅大学(13.72)497位:○京都看護大学(13.71)498位:○日本獣医生命科学大学(13.70)499位:○日本赤十字北海道看護大学(13.69)500位:●鹿屋体育大学(13.68)501位:▲宮城大学(13.68)502位:○東京音楽大学(13.60)503位:○関西看護医療大学(13.60)504位:○聖カタリナ大学(13.60)505位:○開智国際大学(13.58)506位:○広島都市学園大学(13.54)507位:▲首都大学東京(13.54)508位:○神戸常盤大学(13.52)509位:○東京医療保健大学(13.51)510位:○青森大学(13.51)511位:○千葉科学大学(13.49)512位:○熊本保健科学大学(13.43)513位:○浦和大学(13.42)513位:○鈴鹿大学(13.42)515位:○聖マリア学院大学(13.37)516位:○新潟青陵大学(13.34)517位:●京都工芸繊維大学(13.25)518位:○健康科学大学(13.18)519位:○札幌大谷大学(13.17)520位:○日本赤十字豊田看護大学(13.16)521位:○福島学院大学(13.15)522位:○川崎医療福祉大学(13.04)523位:○旭川大学(13.04)524位:○日本赤十字広島看護大学(13.02)525位:○湘南医療大学(13.02)526位:●奈良女子大学(13.01)527位:○吉備国際大学(13.00)528位:○新潟工科大学(12.93)529位:▲兵庫県立大学(12.86)530位:○四條畷学園大学(12.85)531位:▲国際教養大学(12.82)532位:○高岡法科大学(12.81)533位:●奈良教育大学(12.77)534位:○新潟リハビリテーション大学(12.77)535位:○東北文教大学(12.58)536位:▲高知県立大学(12.55)537位:○徳島文理大学(12.52)538位:○弘前医療福祉大学(12.50)539位:○兵庫大学(12.49)540位:○修文大学(12.42)541位:○関西医療大学(12.37)542位:○奈良学園大学(12.32)543位:○豊橋創造大学(12.23)544位:○中国学園大学(12.20)545位:○横浜創英大学(12.19)546位:○活水女子大学(12.10)547位:▲大阪府立大学(12.01)548位:○大阪保健医療大学(11.97)549位:○四日市看護医療大学(11.95)549位:○千里金蘭大学(11.95)551位:○国際大学(11.93)552位:▲福岡女子大学(11.92)553位:○宇部フロンティア大学(11.90)554位:○鳥取看護大学(11.89)555位:○日本赤十字九州国際看護大学(11.85)556位:○福岡女学院看護大学(11.85)557位:○日本赤十字看護大学(11.81)558位:○甲子園大学(11.79)559位:○姫路大学(11.76)560位:○星槎道都大学(11.75)561位:▲県立広島大学(11.72)562位:▲金沢美術工芸大学(11.71)563位:○岐阜女子大学(11.71)564位:○森ノ宮医療大学(11.70)565位:○宝塚医療大学(11.67)566位:●愛媛大学(11.65)567位:○八戸学院大学(11.58)568位:○東北生活文化大学(11.57)569位:▲福井県立大学(11.57)570位:●東京藝術大学(11.53)571位:○群馬医療福祉大学(11.53)572位:○東大阪大学(11.52)573位:▲岩手県立大学(11.49)574位:○札幌保健医療大学(11.47)575位:○亀田医療大学(11.46)576位:●長岡技術科学大学(11.42)577位:▲愛知県立芸術大学(11.42)578位:▲青森県立保健大学(11.39)579位:○天使大学(11.35)580位:●熊本大学(11.31)581位:▲大阪市立大学(11.31)582位:▲埼玉県立大学(11.27)583位:▲静岡県立大学(11.27)584位:▲岡山県立大学(11.25)585位:○姫路獨協大学(11.20)586位:▲岐阜薬科大学(11.15)587位:○平成音楽大学(11.14)588位:▲京都市立芸術大学(11.12)589位:▲会津大学(11.11)590位:▲三重県立看護大学(11.10)591位:○宝塚大学(11.06)592位:●東京海洋大学(11.05)593位:○聖泉大学(11.04)594位:○北海道千歳リハビリテーション大学(10.95)595位:▲札幌市立大学(10.95)596位:▲福岡県立大学(10.93)597位:○天理医療大学(10.92)598位:○長崎ウエスレヤン大学(10.91)599位:●山口大学(10.90)600位:●山形大学(10.90)601位:○事業創造大学院大学(10.81)602位:○山陽学園大学(10.79)603位:▲山梨県立大学(10.78)604位:▲山形県立米沢栄養大学(10.65)605位:●千葉大学(10.63)606位:●富山大学(10.62)607位:●信州大学(10.59)608位:●香川大学(10.56)609位:○人間環境大学(10.53)610位:○秋田看護福祉大学(10.51)611位:○日本赤十字秋田看護大学(10.51)612位:▲島根県立大学(10.46)613位:○上野学園大学(10.43)614位:●神戸大学(10.37)615位:▲神奈川県立保健福祉大学(10.33)616位:○人間総合科学大学(10.21)617位:●帯広畜産大学(10.21)618位:○豊田工業大学(10.19)619位:○鶴見大学(10.17)620位:○東亜大学(10.16)621位:○北海道医療大学(10.12)622位:○宇都宮共和大学(10.00)622位:○日本保健医療大学(10.00)624位:○東京純心大学(9.97)625位:○LEC東京リーガルマインド大学院大学(9.93)626位:●佐賀大学(9.88)627位:○郡山女子大学(9.83)628位:▲広島市立大学(9.82)629位:●東京工業大学(9.81)630位:○文化ファッション大学院大学(9.80)631位:▲富山県立大学(9.79)632位:○宮崎国際大学(9.73)633位:●新潟大学(9.72)634位:○高野山大学(9.68)635位:○医療創生大学(9.67)636位:▲秋田公立美術大学(9.66)637位:●岐阜大学(9.66)638位:▲石川県立大学(9.62)639位:●豊橋技術科学大学(9.59)640位:◆水産大学校(9.58)641位:○一宮研伸大学(