1942年 アメリカ 103分監督:マイケル・カーティス出演:ハンフリー・ボガート イングリッド・バーグマン ポール・ヘンリード クロード・レインズ コンラート・ファイト 戦火が近づく1940年、フランス領モロッコのカサブランカは自由を求めて渡米しようとする人々で溢れていた。カサブランカでナイトクラブを経営するアメリカ人リック。その店を訪れた反ナチスの有力指導者ラズロとイルザ。二人はナチスの手を逃れ、亡命のためこの地で渡航証明を入手する算段だった。リックはかつてパリで恋に落ちたイルザと再会する。イルザに裏切られながらも、いまだに彼女を忘れることが出来ないリックは、ナチスの目を盗んでふたりを無事にアメリカへ脱出させようとする。 二人の男と一人の女の三角関係を、「君の瞳に乾杯」「そんな昔のことは忘れたよ」「そんな先のことは分からない」など名台詞と、サムの歌う「アズ・タイム・ゴーズ・バイ」と共にマックス・スタイナーの美しい音楽で彩ったラブストーリーの最高傑作。アカデミー賞作品賞、監督賞、脚色賞などを受賞。米映画協会は「米恋愛映画ベスト100」を発表、「カサブランカ」をトップに選んだ。 カサブランカ 特別版 [DVD]ワーナー・ホーム・ビデオ 2010-04-21 Amazonアソシエイト by

Read More

並み継ぎ・逆並み継ぎ・印籠継ぎの竿で、節と節をつぐ時に、硬かったり緩かったりすると、竿を破損する恐れがあるので、各自マスターして頂きたい調整です。 【込みがかたい時】#800~#1500番位のサンドペーパーで、竿の継がれる部分を少しづつ削って調整します。(削り過ぎると大変な事になるので十分注意して下さい) 削る部分(太い方に納まる部分)にサンドペーパーを巻き、竿をクルクルと回して楕円にならないよう、丸くシェイプしていきます。 入れては様子を見て、またシェイプするの繰り返しで好みの硬さに込みの調整をします。硬さの好みは各自違うのですが、遠投派や硬派の方は、硬めが好まれる傾向があります。 込みが浅い状態で投げると、継ぎの強度が出ていなく、集中負荷で継いだところで竿が折れてしまいます。また、キャストで緩んで抜けかけている状態でも同様です。 【込みが緩い時】竿を長年使って行くと、カーボンが少しづつ削られて込みが、どうしても緩くなります。こういう時は、瞬間接着剤やエポキシで肉盛りして、込みがシックりするように調整していきます。(完全に硬化してから込みのチェックをして下さい)※肉盛りしすぎた時は、上記の様にサンドペーパーでシェイプしてあげて下さい。 また、初期のちょっと緩い状態では、フェルールワックスなどで応急的に処理することもできます。 磯竿・渓流竿・アユ竿などの振り出しも、使っていく内に、込みが緩くなる事があるのですが、肉盛りして調整ができます。渓流釣りの提灯釣りをされる竿は、節が出過ぎている事が多いので、肉盛り調整受ける事が多いです。 込みは、使っているうちに緩むので、ガイド位置が回って動いていたり、緩みやすい竿の場合は、抜けかけていないか、釣りの最中に時々チェックを必ずしてください。 込みの調整をする機会があった時は、ぜひチャレンジしてみて下さい。自分で色々手を加えてあげると、道具に愛着も湧きます(^_^;)

