これは7月26日分の記事として掲載しておきます。『ビッグコミック』2016年8月10日号掲載分の感想です。いよいよ今回で完結となります。前回は、現代、法隆寺夢殿を観光客が訪れているところで終了しました。最終回となる今回は、過去に戻り、686年(西暦は厳密な換算ではなく、1年単位での換算です)、天武天皇(大海人皇子)が遠出をして、大木の下で佇んでいる場面から始まります。  飛鳥浄御原宮(だと思います)の御所でその報せを聞いた天武天皇の皇后である鸕野讚良皇女(持統天皇)は、具合もよくないのに遠出をする夫を案じます。天武天皇の行先は法隆寺(斑鳩寺)でもなく、鸕野讚良皇女も知りません。天武天皇は、皇后と皇太子(草壁皇子)に任せれば大丈夫だ、と臣下に言って出かけていました。新たな都(藤原京、当時は新益京と呼ばれていたようです)の建設もあるのに、と不安な様子の鸕野讚良皇女は、今後陛下が出かける場合には必ず自分に報せよ、と臣下に厳命します。  大木の下で佇む天武天皇は、昔を懐かしむとは自分も年を取ったものだ、と呟きます。その直後、天武天皇は倒れ、御所へと運ばれます。鸕野讚良皇女は、孫となる軽皇子(文武天皇)を連れて夫を見舞います。天武天皇は目を覚まし、夢を見ていた、と語ります。その夢とは、孝徳帝(軽皇子)の治世のある夜、海岸で笛を吹いている大海人皇子を中大兄皇子(天智帝)が訪れるところから始まります。  中大兄皇子は酔っぱらっており、酒の相手をしろ、と大海人皇子に命じます。酒が過ぎる、と大海人皇子に諫められた中大兄皇子は怒り、大海人皇子を殴ろうとしますが、態勢を崩して転び、砂まみれになります。大海人皇子に笑われていると思った中大兄皇子は、笑うな、と言います。中大兄皇子の若くて子供っぽいところが最終回になってまた見られたのは、何とも嬉しいものです。大海人皇子は中大兄皇子に、戻ろうと進言しますが、部屋に戻っても眠れない自分にイラつくだけだ、と中大兄皇子は答えます。自分の行く手を邪魔する奴ばかりいる、言うことを聞かない大君(孝徳帝)や殺したはずの男たちが、と中大兄皇子は言い、大海人皇子を指さします。大海人皇子が、自分が殺害した蘇我入鹿に酷似していることを言っているのでしょう。  中大兄皇子の捻挫に気づいた大海人皇子は、構うなとか、ここで夜を明かすのだとか言って抵抗する中大兄皇子を背負って部屋へと戻ります。大海人皇子が寝所で中大兄皇子の手当てをして退出しようとすると、中大兄皇子は大海人皇子を引きとめ、眠れないと言っただろう、自分が眠るまで側にいろ、と命じます。すると大海人皇子は、自分が側にいて眠れるのか、と中大兄皇子に尋ねます。大海人皇子の父である蘇我入鹿を殺した自分に復讐するのだとしたらそれでもよい、永遠に眠れて余計なことを考えずにすむ、と中大兄皇子はいいます。  余計な事とは邪魔者を消すことなのか、あらゆるものを犠牲にしてまで、なぜそれほど権力に執着するのか分からない、と大海人皇子に問われた中大兄皇子は、手に入るところにいるからというだけだ、そのうちそなたもそうなる、と答えます。自分はただの従者で・・・と大海人皇子が言うと、ならば主人の言うことを聞いて寝かせろ、と中大兄皇子は命じます。大海人皇子は中大兄皇子の手を取り、二人は眠りに落ちます。翌朝、大海人皇子が目覚めると、中大兄皇子はもう寝所にはいませんでした。  天武天皇から見た夢を聞かされた鸕野讚良皇女は、天武天皇がかつて父である中大兄皇子の従者をしており、ちょうどその頃、自分は軽皇子くらいの年齢だった、と語ります。天武天皇は異父兄である中大兄皇子の幻影に手を伸ばし、涙を流しながら亡くなります。686年9月のことでした。享年56となっているので、作中設定では天武天皇は631年生まれのようです。本作では、数え年と満年齢が混在しているようなので、生年設定に微妙に齟齬をきたしているようにも思うのですが、この点については、気力があれば、後日改めて検証する予定です。  688年、鸕野讚良皇女は、天武天皇がたびたび訪れ、その下で倒れた大木を初めて訪れます。