お盆なので土日、いつものように主人の実家に帰ることにした。おこめの実家はここなので、『主人の』と言わないと、「えっ?!どこに帰るって?」と言われるのだけれどね。 去年、お嫁に行った娘が、『赤ちゃんができたので、パパのお墓に報告に行きたいんだけど、日にち合わせた方がいいよね?』というので、向こうの負担を考えたら、当然その方がいいだろうと了解したの。おじいちゃんもおばあちゃんも、モチロン喜んでくれるると疑いもなくね。 最初の???は、出かける前の電話から。 娘が泊まるといいだしたんで、義母へ電話させたの。そしたら、折り返し直ぐに電話が来て、『○○(娘)ちゃんの実家は、そっちでしょ?』と、何故帰って来るのかって言わんばかり。でも、娘には直接言わないのね、おこめに言うの。 そうはいっても、目的はパパのお墓参り。体調がよければ、日帰りにするくらいの気持ちで出かけるように言った。 夕方までは、平和だったのね。日帰り温泉に行ってきたりして。 帰ってきて、アルコールが入ってからだ、義父の言葉がおかしくなったのは・・・。おこめも飲んでたけどさ。 『○○ちゃんの実家は、ここじゃない』から始まって。『薮入り、ってことばを知らないのか?』『でも、お墓参りに来たわけだし・・・。』『墓参りに来るだけで、誰が草刈をしてると思ってるんだ。』 (自分の)娘は嫁に行ってるから頼めない。(ウチの主人は)婿にやったようだし・・・。 墓が、墓が、墓が、墓が・・・。  どうするか、決めろと言わんばかり。まるで、墓守のためだけにおこめがいるような言い方になっていき・・・。 とうとう、切れました。おこめが、です。 『そんな、今すぐどうこうなんて、考えられない。私だって、明日死んじゃうかもしれないし。パパの例もありますしね。それに、再婚と言う選択肢もあるんですよ!』と言ったら、『23年間尽くしてきたのに。」とか、『俺たちを捨てて行く気か?』と言われたよ。 人身売買?おこめは売られてきたの??? 売り言葉に買い言葉ではあるけど、おこめにだって、年老いた両親がいる。今は元気でも、いずれはおこめ一人で4人を、なの?嫁に行った娘は、関係ないの?ウチの両親は捨てろと? 昔と違って、子供の数が少ないから、長男長女も多い。そんな時代に、長男だから、長男の嫁だから、なんて時代錯誤もいい加減にして欲しい。 『墓参りなんて口だけで、花も持ってこない』とか言われたので、『もう、来年からは来ませんと、捨て台詞をはいてしまった・・・。 義父が、盆踊りに出かけたとき、義母にだけは話したよ。『墓、墓、ばかり言うから、切れてしまったけど、私だって鬼じゃない。でも、こんな田舎じゃ就職先もなく、とても、暮らしていけない。もしも、どちらか一人になってしまってとき、ウチの近くに越してくることはできるんですか?』と。 答えは、『No』だったけどね・・・。 寂しいのだろうと思う。あんな田舎で年寄り二人。片方が入院でもしたら、一人ぼっちだもんね。心細くないわけがない。でも、今からおこめにどうしろと言うの? さっき、国語辞典で調べてみた。薮入り=正月および盆の一六日に、奉公人が暇をもらって親元または請(うけ)人の家へ帰ること。余計腹立たしくなった。『奉公人』だってさ(苦笑) p.s.翌日の帰り、『性懲りもなく、また来ますから。』と言ったら、義母は、『素通りして、お墓だけに来たりしてね。』と笑った。この人の言い方に嫌味はないだけどね(笑)