9.55)642位:●琉球大学(9.54)643位:●兵庫教育大学(9.37)644位:○国際医療福祉大学(9.29)645位:○東京有明医療大学(9.24)646位:▲千葉県立保健医療大学(9.23)647位:▲沖縄県立看護大学(9.21)648位:▲新見公立大学(9.20)649位:●秋田大学(9.13)650位:●広島大学(9.13)651位:●鹿児島大学(9.09)652位:▲名寄市立大学(9.09)653位:●弘前大学(9.07)654位:○東北女子大学(9.03)655位:●大分大学(9.01)656位:○社会情報大学院大学(9.00)657位:●筑波大学(8.97)658位:●岡山大学(8.95)659位:○鹿児島純心女子大学(8.91)660位:▲大分県立看護科学大学(8.88)661位:●三重大学(8.83)662位:▲名古屋市立大学(8.80)663位:▲秋田県立大学(8.68)664位:○朝日大学(8.65)665位:●金沢大学(8.63)666位:○東海学院大学(8.52)667位:▲山形県立保健医療大学(8.49)668位:○福井医療大学(8.37)669位:○東都大学(8.31)670位:●上越教育大学(8.22)671位:●福井大学(8.13)672位:▲産業技術大学院大学(8.10)673位:●高知大学(8.10)674位:▲敦賀市立看護大学(8.07)675位:▲群馬県立県民健康科学大学(8.05)676位:●鳥取大学(8.04)677位:○事業構想大学院大学(8.00)678位:○聖路加国際大学(7.98)679位:○東京基督教大学(7.96)680位:○東北医科薬科大学(7.94)681位:▲神戸市看護大学(7.93)682位:●群馬大学(7.93)683位:○情報セキュリティ大学院大学(7.91)684位:●長崎大学(7.81)685位:●徳島大学(7.80)686位:○京都情報大学院大学(7.78)687位:●九州大学(7.78)688位:▲愛媛県立医療技術大学(7.74)689位:▲宮崎県立看護大学(7.73)690位:○杏林大学(7.70)691位:○福岡看護大学(7.67)692位:○明治国際医療大学(7.65)693位:○久留米大学(7.64)694位:●北海道大学(7.58)695位:○東京神学大学(7.57)696位:●島根大学(7.52)697位:▲新潟県立看護大学(7.51)698位:○松蔭大学(7.49)699位:●鳴門教育大学(7.48)700位:●宮崎大学(7.47)701位:▲茨城県立医療大学(7.43)702位:▲香川県立保健医療大学(7.40)703位:▲沖縄県立芸術大学(7.39)704位:○苫小牧駒澤大学(7.38)705位:●北陸先端科学技術大学院大学(7.29)706位:▲石川県立看護大学(7.25)707位:●東京大学(7.24)708位:●大阪大学(7.16)709位:○三育学院大学(7.00)709位:○保健医療経営大学(7.00)711位:◆防衛大学校(6.94)712位:▲横浜市立大学(6.82)713位:○神戸情報大学院大学(6.72)714位:●名古屋大学(6.71)715位:○岡山学院大学(6.69)716位:●京都大学(6.67)717位:▲九州歯科大学(6.53)718位:○日本歯科大学(6.51)719位:○岩手保健医療大学(6.38)720位:○奥羽大学(6.20)721位:▲岐阜県立看護大学(6.19)722位:●山梨大学(6.11)723位:●東北大学(5.94)724位:▲長野県看護大学(5.92)725位:○大阪歯科大学(5.87)726位:○東邦大学(5.74)727位:○神奈川歯科大学(5.60)728位:○北里大学(5.32)729位:○松本歯科大学(5.29)730位:●奈良先端科学技術大学院大学(5.28)731位:○新潟食料農業大学(5.21)732位:●政策研究大学院大学(5.21)733位:○稚内北星学園大学(5.00)733位:○東邦音楽大学(5.00)735位:○大原大学院大学(4.92)736位:○桐朋学園大学院大学(4.40)737位:▲公立小松大学(4.24)738位:○エリザベト音楽大学(4.10)739位:○順天堂大学(4.09)740位:○福岡歯科大学(3.99)741位:▲長野県立大学(3.92)742位:○種智院大学(3.89)743位:○日本ウェルネススポーツ大学(3.71)744位:●浜松医科大学(3.69)745位:○育英大学(3.69)746位:○藤田保健衛生大学(3.57)747位:○身延山大学(3.57)748位:○岩手医科大学(3.49)749位:●東京医科歯科大学(3.42)750位:○国際仏教学大学院大学(3.40)751位:○東京歯科大学(3.37)752位:▲奈良県立医科大学(3.35)753位:●筑波技術大学(3.30)754位:▲札幌医科大学(3.27)755位:●旭川医科大学(3.13)756位:○ハリウッド大学院大学(3.11)757位:●滋賀医科大学(3.08)758位:▲京都府立医科大学(2.95)759位:▲和歌山県立医科大学(2.94)760位:◆海上保安大学校(2.80)761位:○沖縄科学技術大学院大学(2.68)762位:▲情報科学芸術大学院大学(2.63)763位:○大阪医科大学(2.63)764位:○産業医科大学(2.54)765位:◆気象大学校(2.50)766位:○滋慶医療科学大学院大学(2.47)767位:○金沢医科大学(2.46)768位:○東京慈恵会医科大学(2.16)769位:○光産業創成大学院大学(2.07)770位:○兵庫医科大学(2.06)771位:○愛知医科大学(1.96)772位:○獨協医科大学(1.89)773位:▲福島県立医科大学(1.83)774位:○昭和大学(1.81)775位:○東京医科大学(1.69)776位:○川崎医科大学(1.57)777位:○埼玉医科大学(1.53)778位:○関西医科大学(1.20)779位:○東京女子医科大学(1.00)780位:○自治医科大学(0.99)781位:○聖マリアンナ医科大学(0.93)782位:○日本医科大学(0.87) 注)通信制課程は含まない。資料)週刊東洋経済臨時増刊『本当に強い大学 2019』東洋経済新報社(2019年6月)をもとに、同誌でデータ不足の部分を螢雪時代編集部『2019年度用 大学の真の実力 情報公開BOOK』旺文社(2018年9月)、アエラムック編集部『大学ランキング2020』朝日新聞出版(2019年4月)、大学ポートレート、各大学WebSite等の資料で補完して作成。