鸕野讚良皇女は、そこが天智天皇の沓が見つかった山科から近いことに気づきます。臣下の一人が、この少し北には壬申の乱以降造営が中断している天智天皇の陵がある、と説明します。鸕野讚良皇女は、ここに天智天皇が葬られているのではないか、と考えているようです。孫の軽皇子は祖母の鸕野讚良皇女に、天智天皇と天武天皇は仲が悪かったのか、と尋ねます。天智天皇は天武天皇に殺された、という噂を軽皇子は聞いていたのでした。  すると鸕野讚良皇女は、子供の頃の思い出を軽皇子に語ります。もう何の用だったか忘れたものの、ある朝、父である中大兄皇子の寝所を訪ねた鸕野讚良皇女は、中大兄皇子が大海人皇子と手を握り、大海人皇子を見つめている光景を見て、それがたいへん美しかったので、今も目に焼き付いている、と言います。その話をぜひ『日本紀(日本書紀)』に載せてください、と軽皇子が願い出ると、真実は伏せておくに限る、と鸕野讚良皇女は言います。  ここで説明文にて、京都府宇治市小倉町に「天王」という地名があり、そこには1979年に伐採されたものの、かつてエノキの大木があって、その根元に「天智天皇」と刻んだ墓石と小さな社があった、と語られます。さらに、奈良県橿原市には、日本で唯一蘇我入鹿を祭神としている入鹿神社があり、明治時代に政府は入鹿逆臣説を理由として社名・祭神の変更を求めたが地元民はこれを拒否し、今でも入鹿は地元の人々から崇敬されている、と説明文にて語られて、完結となります。  ついに最終回を迎えました。連載初期の頃からこのブログで取り上げてきただけに、何とも寂しいものです。最終回には、本作の主役である天智天皇と天武天皇が、ともに久々に本格的に登場し(天智天皇は第75話以来、天武天皇は第82話以来)、この点では満足しています。孝徳帝の治世でのある夜の出来事は、天智天皇と天武天皇の愛憎の入り混じった関係をよく描いたものでした。この描写が時系列に沿ったものであれば、天武天皇から天智天皇への愛情を、私も早くから確信したのでしょうが、私がそれを確信したのは、大きな話題を呼んだらしい第71話を読んでからでした。このある夜の出来事を、鸕野讚良皇女の思い出と絡めたのは、なかなか上手い創作だったと思います。  その鸕野讚良皇女は、夫である天武天皇と不仲だった、と作中世界の奈良時代初期には伝わっているのに(第82話)、今回は、夫を本気で心配していたように思います。あるいは、鸕野讚良皇女が藤原史(不比等)と組んで天武天皇を毒殺したのではないか、という展開も予想していただけに、やや意外でした。まあ鸕野讚良皇女は、夫が額田王と仲良くしている様子に嫉妬していた(第62話)くらいですから、少なくとも夫が父を殺害したと認めた(第77話)前までは、夫を愛していたのだろうな、と思っていましたが。子供の頃の鸕野讚良皇女の様子からは、鸕野讚良皇女が父を慕っていたように思われます。  天智天皇の最期と遺体の安置場所については、明示こそされなかったものの、やはり天智天皇は天武天皇に殺され、山科の近くの大木の下に埋葬されたことが強く示唆されました。天武天皇はそれを誰にも明かさず、天智天皇を「自分のもの」としたのでしょう。鸕野讚良皇女は真相に気づいたというか、かなり近づいたようですが、政治的配慮もあったにしても、二人の想いを大切にして、史書には書き残さない、と決めたのでしょう。  自らが天智天皇だけではなく天武天皇および蘇我入鹿の子孫であることを知っていた行信の真意が詳しく語られなかったことや、成人後の草壁皇子や大津皇子が描かれなかったことなど、不満点もないわけではありませんが、わりときれいにまとまった最終回だったのではないか、と思います。できれば、天武朝や持統朝の人間模様を詳しく描いてもらいたかった、とも思うのですが、全体的にはたいへん満足しており、掲載誌を読み始めてからのこの3年半ほどは、本当に楽しませてもらったので、作者には感謝しています。この後は、全体的な考察記事を少しずつ掲載していく予定です。ただ、未読の論文・本がたまっていることもあり、なかなか進みそうにありませんが。

