我らがアニキ、金本の代打HRに涙した私。 全く関係ありませんが、ちまたですこぶる評判が悪いトキコと、ちまたでとても評判のいいニッシンのキャリパーを比較してみたいと思います。 結論:ニッシンのほうが良いです。 その前提で読み進めてください(笑)  トキコ(TOKIKO):以前は企業でした。            いまや日立グループの一事業部。 ニッシン(NISSIN):いわずと知れた日信工業株式会社、企業です。 私はフロント5セット(全部トキコ)、リア3セット(トキコ2、ニッシン1)の分解、オーバーホール経験があります。 では、まず、ZZ-R1100のフロントに装着されているトキコキャリパー(フロント)の中身から。※トキコの名誉のため言っておきますが名器です。この時代のカワサキのデフォルトです。 続いて、GSX-R750, 1100のK5, K6あたりで利用されているニッシンキャリパー(リア)の中身を。 どうでしょうか?この時点で、年月の差こそあれ、その差に驚かれた方も多いかと思います。 トキコの名誉のため(?)言っておきますが、最近のキャリパーも大差ありません。表面処理の違いがわかりますでしょうか? キャリパー内部、ピストンシール溝、ダストシール溝あたりをまずはトキコから。 こちらはニッシン。 表面処理の違いが、キャリパーの細かいところまで違っていることがわかりますでしょうか? トキコは残念ながら鋳型を抜いて切削した後ほとんど手を加えていません。 ニッシンはおそらくですが、硬質アルマイト処理をキャリパー内部まで行っています。 オーバーホールの際にその差を痛感するのが清掃時です。 トキコは、表面処理を全く行っていないため、アルミの腐食が激しい上、ブレーキフルードの変質物が各シール溝にこびりつきます。 この汚れはかなり頑固で時間がたてば立つほど固着する傾向にあるため、リューターに真鍮ブラシをセットして汚れ落としする必要があります。ナイロンブラシでは歯が立ちません。 さらにピックツールなどで汚れの掻き出しを行う必要があるケースがほとんどです。 ニッシンは、歯ブラシで十分です。爪楊枝すら使う必要がありません。 どちらがコストがかかっていて、いいキャリパーかはご理解いただけるかと思います。