Read More

 前回情報の修正・追加として、私が表記PC問題で無事実行できた際、参考とさせていだだいたHP情報を再発見できましたので報告します。 前回の最後に書きました米国MicrosoftにあるWin10のVer1709へと到達できる Windows10Upgrade24074.exeメソッドのあるリンクと思われる情報元を発見しました。ファイルがダウンロードできるのは、確認できましたので間違いありませんがそれを実行して、Windows10 Ver1709 を正常にインストールできるかはそれを試す環境が既にありませんので**未確認**です。あくまで自己責任でお願いします。 この情報を書いておられる日本語のHPは、 2018年版 Windows 7や 8.1から Windows 10 April 2018 Updateへ無償で公式アップグレードする方法http://www.neko.ne.jp/~freewing/software/windows_7_to_windows_10_upgrade_2018/ で、このHP情報の内容は一見するとわかりにくいのですが、 >(1) Windows10Upgrade24074.exe>https://download.microsoft.com/download/0/1/6/01677C03-1D89-49FD-B49B-87B0F36B00D1/Windows10Upgrade24074.exe 若しくは(2) Windows10Upgrade24074.exe>https://download.microsoft.com/download/0/4/7/047889D0-578C-4A44-A38F-7F30A6CB3809/current-version/Windows10Upgrade24074.exe (3) Windows10Upgrade28084.exe※(3)は(2)と同様と思われるので省略 詳細は上記日本語のHPの内容をご確認ください。 この(1)または(2)のダウンロードファイルを実行することで得られるWindows10は > Windows10Upgrade24074.exeメソッドのアップグレードでインストールされる Windows 10のバージョンは Version 1709、OS Build 16299.125です。 となっています。 このツールを使用すれば、最初に紹介しました公式ページからのアップグレードで失敗する場合であっても無料グレードアップが成功できる可能性は高いと思います。そして「Win8からダウングレードしたwin7のPC」などに対しても有効であると判断しました。 ただし、リンク先にコメントされていますように >支援技術メソッドでダウンロードできるアップグレード実行ファイル Windows10Upgrade24074.exeを直接ダウンロードして取得します。 とありますから、道義的理由でこれを行なう/行わないは、ご自身の判断でお願いします。