Read More

ありきたりだけど、定番のツクバネアサガオ(衝羽根朝顔)。陽にも、雨にも、病気にも強い。 近くの公園の片隅で、雑草に混じって次々と元気な花を咲かせている。 この花を見ると何時も元気をもらう。 この花は、日本では羽根つきの羽根とアサガオ(朝顔)になぞらえて「ツクバネアサガオ(衝羽根朝顔)」と呼んでいる。 ペチュニア(Petunia)とも呼ばれており、名前の由来はブラジル語で「煙草」を意味する「ペテュム」からきている。ペチュニア(Petunia)の葉っぱが植物の煙草の葉っぱと形がそっくりなので名付けられたそうである。煙草もペチュニア(Petunia)も同じなす科の植物ですから似ているといわれれば何となく納得してしまう。 なす科ペチュニア属の非耐寒性1年草~多年草である。学名は「Petunia hybrida」であるが、属名の「Petunia(ペチュニア)」はブラジルのグアラニ語の「ペチュン」という煙草を意味する言葉が語源で、花が煙草の花に似ているためにちなみ、種名の「hybrida」は「雑種の」を意味している。 南米中東部(熱帯~亜熱帯)原産の園芸品種で、日本には江戸時代の後期に渡来した。 開花時期は4~11月ごろ。パステルカラーの淡い色をした朝顔に似た花を咲かせる。草丈は20~50cmくらい。草姿には匍匐性や立木性があり、花色は桃色や赤、白、赤紫、紫、薄黄色で、花弁は一重や八重、小中大輪のものがある。 日本では花壇やベランダの代表的な花の一ツとなっており、丈夫で育て易く、花の感じが穏やか、花色も豊富、咲き終わった後に、花柄を摘めば、次々に新しい花を咲かせるので経済的な花でもある。 雨や暑さに強く、梅雨時に発生しやすい植物の病気にも強い。ガーデニングが初めての人にも育てやすい。日本はペチュニア交配については世界でも有数の「1大ペチュニア王国」といえる。1767年にフランスのプラントハンターにより南米ウルグアイで発見され、ヨーロッパに紹介されて以来、1830年頃にイギリスで交配が盛んになり、以降世界中でペチュニア交配は熱狂的に進んだそうである。 日本でもサカタのタネの創始者 坂田武雄氏が1931年に、八重咲き大輪種の「オールドダブル」を作り出して、世界を驚かせた。戦後もペチュニアの交配は進んだが、一石を投じたのはやはり1986年、サントリーフラワーズが発表した「サフィニア」だろう。「サフィニア」とは「サーフ(波)」と「ニア」を組み合わせた名前である。 時に日本はガーデニングブームの草創期、カスケードタイプのサフィニアは爆発的にヒットしただけでなく、海外のフラワーショーでも大人気を博し、日本をペチュニアの最先進大国に押し上げたといっも良いのではないだろうか。 花言葉は変化に富む、あなたがそばにいると心が和むである。ポストカード Nikon デジタル一眼レフカメラ D300S AF-S DX 18-200 VRIIレンズキット D300LK18-200IIニコン 2009-08-28 Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