Read More

生い立ち ペンタックスは2000年には「MZ-D」と言う35mmフルサイズの開発を発表している。しかし35mmフルサイズのコストが、ペンタックスの目指す所と価格が折り合わず、断念する。 APS-Cサイズへと変貌をとげ、2003年2月*istDが開発発表される。 MZ-Dの発表から3年の歳月を経て、ペンタックス曰く、6年の開発歳月を経て、2003年9月、*istDが発売されました。  ※当時、世界最小、最軽量。 当初の価格はボディのみで19万円後半であったはず・・・。今では中・上級機並みの価格ですが、当時は「よくやった」と言うファンの声も多かったはず。 PENTAX-A 50mmF1.4を装着 MレンズもAレンズも似合うなぁ・・・。 奇跡のシャッターフィール 奇跡と言われたistDのシャッター音・・・「パシャッ シュキィイ」・・・私にはこう聞こえています。 デジタルなのに、「フィルム給装音が聞こえる」とか、フィルムボディーの流用で「偶然に出た音」だとか、色々な見方が有るようですが・・・ istDのシャッター音は最高です。他の何者にも替えられません。 どんな音かは・・・詳しくはwebで。 初号機が担う物は大きい。 ブランドイメージにも影響する。 失敗は出来ない。他メーカーには出遅れており、何としてでも追いつきたい。 突貫工事で発売を急いだ・・・なんて書き込みも見たことがあるが、そんな事は全くない。  と思う。  だって、ペンタックスですよ。「お客様第一」、「ユーザー視点」がモットーな会社です。 発売まではきっと苦難と試行錯誤を重ねられたんだろうなぁ、と今、istDを手にして思う。 ミラーが大きいのは、MZ-Dの名残なんだ・・・そう思うと、何だか感慨深い。 私は、背面右方向からの姿がお気に入り。理由は「なんとなく」 Pentax *istD http://www.pentax.jp/japan/imaging/digital/slr/ist-d/ 有効画素数: 610万画素記録媒体: CF/マイクロドライブ レンズマウント: KAFマウント 視野率: 95% ファインダー倍率: 0.95倍 大きさ: 129*94.5*60mm 重量: 550g  ななかまど (これ、1月3日の空ですよ。 スカッと抜ける様な晴間でした。) 教会 またこの画像・・・サッポロファクトリー でも、すごくね。 ノイズない・・・。 まだまだ、現役だよ。 残念ながら、K10DやistDS2は後継機とは言えない。少なくとも、私はそう感じる。 istDはistD。 中古市場でも見かける事が減って来た。今の機体は売らない。壊れるまで私と一緒だ・・・ 

Read More

このページはガイネのアースバイブレーションライアー作りWSとライアーの紹介ページです。 ◆アースバイブレーションライアーとは? 基本サイズからの紹介になります。 ☆サイズ:(横×縦×厚み)約250㎜×380㎜×35㎜〜好みにより大きさ、弦の数など選べます。 ◆材質:・本体:桜、栗、トチなど (その時の在庫状況によります)・ブリッジ(下側の細長いパーツ):ウエンジュ、ローズウッド、パドックなど ◆弦:スティール弦 ①形を決める 形は自由ですが、弦の張り方、音の響き、制作の難易度などに留意して決めてゆきます。基本的に上の写真左のように大きめの穴の開いたものと右のトレイ型のものに分かれます。●穴開き方(穴の大きなもの)は、大型の演奏用ライアーの形などが元となっており、穴のこちら側(右手)と向こう側(左手)の双方から弦を弾くことができます。 全音階希望の形はこちらとなります。この場合、左手で弾くのは基本的にはピアノの黒鍵部分と同じ、♯や♭音です。 もちろん、その他の音階でも穴あきパターンはあります。 ●トレイ型は、ペンタトニック(5音階)やヒーリング系サウンドを志向する方にお勧めです。②弦の張る位置と長さなど 弦は右側が太く長く(音が低い)、左に行くと細く短く(音が高く)なります。左利きの方は逆も可。 ③音の響きと形の関係 楽器は振動が伝わりやすく作ってあげるとよく響きます。本体の枠部分以外をできるだけ薄くすることで響きが増します。また、穴の大きなものよりもトレイ型の方が響きは良くなります。④音階について 弦の数は基本セットでは16本まで。 要望に応じて増やしたり減らしたりできます。 以下は例です。 左・低音→右・高音。●クロマチック→ソラシドレミファソラシド(プラス半音部分)●ダイアオトニク→ソラシドレミファソラシドレミ●ペンタトニック(5音階) 1、ドレミソラドレミソラドレミ 2、ソソラドドレミミソソラドドレミミ (共鳴を増やすためにドミソを2本ずつにしている。ダイアトニックに変えることも容易)●ヒーリング系  ・タオライヤーチューン→レレミミララシシレレミミララシシ など ●ガイネのお勧め、オリジナルアースバイブレーショントーンシリーズ  ・くじらチューン(ガイネがクジラの鳴き声から作り出した音列)  ・アースバイブレーショントーン  ・星の運行(ポラリス)  ・渦  ・天流水 など、多数用意しています。 自然の波動、地球の波動に沿ったものを奏でたい方には特にお勧めです。 制作された方、購入された方に更にご紹介します。 ◆製作日数について通常は4~5日かけて制作するワークとなります。個人差があります。出張の場合は4~5日連続というのが難しい場合が多いと思いますので、ガイネが事前に形や弦用の穴開けなどを済ませておき、短縮して行うことが出来ます。何日で行うかを相談して決めてゆきます。製作日数など、出張でない場合もご相談ください。◆下にも過去の参加者さんらの完成作品写真を載せておきます。上記を参考にデザインを決めてゆきましょう♪◆制作費用について基本セットは一台43,000円です。 出張の場合はこれに交通費、会場費、宿泊費などを上乗せした金額がトータルのWS代金となります。●受注製作の場合、53.000円。弦の数、音列、サイズなどいろいろ変えてゆけます。ご相談ください。 ◆その他のライアー基本的に自由に、自分の好きなデザインで作ることをお勧めしています。★ミニタオライアーサイズサイズは約400×600で、弦の数は27~36本です。  ひとつの音に対して3本の弦を張ってゆきます。 こちらの通常WS代金は100,000円〜となっています。●受注製作の場合、110,000円〜。 ★全ての音をだせるクロマティックライアーこちらの写真の物は25弦。ソから2オクターブ上のソまで。 ピアノで言う黒鍵の音を左手で弾きます。 弦の高さを調整してあります。 サイズ、約350×550センチ代金は90.000円です。●受注製作の場合、100,000円。(写真の作品に埋め込んである石は参加者さんが持参し付けたものです)その他、様々なパターンにできるだけ対応しています。 下に写真ギャラリーがありますので見てみてください。 ●音源は以下のURLにて聴けます。https://www.youtube.com/watch?v=wEPDdzydEmA&list=PLX1JdE6NvGAl9ZDi6Zjue2eCF6x-1Z8Vl&index=1 ●およその販売価格は下を参考にしてください。 問い合わせは下記までよろしくです。