Read More

 スピニングリールのケースとベイトリールのケースは違うでしょうから、この「リール」がどちらのタイプなのかを先ず、自分で確認してください。スピニングであれば、スプールの上のドラグレバーを緩めて、抜き取り、スプールをメインのシャフト、軸の金属棒から抜いて見て、メインシャフトにラインが絡まっているという事のケースは多いと思います。ベイトなら、やはりサイドカップを開けて、スプールを本体から抜くと、本体フレームとスプールとの隙間にラインが挟まっているというケースが考えられますね(--;)どちらにしても、スプールを一度、本体から抜いてみる、シャフトやスプールエッジに糸が絡む、挟まるなどしてないかを確認しましょう♪スプールの取り出し方は、リールによって、リールごとに違うので、解らなければ説明書を見て確認してください。  もちろん、スプールの抜き取りの時に部品を失くすと使えなくなりますから、家に帰って、綺麗な机の上で、慎重に外してください。  スプールの取出しまでは、自分で問題なく出来ないと、リールを長く使っていく、糸を巻きかえるなどの作業が出来ない、リールの軽いお手入れも出来ないという事になるので、そこまでは、正しく外し、正しく取り付けることができるようにしておいて欲しいですね。  「面倒だから、メーカーメンテに出す。」というのでも余裕のある人はいいけれど、メンテに出せば、すぐには戻ってこないでしょうから、釣りに直ぐに使う事はできなくなります(苦笑)^^;  道具のお手入れとして、釣りのリールも最低限、自分で出来ることは、自分でする方が愛着は湧くでしょうね^^。それに、使いやすく調整すると言う場合には、ある程度の分解はする事になるので、すぐにではなくても、リールの構造、仕組みなどは、ゆっくりでいいので覚えておく、覚えていくほうが、自分でリールの修理ができるようになるには必要になります^^;  分解はできなくてもいいので、リールの分解図、展開図を見て、「こんな風な中身なんだ・・へ~~」と何度も眺めて、見て、覚えてしまえば、分解メンテのための頭の中の準備は、基礎としての部分は80%ぐらいは完了です(笑)  ハンドルを回そうとして、ハンドルも動かないので、リールとして使えないという状況と、ハンドルは回せるんだけどベイトのスプールが回らないから、糸が巻けず、リールとして使えないというのは違うので、リールのタイプ、スピニングかベイトかは区別し、糸がらみ、糸の挟み込みなどのトラブルではないという所まで確認できたら、後は中身でのトラブルと考えられるので、メンテしてもらえる所に見てもらうのが良いと思います^^。  ただし、ベイトリールでは、「ドラグの締め忘れでハンドルは回れどスプールは回転せず」という事、正確に言うと弱い負荷ではスプールは回ろうとするけれど、ラインの巻き込みは、スプールが空回りしていて巻きこめないという状況ですね、これは。ベイトリールでは、糸巻きはドラグレバーを締めてないと出来ませんよ?!大丈夫ですか??  ドラグレバーの締め忘れだと、スピニングでも、スプールがハンドルを回すと一緒に回って、ジ~ジ~いうので巻けないのですが、これは、見て解り易いので、ドラグレバーのノブ、スプールの頭の大きなつまみを締めこめば解消でしょう^^;  通常、深刻なトラブルでなければ、スプールを外して確認すれば、原因の糸が見つかるだろうし、それで解決するのが軽いトラブルでは多いです。  「リールのハンドルを回せない」ことの最悪の方の原因は、ギアの破損となりますが、普通に考えるとまともな使い方をしていれば、おきませんね。なので、どういう使い方をしていたのかは、ご本人様はわかっているでしょうから、リールに極度の負担、力を掛けるという事は、リールを壊す事もあるという自覚は持って欲しいです(--;)  スプールの軸、ベイトの場合の歪みの発生だと、隙間がすくないのだから、回らなくなりますね(--;)何かに引っ掛けて、糸とロッドを一直線にして、スプールを回転しないように指で押えて、強く引っ張りませんでしたか??  スピニングでキャストして、着水の時に糸ふけが一杯出て、でも、そのスプールから出ている始めのところまでの糸の緩みを引き出して、伸ばし、ピンと張った状態でスプールの糸を巻き始めるという事をせず、たるんだまま、ハンドルを回し始めると、スプールの下、本体との隙間の間にラインが巻き込まれていって、シャフトに絡みつき、ハンドルを手前にも向こうにも回せなくなった・・・そういう事じゃないですか??  リールそのものを見ないと、原因は解りかねます(--;)まずは、自分でやっていること、したことを良く思い出してください!  自分で原因を突き止められなければ、釣り具店にリールを持って行って、「トラブルなんですけど、どうしたら直せますか?」と聞いてみてください。行く時には、メーカーメンテに出す覚悟でですが^^;;諸費用入れて5~6000円かかるぐらいは普通かも?部品の交換が必要になれば、部品代が加算されていく事になりますね。  そういうお任せで直してもらうのでなければ、自分でリールの仕組み、構造、部品、取り付け方、取り外し方、・・・などなどを勉強して、覚えて、自分で原因を見つけて、解消するしかないです。  どうするかは、本人の考え方や状況なので、自分で良く考えて、対処法としてどうするのかは決めて下さいね。  軽いトラブルの原因は、自分のリールの扱い方が拙かった、悪かった、乱暴だった・・という事が多いので、原因が解ったら、そういう事に2度3度しないようなリールの使い方を自分で考え、整理して、「リールを使う時にやってはいけないこと!1、・・・2.・・・」という自分なりのルール、決め事を作っていくというのも、トラブルを少なくして釣りをする、リールを使う時の自分のやり方です(笑)  トラブルが解消する事をお祈り申し上げます♪