Read More

学生時代全般http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/11448/1262598998/ 美女にコクッたら、いきなり抱きつかれた 79 :名無しさん:2010/04/02(金) 19:49:01   中2の時、部活からの帰り忘れ物を取りに部室に戻ったら、クラス一の美少女(学年一だと思う)と遭遇したので、思い切って告白したら、「温めて」といっていきなり抱きつかれたので、天にも昇る思いで抱きしめました。  その後、その子はいったん離れて、体操服とブルマーを脱いで、下着姿でまた抱きついてきました。真冬だったので鳥肌が立っていたその子の背中や肩を、何度もさすってあげました。それ以上のことは何もなかったけど、これまで生きた中で一番幸せな時間でした。20年以上も前の話です。 3対3の6人で、やりまくった 91 :名無しさん:2010/06/04(金) 17:15:11   定時制高校5年(1年留年)の時、卓球の県代表で東京に遠征した。その時の旅館で、四国の女子と仲良くなった。初め風呂のぞきで目をつけていた肌の綺麗な子の部屋に行って、3人の女子を男部屋(50人程度雑魚寝)に連れてきた。  そこで、毛布に一緒に寝て、一晩中やりまくり。他の男子もいたが、部屋中あえぎ声が響きまくった。3対3の6人で本当によくこれだけやれると思うくらい、やりまくった。一晩に30分×10回ぐらいやったと思う。他校の男どもは、よだれを垂らしながら見ていた。  初めから、男部屋に来ていた同県の女の子は、その辺の男どものチンポを舐めまくっていた。そのため、次の日の試合は1回戦負け。女の子は、朝から起きられずに、裸の状態で先生に見つかってしまった。その先生は、裸のままの女子生徒に、しばらく何も着せずに説教をしていた。  その先生のチンポは立っていた。次の日も、先生の目をごまかしてやりまくった。もう一度、あの日に帰りたい。 初の射精は高校生にしごかれて 139 :名無しさん:2011/03/22(火) 01:02:08   中1の頃、部活帰りに射精させられました。人気のない山道を歩いていると、後ろから高校の制服を着た女の子2人に声をかけられ、「裸見せてあげるから、おちんちん見せて」と言われ、森の中に連れていかれました。「私たち16歳なんだ。君いくつ?」「13歳です」「3つしか違わないのか。年上だけどお姉ちゃんたちの裸見たい?」 そう聞かれて、首を縦に振ると、2人とも目の前で靴下、ブラウス、スカートと脱いでいき、下着姿になったところで僕のジャージを脱がし、僕はパンツ1枚にされました。  「おっぱいとアソコどっち先見たい?」と聞かれて「おっぱい」と答えると、2人とも無言でブラジャーを外し、ブラジャーを放り投げて本物のおっぱいが、2つ目の前に出た時は衝撃でした。そして間髪いれず、パンツに手をかけてスルスルと下ろされ、毛の生えたアソコが見え、2人の素っ裸の女の子がそこに確かにいました。  「あーあ、裸になっちゃった。君もおちんちん出さなきゃダメだよ」と言われて女の子にパンツを下ろされ、ギンギンになったペニスを見られました。「13歳のおちんちんにしては大きいぞー」と言われてすぐそのペニスを握られて、ゆっくりしごかれました。初めての感覚で、(なんだコレ? 気持ちいい!)と思いました。  しごかれてる間にもう1人の女の子が右に来て、「好きなだけ触って」と言ってきたので、さっきからプルンプルン揺れるおっぱいを初めて鷲掴みし、揉むとその弾力が伝わり、女の子もずっと喘いでいました。  ペニスの気持ちよさも徐々に強まり、しごきも早くなってきたところで、おっぱいを揉ませてくれた女の子が、大股開きで、アソコをパックリ開いた状態のを見せてくれた後、放物線を描いて放尿しました。女の子のおしっこ姿を初めて見て、とうとう限界が来ました。  イッた時、精液が出るなんて知らなかったので、ペニスをしごいている女の子の顔やおっぱいに、白い液体がべったりついていたのに驚きました。「ご免なさい! なんか変なの出ちゃった! どうしよう!」と言ったでしょうか、パニックになっていると、女の子が無言で顔やおっぱいについた精液をすくっては舐め、僕のペニスの先をしごきながら舐めて、ペニスが口の中に入れられてしまいました。  何をしているのか判らなかったけど、おしっこした女の子が初射精の僕に説明してくれて、納得がいきました。セックスはなかったですが、日が暮れるまでずっと3人でその場で色々しました。「楽しかったからご褒美よ」と2人パンツを僕に投げて、去って行きました。  それ以来、あの2人の女の子とは会っていません。顔立ちからして高校生か、それ以下なのは間違いないのですが、初めて射精した思い出なので忘れようにも忘れられません。 ノーパンでブルマを履いてジャンケン 141 :名無しさん:2011/03/23(水) 14:47:33   中学の頃にエロい遊びが流行った。こっそり集まって、ノーパンで体育用ブルマを履いてジャンケンし、一番負けた人はブルマをグイッと持ち上げ、指で縦になぞる。