Read More

衝撃的な最終決戦の幕引き・・・そして”高町なのはの物語”も核心へと 希望をも喰らいつくす悪意の閃光が消えた後に残されたもの 至近での衛星砲護衛機の自爆により、右腕が完全に焼失してしまったなのは。(設定資料集での説明によると、いわゆる猟奇作品で見れるような爆風でブチっと引きちぎられたものではなく、高熱で炭になって崩れてしまったという状態らしい)自身のダメージは言わずもがな重症、レイジングハートも大破、バリアジャケットによる生命維持も長く持たない。この宇宙でそのまま息絶えるのも時間の問題。 自分が死に向かうことを感じながらも、レイジングハートに「今度は守ることができたよね」とたずね、間違いなくとの答えを聞いて、静かにその眼を閉じ・・・ 「・・・満足・・・」 ・・・ 「ほんとうに?満足?」 ・なのは と なのはの向き合い 今際の際の夢か、目を開けてそこにいるのは幼いころの自分がたずねる。「なら、あなたは自分が好きじゃないんだ。」 高町なのはという人となりが、ここで明らかとなる。演じていた田村ゆかりも、こんな悩み抱えてたんだぁとコメント出していたが、おそらくは紙面で書かれている以上の気持ちになったはず。 何もできず、家の片隅でただ一人で泣くしかできなかった弱い幼い自分。そして、魔法という力を手にしてなお”満足”できない、何かを守ることに執着するあまりに取りこぼすことを恐れ、強くあり続けることを強いる今の自分。この2人の対面で感じるのは、表立ったギスギス感はないけれど、互いが互いを強く拒絶しているということ。 それでも、魔法との出会いで手に入れたものが、なのはの支えとなっていたのは確か。 魔法の師匠ユーノに、クロノやリンディ達、はやてと八神家(ヴォルケンリッター)たちとの出会い。魔法のことについて秘密を打ち明けて以降も友達であり続けるアリサにすずか。 そして、フェイトとの出会い。 ぶつかり合いを経てから、名前を呼ばれたこと・友達と呼んでくれたこと。それは自分の力で掴み取った成果であり、使い道が正しかったことの証。それはなのはにとっての大切な支えとなる。 ・・・そのはずだったろうが・・・ それでも、「本当に・・・うれしかった・・・」という言葉とは裏腹に、それに満足できない、いや満足することを許さない自身の葛藤がその涙から見えてくる。 Reflectionでのなのはのピックアップでも書いたが、やはり高町家の環境が大きく影を落としているよう。(とらハ3にて)人知れぬところで戦いに身を置く兄や姉に対し、ただ無力な自分は母のそばで喫茶店の手伝いだけ。そして父の怪我の件がさらに自分の無力さを意識させることに。家族を思いやる優しい子ゆえ、兄姉や父はおろか、無理に笑顔で接してくれていた母を見て、自分の無力さに憎しみさえもつようになっても無理はない。そう見れば、Reflection以上にDetonationにおけるなのはの行動を見れば、その”病”とも呼べるところがだいぶ前面に出てきている。なのはViVidで先祖の記憶にとらわれ過ぎていたアインハルトの姿にジークリンデが痛々しいと言っていた(9巻)が、それと同じことが言えよう。”弱い自分が嫌いで耐えられない”というとViVid Strike!