Read More

久しぶりにパソコンの修理依頼がきました。HPの廉価ノートパソコンです。 修理依頼内容は、速度が遅くなって何もできなくなったとのことでしたが、こちらはソフトウェアの問題でした。確認している段階で、排熱温度が少し高めなのに気がついたので、ついでに分解清掃してみました。 分解は工具があれば比較的簡単です。以下の工具は最低限必要と考えてください。 プラスドライバー No.1 (一般サイズの一つ小さめのもの) プラスチックのヘラ (粘土ベラでも代用できます) 金属の細い棒 (特大ゼムクリップでも代用できます) まずは、ノート底面にあるネジを外します。画像に参考用のマーカをつけましたが、抜けがあるかもしれません。実物をよく見てどんどん外しましょう。ちなみに、キーボードの用のネジのところには、そのような記号がついています。 最初に、ハードディスクとメモリの蓋およびバッテリーを外します。蓋の後ろ、およびバッテリーの後ろにもネジが隠れていますので、それも忘れずに外します。下の写真は、ハードディスクとメモリを取り外した後になっています。ちなみに、光学ドライブはハードディスクの取り付けネジと共用ですので、ハードディスクを外した段階で、横に引き抜けるようになっています。 上記段階でキーボードが外れますが、これには少しコツが入ります。底面側のキーボードのネジ穴に、金属棒を差し込んで、キーボードの裏を圧迫します。キーボードはある程度しなるので、それをキッカケに今度はノート表面よりキーボードを外します。キーボードは本体とフラットケーブルでつながっていますので、切断しないように注意します。 キーボードを外すと更にネジが出てきますので、忘れずに外しましょう。ここまでくれば後は、パームレストを外していきます。基本的に爪で引っかかっているだけですので、上記矢印の位置よりプラスチック工具を差し込み、順に外していきます。 パームレストが外れるとこんなかんじになります。 後はマザーボードを外せば完璧でしたが、めんどくさいのでエアーダスターでゴミを取りました。 結構詰まっていました。ちなみに、ゴミと一緒に写っているのは、光学ドライブのイジェクト用のピンです。今回はこれを使ってキーボードを外しました。 後は順序をさかのぼってもとに戻すだけです。ネジを間違えたり、紛失したりしなければ、特に難しい作業はありません。 クリーニング後は、排熱温度が下がり、非常に快適になりました。エアコンと同じで定期的な清掃は必要ですね。これで商売もできるかもしれませんね。 以下は広告ですが、私のイチオシのエアーダスターです。ノズルが無くならないので非常に便利! ナカバヤシ Digio エアダスター/ノンフロン 390ml DGC-JB8ナカバヤシ ジョインテックス ゼムクリップ 超特大 100個 B296J-3L100ジョインテックス

