製造業と小売業の低迷で米国株下落の中アマゾンが最高値を更新

米国時間4月15日、米国主要株式インデックスは揃って下落した。商務省および連邦準備制度理事会の最新データが、 製造業生産高と小売業売上の崩壊を示したためだ。

しかし、本日の暴落は昨日4月14日の上げ幅をすべて消し去ったわけではなく、米国の投資家と企業が、新型コロナ感染拡大による経済ショックに耐える好位置につけている可能性を示唆している。

商務省から出されたデータは特に厳しかった。米国小売業の売上は、先月8.7%減少した。これは1992年以降最大の下落だ。工場生産高は第二次世界大戦以来最悪の月だった。3月の工場出荷高は6.3%減という驚きの数字だった。

工業、小売両方から悪い知らせが届いたことを思えば、株価の下落はもっとひどくても不思議はなかった。おそらく投資家たちは、景気刺激策が近々実施される(大統領の署名するものが増えて遅れることがなければ)かもしれないという情報に元気づけられたのだろう。

  • ダウ平均株価:1.8%、445.41ドル安の2万3504.35ドルで引けた。
  • S&P 500:2.20%、62.70ポイント下げて、2783.36ポイントで引けた。
  • ナスダック総合指数:1.44%、122.56ポイント安の8393.18ポイントで終えた。

主要インデックスが低迷する一方で、SaaS株とクラウド株は この日値上がりした

関連記事:As stocks recover, private investors aren’t buying the hype

ダウを始めとする各インデックスは、底値より30%弱上がっているが、まだ最近の最高値には届いていない。つまり市場は、以前の楽観と最近の悲観の中間あたりにいる。次に何が起こるかは、おそらく誰も確信をもっていない。

株式市場がさまざまなメッセージを発信する中、巨人テック企業のAmazon(アマゾン)は今日最高値を更新した。株価は2307.68ドル、1%高で一日を終えた。低迷する市場の中でAmazonは突出した例外だ。

画像クレジット:monsitj / Getty Images

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook

Related Posts

Leave a Reply

Your email address will not be published.