Read More

つづき (!)これはマイ3Dプリンターの初版に関するもので、再販版では修正されているかもしれません。 ——————————–7・Repetier-idboxが良く落ちる件 55号 No.8 Repetier-idbox!は、そもそもWindows10 に対応していないし、良く落ちる。兄のBS01とおなじ、Repetier-hostをダウンロードして使う。idbox!の設定を移植し、調整すると印刷がすごく早くなる。 なぞ解きMicrosoft社がWindows7以降のOSをWindows10へのアップデートへ誘導したため、急激にWindows10への移行が進み、ソフトの寿命が追いつかなかった。 別にディアゴスティーニの責任では無く、早く移行した方が幸せになれます。 参考: idbox!からRostockを作る Day4 部品の印刷 ——————————–8. Autodesk123D Design がダウンロードできない件 全編 Autodesk123D Design が提供中止となり、ダウンロードもできなくなっている。AutodeskはFusion360への移行を進めているが、32bit OSに対応しておらず、うちのパソコンはほぼ全滅となっている。作成したモデルの救済策もない。 Windows10標準の3D Builderを暫く使って(これもいつMicrosoftが提供を中止するかわからないので)、フリーのCADを探すことにする。3D Builderのファイル形式の3MFは、Paint3Dでも使われているOpenなものなので今後も安心です。 参考: idbox!からRostockを作る Day3 モデリングのしかた なぞ解きAutodesk社の方針変更を読み誤ったため。モデルデータの変換方法も不明となっている。Fusion360はネットに権利を預けるようなものだし、ユーザーの著作物をないがしろにするAutodesk社に個人情報を提供できないし、信用が置けない。 無料であっても自分が作成した3Dデータ等の著作物を提供するのであれば、責任ある行動が必要で代替策が無いとなると、個人ユースではAutodesk社の製品は怖くて使え無い。 消されないようにMicorosoftのストアに行き、3D Builderのいいね!を沢山押しておこう。 ——————————–9. 印刷物の大きさがおかしい。 本編記載なし  idbox!で長さ10cmの5mmの角棒を印刷計ってみるとすぐわかるが、idbox!はX,Y軸が実寸より小さくなるくせがある。Z軸はきっちりしている。 ディアゴスティーニによると、1cmで0.15mm程度造形がずれても仕様の範囲だそうだが、10cmで1.5mmずれたら、穴位置が合わない。  造形時にX,Y軸を 1.0083に設定すると、実寸に近い大きさで出力されるようになる。(最終的にはFWを変えて調整するが、それはまたの機会に。) なぞ解きidbox!はご先祖からベルトを変えているようですが、FW上の数値がご先祖様と同じ設定になっているので、FW上の数値を変更し忘れたのではないでしょうか。造形物が一回り小さくなるという事は、綺麗に見えるという事でもあるので、分割造形しないのであれば、そのままの方が良い場合もあります。 最終的にはFWを変えると思いますが、まずは、Repetier-hostの設定を変えて回避しましょう。 ——————————–10.注意! ネット上のちょっと?な改造記事 本編記載なし 以下試したけど、ちょっと?だった部品です。  Z軸底板 NG 調整するのはそこじゃない Z軸天板 NG エクストルーダーの逃げが無い プーリー隙間調整シム NG 目で見てベルトがプーリーの真ん中を通るように調整した方がまし ガントリーへの追加リング NG いる? 冷却ファンカバー ほとんど NG  冷え過ぎてヘッドの温度がABSの必要な温度230℃まで上がらなくなる現象発生。  etc. (これはかなり厄介だった。なにせ印刷して確認して初めてわかるNGさ) なぞ解き似ていても、idbox!はBS01とは少しずつ違うため(特に板厚)、BS01の改造部品が使えなかったりする。そもそもZ軸が正しく調整されていないidbox!で、X,Y軸のサイズを調整せず、ヒートベッドも装備していないとネット上の部品の造形は無理だと思う。それでもトライする人はまずは、Z軸を調整し、サイズを確認してから、心してトライして欲しい。

