前回断念したスクリーン交換…。 本日マフラー交換を行ったあと、行いました(`・ω・´) 当然ひとりではなく、バイク屋にも負けずとも劣らない技術をお持ちの(ちょっと言い過ぎかも)S 先輩です(`・ω・´) 自分でできないであろうことは、前回ミドルカウルすらも外せなかったことが証明してますからね!!!!← [MC41、めんどくさ-いスクリーン交換(´・ω・`)]【準備する工具】・6角棒レンチ8mm・6角棒レンチ10mm・+2ドライバー(短いものもあれば便利) 【手順】①ミドルカウルを外す②ミドルインナーカウルを外す③フューエルタンクサイドカバーを外す④フューエルタンクカバーを外す⑤ミラーを外す⑥アッパーカウルを外す⑦ヘッドライトを外す⑧スクリーンを外す 以上の手順です。 カスタム初心者には、まずミドルカウルが外せないという…。 ①ミドルカウルを外すまずはミドルカウルを外します(´・ω・`) 写メの赤丸は6角ナット、青丸は内側がクリップでで留まっています(´o` ) 6角ナットを外してから、クリップを折らないように平行にしながら1個ずつ引っ張って外していきませう。 バコッて音出しながら外れるから、非常に怖いけど… 中から大体の位置を探る。 ミドルカウルが外れるとこんな感じ。 おぉ、、、なんて貧相な中身、、、笑 着痩せじゃなくて、着太りするタイプだな、うん⊂((・x・))⊃ ②ミドルインナカウルを外す 写メ撮りながら教えてもらったが、見返すと何やってるかよくわからんねwwww おぉ…oz ③フューエルタンクサイドカバーを外す うーむ、恐らく6角ナットを外す。 外すとこんな感じです^-^ ④フューエルタンクカバーを外す 6角ナットを外してすっぽぬくだけ-。 ⑤アッパーカウルを外す写メを見ても、どういう手順で外していったかよくわからん… 完全に外すには、メーターからの配線を外さないとダメでした(・´ω`・) アッパーカウルの内側(´o` ) 残ったメーターがさびしい感じになってます← ⑤ミラーを外すそりゃあまあ普通に外す感じで。 しっかり棒レンチを差し込まないと、ナット舐めます。 俺は舐めかけてます。 ダメになる前に換えないと… ⑥ヘッドライトを外す気付いたら外れてました(´・ω・`)笑 ⑦スクリーン交換スクリーン自体はネジで留まってるだけです。 サクッと交換しちゃいましょう(*´д`*) 外されたパーツたち。 交換したらこんなふうになりました(`・ω・´)