するとスジがくっきり出てくるので、そこにビー玉を押しつけて無理矢理に埋め込む。すぐに飛び出てきちゃうけど負けた回数でビー玉を増やしていく。  エッチな気分と性器で遊ぶ背徳感を楽しみ、大抵の女子はゲーム中に、ブルマにスジに沿ったシミをつくった。ちなみにマ○コに直接ビー玉を入れたりはしなかった。その時に女子の間では「ビー玉を入れると、ツルツルだから膣の奥に潜り込んで子宮口に詰まり、取れなくなって子供を産めなくなる」という迷信めいた噂があったから。そういう話があったから、逆にこういう遊びをしたのかも。 小学生十数人に毎週輪姦された 148 :名無しさん:2011/07/30(土) 12:42:21 ID:xDZTyeFU0  中学の頃、学校でのストレスと出来心で、うちに遊びに来た弟の友達をからかった。初心(うぶ)そうな子だったから、弟にバレないようにその子を呼び出し、「セックスしたことないの? 早いうちにしとかないとダサいよ? 教えてあげようか?」 なんて言ってからかい、裸にさせてボディタッチしたり、逆に脱いで見せて、触らせたり、最後には本当にエッチまで持ち込んだ。(その子はまだ精通してなかった)。  それなりのサイズがあって、大きさ的にはジャストフィット。さすがにガキだけあってパコパコするのも下手だったけど、私が教えてハメさせてやったらすんごい気持ちよさそうな、恍惚とした顔してた。私も、けっこう気持ちよかった。あったかくて硬いおチンチンが、奥までヌプッヌプッって出入りされるのはかなりきいた。  体位は、私が椅子に腰かけて、M字に足を開いて腰を突き出しているところに、その子が前に立って割り込んでくるみたいに、ハメる体位。その子も最後にはヒートアップして、私の両足をかついで奥に押し込むみたいにズコズコしてきて、気持ちよくて、本当に一瞬意識を失いそうになった。終わった後には、弟には絶対内緒って約束して、「またいつでも教えてあげる」って言って帰した。   だけど、その後が大変だった。その子、見た目に反してお喋りで、友達に「あのお姉さんにセックスを教えてもらえる」って話したらしく、ある日突然、弟が留守の時に十数人の男の子が押しかけてきて、「僕にもセックス教えて下さい」ってきた。うまく断ろうとしたけど、その辺は相手は小学生、屁理屈が得意な年頃で、しかも多勢に無勢で断れなかった。  とうとう、セックスを教えるってことで、男の子十数人に輪姦されることになった。みんな、すぐにズボン脱いでおチンチンを出してスタンバイ。十数人におちんちんを向けられるのは、正直、怖かった。  最初の1人はまだ楽だった。前に例の子に教えた時と同じ体位で、遠慮なしにグイグイ押し込んできて、確かにちょっと気持ちよくはなったけど…… 男の子も、すんごい気持ちよさそうにしてたから、他の子も待ちきれないで、我先に私とセックスをしようとしてくる。2人目あたりから疲れてきて、休みたかったけど、男の子はかまわないで突っ込んできた。どんなに休みたくてもおチンチンが膣の中に入ってきて、苦しかった。まるでおチンチンが私を逃がすまいと押しかけてくるみたいな、「逃げられない…!」って思うと、怖くて、半ベソになった。  男の子がイク時には、気持ちいいらしくて、私に体重をかけて奥に押し込んでくるから、子宮口? がギューッて押されて気分が悪くなった。でも、1人が満足しても、またすぐ次の子がおチンチンを入れてくる。休ませてなんてくれない。1回男の子を満足させてちょっとだけ開いたままのワギナに、休憩もなしに次から次に、男の子のが突っ込んでくる。  終わったら次のおチンチン、また終わったら、次、そんな風に、いつまでも続いた。しかも、その子たちは1回満足しても2回も3回もしたがる。男の子によっておチンチンのサイズもいろいろだから、中にはけっこう巨根な子もいて、私にはきつかったこともあった。中には精通がきてる成長が早い子もいて、何人かには、中に生だしされてしまった。   みんな満足した頃には私もヘトヘトになっていたけど、男の子たちは相当気持ちよかったみたいで、私のことなんか気にもせずに「来週の土曜にまた教えて」とか言って、帰って行った。何回か中だしされたせいで妊娠するのが怖くて、すぐにお風呂に行って洗い流した。(幸い、妊娠はしなかった)。  その日は一日憂鬱で、まだおチンチンが出たり入ったりしてるみたいな気がして、気持ち悪くて吐いた。擦れたワギナが痛くて、その晩は寝られなかった。  後日、休日とかになると、ときどきその集団が押しかけてきて、私を輪姦するようになった。さすがに妊娠が怖くて、2回目以降はゴムをさせたけど。でも輪姦は地獄だった。1週間に1回くらいの男の子たちのレイプ。みんな成長するにつれておチンチンもサイズが大きくなって、精通もし始めた。  私も輪姦されまくったせいで、ゆるくなった気がする。スジマンだったのが小陰唇がはみ出てきて、黒ずんできて、セックスするたびにおチンチンが入れやすくなってきた。それが、私が中学卒業するまで続いた。高校になってからは部活で忙しくてされることもなくなったけど。  自業自得とはいえ、中学にして二桁の輪姦を幾度となく体験してしまった私、今では男性恐怖症です。