Read More

 みなさんこんにちわMr.Tetsuoです。今年もあと10日を残すところとなりました。先週の厳しい寒さが和らぎ、今週は昼間は風もなくポカポカとあったかな陽気が続いています。今日は冬至だというのに、まるで早春のような暖かさです。予報では明日から天気は下り坂ですが、金曜日までは暖かな陽気が続くそうです。来年はもう平成29年・・・。そろそろ平成も2つに分けないと何事も語れない時代になってきました。今回は鉄道模型趣味について語りたいと思います。  鉄道模型をやめてこの12月で丸7年が経ちました。  父の他界や自身の離婚等々激動の年だった2009年末に、妻と娘がいなくなった虚しさから一人で模型をいじっていてもまったく楽しくなくなり、また購入で多額の借金をしてしまった事からきっぱりとやめました。  大量に所有していた模型は車両はもちろん、線路や配線・部品パーツ類などなど一切合財を処分しました。  処分といってももちろん捨てたわけではなく中古買取専門業者に一括で売りました。  総額100万円以上になりましたが、借金の返済の一部や生活費にあててあっという間に消えてしまいましたが・・・。  未練を残さずすべてを処分したのは正解で、その後誘惑に惑わされることもなく今に至っています。  鉄道模型中心だったこのブログも一時中断しましたが、その後鉄道全般の話題中心に再開しました。  鉄道模型をやめても鉄道好きは変わりません。  模型はやめましたが、今はたまにこのブログでも紹介していますが、「フィギュアみやげシリーズ」などの小さなフィギュアが収集という意味での趣味では中心です。  「フィギュアみやげシリーズ」はそのご当地の名物や名所などがフィギュアとなったシリーズですが、過去にもいくつか紹介しましたが、ぽつぽつと鉄道がらみのものがあります。  このところ紹介が途絶えていますが、今もコツコツと収集していますので、近いうちにまた紹介したいと思います。  話題は変わりますが、今の若者の消費離れは深刻です。  バブル時代も経験した自分たち以上の世代は、欲しいものを実際購入出来た時の満足感や欲求不満の解消みたいなものが根付いていますが、その後のバブル崩壊・失われた20年と呼ばれたデフレ時代に生まれ育った今の若者にこの常識は通用せず、節約や倹約がトレンドとまで言われています。  街を歩いている若者のファッションも様変わりしました。  自分たちの若い頃は、ちょっとした都会に行く時や彼女と会うときは必ずその頃のファッションを意識し、お金はないながらもそれなりの考えた着こなしをしていました。  今は近所のコンビニに行くのも、彼女や彼と会うとも同じファッションです。  都会でも奇抜なファッションは見かけても、自分たちの世代から見るとまるで普段着です。  見るからに意識して着こなしているなと思えるようなファッションは結婚式に出席するとか、特別な時以外はほとんどないように見受けます。  お金をかけるものも変わりました。  ブランドバックなど一時代を築いたステータスは今皆無、身なりも「しまむら」や「ユニクロ」など安いものを上手に着こなすのがトレンドです。  趣味と言えるかどうかは別として、お金をかけるのはオンラインゲームと携帯(今はスマホ)でしょう。  一番いえるのが、個人一人で趣味を楽しむというより、メール時代から今のLINEなどまで、友人などと情報を共有したり、繋がりを楽しむのが一番の違いでしょう。  昔は友人や恋人と連絡手段と言ったら固定電話か手紙しかありませんでした。  そのためいつもほとんど瞬時に情報を共有できる今の時代は逆にいえば親密な間柄でひとり孤独でいる事が逆に難しい時代です。  「今何してる」が頻繁に来るし、LINEでは友人や恋人に「既読無視」と思われるのを避けるため、頻繁に折り返しの連絡を入れる事になります。  自分などから思うと、目の前にいなくても常に監視されている感じで何かと落ちついていられず、今の若者の気苦労を感じます。  実際は本人たちは24時間スマホをいつも脇に置いて情報を共有し、いつも繋がるのは自然な事であってそれを煩わしいとは考えないようですが・・・。  そこが感覚の違うところです。  鉄道模型もすっかりおじさんの趣味となって高齢化しました。    1947年に創刊され、今年で何と70年の歴史を誇る鉄道模型雑誌の老舗「鉄道模型趣味」(機芸出版社)の最新号2017年1月号は創刊900号を迎えた、しかし別冊で愛読者の多かった「Nゲージマガジン」は2015年12月号(第64号)をもって惜しまれながら休刊となった。  所有して楽しんだり、レイアウトを造ったりとかは一時代以上の年齢層が大方です。  そういえば自分たちの時代によくあった高校や大学の鉄研(鉄道研究会)とかも最近はあまり聞かなくなりました。  近年、鉄道女子とかといわれるように、若者世代でも男女問わず鉄道愛好家は今もそれなりにいますが、乗り鉄か語り鉄(鉄道に関するそれなりの専門知識を得て、それをTwitterなどのネットやYouTubeなどの動画配信などで公開する人たちで、自分が勝手に造った言葉です。)が大半です。  物を所有する模型は若い鉄道愛好家の中でも小部類となってしまいました。  原因はあまりに高額化する模型の価格もあるでしょう。  特に車両の高額化はM社を代表に異常で、2万・3万は当たり前、フルセットともなれば5万・10万です。  これではお金のない若者世代には趣味としては難しいでしょう。  どうしても高年齢の富裕層が中心となってしまいます。