Read More

今回はOPにも登場してる天才美少女ボーガー「ベネチアン」の登場回でした。OPに出てるんだから準レギュラー化しますよね?1発ネタじゃなければいいなー。本編はとある授業中の光景から始まります。リュウセイ君が前の理科の授業で理科室に筆箱を忘れ困っているととなりの席の板里網子ちゃんが鉛筆を貸してくれました。何かリュウセイ君がデレデレしてたんですが、もしかして網子ちゃんに気でもあるんですか?クラスのマドンナやアイドルには顔色一つ変えないリュウセイ君がデレるとは…。リュウセイ君もカブトボーグにしか興味がないわけじゃなかったんですね。放課後鉛筆を返し忘れたリュウセイ君は鉛筆の匂いを嗅ぎます。小学生の頃から匂いフェチですか?将来が思いやられますね。そしてリュウセイ君と勝治君、ケン君がロイドさんの店に行くと近所にオープンした大型回転寿司店「釜山港」の開店記念カブトボーグバトルとしてリュウセイ君と天才美少女ボーガー「ベネチアン」の対戦が組まれていました。てか釜山港ってw寿司はウリナラ起源ですか?助けて日本政府! これはロイドさんが回転寿司店のオーナーにカブトボーグのバトルのセッティングを頼まれ勝手に対戦を組んだそうです。しかも対戦するのは誰でもよくってクジでリュウセイ君が選ばれたとの事。初めは乗り気じゃなかったリュウセイ君ですが「お寿司食べ放題」と聞いてやる気がでます。相変わらず現金だなー。勝治君とケン君も勝手にセコンドになると言い出す始末です。ロイドさんによると「ベネチアン」はイタリア貴族の末裔でルネッサンスの技を使って強豪を倒してきた実力者らしいですね。てかルネッサンスの技って何だよwリュウセイ君が明日のバトルの為に公園で素振りをしているとベネチアンが挑発にやって来ました。リュウセイ君は「自分で恥ずかしげもなく天才とか美少女とか言う奴は嫌いだ」と言って紙袋を被り自分の事を「天才美少年覆面ボーガー天野河リュウセイだ」と名乗り闘士を燃やします。その時リュウセイ君は突然ベネチアンの匂いを嗅ぎだし、ベネチアンは「イタリア貴族の匂いを嗅ぐとは失礼な」と去っていきました。リュウセイ君は網子ちゃんから借りた鉛筆とベネチアンの匂いが同じと気付きベネチアンの後をつける事にします。匂いフェチの上にストーカーか…。 ベネチアンは川に浮いた船の中に入り、仮面を取るとその正体はやはり板里網子でした。てか船が自宅かよw網子ちゃんの家には弟と妹、そして寝たきりの両親と祖父母が暮らしていて貧しい生活を送っていました。うわー…。網子ちゃんいきなり人生詰んでませんか?この世界じゃ行政機関も当てにならないだろうしなー。網子ちゃんの家では貧しい為に日々オリーブオイルのみの素パスタを作って食べているようです。鉛筆やベネチアンに付いてた匂いは素パスタのオリーブオイルの匂いだったんですね。しかし塩か醤油で味付けくらいしたらどうです?それ以前にカブトボーグを買う金があったら食費に回せと言うのは禁句ですか?まぁきっとカブトボーグを利用して網子ちゃんが稼いでるんだと脳内補完しましょう。それはそうと「お腹をならすほど貧乏なんて」「素パスタ貧しすぎるよ」「貧しさに加え寝たきりのお祖父さんとお祖母さんがいるなんて」「お父さんお母さんまで寝たきりなんて貧しさを通り越して不幸のどん底だ」とかリュウセイ君も大概失礼な事を言ってませんか?家族の為に勝利を誓う網子ちゃんの姿を見てリュウセイ君の心は揺れ始めました。 そして対戦の日がやって来ましたが、ベネチアンの正体を知ってしまったリュウセイ君は試合でも精彩を欠きます。その様子を見て勝治君は「分かった僕たちに回転寿司を食べさせたくないんだね」と言い、ケン君は「俺たちの友情ってそんなものだったのかよ」と殴ろうとしました。何こいつら!?普通リュウセイ君に何らかの事情があるとか考えないの?この2人がよっぽど友情を信じてない気が…。ロイドさんはケン君を止めてリュウセイ君に悔いの残らない戦いをするよう言います。そしてここで何故かベネチアンの回想が…。ベネチアンの先祖のイタリア貴族はコロンブスがアメリカ大陸を発見した20年後にアメリカ移住を決意し航海に出ましたが嵐にあって日本に辿り着いたそうです。リュウセイ君が「苦労したんだな」と言うとベネチアンは「私を同情の目で見ています」と指摘しました。そんなベネチアンにリュウセイ君は柳川ドジョウの「同情なき同情は同情とはいわず、同情する同情を同情という。」という訳の分からない言葉を贈ります。柳川ドジョウって誰?ベネチアンは「イタリア貴族にドジョウの言葉を贈るなんてイタリア貴族への屈辱です」と怒り出しました。リュウセイ君は「大人しく負けるつもりだったがその顔を見ちゃ負けるわけにはいかない」といつも以上の力を出します。そしてベネチアンの必殺技「ベネチアンパスタクラッシュ」を「ピクルスバージリアシャイン」で破り勝利しました。ベネチアンは「アラビアータ」と言い残し去って行きます。勝治君とケン君は「回転寿司食べ放題」と喜んで駆け寄ってきました。ほんとコイツらは…。勝治君とケン君は回転寿司食べ放題に行きますが、そこにはリュウセイ君の姿がありません。リュウセイ君は網子ちゃんの家に様子を見に行ってたのです。網子ちゃんは「あのオーナーは焼肉店も経営してるから次は焼肉食べ放題のバトルを開いてもらいましょ」とか言ってました。あのオーナー焼肉屋も経営してたのかよ。こりゃ思いっきりあちらの人じゃねーかwリュウセイ君は「いつでも焼肉食べ放題バトルを受けてたつ」と呟き爽やかな顔で去って行きます。何か次戦うときも勝つ気でいるみたいですね。普通に負けてやれよwしかし網子ちゃんは負けても全然凹んでないようですね。やっぱ貧乏な人は逞しいわ。それはそうと「焼肉食べ放題バトル」は再戦フラグと期待していいですか?網子ちゃんには萌えたんで再登場してほしいですね。カブトボーグ 限定カブトBOX カブトボーグ 限定カブトBOX

Read More

지금 한국말 공부 하고있어요 チグム ハングンマル コンブ ハゴイッソヨ 지금(チグム)はおなじみ「今」、한국말(ハングンマル)は「韓国語」という意味です。말(マル)は「~語」ですので、「中国語」という場合には중국말(チュングンマル)となります。공부(コンブ)は「勉強」、하고있어요(ハゴイッソヨ)は「~しています」です。韓国語で何気なく言ったひとことを地元の方にほめられたら、この言葉で返しましょう。 中国語はこちら