Read More

長期間乗らないまま、バイクを放置すると、オイルがダンパーカートリッジからボトムケース内に戻っていきます。ロックアウトの基本構造はオイルの流れを止めることです。止めるべきオイルがダンパー内部になければ、ロックアウトはできません。リバウンドダイアルを一杯に締めこんで、10回程度ストロークさせてください。(リバウンド側減衰が強くなる方向です。軽く止まったところからは無理に回さないで下さい!) カートリッジ内にオイルが入ってくると次第にリバウンド側減衰が強くなり、ロックアウトが復活します。 ロックアウト機能は極めてシンプル。カートリッジ内部のオイルの出口を塞ぐことによって、オイルの移動を止める。これだけでカートリッジのシャフトは動けなくなります。フロントサスの場合はトップキャップの下の穴を、ロックアウトレバーに取り付けられたネジ式のキャップを締めこむことによって、オイルの通る穴をふさぐだけ。 Xシリーズも基本は同じ。オイルの通路をふさいでいる“ブラスマス”が動いて、オイルが動けるようになって、ストロークするようになっています。 ロックアウトできないということは、1.蓋ができない。2.違う箇所からオイルがカートリッジの外に流失してしまう。 この二つに原因が絞られます。実際には1の蓋ができないという原因はシンプルな構造のため、まずありません。 2の違う箇所からオイルが流失するという場合にはXの場合、常時ロックアウトという特殊な状態であるため、ほとんどの場合、ダンパーロッド及び接触しているダンパートップキャップが削れてオイルがカートリッジ外に出てしまうというケースがほとんどです。 原因はボトムケース側にあるスレッショルドダイアルの締めすぎにあります。通常はストロークすべき場合なのにも、かかわらずダンパーが動けない。するとフォーク全体がたわむことになります。その後でストロークすることになるため、ダンパーロッドが芯ずれを起こし、ダンパートップキャップに干渉しながら動いてしまうために発生しているようです。 RLCもBMXトラックで常時ロックアウトをしていると同じようなトラブルがでる場合があります。 RLとRLCの場合、ブローオフ回路の蓋をしているバルブ周りに問題が集中します。オイル粘度が低い他社製オイルの使用や、内部に進入したごみが邪魔をして蓋ができないことになっているケースなどがあります。 いずれにせよ、ダンパー部の完全分解をしての修理が必要となります。