Read More

 みなさんメリークリスマスです いかががお過ごしですか 今回はフィンガーピックの加工の仕方・・・が良くわからない・・付け方が不明・・・などのご質問に応えるべく、解説風ビデオを作成してみました・・・といっても全然凝ってなくてすみません。あくまでも「解説風」です(笑) それでは・・・冬休みの宿題ビデオ2です。たまにはフィンガーピックを使ってみましょう  まずは、加工の方法解説です。加工の方法はAGM(アコースティックギターマガジン)17号の95頁に石川師匠のやり方が詳しく掲載されています 是非読んでほしいと思います。  そこでは 「ピックの先は通常真っ直ぐなんだけど、俺の場合弾きやすくするためにペンチでこうひねるんだな、先を。あと指に巻きつくアールも、指にぴったりになるよに曲げる、次にヤスリで角をす滑らかにしてピカールなどの研磨剤で磨く。こうすると弦にピックが引っかかるなんてことがなくなるわけ」 あぜ丸も実際に石川さん本人に自分のピックを見てもらって、アールの付け方などを伝授してもらいました  それでは、加工の仕方の実践ビデオです。ペンチはかなり大げさに表現しています 要するに親指側にひねる感じにして、弦に触れたときに真っ直ぐになるようにするわけです。この後に研磨剤で磨き上げます  お次は装着方法ですが、コレはもう普通に指に差し込むだけなんですけど若干、親指方向になるようなイメージ(あくまでもイメージ)で装着します あぜ丸の場合、アールの部分を人差し指用は正面から見て右下に入れ込み、中指用は右上になるように曲げています。こうすると、人差し指用か、中指用かがすぐに識別できて装着が楽になります 下のビデオで確認してみてください。一番右が人差し指用、右から二番目が中指用です。アール部分の曲げ方が違います。左側の2つは未加工品です 次は右手です。しかるべき角度で曲げていれば、素直に弾くだけでノイズも少なく弾けると思います・・・それでは、「晩鐘の丘」です  というわけで、少しはお役に立てたでしょうか・・・・ かなりマニアックな内容ですが許してくださいね・・・ははは それでは・・・みなさんのもとにサンタが来ますように闘病中のみなさんに健康が訪れますように ちゃお

Read More

鋼板を開先加工するためガス切断すると、主に切断面後半部分に、しばしば写真のようにえぐられたような「ノッチ」と呼ぶ欠陥が発生します。 ガス切断というのは鉄と酸素の化学反応熱を利用した鉄鋼材料切断法の一つで、切断火口から噴出させた予熱炎で鋼材の切断開始部分を発火温度まで加熱し、そこへ切断酸素気流を噴きつけて鉄分を燃焼させ、その熱で鋼材を溶融させると同時に切断気流によりスラグを吹飛ばすことによって切断します。ただし予熱炎や切断ガスの流量や圧力を切断板厚や切断速度に対して神経質に設定しないと、特に手作業ではなく自動ガス切断機を使用した場合、ノッチがよく発生するのです。ノッチの発生要因としては、予熱炎や切断酸素などの気流の乱れとする見解が多く見られます。 ノッチはグラインダ研削によって滑らかにするとか、肉盛するとか補修方法はいろいろ考えられますが、ノッチを発生させない方法はなかなか難しいようです。 自動切断を選ぶ理由は切断長さの問題とか開先角度の精度の問題とかの都合によるわけで、手作業ではこなしきれない部分で適用されます。でも昔はみんな熟練工による手作業で、そこには切断角度を一定に保つようなワザが存在していたでしょう。そういう技術者が減ったことでいよいよ自動機械が幅を利かせるようになったのですが、どこで発生するか予測不可能なため切断後の目視検査や寸法測定は重要です。補修したあともグラインダによる研磨割れとか肉盛溶接熱によって材料が硬化することで発生する割れの可能性が残るためPTやMTによって無傷であることを確認しなければなりません。当然工数が多くなっていきます。 鋼材切断方法は他にも刃物による機械式、プラズマ切断、レーザー切断などがありますが、切断板厚の制限やおカネの問題など、それぞれ長所短所があるので選定するには熟考が必要です。簡便さではガス切断なんですけどね。 「日本ブログ村」のランキングに参加中。下のバナーを一日一回ポチっとクリックして応援お願いします。 