Read More

Nomad Factory – Rock Amp LegendsNative Instruments – GUITAR RIG や IK MULTIMEDIA – AmpliTube に埋もれて目立たないギター・アンプ & エフェクト・モデリング・プラグインソフトウェア Rock Amp Legends !! 音楽家によってデザインされた、音楽家のためのプラグイン。そんなスローガンを掲げるNomad Factoryが、ギターアンプをシミュレートするにあたって協力を求めたのは、ジミー・クレスポ。ジミー・クレスポ1979年から1984年まで続いたエアロスミスのメンバーとしての活躍。ロッド・スチュワート・ツアーのリードギタリストとしての2年間。その他、スティービー・レイボーン、ジェフ・ベック、スティービー・ニックス、ジョン・ボンジョビ、リトル・スティーブン、ジュリアン・レノンなど、ジミー・クレスポがギタリストして参加・・・・・ ヘビーな存在感のあるギターサウンド。クランチーなリフ。クリーンなリズムギター。泣き叫ぶようなソロ。微妙なアンプの空気感。あなたが求めるギターサウンドがなんであっても、ジミー・クレスポが納得のいくサウンドに仕上げたRock Amp Legendsなら答えてくれます。以上のうたい文句が示すように、見た目はGUITAR RIG や AmpliTube に劣りますが、音は、聞けば納得?

Read More

I AM LEGEND (1954) Rechard Matheson 人類はすべて吸血ゾンビと化した!サバイバル1人生活部 暑い暑いと言ってたら本当に暑くなってきました!真夏のホラー祭り第2弾、吸血バクテリアの蔓延で人類がすべて吸血鬼となってしまった世界、ただ1人生き残った男の殺伐としたサバイバル・ライフを描く名作「アイ・アム・レジェンド」をご紹介!本作はこれまで3度映画化されており、そのたびに原作小説の邦題も「吸血鬼」「地球最後の男」「アイ・アム・レジェンド」と移り変わってきました。管理人は子供のころ2度目の映画「地球最後の男オメガマン」(チャールトン・ヘストン主演)を見て、あまりに殺伐とした内容に途中で見るのをやめ(笑)、大人になってからウィル・スミス版の3度目を終りの方だけ見たら、ラストが思いっきり改変されてて「なんじゃこりゃー!」となりました。原作の価値はほとんどあのラストにあると思うのですが・・・ウィル・スミスが自らの命を犠牲にして仲間を助け「伝説の男」となった・・・ って原作と真逆、単なるヒーロー礼賛やないですか!ちなみにDVDを買うと原作準拠のラストも収録されてるらしい(あ、最後まで見なかった「オメガマン」もやはり最後は英雄的に死ぬって) 原作の執筆当時は「ゾンビ」というハイチ産モンスターの知名度が低かったため、作中のモンスター化した人間たちは吸血鬼と呼ばれるのですが、読んでみるとドラキュラのような吸血鬼とはほど遠いイメージで、これはもうゾンビにほかなりません。Wikiで調べてみるとやはり、ジョージ・A・ロメロ監督のゾンビ映画に影響を与えたそうです。今話題のアニメ「がっこうぐらし!」などゾンビものの原点といえるでしょう。 ***** ネタバレあらすじ ***** 謎の病原菌によって、人類がすべて吸血鬼と化した恐怖の世界。ただ1人生き残った主人公ロバートは自宅を要塞のように強化、自家発電機を設置、食料を貯めこみ、毎日を必死に生き抜いていく。なぜ主人公だけ感染しなかったかというと、戦争中に注射された薬がどうたらこうたら吸血鬼どもは夜になるとロバートの家を襲ってくるが、昼間は日光を避け、どこかに潜りこんで眠っている。昼間のロバートは家の補修や食料集めの他、眠ってる吸血鬼を見つけ出しては、杭を心臓に突き立て次々と殺していく血生臭い作業に従事する。かわいそうだが、こうしないと自分がやられてしまうのだ・・・ 吸血鬼には、1)病原菌で死亡してから蘇ったもの(これは完全にゾンビ)と、2)生きたまま吸血鬼化したもの(いくらか知性と記憶が残るが凶暴化している)の2種類のパターンがあり、ロバートはどちらも区別せずに見つけしだいに殺してしまう・・・ ここが重要な伏線。孤独なロバートは犬を飼おうとしたり、愛する人がゾンビ化して自ら始末しなければならなくなったり、「がっこうぐらし!」に出てくるようなエピソードがすでにこの原点から見られて興味深い。 ある日の昼間、ロバートはルースという女を見つける。自分以外に、もう1人生き延びた人間がいたのだ・・・だがルースは太陽の下を歩けるものの、ニンニクの匂いを嫌ったり、どこか吸血鬼くさいところがある・・・案の定、彼女は吸血鬼のスパイだった。(突然変異により、少しの時間なら日中でも活動できる)だがロバートを愛するようになったルースは、彼に逃げるよう警告、姿を消す。もはや逃げ隠れするのにも疲れたロバートは、あえて運命に身をまかせ、新しい吸血鬼種族に捕獲されるのだった。彼らは2)のパターンが突然変異を起こしたもので、人間としての知性をかなりとどめており、崩壊した地上に新しい秩序を築こうとしていた。そのためには吸血鬼たちの憎き仇敵ロバートを処刑しなければならない・・・ 死刑直前、牢獄の窓から外を見るロバート。周囲に集まった吸血鬼たちは、その姿を見て恐れおののく。あれがロバート・・・ 伝説の怪物・・・その時、ロバートは悟るのだった。吸血鬼が動けない日中に自由に動き回り、吸血鬼を見つけしだいに殺していく自分は、彼らから見たら恐るべき怪物以外の何者でもない。今や多数派の吸血鬼こそ「ふつうの人間」であり、自分は吸血鬼のごとく「伝説の怪物」だったのだ・・・これが「アイ・アム・レジェンド」の真の意味であり、非常にヒネリのきいた名ラストであります。死刑を前にロバートはルースから渡された毒薬を飲んで自害する。 自分は正当な戦いをしてるつもりだったのに、いつのまにか周囲から見ればモンスターとなっていた・・・ なんて状況は、周りを見渡せばいろいろありそうです。国会前でデモしてる人たちも、自分らが少数派のモンスターだと気づいた方がいいよ。 リチャード・マシスンが関係した映画・小説のエントリー「アイ・アム・レジェンド」http://puripuriouch.at.webry.info/201509/article_5.html「ヘルハウス」http://puripuriouch.at.webry.info/201310/article_5.html「激突!」http://puripuriouch.at.webry.info/201409/article_10.html「トワイライト・ゾーン/超次元の体験」 http://puripuriouch.at.webry.info/201309/article_10.html アイ・アム・レジェンド [Blu-ray]ワーナー・ホーム・ビデオ 2010-04-21 Amazonアソシエイト by Fire HD 10 タブレット (10インチHDディスプレイ) 32GBAmazon 2017-10-11 Amazonアソシエイト Fire 7 タブレット (7インチディスプレイ) 8GBAmazon 2017-06-06 Amazonアソシエイト Fire HD 8