でのリンネも同様だったが、なのはのそれはどちらかといえばリンネよりアインハルトぐらいに、もしくはそれ以上に根が深い。先述の2人の場合だと、アインハルトはヴィヴィオに、そしてリンネはフーカに救われている。なのはのケースだと、確かにフェイトとの戦いは多少なりになのはにもプラスではあるだろうが、それでも克服までには程遠いものだと言わざるを得ない。 全力全開で真っ直ぐだったなのはだけど、その真っ直ぐさはあまりに”歪な方向に真っ直ぐ”だったよう。他人の笑顔は守りたい、だけど自分はそうあってはいけない・そこに安住することを許さないという強迫観念が出過ぎている。 「自分のことは好きになれなくてもいい・・・ だけど、あなた(自分)を好きでいてくれるひとのことを忘れないで 」 幼い自分から言われるこの一言、これこそが今のなのはに大きく欠けていたものの答えだった。 なのははいわば”るろうに剣心”状態ともいえるだろう、他人のことを思うばかりに自分を犠牲にし、そんな自分を見て他者がどう思うかを考えようとしなかった。他人を思うことと相反して、自分の行動で逆に他人を悲しませているということに気付こうとしない、だからこそ、1stでアリサが独り突っ走るなのはに反発して仲がこじれる結果となったのだ。この時点でも友人を悲しませることでさらに自分を責めていたのだろうと思う(アリサがそれ以上追い打ちをかけなかったのも、おそらくそれがわかっているからだったろう)。魔法の力を手に入れて、そうした見方を失ったというのはなんとも皮肉なことだ。自分を嫌うあまりに、自分がどうして苦しんでいたかすらも忘れ、逃げていたともいえるかもしれない。父の怪我で家族みんなが苦しんだ、ならば”自分も傷つけばみんなが悲しむだろうな”という当然のことさえ見えなくなってしまっていた。 自分が悲しいときはきっとみんなも悲しいんだ、好きになれないなら今はそれでいいから一度立ち止まって周りを見て。幼い自分が諭しているのはそういうことだ。 夢の終わりに近づき、横たわるところは一面の”菜の花”畑。ただがむしゃらに走ってきたなのはは、落ち着いて見ることができなかった美しい青空をみて涙を流す。アミティエがキリエに向けて言った(そして後にキリエからイリスへと継がれていく)「空を見上げて・・・」という言葉がここでも思い出させてくれる。 そして、幼い自分の声が語りかける。 「・・・いつか・・・きっとね・・・」 ・・・ 夢が覚め、目を開けた先は自身が漂う宇宙空間。そして・・・ 応急の治療でなのはの一命をとどめてくれたフェイト。そして、少し遅れてはやても駆けつける。 共に残り少ないナノマシンの提供を受けてのフォーミュラモードで救助に来たのだった。 目の前には、名前を呼んでくれる仲間がいる。自分を心配してくれる友達がいる。・・・自分が傷つけば、苦しんでいれば、いなくなってしまったら悲しんでくれる人がいる。改めてなのはが感じたこと 「わたしは・・・ほんとうに幸せだねって」 3人は地上へ帰還する。戦いの夜が真に終焉を迎え、いつもの朝を迎えることができた。 (思い返せば、最初のキリエ戦からぶっ続けですべての戦いがたったの一晩で消化されたのだから、Reflection・Detonationは本当に濃厚極まりない) これにて、すべての戦いは終わり、事件は収束へ。