Read More

 小学生の頃は,学校が終わって帰る時に,よく先生が 「道草を食わないで,まっすぐ帰りなさい」 と言ったものでした。  小学生の私にも,まあ,なんとなく意味は分かったのですが,ちょっと変に思ったのは,「オレたち,いくら貧乏だといっても,道端の草なんか食べるわけないじゃん。馬じゃあるまいし」 でした。  なんで 「草を食う」 なのか,この疑問は大人になっても分からないままでした。  で,語源の本を読んで,「馬じゃあるまいし」 と思ったまさにその馬が犯人だったことが分かりました。  今のように誰もがクルマをもっている時代と違い,昔はほとんどの人は,遠くへ行くにも歩くしかありませんでした。しかし,どうしても急ぐ場合は,馬に乗って走らせたわけです。  ところが,普段あまり馬に乗り慣れていない人の場合や,馬そのものがきちんと躾けられていない場合,馬は,あちこちの道端にある草を食べ食べしてしまい,なかなか目的地へたどり着かなかったそうです。  つまり,「道草を食うな」 の慣用句で,道草を食うのは馬だったのです。だから,馬に乗る人は,馬に対して 「道草を食うなよ」 と念じていたのでしょう。  それが,後に,馬でなく,子どもたちに言うようになったと思われます。  ところで,最近,ときどき 「道草を食べないで帰りなさい」 と子どもたちに言う先生がいると聞きます。  多分,「食う」 は下品,粗野な言い方だから,学校の教師たる者,子どもたちにそういう下品な言い方はしてはいけない,ということで 「食べる」 に置き換えたのでしょう。  しかし,慣用句というのは,勝手に言い方を換えるのはちょっと ? に思います。  そんなことをしだしたら,「食いしん坊」 は 「食べしん坊」 と言わなければなりません。  「アワを食べる」 「大阪の食べ倒れ」 「つまみ食べ」 「蓼食べる虫も好きずき」  ああ,ヤダヤダ・・・。  なお,私は,「食う」 は下品な言い方ということには納得できません。 ------ ** 《参考図書》 **

Read More

デフォルトゲートウェイを設定。# route add default 192.168.1.1↑このコマンドは即座に反映されるけれど、永続的な変更ではない。↓のファイルにゲートウェイのアドレスを記述。この設定は再起動後に有効になる。# vi /etc/defaultrouter192.168.1.1 リゾルバ(ネームサーバ)の設定。これはLinuxと同じ。# vi /etc/resolv.confnameserver xxx.xxx.xxx.xxxnameserver xxx.xxx.xxx.xxx 名前解決の順序の設定。これもLinuxと同じ。# vi /etc/nsswitch.confhosts: files dns とりあえず今日はこんなもんで・・・。

Read More

第13話 ダンジョン再び 脚本:押井守演出:原田奈奈絵コンテ:吉永尚之作画監督:重田敦 登場レイバー ナシ グッと来たセリフ 「~人は永遠に繰り返される愚劇、その欲望のドラマを演じつつ、 しかし、その物語から真の教訓を引き出すことは決してないだろう(熊耳武緒巡査部長)」 -あらすじ- かつて特車二課の埋め立て地の地下から保護され、水族館で飼育されていた白いワニから二億円相当のピンポン玉大の真珠が発見された。 そのTVニュースを見た整備班の人間は色めき立つが榊班長が一喝。 しかし、大金を諦めきれない何人かの整備班員は禁を破って再び地下に侵入し、消息を絶ってしまう。 同じ頃、逮捕されていた只山も脱走。行方は同じく埋め立て地の地下であるとみられた。 -感想- 今回の話が押井守監督の手掛けた脚本の最後の話だったのですが、 一見、TVシリーズの『地下迷宮物件』の続編なのでドタバタで終わると思いきや、 おそらくは押井監督の言葉を熊耳さんに投影させたであろうセリフに、ひとつの真実を示して 自身が手掛けた脚本群の総括をされたのではないでしょうか。 押井監督の脚本は、特にシリーズ後半に到っては本筋から離れた笑えるバカ話が多かったのですが、 『特車二課壊滅す!』『地下迷宮物件』『火の七日間』などのエピソードを今回のグッと来たセリフのような視点で観ると どんなに時代が進もうとも人類が逃れられない業のようなものを哀しくも可笑しく描いていたのかもしれませんね。 今回もイングラムは下半身しか出てきませんが、これはこれで、やっぱり 『機動警察パトレイバー』 なんだろうと思います。 ↑上の画像クリックでDMMのレンタルサイトに飛びます Schleich シュライヒ ワニシュライヒ Amazonアソシエイト by