Read More

 Merry Christmas !! 2012年も残すところあと一週間となりましたが、クリスマス寒波真っ只中の寒さ厳しい折、皆様如何お過ごしでしょうか…。 2012年、今年最後の「一生逸品」を飾るのは、クリスマスという時節柄に最も相応しく、世界的な名作童話『クリスマス・キャロル』のイメージに何とも似つかわしい大英帝国のファンタジーとフェアリーテイルをそのまま音楽に転化したかの様な、ほのぼのとした温かみを持った極上のポップス・フィーリングを聴かせる、ブリティッシュ・プログレッシヴ屈指の知る人ぞ知る隠れた名作と言っても過言では無い“フェアフィールド・パーラー”を、2012年の締め括りに取り挙げてみようと思います。 FAIRFIELD PARLOUR/From Home To Home(1970)        1.Aries/2.In My Box/3.By Your Bedside      /4.Soldier Of The Flesh/5.I Will Always Feel The Same      /6.Free/7.Emily/8.Chalk On The Wall      /9.The Glorious House Of Arthur/10.Monkey      /11.Sunny Side Circus/12.Drummer Boy Of Shiloh  1970年…フロイドの『原子心母』でプログレ元年は本格的に幕を開けたと言っても過言では無い位、メジャーな流通でEL&P始め、イエス、ムーディー・ブルース、クリムゾンがワールドワイドな檜舞台に躍り出た一方で、ブリティッシュ・ロックのメインストリームでもあるイギリスに留まり、後世にまで語り継がれる名作群を輩出したアフィニティー始め、クレシダ、グレイシャス、インディアン・サマー、スプリング、サーカス、ビッグ・スリープ…etc、etc、70年代ブリティッシュ・プログレシーンの名立たる立役者を挙げたらきりが無い位、兎にも角にも枚挙に暇が無いのが正直なところでもある(苦笑)。 そんな有名どころの陰にともすると隠れがちになってしまいながらも、メロトロンを駆使しつつ時代に呼応したプログレ寄りな作風にして、極上で優美、良質でエレガントな純然たるブリティッシュ・ポップスに裏打ちされた唯一無比のリリシズムな世界を紡いだ本編の主人公フェアフィールド・パーラーが遺した一枚の作品。 そもそも彼等は知る人ぞ知る、フェアフィールド・パーラーに改名する以前からカレイドスコープという名でフォンタナレコードから67年に『Tangerine Dream』、69年に『Faintly Blowing』の2作品をリリースしており、その時代毎にフォーキーでサイケデリックな作風から、プログレに歩み寄ったアートロックへと多岐に亘るサウンドスタイルへと変遷を辿り、フォンタナ時代での2枚の作品で培われた経験と音楽的要素を抽出し濃縮還元し、フェアフィールド・パーラーとして見事に結実したというのは些か考え過ぎであろうか…。

Read More

当工場では先日、JR四国5000系およびJR西日本223系5000番台が入線しています。(入線報告記事はこちら) 2003年から増備され、快速「マリンライナー」として岡山~高松を往復しています。その、快速「マリンライナー」ですが、1988年の本四備讃線(瀬戸大橋線)の開業と同時に、213系で運用をはじめます。当初は、バブル景気末期だったこともあり利用者も多く、グリーン車を含めた9輌や12輌編成で運行されていました。 その後、景気後退による利用者が段々減少する中で、5000系および223系5000番台に置き換わるのですが、運用が始まったのがバブル景気が終わった以降の2003年とは言え、まだ利用者は現在よりも多く、2輌編成を2本追加した7輌編成や3+2+3の8輌編成などがありました。 そして2007年に、混雑対策として網干の223系2000番台からサハを借り入れ、2輌編成に組み込み3輌編成にする措置が執られました。この増結措置は2010年まで行われ、借り入れられたサハ223形2000番台は網干に返却されています。 さて、話は当工場に入線した車両に戻りますが、3+2の5輌セットです。従って、サハ223形2000番台は組み込まれていません。当工場では、限定品セットとして増結状態を再現したセットが出るのかと思っていましたが、残念ながら製品化はされませんでした。 そこで、当工場独自で増結を試みることにしました。 (組み込んでみました) ■借りる車両はもちろん… まずは、先日入線した223系5000番台を見てみます。 (福知山ではありません!) 5000番台は2輌編成です。ぱっと見では、福知山の5500番台ですね。(オレンジのラインを入れたら余計見えますね) この2輌の間に、サハを組み込みます。 (もちろんtomixでありません) 当工場には、223系2000番台は在籍していますが、もちろんtomix製ではありません。KATOの製品です。 (印象が異なります) 手前がKATOのサハ223形2000番台で、奥が先日入線のJR四国5200形です。一番の違いは窓ですね。 2000番台は一部の窓が中折れ式で開閉します。また、屋根のビード形状が異なりますね。 更に、窓廻りの茶色の塗り分け幅が異なります。これだけの違い車両を組み込むと、編成のアクセントになりますね。 それでは、編成に組み込むことにするのですが、最大の難関があります。 (連結できない!!) サハ223形2000番台は、KATO製ですから当然KATOカプラー密連形です。その一方で、tomixはアーノルドカプラです。 このギャップがありそのままでは連結できません。 どちらもTNカプラーにしてしまう手もありますが、そうするとサハ223形は元の2000番台の編成に戻れなくなります。更に、223系5000番台の方も後のことを考えて、あまり大きな加工はしたくはありません。 そこで、必要最低限の加工で連結できるようにします。 (この手しかありません) 用意したのはKATOカプラー密連形(アーノルドカプラー用ポケット対応)です。 (ただ取り付けるだけ) このKATYOカプラーをアーノルドカプラーと交換するだけです。 そこで交換作業を始めます。交換だけで簡単に済むと思っていたのですが… (入らない!!) KATOカプラーが、ポケットに入りません!!カプラーポケットに出っ張りがあるためです。この出っ張りを削れば入りますが、上で書いているとおり、なるべく車両に手を加えずに加工する方針でいます。そこで、カプラー側で対応します。 (何とか取り付けられました) カプラーの受け部分を削ることで、カプラーポケットに収めることが出来ました。台車を車両に取り付けて連結を確認します。 (これはこれで…) KATOカプラー密連形を装備した、223系5000番台です。ボディマウントTNカプラーのような、伸縮機能はありませんが、ジャンパケーブルの表現がありますので、外見的にはむしろ良くなりました。 それでは、カプラーを交換して連結準備が整いましたので、サハ223形2000番台を組み込みましょう。 (遠目で見れば…) 2輌編成が3輌編成になりました。パッと見た限りでは、それほどの違和感はありません。 しかし、じっくり見ると…… (かなり違います)