Read More

本日も、ご乗車いただき誠に有り難うございます。 この電車は、臨時急行 雲雀丘花屋敷行でございます。 昨日の続きで・・・完成まで行きたいですね~ 巻取りローラーにシャフト(丸棒)を取り付けます。(2本) 右側面枠を接着せずに(もしもの時に、ローラー等が取り外せる)パイプを挿入するだけにしようかとも 思っていましたが・・・幕の回転時にフレームの捻じれ等が見受けられましたので寸法を合わせて接着しました。(挿入位置にマスキングテープを巻いておきます。フレームの捻じれに注意して、接着です。) 幅広の輪ゴムで、上下の巻取りローラーを連動させる予定です。 上部巻取りローラーに方向幕をテープで固定し、巻取り開始です。 出来るだけ負荷をかけながら巻き取らないと弛みがでます。 下部ローラー側も幕をテープで固定して巻き取りますが、輪ゴムでの連動はイマイチ?弛みが・・・・・ 1サイズ小さいのに変更してみましたが、ゴムが伸びるだけで・・・元のサイズの輪ゴムをW(2本)にして・・・ 辛うじて、弛みも無く・・・成功かなぁ~ 雲雀丘花屋敷に到着後の折り返し便は、試運転になりますのでご乗車にならないようお願いいたします。 本日も、OSSAN電鉄をご利用いただき有り難うございました。 オマケですが、軽量のため・・・こんなことも可能です。パイプを塗装すればですがね。

Read More

以前から憧れだったコムラサキ(小紫)を、夏の終わりのまだ花が咲いていたときに買いました。 「紫式部」として流通していますが、野山に咲く本物の紫式部はこんなに実がたくさんつかないそうですね。実際にお店で売っているものはほとんどこの「小紫」でしょう。野山の紫式部と違って、葉の鋸歯(葉のまわりのギザギザ)が小紫はほぼ上半分にしかないというところは、一番識別しやすい点でしょうか。まあ、何より花や実が確かにしっかりついていて、園芸用には小紫が映えるようです。 そういえば昔、中学校の保健室の先生がいつも紫色の洋服を着ていらして「紫式部」と呼ばれていたっけ・・・(^^;)・・・・美人だったかどうかは・・ヒミツ・・・(^^;) これは娘の学校のフェンスから外に顔を出す小紫。 以前からここを通るたびに「欲しい欲しい」と思っていたものです。紫式部とか小紫とはいい名前をもらいましたね~。 さて、この小紫の実、食べられるんですよ~。先日、園芸療法士のT先生が教えてくれました。先生に「どうやって食べるんですか?」ときいてみたところ、「こうやって!」と実をとって直接食べてみせてくれました。もちろん料理などして食べるものではありません(^^;)自分でも人体実験してみましたが、大丈夫です・・・。口の中でプチプチっと言います。味は・・・・1つ2つ食べてもパっとした味はしません(^^;)あまり味はないけどプチプチ言うところが面白い・・・・という程度でしょうか。 ですから食べるために実を育てるというわけではありませんので・・・念のため。

