『Overwatch 2』PvPクローズドベータは4月下旬から。登録受付開始

Blizzard Entertainment
Blizzard Entertainment

Blizzard Entertainmentは親会社Activision Blizzardともども昨年から続くセクハラ問題に連なる訴訟や従業員との対立など様々なトラブルから抜け出せず、11月には『Overwatch 2』と『Diablo IV』の発売延期を発表。そのことには大した驚きもありませんでしたが、人気作Overwatchの続編に関する情報がほとんど出てこないことは、2作目を待ち続けているファンを心配させていました。

しかしようやく、その待ちわびた情報がやってきました。Overwatchシリーズの現在のディレクターであるAaron Keller氏は『Overwatch 2』は対CPU戦となるPvEをいったん切り離し、まずはPvPモードのみとすることで早期リリースを可能にすると述べています。

そして、このPvPモードのみの『Overwach 2』は3月11日からクローズドアルファを開始し、4月下旬にはクローズドベータに移行することも明らかにされました。クローズドアルファはBlizzardの社員、Overwatch Leagueのプロ、その他少人数の特別なプレイヤーに参加が限られるものの、4月下旬のクローズドベータには、公式サイトからエントリーしておけば、誰でも(抽選ではあるものの)参加が可能です。Blizzardによれば「アクセス権は登録者に段階的に付与され、ベータの進行に応じて順次追加していく予定」とのこと。

クローズドベータの詳細は未定ですが、予告されている5対5のPvPモードだけでなく4つの新規マップ、新ダメージキャラ(ソジョーン)、新ゲームモード(プッシュ)、4人のキャラの大幅な変更、新しいPingシステムなど様々な新要素が含まれています。なお、クローズドベータは新要素機能だけでなく既存のコンテンツも含まれ、開発チームがゲームの方向性に誤りがないかを確認する予定とのことです。

あと1か月と少々でクローズドベータを試すことができるようになるのはファンには朗報ではあるものの、ゲームからいったん切り離さなければならないほどPvEモードの開発が難航していることはあまり好ましくありません。Keller氏はこれまでの情報提供の乏しさについて謝罪しつつ、今後はより頻回に情報をアップデートしていくと述べています。

Source:Overwatch

Blizzard Entertainment
Blizzard Entertainment

Related Posts

Leave a Reply

Your email address will not be published.