Read More

天寧寺は彦根藩主13代井伊直中が、腰元の不義を諌めたが、後に相手が息子と分かり腰元の霊を弔うために建てたといわれるお寺である。井伊直弼の父が直中であるが、上記の息子は直弼ではなく直清であった。 天寧寺の見所は五百羅漢であろう。527体全てが現在も欠けることなく残っているのは珍しい。また、彦根城を借景とする石庭も石州流庭園として見ごたえがある。 <滋賀県湖東地域のお寺一覧> (1)寺名:天寧寺(てんねいじ) (2)住所:滋賀県彦根市里根町232(3)山号:萬年山 (4)宗派:曹洞宗 (5)開山:賢光(6)開基:井伊直中(彦根藩第13代藩主)(7)開創:1811年 (8)本尊:釈迦牟尼(9)その他1)五百羅漢像:1828年 527体 駒井朝雲作 市指定文化財2)石庭:石州流庭園 彦根城が借景3)井伊直弼供養塔、直弼の参謀長野主膳の墓4)萩               仏殿(五百羅漢堂)                  本堂                  石庭                  地蔵尊                 五百羅漢                 五百羅漢                井伊直弼供養塔                 長野主膳墓

Read More

桜の名所高遠城址公園の北にあって、高遠スケッチ街道に面した山麓に、鐘楼が目立つのが蓮華寺である。蓮華寺に眠る絵島は、江戸城大奥年寄で、1714年歌舞伎役者生島らと遊興におよんだことから、高遠に配流となり、1741年この地で亡くなり、蓮華寺に葬られた。高遠には絵島ゆかりの場所が多くある。 蓮華寺は1326年開創と伝え、1651年現在地に移転しているお寺は花の寺として地元の人たちに親しまれている。 <長野県のお寺一覧> (1)寺名:蓮華寺(れんげじ)(2)住所:長野県伊那市高遠町長藤的場105(3)山号:妙法山 (4)宗派:日蓮宗(5)開基:如実 (6)開創:1326年(7)本尊:釈迦如来(8)その他1)七面堂:市指定文化財 1680年2)絵島の墓:市指定史跡3)訪問日:2018年10月7日                  外観               日蓮聖人像と鐘楼                  山門                  境内                  本堂                 七面堂へ                  七面堂                  絵島像                  絵島墓                 境内から