Read More

ついに最終回・・・。 <38話> 十一次元に突入!弾かれた3人のうち、ロドニーは崖から落ちたが、何とか助かった。ひやっとしたぜ。しかし消失は更に加速。間に合うか? 十一次元では通常の物理法則は通用しない。やはりそういう設定か。ベタなのが良いんですよ、ベタなのが。カー博士が頭の中にいてアドバイスしてくれるが、実にわけのわからん世界だ。ビッグバン(?)に巻き込まれて、気が付くと電車の中。電車の窓から~見える~赤い屋根は~ユノがいたら歌ってくれたかもしれない・・。 元の街だとは思えない。十一次元を暫定的・擬似的に現した世界だそうだ。そこで5歳のエイミーが時空虫と一体化して現れる。彼女が「地球なんか無くなっちゃえー!」と叫ぶと同時に元素消失が起こる。そろそろ6%間近。 エイミー(≒)を追っていくと、レンの家に着いた。どうやら現実と微妙にリンクしているらしく、アン(レンの母)が気付いていたり。 変な塔にエイミーの姿が。「ウォーリーを探せ」ならぬエイミーを探せ状態だな(笑)。中へ入ると、どうやらプラネタリウムのようだ。ピアノを弾く老婆?この声は、カー博士!彼女の残留思念か。 巨大エイミーが現れ、そしてラスボスっぽいモンスターが現れる。次々と街が壊れて怪物に吸収されていく。現実世界でも街が壊れていく・・・! 擬似・十一次元はイマジネーションの世界ということらしい。ホミ 「こんなときにユノがいてくれたら・・・」すると、いきなりユノが現れた!「デビルマン」シリーズとか「ARMS」のアレですね。大好物です。そしてレン巨大化。どこの地獄だ?時空虫と戦うレン。実に戦い慣れしている。しかしテレポートも使える時空虫。危うし、レン・・・と、そのときにキアラも巨大化して参戦。何で1人ずつ戦うんだ? 時空虫が衝撃波を放ち、キアラは気絶、レンは捕まる。ホミの助けでイメージして、エレバイルとリアクターエッヂの機能が戻る。そしてついに時空虫を撃破・・・?元素消失が止まった。しかしまだエイミーは「地球なんか無くなっちゃえー!」しかしゃべらない。元々がカー博士の発した声で出来てるからなあ・・・。 ここで最後のオリカタイムといこうじゃないか。 ジゲンノリュウ  光 ★★★★★★★★★★ ドラゴン族・QEX攻撃力X00 守備力X00X=ゲームから除外されているQEXのレベルの合計となる。手札のQEXを1枚捨てることで、ゲームから除外されているこのカードを特殊召喚する。1ターンに1度、自分の墓地からQEXを一体ゲームから除外することで、フィールド上のカード1枚を破壊できる。 オシリスの天空竜やダーク・アームド・ドラゴンに似たような効果を持っている。効果自体は弱体化しているが、その分フィールドに出しやすくなっている。召喚制限が無く、帰還による特殊召喚も出来る。下記のエイミーの効果などでQEXを大量に除外しておけば、神クラスの攻撃力も得ることが出来る。 時空虫エイミー  闇 ★★★★★★★★★★ 機械族攻撃力0 守備力0通常召喚できない。自分の墓地からQEXを5枚ゲームから除外して、デッキからのみ特殊召喚できる。1ターンに3回まで、攻撃と効果から免れる。1ターンに1度、フィールド上・墓地・手札・デッキのいずれかからカードを1枚ゲームから除外することが出来る。この効果でカードを6枚除外したとき、勝利が確定する。 QEXデッキなら難しくはない召喚ルール効果、ヴェノミナーガに匹敵する強力な耐性、敵味方問わずの除外効果と、それに付随した特殊勝利効果。まさにラスボスに相応しい強さだが、全く攻略できないわけでもない。現環境ではモンスターの大量展開でラッシュをかけるタイプのデッキが多数存在する。加えて除去カードを使われると弱い。なにしろヴェノミナーガと違って攻撃力が0なので、戦闘力は皆無。強力な耐性も受ける印象ほどの強力さは無い。ユベルと違って相手を破壊できるわけでもない。反面、ほぼ損失なしで簡単に出せるところはヴェノミナーガやユベルに大きく勝る。ヴェノミナーガ同様手札に来ると腐るが、リロードなどで戻してあげよう。除外効果は強力極まりなく、相手の手札やフィールドを荒らしつつ特殊勝利を狙える。デッキタイプによっては出すだけで勝てるほど強く、耐性ともシナジーする。長くフィールドに残れば残るほどカードアドバンテージを稼げるのだ。もちろんジゲンノリュウともシナジーする。なるべく原作の効果に近づけたつもりだが、そもそも私は何をやっているんだろうという根本的なことを忘れてやしないか・・・OTL原作通りにするなら、除外されている状態で効果発動できるとか攻撃できるとかいう手もあったが、流石に強すぎるのでやめておいた。 <最終話> 暗雲渦巻く世界の中心で、スネーカーエイミーは叫ぶ。現実世界でもカタストロフに近い現象が起こっている。選民思想を持つゼロ副大統領に対して、カー博士は「いずれは自由に元素消失を起こせる」と脅しをかける。