Read More

地図をよく見ていると太平洋上に南北に貫く変な点線がありますね。これは日付変更線(International Date Line)です。昔は飛行機で日付変更線を越えると、その記念の証明書をくれたものでした。今回は日付変更線と時間をめぐる話です。 世界で一番早く一日が始まる国はどこでしょうか?太平洋の島国のフィジー、トンガ? 正解はキリバス共和国(Republic of Kiribati)です。下の地図をご覧下さい。日付変更線がベーリング海峡から降りてきてハワイの南で大きくコの字型に変形しています。日付変更線はもともと東経180度で南北に境界があるはずです。どうしてここだけこんなコの字型になったのでしょう。 太平洋上の日付変更線 キリバスはギルバート諸島、ライン諸島、フェニックス諸島などで構成される太平洋の真ん中の東西に大きく広がる島国で、第二次大戦中は日本が一時占領していました。その後クリスマス島では核実験場にもなっていました。もともとは首都タラワの時間を標準とし、ライン諸島を日付変更線の境界にしていました。しかし1つの国で日付が違うのは不便であり、かつ日付変更線を国の東側まで大きく移動すれば世界でその日の始まるのが一番となり観光にも良いとのことで、1995年に東側に大きく日付変更線を移動してしまったのです。 コの字型に東に日付変更線が移動したので、たとえばハワイからオーストラリアのシドニーへ南西方面に移動する飛行機に乗ると、ハワイ出て東西に伸びる日付変更線ですぐ翌日になり、しばらくするとまた変更線でもとの日に戻り、さらに行くと今度は南北の日付変更線で翌日になるような、次々と日が変わることも時間帯によってはあり得ます。またキリバスからすぐ南にある島国サモアへ行くだけでも翌日になることもあります。 日付変更線って南北に境界があり、そこを横断するものと決め付けているとどうして!と言った事態になりますので、この際ちょっと理解を深めてみてください。 他の太平洋上の日付変更線でもちょっと面白いところがあります。それはロシアとアメリカ(アラスカ)の間のベーリング海峡の真ん中を境界としているところです。海峡の間には大ダイオミード島(ロシア)と小ダイオミード島(アメリカ)があり、その真ん中に日付変更線があり、そこから南では変更線は斜めに通っています。東経180度より東にずれている海峡の二つの島の真ん中を日付の境界にしたのは、やはり東西の冷戦時代では同じ時間帯に出来なかったのです。ここは冷戦時代の東西がぶつかり合う最先端のところで、日も変わる、体制も変わる場所であり、ぴりぴりしていました。 さてどうして太平洋上の真ん中に、日付変更線ができたのでしょうか?それは世界標準時と子午線(Meridian)との関係です。イギリスはかって世界一の海運王国でした。もちろん諸国とも話し合ってのことですが、その力で地球の南北の経度(子午線:Longitude)について、イギリスのグリニッジの子午線を経度”0”とし(本初子午線と呼ぶ)、そこで東経(East Longitude)と西経(West Longitude)に別れ、地球の反対側の東経180度を日付変更線としたのです。もし経度0のところに日付変更線と決めると、イギリス国内で日付が二つに分かれてしまい、とても不便なことになると気づき、グリニッジ子午線を標準時で”0”時間とし、日本はそれより9時間進んだ時間にしたのです。ちなみに日本語の子午線(経線)と言うのは、昔方角を干支(えと)で表していて、子(北)と午(南)を通る織物の糸のようなの線だからといわれています。 ところで皆さんは、世界で多く使われている世界標準時はグリニッジ標準時(GMT=Greenwich Mean Time)だと思っていませんか?それはもう昔のことで、今はUTC(Coordinated Universal Time)「協定世界時」がもっとも利用され、これが世界標準となっています。1972年にGMTからUTCへの移動が決まりました。脱線ですが、略称について、英語読みだと本当はCUTですが、フランス語読みの略TUCとぶつかりあい、中間ととってUTCの略になったとのことです。 日本はこれに基づき東経135度の明石市を基準とした日本標準時JST(Japan Standard Time)を制定しています。UTCは世界各国に設置された多くの国際原子時計を基に、パリにある原子時計を基準にしています。日本にも10台ほど原子時計が設置されています。 皆さんは国際間の飛行機に乗ると、自分の時計を日本時間と現地時間をどこかで切り変えていると思いますが、パイロットはUTCを基準にして運行しています。機内の時間の説明はお客用に日本か現地かの時間で話しています。これは船でも同じです。 中国は幅5000Kmの国土があり、本当は4つくらいの時間帯があってもよさそうですが、一つの時間で広い国土を運用しています。北京近くの経度を標準にして「北京時間」と称して標準としていますが、北京で正午でもはるか西の西域のあたりはまだ朝で、会社へ出勤時間は標準時で夜中の4時ごろといった変なことになっています。それで各地方には「新疆時間」などと言われる地方時間があり、人々は実際にはそれで運用しています。参考に「世界時差地図」と「国土が広い国の面積と時差数」を書いておきます。 世界時差地図: 広い国と時差の数:   国:( )内は時差数    面積(万Km2)  1.ロシア(9)         1709   2.カナダ(6)          998        3.中国 (1)          964         4.アメリカ(5)          962      5.ブラジル(3)         851 昔マゼランが地球と逆回転で世界1周をしてスペインに戻ってきた時、なぜかスペイン時間より1日遅れていたのに気がついたのが、時差を意識した始まりのようです。私も時差ぼけ(Jet lag)に何回かなりました。なんともいえない変な気分でした。時差ぼけを繰り返しているとあまり脳によくないとの最近アメリカの研究発表も出ていますのでご用心を! ———————————– 日付変更線が通るベーリング海峡と日付が分かれる二つの島 http://jp.beringproject.org/?page=project/main02_3 時差ぼけは脳にあまりよくないとのアメリカの研究発表 http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/science-technology/2776743/6512469