Read More

9月8日の日本経済新聞・朝刊が、オランダの金融総合グループINGが日本の生命保険事業から撤退する方針を固めた、と報じました。 記事によりますと、 とのことです。 …この記事を書いている時点(8日22:30)で、アイエヌジー生命保険から公式コメントはまだ出ていません。 従って、INGが日本の生命保険事業からの撤退する方針を固めたということも含めて、報道の内容が正式に決定していることかどうかは一切不明です。 仮に事実だとすれば、金融危機をきっかけに日本市場から撤退する欧州の保険会社は、(管理人が記憶している限り)2010年のPCA生命(英・プルーデンシャル)、11年の独・アリアンツ生命に続いて3社目となってしまいます。 同社はリーマンショックをきっかけに生じた金融危機の影響で、主力商品の変額個人年金保険の新規契約を一時休止したものの、2010年にはリスク管理に自信を示したうえで変額個人年金保険の新契約を再開しています。 それからわずか2年でこのような報道が出るとは…正直驚いてしまいました。 今回の報道についてアイエヌジー生命保険がどのようなコメントを出すのか…注目しています。 【記事の内容】以下、記事の内容です。 ―日本経済新聞 2012年9月8日朝刊― 【1面・オランダ金融大手ING、日本の生保事業撤退―香港企業に売却へ】 オランダの金融大手INGは日本の生命保険事業から撤退する。香港の実業家グループに売却する方向で最終調整に入った。2008年の金融危機後に進めてきた世界的なリストラの一環で、欧州の銀行業務に経営資源を集中する。米保険大手アメリカン・インターナショナル・グループ(AIG)が日本の生保事業を売却したのに続き、欧米の金融危機の影響が日本の保険市場に及ぶ。  INGは今年5月以降、アジア5ヵ国の生保事業を売却するため、交渉を進めてきた。このうち日本のアイエヌジー生命保険については7日までに、香港の実業家、李沢楷(リチャード・リー)氏が率いる企業グループに候補を絞り込んだ。売却額は数百億円となる見通しで、月内の基本合意を目指す。  INGは世界40ヵ国以上で保険や銀行、資産運用事業を展開し、総資産は約128兆円に上る。日本の生保の契約件数は約77万件、総資産は2兆8000億円に上る。売却による契約者への影響はない見通しだ。日本では銀行、投資信託会社も展開している。  日本では1986年に生保の営業を始め、中小企業経営者向け保険や個人向け年金などを販売。しかし、08年のリーマンショック後に欧州での経営が悪化し、オランダ政府から公的資金の注入を受けた。日本でも株価下落を受け、契約者が払い込んだ元本を保証する変額年金保険が収益を圧迫。12年3月期の保険料収入は約2700億円にまで落ち込んでいた。 【経済面・ING撤退、欧州危機が背押す―外資の二極化鮮明】 オランダの金融大手INGが日本の保険事業から撤退する方針を固めた背景には、2008年の金融危機以降の本国回帰の動きがある。欧州の債務危機は長期化する見通しで、今後も外資の同様の動きが続く可能性がある。  一方、米プルデンシャル、米メットライフ、米アメリカンファミリーなど書く生命保険の日本事業は依然として好調を維持している。本国の経営状態を受けた日本市場での優勝劣敗が明確になりつつある。  INGは2000年代前半、大手証券や大手銀行を通じた変額年金保険の販売を加速してきた。  ただ、リーマン・ショック以降は契約者の元本を保証する契約が重荷になり、収益の伸び悩みが鮮明になっていた。これまで日本事業の売却を探ってきたが、有力な買い手が現れたことで撤退に向けた最終調整に入った。  米ハートフォードなど変額年金が収益を圧迫している生保は多い。INGが保険料を払い戻したうえで売却することで追随する保険会社が出てきそうだ。 ▽INGグループ オランダに本社を置く大手金融グループ。  保険と銀行の業務を融合する「バンカシュランス」の代表的な企業だったが、リーマン・ショック後は保険や資産運用事業を売却する方針を表明。8月以降も米国やカナダでの金融事業の売却を発表した。 以上です。 ↑、先月撮影した昆虫です。 1枚目は庭先で撮影したオオカマキリの幼虫。2枚目はミントにやってきたツマグロヒョウモンのオス。3枚目はショウリョウバッタのオス―です。 ↓9月8日23:30現在で8位…横ばい状態です。皆様のワンクリックをお待ちしております。人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ ↓現在17位…横ばい状態です。皆様のワンクリックをお待ちしております。マネポケ金融投資ブログランキング! ↓9月8日23:00現在で4位…横ばい状態です。皆様のワンクリックをお待ちしております。にほんブログ村 保険へ