どうやらメカニズムを解析したようで・・・。ハッタリかもしれんけど。 さて、エイミーが地球を憎む理由とは?レンが奪ったぬいぐるみが地球儀になり、エイミーの記憶が映し出される。両親と共に幸せに過ごすエイミーだったが・・・地球で津波が起こり、それで命を落とす両親。それでエイミーの良心が憎悪で曇り、例のセリフを叫んだわけだ。 十一次元で3人が戦っている間、現実世界でハンナやロドニーも一定の決着をつけていた。しかし川嶋が出ないのは何事だ?あのオッサンが暴言を吐くなり改心するなり、どっちでもいいから出番を出さんかい!出番なしって、そりゃねえだろ。何かの罰か?待てよ、処刑されたとかいうオチかも・・・。 エイミーのATフィールドのようなものを3人が突破しようとしているが、苦戦。そこへカー博士の声が響き渡る。「エイミー、いい加減にしなさい。」イマジネーションでカー博士が現れる。髪を下ろしたのも良いですね。ハァハァ。そこへ津波がやって来る。ええ、もしや視聴者のハァハァに対するツッコミですかあ?そんなわけもなく、3人がイマジネーションの力で止める。このシチュエーション、どこかで見たような・・・。と思っていたら、以前に書いた小説で似たようなのがあった。エレメントハンターのスタッフとは友達になれるかもしれない。気のせいとか言うな。 カー博士とエイミーが光に包まれて天に昇ってゆき、今度こそ元素消失は完全に収まった。元素の塊がコロニーを呑み込む。人々は脱出したようだが、もしかしたら川嶋とか置き去りにされたかもしれないな・・。非常事態を利用して、コフ司令官あたりが気を利かして川嶋を置いてきたかもしれん。 - - - - - - その後・・・。 キアラ 「初デートで女の子を待たせるなんて、どういう男なのよ。」ロドニー 「はーい、マイハニー。」ヘリコプターで登場するロドニー。この番組で最も変わったのは彼に決定した瞬間だった。いやホントもう最高。 ハンナはナオミ(キアラの母)と共に女優をやってる。ホミはハンナのマネージャーのようだ。2人っきりになると「お兄ちゃん」と呼ぶ。ところでトムはどうした? アリーはコロニーで仕事を続けている。コフ司令官がダジャレを・・・。というかあんた、アリーを口説いているのかね?それとも元からこういう性格なのか・・・? レンは相変わらず母に怒鳴られているようだ。逃げ出したのを追いかけようとしていると、大人たちが集まってきた。 そして子供ら7人が集合。ラボの取り壊しを見に来たのだ。回収した元素を徐々に地球に戻していくという、地球復興の責任者になったのがトムだった。またお前はオイシイところを・・・。そんなところが良いのだがね。というかゼロ大統領、来るんじゃねえ。お前なんか嫌いだ。 その7人(ついでにゼロ)を見下ろして微笑んでいるのは・・・ユノ?!そういやアリーがバックアップがどうのとか言っていたけど。 番組を通して変化したと思うキャラクター、自己ランキング。 1位:ロドニー・・・言わずもがな。2位:レン・・・冷静さや理知的なものを身に付けた。3位:ハンナ・・・随分と可愛くなっちゃってまあ。4位:アリー・・・人懐っこくなったよなあ。5位:ユノ・・・アンドロイドの涙。最下位:カー博士・・・全てが予定調和。 好きなキャラ、気に入ったキャラ。 1位:ユノ・・・前半から好きだったけど、後半からポイントが更に高くなった。2位:カー博士・・・なにげにヒロインって彼女だよね。セクシーだし。3位:コフ司令官・・・ラブリーかつ渋い。このかっこよさ。4位:トム・・・子供たちの中で一番好きなんだ。5位:川嶋長官・・・どこまでも俗物な最低野郎なのが逆にツボに嵌まった。 ツンデレ推測ランキング。 1位:キアラ・・・説明無用。2位:ハンナ・・・トムに対してはどうなのか不明だが、最終回ではホミに対して。3位:アリー・・・冷たい感じの前半と、打ち解けた後半。ハゲの指摘通り。4位:カー博士・・・冷酷さと温かさを兼ね備えた人格。5位:シェイプシフター・・・通しで考えると照れ屋さんだったね。最下位:ホミ・・・全く意地を張らないストレートな優しさ。 最強のQEXは? 印象でランキング。 1位:オウジュ・・・先輩のハンターが殉職したり、アリーも死にかけたり。恐ろしい奴だった。2位:ジゲンノリュウ・・・一応ラスボスということで設定では最強なのだろうが、割と呆気なかった。3位:センボンウニ・・・簡易コンピューターに苦戦。4位:リボセッキ・・・恐怖を見せ付ける強敵。5位:カサネセッタ・・・もう少しで食われるところだった。次点:ネオQEX・・・正確にはQEXのような異常種ではないので。 迷惑な人ベスト3 1位:エイミー・カー・・・全ての元凶。ユイとスネーカーを足して2で割ったような感じ。2位:川嶋長官・・・1位と圧倒的な差で2位。3位:ハンナ・・・2位と圧倒的な差で3位。 最強のエレメントハンターは誰か?

