エンガジェット日本版 終了について編集部より皆様へ

2022年2月15日、弊社(Boundless株式会社)より本サイト「Engadget 日本版」(および姉妹サイト「TechCrunch Japan」)の終了をご案内させていただきました。

関連: TechCrunch JapanおよびEngadget 日本版 終了のお知らせ

まず、編集部より直接、読者の皆様へのご報告が遅れましたことをお詫びします。編集スタッフがこの件を知ったのも発表の直前で、まさに青天の霹靂でした。リリース後、実に様々なところで話題にしていただき、その反響の大きさはスタッフの励みとなりました。

発表文にある通り2022年5月1日以降、本サイトへアクセスすると米Engadgetのトップページにリダイレクトされ、これまで日本版に掲載してきた記事はすべてご参照いただけなくなります。これについてはスタッフ一同、本当に心苦しく感じております。また、Engadget 日本版のYouTubeチャンネル、公式SNSアカウント(FacebookInstagramTwitter)も同じタイミングで終了する予定です。

サイトの更新は2022年3月31日まで継続しますので、これまで通りお付き合いいただけますと幸いです。最後は、2005年にEngadget 日本版を立ち上げ、日本ブログメディアの一時代を築いたIttousaiの記事(内容未定)で締めくくらせていただきたいと考えています。そして、その記事の公開直前となる2022年3月31日(木)夜8時〜 編集スタッフ全員が出演するYouTubeライブを予定しています。配信はEngadget 日本版の公式チャンネルではなく、ガジェタッチが行ないます(エンガジェット日本版の公式Twitterでも配信予定です #さよならエンガジェット日本版 )。

当日は、いろんな意味でビッグなシークレットゲストも登場します。ただ、なにぶん生配信ですから、ちゃんと6人そろうか(コロナ禍以降、実は一度も全員リアルには集まっていません)、Ittousaiの記事が本当に間に合うかなど何が起こるかわかりません。そのあたりのスリルも一緒に楽しみながら、皆様と笑顔でお別れできたら嬉しいです。

さよならエンガジェット日本版 最後の記事をIttousaiが執筆する編集部より生配信

Engadget 日本版へのメッセージは以下のフォームより。皆様からの投稿をお待ちしております。

-> さよならエンガジェット日本版!おたより投稿フォーム

Related Posts

Leave a Reply

Your email address will not be published.