Read More

トップパティシエの眼光(第8回 )  「パパ ジョンズ(1990年オープン)   チャールズ・ローシェ Charles Roche(1948年生)オーナー」       フランクさ、ユーモア、奉仕の精神が横溢 ◆家庭環境に恵まれ、自然に鋭敏な味覚が身に付いた◆ チャールズ・ローシェは1948年、アメリカ合衆国、コネチカット州に生まれ、すぐにニューヨークに移った。お母さんはイタリア系で料理上手。親戚や近所の小母さんたちにも料理自慢がいて、小さい頃から美味しい家庭料理に親しんでいた。そして、家族でテーブルを囲む時間が一番大切にされていたという。日々の楽しい食事は、家族の絆を深めるだけでなく、美味しい食事が心を豊かにし、大らかな人格を形作る。ローシェの場合、まさに、現在のユーモア溢れる人柄は、美味しい料理への関心と味の探求心が育てたと言えそうだ。 アメリカというと日本では大味という定評が出来てしまっているが、それは多民族国家の宿命としてマスセールスを考える場合、さまざまな好みの平均値を取らざるをえないからだ。日本人が短絡的に意識しがちなアメリカの味とは、そのようなマスセールスの食品だ。 ところが、ローシェの場合、人種の坩堝と言われるニューヨークに暮らしていて、住まいから徒歩5分以内のところににイタリア料理はもちろん、中華料理、ドイツ料理など、さまざまな国の民族料理(いわゆるエスニックフード。ヨーロッパの諸民族料理も当然含まれる)の店がいくつもあり、さらに、地下鉄に乗れば1時間以内で考えられるかぎりのエスニックレストランに行くことができ、それぞれその出身者が言葉も訛りを残したまま営業していた。料理はその土地の出身者のためのものであり、一切アレンジのない本物ばかり。ローシェは幼少の時から、イタリア料理に限らず、さまざまな本物に慣れ親しんでいたのである。 ということで、「パパジョンズ」の味は生粋のアメリカの味であって、しかも繊細な美味しさを兼ね備えている。それは矛盾でもなんでもなく、アメリカは広い、アメリカ人はさまざまだということを物語っているに過ぎない。今回は「パパジョンズ」の味の紹介だけでなく、その背景となる文化に軽く触れる形で進めたい。 ◆来日のきっかけと最初のカフェ◆ ローシェがはじめて来日したのは、当時流行っていたバックパックの世界旅行に出掛け、インドからアメリカへ帰る途中で立ち寄った1970年に遡る。もう40年以上昔のことになる。最初に訪れたのは意外なことに、四国の松山。船に乗る時にジャックダニエルを買って、なけなしのお金を使い果たし、日本でアルバイトをして、その先の道を探さなければならない状態だった。同じ船の乗客に松山のナイトクラブの経営者と知り合いという人物がいて、そこでアルバイトができると聞いて、まっしぐらに四国を目指したのだった。無事、勤めることが出来、一安心。松山に腰を落ち着け、バーテンダーの仕事をしながら夜の女性たちの生態を垣間見た。男を手玉に取る様子に目を丸くしてしまった。アメリカを出発したときはまだ19歳。そういう場所に出入りしたことのない、まだ初な青年だったのだ。 と話しながら目を丸くしてみせる。聞き手を楽しませずにはおかない愉快な話しぶり。だじゃれを言うわけでもなく、下ネタに落ちるわけでもない。つねに紳士の話しぶりなのに、ジョークを交え、笑いに包まれる。 旅費稼ぎのつもりが、すっかり日本に馴染んでしまって、結局、2年間暮らすことになった。その間に日本の工芸に魅せられた。元々、アメリカでも家具・木工の仕事をしていた関係もあり、とくに組木細工に興味をそそられた。再来日して、興味はさらに深まり、漆に取り憑かれ、ついに漆工芸の職人になってしまう。誰もが通る道として、激しくかぶれる体験もした。いつしか日本語も覚え、夫人の美枝子さんと結婚もし、子供も出来、すっかり京都に根を下ろし、日本の伝統世界の人になり切るのかと見えた。 しかし、味覚だけはアメリカ育ちのローシェの中にうずくものが残りつづけたのだった。その満たされない思いと、誰もが抱くような“いつか自分好みのカフェを持ちたい”という漠然とした夢が、むくむくと頭をもたげ、ついに85年に「ナックルズ」という名のカフェ、アメリカでいうところの“イータリー eatery (気楽な食堂)”を大徳寺の西にオープンすることとなった。現在の「パパジョンズ新風館店」のようなサービス内容だが、カウンターとテーブル6席というこじんまりした店だった。ラザニア、ナチョス、サンドイッチなど、子供時代から馴染んだ味の料理と手作りのデザート。イタリア料理だけでなく、まだ誰も言葉を知らなかったテキス・メキス料理なども含まれ、カフェ・ブームが到来する以前に、今から見ても魅力的なメニューを提供しており、その多くは今でも新風館店の「パパジョンズ・イータリー」に引き継がれている。「ナックルズ」は経営を人に譲ってからも長く人気を博していたが、今は閉店している。 30年近く前は、現在の流通環境とは異なり、食材が豊富ではなく、手に入らなかったり、異常に高かったりした時代。