Read More

東海道貨物線下りを撮影できる撮影ポイントです。 鶴見川の鉄橋下になります午後が順光 反対側は昼頃が順光 撮影場所に行くには、鶴見川の遊歩道を歩いて、一度線路の向こう側に渡る必要があります。 岸壁は相当の高さがあるので、無理すると危険です・・・回り道をしてください。 撮影場所は、東海道貨物・東海道線の鉄橋と品鶴線の鉄橋の間・・・ 目の前に川がゆっくり流れ、ガタンガタンという音が絶え間なく鳴り響く・・・鉄好きにとって癒しの場ですね~w この線は新鶴見信号所から鶴見に向かう列車のみの撮影出来ます。列車の接近は、信号機を見て判断出来ます。(5分くらい前に青になります) 遠くまで見晴らしは良いので、見えてから構えても間に合うでしょう。 ちなみに、鶴見から新鶴見・東京タに向かう列車の撮影には向きません・・・(フェンスの隙間からぎりぎり出来ますが・・・) 東京ターミナルから出てくる列車の撮影は完全に出来ません・・・(どうにか単機のけつが撮影できるくらい・・・) 試運転やDEなんかも通過します。 <場所> <アクセス/徒歩>JR京浜東北線鶴見駅から歩いて20分くらい 鶴見駅の東口を出て東京方面に歩き、鶴見川にぶつかったら橋を渡らずに左に。目印は「京浜河川事務所」 <アクセス/車>鶴見駅方面から行くと、橋が見えるのでその手前を左に。道路上に「京浜河川事務所」の看板があります。 <駐車スペース>京浜河川事務所の横に、外周りの営業の車が休んでいるようなスペースがあります。(ただし、住宅街の道路です。迷惑駐車はしないように) <トイレ>河川敷の遊歩道と京浜河川事務所が隣接するところにトイレが設置されています。開放されていて誰でも利用できます。 <お店>近場には何もありません。自販機は、河川事務所の前の道に何台かあります。 <注意>・ゴミは必ず持ち帰りましょう!・トラブル等発生しましても、当ブログは一切責任は負えません。 当ブログは、にほんブログ村に参加をしております。(別窓で開きます)にほんブログ村 鉄道ブログ