Read More

テナガエビが好シーズンを迎えています。 6月22日、福岡市の室見川へ調査に行ってきました。 結果は写真の通り。 晩ご飯に唐揚げを食べるために日中に行ったのですが、滞在50分でちょちょいと12匹キープしましたよ。 晩ご飯の心配さえなければ、最も狙い目である夕マズメまで竿を出せたのですが……。 いうまでもなく、夕マズメから夜にかけては、テナガエビの入れ食いタイムになるケースが多いのです。このタイミングで竿を出せるなら、釣果倍増の期待大です。 さて、これから夏にかけてシーズン最盛期を迎えるテナガエビは、釣って楽しく食べておいしい最高のターゲットです。 あまり知られていませんが、実は福岡近郊にも、テナガエビが狙える場所はたくさんあるんですよ! 私のテリトリーでいえば、福岡市早良区の室見川、同西区の瑞梅寺川、糸島市の泉川(いずれも下流域)や、西区横浜の水路など。 人気釣場以外にも、探せば穴場はたくさんあります。 ポイント開拓のキーワードは、 ●川の下流域~河口で消波ブロックや大きな岩などの障害物が点在しているところ●支流との合流点●岸壁●堰下部の障害物周り、人工物の穴がたくさんあるところ 小さな川でも河口付近は狙い目で、また海のそばならちょっとした水路などにも棲息しているケースが多く見受けられます。 標準的なテナガエビ釣りの仕掛けは、図の通り。 ウキは浮かせる方法と沈める方法と二通りあります。 私は専ら浮かせて狙う派で、なぜならウキ下の調整次第で、底オンリーではなく、岸壁に張り付いているものや、岩の上にいるものも自在に狙うことができるからです。 釣場のシチュエーションに合わせて、使い分けるといいと思います。 いろいろ試した結果、最もよく釣れた餌はイワデコです。食い込みのよさは抜きん出ています。 その付け方がこの釣りの一番のポイントで、米粒以下に切ったものを、エビ針の先端にチョンと刺します。 これを知ると知らないとでは、間違いなく釣果に雲泥の差が生じると思います。 よって必需品は、餌を小さく切るためのハサミ。これだけは絶対に忘れないようにしたいですね。 仕掛けを引き上げるタイミングは、テナガエビが餌を口の中へ入れたとき。 最初はエビがハサミで餌を持ったまま、食べる場所まで移動します。このとき、ウキは激しく動き回ります。ついつい合わせたくなりますが、ここで引き上げてもまったく針掛かりしないんですよね。 そのあと、一か所で止まります。 このときこそ、テナガエビが餌を食べだしたタイミング! そこでテンションをかけて引き上げれば万事OK! 合わせはまったく必要ありません。 テナガエビの釣り方や釣場に関しては、フィッシングなかはら今宿店、もしくは中原釣具加布里本店の店頭でお尋ねください。この釣りに詳しいスタッフはたくさんいますから、誠心誠意アドバイスさせていただきます! テナガエビ釣りに挑戦したいけれどなにを買ってよいか分からない……という方もご心配無用。一式揃った「テナガエビ釣りセット」を信じがたい激安特価でご用意しております。 追伸)室見川産のテナガエビは、鉄板レシピの唐揚げでいただきました。 食レポ以前に、これは美味しいに決まっています!! 釣師にしか味わえない、超絶品グルメです♪ またまた飲みすぎました……。

Read More

えんま怪獣 エンマーゴ 登場 閻魔さま、そのまんまのデザイン。なんかもう一ひねりできなかったのかねぇ。声の普通の怪獣だし。もっと威厳のある「声」がよかったな。 田舎の親戚の家に遊びに来ていた健一とさおり。しかし、ここも開発のため造成中。昔ながらの自然ってのはもう残ってないんですねえ。 そこで震度12の地震が記録されていた。勿論、あり得ない震度ですが。ZATも現場に出動するが地主に拒否される。 工事は続行。そして崖に不気味な目が。 この造成現場の発破で発見されたお地蔵さま。地主は自分の土地から出たモノだと自宅へ持ち帰る。 その夜、お地蔵さまの夢を見る健一とさおりと良介。工事現場の主任の下へ走る3人。主任は地主に電話をし返還要求するが拒否される。その電話中、地蔵の目が光る。そして、閻魔大王の怪獣が出現した。 エンマーゴは黒煙を吐いて大暴れ。ホエールもエンマーゴの剣で右主翼を切断され墜落。 エンマーゴの黒煙はどんどん自然を破壊していく。ZATの地雷作戦も効果無し。 光太郎はウルトラマンタロウに変身。しかし、エンマーゴの剣の前に迂闊に近づけない。またも早々にストリウム光線。 エンマーゴの盾でしっかり受け止められてしまう。 為す術なく黒煙を浴び動きが止まったタロウ。エンマーゴはその剣でタロウの首を切断! 虚空を舞うタロウの首。一瞬、死んだと見せかけての捨て身作戦だった。梵字によって動きを封じられるエンマーゴ。 この梵字は「ロン」で「六地蔵の一つ」を現しています。適当な梵字を持ってきてたわけじゃないんですね。 お地蔵さまの力を借りてエンマーゴの首を切断。 今度は無言でストリウム光線。 エンマーゴの胴体を爆破。 頭部も炎に包まれた。 あのお地蔵さまは崖に上に安置されてメデタシメデタシ。お地蔵さまにはかないませんなあ。