Read More

キャロル・トンプソン(Carroll Thompson)1960年生まれイギリス レッチワース出身女性レゲエシンガー/セッションシンガー“ラヴァーズ・ロックの女王”という称号に相応しいレゲエ・シンガーといわれている。ジャマイカ移民の両親の影響もあり、レゲエ、スカ、ロックステディなどはもちろん、ジャズやゴスペル、クラシックまで幅広い音楽環境のなかで子供時代を過ごし、教会の聖歌隊で歌いながらハイスクールに通学。12歳の頃にはすでに作曲を開始。オーディションに合格したことからプロとして活動を開始。1981年アルバム「Hopelessly In Love」でデビューを果たし、83年2枚目のアルバム「Carroll Thompson」をリリース。1992年マッド・プロフェッサーのアリワ・レーベルから『The Other Side Of Love』をリリース。94年東芝EMI/eauレーベルからアルバム『Free』をリリース、デニース・ウィリアムスのヒット曲「Free」のカヴァーがヒットし、日本における彼女の認知度を一気に高めた。95年『 Full Circle』、96年『Songbird』とコンスタントにアルバムを発表し、99年ビクター移籍第1弾となる『 Flying』をリリース。 84年に「Michael Ward」,「Shaun Ward」の共同プロジェクト「Floy Joy:1983–86」のアルバム「Into The Hot」にリードボーカルとして参加。 チャートクレジットではアーティスト表記されていない曲もありますが、90年に「Courtney Pine & Carroll Thompson」のコラボで1曲がチャートヒット。また同90年に共同プロジェクト「Movement 98」にフィーチャーされ、「Movement 98 Featuring Carroll Thompson」クレジットで2曲がチャートヒットを記録。 セッションシンガーとしてはジャンルを超えて多彩な活動があり、「Michael Jackson」,「Stevie Wonder」,「Natalie Cole」,「Pet Shop Boys」,「Boy George」,「Maxi Priest」,「Sting」,「Billy Ocean」,「Chaka Khan」など、多数アーティストの録音に参加。 ★参考資料(Weblioから引用)★ラヴァーズ・ロック[lovers