Read More

ルアーのフックを本体のワイヤーと繋いでいる、二重のワイヤーのリングは、広げすぎると、広がったまま、隙間の無い状態には戻りません。針金なので、広げすぎると、戻らないのは当然です(--;)スプリットリングプライヤーという先端L字の曲がりのあるペンチは、その二重の隙間に入れ込んで、広げて、作業するための道具ですけど、スプリットリングが十分に大きく、ワイヤーも太く、力の強いリングでない時、使うと、広がったままになりますね^^;;バス用のビッグベイト以外のルアーのスプリットリングは、爪で広げるのが、自分のやり方です^^;  爪をリングの隙間に押し込むのも、力加減が強いと、自分で爪の下の肉を傷つけてしまうので、少しずつ力を入れていく・・としか言えませんが、出来ると思います^^;  トリプルフックの先に付けたスプリットリングをルアーのボディーのワイヤーリングに付ける時には、トリプルフックを指に刺さないように上手に持って、フックの頭の輪につけたスプリットリングの真ん中の隙間をワイヤーに押し当てて、少しずつ力を入れると、ある所で、「パッ」と広がって、ワイヤーを挟み込む状態になります。  これが出来たら、リングを回して、線の切れ目からリングに通して、回して、嵌めるだけです。  トリプルフックとスプリットリングとボディーのワイヤーとの関係で、フックがお腹のものなら、尻尾の方にトリプルフックを持っていって、お腹側がY字になるフックの向きが正しいです。  テールなら、逆に、頭側にトリプルフックを持っていった時にお腹側に2本のフックが当たる状態がフックの取り付け向きとしては、正しいものとなります。  このフックの付け方は、2フックのルアーの時のものです。  フックの先端が、勝手に絡まる、フックの先端がお互いに届いてしまうというのは、フックの大きさが大きいか、フックを取り付けるワイヤーの位置が狭すぎるかで、市販されているものでは、そうならない位置とサイズになっているはずですね。  スプリットリングの隙間の広げ方は、スプリットリングの真ん中を付けたいワイヤーに押し付けて、それで、スプリットリングが押し付け圧力に負けて、「パッ」と広がる状態で広げるのが、もっとも小さい広げ幅でリングを開くことになって、取り付け後も、スプリットリングの間に隙間ができない付け方になりますね^^。  なので、海の大きいルアーとか、スプリットリングが強力で大きい物でなければ、スプリットリングプライヤーを使うと、リングが広がってしまって、元に戻らない事が多いというのは、自分の経験ですね^^;;;  文字で伝わるのか、ちょっと疑問ですけど、自分の場合は、爪を押し込んで広げる、ワイヤーに押し付けて広げるなどの方法をバスルアーであれば、してます。ビッグベイトのリングは、プライヤーの方がよいでしょうけど。