たとえばピーカンナッツはケース単位でしか発注できなかったが、今では1kg単位で購入できる、という大きな違いがある。だから、「ナックルズ」は高い店だったが、ちょうどバブルの時代だったことも影響したかもしれないが、味の良さから値段に関係なく順調に受け入れられた。立派なオーナーシェフというべきなのだが、本人は「メニューはすべて家庭料理。素人の手作りであって、シェフなんてとてもとても」と謙遜する。だが、よく考えてみると、この“素人”はプロの料理人よりも上なのだ。プロは手早く平均して優れた料理を作れるし、開発も早い。でも、素人の自慢料理に及ばないことがある。素人でもこの1品だけはどんな優れた料理人にも負けないという料理があるものなのだ。「本物を知っているものしか作らない」の言葉通り、ローシェが行っているのが、まさにそういう自慢料理のレシピの収集。お母さんの、小母さんの、時には有名シェフのレシピを伝手を使って聞き出したりしたものも含まれる。それらはすべて素人が再現可能のものだ。だから、あくまで素人とというローシェが店を流行らせることができたのだ。 「うーん、でもフードビジネスは難しい」。いくら料理が美味しくても、店の存在を知らせることは簡単ではない。美味しい料理でも好みは分かれる。すべての人に知ってもらい、すべての人に好かれるというのは無理な相談だ。ここから、今にもつづく経営者としての苦労が始まったのだった。つねに自信溢れる菓子と料理を提供しているが、すべてがヒットというわけにはいかない。メニューから降ろさざるをえないものもある。復活させてうまく行く時もある。不安を抱えながらも自信を持って臨まなければならないのが、フードビジネスの定めだ。 ◆アメリカという国◆ ローシェは3度、車でアメリカの大陸横断を行った経験がある。交替のドライバーがいれば、最短3日で横断できる。しかし、一人だとあまりの単調さに耐えられず10日はかかってしまうという。一度同乗した美枝子夫人は、地平線にわずかに山脈の起伏が張り付いている永遠不変とも言えそうな景色に「空が広すぎて怖いくらい」と言ったそうだ。どこまでも一直線の道、行けども行けども変わらない景色。日本、とくに周囲を山に囲まれた京都からは想像できないスケールの大きな土地なのだ。4、5月には砂漠にいっせいに花が咲き、とても美しい自然に包まれるという。日本ではアメリカの都市文化ばかりが紹介されているけれど、アメリカの大半は茫漠たる大自然であり、巨大な農地。東西3800km、南北1900kmにおよぶ広大な面積を持つ一大農業国、それがアメリカである。 その証拠に各州でステートフェアが行われている。農産物の品評会でエキシビションとも呼ばれている。トラクターによるレースがあったり、豚の鳴き声を真似るコンテスト、ロデオなどエンターテインメントも盛りだくさん。州の隅々からフェアの行われる中心都市に農民たちが集まってくるのはもちろん、今では、さまざまな国から観光客を集める一大イベントにもなっているほどだ。そこで必ず行われているのが、特産品を使った料理やお菓子のコンテスト。腕自慢の主婦たちが誇りにしている農産物をより高く評価してもらえるように、腕によりを掛けて作り上げた料理やお菓子。人口3億人を超えるアメリカで毎年毎年このようにしてトップクラスのレシピが集められている。もちろん、優勝したレシピであってもピンからキリまで。そのような中からクラシックとして生き残ったレシピを集めた本に“ブルーリボンレシピーズ”というものがある。農業国アメリカの食文化の上澄み部分ということができるだろう。アメリカにはコンテストに出品するような腕自慢の主婦のネットワークで商売をする人までいるというのだから、ステートフェアの浸透度、信頼度というものは大したものなのである。 「パパジョンズ」の商品ではクッキー類で何種類か“ブルーリボンレシピーズ”を参考にしているものがあるそうだ。すべてを真似するのではなく、これぞと思ったレシピを基本にして、あくまで自分の気に入った味わいにアレンジをして店に並ぶ商品になる。 というように、アメリカは新興国ではあっても、その食文化に豊かな農業文化の背景があり、多くの家庭で、簡単にパイの料理やお菓子が作られている。日本に置き換えれば、各家庭でそばやうどんを打っていることに相当するかもしれない。もちろん、一方で巨大なフードサービスのチェーン店があり、インスタント食品、冷凍食品が日常食の中心を占めているという事実もある。それでも、意識的に伝統を守るということについて、日本よりはるかに熱心なのではないだろうか。農文協という出版社から各県の伝統食をまとめた本が出版されたけれど、それがベストセラーになったという話を聞かない。県民だれもがそれを知っているから、あえて本を買う必要がない、ということではないだろう。B級グルメなどの作られた流行はあるけれど、とても、日本人が食のことを真剣に考えているとは思えない。アメリカを大味といって切り捨ててしまう人の味覚の基本を聞いてみたい。