Read More

見た目からして度肝を抜かれるキャラだった…(笑) ドラマ「リーガル・ハイ」第2話 『著作権訴訟はカネになる!?』古美門研介は因縁のある古巣の法律事務所のトップ、三木長一郎を怒らせ、収入のほぼ全てを依存していた大手クライアントを失う。さらに古美門の事務所には三木のもとで働いていた黛真知子が移籍してきた。黛が仕事を持ち帰る。著作権侵害という、勝てば金になる訴訟に期待を寄せる古美門だが、事務所にやって来たのはパンクロッカーの荒川ボニータとジャンゴジャンゴ東久留米。二人はダブルミリオンに迫る勢いの大ヒット曲で、柊しずかが歌う『あれは恋でした』が、自分たちが作った曲の盗作だと言う。 「リーガル・ハイ」については何度か触れていますが、今クールでダントツに面白い作品なんです!間もなく最終回を迎えますが、もう回を追うごとに面白さが増して、これは…スゴイ作品になるな…と予感させる作品です。 では早速、第2話の感想を。黛が著作権侵害の仕事を持ち帰る。それは、大ヒット曲がパンクロックグループ“自爆魂”の曲の盗作ではないか?という訴訟事件であった。 …ということで、窪田君演じるジャンゴジャンゴ東久留米の登場となるわけですが、見た目のインパクトが半端ない!!wwしかし、言動はちょっとアレですが、見た目以上に素直なキャラだと思います。そして、ミュージシャン役ということで、ギターを弾くシーンもあります☆かなり弾けてますww 自爆魂のパンクっぷりも見どころですが、この回では後に幾度となく衝突することになる、三木との初対決!が描かれるという部分も見どころですね。 第1回公判では、古美門派の黛の音痴な歌VS三木派の曲の類似性の関数グラフ化。古美門派の劣勢となり、古美門は依拠性の証明で押すことを主張。作曲家・葛西との繋がりを示そうとする。 第2回公判では、当事者の口頭弁論。スーツで来るように指示した黛の言葉を裏切って、荒川ボニータとジャンゴジャンゴ東久留米は“自爆魂”の格好で登場。 裁判中、ボニータの後ろで悠然と構えるジャンゴ(略)がイイですなwwその後、ジャンゴは裁判中に裁判に対する怒りを歌い出す暴挙に出る…が、ジャンゴはそれが暴挙であることには気づいていない。ジャンゴの天然な破天荒っぷりが爽快です☆ 大ヒット曲を訴えたことで、逆に追い詰められるボニータ。彼女は訴えを取り下げることを提案する。それを止めたのは、ボニータの父。実は応援していたのだという。メイクを落とした窪田君は、否、ジャンゴは普通の気の良さそうな青年でした☆これ以後、どちらかというとジャンゴのしおらしい姿が多数登場します。そのギャップが見どころですな!ww 古美門の元を訪ねてきた三木。葛西が和解を申し出てきたのだという。それをつっぱねる古美門。第3回公判では、葛西への追加尋問。古美門はゴーストライターの存在の有無を問い詰める。 葛西がゴーストライターの存在を否定したことで、古美門はゴーストライターの存在を証明することが、勝訴に向かう突破口だと睨む。過去の作品と葛西の手掛けた作品との類似性を指摘する二人。自爆魂が5人組だった過去、作詞作曲を担当していたシャルロット松戸…石塚小枝子。そこでついに葛西との繋がりを発見する。 第4回公判では、小枝子への証人尋問。そこで小枝子は葛西へ曲を提供したことを否定する。証人への証言を弾劾するために当事者尋問が行われる。そこで小枝子の否定した事実が実は嘘であったことが判明する。 和解案を提示する葛西。最後まで戦い続けることを主張する古美門に、和解に応じることを決め、和解金も要らないというボニータ。その意思を受け、基金への寄付を主張するジャンゴ。5千万円が取れるという古美門に、「先生。そういうのはさ…パンクじゃない」と言う二人。「ウェ~~オオ~~~~」という、二人の息の合った仕草とその後のしっちゃかめっちゃかぶりがナイスです! ラスト。「命拾いしたな。不敗神話とやらが傷つかずに済んだろ。続けていたら私が勝っていたんだからな」「どの口が言うんですか。ホッとしているのはそちらでしょう。内心では地位と名誉を失うのが怖くて、冷や汗ダラダラだったでしょうに」「本当に何も分かっていないなお前は。俺はお前をこの世界から葬ると決めたんだ。そのためなら地位も名誉も喜んで捨てる。刺し違えてもお前を地獄に引きずり込む。必ずな。それが俺の贖罪だ」悲痛な面持ちで拳を握りしめながら呟く古美門…そして。「結局、柊しずかに会えなかった!」シリアスから一気にコメディに落とすオチが秀逸です!もう爆笑しましたww というわけで、その見た目のインパクトとは裏腹に、実は素直で気の良い青年だった、ジャンゴジャンゴ東久留米を窪田君が好演してくれましたね!もうテンポが良くって、公判ごとに勝敗が分からなくなるジェットコースターなストーリ展開。そして何より、シリアスとコメディを行ったり来たりする、予想を裏切り続ける展開が本当に楽しいです。これぞ法廷コメディ!と言った感じで毎回ワクワクしながら見ています。 あまり窪田君には触れていない感想でスミマセン…;ジャンゴは見た目は派手であるものの、それほど出番としては目立たないキャラだと思います。しかしそれが、テンポの良いストーリーの中では活きてくるんですよね。役どころとしては、盗作者に対して敵意を剥き出しにしたり、中傷にさらされて傷付いたり、仲間に裏切られて意気消沈する、ボニータを支える仲間、というキャラでした。本当に気の合う二人なんだな~ということが伝わってきて、ボニータを密かに支える両親とも相まって、ステキな仲間関係を演出してくれていたと思います☆ いや~この回も含めて、ホント毎回面白い日付的には本日ですが…最終回にも期待しています

Read More