Read More

近くの土手を見ていたらタンポポのような綿毛がたくさん見えたタンポポと比べて花柄が細くて長いブタナの綿毛だ それにしてもタンポポとよく似ているそれにこのような綿毛を見ると花の時期を思い起こしうれしい気分だ ブタナとカンサイタンポポの綿毛を比べてみるとすごく似ている種を風で運んでもらおうと思っているのは同じだものね ブタナが花の時期に群生して花咲く光景は美しいタンポポの花が咲き乱れている光景と似ている 花の仕組みも同じなのだ ただブタナとタンポポは花茎の様子が違うブタナの花茎は細くて長い触ると細い棒という感じだ こうして花などが見れる季節が待ち遠しいなぁふつうこの時期のブタナは根生葉を楽しめるだけだ「ブタナの根生葉はやや質が厚いのが特徴だな」と思いながら・・それだけにブタナの綿毛がたくさん見られたことはすごくうれしかった

Read More

「反革命宣言」・三島由紀夫著(ちくま文庫「文化防衛論」より) 昭和44年2月「論争ジャーナル」に発表、同年4月25日「文化防衛論」(新潮社)に収録。一言でいえば反容共政権の政治宣伝文である。三島の文から項目をとり出せば、以下のようになる。 1 われわれはあらゆる革命に反対するものではない。2 われわれは護るべき日本の文化・歴史・伝統の最後の保持者であり、最終の代表者であり、且つその精華であ  ることを以て自ら任ずる。3 われわれは戦後の革命思想が、すべて弱者の集団原理によって動いてきたことを洞察した。われわれは強者  の立場をとり、少数者から出発する。4 なぜわれわれは共産主義に反対するか ?  ⅰ 天皇の存在と相容れない。  ⅱ 言論の自由を守るため。5 われわれは日本の美の伝統を体現するものである。 今どき容共政権に将来の日本を託そうなどという人がいるのだろうか。昭和44年という時代を考えれば東大と日大に発生した学生運動は全国的に拡がりを見せ、経済優先の戦後に暗い影を投げかけた。経済は飛躍的に伸びたが、何か求めていた幸福とは違う、資本主義の矛盾が見えてきた。学生運動は下衆な運動で、学園祭の延長だと思っているが、それでも何か現体制の不満に行動せずにはいられない若い血があったのだ。それは認める。しかし私ははっきり言うが、学生運動に微塵も同情しないのである。私よりも十歳は年上の世代で、昔語りをしてくれる親切な人もいるが、無意味な破壊行為の繰り返しを今だに反省しようともせず、却って偽物のイデオロギーの衣で犯罪を包んで、思想運動にカモフラージュして自慢しているのがだいたいのところである。あゝいうものに学生運動などという言葉を使うのも勿体ない。単なる世間知らずのお坊ちゃん、お嬢ちゃんの乱痴気騒ぎである。根本的に死と隣り合わせのチェコ騒動と違い、また比較にもならない。彼らより自衛隊員は国を護るという認識がある、という点ではるかに立派であったし、賞賛されるべきであったが、憲法九条により日蔭者扱いにされ、戦後日本の余計なものという認識は多くの文化人に見られた。大江健三郎氏が自衛隊を「日本の恥辱」と堂々と言っていたのは、そのよい例である。つまるところ、学生運動は彼らの親父世代に対する反抗でしかないと思っている。戦争体験者であり、また戦後日本を愚直なまでの勤労精神で築き上げてきた親父に頭を押さえつけられた子供が、大学という親父のいない自由な空間で初めて自我を発見し、ひと泡吹かせてやろうという単純な目論見が学生運動であるから、もとよりイデオロギーなんぞあるはずもないのだ。しかし親父も子供には甘かった。厳しい態度で叱れば、こんなだらけた国になることもなかっただろう。彼らの武器は弱さである。弱さを見せつけて同情を勝ち取る戦法である。ときおり、テレビで学生運動のフィルムが流されるが、悪人が武器を持っている警官に思えてしまうのが、まさに彼らの思うツボなのだ。弱いことが善であるという認識は、自虐趣味に発展し戦後民主主義という悪しき思想を日本に定着させるに至った。こんなまやかしの思想は唾棄しなければならない。私の親は戦争に行った世代でもなければ、私自身も全共闘世代ではないから、客観的に見られるのである。閑話休題。