笑ってしまうほど、底が浅そうな気がする。 話がそれた。ローシェならびに「パパジョンズ」のことに話を戻そう。 ◆「パパジョンズ」のお菓子◆ ローシェの菓子の技術は家庭で母親を手伝った経験くらいのことで、どこかで修業したような経験は一切ない。ただ、漆職人を目指した経験があるだけに、緻密な作業といもののレベルはよく分かっているだろうし、わずかな手抜きが大きな差を生むこともよく知っているだろう。「パパジョンズ」のお菓子の味ははじめに言ったように、アメリカ的な濃厚さ、強さと共に、繊細さに貫かれていることに大きな特色がある。 たとえば、店の看板商品である『ニューヨークチーズケーキ』。これは母親が作ってくれ、幼少の頃から馴染んでいるローシェ家の味を再現したもの。砕いたグラハムクラッカーにシナモンを加えた生地に、濃厚なチーズ生地を流して焼き上げ、底に敷いたものと同じものをトッピングする。いたってシンプル。だが、その二つのパーツのどちらも負けず劣らず美味しい。クラッカー生地とチーズ生地、それぞれに存在感を主張しつつ、味わいが一つに溶け合っている。バランス感覚が繊細この上ない。チーズ生地の砂糖だけは1/2に抑えたそうだ。それは日本人向けというより、自分でも甘いと思ったからだ。大人にもなっているし、時代も豊かになって運動量も減っている。求められる甘さも自ずと変化する。 濃厚なベイクドチーズケーキの美味しさを知らしめたことも称えなければならないが、このケーキの素晴らしさは、グラハムクラッカー生地のシナモン風味、そのスッキリ感。このちょっとした工夫一つによって、食後の後口の爽やかさがもたらされた。さらに、トッピング部分はサクサク感が保たれ、食感のアクセントが加えられ飽きさせないこの二つが『ニューヨークチーズケーキ』が名品として長年親しまれることになった要因ではないだろうか。 「オープンの時、試作品を食べて貰った飲食業界の人からは、『この濃厚さでは無理』と言われたんだけどね」、としたり顔。このケーキが好きなあなたなら僕のこの気持ちは分かってくれるよね、と満足感溢れる表情をしてみせる。甘さを控えるところなど、味覚が日本人化しているのでは、という懸念は自分でも持っていて、アメリカ人が来るごとに、味覚のチェックをしてもらっているという。その結果、つねにアメリカ的味覚を維持しつつ、アメリカ以上に美味しいものを作っているという評価に自信を深めている。 もう一つの看板商品『ピーカンナッツパイ』(現在、生地のサクサク感を大切にするため予約制)。これはアパレイユにコーンシロップをたっぷり使うのだが、そのコーンシロップのメーカー、カロ Karo 社の瓶に書かれているレシピを元にしている。このお菓子についてはいっさい糖分を控えていない。コーンシロップを煮詰めた際の特有の美味しさこそが魅力だから。それが無かったら「ノンアルコールビールのような意味のない食べ物になってしまう」という。 テキサス(ピーカンナッツを州の木に指定している)から来た人に食べてもらおうとしたら、ピーカンナッツパイは母親が作ったものしか食べないと言い張る。それを無理に食べさせたら、母親のものより美味しいと、いっぺんに宗旨替えしたほどだという。ほらねと、ニッコリ。たしかにコーンシロップの黒糖を思わせるような濃厚なミネラル感と強い甘さに、ぎっしり並んだピーカンナッツのカリ、シャク感、そしてクルミより淡白な味わいと芳ばしさがアパレイユとピッタリ合っている。「メーカーもどこより美味しいレシピを紹介しないと商売にならないからね」と、いいところに目を付けただろと言いたげに、微笑む。 家庭の味の集大成である“ブルーリボンレシピーズ”はいろんなレシピブックに引用されるほどのクラシックの位置にある。そして、いろいろな形ですぐれた家庭の味が受け継がれている。このKaroのレシピもそうした無名の家庭の主婦のレシピであった可能性を否定できないだろう。 ぜひ復活させてもらいたいのが『ルイジアナパンプキンパイ』。クラスト生地にミルクで炊いたカボチャのペーストを載せて焼く。ペーストに加える香辛料が格別なのだ。カルダモンをメインにシナモンとナツメグ。なんとも気品溢れる深い香り。これもローシェ家に伝わる味だ。 このような香辛料の使い方は一般的なイタリアンやフレンチにはない。インドやアラブの香辛料先進国の影響と考えるべきだろう。一般家庭にこのような味が定着するということが、エスニック料理に簡単に触れられるニューヨークならではということだ。 ◆「パパジョンズ」の料理◆ 料理でつねにメニューに載っているのは『ラザニア』『ピザ』『サンドイッチ』くらい。メニューから落ちてしまった“パイ料理”シリーズなどは、ないことがもったいないほど美味しかった。ポットパイでクラスト生地で蓋をしただけの姿が日本人のイメージするパイに見えなかったのかもしれない。今、手に持ってカジュアルに食べられるミートパイが流行しかけているので、ミートパイのスタイルに作りなおしたらヒットするかもしれない。