Read More

昨年から始まった京都定期観光バス『からぶきの里 美山』のバスツアーに9月12日(金)に行ってきました。 10時に14名のツアー客を乗せ京都駅烏丸口をバスは出発し、国道9号線を暫く西に進みます。そして沓掛ICから京都縦貫道に入り園部ICで降り、目と鼻の先にある道の駅 京都新光悦村に10時55分に着きました。 京都府の中部に位置する南丹市美山町は、スムーズに行くと1時間30分程度でしょう。先ずここでトイレ休憩です。 大型バスが止められるスペースは一ヶ所だけ。ここでの休憩時間は15分でした。 ここに来るまでにバスガイドさんより「ここで野菜などを購入されたら、帰りにもう一度立ち寄るので、留め置きをお願いしてもらって下さい」と案内がありました。 ここは南丹市園部町で、農業や林業が主産業のため、新鮮な野菜を購入することができます。 ここでは園部町の特産品が置いてあります。 京都祇園のパンケーキのお店「フリアン」もありました。 野菜以外もあって、果物もありました。写真はありませんが、お米なんかも。 また、これから行く美山の牛乳やプリンなんかも置いてありました。 外には新鮮な(多分)野菜が売ってました。私は普段買い物に行かないので、相場は知りません。女房は何か買ったみたいで、帰りに受け取ることになりました。 それと・・・新光悦村・・・私は本阿弥光悦を思い浮かべてました。しかし、園部町にゆかりの地があったのかなぁ・・と思ってたところ、バスガイドさんよりカラクリを聞きました。もちろん本阿弥光悦のゆかりの地ではありません。 本阿弥光悦によって京都洛北・鷹ヶ峰の地に形成された「光悦村」には、さまざまな分野の工人が移り住み、交流機会が創出され、次々と新しい技や表現が生み出される拠点になったと言われています。日本の芸術や工芸の発展に大きく貢献した、この「光悦村」の精神を継承し、これからの産業やモノづくりのあり方を示す新しいスタイルの産業拠点が「京都新光悦村」だそうです。 バスは予定どおり11時10分に出発しました。ここは帰りにもう一度トイレ休憩で戻って来る予定です。つづく。

Read More

私は, 100 パーセントの下戸なので,酔っぱらってぐでんぐでんになったことなど一度もありません。まあ,若い頃は,宴会などで先輩なんかから無理矢理に飲まされてしまったことはありましたが,酔っ払うより先に,気分が悪くなって,貧血状態になって,意識を失ってしまうことが多かったです。 むしろ,ぐでんぐでんの酔っ払いと,たまたま同じ方向へ帰る時など,一緒に電車に乗らなきゃならなくなりますが,私にとってこれほど迷惑なことはありません。 一度なんか,京浜急行の品川駅ホームで, 「オイ,トイレだ,トイレに連れてけ。あ,いい,ダメだ。間に合わない。ここでする」 なんて言って,周りに人が大勢いるのも構わずに,ズボンからアレを引っ張り出して,線路に向かってジャーーーーっとやり出してしまいました。 そんな時,ソバにいる私はどうすればいいんですか。周りの冷たい視線が私に向けられているように思えてしまいます。カンベンしてよ !! です。 ところで,この 「ぐでんぐでん」 って,どこからきたことばでしょう。 調べてみましたが,このことばを扱っている本は意外と少なかったです。 下の参考図書のうち,A) の 3 冊は国語辞典ですから,語源にまではふれていません。 語源を書いてあったのは, B) と C) の 3 冊だけでした。 この 「ナッシーの語源帳」 では,少なくとも 5,6 冊以上の本が扱っていることばを採用することを原則としていますが,この 「ぐでんぐでん」 の語源は,けっこう面白いので,取りあげてみることにします。 (参考図書が少ない,ということを承知のうえで読んでください) 〈立派なお方〉 という意味で,その人を敬って 「貴殿 (きでん) 」 と言うことがあります。 それに対して,愚かな人のことを,少しからかって 〈愚かなお方〉