世間は反体制だ、バリケード封鎖だ、窓を開ければ遠くのほうでシュプレヒコールをやっている。もの好きな中年男は鍛えた筋肉がムズムズする。今こそ筋肉の出番だとミニ軍隊を作り、全共闘の要請があれば討論会にのこのこと出かけて行く。三島が全共闘に心情的共感を持っているのは理解しがたいが、全共闘がなければ「文化防衛論」他の小論文はなかったかもしれない。「反革命宣言」の骨子は上に掲げた五項目で、それに至る過程について細々と書くのは、もう飽きたので止める。三島の反共は項目4のⅰとⅱで十分だろう。唯物論の考察はどの論文を見てみても弱いが、自由業という立場からの考察であるから、とくに必要はない。自決の一週間前、古林 尚氏との対談で全共闘に「死」を期待しないと三島は言っている。これは安田講堂落城のとき、全共闘側は誰も飛び降りなかったことの指摘を受けての発言であるが、三島は自分とは対極にある全共闘が護るべきものに命を掛けられるかを見ていたと思う。あれで次々と飛び降り自殺をしていたら、三島は彼らの運動が本物であることを認識し、ますます自分は反革命の戦士として行動しなければならないと思ったことであろう。ところがあっさり降参したものだから、全共闘に肩透かしを食わされた。あれはインチキな運動であることが、安田講堂落城で暴露されたわけだ。その後の三島について、ここでは語らないが、少なくとも全共闘よりはるかに純粋思考であった。ちょっと重要だと思われるのは、日本の革命運動は少数者を取り込む戦術を使うと述べていることである。日本人の琴線に触れる戦術で、在日問題において功を奏している。文庫本で一頁あるが引用して置く。 左翼がいう、日本における朝鮮人問題、少数民族問題は欺瞞である。なぜなら、われわれはいま、朝鮮の政治状況の変化によって、多くの韓国人をかかえているが、彼らが問題にするのはこの韓国人ではなく、日本人が必ずしも歓迎しないにもかかわらず、日本に北朝鮮大学校をつくり、都知事の認可を得て、反日教育をほどこすような北鮮人の問題を、無理矢理少数民族の問題として規定するのである。彼らはすでに、人間性の疎外と、民族的疎外の問題をフィクションの上に置かざるを得なくなっている。そして彼らは、日本で一つでも疎外集団を見つけると、それに襲いかかって、それを革命に利用しようとするほか考えない。たとえば原爆患者の例を見るとよくわかる。原爆患者は確かに不幸な、気の毒な人たちであるが、この気の毒な、不幸な人たちに襲いかかり、たちまち原爆反対の政治運動を展開して、彼らの疎外された人間としての悲しみにも、その真の問題にも、一顧も顧慮することなく、たちまち自分たちの権力闘争の場面に連れていってしまう。日本の社会問題はかつてこのようではなかった。戦前、社会問題に挺身した人たちは、全部がとはいわないが、純粋なヒューマニズムの動機にかられ、疎外者に対する同情と、正義感とによって、左にあれ、右にあれ、一種の社会改革という救済の方法を考えたのであった。 少数者≒弱者はいつでも成立するものでない。しかし日本人特有の判官びいきは、自然と少数者に感情移入する。民主党の外国人参政権法案や人権擁護法案は少数者に媚びる政策で、実は民主党に少数者を取り込む手段である。在日問題は日本人が作り上げた問題で、もともと在日に問題があろうはずもないのである。ところがまんまと尻馬に乗る日本人は多い。在日は民主党に限った問題でなく、左翼拡散の手段なのだ。もし在日問題があるとすれば、年間数万の帰化はあり得ないし、それぞれの母国に帰るだろう。私より一歳年上の知人― 彼は正真正銘の日本人である― は在日問題、とりわけ従軍慰安婦のことになると涙声で語るのであるから気味が悪くなる。朝日新聞のでっちあげという事実を知っていながら、虜にされてしまっているのだ。戦後民主主義の洗礼を受けた左翼は弱者の取り込みに長けている。私は権力闘争の道具に弱者を囮に使う左翼にマルキ=ド=サド以上の猥褻さを感じる。さうかと言って、右とか保守にも同調するものでない。誇張された天皇などは唾棄するべきだと思っている。中道という意味不明なものにも同調しない。私はごく自然な態度で現体制を肯定するのである。それ以上でも、それ以下でもない。

Read More