Read More

[最新更新] 2021年08月05日[初回公開] 2008年07月15日 HDD/DVD レコーダーで録画したテレビ番組は DVD にダビングして保管することができるが、その DVD をパソコンや別の DVD プレイヤーで再生しようとすると認識しない事象が発生することがあり、解決策となる新しい DVD に焼き直す方法とそのために必要なソフトウェア ReadDVDR について紹介する。 このページの目次 ダビングした DVD が再生できない理由 ファイナライズとは ReadDVDR とは ReadDVDR をダウンロード ReadDVDR で DVD のデータを抽出する 1.ダビングした DVD が再生できない理由 HDD/DVD レコーダーに録画したテレビ番組を DVD にダビングし、その DVD をパソコンや録画した機器とは異なる DVD プレイヤーで再生できない理由としては、ダビング時に他の機器でも再生できるように DVD

Read More

AC電源を、マイコンのポートなどでオンオフできるソリッドステートリレー(SSR)のキットは以前にもありましたが、シャープのSSR-IC「S108T02」は、入力と出力の4ピンのみのICで、Arduinoのようなマイコンで容易に制御できるようになります。キットに付属の基板にSSR-ICを半田付けし、AC電源系の2ピンのコネクタと、マイコン系の3ピンのコネクタのみがあります。ためしに60Wの電球を制御し、PIC16F1823によって1秒ごとにオンオフするようにしてみました。 ソリッドステートリレーは、マイコンなどの5Vの信号により、AC100Vの電灯などを制御できるものですが、使用しているIC「S108T02」は、AC100Vの8Aまでの電力をオンオフすることが出来ます。8Aまでということは800Wまで可能ということになりますが、電灯などのほか、モーターやソレノイドなども制御できるようです。取扱説明書には、Arduino(AE-ATmegaボード)を使用して遠隔操作する例が図解されていますが、PIC16F1823をつかって1秒ごとに点滅するプログラムを作って動作させました。基板の上にはマイコンの信号がオンのときに点灯するLEDがありますので動作の確認が容易です。AC100V側は、60Wの電球のスタンドをつけるために、電源延長コードを購入して、途中カットしてSSR基板のコネクタに配線しました。ほとんどSSR-ICだけの簡単な基板ですが、学園祭などの舞台照明などをマイコンで制御することが出来るように出来るでしょう。ただし、AC100Vを使用しますので感電しないように配線に注意する必要があります。

Read More

那珂湊の沖堤前でキス釣りを切り上げて、ボート撤収作業をしていると、かみさんと娘が 「あの魚、何?」 見ると、スロープの浅瀬のボラの子供達の群れの下に、娘の手の平より少し大きいくらいの魚がいます。 「チンチンかなぁ…」 「ちんちん!?」 「あはは」 クロダイの事を、海釣り師は『チヌ』と言いますが、それより小さいサイズを『カイズ』、さらに小さいサイズを『チンチン』と言うのです。 「なるほど」 「釣りたい?」 「うん!!」 と言うことで、ロッキー、ささっと仕掛けをつくるとかみさんと娘に渡します。 が、釣れない彼女たち。 フカセ釣りといって、針の重みだけでエサを沈めて魚を釣る仕掛けに戸惑っているようです。 ロッキーが代わりにやってみせると? 釣れた釣れた。 娘、初体験のクロダイです。 この大きいのが… 釣れるかな?