Read More

写真上は 1968年2月に起きた「金嬉老事件」で犯人の金嬉老が経営者・宿泊客ら13名を人質として篭城し有名になった寸又峡温泉の「ふじみや旅館」です。 過日 大井川の上流、南アルプス南端にある寸又峡へ1泊旅行した際に撮りました。 このブログ記事を読まれる若い方は 今から42年も前に起きた金嬉老事件について ご存知ないと思うので 事件の概要をまとめると以下です。 1968年2月20日 手形トラブルが高じて暴力団から借金返済を求められた在日韓国人二世の金嬉老(当時39歳)は 静岡県清水市のクラブで暴力団員と会い その場で暴力団員2名をライフルで射殺し 翌日に 寸又峡温泉(川根本)の「ふじみや旅館」で経営者・宿泊客ら13名を人質としてカービン銃とダイナマイトで武装し篭城した。 88時間にわたった篭城の結果 2月24日に金嬉老は報道関係者に変装した静岡県警察の捜査員によって取り押さえられ逮捕された。 事件の直接のきっかけは借金返済問題であったものの 金嬉老が警察官による在日韓国人・朝鮮人への蔑視発言について謝罪することを人質解放条件として要求したため「朝鮮人差別問題」と絡めて報道されるに至った。 金嬉老が篭城する様子はテレビ等で実況され 関連するとされる警察官がテレビに出演するなどもした。また金嬉老の母国である大韓民国でも大々的に報道され 金嬉老は「差別と戦った民族の英雄」として祭り上げられた。 1975年11月に最高裁で無期刑が確定 日韓双方で仮釈放を求める署名運動が起きるなどした末 1999年9月に仮出所 再び日本に入国しないことを条件に韓国に強制送還した。 韓国政府から助力を得て釜山で新生活を始め結婚もしたが 2000年に講演会がきっかけで親密になった愛人の夫への殺人未遂と放火および監禁事件を引き起こした為 韓国での人気は地に落ちたとされる。 前立腺がんのため2010年3月26日に釜山市の病院で死去した(享年82歳)。 金嬉老は「差別と戦った朝鮮民族の英雄」なのか「犯行の正当性を在日朝鮮人差別に摩り替えた狡猾な人間」なのか 評価が分かれますが 朝鮮人差別という日本人が余り触れたくない問題について 金嬉老が問題提起したことは確かであり 犯行は許されないものの 意味のある事件だったのではないでしょうか? 金嬉老が今年3月26日に死去したことについて 韓国と日本のメディアは小さく取り上げただけでしたが 今回 寸又峡温泉にある有名な「夢の吊り橋」を見に行く途中で 「ふじみや旅館」(写真上)の前を通りかかり 42年前に起きた金嬉老事件について感慨深く思い出しました。 ふじみや旅館では 事件から42年になるのを機に 旅館内の資料館にて事件の資料を一般公開しています。 私が寸又峡温泉を初めて訪ねた20年ほど前は 未舗装で道幅が狭く 対向車を避けて運転するのに苦労しましたが 今回 再び訪れたところ 道幅の広い舗装道路となっており その変貌に驚きました。 道路事情が良くなるにつれ 秘境的な雰囲気を持つ温泉地が少なくなっていますが 南アルプスの麓・奥大井にある寸又峡は秘境的な雰囲気を未だ色濃く残していると 今回の旅行で思いました。 寸又峡プロムナードコースの飛龍橋。 長さ72m 高さ70m 大間川に架かる「夢の吊り橋」。 長さ90m 高さ8m 夢の吊り橋 夢の吊り橋 寸又川に架かる猿並橋 猿並橋。長さ96m・高さ11m

Read More

 某所でKORGのDSD Recorder上位機種のMR-2000Sを試聴する機会がありました。ついでにElectroArtさんのUDA基板を拡張した自作のDSD Recorderと比較試聴してみました。  とはいえとりあえずはDSDファイルの再生面でのDAC比較です。録音のA/D石はどちらもPCM420*系なので多分アナログ系の音の差しかないと思いますが、再生系はKORGがCS4398、ArtさんがPCM1794とかなり違っています。 CS4398はgigaworksDACでも使いましたが、電圧出力なのでその後交換したPCM1798に比べると音質的にはもうひとつという印象でした。ただしこちらはデジタルボリュームが内蔵されているので、採用はそのためかもしれません。  同じDSDソースによる比較ではやはりMR-2000Sは切れ味が少し足りないようで、ちょっとマッタリした感じです。ただ、WordSink入力端子があるのでルビを入れて内部クロックと切り替えてみると若干改善されます。 UDA基板とPCM1794はやはり切れがありスッキリとした音色にはKORGとは大分違いがあるようです。こちらのUDA基板は初代のものなのでDIFFファイルしか対応していませんが、クロックはNDKに入れ替えてあるのでこの辺のメリットも出ているのかもしれません。試聴のPCも簡単なノートなのでその辺もまだ改善の余地があると思うとやはりKORGの再生系はおまけですかね。  A/Dの性能はまた後日。

Read More