Read More

 毎晩、大浦みずきさんの追悼の気持ちで、ネットを行ったり来たりしていますと、動画サイトにはメモリアルのようになつめさんの在りし日の勇姿がどんどん増えています。 普段から動画サイトに行きなれている人ばかりではないと思いますので、ちょっと入り口をご紹介しながら、ぜひともなつめさんの魅力を感じていただきたいと思います。  なお、これはあくまでも私の好みでご紹介するわけですが、各動画サイトにアップしていただいたみなさまの熱い思いを「伝道」する意味合いもこめまして・・・。こうして、アップしてくださる方があるからこそ、家のテレビが壊れたままの私でさえ、なつめさんを偲ぶことができるのですから、ありがたいことです。 そして、せっかくですから、なつめさんの生きてこられた証しをたくさんの方にご覧いただきたいものです。  「宝塚・・・・?いや、遠慮しときましょ。わけわからんし」と仰るあなた、あなたにこそ、見ていただきたいのです。  その中でも、数ある名場面の中で、なつめさんご本人も大のお気に入りで、世間の評価も大変高い場面のダンスがなぜアップされないのかしら・・・・と思っていたら、ついに登場です。  1986年1月か2月の花組大劇場公演のショー「メモアール・ド・パリ」には、珠玉のダンス場面がちりばめられていて、どれをとっても好きなのですが、ビデオも擦り切れるくらいにくり返し観た場面の1つが、これです。 泥棒紳士と貴族の令嬢の恋の場面。クラシカルな雰囲気ですが、それがまたきれいなんです。装置もよかったし、照明も素敵でしたし、この作品を生で観られたことを誇りに思います。  ちなみに、泥棒紳士と令嬢が庭で踊る時に周りで黄色い衣装の男女が群舞をしていますが、その中にソルーナさんももちろんいらっしゃいます(^^) それから、このカメラの入った日に限って、なつめさんはマイクを付け忘れており、途中で気づいた下級生が召使の役でマイクをさっと手渡し、なつめさんが銀橋に出て歌い始める前に、間一髪でマイクを取り付けた、というすれすれの場面が映ります。が、この小さな画面ではわかりにくいでしょうね・・・・。何もかもが、いい思い出です。 ☆「’86花組 メモアール・ド・パリ~パッツィの館」(ニコニコ動画)→http://www.nicovideo.jp/watch/sm3813712  これまた、はずせない場面。同じショーの中の、モンマルトルのカフェ。泥棒紳士とはうって変わって、パリの下町のちょっとヤクザな青年が、カフェのウェイトレスを誘って踊るのですが、この踊りは動きがすごい!椅子やカウンターを使ってのダンスが、こんなに流れるように見せてもらえるなんて!というシロモノです。女性が踊っていることを忘れそうです。 では、どうぞ! ☆「’86花組 メモアール・ド・パリ~モンマルトルのカフェ」(ニコニコ動画)→http://www.nicovideo.jp/watch/sm3819242  次は、実際には残念ながら観にいけなかったのですが、これもなつめさんと花組を語るときに忘れてはならない名場面。通称、早口言葉と黒燕尾の真っ赤な裏地チラチラ場面! なつめさんがジャズの『ルート66』をもの凄い早口でリズミカルに謳いあげたあと、これぞ花組!の胸のすくような究極の黒燕尾のダンスに移ります。これもビデオが擦り切れるほどくり返し見ました。 ☆「ショー・アップ・ショー~『ルート66』~『ピーターガン』」(ニコニコ動画)→http://www.nicovideo.jp/watch/sm3893933  続いて、高汐巴さん率いる花組の2番手時代のなつめさん。ショー「ヒーローズ」は真夏に大汗をかきながらの元気いっぱいの公演でした。高汐巴さんは、貫禄充分ななかでも、どこか飄々とした不思議な魅力をたたえています。一方、その高汐さんと並ぶと、端正な優等生の弟にみえてしまうなつめさんでした。 この2人が、デューク・エリントン(高汐)とベニー・グッドマン(大浦)に扮して、どちらが魅力的かを競い合います。主演男役の衣装が白でなくベージュ、というのもこのときは話題になりました。踊りの巧いなつめさんを横目に、ペイさんがちょっと投げやりに踊るのですが、それさえもカッコいいのです。こうなると、人の魅力はさまざまだと思えてしまいます。 このお2人のコンビの時代は作品にも恵まれていたし、本当にすべてが充実していたと思います。 ☆「’86花組ショー・ヒーローズ~デュークVSベニー」(ニコニコ動画)→http://www.nicovideo.jp/watch/sm3858600  なつめさんと相手役のひびき美都さんのトップコンビのお披露目公演が、’88年4月のミュージカル「キス・ミー・ケイト」。その前の年の9月、前トップの高汐巴さんのサヨナラ公演の途中で半月板を傷めてしまい、得意のダンス場面を代役で対応しなくてはならないなど、悔しい思いをしつつ、半年間、療養・リハビリを続けたあとに、晴れて主演男役としてのお披露目公演にこぎつけたのでした。 