Read More

2019/3/26、あの日の事は忘れません。 朝、職場で1人、思わず泣いたこと。 仕事帰りに降り立った舞浜駅で新顔のデジタルサイネージを見た事。 電気の消えたセレブレーションタワー。 ショーベースで初めて遠目に見た動く新顔ミッキーさん。(↑これは2019/3/26撮影のミトミの外観写真) 前日まで連日信じ難いほどの大行列が続いていたのが、まるで嘘のような通常営業なミートミッキーで、実際に会った新顔ミッキーさん。 …あの時のキャストさんまで覚えてる。 ミートミッキーを後にした時の呆然とした感じ。 本当に、空っぽな気持ち。 ミートミッキーを出た後で、カメラセンターに寄って前日の最後のミトミの写真を買ったこと。 台紙のミッキーは変わってないんですね…って思わず言ったこと。 買う前に見た写真…2019/3/25の自分は、今にも泣き出しそうな顔で写っていたこと。 その後ランドから移動したディズニーシーで。 ポップコーンを抱えて、リドアイル側のベンチに座って前日までとは違う音楽、内容の花火を見た時の空っぽな気持ち。 ここ最近、連日の大混雑がまるで嘘のように、人が誰もいない静まりかえったドックサイドステージを見た時。 あの賑わいこそがむしろ夢だったかのように感じた不思議な気持ち。 35周年最終日の喧騒、キラキラしたパーク、大好きなミッキー。 全てが消えたパークは、昨日までと同じはずなのに、まるで別の場所であるかのような、何とも言えない不思議な感覚でした。 あの日から1年の今日。 私は普通に出社して、仕事をして。 新型コロナウイルス問題の話とか、普通の話をして。 あの日から1年後の今日は、朝から1滴も涙を流す事はありませんでした。 職場の先輩は、ディズニーが休園で残念って仰っていました。 仕事終わりの息抜きができないのが残念、って。 私は『最近は別にパークに行きたいとも思わないんですよ、ハハっ(*´ω`*;)』って答えた。 昼休みには『今日はミッキーの一周忌なんですよ…私はもうパークに興味無いです(´-ω-`)』 なんて言ったりもしてたけど、他の先輩には疑いの目で見られた。汗 (Q.なんで信じてくれないかな( ´△`)?) (A.私が毎朝チョイスして、グリ写真を楽しそうに卓上に飾っていた1年ちょっと前をみんな知っているから(´-ω-`)) 『本当にもうオリエンタルランドにも、ディズニーにも失望してるんです。』 『ミッキーを奪った上に、度重なる劣化改悪利益主義…お金儲けの意欲丸出しのオリエンタルランドには心底失望してるんです。』 『そもそも、パークを作った人…ウォルト・ディズニーさんはこんなお金儲けのためにパークを作ったのかな?って…疑問に思って、最近はウォルトさんについても調べているんです。』 『そうしたら、本当は…ウォルトさんはお金のためにパークを作ったわけじゃないみたいだとも感じていて、それは良かったと思うんです。』 『でも、今のパークは嫌いです(´・ω・`)』 【私】(´・ω・`)キリッ!!!←←←【先輩方】( ´△`)( ´△`)あらあら。。。 …今のパークへの心の底からの嫌悪感を伝えようとしたつもりだったのに。 “いやいや、お前重症やな(

Read More