Read More

  PLUS TOKEN(プラストークン)は、自動アービトラージにより、ウォレットに預けている資産を増やしてくれるスマホ専用アプリです。   アメリカ・中国・韓国を中心に、すでに70万ダウンロードを記録しているそうです。2018年9月30日に、ウォレット内に取引所機能が付帯されました。     それでは今回は、プラストークン(PlusToken)について、 運用条件や注意点 ウォレットの登録方法 アプリの使い方(入金・運用や複利の設定方法) ネットの評判や噂は? などを中心に解説していきます。 運用条件や注意点は?   <プラストークンの概要> 取引所の独自トークン 総発行枚数:5億枚 2018年9月:自社取引所OPEN プロジェクト開始時、プラストークンは1枚あたり「0.5$」でしたが、現在は「14.0$」まで価格が上昇しています。※運営元が四半期ごとに収益の30%を買戻しをする計画です。     <条件や収益予想> ウォレット使用料など全て0円 スマホアプリ専用/PC不可 収益原資はアービトラージ(独自システム:AI-Dog) 最低運用金額:$500以上/1銘柄ごと 配当は翌日14時頃(当日25時〆切) 日利0.33%ほど(月利約10%)     <運用の注意点> 運用している銘柄のレートが下がり、$500を下回ると運用停止 運用停止時に手数料が必要:運用開始日より28日以内5%・29日以降1% 複利運用が可能な通貨は「ETH」のみ ※レート変動により$500を下回る場合は、運用停止となりますので、少し余裕をもたした金額にて運用される事をオススメします。       登録方法|Plustoken

Read More

今回の記事は、最終オーサリング時に多様化されるアンコールについての覚書として公開します。 よくある事例として ① HD素材をプレミアプロで編集し問題なく再生されているのにダイナミックリンクでアンコールに送り  DVD化するとカクカク映像が流れる ② 同様にダイナミックリンク後アンコールでブルーレイ書き出しを行うと下記のようなエラーが出る   ”Blu-ray Error: “device error”, Code “3”, Note: “CreateStcSequence: Fail to write M25 File.”   「Blu-rayエラー:”デバイスエラー”、コード:”3″、注:”AS_StorageError=-97060」 ③ ダイナミックリンクを利用せずにアセット読み込みする場合の各種設定がわからない 今回はこの3点に関して進めます 納品がDVDの場合、最近ではHDカメラで収録された素材が多いために数あるプリセットから何を選べばいいのか迷う場合が多々あると思います。 こう言った現象を回避させるには、3通りの方法があります。 Aの方法 プレミアプロで制作されたシーケンスをネスト化して新規シーケンスでダイナミックリンク。 ↓元のシーケンス (AVC-Intra 100 1080i 29.97フレーム 1920-1080) このスクリーンショットは、制作したものをネスト化したものです。 (DV NTSC 29.97フレーム 720-480 D1/DV NTSC ワイドスクリーン16-9) 注 この時下方にある最高レンダリング品質にだけチェックを入れること。 そして、このシーケンスをダイナミックリンクでアンコールへ飛ばします。 アンコールでの設定は 左にあるプロジェクトパネルからプレミアプロシーケンスを右クリックし一番上のトランスコード設定を開きます。見ての通り表示がグレーになっていますが、数分経つと右クリックができるようになりますので待ちましょう。 グレーが黒に変わったら右クリックしトランスコード設定を開きます

Read More