4月は初舞台生も出演するので、なにかと華やかな公演ですが、なつめさんの開演アナウンス「みなさま、本日はようこそお越しくださいました。花組の大浦みずきです」が響くと、客席からの拍手が沸きましたし、私は涙も湧きました。 作品自体はコメディタッチの楽しい内容で、シェークスピアの「じゃじゃ馬ならし」をベースにした、膨大な台詞を見事にあやつりつつ、ひげ面もたくましい男役を披露したなつめさんでした。 その作品のフィナーレは、なつめさんがトップなればこその水準の高いダンスでした。黒燕尾のダンスと、ひびき美都さんとのデュエットダンスをつづけてご覧ください。 なお、黒燕尾のダンスでは、横に私のもう1人の大好きな方、ソルーナさん(磯野千尋さん)も並びますので、ご覧くださいませ。 ☆「’88花組キス・ミー・ケイト~フィナーレ 黒燕尾」(ニコニコ動画)→http://www.nicovideo.jp/watch/sm8885870 ☆「’88花組キス・ミー・ケイト~フィナーレ デュエットダンス」(ニコニコ動画)→http://www.nicovideo.jp/watch/sm8887295  大浦みずきさんの退団公演、「ジャンクション24」は、これまた珠玉の場面がいっぱいでした。この「ブレイク・ア・レッグ2」という場面は、元ダンサーのエバーグリーンという青年が、若い頃に仲間にステージのチャンスを譲り、自分は身を引いてしまったという過去をのりこえ、ふたたび、踊るために戻ってくるという場面です。 「カムバック!エバーグリーン!」という仲間たちの叫びと拍手に迎えられて黄金のステージに戻っていくなつめさん。本当は、退団なので、このあたりに来ると、涙でステージがゆがんで見えたのを思い出します。 ちなみに、私は、この時点で15年以上宝塚のファンをしていて、東京の宝塚劇場には行ったことがなかったのですが、なつめさんの退団公演の時は大劇場だけでは我慢できずついに11月の東京宝塚劇場に飛んで行きまして、上手側の立ち見でハンカチをにぎりしめていました・・・・。 ☆「’91花組ジャンクション24~ブレイク・ア・レッグ2」(ニコニコ動画)→http://www.nicovideo.jp/watch/sm6983510  同じ公演の中の、中詰めの場面、いろんな殺し屋グループが入れ替わり立ち代りで、現金の入ったと思われる渡ランクを奪いにやってきてはお互いをけん制しあいます。途中で年老いたシルバー殺し屋トリオがやってきますが、このうちのおじいちゃんがなつめさんで、おばあちゃんの1人がソルーナさんです。かわいく楽しんでいます。最後に、これ以上ないと思える恐ろしくもカッコいい一匹狼の殺し屋がマシンガンをぶっ放し、奪い去ったトランク・・・・。さて、その中に入っていたのは? ☆「’91花組ジャンクション24~ジャンクション(殺し屋の駅)」(ニコニコ動画)→http://www.nicovideo.jp/watch/sm6779809  同じショーのフィナーレ場面。ここに、なつめさん率いる花組の究極の黒燕尾ダンスから、ロケット、トップコンビの美しいデュエットダンスがはいっています。黒燕尾のダンスは、なつめさんの右後ろにソルーナさんが同じような顔して踊ってらっしゃいます。 トップコンビのひびき美都さんとのダンスはもちろんですが、『エバーグリーン』の曲がすばらしくて、「どうか行かないで 踊り続けてほしい・・・」という歌詞に来たら、お約束のようにド~ッと涙が湧き出たものです。 でも、まだこのときは退団後でも踊り続けてくださったのだからよかったのですよね。今となっては、本当に、生で踊る姿が観られなくなってしまったのですから。 ☆「’91花組ジャンクション24~フィナーレ」(ニコニコ動画)→http://www.nicovideo.jp/watch/sm6984828  大浦さんのすごいのは、退団なさってからも、現役生徒の海外公演の舞台に1人OGとして参加なさったということです。これは、ニューヨークのジョイスシアターという、とちらかというとダンスパフォーマンス専門のような小ぶりの劇場でのピリリとひきしまった公演です。 「TAKARAZUKA☆夢」というタイトルで、全組からのオーディションによる参加でした。その公演の主演をつとめたのが、退団直後の大浦さんであり、この一行の座長を務めたのが、磯野千尋さん=ソルーナさんです。ですから、ソルーナさんはご自分で「夢組・組長」とおっしゃってました。この後数年後には、花組の副組長、そして組長にもなられるのですが・・・。 とにかく、リンダ・へーバーマン女史の振り付けによるすきのない身のこなしと、揃いきったダンスをごらんください。 ☆「’92 選抜メンバーによるニューヨーク公演 TAKARAZUKA☆夢~ハロー!ベニー・グッドマン」(ニコニコ動画)→http://www.nicovideo.jp/watch/sm2373594

Read More